fc2ブログ
2022-09-20(Tue)

ジャンボニンニク再び

台風がやってきた。
その時私は・・・・畑で収穫作業してました(笑
影響が出始めたのは5時前くらいから、雨が強くなったのが6時前でしたね。
風がほとんど強くならなかった印象、結果ホントに大したことなかったっす。
オクラ・オクラで台風に対する対策が全くできてなかったのでこれは助かりました。

P1120866_縮小

台風きて一番影響出たのは気温ですね。
夜温ずっと高かったんだけど影響で初めてから一気に気温下がりだし10℃くらい下がった。
日中はずっと20℃切ってましたよ。寒い寒い。
しかし夜温高かったせいで本日も爆裂収穫、いやはや大変だー
明日以降は気温も下がってだいぶ少なくなってくると思うけど・・・・
オクラって9月が本番だったかな?と思わせるここまでの収穫ですわ。
ま、毎日オクラオクラガタガタ言ってんじゃないよって話(汗
そんなわけで本日もオクラを離れてストックネタ。


P1120853_縮小

言ってるそばからなんですがね、オクラの入れ物として育苗箱が必要になってHCに行ってたんですが、
行けばいったで苗もの確認とかしてしまうのが性ってもんで(笑
そしたらねージャンボニンニクがあるのに気づいたわけですよ。
ジャンボニンニクと言ったらはるか昔に栽培を試みて何もできなかった奴。
今はあれこれ知識つけているんでまたやってみようかと買ってきてしまったわけで。
これを地味に最近植えてたんだけど、その前にかなり前から畑を掘っておいてたんですよね。

P1120093_縮小

こちらオケラのお隣、ナンテンハギを栽培しようと試みた場所なんでございますが、
結局ナンテンハギはさっぱりダメでしたんでここをネギ科の多年草を植えるべく掘り起こしたんですよね。
耕運機をかけるといっても隣にオケラとチョロギがあってできないんで自力で掘り起こしました。

P1120094_縮小

掘れば掘ったで大量に出てくるヒルガオの地下茎、スギナの地下茎。
これらがあると土が鉄筋入ってる状態、ガチガチだしとにかく面倒で大変。

P1120095_縮小

おまけにいつまでも出てくる菊芋である。
除草剤かけて死滅したところは死滅してるけどそれでもなお生きているものあり。
それらも掘り起こしたりとにかくたかだか数㎡を死に物狂いで掘り起こした。

P1120096_縮小

最終的にもみ殻とかきがら石灰を混ぜ込んでならしておいたわけで。
ここを数か月後に使ってジャンボニンニクを植えることになるとは・・・・

P1120820_縮小

あくまでメインはネギ科多年草、という事でニンジンで使った穴あきマルチを使用。
ここに間隔をあけてジャンボニンニクを定植しておきました。
定植に関しては特に珍しいこともないので押し込みまくっておしまいです(笑

P1120854_縮小
P1120855_縮小

あとは今更感が半端ないやぐらネギとネギニラを植えといた。
結局ここの準備に手間取りまくってたこともあってずーーーーっとポット苗の状態のまま。
ホントに購入してどれぐらいたってんだって感じですがようやく植えましたわ。
うまく育ってくれると嬉しい。けどだめかもしれない(汗
そのほかにもいろいろとネギ科多年草はあるので順次定植です。
ちょっとオクラが落ち着いてからだけど(大汗


一番最初の時は肥料も何も考え無くやったんでものにならなかったけど、
今回はしっかり肥料計算をしての栽培、うまく大きくなってくれるはず・・・と信じたい。
とりあえずは芽が出てくるかどうかの確認、出てきたらあとはひたすら放置だ。
来年度は大きくなるまでに少しばかりの追肥をしておくくらいですかね。
バカデカメロンばりにバカデカジャンボニンニクに育たねぇかなー
植えたら放置、根菜は楽でいい(笑



スポンサーサイト



2022-06-12(Sun)

カブをポットで育てる試み。

今日は晴れました。
雨が降りそうなんていいつつずっと晴れました。
もうすでに今日はごろ寝の日と決めていたのでこんな天気でも動きなし(笑
一応苗物管理だけしてごろごろしてました。
まあ畝づくりやら定植やら急ピッチで詰め込んだから骨休めってことで。
明日明後日も天気もちそうな雰囲気なんでそこで勝負します。
という事で本日は・・・・実験ネタ。

