FC2ブログ
2021-01-08(Fri)

現在の椎茸 2021・1・8

大雪に見舞われております当地、そんな中でも椎茸の発生は順調です。
順調すぎて別の意味で大変なことになっています。

P1070609_縮小
P1070608_縮小

現在発生中なのはA511新ホダ。
年末年始の生産調整の思惑が外れ正月から結構な収量が出てしまっていたんですが、
現在は年始後の生産予定分のところへ移行してきており、
それが想定以上に発生してしまって今年のスタートはロケットスタートとなっています。

P1070586_縮小
P1070587_縮小

大きなキノコのため膜切れを待ってしまうと巨大なものばかりになることもあって、
少し早どりをしてパック詰め用にしているわけですが、
そのせいもあって収量がとんでもないことになっています。

P1070606_縮小

どどっと山積みからの、

P1070607_縮小

さらに。
年末からの大雪で外では雪で大忙しになっているのに、ハウス内部では椎茸の大発生で大忙しに。
ダブルパンチで新年早々てんてこまい状態になっています。
おかげで他の仕事に手が回らず浸水作業が1週間飛んでしまいました。
現状の発生量が続くのは今週の連休くらいまでかと思われます。
その後いったん底を打って、残っている新ホダの発生が始まってくるので、
この品種の発生は今月中くらいはずっと続きそうです。
大きめのキノコなら今がチャンス、食べてみたいという方は是非是非。


スポンサーサイト



2020-12-07(Mon)

現在の椎茸 2020・12・7

寒さが本格的になってきた昨今ですが、いまだ当地では大きな雪に見舞われておりません。
非常に助かってはおりますが来週あたりにはついに本格的な降雪が始まりそうな気配です。
そんな中での椎茸の発生の現状報告です。


P1070443_縮小

現在発生中のキノコはF206とA560の初回発生。
F206は夏菌ですが、休養舎内での発生がひどくて落ち着かせるのが目的かと。
遅くとも11月で年内発生を終えて来年に向けて休養がセオリーですが、
意外と出たがっているものを使ったせいか発生量はそれなり。

P1070444_縮小
P1070445_縮小

思った以上に大ぶりで硬いいいキノコです。
夏菌特有で膜切れは早いですがそれを差し引いても質はいいキノコだと思いますね。

P1070446_縮小

こちらは初回発生のA560
外にあるため雪が降る前に使い切ってしまいたかったんですが、
思った以上に降雪が遅れているため無事使い切ることができそうです。

P1070447_縮小
P1070448_縮小

初回発生のわりには収量がさほど多くはないものの、
やはり今時分のキノコ、結構な肉ののり方に加え膜切れの遅さ、
でかくなる要素がモリモリですね。
しっかりしまったキノコなのでF206同様に質のいいキノコになってます。


収量自体はそこまで増加はしていませんが新ホダのおかげで質は非常によくなりました。
これから冬場は新ホダメインのため質は高めで推移できそうですね。
あとはどの程度量を確保していけるか、ハウス内温度管理が重要になると思われます。


2020-04-15(Wed)

現在の椎茸 2020・4・15

一大事業の植菌作業も完了、シイタケ栽培のほうに力が入っていきます。
例年になく雪解けが早く既に自然子の発生も始まってきています。

P1050642_縮小
P1050643_縮小

1か月ほど早い自然子の発生、こちらは雨待ち状態です。
強風のせいで芽が乾きすぎて生育が芳しくないですね。
露地は天候次第ですのでこれからというところ。

P1050698_縮小
P1050699_縮小

ハウスでは現在A560の新ホダの発生となっています。
冬場の頑張りでだいぶ疲れてしまってますので、発生量がガタ落ちですね。
大きめのキノコがボツボツというところですので、収量はまだまだ少ない状態です。

P1050669_縮小
P1050670_縮小

ハウスの温度は上がってきていますので散水を再開しています。
冬場のお疲れからの回復をはかっていくことになると思います。
ハウス発生はこれから徐々に回復していけると思いますが、
もうしばらくは回復のための時間はかかってしまうと思いますね。

浸水作業はこれから本格的に動き出せる状態になりましたが、
なかなか収量回復には時間がかかるというのが現在の状況になっています。


2020-03-09(Mon)

現在の椎茸 2020・3・9

P1050481_縮小

だいぶ雪解けが進んできています。
最高気温も2桁を記録し始めた今日この頃、今の椎茸はこんな状況です。

P1050474_縮小
P1050473_縮小

植菌が始まったため優先順位が下がってしまい、
発生操作は以前より少しばかり抑え気味で推移中です。
今発生メインはF103の2巡目発生。
こちらも追いばえがすごかったですが、ぼちぼち浸水発生のほうも採れそうです。

P1050475_縮小

大きさもまずまず。
少し乾燥気味のせいか生育速度が鈍いですが、そこはハウス散水をして湿度をあげて対処中。
水っぽくなるという事はないと思いますが、気温も高くなりこれから順調に進んでくれればいいですね。
今月、来月はしばらく発生量は低めで推移しそうです。


2020-02-19(Wed)

現在の椎茸 2020・2・19

だいぶ日が長くなってきました。
着実に春へと向かっています。
寒さもあって収穫の谷間が来ていましたが、次の品種の発生が始まり少しずつ収量が回復基調へ。

P1050397_縮小

現在発生が始まっているのはA560の新ホダ2巡目。
こちらも追いばえがありましたが、その前の品種からすると発生に影響が少ない感じ。
タラつくこともなくスムーズに展開中。

P1050398_縮小
P1050399_縮小

この品種特徴のカチッと固めのキノコが出ています。
形もきれいでいい感じですね。
少し根が深くて採りづらいのが難点ですが。
やはりいい点だけでなく悪い点ってのもあるもんです。


現状はこの前の品種がタラついていることもあってなかなか浸水がスムーズに進んでいないため、
ドカンと大量収穫開始とはいっていませんが、収量自体は増加のほうへ転換中。
もう少し気温が上がってくるともっといい感じになってくるのでそれに期待したいところです。
今月中はまだぼちぼちというところでしょうかね。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村