FC2ブログ
2015-09-14(Mon)

ホウレンソウを間引く

今日はよく晴れた一日だった。
今週の木曜あたりまでは晴れが続きそうなので、久しぶりに畑で大暴れできるな(笑
ただ、かなり気温が下がってきて、今日の最低気温が14度、明日は12度だった。
かなり朝晩冷え込んできましたよ―
冬近し!!


今日は晴れたといっても、やはり昨日の雨の影響はまだありまして、
畑に入っていくと水っぽいんですよねー
なので作業は午後遅くになってから、まずは畑周りの刈り取った草をまとめ、

P1060226_縮小
P1060227_縮小

きれいになって山積みになった。
今年は草よく集めたなーという感じ。
来年の堆肥完成が楽しみだ。

P1060237_縮小

あと、晴れが続くようなので、もう一度スギナ液散布しようかと思い、
またこれを収集してきた。
まあスギナなんてのはそこらへんに大量にありますからね。
これが役に立つなら利用しない手はない。
ちなみに1回目の散布の効果は・・・・・何とも言えません。



そして本題のホウレンソウの間引きへ。

P1060117_縮小
P1060118_縮小

芽出しから問題があるなんて言うホウレンソウでしたが、
種まきから5日ほどで発芽が始まりまして、結構簡単に芽がそろいました。

P1060119_縮小

ただよかったのは日本ホウレンソウで、西洋ホウレンソウはさっぱり発芽せず・・・
棘種の日本ホウレンソウはいいねーと思った(笑

P1060176_縮小
P1060177_縮小

そこからさらに5日後には大きな双葉を出し、順調順調。
この時点でもう西洋ホウレンソウはだめだめだった。
同じホウレンソウだけど発芽率に違いがあるもんだね。
日本ホウレンソウの方が発芽しやすいのかな??


そして今日、そろそろ間引きをした方がよいだろうと、作業開始。

P1060232_縮小

葉っぱが小ぶりながらも大きくなってきてますからね、
混み過ぎてるようなところを間引いた。

P1060233_縮小

慎重に間引いて、これを西洋ホウレンソウ側に移植してみた。
ホウレンソウって移植できるもんなのか?
まあ実験実験、どうせ間引いて捨てられるだけのものだし、うまくいけば儲けもの。

P1060234_縮小

とりあえずこうして3センチくらいになるように調整、
後々もう少し株間をあけるだろうし、今から多穴あける必要性はないね
種まきから2週間ちょい、ぼちぼち生育は順調ですかね。


ホウレンソウに近いフダンソウはまずまず育ったので、
ホウレンソウもこの環境下でもどうにかなるんじゃないかと思っていますが果たして。
じわじわ育って収穫はいつ頃か・・・


2015-09-02(Wed)

しゅんぎく蒔き直し

今日も降ったりやんだりのよくない天候。
午後からは突風吹いたりして鉢が倒れ放題だった。
最近天気悪いなぁ・・・困ったもんだで。


天気が悪いなりに作業は進めてまして、
先日まいた春菊が発芽してきていました。

P1060082_縮小

雑草も生えてきてるのでわかりづらいっすね(汗
溝があるところに生えてるのが春菊の芽です。

でも、発芽してるところはそろって発芽してるんですが、
どうもさっぱりそろわなくてですね、

P1060080_縮小

出てないところの方が多いんですよ。
これじゃいかんでしょということで雨間をぬってまき直しをした。


P1060100_縮小

種は無駄にあるので惜しみなく大量に蒔いた。
これで出なければもう蒔かない。収穫までの時間がないからだ。

P1060101_縮小

種が無駄にあるからと油断したわけではないけれど、
ケースをひっくりかえしそうになってバラまいちまった(大汗
もったいないけどまだまだ大量にあるからいいや(苦笑

そうこうしてる間にまた雨が降ってきたので早々に帰還。
発芽したものをよく見ると大葉と中葉で早速に違いがみられる。

P1060102_縮小

中葉はこの時点で切れ込みがある葉が出てわかりやすい。
マリーゴールドの小さいころにそっくりだ。

P1060103_縮小

一方の大葉は切れ込みがなく丸い印象。
小さい時期から大葉か中葉かすぐに見分けつきますね。
これなら蒔き直しで分からなくなっても形状見ればすぐにわかって助かる。
実際どっちに大葉まいたか分からなくなったし(大汗


発芽している種もあるので、種自体に問題はないだろう。
ただ土のかけ方の問題あろうね。
種によって覆土のかけ方に注意しないと発芽してくれないですからねぇ。
ちょいくらしくじりました。
まき直ししたものは・・・うまく発芽してくれよ――


2015-08-29(Sat)

