FC2ブログ
2016-08-28(Sun)

水替えに井戸水は使えなくなっちまったかな・・・

久しぶりに金魚の水替えをした。
今年は水替えの頻度がめちゃくちゃ少ない(汗
おかげでかなり水が少なくなってたし汚くなってた・・・

で、
洗って水入れておいたんですけどね、
以前もあったように水が徐々に大変なことになってくるんですよ。

P1080888_縮小

ずっと井戸水使ってるんですがね、どうも最近井戸水がおかしい。
かなり鉄臭いのはしょうがないとしても、この異物はなんぞ・・・

P1080889_縮小

これはさすがにということで、もう一度洗い直して日光に当てて消毒、
その後水道水を汲み置きしたものを使いました。
ここらの水道水は山から直できてるかなりきれいなものなので、
直接使ってもたぶん大丈夫だと思いますが一応ね。

P1080939_縮小

こうしてすったもんだしながら水替え完了、コメットが悠々泳いでいますよ―
だいぶ大きくなったので、そろそろフナと同居してもいいかな―とは思いつつも、
どうしても体当たり攻撃が心配で同居はできませんね(汗
雄雌いるからフナと交雑すると面白いんだけど。

金魚育ててもう20年くらいなるけど、今までずっと使っていた井戸水が使えなくなるとはね。
これからずっと水道水に頼らざるをえなくなるとは痛手だ。
ろ過装置つけて水替え頻度減らすようにしたらいいだろうかねぇ・・・


2016-02-12(Fri)

男のパスタ道

              P1070359_縮小

                       男のパスタ道  土屋敦


ペペロンチーニについて調べていた時に出会った本。
ペペロンチーニ、つまりはイタリア唐辛子のことだからパスタの本とは関係ないんだけど、
男のパスタ道とありながら内容はペペロンチーノオンリーというなんともコアな本。
そういう飛んだ本は好きだ(笑

中身はいかにしておいしいペペロンチーノを作るかの試行錯誤。
試行錯誤というかもはや化学実験。
パスタのゆで方一つとっても、水の量は?塩の量は?ゆで時間は?・・・etc
はてはパスタの長さや太さ、どういった乾燥をしたものかなどなどはてなく追及していく。
もう実験結果をまとめたレポートの様なものだ。
ペペロンチーノは使う材料が少ないシンプルなパスタだからこそこうして深くまで追求できるんだそうで。
分からん人にはわからん世界(笑
男の料理ってこういった追求型とおおざっぱで豪快なものと2つにわかれますね。
こっちは完全な追求型・・・

最終的にこうすればもっともうまいものができるというのが巻末にレシピとして載っている。
要は中身すっ飛ばしてここだけ見ればいい話だ(汗
あくまで作るだけならば。


ペペロンチーノっていろんなレシピがあってどうしろこうしろと様々作り方がありますけど、
この本の実験結果から言うとさまざま間違ってる点が見えてくるみたいですね。
料理って深くいくと結局科学なんだな―とか思ったりして。


2016-02-03(Wed)

直販・通販で稼ぐ!年商1億円農家

         P1070293_縮小

                  直販・通販で稼ぐ!年商1億円農家
                 ~お客様と直接つながる最強の農業経営~

                           寺坂祐一


農家が儲けられないのって結局
自分の作物に自分で値段をつけて売りさばけないから
というのが一番なんじゃないかと思う。
そういうことで今回は直売・通販に関する本を読んでみた。

この本は北海道でメロンを直販・通販で全量売りさばいている農家のお話だ。
農家を継いだときには借金だらけで干上がる寸前だったところ、
直売に方向転換、試行錯誤を経て年商1億を超える農家へ成長したというサクセスストーリー。
その成長していった方法が細かく書かれていました。


意外にも、なぜあの会社は安売りせずに利益を上げ続けているのかの中身と同じことが登場。
「直売所では売ってはいけない」
カ―きたね。
利益上げるようなとこはみんな同じような考え方してるもんなんだね。
いいものを作れば売れるなんてのじゃだめなわけだよ・・・

あと考えさせられたのが、

・なぜその作物を作っているのか?
・なぜ数多くの商品・サービスの中であなたの商品・サービスを私は購入しなくてはいけないのですか?


