FC2ブログ
2019-07-09(Tue)

あきたの枝豆、あきたほのか

どもー
相変わらず晴れて草むしりの毎日、椎たけ夫です。
草むしりの日々で腰がやばい。爆発しそうだ(笑
まだまだ草との戦いは終わらない、精神が崩壊するぜっ


さて本日は枝豆の話題。
枝豆というと秋田県は市場出荷量全国一を目指して取り組んでいまして、
それに伴って県でオリジナルの品種を作っているわけですよ。
数品種あるんですが、実験農場であきた香り五葉という品種は作ったことはあったものの、
そのほかのものはどんなもんか知らなかったわけで。

そんな中、今年の家の枝豆生産で晩生として秘伝をまいたんですがこれがことごとくネズミの餌に・・・・
しょうがないのでいろいろと店を巡ったんですが晩生枝豆がことごとく売り切れ・・・・
そこでネット通販での取り寄せを考えた時に、秋田の品種があったなーと探したらちょうどありましてね、
購入したのがあきたほのかというわけですよ。

P1030792_縮小
P1030793_縮小

とりあえずあきたのほかというのはどんな品種なのかはこちらを参照してください。

農研機構 あきたほのか

種豆は緑色で緑大豆という感じですかね。
まいたのが6月下旬のまき時限度、収穫は10月くらいになる予定。

P1030815_縮小
P1030816_縮小

今年はセルトレーでの豆の土詰めのコツをつかんだおかげか、
最初の段階で皮かむりがだいぶ少なくなり順調な発芽でした。

P1030838_縮小

が、育苗中に雨が降ったこともありトンネルをかけたところネズミが浸入・・・・
またもやネズミの被害を受けてしまいトラップにて5匹捕獲しましたよ。
全く野郎どもには困ったもんです。
まあ知恵比べなら私も負けてませんからね、同じトラップで2匹捕獲するなど上々の戦果を上げました(笑

P1030942_縮小

メインは家の枝豆ですので家のほうで2畝ばかし定植。
畝というか…溝作っただけなんですがね(汗
ちょっと忙しくてそれどころでなかったもんでこういった具合ですが、土寄せするのでまあいいかと。

P1030936_縮小
P1030937_縮小

家のほうで余ったものを自分のいんげんを定植するべく作った畝の余った部分に定植。
自分のほうは実がつけばいいやーていな適当塩梅ですが、
枝豆は初めてのことなのでうまくいくもんかなー
大豆と違って適期収穫しなきゃいけないのでミスらないようにしないと。

枝豆は作って食べるとわかるけど、うまいものとそうでないものの差って結構大きいです。
このあきたほのかの実力はまだ一切不明のノーデータ。
秋田県品種の実力やいかにという期待と、高い買い物してダメだったらという不安が半々。
特にね、晩生型は肥料を少なめにという中でインゲン畝は肥料たっぷり・・・さて困った(大汗
家のと自分ので味の差が出るのかというのも気にしても多いところ。
いずれにしても遅い枝豆栽培がスタートしましたよ。


スポンサーサイト



2019-06-07(Fri)

温床の撤収

今日は朝からぐずついた天候。
予報じゃ午後からのはず・・・なのに朝からパラパラと雨が。
雨が降ってなかったら畑で畝づくりを、なんて思ってたけどねぇ。
こういった予報が外れちゃうと予定が狂っちまうぜー

そんなわけで本日温床の撤収ネタ。
ここまで放置してしまっていた温床ですが、いよいよもって邪魔になったので撤去です。
もう1か月以上稼働してなかったので、ただの苗置き場のような状態でした。

P1030630_縮小

まずはトンネルビニールはいでトンネル支柱取っ払って周りの木枠を解体、
それから農電マットの汚れをきれいに流してやります。
簡易な温床なのでこうした解体作業も楽ちんでいいです。

P1030631_縮小

水で流しているとところどころ水がたまる場所があるわけで。
やはりしっかりと水平になってなかった模様。
この辺発芽ムラにつながってしまった可能性もあるので注意ですね。

P1030632_縮小

あとはトレーを引っ張って穴が・・・
トレーはなるべく引っ張らないようにいないとだめだね。

P1030638_縮小

きれいにした農電マットはしっかり乾かしてから収納して完了として、
断熱材撤去とその下に強いたビニールの撤去で温床解体完了!
片付けはあっという間に終わってしまいましたねー
これで休養舎の中に新しい榾木を入れられるし、これから先暑くなってくるので積み上げを低くすることもできます。
今までは無駄スペースで占拠できたけどこれからはそうもいかなくなったということよー

今年初めて運用した温床、終わってみれば課題はかなり多かったですね。
思った以上に温度がとれなかったこともあったし、スペースの問題や光の問題、
片付けでわかった水平のことなどなど解決しておくべきことは多かった。
それでも温度取れない時期にしっかり発芽させることはできていたので使った意味は十二分にあった。
来年はもっと有効に使えるように対策はしっかり練っておきたいところ。
そんな感じの初めての温床でござんしたよ。


おまけ

P1030637_縮小

つい先日某SNSで出てたスズメガがなんとまあうちにもいた。
その名はウンモンスズメ、コケ生えたような緑色がなかなかいい感じだ(笑
とはいえスズメガは重大な害虫、撮影後は・・・


2019-05-05(Sun)

