FC2ブログ
2019-09-16(Mon)

姫神芋のむかごがでかい件

今日は予報通りに雨がぱらついた。
朝の段階では全く雨の降る気配はなかっただけに驚きましたね。
さほど影響のある降り方ではなかったので畑掘りは問題なくできそうな気配。
昨日のうちに掘っておけばよかったじゃんと思うんだけど、夜なべしたらやる気が底ついた(汗
今週中には始末付けたいので何とか頑張ります。


さて本日は芋のお話。

P1040456_縮小

サツマイモはもうそろそろですが収穫はまだ先のこと。
今年は初マルチなのでどうなってるのか気になりますね。
蔓の多さは歴代でもかなりいいほうだと思いますよ。

P1040457_縮小

相変わらず花盛りだけどーー
花が咲いたら最後まで、これは絶対のようだ。
これらの芋はどうなってるのかねぇ・・・・・


サツマイモがメイン、と思いきや本日は姫神芋のほうがメイン。
こちらもまだまだ収穫は先ですが、今の時期についているむかごが落ち始めていたので収集も兼ねて見回りです。

P1040459_縮小
P1040458_縮小

むかごは大量についてますが、去年より明らかにでかい。
というかでかすぎじゃねーかってくらいでかい。
去年のは大豆サイズでも大きいなーという感じだったんですが、
今年のむかごは花豆をさらにパンパンに膨らませたような程度の大きさのものがある。
ここまででかいむかごを見たのは初めてだ。

P1040462_縮小

おまけに鈴なり。
今年はむかごが大量に手に入りそうです。
自然薯の本に書いてあったんですが、むかごを取り除くことで芋の肥大が良くなるというのは、
今年のむかごの大きさと量からすると間違いないような気がしますね。
なので、でかいと感じたものはどんどん収穫してしまってます。

P1040460_縮小

これだけだかいものを種イモ用に使えたらよかったのかなーと、
今年のむかごからの種イモ生産のほうの出来を見ると感じますが、
本ではある程度の重さ以上あればさほど肥大は変わらないってなってたので、
むかごの大きさだけでなくちょっとしたミスがあったかもしれんねぇ。

P1040461_縮小

この普通の種イモとの比較をすると余計ね。
種イモづくりの蔓もしっかりやればこの程度になるらしいのに・・・・
うーんもっとしっかり芽出ししてから植えればよかったかな。

ま、今年の種イモの出来具合を見て、バカでかむかごばかり選んでの種イモ生産をするか判断しようかな。
ここまででかいと食べるほうでもうまいかもしれないねー
まてよ、逆にでかすぎて調理しづらいか??


スポンサーサイト



2019-09-15(Sun)

ヤーコンぼちぼちでかくなったもんだ。

今年のヤーコンは自家苗と購入苗の2つがあるんですけど、
そのどちらも現状いい感じに育ってきている模様です。

P1040074_縮小

夏場の猛暑の中で少し水不足の心配がありましたけど、
結局のところ水やりは本当の初期の段階だけで済みました。
意外とこの猛暑・乾燥に耐えてくれましたね。

P1040428_縮小
P1040430_縮小

現在はこんな状況で、上の写真からすると少しばかり葉色が悪く肥料不足かなって感じですね。
この場所の肥料設計は私がやってないので施肥量が足りなかった模様です。
しかし大きさは大体よさげの160cm越え、この程度まで大きくなればたぶん大丈夫ですね。
世の中には2m超えるのが普通サイズってのもありますが、
そこまででかくならなくても芋は十分に取れる模様ですよ。

P1040429_縮小

でかさというと自分の苗が一番最初に定植しているんですが、
その両脇にある家のヤーコンは苗づくりに失敗して定植が遅れたせいで、だいぶ生育が遅れています。
地上部の大きさは地下の大きさと比例してきますんで、
定植遅れはかなり収量ダウンに直結しそうですね。
ここら辺自家苗作る際は注意したいところです。
まあ唐辛子で毎年やらかしているから毎度のことといえばそうなんだけど(大汗

P1040431_縮小

そういえば自分のやっているヤーコン・アンデスの乙女と家の在来種、
よく見てみると色意外に葉っぱの質感が違うことに気付きました。
左がアンデスの乙女、右が在来品種、右のほうが葉っぱがごわついている感じです。
今までよく見てないから気付かなかったけど、こうした違いもあるんだね。


日照り続きで心配はあったものの一応今のところ問題なく育っている感じのヤーコン。
この天候のせいで地下部分が影響出ていないかその点だけ気になるところですが、
下手に裂果がなければいいなーという感じです。
虫も病気も特になしで簡単ヤーコン、来年はもっともっと増やしてもいいと思う次第。
そのためにも販路開拓勧めておかなきゃな。



2019-09-14(Sat)

草ぼうぼうの聖護院大根間引き

どもー
あっという間の週末、どんどん月日は流れていきます。
種まきからあっという間にでかくなった大根を見ると実感できますねぇ。

P1040445_縮小

久しぶりに来た大根畑は草ぼうぼう。
毎日自転車で通ってるので見てはいるんですが、実際畑に入ると草がやばいですね。

P1040446_縮小

少しでかくなり過ぎ感がありますが、今更間引き。
でかい分間引き菜が大量だ。

P1040447_縮小

根切り虫の猛攻を耐えたものがずいぶんでかくなってます。
でかくはなってますが今年は虫がひどいですね。
場所が違うせいもあるだろうけど、今年は特に虫が多い気がします。

