fc2ブログ
2024-04-04(Thu)

畑の片付け開始 チコリー編

今日は昨日に続いて畑の片付けの話。
今回はチコリーのほうの状況確認ですかね。

RIMG0147_縮小

チコリーというかルシアですね。
去年は夏場が暑過ぎたせいなのか思ったよりも生育が悪くて収穫できるものが少なかったわけで。
しょうがなくそのままほったらかしになっていたんですが、
まあ葉物ってのは雪の下に長いこといると葉っぱが溶けてダメになってしまうもんなので、
この現状見てもやっぱりこんなもんだよねーという感じでした。

RIMG0149_縮小

それでも結構きれいな葉っぱをしたものがあったりしてね。
これらは収穫しても大丈夫かもしれないと一応採ってみたところ・・・・

RIMG0154_縮小

そもそもが大きくなってないしそれでいて外葉が溶けて小さくなってるんで、
雪の重みでぺっちゃんこになってこれはダメだろ状態(汗
それでもいくばくか食えるかなーというものを収穫しました。

RIMG0153_縮小

遮光がしっかりできていればこのきれいな葉っぱになるんだなーという感じ。
大きく育てることができさえすれば結果的に中身はこの色の葉っぱになるんで、
いかに株を大きく育てられるかが勝負ってところですかね。
このルシアはいい種に出会ったので揃いもいいし結構しっかり育つんですよね。
あとは自分の腕次第、今年もちょろっとだけやろうかね。


さてそのルシアなんですが形として残ってるものとそうでないものが実ははっきり。
溶けたんでしょってのはまあ確かになんですが、
実はそれ以上に今回の越冬後のルシアはやばいことになってました。

RIMG0150_縮小

分かります?、穴だらけなの。
今回ネズミが食い散らかしたようでかなりの数がなくなってました。

RIMG0151_縮小

底から全部食って穴があいてる状態。
こんなに全部やられてるのは初めて見る。

RIMG0152_縮小
RIMG0148_縮小

きれいに穴だけ開いてるのから土を掘り起こして外に運んでるやら。
とにかくもう食い散らかしやがってあっちこっち穴だらけ。
マルチもそうだけど防草シートにまで穴開けやがって最悪です。
しかし不思議なのはチコリー食ってカブや紅芯大根は食われてないってこと。
いったいこれはどういう事なんだろうねぇ。

RIMG0167_縮小

採れそうなもの採って食われた奴は廃棄して、
残ってる株はペちゃんこすぎて採りにくいんで多少葉が展開して盛り上がってから回収することにしました。
という事でチコリーのマルチとか防草シートはまだそのままですが、
他のところにマルチや防草シート剥いでここまで片付けた。
だいぶ片付いたけどもう少しかかりますね。

RIMG0168_縮小

後こっちのオクラの片付けもまだある。
こっちの防草シートがなかなか乾かないってのが厄介。
しばらく晴れ続きなんで日曜までに何とかなればいいねぇ。
早いところすってんてんに片づけたいもんだ。
春先にあれこれ忙しくなる前にやっぱり去年のうちにできることはやっておきたかったねぇ。


スポンサーサイト



2023-12-17(Sun)

さっさと採ってトンズラ

大荒れでございますね。
どうもこの流れであとは真っ白な世界になりそうな雰囲気があります。
真っ白な世界になりそうとは・・・そもそも真っ白だったじゃんねぇ。

DSCF2430_縮小

しかし!
昨日でついに畑の残りもんが露出しまして。
露出したということはこれを採れるだけ採っておけという事か。

DSCF2431_縮小

見てまわるとチコリーのルシアはつぶれてますが中身は締まってる感じ。
小さいけど食えなくはなさそうという事で収穫してしまう事にしました。

DSCF2432_縮小

外葉は雪で凍傷を負ってますが中身が大事なんで大丈夫でしょう。
去年よりは一回り小ぶりかな。
小さめなレタス位でしょうか。
結球が進んでそうなものを選んで収穫しました。

DSCF2434_縮小

詰めるだけ詰めて2コンテナ採ってきた。
まあ10数個しかなかったですがね(汗
あとはほぼ小さいとかばらけてるとかでダメっぽかったっす。
今年のルシアは去年に比べるとかなりダメでしたね。
やっぱ暑さ問題が尾を引いてる感じでしょうか・・・・・

DSCF2433_縮小

もう一つもものすけも収穫。
こっちは多少小さくても良さげだったら採れるだけ採る感じ。
思ったより肥大が進んだのか想像よりも数がありましたよ。
これはよかったっす。
ただ同じ根菜の紅芯大根はゼロ収穫、こっちはがっかりだ。

