FC2ブログ
2019-12-21(Sat)

暖冬傾向、畑を見に行く。

どもー
ニュースでも暖冬傾向で雪が少ないという話をしていましたが、
どうも最大で85㎝あった横手の積雪もゼロになった模様。
とはいえ私の住んでいるところでは道路こそ雪はないものの畑はまだまだ雪があるわけで。
まあかなり雪が少なくなってますんでちょっと様子を見てきましたよ。

P1050095_縮小

薪の上に山盛りだった雪もすっかり少なくなった。
これぐらい雪は消滅していますよー

P1050113_縮小

それでも畑はまだまだ雪原だ。
真っ白真っ白。
畑や田んぼはなかなか雪が溶けないんですよね。

P1050114_縮小

後ろを向いてもなめこの榾木は露出してませんし。
もし出てきたらなめこが出てる可能性もあってちょっと期待してみたいところ・・・・
これが消えるのはちょっと無理だと思うけどね。

P1050116_縮小

畑というとまだ残っているアスパラガスチコリーを掘ってみた。
ここまで雪が少ないと畝がはっきりわかるので簡単に見つかりましたよ。
掘るとまだ20㎝は残っているようですね。

P1050115_縮小

雪室の中なので冷えすぎることはないだろうけど光がないので育つことは難しいかな。
ここでとう立ちが見られたらそれはそれですごいことだけど、
やっぱりほとんど動きはなさそうでしたので来年までそっとしておきますわ(汗
ドカ雪がなかったらどうなっていただろうねー

P1050117_縮小

畑の端では熱があるのか廃棄したものが露出してきてカラスにつつかれてました。
発酵熱ってすげぇなーと思いつつ結局暖冬傾向でもドカ雪の後では畑はどうにもならんと思った次第。
畑のことはもう忘れて来年までひっそり暮らしていこうじゃないかー
こんな状況はいったいどの辺まで続くのか、このままだとかまくら作れなくなるぞー


スポンサーサイト



2019-12-03(Tue)

アスパラガスチコリーも終了へ。

雪です。
今日からしばらく荒れそうな気配、しばらくの雪となりそうでもうこの雪は消えそうにない。
こうなってしまっては畑のアスパラガスチコリーのトンネルも限界突破、
本日をもって今年度のアスパラガスチコリーは終了としました。

P1050004_縮小

昨日の段階ではまだトンネルがかかっていたけど、
どうも昨日から今日の朝にかけて強風によりトンネルがはがされた模様。
はがす前から雪に埋もれてしまってましたわ(汗
まあ手間が省けたという事で。

P1050005_縮小

やっぱりどう見てもとう立ちは進んできませんでしたね。
多少延命したところで無駄な努力だったか・・・・
ある程度出ているものを大きくするためなら意味はあると思いますがね。

P1050007_縮小
P1050008_縮小

1つだけあったとう立ちしてた株を見つけて収穫だけしておいた。
雪のせいでよくわからなかったけどたぶんこれだ。

P1040974_縮小

数日前にとっておいた写真がこちら。
トンネルかけてたことでここまで大きくなってたのでこういうのは意味がありますね。
今日はこれを収穫したという事だ。
雪まみれのため計測してないけど何グラムあったのかちょっと気になるところ・・・・・

P1050006_縮小

トンネル外してビニールはそのまま。
トンネル支柱は折れ曲がってしまいますんで回収して、ビニールはとりあえずかけて越冬してみます。
これが吉と出るのか凶と出るのかは不明ですがね、
まあ現段階の株からしては雪解け後に使えるものになるとは思えないけど(大汗
とりあえずの実験という事ですわ。

これでホントのホントに畑仕事は終了ですね。
ぎりぎりまで粘るといっても収穫までもう少しの粘りは有効だけど、
そうでもないものを延命しても無駄だったので骨折り損でしたねー
これも経験、粘るものとそうでもないもの、もったいないだけでは判断できない事象があるってことだわ。



2019-11-20(Wed)

すっかり白くなったもんだ。

昨日の夜から本格的に降ってきた雪。
朝にはやはりなかなかの量になっておりまして・・・・

P1040911_縮小

大根が真っ白。
あ、大根はそもそも白かったですね。

P1040912_縮小

ヤーコンもバッタリ。
約20㎝ほどの積雪、これは2,3日畑は完全にフリーズですね。

P1040914_縮小

昨日唐辛子の収穫を終了したほうも真っ白。
昨日終わらせてホント正解でしたわー

P1040918_縮小

真っ白にカラーがはえる、しかしながらもう終わり。
こうなると実がグズグズになってしまってダメなんだよねぇ。
完全撤去まで雪が溶けるのを待つことに。

P1040915_縮小

で、トンネルを移設したんですが案の定潰れました(汗
ダンポールに余裕があったのでもう少し骨組みを多くしとけばよかったかなーとは思いますが、
結局のところこの重い雪ではどうあがいても無駄だったかなーとは思います。
潰れはしたもののむしろ風で飛んでなかったほうが嬉しいですわ。

P1040916_縮小

雪を寄せてみると中はビニールのおかげかまだ問題なさそう。
雪の下敷きになったこともあって雪室みたいに温度が一定で保てますからね。

P1040917_縮小

ただ葉っぱは折れてしまってるものがあるので、
これ以上の雪の心配はないためすべての雪を寄せてトンネルを復帰させてみた。

P1040919_縮小

ダンポールだからこそできる芸当って感じですね。
普通の支柱だったら折れ曲がって使えなかったと思います。
1本だけ折れ曲がってしまったのがあった以外は無事でした。
おかげで形は歪ながら復活、何とか寒さをしのげればいいかなーと思いますわ。


