FC2ブログ
2020-01-17(Fri)

ピッティングというらしい。

南瓜に低温障害が出始めじわじわと進んできています。
この低温障害は病気での腐敗とは少し違う傷み方、
見てさっそくわかるんですがこの傷み方の状態をピッティングっていうらしい。

P1050228_縮小

こうしてペコーッとへこんできます。
ピッティング(pitting)は日本語にするとまんまくぼみらしい。
低温障害でこうしたくぼみができるからピッティングっていうんだろうね。
これ自体だとまだましだけど、

P1050229_縮小
P1050230_縮小

この部分ってのは正常じゃない状態なのでそこに病気が発生しやすくなるらしいです。
なのではじめはへこみ、そこから黒とかピンクみたいな色がついた菌が発生してどんどん傷みが激しくなっていく模様。

P1050231_縮小

そんなもんでどんどんこうしたへこみが点在し始めて傷みが加速していきます。
病気と違うのは点在するってところでしょうかねー
夏のつる枯れ病みたいに一点から集中的に傷むとか激発とかとも違う、
ぼつぼつとへこみが発生からの病気を呼んで傷み加速です。
どうもある一定ライン超えると一斉にピッティングが発生してくる感じでした。
保存中の温度は気を付けないといけませんね。


今年は暖冬だったので発生が遅かったかもしれないけど、
無加温状態で保存できるのはうちでは12月が限度かなーという感じ。
冬至南瓜くらいまで何らなんとか・・・・そこまでにはけないとだめですわ。
今年はそこまでに何とか算段を付けて・・・冬至は冬至で扱う量決め手どっと出すみたいな感じでしょうかね。
栽培中の管理も大事だけど、保存管理もなかなかどうして難しいもんですなー


スポンサーサイト



2020-01-07(Tue)

2020年分南瓜種採り

今日は寒中という事もあってがっつり冷え込んだ。
あまりうれしくないけど氷点下7度以下まで行ったらしい。
低温障害が出ている南瓜などには厳しい冷え込みになってしまった・・・・
明日以降爆弾低気圧がやってきそうな雰囲気ですが気温は高め、少しばかりホッとできるかもしれない。
あとは風がどの程度かですがね(汗


さて本日は南瓜の種採りの話題。
カテゴリにあるようにこのロング南瓜を栽培し始めて7年経過。
毎度種を採ってつないでるってわけでもないですが、今の状態に固定をして結構たった。
今回も今年播種する種を採種作業に入ろうと思います。

P1050188_縮小

どーんとなかなかの大きさのカボチャを用意。
種を採るときは南瓜の出来が良いもの、そして味が良いってことが重要ですね。
まあ出来が良いと一口に言っても、その品種の特徴はしっかり出ていないといけないので、
その辺はしっかりと理解して種を採らないといけませんね。
ただバカでかく育ったからいいってわけでもないわけだ。

P1050189_縮小

切ってみるといい感じの色合い、そして今回のカボチャは種がぎっしり入っていますね。
これはいい感じに受粉しているってことでしょうからできとしてはいいと思います。
これから種を採りだして身肉はカットしていきますよ。

P1050190_縮小

こうしてカットすると色合いがすごくいいですね。
白と黄色のコントラストが抜群に美しいー(笑
ただ普通のカボチャに比べると皮と身肉の間の部分が大きいのがね。
なんというかスイカの白い部分みたいな感じだ。
この部分まで黄色にできるとすれば最高だと思います。
もしそういった南瓜ができているならそれの種を残して徐々にそういった品種にしていくと面白いかもね。

P1050191_縮小

種はぎっしり入っていたのでかなりの量がとれました。
これだけでも十分な量ですが、多様性を持たせるためにあと数個のカボチャから種を採る予定です。
乾かして薄皮とって中身のない奴を選別して種採りは完了となるのでもう少しかかりますね。

味のほうもレンチンだけでかなり甘く感じられるほどうまかったので大丈夫でしょう。
病気が出たりしていたので心配もありましたが、今回のカボチャは優秀なようです。
今年育てるかぼちゃもいい南瓜ができるように種はしっかりとりたいもんです。


2020-01-06(Mon)