2019畑始動

今日は快晴、夏日。
以前にもあったけどゴールデンウイーク中に阿保みたいな気温になることがあるのよね。
まーた霜降ったというのにこの気温の振れ幅のでかさよ。
桜咲いて春が来たーという感じがあっという間に過ぎていきます。
ここいらの春は・・短い(笑


さて本日昨日肥料ふっておいた畑をようやく掘りました。
1年ぶりのトラクター始動、しっかり畑を耕しますよー

P1030356_縮小
P1030357_縮小

今年は本格的に肥料設計考えてやるのであれこれと肥料まきました。
中身は内緒です(笑
全体的にまくやつと作物ごとの物があるので結構肥料散布に時間がかかりましたね。

P1030361_縮小
P1030362_縮小
P1030363_縮小

畑3枚分。
毎度のことですが、今年は一番うまく掘れたかもしれない(笑
結構気をつかって掘ったので畑3枚でも2時間かかってしまった・・・
天気の関係で今日田んぼのほうも掘ってしまおうかと思ったりもしたんですが、
まず肥料散布自体に時間がかかること、田んぼなのでしっかり耕すのに時間がかかることなどであきらめました。
結局この3枚掘り終わってみればその考えは正解でしたけどねー

P1030365_縮小

掘り終わったら畝づくり用の目印棒立てておきます。
早速やっておくべき姫神芋(短形自然薯)とメロンのところに印を立てといた。

2019畑

今年の畑は今のところこんな感じ。
灰色部位は全体に散布したケイカル、それ以外の名前のあるところは作物ごとの肥料散布も完了したところ。
唐辛子がどの程度の量苗ができるかわからないことと、
シドケが現状どこまで増殖できるかがわからないので灰色部位が多いです。
シドケの出来が悪ければ最終的に豆をまこうと思ってます。


P1030364_縮小

タラちゃん初物ゲット。
そんな春を感じつつ畑も本格的に動き出し忙しくなります。
5月後半は鬼のように忙しいのを覚悟しないと・・・・
それも天気次第、露地栽培はなかなか大変でござる。


2019-04-06(Sat)

肥料調達開始

ようやくの週末です。
なんというか長かった6日間だったね。
ここが週休2日と1日の違いか・・・・・
明日は寝るぞーーー ←オイ

さて本日1週間ぶりに買い物に出かけました。
なんか1週間も車に乗ってないというのがここ2年では考えられないことだったので、
久しぶりの運転はちとふわふわした感じでした。
家のお使いもそうなんですが、メインは自分が使う肥料の調達。
培養土はすでに調達済みなので、これから週1くらいで肥料調達に出かけることにした。

P1030003_縮小

肥料に関しては研修中に今年やるものの選定から初めて、
それに見合った成分量の確認、その成分量をどの肥料で振り分けるかの試案などなど結構考えてました。
ただ、なかなか冬の間は肥料がそろってなくて、ホームセンター肥料も限られてたので、
後になってこんなのもあるというのが出てきてやり直ししまくりでした。
最終的にこれでいいんじゃないかというので使う現物量を出していざ購入という運び。
今回16袋320キロの調達をしてきた。これでもたぶん3分の1程度じゃないかしらー

なんやかんや買ってますが今回のメインはケイカルでしたね。
まあ肥料の数量の組み合わせで偶然そうなっただけだけど、
ケイカルというと稲の肥料として有名ですが、実は野菜にも結構効果が高いそうな。
安い肥料(1袋500円前後)なので手軽に手を出せますしね、実験ですよ。
自分の作物だから肥料設定は自己責任、いいか悪いかは結果がすべてでしょう。
全部をホームセンター調達するから結構手間ですが意外と安上がり、
今日は130円の戦いに勝ってきたし、肥料調達開始は上々の滑り出しですー



2019-03-24(Sun)

温度が取れないよー

きのうがピークなんて考えてました。
朝にトイレに入って驚愕。

白い。

昨日の夜は異様に冷え込んできてまして、真冬並みに風呂場の窓が凍ったんですよ。
ずいぶん冷え込んだなーという感じで寝たわけですが、
そこから随分雪が降った様で・・・・

P1020933_縮小

朝6時過ぎがこれだ。
この時期に雪なら湿った雪が普通ですが、ぱさぱさのパウダースノー。
除雪も出動そんな大雪になってました。

P1020934_縮小

まあ…こんな感じですからーー
ゆうに20㎝、まさかの20cm、驚きだ。
こんなことがありうるからまだタイヤ交換は早いと前にも書いたわけよ。
気を付けないといけません。


さてそんな天気なもんですからハウスの中の温度が取れません。
それつまり自分の育苗設備の温度も取れないことになるわけで。

P1020925_縮小
P1020926_縮小

サーモは作動して25℃で経過はしているようですが、それはあくまで農電マットの温度。
セルトレーはそこまで温度ないし、トンネル内はもっと温度がない。
いくらでも保温力を上げるためにポリをもう1枚かけてみた。

P1020928_縮小

セルの上にもひいてさらに保温力アップ。
でもやっぱり25度以上は厳しい。
しかもこの天候、厳しいにもほどがあるね。


農場ハウスでも同じようにやっているんだけど、そもそもハウス自体の温度があるわけで。
椎茸ハウスはどうしても白い屋根で温度上昇が抑えられてしまうのも温度が取れない要因。
やっぱり育苗用の小型のハウスとかあったほうがいいのかねぇ。
寒い中の育苗は難しいよー(泣


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村