1つ目はなんとなくわかりますよね。
問題は2つ目。
これを質問されたとき、分かりやすく端的に説明することができるだろうか??
売れないようだとこれには長々と説明してしまうらしい・・・
実際考えるとこれって難しいね。
だから駄目なんだな、と思った次第。


お客と直接つながる、これって大事だよな―と。
やっぱり評価がはっきりとわからないとなぜに作っているのかって話ですからね。
小さい農家でも情報発信は様々できる時代、
いろんな所で良さを知っていただいて購入を促す。
うーんやること沢山だな―
このいつまでも動かない殻をぶち破らないと前に進んで行けないなーと思ったね。


2016-01-27(Wed)

なぜあの会社は安売りをせずに利益を上げ続けているのか

     P1070294_縮小

なぜあの会社は安売りをせずに利益を上げ続けているのか
                                         
                      松野恵介


産直に出しているもののPOP広告を書くコツを知るために本を探していて出会った本。
自分としてはこういった文字で」「こういった色遣いで」「どういう内容を
がメインで知りたかったんだけど、この本の中身はまるっきり違いましたね(汗
あ、どういう内容をはあってますね。
そのことについてポイントをあてて書かれている本です。

広告というと商品を売り込むことに目がいきがちなんですけど、
この売り込みというのが駄目だとしています。
例として家電量販店の店員を挙げてましたけど、
客が売り込まれているという心理になるといけないんだそうで。

じゃあどうすんのかというのが実例を挙げて紹介されていますね。
この本の中身を実際自分のところで考えると・・・・・

あれ?

打ち出すべきポイントって何だ??
意外と中からは見えないものですね。
自分たちが当たり前だと思ってることが実は資産、それがポイント。
その資産をうまく使うことで利益が上がるということ。
販促って奥が深い。

販促はコンテンツを発信して信用を得ること

さて、自分のコンテンツ発信はうまくいっているのか???
立ち位置を替えて考えるって難しいね(汗



2015-10-29(Thu)

「糖質制限」は危険!

P1060589_縮小

  「糖質制限」は危険!       石原結實


糖質制限のことについてのこちらは反対する立場の本。
とりあえず、事柄に関しては賛否どちらの意見も知っておかないとね。

本の始めは糖質制限を進める本の中で紹介している事柄についての反論。
炭水化物が人類を滅ぼすの中でも書かれていた進化のことから、
細胞が糖を利用していることなど様々。
こういうのを指摘されるとそういやそうだとなる。
特に今の人間の歯は穀物をすりつぶす臼歯がほとんどということを考えると、
炭水化物はいらないものと考えるのはどうかなーと思う。


中身について面白いなーと思ったことは、

・漢方薬は炭水化物が多いということ
・肥満の原因は炭水化物よりも食べ過ぎ
・食事をして眠くなるのは体を休めているから

                                 etc・・・・

よく考えると当たり前のこと。
今の時代は飽食と言われて常に食料がそばにあり、無駄に食べている。
無駄に食料を摂取すればそりゃあ太るに決まっているわけで、そんなことは当たり前のことだ。
そんな当たり前のことだけど、元凶は炭水化物とターゲットを絞って攻撃とはどうなのか。
また、3つ目の食べた後に眠い・だるいというのは休ませるため、これもよく考えると
ライオンは腹いっぱいのときはむやみに襲ったりしないですよね。 
ライオンが食ってるのは肉であって炭水化物じゃない。
じゃあどうして炭水化物のみが原因だとなるの??
謎だ。


中盤には糖はどのような効果があるかが書かれていて、
中でも糖から蛋白質が合成できるというのには驚き。

後半は石原式高糖質ダイエットなるものの紹介なので、まあいいかな(汗


糖質制限に関する書籍2冊読んでみると、
勧める方はどうも万能であるかのように書かれているんだけど、それで弊害をきたしている人もいるわけで、
どうもいまいちこれはすごい!という感じにはならない。
結局のところ、体の中で合成(糖新生)できるんだから食べる必要はないってのと、
糖新生続けてると体に害があるので外部から摂取するべきの違いかなぁ。

炭水化物をすべて排除したうえで健康でいられるかどうかであって、
少量の炭水化物抜きというのであれば、それはこの本に書かれているように、
単に食べ過ぎていることを是正しているだけではないのだろうか。
○○ダイエットというのが何度もはやっては消えていきますが、
やっぱり何かを極端に行うようなことは体には良くないような感じ。
それがいいのであれば消えないでしょうしね。
今回の炭水化物制限の2冊でいえば、こちらの本に軍配ですかねぇ。
果たしてこの健康法はいつまで残っているんだろうか・・・・


  
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村