FC2ブログ
2014-09-25(Thu)

今年は種取りできてます ツルナの種取り

珍妙な舌触りの葉物野菜ツルナ。
去年は直播で失敗して、今年はポット育苗。
それがうまくいって今年は茂りに茂ったんですが、
そのツルナ、どんどん種が熟して、収集可能になってきています。

P1030236_縮小

この茶色の物がツルナの種。
結構大きい種で、どんどん花咲いてどんどんできる。
今年は時期が早かったおかげで、無事に種とれるようになったんだけどね。

P1030235_縮小

でも無駄に沢山種があって・・・(汗
来年は勝手にツルナ大繁殖してるかもしれないな。
来年用のは大ぶりないいとこだけを厳選収集(笑

P1030234_縮小

ずらーーと茂ったツルナですが、
あまり食べることもなく・・・(汗
でもいけることがわかったので、来年はもっと食卓に並べるでよ。
唯一種取れる葉ものだから、大事に育てていかないと。
もう少し種とって処分処分―
また来年~


2014-08-21(Thu)

ツルナを食す

今日は最近では一番雨が降った。
おかげで畑の一部が水浸し。
オクラや小豆があるとこは排水がいいので全く水浸しになることはないけど。
でもこうして雨ばかり降られると、畑には入れないし作物腐っていくし
もう嫌になってしまうねぇ。
晴れ間が出るのは最短で来週。
インゲンもう駄目ぽだ・・・・


さてー

暑いときには葉物野菜って少なくなるけどもー
最強のニラはおいといて、他に何かないかなーと。
ヒユナやらツルナやらさまざま育ててみたけど、
今回初めてツルナを収穫、食してみた。

P1020968_縮小

ホントはもっと早く収穫始めればよかったんだけど、
育てて食わないというまったく意味不明な症状が(笑
遅れ遅れで巨大化してきてますが、
柔らかい先端部分を摘み取って収穫。

P1020969_縮小

ちなみにこれが花っぽい。
花という感じのしないもの。脇にたくさん出てくる。
だから知らないうちに勝手に種できてます。

P1020970_縮小

こっちが種化したもの。
とげ生えて固くなってくる。
これの中に種が入ってるとかでなくて、これ1個が種。
種がものすごくでかい。
まくときはとっても楽チンなツルナの種だ。


P1020971_縮小

柔らかい部分を摘み取り。
どうしても株が巨大化して老齢なので、みんな固くなってしまった(汗
早く収穫しろよってね。

肝心の味の方ですが、
まったく癖がなくておひたしにして食べても違和感全くない。
いけるいけるー
ただ一つ特徴なのが「舌触り
これは食べてみないことにはわからないかもしれないけど、
ざらっとした珍妙な感触。
粘りがあるとかそういったものではなく、例えが難しいツルナ独特の舌触り。
いやな感じではなく「おっ?」「ん?」という不思議な感触を味わえる(笑

ツルナ自体は虫がほとんどつかない。
またほったらかしでも最初の写真のようにもさもさと茂ります。
直播よりはポットまきで苗作りしてから植えると楽かな。
発芽が安定するので。
夏場の野菜としてはなかなか使えるかも。
珍妙な舌触りを味わってみてはいかがかなー(笑


2014-06-14(Sat)

隙を突け! ツルナ定植

今日もあいにくの雨。
まあ梅雨だからねぇ、雨降るのが仕事ってか。
畑はまた無理だなと諦めていたんですが、
午後からなんと晴れ間が出て、椎茸の作業終了後に早速畑に出た。

畑の状態は水浸しではなく濡れている状態。
これなら作業できそうと踏んで、雨が降る前にツルナの定植をすませようと敢行。


P1020442_縮小

去年は直播で失敗したツルナ。
今年は冷蔵浸水からのポットまきですこぶる発芽率がよく、
いつの間にやらこんなに育ってしまっていた。
全部で90ちょいを急いで植え付け。

P1020444_縮小

どれくらいの間隔で植えようかーとかあれこれ考えていたら雲行きが怪しく・・・・
いそげいそげーと作業するも雲には追い付かれてしまうもんで、
終わる寸前に降りだした(泣
どうにかずぶぬれは回避したものの、まったくあと5分待ってくれりゃあ・・


これで早まきしたポット物はほぼ終わり。
残すはいんげんとひもとうがらしとオクラ。
いんげんとオクラは来週、ひもとうがらしは今月末か。
ニンジンの種まきも待ってるし、今月まではあれこれ忙しそうだわー


2014-05-13(Tue)

