fc2ブログ
2024-04-17(Wed)

セル苗唐辛子ポット上げ

RIMG0226_縮小

今日は午前中まで雨だった。
おかげで気温はそこまで上がりませんでしたね。
ただ最近の天候のよさってこともあって唐辛子苗も外に出して日光浴させてました。
大概この時点で日焼けして死んじまって数激減っていう流れになってしまうんですが、
今年はセル仮植をしたことで根っこが増えているため日焼けで死滅はしなかった。

RIMG0227_縮小

あのバカ暑い中でも焼けることなく無事。
やはりこの方法をとったことが功を奏した。
これからは毎年この方法で行こうと思ったね。

RIMG0239_縮小

さてそのセル苗もそれなりに大きくなってきまして、
本葉の展開が進む程度には育ちました。
これぐらい育てばポット上げしても大丈夫だろうと本日ポット上げです。

RIMG0245_縮小

7.5㎝ポットに148ポット分のポット上げ。
こんなに唐辛子やるのか?ってくらいの量だけど、
ここから生育に差が出てくるだろうし死滅してしまうようなもんも出てくると思うので、
これ全量定植という事にはならないと思いますが・・・・・
まあ唐辛子はあっても売れそうな感じになったんで全部植えても大丈夫かなーとは思ってます。

RIMG0246_縮小

ポットだとまだまだ小さい苗ですねぇ。
しかしここからしっかり育って行ってもらいますよー
例年よりまともに育ってるんでこれなら早めの定植に持って行けるかと思ってます。

RIMG0247_縮小

品種違いは分かるように。
混ぜたら最後4種類あるんで大変なことになる。
ちなみに数でいうと・・・・

・エトナ 81ポット
・ストロンボリ 21ポット
・満天星辣椒 6ポット
・子弾頭 40ポット


という感じになってます。
とにかくエトナだけやたら発芽した感じで数がめちゃくちゃ多い。
でも赤い唐辛子なんで売れ行きも上々、今年は多少多めに作っても大丈夫でしょう。
去年みたいに爆発しまくられると困りますがねぇ。
今年の夏以降の気候がどうかでしょうか。
ま、そこまで行く前に苗が無事大きくなってるかどうかが重要だけど―――


ヤーコンに続きポット化が終わったんであとはしっかり大きくしていく方向へシフト。
残ってるトマトやピーマンはまだかかりそうなんでこっちのほうをしっかり管理ですな。
あと春植えの育苗っていうとカボチャか?
うーんカボチャ全然うまく作れなくなっちまったんで肥塚南瓜にお任せってのも手だしなぁ(汗
育苗のほうは今年少なめで済みそうかな?
少数精鋭、管理しっかりして上々な苗をこしらえよう。
唐辛子は例年になく上々に進んでますぜー


スポンサーサイト



2024-04-01(Mon)

お久しぶりねー、浜ニュークリーム

気が付けば…4月!!
なんという事だ、新年度始まりじゃねぇか。
そういや今日は初心者マークつけてスーツ着た若いのが何人か運転してたなー
毎日運転してると必ずヤベー運転するのがいるからそういうのにならないように気をつけてほしいねぇ。
一昨日なんかパトカーの目の前で一時不停止して追っかけられてる馬鹿者がいたからねぇ(汗
何か悪いことしました?的な感じでいたのを見るに日常的にやってるからなんだよな。
車校で習ったこと初心者マークあるうちはしっかりやっときゃ間違いなし。
たまに初心者マークつけていきってぶっ飛ばす馬鹿もいるけどさー(笑
新社会人よ、気を付けて頑張ってくれたまえ―
農民生活ももう何年かで20年目になるアテクシからでござんした。


さて、4月に入ってしまいました。
そうなると畑も出てくるしあったかくもなるし作業がどんどん出てきます。
本日は種まき、夏物のオクラオンリーからの脱却、
今年は久方ぶりに白ピーマンの浜ニュークリームをいっちょやるかーとね。
ただ注文した後に時間がかかって本日種が来たので急いで種まきをした次第。

RIMG0135_縮小

浜ニュークリームをやるのはどうやら9年ぶりくらいのようで。
カテゴリ分けが2015になってるんで多分そこら辺以来の浜ニュークリーム。
最初は肥料やらずに育ててたこともあってちょこちょこの収穫しかできなかったけど、
実験農場で春から冬までカラーピーマン栽培した経験もあるし、
夏から霜降るまで頑張りたいなーという感じで。
とりあえず毎日収穫しなくても何とかなる範囲でやっていこうかな、と。
これ結構うまいピーマンで固定種扱いになってて種もとることができるしねぇ。

