FC2ブログ
2020-02-15(Sat)

戦場になった小屋のカボチャを片付ける。

今日からかまくらです。
天気は雪じゃない、しかもここ最近の気温上昇で道路は乾いてる感じ。
今年のかまくらは規模縮小でなんとかかんとかですけど、さらに追い打ちみたいな感じだなー
まあそれでも開催できただけよかったのかな。
しかし・・・北海道でのコロナは雪まつりの観光客からじゃないかってのも聞こえるし、ちょっと心配があるなぁ・・・・・・
ま、情報の正確性に関しては何とも言えんですが。


さて本日は久しぶりに倉庫に行った件について。
もう2月も中旬ですがね、長い南瓜がまだ残っておりますのよ。
カットするために倉庫に取りに行ったらそこは戦場になっていました。

P1050388_縮小

最近家の周りには狸が出現して生ゴミあさりしているのは知っていたんですが、
それがどこから侵入したのか倉庫の中のカボチャを食い荒らしているではないか!!
隙間なんぞないはずなのでどこから侵入したのか・・・・

P1050387_縮小

南瓜食いまくってそこかしこに落し物が。
南瓜色のものがホントそこかしこに大量に。
本当に久しぶりだったため倉庫に侵入していったいどのくらいたってたんだろうかねぇ(汗

P1050384_縮小
P1050386_縮小

食い荒らされた南瓜、そして傷んでしまっている南瓜を廃棄処分。
まあこの時期ですんで傷んで当たり前、正直残ってるだけでもかなりものもだと思いますね。
なんせここ無加温だから普通ならもっと早くに全部だめになってるはずだからねー

P1050385_縮小

これなんかがよくわかる凍みた南瓜。
普通の冬ならこうなるのが当たり前ですね。
今年の暖冬だからこそ、もっと早くにしっかり捌かないとだめですな(汗

P1050389_縮小

残ったまだ食えそうなものも残り僅かになってきた。
一応出荷前に食味チェックして出していますが、レンチンで十分甘くて食べられます。
流石に煮るとべちゃべちゃになりますがね。
食べられるだけよし、今月中には南瓜もおしまいだなー


スポンサーサイト



2020-01-17(Fri)

ピッティングというらしい。

南瓜に低温障害が出始めじわじわと進んできています。
この低温障害は病気での腐敗とは少し違う傷み方、
見てさっそくわかるんですがこの傷み方の状態をピッティングっていうらしい。

P1050228_縮小

こうしてペコーッとへこんできます。
ピッティング(pitting)は日本語にするとまんまくぼみらしい。
低温障害でこうしたくぼみができるからピッティングっていうんだろうね。
これ自体だとまだましだけど、

P1050229_縮小
P1050230_縮小

この部分ってのは正常じゃない状態なのでそこに病気が発生しやすくなるらしいです。
なのではじめはへこみ、そこから黒とかピンクみたいな色がついた菌が発生してどんどん傷みが激しくなっていく模様。

P1050231_縮小

そんなもんでどんどんこうしたへこみが点在し始めて傷みが加速していきます。
病気と違うのは点在するってところでしょうかねー
夏のつる枯れ病みたいに一点から集中的に傷むとか激発とかとも違う、
ぼつぼつとへこみが発生からの病気を呼んで傷み加速です。
どうもある一定ライン超えると一斉にピッティングが発生してくる感じでした。
保存中の温度は気を付けないといけませんね。


今年は暖冬だったので発生が遅かったかもしれないけど、
無加温状態で保存できるのはうちでは12月が限度かなーという感じ。
冬至南瓜くらいまで何らなんとか・・・・そこまでにはけないとだめですわ。
今年はそこまでに何とか算段を付けて・・・冬至は冬至で扱う量決め手どっと出すみたいな感じでしょうかね。
栽培中の管理も大事だけど、保存管理もなかなかどうして難しいもんですなー


2020-01-07(Tue)

2020年分南瓜種採り

今日は寒中という事もあってがっつり冷え込んだ。
あまりうれしくないけど氷点下7度以下まで行ったらしい。
低温障害が出ている南瓜などには厳しい冷え込みになってしまった・・・・
明日以降爆弾低気圧がやってきそうな雰囲気ですが気温は高め、少しばかりホッとできるかもしれない。
あとは風がどの程度かですがね(汗


さて本日は南瓜の種採りの話題。
カテゴリにあるようにこのロング南瓜を栽培し始めて7年経過。
毎度種を採ってつないでるってわけでもないですが、今の状態に固定をして結構たった。
今回も今年播種する種を採種作業に入ろうと思います。

P1050188_縮小

どーんとなかなかの大きさのカボチャを用意。
種を採るときは南瓜の出来が良いもの、そして味が良いってことが重要ですね。
まあ出来が良いと一口に言っても、その品種の特徴はしっかり出ていないといけないので、
その辺はしっかりと理解して種を採らないといけませんね。
ただバカでかく育ったからいいってわけでもないわけだ。

P1050189_縮小

切ってみるといい感じの色合い、そして今回のカボチャは種がぎっしり入っていますね。
これはいい感じに受粉しているってことでしょうからできとしてはいいと思います。
これから種を採りだして身肉はカットしていきますよ。

P1050190_縮小

こうしてカットすると色合いがすごくいいですね。
白と黄色のコントラストが抜群に美しいー(笑
ただ普通のカボチャに比べると皮と身肉の間の部分が大きいのがね。
なんというかスイカの白い部分みたいな感じだ。
この部分まで黄色にできるとすれば最高だと思います。
もしそういった南瓜ができているならそれの種を残して徐々にそういった品種にしていくと面白いかもね。

