fc2ブログ
2023-08-22(Tue)

相変わらず野良が強い南瓜

DSCF6408_縮小

限界突破―

今日の横手市は全国3位の38.3℃だそうですよ。
小屋の中は温められて46度くらいまで上昇です。
流石に今日の気温はなかなかにやばい温度、それでも仕事するヤベー奴らですな。

DSCF6410_縮小

本日のお仕事は同化しちゃってわかりづらいけど小豆の3本目の予防線張り。
ものすごく伸びてしまった小豆はやはり倒れる。

DSCF6409_縮小

立ち上げるとヤーコンよりでかいんだ。
今年ヤーコンちょっと生育不良ですがチリチリでかくはなってます。
暑過ぎるからね(汗

DSCF6412_縮小

後は防除のために下葉欠き。
ススがひどすぎて大変だわ。
いらんもんとって防除がやりやすいようにするのは必須です。
たかが下葉欠きと言えこの暑さの中やるとしんどい。

DSCF6413_縮小

途中終了してるんでまだかかります。
本当は明日あたり防除しようかと思ってたんだけど、
天気予報の晴れが伸びたので下葉欠き全部終わらせてやっちまおうと考えてます。
木曜日までに作業が終わればよし。
金曜日に防除したいところだけど、この暑さだと暑過ぎで薬害が起きる可能性もあるので怖いんだよね。
困った気温ですよマッタク。


で、本題のほうは南瓜。
この暑さで南瓜もうだってきていますね。

DSCF6395_縮小

良く蔓が伸びてる感じですがもう株元は黄色ですね。
今回は追肥をしてみてはいるんだけどそんなに効果なしかなー

DSCF6411_縮小

おまけに暑すぎて実が全然つかない。
花粉が機能停止してしまってる感じですかね。
まともなのはこれら2個くらいで全く収穫になりそうにないです。
とりあえずこの2つが種採りのメイン、無事大きくなってくれよー

DSCF6374_縮小

一方で野良南瓜。
こちら家の下にある畑のカボチャ、野良で生えたもんを移動してきただけのものですがこのモジャモジャっぷり。

DSCF6375_縮小

いやいや―こいつヤベーだろ(汗
なぜか野良だとこの強さ、おかしいこと極まれり。

DSCF6376_縮小

ちなみに野良の本家本元がこちらの肥塚南瓜だ。
毎年出るけど毎年生育が最強、野良の肥塚南瓜ほどいいものはない。
正直カボチャ育てるうんぬんじゃなく、廃棄された種から勝手に出てきて伸び放題になってるほうが
はるかに生育が良くなるんで収量もいいのよね。
なんか南瓜は栽培するものではないって話になってしまうんで困ったもんだ(笑

DSCF6377_縮小

こっちはもじゃもじゃ茂って実もそれなりにあった。
やっぱり南瓜は野良に限る??
来年からは苗作って肥塚に植えとこうかな(笑
今年も畑でうまくいかないカボチャに四苦八苦だー


スポンサーサイト



2023-08-05(Sat)

ルシアの畝づくりとかぼちゃの様子

どもー
アナグマと対峙した椎たけ夫ですー

P1140922_縮小

今年やけにアナグマがうろついてるなーって思ってたんですが、
本日小屋に向かう際に2匹と遭遇しました。
ちなみに写真のは小屋に現れた丸々太ったアナグマですよ。
こいつではない少し小ぶりのアナグマが気付いてんのか気付いてないのかのそのそと接近、
自転車の2mくらい先まで歩いてきてその後逃げていきました。
にらみ合い数秒、かかってきたらどうしようかなーとか思ったけどなんともなかったっす。
先日は車にひかれてたり今年はやけにアナグマが多い気がしますね。
山のほうで熊とか猪とかに追い出されたのかね??
今年は野生動物が近場をうろついております。


さてさてバカ暑いっすね。
福島で40度ですか、東北もヤベーっすな。
当地も猛暑日、朝の出荷帰り9時で横手市の温度計35℃でしたからね。
これヤベーわーと思いつついつも通りの畑へ。。

DSCF6200_縮小

本日は南瓜のほうがメインですが連動して動いているのでチコリーのルシアのほうの情報も。
まずはチコリーの畝を作るためにかぼちゃのほうにも敷いてあった防草シートをはぎまして。
はいだところに3畝計画だったんで印付けて肥料ふって畝作ってマルチ張りまで。