RIMG0136_縮小

そして地味に調理トマトを栽培してみることに。
調理トマトというと以前海外のリオグランデを育ててたけど、
最近海外のトマト種子ってなかなか入ってこなくなってるんだよね。
ってかダビデの星とかイタリア唐辛子のストロンボリとかいろんなものが手に入らなくなってきているのがね。
優良なものは自分で何とか残していかないといけないけど、
今回リオグランデが手に入らなかったのでパスタというまんまの名前のトマトをまくことに。
調理トマトなんて作ってる人ほぼいないんでニッチな作物としてどうかって感じ。

RIMG0137_縮小

唐辛子はボイラーで加温できたけど時期が時期なだけにボイラーも常時稼働してなくて、
加温ができないため今回は通常通りにセルまきでほったらかし。
温度が絶対的に足りないので発芽までかなりかかる可能性が高いけど、
晴れると20℃以上にはなるんで頑張ってほしいもんですね。

RIMG0138_縮小
RIMG0139_縮小

ちなみに先の唐辛子は意外に順調に育ってきていまして、
先にセル仮植したエトナは本葉が見え始めました。
灌水をかなり絞ってるんで徒長は最低限でとどめられてるかと思います。
ただ数株萎れてるのがありましたけど(汗
久しぶりに底面かん水してまた数日ほったらかしです。
唐辛子に早いところ追いついて欲しいトマト&ピーマンである。


夏物ばらけたことで今年は結構な品種を栽培することになりそうですね。
といっても秋冬の根菜はほぼほったらかしだし、
夏物は少なくばらけるんで作業時間はそこまで心配はしてないです。
まああれこれやるのにいまだ畑の割り振り考えてないっていう致命的なもんがありますがーー(大汗
新しいもんやるし仕立て方も考えなきゃ・・・・
4月に入って忙しさがやばくなってくるぞ―――


2024-03-23(Sat)

ロコトを整枝しときました。

今日はロコトの整枝をしたお話。
自分の髪の毛もやりたいところだけどそれはまあ明日にでも。

giMwDIMjHXrBdP01711185055_1711185093.jpg

まずですね、先日生きてはいそうだということが確認できたロコト、
枯れた葉っぱをつけっぱなしだと灰カビがひどいんで取り除いてみたわけですよ。
結構青々した軸がでてきて案外まともじゃないかーと。

NEC_0057_縮小

よくよく見たら芽が出てきています。
動いていてもおかしくはなかったけどやっぱりありましたね。
ということはこのままほったらかしておくと新芽にも害が出る可能性もあるし、
あちこちで芽が出てきて樹形に影響もありそうという事でばっさり整枝したわけで。

jituJ5Siv6a7qYt1711185110_1711185160.jpg

バサーっと。
かなり適当な切り方ですね(汗
ちゃんと下のほうから出てくるようであれば落ち着かせやすくはなるんですが、
新芽はどうしても先端のほうで出やすいんで、様子見な感じで伐ったようなもんです。

NEC_0060_縮小

物によっては台切りみたいな感じの切り方になってしまってますがね。
こういうのは生きてればよし、ダメならダメで仕方ないって感じです。

NEC_0058_縮小

全部ばっさり。
それでも1株も完全枯死は見受けられませんでしたね。
今年は暖冬ってこともあったんで比較的越冬しやすかったかもしれないけど、
暖冬で雪少ないってことで逆に暖房をかなり抑えてたってこともあったんで、
それらを考えるとよくぞまあ1株もかけないで越冬できたなーと思いますね。
これはロコトの耐寒性が強いってことの表れかもしれないけど。


ばっさりカットしたんで生育には結構時間がかかって来ると思いますが、
それでも苗から育てるより根っこあるってことは有利ですからね。
畑に春先に植えてみてスタートダッシュが決まるかどうか…
今年はまともに実がつくことを祈りたいロコトのばっさり散髪終了。



2024-03-22(Fri)

唐辛子の仮植完了!

今日も寒さが強かったです。
朝方はそれなりに雪も降りましたし風も強かったし。
昨日で一応雪は収まるような話だったけど今日も降りやがりましたわ。
まあ明日以降はだいぶ暖かさが戻ってくるだろうから、
やっとこさ春方向へ季節の矢印が進んでいくかなー

NEC_0041_縮小

寒かろうが何だろうが作業は進めていきます。
先日より始めた唐辛子のセルトレーへの仮植作業、
発芽の進み具合に合わせて順次進めていってます。
まず初めにエトナからスタート、残ってる古い種の分の仮植をしてしまいます。

