FC2ブログ
2020-01-12(Sun)

ギュウシンリも急にきた

暖冬傾向とはいえ当地の冬はトロピカルフルーツにしてみればだいぶ寒い。
そんなわけで椎茸の暖かい発生舎に取り込んでいるわけですが、
それでもトロピカルフルーツにとってみれば寒いようで・・・・・

P1050217_縮小

すでにシャカトウはかなり厳しめな状況になっていましたが、
まだいけそうな雰囲気を持っていたギュウシンリもここにきてかなりやばそうな気配に・・・・

P1050218_縮小
P1050219_縮小

うーん・・・
急に枯れこんできましたねぇ。
やっぱりギュウシンリだからとかいうわけでもなさそうな気配。
どっちにしろ寒いってことみたいね。

P1050220_縮小

シャカトウのほうも枝が完全にという感じにはまだなってない、と思いたいが・・・・
難しいか。

柑橘やってここでもできるのでトロピカルフルーツもと思ったけど、
柑橘とトロピカルフルーツの差はかなり大きいようでござんす。
なんせフィンガーライムでも大丈夫なところでもダメっぽいからねぇ。
そう考えるとトロピカルフルーツにはもっと温度がとれるような施設でないとだめってことになるので、
ここらで普通に越冬はほぼほぼ無理じゃないかなぁ・・・・
まあ雪解けまで待ってみてどうか判断、ダメならトロピカルフルーツは終了だ。


スポンサーサイト



2019-12-27(Fri)

シャカトウに寒さの試練

P1050146_縮小
P1050147_縮小

大荒れとのことでしたが当地は一時雪が降っただけ。
思いのほか予報が外れてありがたかったです。
下手こいたらドカ雪もあり得ましたからねー
今日がドカ雪降ってから一番雪がない状態になったと思われます。
歩いた後が目立つし、ゴミ積んだところもしっかり露出中だ。

P1050148_縮小

流石に自転車は今日までっぽいけど、今年はホントに雪が少ないなぁ。
そうこう言ってると年末年始はやばそうな気配ですが(大汗


雪は少ないけど寒さはやってきます。
なんやかんやで真冬日とか気温はそれなりに下がって寒いです。
それはハウスの中でもいえるようで、どうも越冬中のシャカトウは寒さのせいかやばそうな雰囲気。

P1050108_縮小

全体的に枯れたんじゃないかって具合。
加温ハウスでこれはちときついなぁ。

P1050109_縮小
P1050111_縮小

葉っぱはしおしお、全体が枯れてはいなそうですが枝は徐々に干からびていってる感じだ。
これが止まらないようだともう無理って話ですわな。
止まってくれればブルーベリーみたいにまだ何とかなる可能性も・・・

P1050112_縮小

同じ条件下での越冬しているギュウシンリはまだ葉っぱが生きていて大丈夫そうなのよね。
こちらも先端枯れとか落葉とかは起きていますがシャカトウに比べると生き生きしているのがわかります。
シャカトウよりもギュウシンリのほうが寒さに耐えられるんだろうか??

種屋のサイトでは10度まで、それ以下になる場合は室内でとあるだけ。
今年買った本では最低でも3度以上あったほうがいいとか何とか。
うーん、端っこの隙間風のせいで寒さに当たってしまってるからかねぇ・・・・・
ちょっと具合が悪いので場所を変えたほうがいいかもしれんけど、結局どこもよさげな場所が・・(汗
こういうのやるためのしっかりとした温室内と厳しいかなーなんて思ったりする次第だ。
まあダメだったら諦める、そんな感じのトロピカルフルーツ栽培ですよ。


2019-12-22(Sun)

今年もカボスが丸坊主。

今年もあと10日もなくなってしまった。
ホント12月になるとあっという間、気が付けば年越しだわな(汗
昨日から部屋の掃除に取り掛かってまして少しずつですがきれいにしていってます。
正直部屋に物がありすぎるのですっきりすのはかなり時間がかかるでしょうねぇ・・・・
とにかく本棚整理に忙しい。


P1050098_縮小

本日は柑橘ネタ。
先日スダチを収穫したばかりの柑橘、ここにきて例年通りの変化が。

P1050101_縮小

ガガーン
毎度おなじみの光景、カボスが丸坊主に。
カボスは丸坊主になるのがデフォなのか?
なんだか葉っぱをもって越冬した記憶がない・・・・
毎度恒例だからどうせ来年また出るでしょって感じで心配はないんだけどねーー