ツルナの発芽、ようやく始まる

種まきから約2週間、ようやくツルナの発芽が始まった。


P1020166_縮小

冷蔵後に種まきをしても発芽までの時間短縮にはならないようだ。
これから発芽率がどうなるかということに注目するべきか。


P1020184_縮小

今日で24ポット発芽。
大体4分の1くらい発芽したのかな?
今のとこ順調に発芽してるかなってとこ。
7割いければ万歳くらいとみてみる。


去年は発芽までやたら時間かかってしまったけど、
ポットまきで管理すればとりあえず2週間で発芽させることができるようだ。
これで食味次第だけど、来年以降の対策を打てるってもん。
やっぱり種の発芽管理はしっかりしないと、その後の計画が狂うので、
発芽管理、苗作りは重要だなあと実感します。



そのほかの種まきした者の状況についても。



P1020178_縮小

こねぎ。
種は去年の余り。
発芽率はまだまだよく、まだ残っている分もまいてしまったほうがいいか。
もう少ししたら球根物のとこに定植しようかね。

P1020179_縮小

ようやく発芽揃ってきたうまい菜。
でもまだ発芽率50%。
冷蔵法使っても発芽率が悪いってどうなの・・・
フダンソウは発芽率の悪さが問題だわー
相変わらず徒長気味になった(汗

P1020180_縮小

こちらも相変わらず徒長するルッコラ。
なんでか葉ものを育てると徒長する。
同じようにやってもトマト(過去)もかぼちゃもひもとうがらしも大丈夫なのに・・・
こうなりゃかいわれ作るか(笑

P1020181_縮小

こちらも徒長してるレタス。
1個だけ発芽しなかっただけで発芽率極良。
そろそろどっちか片方残して苗作りしないと。
今回は転び苗で枯れることはないようで安心。

P1020182_縮小

最後はバジル。
これはそんなに徒長してないけど、いかんせん成長が鈍い。
今ようやく小さな本葉が出てきた。
これいちばん最初に種まいたんだけどなぁ・・・
なんでこんなに遅いんでやんしょ?
そろそろ第2次種まきしておいたほうがいいかもねぇ。
こんだけ遅いと時差つけて追いつくの大変そうだー


今のところはまあまあ成長してきてます。
発芽まで時間かかってるものが結構あってなかなか今年も計画通りには・・
ま、それは管理が悪いってことだろう。
温度管理できる設備を駆使してるわけではないので
こればっかりは天候次第といわざるを得ないからね。
今年は晴れ続きで気温高かったからもっと早くに芽が出ると思ったんだけどなぁー


2014-05-01(Thu)

つるなも冷蔵してから種まき

今日は久しぶりの雨。
一時的に雷雨で土砂降り。
あーあ、せっかく雪溶けて晴れて畑が乾いてきてたのに・・・
これで今週中に畑掘るのは不可能になってしまった。
時間が限られてるってのによーチクショー

昨日は生体に行ってきたんですが、
やっぱし桜咲いてましたよ。

P1020106_縮小

いま満開状態。
ゴールデンウイークにちょうど見ごろっていいね。
ま、そんな風流なことしてる余裕なんざ無いけども(汗

ちなみに桜草の仲間プリムラは現在、

P1020060_縮小

4段咲き(笑
すごいねこの咲き方。
咲いてるのはこれ1株だけになっちゃいましたけど・・・・
駄目だ・・花を枯らす男は今年も猛威をふるうようだ(泣



さて本題のツルナ、
去年は直播した結果さっぱり発芽しないまま長期間がたってしまい、
おかげさんで全く収穫にならなかった。
なので今年はポットまきで発芽させてから植え付けようという方針。

さらに、ツルナの種はフダンソウみたいな固い種ということで、
冷蔵法で種をまいたら発芽しやすいんじゃないかと思い、
水につけて冷蔵⇒ポットまきという手法をとることにした。


P1020097_縮小

ツルナの種は大きさ様々だ。
でっかいのもあれば小さいのもある。
なのである程度大きめの物を選別してまくことに。

P1020098_縮小

大きいの小さいの大体分けたもの。
このほかに種としてどうなのってのがいくらか。
もう少しちゃんと揃ったものにしてもらいたいもんだけど(汗

P1020100_縮小

これをフダンソウのときと同じくティッシュにくるんで水につけ、
その状態で冷蔵庫で1日置いておきます。


P1020103_縮小
P1020104_縮小

1日たったものをポットまき。
大きい種は1粒、小さいのは2粒まいた。

P1020102_縮小

なんやかんやで98ポット。
大きい奴はかぼちゃです。
種袋によればこの種からできるのが約60株らしい。
発芽まで約2週間と長い期間がかかるので、
発芽するまでしばらく放置ー

発芽率、そして発芽までの期間がどの程度になるか。
発芽したらご報告ー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村