NEC_0042_縮小

一番古い種より次の種のほうが発芽率悪いのが謎でしたが、
一番古い奴が2列、その次のが1列仮植。
分けているのは種の性質がどうかわからないためです。
簡単に言えばエトナとしての品種特性がしっかりしているかどうかを見るためですね。
特に去年の種ってのはあれこれ品種植えたのでどういったものが出てくるかわかりませんので。
品種維持ってのは結構厳密にやるべきもんではあるんですが、
そもそも海外の種の多様な感じからすりゃそれなりでもよさそうな感じではありますがね(汗
ひとまずエトナのような唐辛子ができりゃそれでよしです。

mabi92cUpJrIyFg1711099130_1711099202.jpg

続いて子弾頭、こちらは去年の物しか発芽しなかったのでこれ1つだけです。
おかしげなもんができたら子弾頭は途絶えますな。

NEC_0045_縮小

子弾頭も結構あって5列分40本仮植。
なんかもうヒョロヒョロすぎて大丈夫かよって見た目(汗
種まいたところが深かったので土を取り除くと軸の長さがとんでもないことになってるってわけ。
深めに植えてもかなり長いのでちょっと心配だよね。

NEC_0047_縮小
NEC_0048_縮小

最後にストロンボリと満天星辣椒。
ストロンボリは子弾頭の隣2列とエトナの古い種まいた隙間2列のうちの1列分、
満天星辣椒はストロンボリ植えた後に残った1列に仮植。
満天星辣椒はとにかく発芽率悪かったんで6本しかなかったっす。
ストロンボリも20本くらいですかね、エトナに比べるとかなり状態が悪い。
ストロンボリのほうが種入手できなくなってるんで大事な種ではあるんですがねー
今年はしっかり育てて種沢山採っておかないといけないです。

NEC_0049_縮小

全体でみるとこんな感じ。
150超えてくるかと思ったけどそこまではなさそうでしたね。
エトナだけバカ多いって感じです(汗
この中でうまく育ってきたものを選抜して育てていくってところですかね。

NEC_0043_縮小

最初に作業したものはしっかり立ち上がって上々です。
いつもポットに移植した段階でダメになってしまうものが多いので、
今回は根っこを切らないようにかなり気をつけました。

NEC_0046_縮小

まあそれでもすでに脱落しそうなやつらはいるわけですが・・・・・
唐辛子は最初の段階でかなり直根を伸ばしていくせいか根が切れるととたんにダメですね。
ポットで発芽させるのは場所取らずに数揃えることができていいんだけど、
この分解作業でその後の良し悪しが出てしまうってのがネックではあるかな。
生育遅いのももしかしてこのせいもあるのかな??
わからんけど。


お日様が出ると一応15℃以上の地温は確保できるみたいなので、
これから先天候が良くなっていけば生育適温とは言えないながらも多少の温度確保できそうかな。
今の時期だと10℃とるのさえ厳しいような環境ですんで、
なかなか大変ですが遅くとも6月には植えられるように頑張って管理したいです。
ひとまず大事な作業完了しました。


2024-03-20(Wed)

もじゃもじゃエトナの仮植

NEC_0026_縮小

本日も寒い1日でした。
それでもボイラー上の唐辛子は続々発芽中。
水切れさえ気をつければやはりここは唐辛子発芽にはもってこいだ。

ftJjeaF1X3QAfeN1710928869_1710928909.jpg

懸念してたストロンボリも無事発芽。
ただ古い種のほうは全然なので種の状態も様々みたいね。

0R6eY00YyIe16FI1710928939_1710928996.jpg

その中で最もモジャモジャしてるエトナ2023を仮植することにした。
バラバラまいたらめちゃくちゃ出てきたわ(汗
古い種もその次の種も出てるんでエトナだけやけに種の状態がいいらしい。

NEC_0035_縮小

今年はポットではなくセルトレーにまず仮植することにしましたよ。
毎年ポットに植えたのに枯れてしまうものが多く土の無駄が多くなってましたからね。
根っこを切らないように水で土を落として1本ずつ128穴セルトレーに仮植。
セルトレーに仮植ってのもなかなか珍しいことですねぇ。

NEC_0036_縮小
NEC_0037_縮小

これやるならそもそもセルトレーに種まけばいい話ではあるんだけど、
そうなるとボイラー上の加温ができないんで別の加温方法が必要になっちゃうしねー
場所をとる方法ではボイラー上並の加温するのが非常に難しいんで、
無駄な手間ではあるけど今の時期から発芽させるためにはこういう作業も致し方なし。
この段階でダメならダメ、よく育ってくれたものを次はポット上げという感じで。

NEC_0038_縮小

問題はここからどうやって加温すんのって話になるんだけど、
これがまたどうやっても難しいんであとはなるようになるって管理で。
なるべく明るさだけは確保できるようにしたいところですね。


植菌が休みのうちの残りのほうも順次仮植えしていく予定です。
発芽状態からしてエトナだけでも100本くらいある可能性が(大汗
発芽率がなんとも言えなかったとはいえこれだけあると選び放題ですな。
なんやかんや仮植で全部ひっくるめて150以上にはなるかな?
唐辛子を流石にそこまではやらんけど、まず始まりの段階では順調っす。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村