FC2ブログ
2019-10-09(Wed)

諦め⇒希望⇒絶望の小豆。

今年は早い段階で出来の悪さに諦めモードに入っていた小豆。
しかしながらそのままにして置いていた株の葉っぱが落ちたと思ったら、
意外なことに後半の莢はふっくら膨らんできている様子。
これは諦めた小豆が幾分収穫できるかと再び希望を持っていたんですが・・・・・

P1040622_縮小

さていざ収穫と思ってよく見てみると、

P1040623_縮小

残念な結果に。
どうしてこうなったーーー

要因は気付いた時は晴れていたんですが、その後数日天気が悪かったことでかびたんでしょうね。
莢がこうして黒くなってしまうとどうしても莢をあけると白く菌糸のはった豆が出てきてしまいます。
もしくは豆が真っ黒、しわくちゃ、もう最悪だ。

P1040628_縮小

自分の小豆は莢が乾くと薄っぺらくなって水分含みやすい感じ。
長雨に弱いってことだろうかねぇ。
だから早播きして気温が高くて乾きやすい夏場に収穫したほうがいいんだろうけど。
それが前半で出来なかったのが痛恨だったわなーという感じだ。

P1040631_縮小
P1040632_縮小

最早これまでと株を撤収、その際にまだましな莢を収集したのがこちら。
まともな莢だとちゃんとしたきれいな豆になっていただけに非常にもったいなかった。
気付いた時はこういったものが結構あっただけにかなりショックだ。
なんせあきらめてたものが意外性で希望を持てたところでどん底に突き落とされたからね・・・・
もともとあきらめムードだけだったらやっぱりねで終わってただけだし。

P1040633_縮小

こうして畑から小豆が撤収完了です。
南瓜を除けば実は畑から撤収されたのは小豆が最初。
メロンはまだ片付け終わってないのーー
なのでまだ畑のほんの一部の撤収ですが、ついに今年の栽培も終わり始めちゃいましたね。
今年の畑は病気だらけでさんざん、小豆もある意味そう。
今年の天候の厳しさを痛感しながら畑も徐々に終了に向かってます。


スポンサーサイト



2019-08-29(Thu)

小豆は種の更新が必要か?

本日秋田に出張してきました。
初めて自分が運転して秋田まで行ってきたんですが、いやー遠いっす(汗
往復に3時間半は長時間運転し慣れていない自分にとってはきつかった。
野菜の売り込み商談でしたが、まずまずいい感じに話ができたかな。
後はどのくらい買い付けてくれるかどうかだけど・・・・
とりあえず来月1回見に来るらしいです。


まあそれは置いといて畑ネタに入りますー
今日は小豆の話題ですが、今年も例のごとく早播きした小豆がすでに収穫期を迎えています。

P1040280_縮小

株自体は除草後に大きくなって順調といえるんですよ。
毎度はやめに開花、莢がついて熟してここまではいい感じ。

P1040281_縮小
P1040282_縮小

花も次々咲いてますし、それに伴う莢のつき具合も悪くない。
ところがですよ、いざ収穫となると話は別だった。

P1040283_縮小

雨が降り出す前に茶色になった莢をとってみたわけですが、
さあ莢を開いて豆の状況を確認、

P1040284_縮小

小さい。
まがりなりにも大納言である。
ここ数年どうも小豆の調子がよろしくないと感じてはいたけど、やはり今年もダメっぽい。

P1040285_縮小

とにかく張りがなくて皴豆になってしまうんですよね。
ブリっと真ん丸で張りのある小豆がここ最近じゃできなくなってしまった。
もしかすると除草の時期が悪くて根のダメージがでかいせいというのも考えられますが、
正直種の劣化著しいというのが大きいんでないかと思いますね。
メンデルの法則じゃないけど、しわ比率がでかい豆にシフトしてきている可能性があるんじゃないかねぇ。
種の更新したほうが無難じゃなかろうか・・・・

要因は様々あるだろうけど、
とりあえずこのまま収穫しても皴豆しかないので本年度の栽培は終了にしたいと思います。
来年度は種を更新してみてどうかでしょうかね。
小豆も様々品種があるので、来年に向けていろいろと調べてみたいと思いますね。


2018-10-09(Tue)