DSCF6221_縮小

これが昨日のことになります。
12,5m畝3本作るのに地獄を見たって感じです(汗
まあこれが今日だったらもうやばいどころの騒ぎではないすね。
暑くても草むしり程度は大丈夫だけど鍬をふるうのはまずいですぜー
いやー1mが長いんだわ(笑

DSCF6229_縮小

本日は残りの防草シート張り直しです。
通路が狭いので1m幅の防草シートを張るのが大変。
おまけにかぼちゃの所と合わせないといけないのでより難易度が上がります。

DSCF6228_縮小

こっちのほうもきれいに直しておきましたけどねー
チコリーは来週位に定植になりますかな。
結構苗の生育は順調なのでとっとと植えてしまったほうがいいかもしれない。
この恐ろしい暑さの中定植だと速攻焼け死ぬ可能性も無きにしも非ずだけど・・・・・

DSCF6100_縮小

で、肝心のカボチャのほう。
こちら今年種採りをメインにするべくうまく育てようと頑張ってますが・・・・

DSCF6101_縮小

やはり遅くなったことで開花時期がこのバカ暑い時期に重なってしまうんで、
どうしても花飛びが起きてしまうのは致し方ないこと。
抑制栽培はこれだから難しいんですよね。

DSCF6231_縮小

それでもだいぶ茂ってきた今日この頃。
こうなってきてようやく受粉ができたものがちらほら出てきた模様。

DSCF6230_縮小

一応しっかり真っ白キュウリが(笑
しっかり大きくなるかどうかはもう少ししたらだけど一応実ができそうで何よりだ。

DSCF6233_縮小
DSCF6232_縮小

気がかりなのは少々先端が先細りしてきている感じがあるってこと。
ちょっと肥料っ気がなくなってきているかもしれない。
バカ暑いのと水不足ってのもあるから余計に厳しい。
液肥かん水してやるのがベストかなぁ。
明日の夕方あたりに考えてみようかと思う。ちょっと朝は出荷作業で忙しくて難しいのだ。


一応このバカ暑さの中でも結実はしそうなのは良し、
株のほうは少々疲れが見えてるので対処はしとかないといけないかなという感じ。
去年までやってたところに比べるとだいぶましな生育を見せているので、
このまま維持して大ぶりでよさそうな物が作れるといいんだけどね。
ダメなら最悪・・・・肥塚南瓜で更新だ(汗
相変わらずあっちのほうはすさまじい勢いなようで今年も豊作だろうなぁ・・・・・
南瓜というのは肥塚で育てるのが一番なのかもしれないぞ(笑


2023-06-27(Tue)

今年は種採りしたい白皮ロング南瓜

蒸れる。
汗かきまくって非常にだるいです。
それでいて今日は残業アリです。ヒエーつらい(泣
まあまだ体力的に無理は来てないんで大丈夫ですがね。
その辺じゃないところでいろいろあってまーごたついとりますわ。
何事もない日常になるのはいつのことやら。


さて本日は南瓜のネタ。
南瓜は毎年作ってはいるんですがね、畑でちゃんと植えたものが何だか毎年ダメダメ。
状態悪いものしかできないので種を採ることもできないまま数年、
このまま種更新できないとせっかく自家採種で固定した南瓜が途絶えちまいます。
という事で何とかして今年はしっかりとものになった南瓜がとりたいもんでして。

P1140661_縮小

最初にまいた2019年度の種はさすがに最早ダメで発芽しなかったため、
第2弾として2020年度種子Aを使ってみることにした。
ちなみに2020年度は2系統とっていたためB種子もありますが、
こちらのほうは種が割れたりしてあまりよくないと判断してAを使ってます。
ちなみに隣の16セルはメロンの残りですよ。
最後のメロンです。

P1140914_縮小

こちらのカボチャほうは発芽が7/8まだまだいける感じの発芽率でした。
セルで出たのちポット上げが遅れてしまって老化苗の出来上がり。
それでも何とかポット苗完成したのでいざ定植。

