fc2ブログ
2023-11-04(Sat)

2023オクラの株撤去が終わる。

昨日は11月の夏日というとんでもない暑さになった一方、
今日は雨もあってぐっと暑さが落ち着いてしまった感じですね。
それでもこの時期としてはまだまだ暖かいほう、白い奴はまだ先でしょうかね。
まー暖冬暖冬とか言ってると決まってドカッと来たりするもんだからあまり噂はしないでおこう。
いつも通り降るもんは降るという心持でいることが大事だわ。


さてさて
これは今日の雨を見越しての昨日の作業のお話。
なんとか晴れてるうちにオクラの株引っこ抜き撤去作業を終わらせることができましたよ。

DSCF2064_縮小

天候がどうたらってのがあった中で無駄作業を増やされてしまって1日損、
ヤベーヤベーどうしたもんかと思いつつなんとか時間創出して一昨日に島の恋、
そして昨日最後の白ひすいを引っこ抜き。
島の恋は一応実はあったけど流石にこれ以上置いとくわけにもいきませんからねぇ。

DSCF2065_縮小

白ひすいはこういう採らなかった奴が種で残ってるんで、
これを取りこぼさないように気をつけながら引っこ抜いていきます。
もう一つ厄介事はあるけどそれはあとで。

DSCF2066_縮小

連日無理してるんで今回は少し余裕をもって仕事した。
しかし暑いんで汗だく、何とか持ちこたえたぞ――
冷蔵庫で夏の暑いときの水分補給用に買っておいた残りのスポーツドリンクがうまい(笑

DSCF2067_縮小
DSCF2068_縮小

種になってるやつがこんなにあった。
でもこれは白ひすい実生、厳密には白ひすいではなくなってる種だからどうしようもない。
採ったはいいけど使いようのない種でござい。

DSCF2069_縮小
DSCF2070_縮小

そしてこれが厄介事②、ダビデの星が混じってるんですよね。
白ひすいの補植したと思ってたらダビデの星だったってやつ。
ほぼ収穫できていないのでこうして残ってるし種になってるし、
収穫量にも株数にも勘定しないダビデの星になってます。
ただ白ひすいの正確な数出すときに邪魔になるんではじいておくのが面倒でしたわ。

DSCF2071_縮小

数勘定が終わったらあとは撤去。
これで地上部の奴はすべてなくなったのであと防草シートやマルチ片付けて終了になります。
片付けはそれこそまた暇を見つけてやることになりますが、
今は収穫作業優先なので少しばかり遅くまで残ってるかもしれませんね。
最悪来春まで残ってる可能性も・・・・・
やれたらやる感じで構えておこうと思いますわ。


こうして今年のオクラ仕事ほぼ終わりました。
今年は全部で約2400株あったみたいです。
来年はこの更に半分から6割とかその辺になるかなぁ。
色々と冬の間に考えていきたいと思います。
夏の大仕事オクラ、ついに今年もおしまいだー


スポンサーサイト



2023-10-31(Tue)

2023年度のオクラ撤収作業開始

でかいお月さんがきれいだねー
ここ数日は晴れて月がきれいに見えます。
ということは朝には結構冷え込むわけで。
まあ濃霧が出てカチカチに冷え込んではいないっすけどね。
これだけ夜温が低くなると最早夏野菜ってもんは終了ですよ。

DSCF2041_縮小

暇がなくてなかなか撤収作業に入れていないオクラですが、
最早暇がないとかいうのも許されなくなってくるんでほんの少しずつでもいいから撤収することに。

DSCF2042_縮小

株はまだ元気そうだけど全然果実は大きくなってませんし、
成長点が脱色して黄色くなってきていますからねー
それでも花咲いてたりして頑張るもんだなーと。

DSCF2043_縮小

まずはダビデから作業をしました。
あちこち倒れていてめんどくさいことになってましたからね。
少しずつとか言いつつ一気に引っこ抜いた。

DSCF2045_縮小

問題は株の置き場所だったけど今年はこの空白の場所に置くことにした。
機械で掘れないし中途半端に隙間あいてるんで使い勝手が悪いんでね。
お隣のやぐらネギとか植えるときもひたすら苦労して掘ったんで、
ここに花でも植え替えようかと思ってたけどオクラの株積み上げてたい肥化することにしました。