ホウレンソウ種まき

今日は朝まで雨が降っていました。
そのため午前中はホダ木移動とアサツキ分解に時間を費やし、
午後から畑作業に入った。

P1060063_縮小

雨が降って土が黒くなると大根の芽が強調されますね。
やっぱり聖護院大根の方が芽がでかくて目立つ。

P1060064_縮小

そろいはいい方ですが、ところどころない場所もありますね。
芽が出るところで食われるとこうなってしまいますね。
やはり土の中に害虫は存在してますよ―
土の中にいるものほど厄介なものはないね(泣


さて、
再びカテゴリーが増えまして、ホウレンソウをまきました。
初挑戦でございますよ―

P1060070_縮小

蕪・二十日大根の畝の一番はじにでかい畝を作っておきましたので、
そこに15センチ間隔で溝を作って種まきです。
90センチ畝なので5条まきになります。

P1060071_縮小

ホウレンソウの種は売るほどあります。
左が丸い種の西洋ホウレンソウ、右が針のような突起のある種の日本ホウレンソウ。
西洋と日本のものと違いは様々ありますがそこは置いておきます(汗
本来は水に浸して芽を出してから―というのでしょうけど、
まあ適当にたくさんまいておけばどうにかなるさ(投げやり

P1060072_縮小

ということで沢山筋まきにしておいた。
日本ホウレンソウを3条、西洋ホウレンソウを2条分種まき。
どうなるかは・・・分からん(汗


ホウレンソウは無肥料で育てるとすごくうまくなるとかいう話もあるようですね。
あと、ホウレンソウの旬は冬、これからだ。
寒じめホウレンソウなんてのもありますが、そこまでに収穫できるかね・・・
かなり不安要素だらけのホウレンソウ栽培が始まりました。


2015-08-22(Sat)

春菊を蒔く

今日は雨から晴れ・曇り。
今日は大曲の花火があるため道路が混むなぁと思っていたんですが、
今年は107号線が使えないため(西和賀町の土砂崩れの影響)国道の方はあまり混まなかったですね。
今は高速道路(秋田自動車道)ができたので国道は渋滞になりませんが、
できる前はすごかったですよ。なんてったって大曲から岩手までつながってるわけですから。
そこまでしてよくいくもんだと関心したもんです(笑


さて、
大根まきもひと段落、秋まき野菜の種まきをチェックしていくと、
どうも春菊もまいておいた方がよさそうなので、早速まいてきた。

P1050984_縮小

まき場所は波板ごぼう跡地。
とりあえずきれいに草むしって整えておいたので、あとはまくだけ状態。

P1050985_縮小

種は去年貰った期限切れのもの。
3袋だか4袋だかあったので、タッパーがパンパンになるだけ種がある(汗
中葉春菊と大葉春菊と2品種まいた。
春菊を調べると小葉・中葉・大葉と3つもあるんですね。
しかも形が違うし。いつも食ってるのは中葉のようですね。

P1050986_縮小

3条まきで、半分から奥は中葉、手前は大葉。
適当です(苦笑

P1050987_縮小

種は無駄に沢山ありますし、どんどんまいておきました。
発芽するかどうか分からないですしね。
保険も兼ねてたくさんまいとけば大丈夫でしょうよ。


こんな感じで種をほとんど消費できなかったけど、種まき完了。
残った種は何年分あるのか・・・・
沢山あっても困りもんだわ。かと言って春菊たくさん食わんし・・・
はてはてどうすべ。


2014-08-26(Tue)

ついにとう立ち巨大フダンソウ「うまい菜」

今日は曇り、肌寒い。
日が落ちると途端に寒さを感じるようになってきた。
一時的なものなのか、はたまた秋が深まってきているのか・・・
やっぱり20度ってのはちょっとしたボーダーライン。
30度越えてる時期から20度下回ってくるとものすごく寒い。
逆に寒い時から20度越えるとものすごく暑い(笑
あー冬がやってくる。


今日はフダンソウの話題。

春に畑を耕した時に一緒に耕したはずのフダンソウ、
それがど根性で復活、巨大株になっていたんですが、
ひもとうがらしの様子を見ていたら、なんととう立ちしてることに気付く。


P1030017_縮小

まるでハクサイの様に巨大化し畝の間に鎮座するフダンソウ「うまい菜」
ここまで大きくなるとは思わなかったけど、
こんなになってもいつまでたってもとう立ちしなかったので、
フダンソウの種取りって難しいなーと思っていたところでとう立ち。
種まきから1年以上経過しないと種できないってもんなのかな?

P1030018_縮小

これがそのとう立ちしたもの。
といってもまだ1本だけ。
しかも何やら株の大きさに似合わない細さ(汗
これからどんどん出てくるのかな?
無肥料でここまで大きくなった葉物はこれくらいのもんだから、
是が非でも種はとっておきたいところだ。

ずいぶんと長いサイクルになったけど、
まあ種ができてくれるならそれでもいいや。
あ・・・でもホウレンソウは雄雌あったな・・・・
もしかしてこいつも・・・・
あれ、やばい???(大汗


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村