FC2ブログ
2021-02-20(Sat)

GIいぶりがっこ

P1070819_縮小

いぶりがっこをもらった。
といってもいぶりがっこはGI(地理的表示保護制度)の名称になったので、
GI規格ではないものの名称はそれぞれ。
これの場合はいぶりたくあん漬けになってるようですね。

このGI規格、以前にもやったと思うけどいぶりがっこの規定として、

・秋田県いぶりがっこ振興協議会の会員(秋田県漬物協同組合、秋田いぶりがっこ協同組合、
 横手市いぶりがっこ活性化協議会 傘下の生産者)が生産している。

・生産地は秋田県内

・国内産の大根の使用

・ぬか床に40日以上漬け込む

・着色料(食用黄色4号、食用黄色4号アルミニウムレーキ)、保存料(ソルビン酸)、
 甘味料(サッカリン)などの指定添加物を使用していない


いぶりがっこを名乗れなくなるのは1番目と5番目が主でしょうね。
写真のものは5番目だけだと思います。
実際5番目のもので燻製風味調味料によるパチモンをはじいてるので重要でしょうね。
ただそう考えると規定に燻製部分が入ってなかったのに驚き
燻製工程が入ってればそもそも燻製しないたくあんで燻製風味の味付けしたものを排除できるはずだからね。
また、燻製に使う木材に関しても少しばかり絞ってもよかっただろうし。
というのも木材何ら何でもいいとばかりに廃材使うようなところもあったりするらしいんで。
すすがひどくて大根真っ黒とかいうものが実際あったりするんですよね。
その辺の整備はあってもよかったのかな、と。


規定を見ると意外と緩かったなーと思った。
元々のいぶりがっこは各家庭ごとに製法が異なってそれぞれの家庭の味ってのがあるわけなので、
あまりぎっちり絞めるといぶりがっこを名乗りにくくなるからってのがあるからでしょうね。
大根の品種から燻す時間、燻す木材の種類、漬ける材料の比率に漬ける日数、
細かく言えば畑の状態やら漬け樽付近の乳酸菌とかいろ---んなファクターがあるわけで。
そういうのを考えると燻し風味たくあんを本流から排除できるGIは意味はあるのかな。
ま、それが本当に有効なのかどうかは何とも言えないんだけどねー
いぶりがっこ名乗りにくくなるだけっぽい印象だったけど、
意外と緩くてこれならやっていけそうかなーと思った次第。


スポンサーサイト



2021-01-07(Thu)

横手の現状を確認

どもー
結局今日も雪仕事、屋根の雪6連チャンでほぼ1週間丸々雪仕事。
今日から大荒れなんですが、実のところ午前中は快晴が継続してましてね、
なんとまあ昨日の反対側の部分の作業が午前中の天気がいいうちにあらかた処理できたんすよねー
日頃の行いがいいからでしょう(笑
しかしまー6連チャンで体ボロボロ、本日はスーパー出荷の日だったこともあって、
肉体労働じゃなくそっちに行くことになりました。

P1070601_縮小

久しぶりの横手です。
豪雪後は初めて、やはり道は最悪な状況でしたわ。
おまけに出発しとあたりから予報通りの大荒れ状態に。
さらに状況悪化でだいぶ混雑してました。

P1070603_縮小

なんせまあ見てわかる通り車の遥か上まで高く積み上げられた雪の壁。
これが車線を圧迫してるわけですからね。
場所によっちゃ4車線が1,7車線くらいしかないところだってあるわけで。
国道ですら大型のすれ違いで徐行運転になるくらいでしたからねぇ。

P1070604_縮小

あっちこっちで除雪作業が進んでおり、その雪を乗せたダンプが列をなしていましたよ。
この大荒れの前になんとしても道を広げておこうとか頑張ってたみたいです。
ホントね・・・・現在の横手はとんでもないことになっとりましたわ。


P1070605_縮小

昨日から横手市には自衛隊の災害派遣がやってきています。
用事があって地元の役場に行ったら自衛隊車両が止まってました。
当地も一人暮らしの年より宅があるのでその支援っぽいですね。
こういうのに自衛隊が出るのってどうよとかいう話もありますけど、
これは体験した人にしかわからん話題じゃないかねぇ。
首都圏でここの10分の1以下で大パニックになってるわけですから、
同じくらいの量だったらどうなるかって話じゃなかろうか。
50人がかりで小学校の除雪が1日で終わらないんですよ。
倒壊寸前の家だってあちこちにあるわけですよ。
自分たちのことで精いっぱいになってるからホントに助かってるわけで。
多すぎる雪は凶器、現状かなり大変な状況の横手でした。


2021-01-05(Tue)

豪雪横手

今日で4連ちゃんの雪下ろし。
一番でかい屋根に上がった。

P1070594_縮小

今シーズン2巡目のラスト、相変わらずここにはまず到達するまでに時間がかかる。
今日は腹まで雪に埋まりながらラッセルしてようやくはしごに。
そのあとはしごから屋根に移るわけだけど、はしごにはでかいまぶがかかっており移れる状態じゃない。
決死の覚悟で雪を落としてようやく移った状態がこちらだ。
最初の雪下ろしから何日だ?すでに屋根には2mの雪がのっていましたよ。

P1070595_縮小

今日はあまり無理せず、という感じで作業した結果4分の1終わった時点で1時間。
正直終わりが全く見えなかったっす。
一服して再開後、残りはなんとまあ1時間半で作業完了した(汗
なんか…まあ、できちゃいました(笑