DSCF2044_縮小

実はここまで30分。
とんでもない作業速度でダビデの星の片付け完了。
ダビデの星は500株少々でした。

DSCF2056_縮小

続いて島の唄。
島の恋は赤オクラのせいもあって実はまだ果実が残ってたりしますんで、
一つ飛ばして島の唄を引っこ抜き。
こちらも1日1品種で島の唄だけ引っこ抜いて片付けた。
こちらは600株弱でしたんでダビデよりも時間がかかって大変でした。
ひとまずここまでオクラの片付けあと半分です。


残りの島の恋はヒョロヒョロなのでそこまで抜くのは大変ではないと思うけど、
白ひすいは収量なかった割に株が丈夫に育ってるので大変だと思います。
残りも隙間時間で何とか2日で片付け終わりたいところ。
さっさと片付けて芋ほりしたりしないといけないからねー
作業山積み、その割に時間がないという恐ろしい状況だ(大汗
雪降るのがかなり遅くなってくれると非常に助かるんだけどなぁ・・・・・


2023-10-24(Tue)

オクラ最終

今朝はとても寒かった。
昨日の夜にものすごい星空だったからわかってはいたけど、
多分3℃台まで気温が下がってたようです。
霜降ったかのような白さでしたがちゃんとした霜ではなく水霜とか呼んでるような症状でしたね。
畑に行ったら南瓜やサツマイモの葉に霜焼け症状がみられたので、
やはり冷え込みがきつかったようです。
こうなると最早オクラが云々なんて言ってる時期じゃないんで、
最終収穫を済ませてあとは撤収という流れ。

DSCF6988_縮小

寒い割にはまだ一応葉っぱが元気にある状態。
このあたり普通の栽培オクラとは異なりますよねぇ。
この葉っぱがあるからこそここら辺まで引っ張ってこれるというわけよ。
といっても今年は例年以上に引っ張ってしまってる感じのようですね(汗
去年の収穫表見たら20日には最終収穫を終えて片付けてましたし。

DSCF6991_縮小

いくらこういうのがあってももう無理だねー
特に緑色した奴らは寒くなると急激に育てなくなりますわ。

DSCF6992_縮小

その点赤はちりちり大きくなっていくから強いのなんの。
アントシアニンで耐寒性を向上させるってのはあながち間違いじゃないのがこれでよくわかる。
元々紫色した野菜は寒さに強そうだわ。

DSCF6993_縮小

最終収穫でこれぐらいとった。
もう大した量じゃないけど今年最後のオクラなんで大事に頂きましたよ。
あ、よさげなところは産直へ、こんな時期にオクラ出すってどういうことだろうねぇ(笑
種用のものも今年はさっさととり終わったしあとは撤収待ちだ。
なかなか忙しくて時間がいつとれるかわからんけどね(大汗

DSCF6984_縮小

急激な寒さで短形自然薯も一気に葉が色づいた。
バカ暑かった時期に頑張ったオクラとおさらば、次は冬物で大忙しかー
今年は去年の栽培量半分以下だったのに収穫数は6割、
かなり収量が改善して奮闘したオクラでございましたわ。
まあ白オクラの分を島の唄がカバーしまくった結果だろうけども。
最終的な計算は撤収後、オクラお疲れちゃんでした――


2023-10-03(Tue)

ここにきて1本目

相変わらず雨が降って止んで。
なかなかスッキリしない天候が続いています。
これぞ秋の天候ってやつなんですかねぇ、気温自体はどんどん低下していってますけどね。
おかげでオクラは最終盤って感じ、1日200本もあればいいところになってきた。
最低気温15度ってのがラインみたいな感じですわ。
そのオクラですがね、この最終盤にきてついに1本目が現れてしまいましたよ。

DSCF6768_縮小

毎年恒例の「アレ」
今年はここまで1本もなくて発症しないままいけるかなーと思ってたんだけど、
最後の最後でついに1本目が発生してしまいましたね。
ここまで起きなかったのは何が要因なんだろうか???
防除のおかげだとははっきりとは言いにくいんだよねぇ・・・・・
しかしまー出てしまったんでこれから先広がる可能性もあるわけで。
出荷の時とか気を付けないといけなくなったわ。