P1040448_縮小

なもんで間引き菜も穴だらけに色が悪い。
ダイコンサルハムシにキスジノミハムシ、アオムシ、そしてここではナガメが非常に多い
ナガメに吸われているから葉っぱが白くなってるんですよね。
めちゃくちゃ厄介な虫です。

P1040319_縮小

一方で自分がやってるほうの畑で、牛蒡の隙間に大根をまいてみたんですよ。
結構遅まきになってしまったんですが、現状のほうは・・・・

P1040463_縮小
P1040465_縮小

全然だめです。
やはり時期が悪いとすぐに虫にやられてしまうようだ。
今回間引いた大根も、ネキリにやられてしまったところに蒔き直しても結局ダメで、
数を回復させることはできませんでしたもんで。

P1040464_縮小

なんかむしろ牛蒡のほうが生育よくなってきててどういうことだよって感じになってますよ。
この牛蒡もまともに育ってないから収穫してもエンピツだろうけど(大汗

虫にやられながらも一応は大きくなってますけど、
このまま生育ペースが上回っていればよし、ダメなら一度防除が必要になるかもしれないですね。
大根に防除なんてしたことないからこの事態は結構やばい。
防除せずともまずは虫の密度を減らすために除草は必要だろうねぇ。
今年の大根はちょっと面倒なことになっていますよ。


2019-08-25(Sun)

サツマイモの開花、その後

相変わらず1日1回は雨が降る。
晴れてる時間は長いものの雨が降った時点で畑の土が重くなってしまうのが困るわけで。
寒暖差が大きくなって朝露もすごくなってきていますし、
夏場のカンカン照りとまではいかなくてもカラッと晴れてほしいもんだで。


さて本日の話題はサツマイモ。
今年は異常気象のせいかなんとまあサツマイモの花が咲いてしまったわけなんですが、
その開花したサツマイモは今一体どうなっているのか・・・・・

P1040255_縮小
P1040256_縮小

はい、今現在も絶賛開花中でございまする。
一時的なものではなく、花が咲くスイッチはいると延々と咲き続けるみたいですね。
だから収穫が難しくなるってことでしょうか。

P1040257_縮小

地味に咲き終わっても全く種ができる気配がありませんがね。
開花はするけど授粉はせず、種ができるのはまれってことかな。
まあできやすい品種とかあるのかもしれませんがねー
種ができたら面白いかと思ってたけどそれはなさそうな感じです。

P1040260_縮小
P1040258_縮小

株の状態は雨が降るようになってから明らかに蔓が伸びだして茂ってきた感じですね。
いかに過酷な夏を過ごしたんでしょうか。
開花したものも蔓は伸びているけど同時に花盛りですからねぇ、意味のない蔓伸びかなぁ。

P1040259_縮小

やっぱり最終的に見て安納芋だけが調子いまいちだなーという具合。
安納芋ってやっぱり扱いが難しい品種なのかねぇ。
美味しいけど難しい品種というのはあるけれどまさにそれに当たっちまってる感じです…


今年はマルチ栽培のためたぶん例年よりは早く収穫できると踏んではいるので、
収穫まであと1か月程度を見込んでいます(9月いっぱいで定植120日超)
その時になってこの開花品種の芋がどうなっているかだろうし、
いつもと違う植え方で芋がどのような姿になっているか、
結構今年のサツマイモには確認点が多いと思ってます。
夏場の少雨高温に耐えきったやはり強いサツマイモ、どれくらい採れるかなー


2019-08-23(Fri)

今年は場所を変えて大根栽培

今日は処暑、暑さも穏やかになってくるころだ。
今日の天気も不安定で雨が降ったりやんだり、気温もそういうことでさほどではなかったです。
これからは猛暑ということもなかろう。ようやく夏ともおさらばか。


さてこんな時期になりましたんで、いよいよ秋冬物の栽培に入ります。
家ではもうキャベツやら白菜やらを作り始めてますが、
私がやるのはもっぱら大根のみなので、今年も畑をこしらえて種まきしてきました。

P1040265_縮小

今年は自分が普段育てている場所が全く空きがないため、
場所を変えてヤーコンが植えられている畑での栽培となります。
すさまじい草を草刈り機でばっさりやってトラクターで耕うん、畑づくりです。

P1040267_縮小

場所としては南瓜の隣といえばわかりやすい。
土質は粘度系でいつもの場所からするとあまりよくはないですね。
畝は短いので10畝準備、約1a分となります。

P1040278_縮小

今年まくのも聖護院ですが、去年まいた古都丸聖護院があまりよくなかったので、
今年は普通の本丸聖護院をメインに。
結局固定されてるいつものやつが最強だと思う。

P1040279_縮小

ただ、中身は種子消毒されていたのでもう無農薬じゃなくなったな(笑
種の量は結構あったのでまき終わったら1袋丸々余ってしまった・・・・

P1040266_縮小

30㎝ピッチ2粒まきでやっていきました。
10畝あっても去年より畝の長さがないのであっという間でしたね。
そう考えると例年大根作って量スゲーんだなーと思った次第。

P1040315_縮小
P1040316_縮小

そして現在、雨が時折降るため発芽には申し分無い環境になり、
あっという間に発芽してそろってきていますよー
しかしながらよく見るとあちこちで切り倒されてしまっている芽があり、
キスジノミハムシがそこかしこに散見されてます。
いつもの場所でも虫食いはあるけどやっぱりここだと虫被害が多いかなーという感じ。
ダメになった個所は蒔き直ししつつひどければ防除も検討して・・・・
ちょっと場所が変わっただけでもいろんなことが全く変わったりするんで不思議なもんですよねぇ。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村