P1140916_縮小

今年は水はけのいい畑なのでおかしな感じにはならないと思うけど・・・・・

P1140917_縮小

伸びていく方向はヤーコンの方向です。
オクラ栽培で毎年防草シート張ってた割に今年はやたら草生えてきていたんで、

P1140928_縮小

去年同様防草シート張りました。
これで心置きなく蔓が伸ばせますな。

P1140929_縮小

って全面シート!
草むしり面倒なんでやっちまいましたよ。
ここ使わないのかって感じですが、定植遅いものを3畝ほどつくる予定です。
畝作るまで1か月以上あくのでそれまではこうして草を抑えとこうという寸法ですよ。
なんせ両側に定植物があるため機械はいって掘ることができなくなりますからね。
風でぶっ飛ばされないようにブロックおいたりして対策取ってるんで多分大丈夫。
1か月後に剥がして畝作りますがどうなってるかな???


南瓜自体は他にもいい品種がたくさんあるんで無理に種を採らなくてもいいっちゃいいんだけど、
やっぱり数年かけて自家採種固定したってのがあるんでもったいないからねぇ。
今年は納得いく大きさや甘さ、肉質のカボチャが無事に収穫できるといいんだけど。
ここ数年は野良のほうがはるかにいい南瓜になってる始末ですからね、
野良に負けないように頑張らないと(笑


2022-10-15(Sat)

焼け野原の撤去

昨日の夜にまさかの雨が降ったんだけど本日は曇り、
雨の影響ですかね朝からモヤーっと暑くなってこの時期としては異様な温度でした。
まあ雨が落ちてこなかったのでダビデん星の引っこ抜きは完了できたんで良かったです。
今日はまた別の撤去のほうのお話。

P1120995_縮小

もう全くの焼け野原になってたキュウリ、最後の2本収穫して撤去です。
10月に収穫あっただけでもいいんじゃね?
ただ思ってた以上に収穫できた本数が少なかったけど(汗

P1120996_縮小
P1120997_縮小

もう一つの焼け野原はトマティーヨ。
追肥したあたりで結局青枯れが出始めてダメだった。
この期待をもたせといてダメになるってのが一番憎たらしいよねぇ。
実験だったしこんなもんという事で。

P1130103_縮小

株撤去して支柱なんかもすべて撤去。
トマティーヨの雨よけもこの後撤去したんですがその写真撮ってなかった(汗

P1130104_縮小

そして最後の焼け野原カボチャ、今年も栽培南瓜の出来はそんなによろしくなかった。
次いでの銅剤散布によってうどんこ発症がだいぶ遅れてはくれていたんだけど、
出始めればあっという間に丸裸になってしまうわけで(泣
おかげで太りもそんなに良くなかったものが数本収穫できました。
かなり残念だけどここ数年カボチャに関しては栽培をしようとするとだめだね。

P1130111_縮小

去年積み上げた肥塚から出た野良南瓜はぐいぐい伸びてでかい奴を大量につけましたし。
なにも肥料なし、一体どういうことだよってね。
やっぱり南瓜は野良南瓜に限るってかー
いや、マジでそう思える始末ですよ。シャレにならん・・・・
出来はいいとはいえ野良南瓜なので種を採るわけにもいかず、
今年の種採りはちょっと悩みどころではありますね。
ま、それなりにかぼちゃが採れたので食べる分には困らないけどねー
なんか知らんけど家でも野良南瓜が大量に実をつけてたため、
結局今年もカット販売を検討しないといけなさそうな始末(汗

P1130105_縮小
P1130106_縮小

撤去してる最中にほったらかしになったカビたトウモロコシが大量発芽してました。
こうして野良は力強く生きていくのだー
これはすぐに枯れる運命だけど(汗
ホント野良ってのは強いもんである。


キュウリとトマティーヨ、南瓜は撤去完了になりました。
防草シートやマルチは乾くのを待ってからの撤去なのでまだ敷きっぱなしだけど、
マルチはせっかくだしなんぞ植えておいたらよかんべかーと思案してます。
今からかよってのはあるけど出来なくはないだろうしねぇ。
もっと早く回転しとけばもっと別の選択肢も増えてただろうけど、
まーあれこれ作業してるから最後のほうは行き当たりばったりになっちまいますね。
どうしても年1作のていが抜けない、だからこそ最後までだらだら伸ばしたい。
焼け野原だって期待ができそうならいいじゃないかーとか言ってみる(笑
そんなこと言って無いでさっさと片付けろ、ってかーー



