FC2ブログ
2021-02-20(Sat)

GIいぶりがっこ

P1070819_縮小

いぶりがっこをもらった。
といってもいぶりがっこはGI(地理的表示保護制度)の名称になったので、
GI規格ではないものの名称はそれぞれ。
これの場合はいぶりたくあん漬けになってるようですね。

このGI規格、以前にもやったと思うけどいぶりがっこの規定として、

・秋田県いぶりがっこ振興協議会の会員(秋田県漬物協同組合、秋田いぶりがっこ協同組合、
 横手市いぶりがっこ活性化協議会 傘下の生産者)が生産している。

・生産地は秋田県内

・国内産の大根の使用

・ぬか床に40日以上漬け込む

・着色料(食用黄色4号、食用黄色4号アルミニウムレーキ)、保存料(ソルビン酸)、
 甘味料(サッカリン)などの指定添加物を使用していない


いぶりがっこを名乗れなくなるのは1番目と5番目が主でしょうね。
写真のものは5番目だけだと思います。
実際5番目のもので燻製風味調味料によるパチモンをはじいてるので重要でしょうね。
ただそう考えると規定に燻製部分が入ってなかったのに驚き
燻製工程が入ってればそもそも燻製しないたくあんで燻製風味の味付けしたものを排除できるはずだからね。
また、燻製に使う木材に関しても少しばかり絞ってもよかっただろうし。
というのも木材何ら何でもいいとばかりに廃材使うようなところもあったりするらしいんで。
すすがひどくて大根真っ黒とかいうものが実際あったりするんですよね。
その辺の整備はあってもよかったのかな、と。


規定を見ると意外と緩かったなーと思った。
元々のいぶりがっこは各家庭ごとに製法が異なってそれぞれの家庭の味ってのがあるわけなので、
あまりぎっちり絞めるといぶりがっこを名乗りにくくなるからってのがあるからでしょうね。
大根の品種から燻す時間、燻す木材の種類、漬ける材料の比率に漬ける日数、
細かく言えば畑の状態やら漬け樽付近の乳酸菌とかいろ---んなファクターがあるわけで。
そういうのを考えると燻し風味たくあんを本流から排除できるGIは意味はあるのかな。
ま、それが本当に有効なのかどうかは何とも言えないんだけどねー
いぶりがっこ名乗りにくくなるだけっぽい印象だったけど、
意外と緩くてこれならやっていけそうかなーと思った次第。


スポンサーサイト



2018-11-23(Fri)

ニンジン選抜って難しいものだ。

ついについにやってきた。
朝起きたらそこは白い大地だった。

DSCF7772_縮小

意外と降った。
初雪ですが10センチ程度の降雪だった。
これを程度といってしまうのが雪国ってやつよ(笑
根雪にはならないと思うけど、今年もシーズンインです。


さて本日は去年も農場で行いました山内にんじんの選抜について。
2回目の選抜ですが、ここでニンジン選抜ならではのことが起きたので再びのネタ化です。

DSCF7757_縮小
DSCF7755_縮小

去年のネタはこちら⇒山内にんじん選抜
今年も収穫物からよさげなものを選んで、その中からさらに種採り用選抜として絞っていきました。
今年は去年よりもいいものが少なく、選抜もなかなか大変だった。
カットしているのは中身の確認ですよ。人参は中も見て判断するんで。
外見や中を見て本来の山内にんじんに近いものを選んで残していきます。


で、


2回目となったこの選抜、ここでなかなか興味深いことが出てきました。
山内にんじんならでは、ではなく、人参の種を採るときはおこること。
それが2系統の種ができてしまうこと。

どういうことかというと、人参は春から夏(山内にんじんは半夏生くらいまでの播種が目安)の播種で秋どりですが、
それを選抜し畑に埋めて翌年開花からの採種が夏になるんですよね。
図にしてみると、

5678910111212345678910111212345678910
・播種    ・収穫選抜   ・開花採種
                 ・播種  ・収穫選抜    ・開花採種

とまあこうしてその年採種したものはその年にまいて収穫することができないわけですよ。
短根種であればできなくはないけど、山内にんじんのような長根種は厳しい。
つまりは偶数の年の種は偶数年に収穫採種が続き、奇数年は奇数年と2種類の種ができちゃうわけだ。
今回のものは偶数年種、それが選抜採種がうまくいってなくて種が良くなかったため、
今回の収穫物があまりいい出来ではなかったというわけ。
毎年更新できてればそういうことはないけど、人参採種ならではの問題が出てしまったんだねぇ。
人参の種採りってのは難しいもんである。


固定種の種採りってのはその反面で自分の好きなほうへ変異させていけるってのもあるので、
そういう点では面白いところもあるんだけどねー
その品種独自のものを持ちつつ、ちょっとほかとは違ったものを作っていくのはロマンはあります。
自分のカボチャの種採りだってまさにそれですからねー
ただ単に種をとるでなしにしっかりとした基準の中で採種する、
種を採ることの難しさと楽しさを再発見したところでござい。


2018-11-10(Sat)

いぶりがっこ始まってます

どもー
今日は昨日からの雨が午前中まであったので畑には出ずにイモ洗いしてました。
芋洗うといっても時間にして2時間半、結構な水仕事ですよ。
現状なめこの発生がピークで芋洗った後に少し手伝ったりして、
結局今日は水仕事ばかりしてた気がする(汗