P1050191_縮小

種はぎっしり入っていたのでかなりの量がとれました。
これだけでも十分な量ですが、多様性を持たせるためにあと数個のカボチャから種を採る予定です。
乾かして薄皮とって中身のない奴を選別して種採りは完了となるのでもう少しかかりますね。

味のほうもレンチンだけでかなり甘く感じられるほどうまかったので大丈夫でしょう。
病気が出たりしていたので心配もありましたが、今回のカボチャは優秀なようです。
今年育てるかぼちゃもいい南瓜ができるように種はしっかりとりたいもんです。


2020-01-06(Mon)

ああ低温障害 by南瓜

今日は小寒、寒の入りだ。
相変わらず雪があまり降りませんね。
そんな中で冷えるときは冷える、これは無加温の場所にはこたえるもんで。

P1050183_縮小

まだ大量にある南瓜にもやはり冷えが来てしまっていましたよ。
サツマイモよりは耐えられるけど低温障害が出てきていました。

P1050184_縮小

ペコペコとへこんできます。
病気のように広がっていくんじゃなく同時多発的に部分部分に発症。

P1050185_縮小

このように発症し始めだとこの部分とれば問題なしだけど、徐々に進んでいくと一気に傷むのが低温障害。
なるべく早くこうしたものはカットしてしまわないといけないね。
大丈夫なものも移動しておいたほうがよさそうだけど場所をどうしたもんかと・・・・

P1050186_縮小

とりあえずはシートをかけて少しでも直の冷気から身を守るようにしておいた。
丸南瓜のカットに時間がかかってしまってロングはほぼ手つかずだから困ったわー
でもやっぱりこの手はだいぶ物持ちがいいのでこれを乗り切ることができるようならもう少し出荷できそうですね。
なんでもどうだけど当地ではこの保存中の低温をどうにかしないといけないのが大変。
簡易な保存庫でも作ったらよかんべかー


おまけ。

P1050187_縮小

暗い中ライトをつけていったもんだから鉢物の枝にきらりと光るものを発見。
秋にどうしても見つからなかった最後のイラガの繭が見つかりました。
危ない危ない、しっかり排除してこれで危機を脱出だ。



2019-09-13(Fri)

大量廃棄

どもー
悲しいお知らせですが、終に南瓜の大量廃棄が始まってしまいました。
あ、初期のパンク南瓜大量廃棄とは違う大量廃棄ですよ。

P1040432_縮小
P1040433_縮小

なんせねーこんな風に傷むのは初めての経験ですからねぇ。
ここまでひどくなるとは思ってもみなかった。
今までは悪くなってもこんなに早くにダメになることはなかったんですが、
今年は完全に病気によるものなのであっという間にダメになってしまうようです。

P1040434_縮小

穴を掘って畑の片隅に産廃処理。
家の肥塚はパンク状態になったので、しょうがなく畑の隅っこを利用することにしました。
まずは小屋に置いてある一番最初に収穫したロング南瓜から。

P1040435_縮小

掘った穴の土をかけてまず第1弾の処理を終了。
じっくり時間かけて再来年くらいまでにたい肥化させたいところ。

P1040436_縮小

ちなみに別のほうに積んであるサツマイモの蔓とか刈り取った草などを山積みにしているところを利用しようと思ったんですが、
穴を掘ってみると思いのほかたい肥化が進んでおりもったいなかったので、ここは利用しないことにしました。
来年に向けた土づくりにでも利用しようかなーと思ってます。
完全草堆肥ですから自分としては理想的な土壌改良剤ですかね。

P1040449_縮小

そして大量廃棄第2弾は倉庫にあるほうのもの。
こちらもかなりきているものがあって、まず一部でも病変があるものはすべて廃棄処分。
一応一部分のものはカットすれば何とかなりますが、正直丸のほうに手をかけているのでやってる暇がない。
もったいなくてしょうがないけどどうしようもない。

P1040450_縮小

今年は本当にこんなのばかりでやるせなくなる。
テンション駄々下がりだ。
今日でロング南瓜87本処分となった。
裏なりも処分してるので数だけなら3桁楽に超えてしまってます。

P1040451_縮小

丸のほうも毎度おなじみの傷み方が出始めまして、
その中でも底まできているのもは処分対象に。
こういったものがあちこちに見られるので、明日あたりから山を崩して捜索作業をしないといけません・・・・

P1040452_縮小

倉庫のほうから来たのは本当に大量だった。
よく考えればコンテナ11個だからね、そりゃあ多いわけですよ。
今回の大量廃棄でたぶん100キロくらいは廃棄処分となってしまいましたね。
あーあー本当に何のために作ったのかわからん状態だ(泣

P1040453_縮小

山を崩してなるべくまとめてから、隣にあるもみ殻を燃やしたものをかけて隠しておきます。
このもみ焼き場も田んぼやめた以上使うことがないので有効利用させてもらいます。
また大量廃棄をする場合はこのもみを焼いたものをかけた隙間利用をして廃棄していきます。
まあ・・・これ以上大量廃棄が起きなければいいんだけど。


なんだかうちは大量に何かをやるときは必ずと言っていいほどトラブルが起きる呪いがあるようだ。
椎茸多くやれば品種問題が起きるし、田んぼを多くやれば苗ができない・いもちがつく、
サトイモやれば空梅雨高温水不足、南瓜やったら大量廃棄・・・・
マジでお祓いでもしたほうがいいんじゃないかってレベルだなこりゃあ(大汗
来年どうすっか本当に悩む次第だ・・・・・


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村