P1110641_縮小
P1110642_縮小

毎度海外種子を購入するところで注文すると何かしらおまけがやってくるんですよね。
これはありがたいってのからこれはやらんわーってのまでいろいろ。
今回はイエローターニップ、カブがやってきました。
カブは…なんともビミョーだけど作れなくもない。
しかしながら栽培する場所的余裕が皆無ってことで今回はポット栽培っていう実験をすることに。

P1110643_縮小

いや、ポット栽培って何よって感じなんだけど、実際やってるところがあるみたいなんだよね。
カブは根菜だけど確かに土の上に大部分が露出してくるんで出来なくもないんだろう。
肥料管理さえできればポットでも栽培可能ってことは実証されているので、
今回ポットケースに千鳥で入れて実験栽培をしてみることにしました。
ポットの大きさが小さいかもしれないんでどこまでいけるかはわからないんだけど、
これで本当にカブが栽培出来たら面白い結果ですよねー
今回のイエローターニップがどんな感じかも初めて、ポット栽培も初めて、
未知の実験は果たしてうまくいくのか?
・・・つづく、かもしれない。


2021-12-16(Thu)

セルリアックを食ってみた。

昨日横手駅で不審物騒ぎがありまして。
列車止めて確認したら濡れた段ボールの中身は折り畳み式リアカーだったらしい。
ここまでは昨日のニュースでいろいろと報道されてたんだけど、
その続報が今日はいってて昨日の段階で持ち主が出てきたらしい。
よくぞ出てきたなって感じ。
これヘタするととんでもない賠償とか被る可能性あるしバックレてもおかしくなかったと思うんだけど、
その日のうちに「それ私の。一時的に置いといたんだ。」みたいに出てこれるとは・・・・
結局これで賠償とかなるのか?緊急停止を押した場合はあるとか聞いたことあるけど、
一時的に置いといたもので騒ぎ立てられた場合はどうなんだろうねぇ。
まあわざとという事もなくはないから何とも言えんけど。
しかしまあ横手で不審物騒ぎとか、今年一番の大事件だったな(笑


さてさて本日はセルリアックの話題。
あの根セロリをようやく調理して試食してみましたのよ。
早く食ってみないとーと思いつつ今まで伸ばしてしまった(汗

P1100384_縮小

洗ってきたものをぶった切る!
やはりスが入ってました。
なんせ洗ってる時に水に浮きましたからね(汗
遅くまで大きくさせようと置きすぎでしょう。
晩生品種なのでス入りは遅いはずだけど中盤までの生育が遅くなりすぎた分、
いい感じの大きさまで生育するのに時間がかかりすぎてしまった。

P1100385_縮小

とはいえ傷んで腐ってるわけでもないのでカットして水にさらしときます。
皮は厚めに剥いたほうがいいらしいのでカットしたらだいぶ量が無くなってしまった。

P1100386_縮小

水を取り替えて弱火でコトコト。
生でもいけるらしいけどスープとかで食べるのがいいらしいので。
普通のセロリよりにおいがきつく無くて食べやすいらしいですが、
正直切ってるときの匂いはかなり強かったっす(汗

P1100387_縮小

味付けはコンソメオンリーで。
しっかりと柔らかくなったことを確認していざ試食。

・・・うまい。

コンソメの味が染みてることもあるせいかにおいはほとんど気にならなかった。
食感はスが入ってるせいもあって柔らかくなってしまってる感は否めないですが、
柔らかく煮えた芋というかなんというか・・・
ザクザクとかシャキシャキとかでもなくかといってホクホクでもなく(汗
なんとも言えないけどまずくて癖があって食べられないってわけではなさそうだ。
煮る系だと問題なく食べられそうです。


ただね―こんな感じの食感とかだと別にこれを食べたほうがいいってわけでもないんだよな。
煮る系だったら別にジャガイモ煮て食ってればいいと思われるし。
何か他のものより突出という感が見えないので別に優先して作る必要はない気配がしてきました。
ま、一応の結果はついてきたので良しですかな。
残ってる分もそのほかの煮る系で食べていこうと思います。
次はクリーム系で食ってみようかなー


2021-09-24(Fri)

肥大化のセルリアック

どもー
昨日は結局11時半までかかってしまってスライスする余裕もなかった椎たけ夫ですー
今日の収穫はジャスト昨日の半分、通常に戻りました。
あれだけの量はさすがにきついのでもう勘弁してほしいもんです。
オクラも終わりだーなんて余裕こいたら思わぬしっぺ返しを食らいました(大汗


