FC2ブログ
2020-09-27(Sun)

さーてこれからどう仕上げる?

もう10月も目の前に。
そろそろカステルフランコの軟白をして仕上げに入ったほうがよさげな感じもするわけですよ。
結構株は大きくなって葉の数も増えてはいるんだけど、
これをどのように仕上げていったらいいもんかチョイと思案中です。

P1060966_縮小

これを軟白するとトンネル支柱やったけど、
よくよく考えてみると全体を覆ってしまうと光合成できなくなって大きくなれなくなってしまうよなぁ。
軟白まで結構時間がかかってしまうわけだし。

P1060967_縮小
P1060964_縮小
P1060965_縮小

このカステルフランコの軟白方法ってのがいまだに確立されてないんですよね。
一つの方法として白菜みたいに株を縛って中を軟白させるのがあるんですが、
こういった葉が大きめで中がまいてる半結球レタスみたいのだと簡単にできそうな気配はあるものの、

P1060969_縮小

こういうのってどうすんだろうな(汗
カステルフランコと一口に言って形状が様々ありすぎて、一つの方法では軟白がうまくできそうにない。
そもそもこの葉が細いタイプは軟白向きではなさそうだね。

P1060963_縮小
P1060968_縮小

軟白するのは葉が大きめのタイプにするとして、
軟白方法に関してはいろいろと方法を試して判断するのが1年目試験での最良でしょうかね。
いまだカステルフランコの特徴である斑が出てこないので、
こいつらにとってはまだ寒さを感じてないんだろうねー
この辺のもう少し待つべきか今からやるべきか判断に迷うところ。
一番の難題に突入してきたカステルフランコ、ここからが腕の見せ所というのも頷けるわー


スポンサーサイト



2020-09-17(Thu)

カステルフランコに追肥してみる

夜中にムカデに起こされた椎たけ夫です。
田舎の古い家ですからね、ムカデが家の中に出現することってままあるわけですが、
まーた自室に出現、枕もとの壁でガサゴソ音がして目が覚めました。
起きる前に首あたりでこそこそ触る感じがしたのはこいつだろうか・・・・・
右の太ももが何かに刺されたのかずきずきした感があったのでもしかすればやられた可能性も。
駆除し損ねちまったのでまたいつか出現するかもなぁ(汗
最悪な目覚ましでござんすよ。


さてさて本日まではどうやら晴れて気温が高めになってくれる模様。
明日には雨でまた気温が一段階低くなってくるかも。
オクラには今シーズン最後の追肥をすでにやっておきましたが、
今回は大きくなりつつあるカステルフランコに追肥をしてみることにしました。

P1060870_縮小

オクラが少し落ち着いてきてようやく他にも手を出せるようになってきた。
今日はまずカステルフランコ周りの除草をしまして。

P1060882_縮小

足りてなかったダンポールも最後まで足しておきました。
ただトマティーヨ側は落下物の処分をしないといけなそうなので後回しにしときましたがね(汗
風のせいもあってかなりの量が落ちてしまっててちょっと臭いが・・・・・

P1060871_縮小
P1060872_縮小

追肥なんですが、この場所はそもそも姫神芋を定植予定で肥料を振っておいた場所で、
そこからかなりたってから畝を作っての定植、
残効肥料成分がどの程度かもわからぬ状態での栽培なもんで、
ここまで順調に育ってるようで何よりくらいだったわけなんですが、
ここへきては焼け症状のようなチップバーンと思われる症状が出てきたので、
対応できる微量要素を含む肥料を追肥することにしたわけですよ。

P1060883_縮小

肥料を計算してこの畝に80グラムの肥料を追肥することにしました。
たった80グラムを13mにまいていくので結構大変。
本来は固形物じゃなくて液肥のほうがいいんでしょうけど、
明日以降雨が降ってしまうと効果が薄そうなので固形肥料で追肥です。

P1060889_縮小
P1060890_縮小

株の生育自体は順調そのものって感じでさらに大きくなりましたね。
もう少し葉が多くなったら遮光開始でしょうか。

P1060887_縮小

だいぶまとまってきてますねー
こんなにいい感じで育ってると楽しくなるね。
ここからが難題だけど。

P1060885_縮小
P1060886_縮小

今回はいろんな形のものがあるほかに毛深いものがあることにも気づく。
ホントに多種多様、正解ってなんなのか(笑


本来は追肥ってのはしないように栽培するものだと思いますが、
今回はちょっとイレギュラー栽培なので追肥してみました。
これが吉と出るか凶と出るかは何とも言えません。
この順調っぷりを最後まで、カステルフランコも後半戦に入っていきますよー


2020-09-09(Wed)

カステルフランコがまき始めた感じ

思ったほど雨が降らなかった当地でござんす。
県内でも局地的に降ったっぽいけどカス当たりだったみたいね。
夜中に雨で日中晴れるのは理想的ではあるけど降らなかったら意味がないわけで。
今日の夜も降るんだか降らないんだか・・・・


