FC2ブログ
2020-02-19(Wed)

現在の椎茸 2020・2・19

だいぶ日が長くなってきました。
着実に春へと向かっています。
寒さもあって収穫の谷間が来ていましたが、次の品種の発生が始まり少しずつ収量が回復基調へ。

P1050397_縮小

現在発生が始まっているのはA560の新ホダ2巡目。
こちらも追いばえがありましたが、その前の品種からすると発生に影響が少ない感じ。
タラつくこともなくスムーズに展開中。

P1050398_縮小
P1050399_縮小

この品種特徴のカチッと固めのキノコが出ています。
形もきれいでいい感じですね。
少し根が深くて採りづらいのが難点ですが。
やはりいい点だけでなく悪い点ってのもあるもんです。


現状はこの前の品種がタラついていることもあってなかなか浸水がスムーズに進んでいないため、
ドカンと大量収穫開始とはいっていませんが、収量自体は増加のほうへ転換中。
もう少し気温が上がってくるともっといい感じになってくるのでそれに期待したいところです。
今月中はまだぼちぼちというところでしょうかね。


スポンサーサイト



2020-02-01(Sat)

現在の椎茸 2020・2・1

2月に入りました。
爆裂発生のF103の発生もほぼ終了、現在次のA511の発生に入ってきています。

P1050318_縮小

追いばえがひどく浸水発生を急いでみましたが、
やはり追いばえで大体の発生が終了してしまっているようで収量はがた落ちです。
浸水時についている芽を残しているため、それが主な収穫源となっています。

P1050321_縮小
P1050320_縮小

どうしても追いばえの芽を残してしまうと、そのキノコは水を吸って色合いが良くないですし、
軸がぐにゃついたりかさに奇形が出たりしてしまいます。

P1050319_縮小
P1050322_縮小

もちろんその中にもきれいで立派なキノコはありますので、こういったものが販売のメインになっています。
それ以外は開かせてスライス乾燥ですね。
物は使いようです。

P1050324_縮小
P1050325_縮小

新規の芽が少なくかなりスカスカですが、一部新しい芽が発生してきてはいるため、
これからの発生に少しは期待したいところですが、
次の品種が始まるまで約2週間は谷間の時期になりそうです。
年末に忙しかった分ここで一服、キノコの発生も少し休憩に入ったようです。


2020-01-22(Wed)

現在の椎茸 2020・1・22

このカテゴリでの投稿は実に2年半以上ぶりになってしまってますが、
現在の椎茸についてご報告。

P1050264_縮小
P1050262_縮小

現在主だって発生しているのはF103の椎茸です。
新ホダ1回目の浸水発生で爆裂発生と言いたいところですが、
やはりどうもここ最近のF103は少し落ち着いてしまっている様子。
それでもしっかりと量は採れています。

P1050263_縮小

F103らしからぬ大きさの椎茸も。
質より量と言えたキノコが質のいい感じのキノコも採れて満足ですね。
この品種でLサイズ規格のものが採れるとは思ってもみなかったです。
1回目の発生は順調に進んでいます。

この後A511の発生へと移りますが、今の発生は来月頭位まではありそうです。
今月中はしばらくまとまった収量が得られる予定になりますね。
来月は大きめになりやすい品種、ここから先大きいキノコが増える可能性大!


2017-05-13(Sat)

現在の椎茸 2017・5・13

研修に行っているため発生状況報告がなかなかできていないですね。
久しぶりに現状報告です。

P1100657_縮小
P1100658_縮小
P1100661_縮小

現在発生している品種はF309という品種。
去年秋に1度発生させてから今までずっと休養していたものです。
現在山のキノコの自然発生があるように、春子シーズン。
そのため浸水発生したところやはりかなり量が出てきましたね。

P1100659_縮小

この品種の特徴でもある、水が滴るキノコも散見。
こういったものは正直いらないですね。
品種特徴のマイナス面でしょう。
こうならないように湿度調整はしないといけないです。

P1100660_縮小

まだホダ木としては2回目の発生、キノコの大きさはいいです。
Lサイズもしっかり、大ぶりなものがとれるうちはいい。
これから先暑くなってきたときにどうかですね。
現状はいいキノコが採れています。

P1100662_縮小

ずっと積んであったために椎茸菌が発菌してしまい、
木同士がくっついた弊害で皮がとれてしまうホダ木が多く出てしまいました。
この傷がホダ木寿命を大きく削ってしまうのがもったいないところ。
この品種のこういったところが問題、くっつかない手立てがないものかと思いますね。


椎茸は春シーズン中のためいいものが出てきています。
来週末あたりまでこの品種で沢山のキノコが採れそうです。
そこから先、暑くなってきて夏菌がどうなるかでしょうか。


2017-04-04(Tue)

現在の椎茸 2017・4・4

もう4月に入り冬もほとんど終わり、大分日中は暖かくなっています。
東京では桜が満開なんて時期ですからね、完全に春に移行という感じです。
まだ朝晩は霜が降りるほどの寒さにはなりますけどね。


P1100419_縮小

さて、現在発生している品種はF103になります。
冬場3回転目でしょうか。
さすがにこに時期になると冬場の酷使の疲れがどっと出てしまい、発生量ががた落ち。

P1100420_縮小

発生自体がないわけではないものの、非常にまずい量です。
F206の方がかえって量が多かったかもしれない・・・

P1100421_縮小

大きさ自体はまずまずなんですがね、数がない。
爆裂発生品種といえども、疲れてしまえばこんなもんだ。
こればっかりは冬場に温度をかけられないうちの宿命と言うやつですね。
温度がないならないなりの管理をしっかりやらないといけませんね。
なかなか難しいですけども。

P1100422_縮小

1回の収量でたったこれだけですもんね・・・
開店休業状態ですわ。
時期的に回復見込めるほどの暖かくなっていること、
他の品種も使いだしの温度になっていることなどからして、これから先は収量は回復するとは思いますが、
現状このF103の発生ではかなり深刻な状態が続きそうです。
私が研修でいないので忙しくないと仕事はどうにかなるとは思いますがね、
うーん、いいのか悪いのか・・・
経営としては最悪ですね(汗


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村