FC2ブログ
2020-11-27(Fri)

完全に遮光時期を間違えたカステルフランコ

さむいっすー
今日は晴れたのに寒いっすー
風が少しあるからかな、余計に体感温度がやばい。
特に夕方の日が沈んだ後はガクーッと温度差がってあっという間に2度・・・・・
ついについに連日の雪がやってくるか。
明日の朝は怖いなぁ。


そんな寒い中いまだに収穫をできていないカステルフランコ。
遮光してもう2か月になろうとしてるんだよね。
現状はどうなっているかというと、

P1070372_縮小

新聞紙遮光はぶっ飛んだりでかくなってはちきれたりとしっちゃかめっちゃか。
こっちはだめですな(大汗

P1070370_縮小

ただその代わりでかくなっていく様子はよくわかるので観察する分にはいいこともある。
斑が入り葉っぱもいい感じでまいてきていますね。
この状態で軟白できていれば物になってたって感じ。

P1070371_縮小

この中心部が白かったら最高だった。
という事はうまくやってれば雪が降る前12月前に収穫ができるってことだね。
これは期待が持てる情報になります。
が、その反面で今年の遮光時期が早すぎたなーっていうミスも露呈(汗

P1070375_縮小

そんなんだから全体遮光している株は色は抜けてるけどあんまり大きくもなければ斑入りでもない。
微妙に斑入りがあるものの、外のものよりはあからさまに出来が悪い。
やっぱり遮光すると株の生育も衰えるし、
時期をしっかり見定めないとうまくいかないよねー

P1070373_縮小
P1070374_縮小

そん他に外の物では、葉がしっかりまとまらないものなどもダメそうだという結論に。
今年はかなりいろんなバージョンがあったけど、
葉が広くなって丸まらないと使い物にはならないみたいね。
つまるところこういったものから種採って固定していけばいいって話。
今年やらかしてしまった新聞遮光の出来のいい株は来年以降の種採りに残しとこう。
これもまたなかなか安定生産するのに苦労しそうだ・・・・・


という事で今年はカステルフランコは出荷できそうにはない。
でも種採り用として再雇用(笑)を決定して、
一応遮光して軟白したものは食味チェックに回そうかと思いますね。
チコリー類では一番情報が少ないカステルフランコ、
今年の栽培でまずまずいいデータ取れたと思います。


スポンサーサイト



2020-11-26(Thu)

西洋わさびの試し掘り

どもー
筋肉ピンチだ、椎たけ夫ですー
膝裏のふくらはぎの付け根のとこの筋肉揉んだら逆に激痛が始まりました(大汗
足の裏側の筋肉がいつもパンパンなので柔らかくしたいんですがね・・・・
柔らかくするべく揉んだら逆に痛くなるとはこれいかに。
マッタクマッタク、これが揉み返しってやつなのかねぇ。
なんかいい方法ないもんか。


さてさて、
最後まで畑に残ってる根菜である西洋わさび、
ようやくですが試しに掘ってみることにしましたのよ。
なんでさっさと全部掘らないのかって話ですが、掘ったら掘ったで保存効くのかどうかとか、
どんな感じの食味なのかなどなど調べておく必要がありますからね。
ドカーっとやって全部おしゃかとは笑えない話。
初めてのものなので少し慎重に事を運びますよ。

P1070324_縮小
P1070323_縮小

マルチをはいで土をはだけていくと何だこれは・・・・・
太いのがドーンとあってもじゃもじゃしてるかと思ったら、
もじゃもじゃが全然なくてあちこちにそれなりに太い根っこが張り巡らされてる感じ。

P1070325_縮小
P1070326_縮小

ただしこれは地上部の状態があまりよろしくなかった株なので、
もっとよさげなものも確認で掘ってみた。

P1070327_縮小
P1070328_縮小

うーん、全然違う。
やっぱり最後まで葉っぱがあるかどうかは重要っぽい。
つまり一時的にでも葉っぱがなくなったものはその年全く期待できそうにない・・・・・
要は1畝は全然だめだという事になるねぇ(泣

P1070329_縮小

これだけ太いとちゃんと使えそうである。
ちらっと見たのでは鉛筆くらいの太さから使えるとか何とか。
なので太くなった根っこはある程度全部使える可能性ありですね。
とはいえやっぱり太いに越したことはないでしょうがね。

P1070388_縮小

洗った物はこんな状態に。
結構ごちゃごちゃしてますが、細い根っこが少ないので比較的洗うのは簡単。

P1070389_縮小
P1070390_縮小

大きさは微妙ですねぇ。
もっとしっかり太ってがっつり量採れるのが普通じゃないかな。
・・まあ初めてのことなのでどこが正解なのかがわからないんだけど(大汗

P1070392_縮小

重さは1株約800グラム。
そのうち使えるのって半分くらいかな。
意外と収量性は低いかもしんない。
もっと重くなると思ってたわ。
やっぱり葉っぱの傷みがでかかったのかねぇ。

P1070391_縮小

1株が4つに分裂。
可食部をとったのちにこの太い部分を残せば来年も株に使えるかもね。
そう考えると増殖は非常に楽だけど、病気が強かった奴は絶対選べないね。
これから保存性やら食味やらチェックしてからの判断だけど、
来年以降は自分で楽しむくらいになる可能性もありかなー
ちょっと持ったほどの感動が得られなかった西洋わさびでござんした。



2020-11-08(Sun)

ようやく紫色の発現か。

今日は天気も悪くお休みだ。
午後からはまた2週間ぶりにお買い物には行きましたけどね。
月2回しか出かけない、まさに引きこもり(笑
コロナとは全く縁がないような暮らしをしていますわ。