P1090737_縮小

さて本日はこちら、セルリアック(根セロリ)ですよ。
生育状況はずっと「うーーん」でしたが、ようやく根っこの肥大がしっかりしてきた感じ。

P1090738_縮小

直径が6㎝ぐらいにはなってきたかな。
収穫サイズだとこの倍以上くらいでしょうかね。
まだまだ小さいけどようやく物が見えてきた感じがします。

P1090739_縮小
P1090740_縮小

涼しくなって葉が増えてきたものもあるんだけど、
想像以上に葉の数が増えなくて全然茂ってこないんだよね。
光合成できなけりゃ肥大も進んでいかないはずなのでもっとしっかりと葉が増えてほしいもんなんだが・・・
なんかやっぱりこいつは難しいのかもしれないなぁ。
力量不足ってのは大いにあると思うけど(大汗


とりあえず今んとこ霜降るまで放置でしょうなー
じわじわ肥大は進んでいるのでそのころまでには何とかなってるんじゃね(笑
なんというかぼんやりじんわり時間が解決的野菜になっとります。
これでいいのか???謎野菜は謎が深いのである。


2021-08-21(Sat)

セルリアックの今

今日は微妙な天候ながら相変わらず暑い。
しかしまあ雨が降りそうだってなるとこのムシッと感がたまんないね(汗
ジメジメムシムシ、まだまだ秋には早かったか。


さて本日は久しぶりのネタ、セルリアックだよー
セルリアック、久しぶりなんですが根セロリのことですぜ。

P1080614_縮小

小さい種をポットにまいて発芽したものをポット上げして育苗。
それなりの数になったけど育苗してもなかなか育ってこないもんでして。
じりじりするのはロコトと同じ感じがしましたわ。
なんとか本葉が数枚になったところで定植をしたんですが、
本葉数枚でも大きくないのでこれは大丈夫だろうかって状況でした。

P1080963_縮小
P1080964_縮小

定植はアシタバの隣。
肥料を調べるとセロリって尋常じゃない量の肥料成分必要なんだね。
これは根セロリなのでちょっと違うとは思うけど、セロリの肥料成分には驚いた。
多分栽培物で一番強い肥料を入れての定植となってます。

P1090025_縮小

定植からしばらくたってようやくこの程度。
生育が鈍い鈍い。
栽培期間が長いのはわかってるけど、こんなに鈍いと正直収穫まで持って行けないんじゃないかって感じでした。
なんせ実験農場でセロリやったときは定植時にこれ以上の大きさだったしね。
春植夏収穫が可能でしたんでこんなにちんたらするもんかと。

P1090259_縮小
P1090261_縮小

さらに時間経過、このあたりであまりの日照りで影響が出始めてる感じ。
ちょうど最後のトウモロコシ定植のあたりだね。
トウモロコシが煮れるくらいの状況ですからセルリアックにはきつい環境だった。
この辺で日よけをしっかりしとけばよかったなーと。
セロリやったときも日よけやってましたからねぇ。

P1090260_縮小

この時にネキリにやられたのが数株、暑さで煮れたのが数株発生。
いくらホワイトマルチで地温上昇防いでも毎日35℃くらいの状況じゃね。
環境がきつすぎ。

P1090262_縮小

この段階でようやくほんのちょっとだけ株元に膨らみが出てきたかなーというところ。
こんなペースで大丈夫かよ(汗

P1090458_縮小
P1090459_縮小

そして至る現在。
たらたらと定植から流れを書いてきましたが、現状だってさほど成長してるわけではないですね。
ようやく雨が降って気温下がってきたことで葉の枚数が増えて株元のふくらみも分かる感じになってきた程度。
本当にここから収穫まで持って行けるかどうかっていうのは変わりないです。
まあ雪が降る前まであと2か月ちょい、頑張って大きくなってもらうしかないね。
セルリアックがこんなにちんたらするとは思ってなかったなー


なにぶん初めての栽培なので手探りですすめている状態ですが、
育苗期間の長さだったり定植時の肥料の多さだったり驚きの多いものになってます。
ちょっと今年の気象条件が厳しすぎるのでうまくいってない感がありますけど、
毎年こんな感じだと面倒なものだなーというところ。
それだったら昨日のカステルフランコのほうがかなりましだ。
海外の作物ってのはなかなか一筋縄じゃいかない感があるね。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村