P1050100_縮小
P1050099_縮小

あれだけの実をつけていたスダチはまだ全然余裕だというのになんだろうか。
寒さに弱いフィンガーライムだってまだまだ葉があるぞー
プチまるはちょっと心配だけど・・・・
なんやかんや言って調子の悪いレモンを除けば早速落葉するのはカボスだけ、
カボスって剥げ散らかす果樹なのかねぇ(汗

P1050102_縮小
P1050104_縮小

丸坊主といえばこっちの台木カラタチもほぼ丸坊主ですけど、
これはまあ棒きれだからね、無加温だし生きてるだけで丸儲けだよ。
カボスとはレベルが違うわ。

現状暖冬傾向でまだハウスが明るいというのもあると思うけど、
恒例のカボス丸坊主以外はまだまだ順調に越冬中という具合。
カボスの落葉しやすさにはあきれるけど、来年は無事実をつけてほしいね。
葉がなくなった分とにかく枯れないように管理しなくちゃ。


2019-12-14(Sat)

今年も完熟スダチを収穫

今日は雨で大荒れ。
まあ沿岸ほどに大雨にはならなかったので大荒れとも言いづらいかな(汗
むしろこの間の暴風のほうがひどかった印象です。
この時期は突然低気圧が発達するのでハウスにとってはひやひやもんですね。
明日はまた久しぶりの雪、どの程度降るかなー


P1050021_縮小

さてそのハウスの中で越冬中の柑橘、今年はまだだいぶ緑が残っております。
その中で実をつけているのがスダチ

P1050022_縮小

今年も無事実をつけましたが、相変わらず完熟させてしまったー
さっさと収穫しろって話だけどね(汗

P1050023_縮小

こう見るとまるでミカンだ。
それぐらい今年のスダチは豊作でいて大きい。
ここまで大きいのは初めて、いざ収穫です。

P1050053_縮小
P1050054_縮小

50㎜前後がゴロゴロ。
サイズ規格で言えば4Lクラスってところでしょうかね。
ただ4Lで43㎜以上なのでかなり大きなスダチってことですね。
摘果した量が少なかった割に大きくなったのは驚きですよ。

P1050051_縮小

収量は600g以上でした。
この鉢植えの大きさでもこれだけの量を採れたので十分です。
大きいし量も採れた、今年のスダチは上々の出来でしたねー

毎年スダチだけは順調に収穫できているんですよね。
そのほかの柑橘はかなり厳しい状況が続いていることを考えると、スダチは比較的楽な柑橘かも。
この勢いそのままに来年も収穫したいですねぇ。


2019-12-01(Sun)

12月のトロピカルフルーツは?

ついにに入ってしまった12月。
あっという間に今年も残すところあと1か月に。
そうこうしてるとあっという間に来年なんだけどねー(汗
今年のうちにやっておくことはしっかり始末をつけたいところ・・・・


さて、久しぶりにトロピカルフルーツの話題。
トロピカルフルーツは南国のもの、すでに白い季節入りした当地では露地では厳しい。
いや、厳しいどころの話じゃないですけどね(大汗
現在のトロピカルフルーツはすべてハウスにインしていますが、
やはりハウスに入ってもなかなか寒さがこたえるようで。

P1040993_縮小

まずはスターフルーツですが、だいぶ落葉してしまいました。
寒いところでの越冬では落葉するのがデフォならいいんだけど、
ここのところ落葉速度が加速しているので心配ではありますねぇ。

P1040995_縮小
P1040994_縮小

バラバラバラバラどんどん落葉、ついてる葉っぱも黄色で元気がない感じ。
まあスターフルーツの葉っぱは下向いてるのでこれでも普通でしょうけどね。
まだ越冬に入りたてですが結構しょっぱなから飛ばしている感じがします(汗

P1040997_縮小

こちらはギュウシンリとシャカトウ。
こちらの場合は種からのものですんでまだまだ小さな苗状態。

P1040998_縮小

小さいので寒さには成木よりは敏感だと思いますが、
こちらのほうも葉っぱが下向いて最早枯れる寸前という様子に見えますね・・・・
枝がしわしわになってないのでまだ大丈夫だとは思いますが、かなり厳しそうな気配。
やっぱりトロピカルフルーツは一筋縄じゃいかないってカー

P1040996_縮小

その割に比較的寒さに弱いライムが現状普通に生きているのでなんだろう・・・・
何度まで耐えられるとかありますけど、その時の状態次第だろうからトロピカルフルーツの状態はあまりよくないかも。
一応氷点下にはならないようにはなってるはずだけど、
それでもダメなようならトロピカルフルーツはうちでは無理だろうねぇ。
ま、越冬はまだ始まったばかり、これからすぐにダメにしないように定期的に確認してみたいと思います。
適地適作、これを打ち破るのはなかなか難しいですな(大汗

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村