FC2ブログ
2020-07-02(Thu)

7月のサク。

昨日の夜の雨は思った以上に降ったらしく久しぶりに川が増水、濁流と化していました。
これだけ降られると畑の含水率が高いのでただ入るだけでもよくないわけで。
案の定草むしりだけでぬかるみにはまる結果に(汗
晴れ間が欲しいです。


さて本日から7月に入った山菜の様子についてでも書こうと思います。
まず第1弾はサクです。

P1060247_縮小

まずサクの草むしりが終わっていたのでサクから、順番は特に関係なしで。
草をむしって全容を見ると枯れた株は今のところゼロ。
この点は非常に優秀。

P1060248_縮小

しかしながらバカでかくなるサクがなかなかでかくならない。
でかい苗だったはずなのにワサビダイコンの遥か後ろを走っている感じ。
メータークラスは楽勝かと思っていただけにこの結果は少々がっかり。

P1060249_縮小

苗が活着するまで時間がかかった印象が強いかな。
なかなか葉が出てこず、今だってようやく4枚目とかその辺だしね。
思った以上にサクの生育速度は遅いのかもしれない。

P1060250_縮小

せり科なので貴重な葉っぱにこんなのもつくし・・・・・
現状を見ると期待が大きかっただけにがっかり感がでかいというのが正直なところ。
これからの生育に期待するしかないね。


スポンサーサイト



2020-07-01(Wed)

咲きそうで咲かない「カサ」

今日も雨ですが最近1日のうちに数時間は雨が上がるワンチャンス時間が存在する。
今日が午後から5時くらいまで晴れ間も出る比較的良いワンチャンス時間が到来、草むしりに当てました。
その後は激しい雨、また畑が水浸しだ・・・・・
湿度高いし気温も高く非常に不快指数が高いねぇ。


さて本日はなかなか花が咲かないカサのお話。
花の咲かないカサとは何事かと思うかもしれないけど何度か記事になってます山菜のことね。

P1060234_縮小
P1060235_縮小

つぼみができてからかなりたってますがいまだに開花しないヤブレガサ。
本当にもう間もなくという感じまでつぼみが膨らんでいる感じですがなかなか開かない。
気温はかなりあるので普通ならパッと咲いて種作るって感じだろうになぜなのか。

P1060236_縮小

つぼみが割れてこんな感じの管みたいな状態になってるのもありました。
この形状だと開花即綿毛みたいな感じでしょうかね。

P1060237_縮小

横から見ると綿毛のようなものが見えますからね。
ヤブレガサは花ではなく即種を作るって感じなのでしょうか。
初めての物だからよくわからんけどこんなに時間がかかるものだとはねぇ…

P1060241_縮小
P1060240_縮小

一方でもう一つのカサ、モミジガサのほうにも蕾が伸び始めていますね。
こちらも蕾が見え始めてからかなりちんたらしてます。

P1060238_縮小

同じカサでも蕾の形状や色が全く異なっているので花で間違うことはないですね。
こっちのほうも花が咲かずに即綿毛になるのか?
多少遅いのでこれからまた時間がかかるでしょうね。

思い返せばホンナも同じようにすぐ綿毛になったような気もするね。
つまるところ山菜ってのは花をパッと咲かせずに種を作ることが多いってことか?
それはそれで面白い発見、やっぱり山菜は畑作物とは異なるものなんだなぁ。


2020-06-29(Mon)

あなたはだあれ?

今日もしとしと雨だった。
ずぶ濡れになる雨ではないので畑的にはありがたい。
しかし梅雨本番なかなか天気が良くなる気配がないなぁ・・・・
作業が進められなくてはらはらもんになってくるどー
ま、焦ってもしょうがないのでのんびり行きます。


P1060229_縮小

本日はツリガネニンジンのお話。
ツリガネニンジンは日に当てっても大丈夫に物なんだけど、
だんだん死に絶えてしまったので草マルチしてみたら安定しましたのよ。
現状はぼちぼち成長して何とかなってます。
そのツリガネニンジンの中にひときわ大きい株があることに気付いたんですよね。

P1060230_縮小



一際でかいしなんだか形が違う気が・・・・・

P1060231_縮小

株の太さも葉の形も全く異なるこれ、いつから生えてたのかわからんけど謎の生命体。
似たような生育でウドとかサクとかあるけれど、
葉っぱをちぎってもウドのにおいはしないし、サクのような気配でもない感じ。
いったいこいつは何だろうか。

P1060232_縮小

ツリガネニンジンではないのにこんな感じで育っては邪魔なので引っこ抜いた。
引っこ抜いたらツリガネニンジンまで取れてきてしまった。

P1060233_縮小

よく見ると根に絡まっているじゃないの。
絡まりながら育ったという事はもしかしてポットの中にいたってことか?
うーんそんな気配はなかったはずだけどどういうこった???