P1040913_縮小

やっぱり降り始めの雪っての湿ってて重くて大変だ。
着雪ってのはこうしておきて簡単に建物をつぶしちゃいますからねー
近場の松枯れの松はついに折れて道路に倒れてましたし・・・・
降り始めはなかなか危ないですので皆さんもお気を付けあそばせ。
畑はしばらくお休み、小屋の整理などをががんばりまっす。


2019-11-11(Mon)

アスパラガスチコリーの真実を知る。

今日は最低気温がついに1℃台に突入。
日中はそれなりに温かくなったので作業がはかどりました。
着々と白い足音が近づいてきていますよ。
あと4日か・・・・


さて先日とある本を購入。
今年の8月に出た本らしいけど、私にとってはちょうどいいナイスな本だったので買ってみました。

P1040858_縮小

チコリー類の本です。
今年初めて収穫したアスパラガスチコリー(プンタレッラ)に関する情報ってなかなか見つからないんですよね。
そんなところでこれが見つかったのでこれは読むっきゃない、と。
で、この中のアスパラガスチコリーの部分を読むとなかなかどうして興味深い事実が出てきましたよ。

P1040861_縮小
P1040860_縮小

まずアスパラガスチコリーはいろんな形状があるってこと。
外国の種なので固定種ではあるけれど様々なものがあるらしく、
もし種を採るなら自分が育てた中でよさそうなものを選抜して種を採っていくといいそうだ。

P1040859_縮小

次いでアスパラガスチコリーのとうが出始めるのは葉が60~80枚になってかららしい。
かなり大きくなって来ないと出ないらしく、タンポポの親玉のような感じのようだ。
今年のはまずまずの葉の量にはなっているけど、それでも足りないくらいなんだろうか・・・

P1040862_縮小

そして驚愕、種まきが早いほどとうが縦長になるってこと。
今年生育した中でこの1本やたらとうが太く縦長になってましたけど、
これは種まきが要因になっているらしく、こうならないためにはもう少し遅くまく必要があるみたい。
おまけに露地で育てるとハウスで育てるよりもはるかにとうが小さくなるらしい・・・・・
(ハウスでは大きくなるととうの部分で700gになることも。露地では200g前後らしい)
こういうのを聞くと一気に希望が失われてしまいますね(汗


そのほかにもとう立ちは100%起きるわけでなく収穫ができない株が出るとか、
とうは小さくなるけど種まきはいつでもできるとかなかなかどうして興味深い事実を知ることができました。
しかしながらチコリー類は冬季までかかるため、どうしてもハウスが必要になるらしくそこが難点だ。
実験農場でのチコリーの軟白栽培もそうだったけど、
何をやろうにもいいものを作るには12月くらいまではかかってしまうので、
面白いとは思ったけどアスパラガスチコリーを栽培するのは厳しい現実が見えてきてしまいましたね…
現状を見ても収穫まで持っていけそうなのは3株程度、率にしても10%もないですからねぇ(汗
遅くとも11月中には収穫完了できるサイクルでの栽培ができればとは思うものの、
なかなかうまくいかないもんだなーと思ってしまうアスパラガスチコリーでしたわ。


2019-11-04(Mon)

アスパラガスチコリーを食してみる。

今日は冷え込んだ。
最低気温が2度、しっかり霜が降りましたね。
10月後半の長期予報でも3日か4日に3度程度という予報が出てたのでばっちり当たった計算。
また一段と気温が下がって冬が近づいてきてますなぁ。
なんかこうなるとあっという間に白い季節になりそうだわ・・・・・


さて本日は今年ようやく何とか収穫サイズにまでこぎつけたアスパラガスチコリーの試食会ネタ。
先日記事にしてから日にちがたってまたとうが伸びていたのでついに収穫を迎えましたよ。

P1040787_縮小

暗くなってからだったので引っこ抜いてきました。
このまま見るとただの葉物野菜のような感じですね。
これでもなんだかうまそうな気がしますが葉っぱは激苦らしいです。

P1040788_縮小

食べるのはこちあの中央に出てくるとう立ち部分。
こうしてみると結構育ってました。
ちょっと育ちすぎで固い可能性もあるので、もう少し小さく収穫するほうがいいのかな?

P1040789_縮小

葉っぱをすべて取り除くとこんな状態になった。
これだけでも結構いい値段したりするらしいんだよねー
まあ実際のとこ単価ってのは何ともわからん野菜ではあるんだけど。

P1040790_縮小

とう立ちの部分を分解して割いて水にさらしてから食べます
分解するときやっぱり根元が固かったので、もう少し小さくてもいいような感じ
しっかり水にさらしていると結構アクというか色のついた水になってきます。
多分そのまま食べるとやばかったかも(汗

この水にさらしたものをマヨネーズつけて食べてみましたが、
チコリー=苦い物という体だったものの、意外と苦みがきつくなくサクサクとして普通に食べられました。
今まで食べたトレビスや軟白チコリなんかより断然普通に食べられましたので、これは有りなのかなーと思ったりして。
ただまだ現段階で栽培が安定していないので、正直たくさん作るってのは難しいかな。
今回は生で食べての感想、これに火を通したらどうなるかってのも検証しないといけないしね。
トレビスの加熱後の激苦体験はトラウマもんだったからねえ(大汗
ま、今回の試食ではアスパラガスチコリーは悪くなさそうという結果が出始めましたよ。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村