2022-08-29(Mon)

間もなく収穫できそうなカボチャを防除する

今日は晴れた。
昨日の午後からの晴れと重なっていたので明日まで天気もてば・・・・
と思って天気予報を見ると明日の朝一で雨が降りそうな予報(泣
そんなわけで今日のうちに畑作業をしてしまうべく急いで畝づくりに取り掛かってました。

P1120618_縮小

チコリー用畝4本と余ってるキャベツ用の畝1つ。
数間違えててキャベツ畝もう1本できたけど作れないでしまった。

P1120619_縮小

そもそも畝の間隔ミスったところもあったりね(汗
ちゃんと確認しないからこうなる・・・・・

P1120620_縮小

まあミスっててもミスってなくても残ってる場所がこういった感じですからね。
いかにこの畑をうまく利用するのが難しいかって話。
中山間地なんてこんな土地ばっか、区画整備されてきちっと四角になった広いところなんてほぼないわ。
これをいかに生産効率よく使うか、難しい問題ですぜ。


P1120624_縮小

そんな感じで畝づくりも何とかやりまして、更に本日キュウリとかぼちゃの防除もしました。
ちょっと間隔空いちゃってるし、やはり病気が出てきていますからねー

P1120626_縮小

だいぶ株が疲れて黄色になってきた南瓜ですが、
抑制型の割には結構頑張って病気発生を抑えて実をつけることに成功したかなーといったところ。
しかしやはりここまで頑張ったけどうどんこが蔓延し始めてしまったね。
どんなに頑張って予防予防とやってても出てしまうもんです。
それでもかなり出るまでの期間を遅くできたことで実を熟すまで枯らすことなくいけそうな感じではあります。

P1120625_縮小

うどんこにはラリーですが今回も銅剤。
ま、もうそろそろ収穫ですしガツンと抑える必応もないかなーってとこ。
ってか最近見てなかったこともあって薬剤持って来てから気付いたってこともあるんだけど(大汗

P1120627_縮小

一方で野良南瓜は相変わらずの勢力。
これも一応防除してやってたから葉っぱはかなりまともなままありったけ蔓が伸びてます。
栄養になってんのは積み上げられた残渣、それでこんなにも育つんだから不思議よねぇ。

P1120629_縮小

コルク上になってきてるのもあるのでもうそろそろ収穫できそうだ。
種採りという点では使えない実ではあるものの、食べるという事に関して言えば十分すぎる。

P1120628_縮小

人間もうまいがネズミもうまい。
畑に侵入してきたやつがかじられてしまってました。
ある程度数あるしまあいいかって感じ。
メインは出荷ではなく自家消費だからねー商品が減るわけでないからいいかな。
大変な抑制南瓜も何とか収穫までやってきました。

P1120621_縮小

キュウリのほうも比較的順調に伸びてます。
このキュウリはいろいろと通常のものと違う性質があるみたいなので完全放任状態
子づるの整理とかまるっきりやっとりません。
ちょっとずつ収穫できるものも増えてきたのでこの先どのくらい採れるか楽しみではある。

P1120622_縮小
P1120623_縮小

とはいえやはりこちらにも病魔が忍び寄る。
こっちはうどんこじゃなく褐斑やらベトのようだ。
同じウリ科で近場にあるのに出る病気が違う。
この辺同じ薬剤で一緒くたに防除とはなかなかいかなくて大変だね。
銅剤だと大体の野菜に使えるからいいんですがねー
こうやって症状が出てしまってるのにはそこまでよく効くわけでもないので、
手持ちの薬でよさそうなのを次回散布しようかと思います。
南瓜と違いいくばくでも長持ちさせないといけないっすからねー
出来れば10月まで、長い戦いはまだまだ始まったばかり。


ひとまず晴れてるうちにやれるだけのことはやった。
明日の午後に雨が降らなさそうならオクラの防除も検討しないとね。
相変わらずの雨三昧で全然予定通りに事が運ばなくてモヤモヤしますが、
隙間を見て一気呵成に進めていかないといかんですな。
南瓜の収穫もメロンの収穫も、次回の晴れ間までしばし待ちの時間です。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村