DSCF2435_縮小

採れるだけ採って後の残りは残念ながら。
採ってる最中に雨もパラついてきたしさっさと撤収だー
ホントさッと採ってさっと撤収、野菜泥棒のようだ(笑

DSCF2428_縮小
DSCF2429_縮小

畑の残りというとこのオステオスペルマムが意外に枯れない。
これって常緑?来年どうなるんだろうか。
ばっさり行かないと邪魔にはなりそうな気がするけど(汗

DSCF2438_縮小

そして本日、朝7時くらいから暴風雪になりまして真っ白になっております。
昨日の夜はやけにぬるーい感じでしたが急激に来ましたね。
この先予報は雪マークだらけの真冬日多し、後は畑は絶望タイムだな。
という事で昨日のササッと収穫が今年のラストになりそうですー
採れてよかったわ。


DSCF2437_縮小

えーっとササっと収穫してきた後待ち受けてたのがこちらでして。
山超えてようやく平たんな道に入るかと思ってトンネル抜けたら実は新たな登山道。
なんか前回の15㎏出荷したら30㎏収穫みたいな流れ(大汗
あきれ果てながらやらないといけないんで連ちゃんの23時過ぎまで仕事。
しかしこの山も確実に進んでいるのでゴールはある。
野菜のほうは不完全なゴールでしたがキノコは山超えてしっかりクリアしたいところ。
クリアしないと収穫した野菜の処理もできないんで出荷もできないからねー
あと数日の勝負、体ガタガタにならんようにしないとね。
皆さんも寒くなるんで体調気を付けてくださいませー


2023-10-28(Sat)

ルシアはよくやってる

忙しくて写真撮る暇もなくなり加減ではありますがー
それでも日々あれこれと事は起きているわけで。
今日はルシアの状態でもご紹介しましょうかね。

DSCF6996_縮小

ルシア、ルシアってなんぞっていうのもあるかと思いますが、
ルシアはチコリーの仲間です。
斑入りの結球型チコリーでレタスみたいな形状になります。
これの半結球なのがカステルフランコというものになりますね。
現在キャベツなんかと同じく結球期に入っていて徐々に丸くなってきているようです。

DSCF6998_縮小

去年もそうだったけど意外と30㎝ピッチでギュウギュウになりますね。
結球前にしっかり葉の枚数を稼ぐことで大きいものができるので、
もう少し広くとってもいいのかもしれないかなーと思って見てます。
ちなみにキャベツや白菜も結球までにある程度の枚数がないと結球できなかったり小さくなったりしますね。

DSCF6997_縮小

すでに寒くなってきているので斑入りの葉っぱになってきました。
この斑入りがとてもきれいなんで育てていますね。
結球した内部の葉っぱは日に当たらなくてクリーム色になるので斑がとてもきれいに見えるんですよね。
チコリーというと苦みが優先みたいな感じですがこれはそこまで苦くないのでサラダとかの彩に使いやすいですね

DSCF6999_縮小

問題は今年起きていた外葉の黒変がどの程度影響するか。
一応銅剤で防除をしてみましたが効果のほどはどうかはなんとも言えないです。
内部にも出てしまえば商品価値ゼロですからねぇ。
今のところは大丈夫そうだけどこの後が問題ですな。


これも雪降る最終盤の収穫になるルシア、
去年は11月の半ばにはいい感じに結球できていたけど今年はどうかな??
遅れるなら今年もトンネル設置だわな。
降雪とのにらめっこになる作物はなかなかリスクを伴いますなー


2023-10-07(Sat)

チコリーは病気。

今日は朝方まで荒れてましたが日中になると晴れ間が出て気温が上がった。
やっぱり寒い寒いと言えども太陽があるなしで全然違いますね。
作業をしていると汗が出てくるくらいには暖かくなるし、
強風のためハウスを閉めていると内部はホカホカになります。
暑くなったり寒くなったり最近は大変だでー
こうした気温差でキノコは出てくるし果物はうまくなるんだけどねー(笑
実りの秋、食欲の秋、皆さんは満喫されているでしょうかね。


さてさてまだ畑は雨でまともに動けませんので様子だけ。
今の時期の実りという事でサツマイモ掘りたいんだけどなかなか動けないっす(汗

DSCF6754_縮小
DSCF6755_縮小

そのお隣のチコリー、これがまた寒くなってきたせいかやたら生育速度が上昇してきた。
記事にするべく数日ごとに写真撮ってるけど大きくなる速度が速いので追いつかない(大汗
一見生育がいい感じに見えるんですが全体を見ていくと・・・

DSCF6756_縮小
DSCF6757_縮小

おかしいね。
外葉から黒い斑点が出てきていますね。
あきらかに何らかの病気が出てきています。

DSCF6758_縮小
DSCF6759_縮小

全体的にではなく一部で固まってこのような症状が出てます。
特に一番最初の写真の右側の畝で多く、左では少なめなので何か要因が???
一応右側にはある資材を使って実験しているんですがそのせいか?とも思って見たけど、

