FC2ブログ
2020-08-04(Tue)

似通った花

いやー今日は暑かった。
まだ梅雨明け前だけど33℃くらいまで上がって汗だくだったわ。
明後日くらいまでは雨もなく暑さ維持しそうなので熱中症には気を付けたいですね。


さて本日のネタはついに咲いてたシドケの花に関して。

P1060545_縮小

なかなか咲かないのでしばらく放っておいたんですが、
久しぶりに見に行ったらしれーッとあちこちで開花してしまってましたわ。

P1060544_縮小

花はこちら。
あれ?どこかで見たことのあるような・・・・・
ほとんどヤブレガサと同じですね。
蕾の状態を見ればわかると思いますが、開花した花をみただけだと判別できないと思う。
若干花の数が少ない気はしますがね。

そしてもう一つ。
ホンナの花も咲いていましたの見てみましょうかね。

P1060374_縮小
P1060375_縮小

ホンナは今年は日陰にしてないけどこんな状態で普通に育った。
ちょっと肥料不足で弱弱しい気もするので今度追肥しようと思ってますがね。

P1060377_縮小

今年も蕾いっぱい、赤系と普通の物の差はいかにってのも気に果かかりますが、
その花の状態やいかに!

P1060547_縮小

うわぁ・・・・・
ほとんど同じ形してるじゃねぇか。
山菜って似通った花を咲かすもんなのか?
まあ調べるとこれら3つは同じキク科植物であり、
ホンナとシドケは同じコウモリソウ属、ヤブレガサはヤブレガサ属だけど。
ヤブレガサはまだしもホンナトシドケは似てて当たり前ってとこなのかなーと。

山菜ってーと食べることがメインでこんな感じで花とか種とかってのはあまり気にしなかったので、
こんなに似通った花をつけるとは思ってもみなかったですね。
花が咲いたので次は種、今年もある程度種採って苗作りしてみっかー


2020-08-03(Mon)

山菜の病害虫ってどうよ。

今日はついにアブに刺されてしまいました。
でかいアカウシアブってやつですね。
ぱっと見スズメバチっても見えたりするけどしつこく飛んでくるアブです。
そういや話は違うけどオオスズメバチがアメリカで問題になってるみたいね。
あっちからすりゃ外来生物、とんでもねぇ蜂が来たってかー
なんせキラービーどうにかしようと導入検討したらあまりに攻撃力高すぎてやばすぎるからやめた代物だしね。
日本にもいろいろと外来生物が来て問題になってるけど、こういう逆版もしっかり存在するってことだ。
自分が知ってる一番はジャパニーズビートル、マメコガネだねぇ。
なんか話があちこちいって収拾ついてない気がする(大汗


さて今日は山菜の病害虫に関して。
山菜って基本農薬登録がないから病害虫防除ってのができないもの。
それを栽培した際に病害虫が発生したときどうすんのって話よね。
まあそもそも病害虫発生してどうなるかってのが重要だろうけど。

P1060446_縮小
P1060447_縮小

自分が栽培してるわけじゃないけどオヤジさんが畑の隅に植えたウド。
バカでかく育ってるんだけど、今年はウドにいろいろとおかしなことが起きてた。

P1060449_縮小

先端がこうなってるのである。
はじめ現物見る前にしわしわになってるって話を聞いてたのでアブラムシだろうと思ってたんですが、

P1060450_縮小
P1060451_縮小

よく見ればこれはアブラムシ被害ではない模様。
蒸しではない明らかな病気っぽいけどなんなのかはわからない。
これが株を枯らすほどひどくなるのかどうかもわからない。
正直山菜栽培ってのはそれぐらい情報が少なくて大変だ。
※本には萎縮性火傷病なる記述があったがこれかどうかはわからない。

P1060420_縮小
P1060421_縮小

自分のもので言うとツリガネニンジンの茎にこんなものが。
これは病気じゃなく虫による食害じゃないかと思うけど、これに対する防除ってできるかといえば・・・・・である。

P1060416_縮小
P1060417_縮小

ワサビダイコンは相変わらず白さびがひどくなかなかどうして厄介な病気にかかってしまった感
これは防除できるけど回数制限があるため1種類しかない薬剤では長期間対応できない。
そこがまた厄介な問題である。

P1060419_縮小

手前にある株は発症が少ないんだけど、もしかすれば購入先による病気罹患株ってのも考えられるかも。
栽培スパンが長く株購入が当たり前の山菜なので、
そういう罹病株の可能性も考慮しないといけないとなると導入は慎重に考えないといけないかなぁ。


つまるところ、山菜栽培ってやってみなきゃわからないことだらけってことですよ。
本と投げやりな感じになってしまいますけど、わからないことだらけっすわ(汗
自然界にあるものなので基本何が起きてもどうにかなるのかもしれないけど、
栽培することによって自然界では起きないことが起きることもあるわけなので、
正直なるようになる、やって自分で考えろって感じですかなー
新しい発見を楽しんで見ようかと思いますわ。


2020-08-01(Sat)

山菜畑への笹侵攻がひどい件

どもー
今日は日中がっつり晴れたんですが、レーダーみるとあちこちで雨降ってたんすよねぇ。
あっちで大雨、こっちで猛暑よくわからん天気でしたよ。
その雨雲も結局こっちにやってきて6時前から大雨になっとります。
オクラ収穫中だったんでカッパ着ててもずぶ濡れだー
梅雨明けも進んできてますが当地の梅雨明けはまだしばらくかかりそうな気配・・・