さて秋も深まる当地、当地の名物いぶりがっこが始まってきています。
先日農場の大根を編んだものを、去年同様に地元の燻し小屋へ依頼に行きました。

DSCF7667_縮小

去年は燻してるところは見れなかったんですが、
今年はちょうど作業中だったので中を見せてもらいました。
ここでは編まないでこうして置くタイプでの燻しになってます。
こうすることで編む作業や吊り上げる重労働をしなくて済むわけですよ。
なんせ大根10本くらいやってしまえばそりゃあもうやばい重さですから・・・・

ちなみにここを開けた瞬間ならの木だという薫香がしました。
木によって薫香って違うのはご存知かと思います。
ここでは楢、他には桜とリンゴとか個人個人で違うわけですよ。
そこらへんも当地のいぶりがっこは家庭ごとに違いが出るっていうわけで。
まあこの作業は非常に大変なのでどんどんやる人が減少してるので、
後継者不足は結構深刻になってきてしまってますよ。


DSCF7674_縮小

当地のいぶりがっこはこうした燻さないで干し大根を作ることができない環境だったから
囲炉裏端の煙で燻し乾燥したものを漬けていたいわば生活の知恵。
そんなわけだから漬けた大根を燻製したものじゃないわけでございますよ。
考えてみればこれだって六次産業だわねぇ。
昔の人の知恵ってのは恐れ入ります


2018-02-25(Sun)

雪よせ大会やってきたどーー

どもー
疲労困憊で死にそうな椎たけ夫ですー
やる気ナッシング、体力もナッシング、今日は手短に。

今日は以前より記事にしていました雪よせ大会に出場してきました。
スポーツYUKIYOSE世界大会2018でございますよ。
勝手に世界大会名乗ってますけど、外国からは出場してませんよ(笑
あ、いつぞやの大会で国際教養大学の学生が出てたか。
今年は中国の人がいたかな?
まあそんな大会です。

DSCF0588_縮小

大会内容はいたってシンプル、2m×25mを80センチの深さで雪よせするだけ。
なんだか当日になって50cmが80cmになった様で・・・・

DSCF0589_縮小

10時半に一斉にスタート、5人チームでフィールドに出る人が3人。
45分ハーフの90分勝負。
早いところはやはり早い。大したことないところは…まあね(笑
私たちのところも前半はトップ争いしてたんですが、
後半やはり疲れが出てきてしまい…

DSCF0590_縮小

白くてわかりにくいですけど、最終的に完走できなかった・・・・
といっても完全にクリアしたのが29チームで2チームしかなかったので、
今年は深さの面で厳しかったですね。


で、


最終順位ですが、29チーム中6位でございましたーー
一けた台に入ったので頑張ったと思います。
隣のチームは全部いったのに私らよりも順位が下.
80cm規定はかなりしっかり測ってくれてましたよ。


そんなわけで初出場に雪よせ大会は幕を閉じました。
正直ルールがばがばであっちこっちで不正がありましたね(大汗
(開始前から雪捨て場整備してたり、道具が特殊だったり…)
参加チームが増えてきているらしいのでしっかりとしたルールは作ってほしいですね。
破ったらペナルティーで何分停止とかね。
あとは参加賞ぐらいは金出してるんだから・・・・(大汗
ほんとこれじゃあ骨折り損のくたびれ儲けだでーーー
疲れすぎて心音が早いので、今日も寝られないかもしれん……


2016-09-29(Thu)

鹿島様

どもー
今日もキノコに忙しく、畑どころではなかったです。
椎茸が落ちいたかと思ったらなめこが大量発生、
うーむ明日にはまた椎茸、こりゃあキノコに殺されてしまうな(笑

まあ・・そういうわけで今日は息抜きネタです。


先日岩手県へ越境したわけですけれど、
その途中一服によった結ハウス敷地内には鹿島様というわら人形がたっています。

P1090251_縮小

これです。
こかーんにあるものは立派なアレですよ(爆
小さい頃にはこれはなんなのかよくわからなかったんですが、
このわら人形の意味というのが大きくなって知りましてね。
どうも災いが地域に入ってくるのを防ぐという意味合いのもののようです。

P1090266_縮小

鹿島様は上記の結ハウスのものしか知らなかったんですが、
実は山内にも存在していまして、それがこの鹿島様です。
結ハウスのものとは別物です。
なんというか、わき毛ボーボー、こかーんにも毛が(笑

P1090267_縮小

山内の鹿島様は岩手・秋田県境に存在しており、
この看板の説明通りに岩手県側からの災いの侵入を防いでいます。
最初に建てた時からもうすでに300年近くたっているようですね。
長い間地域を守ってきた鹿島様です。


この鹿島様というのは、タケミカヅチノミコトの神威がメインで、
プラスして道祖神が混合した民俗信仰とのこと。
秋田県内各地にいろんなタイプのものがあるらしい。
それもこのことで調べてわかったんだけど、
こかーんの物が立派なのは山内の特徴みたいだ(笑

こういった地域の歴史の産物って沢山あるんだろうけど、やっぱり意外と知らないもんだなーと思ったね。
地元に住んでいながら地元の面白いものを知らんってのもね、いかんですな。
黒沼、筏の大杉、鹿島様、メジャーどころは回ったので、
今度はいろいろ調べて別なものを探しに行こうかと思う。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村