DSCF6762_縮小

結局左側にも症状が出ているので資材は関係ないですな。
しかしながらチコリーの病気ってのはなかなか見当たらないのでそもそも防除ができない。
というか農薬登録がチコリでは除草剤くらいしかないじゃねぇか(汗
つまりは防除は「野菜類」の登録のものでないと使えないので、
もし防除するなら銅剤とかになってしまうのかねぇ。
うーん、なんだかわからないものへの対処って難しいことこの上ないのよ。

DSCF6761_縮小

これみたいに死に絶えそうだってのは軟腐とかその辺だろうなって判断できるけど、
これだってのがないんでわからんというのが正直なとこ。
ひどくなって枯れるようだと流石にやばいけど一応今のところは何とかなってるんで、
もう少し様子見ながらどうするかでしょうかね。
その様子見で取り返しつかなくなったらだめだけどさー

DSCF6760_縮小

あ、ちなみに黒いのは斑入りとはまた別。
寒くなってくるとこのチコリ(ルシア)は赤い斑入りになってくるんですが、
斑入りだとそこまで黒っぽくないっすからねー

DSCF6806_縮小

物によっては早くて結球が進んできています。
結球始まってから中で黒いのが出た場合はどうなるかとか、
結球しながらどんどん外葉がおかしくなったらとか懸念はありますが、
後はなるようになるくらいのもんで今年はいくしかないかなー
晴れた時に銅剤をかけるべきか、何もしなくてもよさそうか・・・・・
なんとも厄介なことが今年のチコリーに発生しておる次第。


2023-09-01(Fri)

植えたくなくても植えないといけないルシア

今日は風があったので35度超えてもそんなに暑く感じなかった。
最早温度に対する感覚がバグってるんでしょうな(笑
なんせ横手は8月中35℃以上が23日ありましたし。
ちょっとね、北国のわりに意味の分からない温度ですよ。
困ったもんです。


その気温の中定植しないといけないのがチコリーのルシア。
このバカ暑い中植えると間違いなく萎れてしまうので雨待ちだったんですが・・・・

全然雨降らねぇじゃねーかっ!!!

降っても全く意味のないような雨だったり、
タイミングが悪く突然のスコールだったりで作業ができないままダラダラ日が過ぎてしまい。

DSCF6279_縮小

8月10日くらいでもう定植適期だったんですが、

DSCF6466_縮小

なんやかんや待ちに待ってやっと植え終わりが昨日の8月最終日。
どぶ漬けしてるんで萎れてるように見えるけどそうでもないよ。
作業は6時過ぎからですんで結構急いでやりました。

DSCF6462_縮小

急いで…と言いつつそこに不幸がやってくる。
植える際に植穴に水を補給してからと思って大量の水を運んで行ったんだけど、
やっとこさ持って来て置こうと思った瞬間持ち手がちぎれてぶちまけました(泣
暗くて濡れてるから雨が降ったような感じだけど10数リットルぶちまけて叫びたくなったわけで。

DSCF6464_縮小
DSCF6465_縮小

植穴に水をというのは、育苗箱から余ってたぶんを先に植えたんだけど、
植穴に水やらなかったら次のあっというまに萎れてしまったからなんですね。
いくらどぶ漬けして植えても苗がでかくなっているため蒸散量が多くて間に合わなかったんす。
それにこのアフォみたいな気温ですからね、余計に無理だったという事で。
だからこそ雨待ち、植えたくないけどもう9月になるしーという事で我慢して植えたということよ。

DSCF6467_縮小

植穴にジャバジャバ水入れて沼地にして定植。
これでいくばくか助かるだろうかと望みをもって定植。

DSCF6463_縮小

30㎝ピッチ2条でいつもの通り定植していきます。
去年もやってよかったのでこれでいきます。

DSCF6478_縮小

定植終わりがほぼほぼ真っ暗だったんで今日の日中にパチリ。
3畝作ったけど1畝半くらいで間に合ってしまった(大汗

DSCF6479_縮小

案の定萎れてますね・・・・
どうにもならんけど植えないといけなかったから仕方なし。
もう少し待ってもよかった菜じゃないかと思うかもしれないけど、
だらだら待ちに待ったししかも当地だと遅くなると収穫時にもう雪の下になるからね。
去年も結局雪降って収穫だったし。

DSCF6480_縮小
DSCF6481_縮小

こちら2畝目のほうは若干萎れが弱い感じもしなくはない。
こっちのほうはとある資材の試験をしてみているんですよね。
その結果なのかどうかわからんけど今日の段階では少し耐性があった気配。

DSCF6468_縮小

怪しげな粉を後輩が「使ってみないですか?」と。
ていのいい実験台です(笑
何の資材かはここではご紹介しませーん。
いい結果が出たらご紹介するかも・・・・
とりあえず今年のチコリーは1畝半で実験含んだ栽培が始まりました。
天気次第だけど夕方に水やりしないとダメだろうなぁ。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村