さて本日久しぶりに山菜畑の草むしりをした件に関して。

P1060480_縮小
P1060479_縮小
P1060482_縮小
P1060481_縮小

日陰になっているのでさほど草の勢いが強いわけではなかったけど、
やっぱり草だらけにしておくのはよろしくないのでさっさと草むしりしたわけですよ。
畝から外周からすべてあっという間に終わらせたんですが、
外周の草をやってる時に今年も笹が侵入してきていることに気付いたんですよねぇ。

P1060475_縮小

畝の中央から顔を出していたり、

P1060476_縮小

畝そばからガッツリとか。
毎年のことではあるんですが、今年は放置期間が長かったこともあって侵攻が例年になくひどい。
早速シャベルをもってきて掘り起こしながら地下茎を除去。

P1060477_縮小

笹の厄介なところは地下茎がやたら長く潜ってやってくるってこと。
本体から数メートル離れてから先端を出すとかステルスにもほどがある。
だからほんの少し掘っただけでこんなに長い地下茎が出てくるわけでして…
ちょっとずつ侵攻ならまだしもいきなり本陣急襲、毎年クッソめんどいわ。
特に山菜は植えっぱなしになる分被害拡大が懸念されます。

P1060474_縮小

帰りにはマムシに出会うし最悪。
毒蛇潜む環境を提供してるってのもあるんだよねぇ。
うーんこの辺一帯の笹すっきり一掃したほうがいいのかもしれんなぁ。


2020-07-27(Mon)

カステルフランコ定植

今日は雨です。
朝方まで雨、午前中晴れ、午後から雨という具合に所々雨が上がるような状況でしたので、
そのすきをついてカステルフランコの苗がでかくなったので定植することにしました。

P1060492_縮小
P1060493_縮小

気付けばかなり大きくなっていたカステルフランコ。
カステルフランコの苗づくりは非常に簡単にできると思いましたね。
アスパラガスチコリーよりは丸みを帯びた葉っぱになってます。

P1060494_縮小

肝心のアスパラガスチコリーのほうはこんな状況ですんでまだ先。
まだポット上げすらできないって今年のアスパラガスチコリーの品種は全然ダメだったね。

P1060495_縮小
P1060496_縮小

いうて発芽率悪いやら発芽してもさっぱり生育しないとか終わっとる・・・・
同じ条件のカステルフランコは大きく育ったのに何がダメだったのかねぇ。
カステルフランコより暑さ耐性がないってことかな。

P1060473_縮小

畑のほうはパースニップ畝の再利用。
今回は夏仕様でワサビダイコンに使った白黒マルチを使いましたよ。
15㎝ピッチフリーホールなので使えるかと思ったけど、
中央に穴があるので2条植えでは利用できないことが判明・・・・
しょうがないので今回は穴を利用せずに定植です。

P1060497_縮小
P1060498_縮小

マルチが白いのと雨の後で土がどろどろであることでかなり汚いですが(汗
30㎝ピッチ2条植えで84株定植しておいた。
定植時に根っこを見たところ思ったより地上部のボリュームからすると根が少なかったですね。
もっと根鉢ぐるぐるになってるかと思ったらそうではなくて定植適齢期って感じでした。
ちょうどよかったですね。時期も天候も。


この後結構な大雨予報になってるので定植後早速雨のたたかれるのが心配。
しかしここを乗り越えればあとは収穫まで4か月くらい放置っすねー
あ、後半に遮光しないといけないのでその時は手間がかかりますが。
とりあえず初めてのカステルフランコ、畑デビューでっす。


2020-07-25(Sat)

花盛りになる山菜ってツリガネニンジンくらい?

今日久しぶりに秋田県内でコロナ陽性が出てしまった。
ついに2波到来、気を付けないといけませんね。
さあまた山で引きこもり生活だな(汗


さてさて、
山菜栽培をして次々と蕾がついて花が咲き加減に状況になっております今日この頃。
しかしながらやはりそこは山菜、花が咲くとは言えパッと満開花盛りという感じとはいかないようで。
そんな感じで花が咲いてるのってツリガネニンジンくらいなもんですよ。

P1060370_縮小
P1060371_縮小

ツリガネニンジンも花が咲く頃には立ち上がって立ち上がってだいぶ大きくなります。
落ち着いてるのは蕾が出てくるまでみたいですね。

P1060372_縮小

こうしてたくさんの蕾が出てくるのはほかの山菜と同じですね。
この辺はみんな同じようにたくさんの花を咲かせる準備はするようです。

P1060373_縮小

咲く前の時点でようやく花らしい花の形が見えてくる。
この時点で他の山菜とは異なった感じですね。

P1060418_縮小

そして待望の開花。
ツリガネニンジンというだけあって花の形は釣り鐘型。
小さい青い花が次々と咲き始めます。

P1060483_縮小
P1060484_縮小

現在はでかくなりすぎてあちこちに倒伏して咲き誇っています。
こんなにでかくなるんかいーって感じ。
まあ食用にするときは小さいうちからなのでここまででかくなってもしょうがないんだけどーーー

P1060432_縮小
P1060422_縮小
P1060424_縮小

他の山菜で言えばヤブレガサは何とも言えない開花を始めた以外、
オケラもシドケも咲くんだか咲かないんだかちんたらちんたらしてます。
こんなのばかりだとツリガネニンジンっての花らしい花が咲くのでなんかほっとする(汗
地味にもほどがある、そんな山菜のお花な話。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村