さて本日は・・・カステルフランコの話題だよー
先日に雪も降り冷え込みが少しずつ強くなってきたわけですが、
ようやくここにきて葉に紫色が発現し始めてきた模様です。

P1070255_縮小

これぞカステルフランコの模様。
新聞紙がぶっ飛んだものはもう放置しているんだけど、それに模様が見えてきました。
これを軟白することできれいなカステルフランコになるわけよ。

P1070256_縮小

他のものにも結構いい感じで色が出てきた。
やっぱり紫色=アントシアニン=寒さで発現ということか。
そうなると軟白もここら辺から始めるのがベストってことかねぇ。
色が差さないまま軟白した場合模様が出るかどうかもわからんしね。

P1070257_縮小

まだ新聞紙軟白のものをはいでみたわけでないからこれがどうなってるのか…
シェードかけてるのも色が出てきてるかねぇ??
カステルフランコはこの色を付けることと葉をある程度確保することが必須。
現状だと軟白するの早かったかなーという感じ。
もっと株でかくしてから、色が出てからが良かったかなーという感じだけど、
ま、雪が降り積もるまで我慢してどうなるかでしょうかね。
結局アスパラガスチコリー同様最後の最後までしぶとく待たないといかんので、
チコリー栽培は自分にとってはひやひやもんの野菜だなー


2020-11-06(Fri)

西洋わさびはロゼット状になるらしい

先日雪が降りまして。
まだガッツリ霜降って氷点下とかということはないんですが、
ある程度の寒さに当たることで畑のものには変化がみられてきています。

P1070217_縮小
P1070216_縮小

特に変化がでかいのが西洋わさびでした。
これは寒さに強いので一番最後に掘り上げる予定をしているんですが、
地上部はすでにロゼット状になってきていましたよ。
寒さに耐えるべくベターッとなるわけですが、これがこんな風になるとは思ってもみなかったのでびっくり。
まあ大根なんかも寒さに当たると葉っぱが垂れ下がりますからそれと同じでしょうかね。
一応土の下のものなので地上部がこうでも全く問題はないでしょう。
天気次第ですが芋⇒ヤーコン⇒西洋わさびで収穫予定。
多分来週には終わるでしょう。

P1070235_縮小

そのほかの山菜で言えば、一番青いのがサクですね。
これもでかくなるものですが小さい分今年は青いのかなーと。
本来はウドとかと同じくバカでかくなって花が咲きますからね。

P1070234_縮小

そのウドはでかくなって花が咲いてこんな状態になってますんで。
来年サクがでかくなって花が咲けば同じようになるのかな。
どうなるかはまた来年。

P1070236_縮小
P1070237_縮小

あとはオケラもだいぶ枯れてきています。
これも一応花が咲いて種ができたので後は枯れるだけって感じですかね。
オケラも地下に球根というか根茎というかそんなものができてくるので、
アスパラ同じく養分転流で地下に栄養を蓄えている状態でしょうか。
なので刈り取りなどはせずこのまま様子を見る感じですねー
来年はもっとワーッと生えてくるといいなーというところ。

他のホンナ・シドケ・ヤブレガサ・ツリガネニンジンなどは花が咲き種ができて大体が枯れているので、
今地上部があるものに比べると早めに枯れてなくなってしまうようだ。
最後の最後まで来年に向けて頑張るものもあれば、
種出来たらもういいやーとすぐに枯れてしまうものと様々あるんだね。
収穫待ちの西洋わさびはやはり1年サイクルなのでしぶとく最後までってところかな。
1畝はだめだろうけどもう1畝はどこまででかくなってるか。
初めての西洋わさび収穫が楽しみだでー


2020-10-26(Mon)

強風でカステルフランコが大変だー

今日は朝から迷い犬の襲撃を受けた。
いや―朝っぱらからでかい秋田犬と遭遇するとビビりますね。
でもかなりしつけられてる犬で全く吠えないしじゃれてのしかかってくるわけでもなく、
おとなしく後ろをついてくるのはとてもめんこかったですわ(笑
しつけされてるし人なれしてるけど首輪もなくどこから来たんだろうねぇ。
結局お隣の敷地に入っていって保護されたっぽいです。
飼い主見つかるといいね。


さてさて、
カステルフランコの軟白を始めて2週間が過ぎました。
昨日おとといと暴風雨だったせいで新聞紙軟白のほうに被害が発生。

P1070193_縮小

グエエ…ぶっ飛ばされてしまったわい
やっぱり紙は風には弱いですなぁ。
今回は特に風だけでなく雨もだったから余計によくなかった。

P1070194_縮小
P1070195_縮小

中身は結構色が抜けてきている感じで、
下のほうまでしっかりと遮光しているわけではないけどまずまずいい感じなのかもしれないね。
でもなんか思ってる以上に葉の数が少ないので・・・・
ちょっと遮光にはいるのが早かったか、それとも遅かったか。
うーんなんとも言えないねぇ。

P1070197_縮小

全体遮光のほうはかなりきれいに色が抜けているので状態はいいです。
やるなら雨風の影響を受けにくいこちらを選ぶほうがよさそうですね。
こっちのほうもまだ葉の数がそんなに多くないので、
収穫するとすればもう少し時間がかかると思います。


カステルフランコの遮光には約20日くらいという情報はあるものの、
現状このまま20日を迎えたところで収穫サイズになってるとは到底思えないのよね。
という事は軟白はもっと時間がかかるものかもしれないし、
逆に軟白するには株が小さかったのでもっと遅くにやるべきだったのかもしれない。
そもそも葉っぱに出るはずの赤味がさっぱりでないのも不思議なんだよねぇ。
手探り栽培なのでわからないことだらけだーー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村