P1070596_縮小

写真撮り忘れてたので遠景ですが。
はしごがかなり高い位置まで伸ばしてるのがわかるかと思いますけど、
それがすべて埋まってましたんでいかにやばい状況だったかって話。
それを2時間半で終わらせた自分自身もやばいって話だ(大汗
そんなこんなで2巡目の雪下ろしが終わりました。



さてさて、
こんな感じで現在横手市では豪雪に見舞われております。
雪の事故も相次いでるし交通機関もマヒ、建物もかなりやばいことになってます。

P1070597_縮小

うちのハウスはかろうじて倒壊の恐れから抜け出してますが、
すでにハウス全壊が35件にも達している模様。
ハウスじゃない、家だって屋根が曲がってたりしてますからね。
あまりの雪で道路が狭くなった影響で路線バスは全便運休とか、
除雪が間に合わなくて鉄道運休とか高速通行止めとかホントヤバい。
なんせ昨日の夜には日本気象協会の積雪ランキングが3位になってましたからね。
ちなみに現在のランキングはこっちで確認できます⇒積雪量ランキング

72時間で111㎝積雪量増加とかいう観測史上最高を記録してしまっている横手。
ランキングの観測地点見て驚いたんだけど、横手の観測地点の標高って59mしかないのね
ランキング上位は大体100m越えしてるけど横手はかなり異質な地点だね。
夏は暑くなるし冬はこうしてバカみたいに雪が降る、特殊だねぇ。
横手の最深積雪量の記録が192㎝昨日189㎝だったので記録更新もすぐそこに。
自衛隊の災害派遣も始まるし今シーズンの横手は超豪雪に苦しめられてますなぁ・・・・
ちなみに自分の住んでるところは観測地点よりはるかに雪が降ってるんですでに2m越えしてます。
市内でこれぐらい積もったら完全におしまいだべよ。
もう生きるか死ぬかの瀬戸際、7日からの大寒波に戦々恐々である。


2019-12-15(Sun)

スチューベングミ

当地は意外と果樹栽培が盛ん。
場所にもよるけどサクランボ、桃、リンゴ、ブドウと様々作られてます。
当地では主にブドウが盛んで秋は国道沿いがにぎわいます。

ブドウというと最近では皮ごと食べられるとか種なしとかが主流になってますけど、
なぜか当地はいまだスチューベンが人気品種。
もちろんシャインマスカットもたくさんあるしスチューベンばかりという事はないんだけどね。
そのスチューベンを使ったジュースなんかは結構いい値段で売らているのは知ってましたけど、
今回スチューベングミなるものを食べる機会があったので。

P1020998_縮小
P1020999_縮小

コラーゲン配合らしい。
なんというか味が濃く贅沢なグミだと思った(笑
やっぱりスチューベンって味が濃いんだよね。
だからこそジュースも濃厚だし、こういった加工品も濃厚ってことだわね。
いまだにスチューベンが人気ってのはよくわかる。

なにやらアンテナショップでも売ってるらしいのでもしかすれば首都圏とかでも入手できるのかも。
通販では見つからなかったので、もし秋田に来た場合は要チェックしてみて下されー
あ、今だと雪が大変かもしれんけど(大汗


2018-11-23(Fri)

ニンジン選抜って難しいものだ。

ついについにやってきた。
朝起きたらそこは白い大地だった。

DSCF7772_縮小

意外と降った。
初雪ですが10センチ程度の降雪だった。
これを程度といってしまうのが雪国ってやつよ(笑
根雪にはならないと思うけど、今年もシーズンインです。


さて本日は去年も農場で行いました山内にんじんの選抜について。
2回目の選抜ですが、ここでニンジン選抜ならではのことが起きたので再びのネタ化です。

DSCF7757_縮小
DSCF7755_縮小

去年のネタはこちら⇒山内にんじん選抜
今年も収穫物からよさげなものを選んで、その中からさらに種採り用選抜として絞っていきました。
今年は去年よりもいいものが少なく、選抜もなかなか大変だった。
カットしているのは中身の確認ですよ。人参は中も見て判断するんで。
外見や中を見て本来の山内にんじんに近いものを選んで残していきます。


で、


2回目となったこの選抜、ここでなかなか興味深いことが出てきました。
山内にんじんならでは、ではなく、人参の種を採るときはおこること。
それが2系統の種ができてしまうこと。

どういうことかというと、人参は春から夏(山内にんじんは半夏生くらいまでの播種が目安)の播種で秋どりですが、
それを選抜し畑に埋めて翌年開花からの採種が夏になるんですよね。
図にしてみると、

5678910111212345678910111212345678910
・播種    ・収穫選抜   ・開花採種
                 ・播種  ・収穫選抜    ・開花採種

とまあこうしてその年採種したものはその年にまいて収穫することができないわけですよ。
短根種であればできなくはないけど、山内にんじんのような長根種は厳しい。
つまりは偶数の年の種は偶数年に収穫採種が続き、奇数年は奇数年と2種類の種ができちゃうわけだ。
今回のものは偶数年種、それが選抜採種がうまくいってなくて種が良くなかったため、
今回の収穫物があまりいい出来ではなかったというわけ。
毎年更新できてればそういうことはないけど、人参採種ならではの問題が出てしまったんだねぇ。
人参の種採りってのは難しいもんである。


固定種の種採りってのはその反面で自分の好きなほうへ変異させていけるってのもあるので、
そういう点では面白いところもあるんだけどねー
その品種独自のものを持ちつつ、ちょっとほかとは違ったものを作っていくのはロマンはあります。
自分のカボチャの種採りだってまさにそれですからねー
ただ単に種をとるでなしにしっかりとした基準の中で採種する、
種を採ることの難しさと楽しさを再発見したところでござい。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村