そういった天候を見越してメロン収穫後にトンネルをさっさと撤去しましたの。

P1060805_縮小

雨に濡れたビニールは片づけにくいですからね。
乾いてるうちにさっさとやれることをやっときます。
そんな余裕あるのかよって感じですがなんとか隙間時間作って頑張ってますよ。

P1060797_縮小

撤去したトンネルはカステルフランコに移設です。
こっちはトンネルといってもビニールではなくて遮光になるので今は支柱のみですがね。
そのカステルフランコもだいぶ成長して葉がまき始めてきた感じがあります。

P1060798_縮小
P1060803_縮小

球形になるわけではないので半結球レタスっぽいまとまり方になってます。
相変わらず虫ゼロ病気ゼロの最強植物をキープ。
肥料も少なくなってたはずだけど影響がみられないのはすごい。
追肥は考えておいたほうがいいかもしれませんがね。

P1060804_縮小
P1060801_縮小

相変わらず多種多様な生育を見せるカステルフランコを見るのはおもしろいね。
しっかりまいてきてるのは丸葉のものだけど、ギザギザのものもこれからどうなっていくのかねぇ。

P1060800_縮小
P1060802_縮小

こういった赤軸のものもどうなるのか気にはなる。
いろんなものができそうで最終的に出来上がりが想像できないねー
これだけバラバラなのに出来上がりが一緒だったらそれはそれで驚きだけど(笑

遮光に関してはもう少ししっかりと葉がまとまってからになるはずなので、
あと1か月とかそこいらからスタートじゃないかなーと思ってます。
キャベツとかと同じくある程度暖かいうちに葉の枚数を稼いでおかないといけないだろうから、
暇を見て少し追肥もしておいてやろうかな。
異常高温をしっかり乗り切ってるカステルフランコ、今のところがアスパラガスチコリーよりだいぶいいぞーー


2020-08-31(Mon)

まき始めてさらにはっきり

昨日の夜から久しぶりに結構まとまった雨が降った。
夜温も下がり今日の朝の収穫は非常に楽でしたねー
これでまたしばらく水の心配はなくなったので一安心。
定期的にある程度雨が降ってくれればなお良し。
全く持ってぜいたくな悩みだ(笑


さて、ここ数日バカみたいな暑さが続き地面もカラカラになり始めていたんですが、
それでもなお全く問題なく育っていたのがカステルフランコだ。
枯れもせず虫もつかないとはさすがチコリーというところ。

P1060701_縮小

周りは悲惨だけどマルチのおかげでカステルフランコは順調に生育中。
暑さ対策で白黒マルチをしてるのがかなり有効だったかも。

P1060697_縮小

先日の記事から時間がたって更に葉が増えてまとまり始めてきました。
このままレタスだよーって言ってもわからないんじゃないだろうか(笑

P1060698_縮小
P1060699_縮小

しかしながら同じ品種であっても多種多様。
以前の記事でも違いがたくさんだったけど大きくなるとさらにはっきりしてきますねぇ。
一番最初のが普通のだと思うけどこの葉がギザギザなものはしっかりモノになるのかな??

P1060700_縮小

なんかここまでばらつくと多様性がありすぎて流石海外の種って感じがする。
しっかり品種固定するならきれいな丸葉のものを選抜して残していくべきだろうね。
それをやってくとすれば出来がどうかいろいろと評価待ちですがねー
ここまでは暑さにも耐え病害虫もなしとほぼ満点の結果、ここからどうなっていくかが本当の勝負です。
雪が降る前に物になるのか、正直そこが一番のネックだと思ってますわーー


2020-08-17(Mon)

カステルフランコは順調に育ってる感じ

今日は予想よりも雨が降ってしまった。
今日は多少の雨で明日には南瓜の収穫に、と思っていただけに計画変更を余儀なくされた。
まーた南瓜の腐敗の危険性が高まっちまうからがっかりだわ・・・・・
こういう読めない天候は困るんだよなー
明日以降は本当に晴れる・・はず(汗


さて本日は初めて栽培しているカステルフランコの現状。
結局種替えて実験しようとしたアスパラガスチコリーは生育不調であきらめたため、
畑はカステルフランコオンリーで生育中でござんす。

P1060631_縮小

雨が多かったこともあって根付くまでに枯れ果てることはなかった。
1株だけ風によってちぎれたものはありましたが、それ以外は順調に生育中です。

P1060629_縮小

よく観察すると結構1株ごとに表情が違います。
これはちょっとレタスっぽい感じの生育。
丸みのある葉っぱをしています。

P1060628_縮小

かと思えば細葉でペターッとした感じのものも。
こっちはタンポポ系な感じの形状ですかね。
これが本当に結球みたいになってくるのかな?

P1060630_縮小

形状はいろいろあるけれど、やはりチコリーという事もあって虫もなく非常にきれいに生育中。
この害虫なしってのは育てるにあたってすこぶる楽でいい。
このまま順調に生育してきれいなものができるといいなー
手探りだけど途中経過は満点かな(笑


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村