結果的に謎生命体はこのまま廃棄。
食えるものだったとすれば惜しいけど謎だから仕方がない。
時たまこういったこんなのあったっけ?的ものが紛れてたりするからしっかり見ないとねー
特に無駄栄養奪われちゃかなわん。
日当たりもよくなったろうしこれからもっと育ってくれよツリガネニンジンーー


おまけ。

P1060105_縮小
P1060106_縮小

これって麦だよね・・・・
この辺に麦なんてものは一切ないはず。
いったいこいつはどこからやってきたのだろうか。
謎は深まる。


2020-06-28(Sun)

アスパラガスチコリーとカステルフランコの播種

まーたハイカラな名前のモン始めおった。
というところですが、今年もアスパラガスチコリーの播種をしました。
同じくお試しカステルフランコの種もまいた。

P1060209_縮小

今年は初の6月播種。
種まき時期は6月からになっているので大丈夫だと思います。
今まで7月播種で失敗を繰り返していたので少しだけ早くまいてみたのと、
違う品種の種を今回はやってみることにしました。
アスパラガスチコリーと一口に言ってもやっぱり早生から晩生まであるようで、
今までの種は何度やっても収穫まで行けない晩生型のような感じがあったので交代です。
今回のは早生かどうかははっきりしませんがとりあえずやってみて判断ですね。
ちゃんと早生品種、晩生品種を明記してくれると助かるんですがね・・・・・
ちなみに隣の花みたいなのがカステルフランコ。
このきれいな野菜は軟白しなくてはいけないのでそこだけ注意が必要かな。

P1060210_縮小
P1060211_縮小

種の感じは同じようなものでしたが、微妙にカステルフランコのほうが大きかった。
ただ2ミリくらいしかないのでこれをいちいちセルトレーに2粒ずつ落としていくのは大変な作業だ。
まあこれ以上に小さいミントだとかの種を1粒ずつまいた手前このくらいは楽勝だ。
ありゃあ1ミリもない種だったから1粒まきなんてことやるもんじゃなかったよ(大汗

P1060214_縮小

今年は場所もなくお試しなので64穴ずつの播種。
いつもに比べるとホント大したことのない量になってますが、試験がうまくいけば多くやってもよしですからね。

P1060212_縮小
P1060213_縮小

その代わりこの大量の種の残り方・・・・・
特にカステルフランコの種は1袋に恐ろしい量入ってたので消費しきれんでしょうよ。
外国の種はむやみやたらに入ってることが多いので使いきれないことが多いのが難点だね。
日本の種に比べると非常にコスパがいいとは言えるんだけどもーーー

今はまだセルトレーこの後ポット上げして育苗、定植と段階を踏みますので時間がかかる。
何年かやってるアスパラガスチコリーはまだしもカステルフランコは初めてなのでどうかな。
なかなか生産がうまく始まらない海外野菜、外国の物を1から試験するのは大変だー


2020-06-25(Thu)

ワサビダイコンの白さびが落ち着いたか?

今日は夜から雨との予報でしたが、午後から怪しげな空気。
予想通りしとしと降ったりやんだり、本降りではないものの濡れてしまうから困る。

P1060201_縮小

そんな中でも作業続行、雨天決行で草むしりを何とか完了しました。
明日は本ぶりになるので終わってよかったですわー
実際草むしり終了後に少し強く降り出しましたしねー


さて本日はそんなこともあって畑の見回り。
白さび病が出て防除しておいたワサビダイコンは一体どうなっているんでしょうかーー

P1060202_縮小

で、でかい!!

久しぶりに見たワサビダイコンは巨大化していた。
元々生育はよかったけどさらに巨大化、こいつはどこまででかく育つもんなのか。

P1060203_縮小

葉っぱ自体でも40,50㎝くらいありそう。
株元からだと70㎝以上はあるくらい葉っぱ1枚がバカでかい。
おかげで葉の数自体は少ないのにやたら株が張ってるように見えますね。

P1060204_縮小

白さび病自体は何とも言えない状況。
新しい葉っぱがことごとく感染とかはなく、下葉に症状がみられる程度ってところでした。
やっぱり防除しなくても勢いがあるので大丈夫ってもんなんでしょうかね。
ま、防除したからこの結果とも言えなくもないでしょうが。
とにかくワサビダイコンはさらに巨大化、順調に生育中のようです。
防除と草マルチが良かったと判断しておこうかなー(笑
もう少ししたら追肥してさらにでかくしてみよう。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村