FC2ブログ
2020-04-16(Thu)

宿根草地植え化

今日晴れ、ハウス内は25度近くまで上昇。
やっぱりお日様の力は偉大だ。
まだまだ朝は霜降るので寒いっすけどねーー


さて本日は最近ずっと思ってた宿根草の地植え化作業をすることにした。
ルリタマアザミは管理が悪すぎて花も少なくなったし株数も減少、
このまま鉢植えにしてておいいことないから畑の隅っこに植えようと思って数年(大汗
ようやく重すぎる腰を上げて作業してきましたよ。

P1050700_縮小

去年掘ってアグロステンマを植えた個所に定植です。
ガイラルディアやエキナセアは宿根なので出てくる可能性ありという事で、
そうじゃないほうを利用して定植してみました。

P1050701_縮小
P1050702_縮小

無加温ハウス内越冬ですがどんどん伸びて大きくなっています。
50センチ間隔の千鳥での定植、もともと7号鉢に入ってたので間隔は少し広めに。
品種が少なくてベッチーズブルーが7、タプローブルーが6、ブルーボーイとプラチナムブルーがそれぞれ1です。
白花系は完全に消失してしまったので機会があれば購入してここに植えてみるのもいいかな。
青花も数品種も見つけられたら導入しても・・・・
アジュールブルーはフランスの種のやつが全く入ってこなくなったようで見つけられませんが・・・・・


P1050704_縮小

植え付けが終わった後はガーデンマムの鉢いじりをしましたよ。
こっちも後々地植えにする予定ですが、まずは株の分解をしてそれぞれポットに活けてみた。

P1050703_縮小
P1050705_縮小

何年かほったらかしなのでかなり鉢の中の状況は悪かったです。
それでも何とか生きてるから菊ってのは強いなーというところ。
これからは露地で適当管理でもいい感じに育ってくれるといいけど。
鉢管理ってのは意外と大変なのよね。

こうしてまず宿根草地植え化計画は進んでいってます。
まだ苗などがあるのでそっちも早いとこ片づけたいね。
実際のとこブルーベリーなども地植え化してしまったほうがいいような気もしてきているので
消極的理由ながらもこのまま地植えのほうに流れが加速するかもねー



スポンサーサイト



2017-04-18(Tue)

ウラジロヒゴタイ株分け完了!

今日は風が強かったんですが、日中はなぜか・・・晴れ(汗
ハウスの中での作業はじりじりと日差しがきつく暑い。
半袖で作業してましたよ。
あとは某有名人が来訪。
どうも実験農場ではいろんなことが起きるみたいですわ。
取材受けることになるのかねぇ・・・勘弁してほしい。


さて本日は日曜日の話題になるんですが、
ようやくウラジロヒゴタイの株分けが完了となりました。

P1100495_縮小

日曜日、私が小屋に行ったら「コンコン」と木を叩く音。
原木が来ないので駒打ちをしてたみたいです。
そうね、やれる時にやれることやっといたほういいよね。
うまい具合に調整して機械植菌で原木が足りなくならないようにすればよし。
・・・現在原木来てるかは不明(大汗


そんな作業を尻目に、私は私のお仕事を。

P1100490_縮小

研修前に終わらせておくべきだったんですがね、
ダラダラ残していたウラジロヒゴタイの株分け必要株をすべてばらして植え直し。
やっぱり株分けするのは大変だぁー

P1100491_縮小

結局全部作業を完了したらこれくらいに増殖。
初期数からすると、

タプローブルー  4⇒10
・ベッチーズブルー  6⇒9
スターフロスト  5⇒2
・アークティックグロー  5⇒0
・プラチナムブルー  1⇒1
ブルーボーイ  2⇒3
ブルーグロー  3⇒0
・アジュールブルー  4

アークティックグローやブルーグローのように死に絶えてしまったものもあれば、
タプローブルーやベッチーズブルーのようにやたら増えたものも。
やはり品種によって増殖しやすいものそうでないものがはっきりあるみたいです。

P1100492_縮小

アジュールブルーも大きい鉢は死に絶えたものの、
小さい鉢のものは手をかけてないのに生き続けてます(汗
放任の方が強い??