台風前に小豆は撤収

台風過ぎていきまして、どうやらこの1週間は天候が安定しそうな感じです。
今日明日は曇りとか雨がありそうですけどねー
また週末に芋ほり頑張らないと。

さて今回の台風前にいろいろとやっておいたんですが、
今年はあまりよくなかった小豆の収穫と撤収作業のネタ。

DSCF7390_縮小

まき時も遅くなったし発芽もいまいち、実付きもいまいちだった小豆。
葉っぱがほとんど落ちてしまったので今回の収穫をもって撤収としました。

DSCF7391_縮小

莢はあるっちゃあるんですが、見ながら収穫するとさっぱり実が入ってないものばかり。
莢だけでかくて実がさっぱりってどうよ。
今年はこんなのばっかりだったなぁ。

DSCF7394_縮小

まだ実がはいってるものをどうにか収穫して株を引っこ抜いて撤去。
奥のほうに山になってますが、あれが株ですね。
とりあえず芋掘ってから暗くなるまでに勝負かけたのでこの時は一時避難ということで。
あとでいつもの残渣置き場に撤去して置く予定です。

DSCF7413_縮小

収穫した莢は全部で育苗箱で4つさらっと位。
かなり量がないですねぇこりゃあ。
今年もまあ自家消費分と来年用の種採っておしまいだね。
今年は北海道の小豆が不作ってことで値上がりしそうらしいけど、
売るものもないし食っておしまいだーー
こううまくやればというときにできないってのはチャンスのがしてるなーって気分だ(汗
ま、豆は自分で食う分できればいいから贅沢言わんわ。


2018-09-25(Tue)

小豆終盤で収穫ピーク

今年は少し種まきが遅れてしまった小豆。
そのせいか収穫初期に良いものができていたものが、今年は初期にはさっぱり。
収穫前にカビてしまう莢が続出してしまったんですよねぇ。
そのためピークがこの最終盤にようやくやってきたという感じです。

DSCF7302_縮小

株はもう黄ばんで終了直前。
左の白小豆なんかはもうすでに本年度営業終了って感じ。
それでも収穫したら結構な量になったわけで。

DSCF7305_縮小

下が大納言、上は白小豆。
どちらも3回目の収穫で一番の量になった。
この量で全収量の半分以上ですからねぇ。

DSCF7303_縮小

とはいえ収穫した莢の中身は何とも言えない(汗
良さげに見えて中はしわしわなんてのがあるのが大納言。
そうでもないように見えていいのは白小豆ですけどもー
最終的に選別してたくさん残ってればいいだけの話。
小豆もあと1回くらいで終了、また一つ今年の栽培が終わっちまうねぇ。


2018-09-05(Wed)

アズキ収穫ぼちぼち開始中

台風が通過していきました。
当地の被害はそこまで大きくありませんでしたが、
やはり自分の鉢植えはあれこれ倒れてしまってました。
畑のほうでも少しだけ被害がありましてね、

DSCF7160_縮小

蔓ありインゲンの棚が倒壊です。
といっても最初からこれはやられるだろうなーと思ってたやつなので、やっぱりという感じ。
生育もいまいちだし、棚自体がかなり脆弱でしたからねぇ。
あまりに礫が多すぎて支柱が刺さらないんだもの(汗
これ以外は大丈夫だったので、今回の台風はこちらは大丈夫ですよ。


台風一過で暑くなりましたが、同じく豆であるアズキの収穫が始まってます。

DSCF7101_縮小
DSCF7100_縮小

今年の出来は蔓ありインゲン同様にいまいちですね…
莢ができて豆のていはできてますが、殻をむくとしわしわの物ばかり。
やっぱり開花時期に暑すぎて水不足だったんでしょうねぇ。
一応収穫はしていきますが、今年も収量はさほどない感じがします。
アズキも簡単ではあるんだけど、いまいちまとまっていいものができないなぁ。
いつもよりまくのが少し遅れたのもあるかもしれないねー


天候は晴れが多かったような感じだったわりに、
いまいち野菜の出来はよくないってが作物を作ることの難しさだよねぇ。
豆・トウモロコシ・かぼちゃと夏物はことごとくダメだったなー
これから先の秋冬物に期待して、とりあえずとれるものは取っていこうかと思いますわ。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村