DSCF6763_縮小

最終盤で出てくるというとこちらもそうだね。
アブラムシの冬版が出てきた。
これは防除することはないんだけど、これもまた最終盤で出てくるのが恒例、
手を打てないことをいいことに蕾周りが真っ黒になるんで厄介極まりない。
最終盤は葉っぱじゃなくて完全に先端部の蕾とかに大発生です。
数株確認されているのでつぶせるところはつぶしてますが、
場所が場所なだけあってつぶせないんでめんどくさい。
騙し騙し最後までおつきあい、越冬させると来年に影響出るからまずいんだけどさー

DSCF6726_縮小

アブラムシじゃなくて変な卵っぽいのもある。
これは…いったい何者か。
ホント最後までいらんことする奴らは絶えないっすな。

DSCF6764_縮小
DSCF6765_縮小

いらんことというとダビデの星が強風でバタバタ。
これもまためんどくさいことをしてくれるもんだ。
なんかもうオクラ最終盤でめんどくさいことだらけですね(汗
病気に害虫に気象、悩みが尽きないわ――


DSCF6766_縮小

倒れようが何しようが構わない菊芋がうらやましいぜっ
最終盤オクラが面倒ごとだらけになって大変だ―


2023-09-24(Sun)

今シーズンラストの追肥と防除

相変わらず気温が低いっす。
最高最低がちょうど2倍くらいの開きですかね。
朝方の冷え込みからなかなか気温が上がってこなくて朝の出荷に行く時まだ15度とかだったよー
つい先週くらいだと同じ時刻で夏日だったりしたもんだけどさ(汗
1週間で変わりすぎの気温、急激な秋が進行中。

DSCF6656_縮小

急激な秋でオクラはだいぶ生育悪くなってます。
まだ最高気温が25度を超えるので収穫は継続可能ですけど、
夜温がかなり低くて生育の鈍化が著しくなってきました。
どこまで引っ張れるかわからないけど先週末に最後の追肥をしました。
もうやらなくてもいいかもしれないけど去年もその感じで10月後半まで引っ張れてしまったからね。

DSCF6657_縮小

防草シート上にバラバラまいてるだけだけど十分に効果はあります。
ただこの場合雨降らないと効果がなかなか出てこないっすけどー
今年は全部で6回とか7回くらいでしょうかね。
例年並みの追肥回数だと思います。

DSCF6658_縮小
DSCF6659_縮小

株自体は例年よりもみすぼらしいけど先端にはまだ実を作る力はある。
力はあってもなかなか育てないんですがねー
13度とかに下がってから収量が半分以下になったりしてます。

DSCF6662_縮小

かごいっぱいに採ってたのが懐かしいね。
かご分けなくてもいいくらいになってしまったー
そうね、もう9月も下旬だし終わりなんだよねぇ。
それでもできるだけ引っ張るってことで防除もしたのよ。
引っ張ってんのにタバコガの被害多くて商品にならなかったら引っ張る意味ないからね。

DSCF6667_縮小

最後はベンレートとアファーム、やはり最後の最後まですすが上がってきてるのと、
延々とオオタバコガの産卵が続いているんでね。
いい加減勘弁してほしいんだけどとどまることを知らないんで困ってますよ。
前回の防除でだいぶ幼虫密度は減ったけど卵の数がまだまだある分この後の量は・・・・・
そんなわけでやらなくてもいい時期だけど防除をやってきた。


DSCF6660_縮小

今年はなんやかんや言ってもそれなりには収穫できたほうだと思う。
島の唄は特に頑張ってたと思う。
30超えてるのもあるしこの写真で写ってるだけでも17、
1株平均が20超えてきそうな気配もある。
それだけ頑張ったんでまあいいんだけどあとはどこまで引っ張って収穫できるかですねー
ラスの追肥&防除がうまいこといって枯れるまで何事もなく収穫続いてくれりゃ。
あと何日収穫できるかわからんけどオクラ最終盤戦でござんすー


おまけ。

DSCF6665_縮小

見やすくなってもまだ取りこぼしがある。
デカくて食えないんだけどこんなのを売ってる人がいるんだよなぁ・・・・・
買う人はさすがにいないけど何をもって売れると判断してんだろ(汗
産直には時々こうしたバカ商品が並ぶんで面白いです。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村