P1100493_縮小

プラチナムブルーは芽が出てきてからだと株分けしてもよかったなーと。
やたら多く出てきてるし。

P1100494_縮小

逆にこれはまずいなーと思ってベッチーズブルーの株分け失敗株芽芽が出てきてます。
さすがにこの品種は強いな。


増えたものはそのうち地植えにでもしようかと思ってます。
あまり鉢植えが増えると困りますんで(汗
増殖・死滅がうまいことバランス保ってくれればいいんだけどね、
ここ最近は扱いに慣れたのか増殖の方が多い感じがするし。
どこぞに一面のウラジロヒゴタイ林を作ってもいいか。
夢がある(笑


2017-02-09(Thu)

エキノプスの株分けがすごく大変な件

先日は植え直しの株をやったエキノプス、
今回は株分けをしないといけない株を1つばかりやってみたわけで。
以前1度だけ株分けをしたことはあったものの結構大変だったんですが、
今回も一筋縄にはいかないかなり難儀な作業になりました。

P1100175_縮小

まず今回やったのはタプローブルー
鉢から出してある程度土を落とした状態がこれ。
根っこがっしり、絡みあってます。
右、真ん中、左と別々の株が存在してますね。

P1100176_縮小

土があるとどう分けるべきか判別が難しかったので水洗い。
ある程度水で土を飛ばしてみると、1株で存在しているものと複数で存在しているものがありました。
ただ、この根の絡まりよう、どうやっても株分けすることができませんね(大汗

P1100177_縮小

こうなれば力技、あまりやりたくはないですが無理やり引き裂いて3つに分解。
左端のものは失敗してしまいまして、枯れる公算が高い・・・
2つはたぶん大丈夫だと思います。

P1100178_縮小

うまくいった大きいものが7号鉢、失敗したものは6号鉢に植え付け。
とりあえず1株が3株になった。
どうせなら全部生きてほしいけど、最悪2株に増加なら良しでしょう。
他に株分けするものが5つくらいあるので、まだまだ難儀な作業が続きますね。
もう少しすんなりできると楽でいいんだけど。


2017-01-10(Tue)

ウラジロヒゴタイ枯れ葉処理

午前中は晴れ間も出て気温上昇、休養舎の中が17度まで上がりましたが、
午後から一転荒れてきましたね―
明日はついに真冬日、寒さと雪が本格化しそうです。
いよいよ冬本番が来てしまいました。


そんな中春を待つ鉢植えの花、無加温の場所でじっと耐え忍んでいますが、
その中のウラジロヒゴタイの葉っぱがかなり枯れこんだので処理しておきました。

P1090969_縮小

地上部が残ったまま越冬できればそれに越したことはないんですが、
大抵はこのように枯れ放題枯れてしまうので、取り除いてやります。
そうしないと残っている芽までカビが発生して枯れてしまいますからね。

P1090970_縮小

アフターでだいぶすっきり。
枯れ葉と雑草の除去もしておいた。

P1090971_縮小

ぽとぽち見える紫のところが新芽ですね。
今年は株分けが必須なものもいくらかあり、栽培始めて2回目の株分け作業が待っています。
それはもう少し後になってからですが、死に絶えてしまった分の補てんがいくらかできるといいなーと。
・・といっても株分けできるのは強いタプローブルーとベッチーズブルーがメインだからほぼ同一が増えるだけなんだけど(汗

P1090972_縮小

大分白花系がなくなってしまったので、今年は注文しようかと画策中。
でもなかなか白花を売ってないんですよねぇ。
現在予約できそうなところを発見したので、検討して注文しておこう。
唯一まともに育つ宿根草ウラジロヒゴタイ、全種類大事にしていきたいじゃんー


2016-09-08(Thu)

ウラジロヒゴタイのあと処理とその後の生育

ウラジロヒゴタイの花も全て終わったので、
咲き終わったものを処理し、枯れ葉を取り除いて来年に向けた生育に入った。

P1080946_縮小

こ―んな状態ですから見栄えが悪い。
特にこのまま花のあとを残しておくと株が死にかねないんですよね。

P1080947_縮小

ということでぶった切ってあと処理。
この時点で新たなものが出てきていれば何の問題もなく順調に育ってます。
これはタプローブルー、今年はよさげだ。

P1090065_縮小

処理していくとやっぱり良いもの悪いものがありますね。
今年はタプローブルーが完全でかなりいい状態。
あとは相変わらずベッチーズブルーもまずまずってところ。
困ってるのが白花、スターフロストがあと1株しかなくなり、アークティックグローは消滅(泣
ブルーグローもよくないね、いい悪いに差があり過ぎる。

P1080980_縮小

株もと見るとかなり大きな塊になってきているものがあるので、
今年の休眠期に株分けしてやろうかなと思ってます。
株分けはこれで2回目、以前はわからずやって成功したので、今回も適当に(笑

毎年必ず何株か消滅していっているので、ここらで少し買い足そうかな―とも思っているところ。
特にアークティックグローはなくなっちゃったしね。
まともに育てられる唯一の宿根草ですから大事にしていかないとね―


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村