ああ低温障害 by南瓜

今日は小寒、寒の入りだ。
相変わらず雪があまり降りませんね。
そんな中で冷えるときは冷える、これは無加温の場所にはこたえるもんで。

P1050183_縮小

まだ大量にある南瓜にもやはり冷えが来てしまっていましたよ。
サツマイモよりは耐えられるけど低温障害が出てきていました。

P1050184_縮小

ペコペコとへこんできます。
病気のように広がっていくんじゃなく同時多発的に部分部分に発症。

P1050185_縮小

このように発症し始めだとこの部分とれば問題なしだけど、徐々に進んでいくと一気に傷むのが低温障害。
なるべく早くこうしたものはカットしてしまわないといけないね。
大丈夫なものも移動しておいたほうがよさそうだけど場所をどうしたもんかと・・・・

P1050186_縮小

とりあえずはシートをかけて少しでも直の冷気から身を守るようにしておいた。
丸南瓜のカットに時間がかかってしまってロングはほぼ手つかずだから困ったわー
でもやっぱりこの手はだいぶ物持ちがいいのでこれを乗り切ることができるようならもう少し出荷できそうですね。
なんでもどうだけど当地ではこの保存中の低温をどうにかしないといけないのが大変。
簡易な保存庫でも作ったらよかんべかー


おまけ。

P1050187_縮小

暗い中ライトをつけていったもんだから鉢物の枝にきらりと光るものを発見。
秋にどうしても見つからなかった最後のイラガの繭が見つかりました。
危ない危ない、しっかり排除してこれで危機を脱出だ。



2019-12-06(Fri)

12月にメロンを食う。

雪のピークが過ぎました。
とはいえドカ雪、まだまだ予断は許されない状況だしね。

P1050016_縮小

今朝の東北の天気予報で山形の肘折で1m超えたって言ってましたけど、
横手市71cmを指しているその横でしれっと1m越えの色分けをされた当地方が(汗
やっぱりね、ここら辺の雪の量はやばいってことっす。
すでに雪下ろししないといけないような量になって雪下ろし事故も起きてしまってますし、
今シーズンは先が思いやられますね・・・・・
これからこんな風に降らないでいてくれると嬉しいんだけども。


さて本日はとある作物ネタ。
本来はこの時期のものではないんですが、なんとまあなぜか今まで残ってしまっているヤツ。

P1050002_縮小

冬物大根のわきでいまだメロンが残っております。
もうかなり傷みが出てますが、なぜか収穫からすでに3か月になろうとしているのにもかかわらず存在。
いやね、ここまで来る前に食えよって話ですが、量が量でしたからねー
ダメなのを捨てつつまだ何とかなりそうなものをちょっとずつ食べてます。

P1040999_縮小

意外と中身は普通。
ガワが傷んでいるのでそこをカットしまくって食べられるところを食べます。
そうまでして食べたいかって感じですが、正直味はどうやってもうまくない(汗
もったいないからってのが大きいです。

P1050001_縮小

ヨーグルトをかけてとか再びのゼリー実験とかいろいろやってみてますがなかなかうまく食べられない。
そもそも論味がのってないから甘みが足りなくてメロン風味の何かって感じ。
煮ればウリ、こうなると全くうまくないしほんとどうしようもねぇな(大汗

こんな感じで若かったせいなのか何なのかはわからないけど、
なぜかこのメロンは寒さにも耐えて腐りきることなく存在を続けております。
なんやかんやとうまく食べる方法を探していますが、
結局のところ生で食うのが一番まともっぽいというところに落ち着きそうという皮肉(汗
12月に入りドカ雪の冬本番の中9月に採ったメロン消費の日々が続いてます(笑


2019-11-22(Fri)

未熟唐辛子は匂いが違うらしい。

どもー
今日はいい天気で久しぶりにお日様がガッツリ。
おかげですっかり雪が・・・・

P1040925_縮小

溶けるわけがない。

あれ?
なんだか見たことがあるフレーズだな。
ひでぶ!
じゃなくてデジャブかな?
まあそんなわけで早々に雪が消えてなくなることもなく、2,3日でと思っていたよりかかってしまうかも。

P1040926_縮小

トンネル内部では株が立ち上がってきていたので良さそうですね。
次の雪の予報は金曜日、まだまだ生育させる時間はありそうだ。


さて本日はその前に収穫した未熟唐辛子を乾燥したことについてですよ。

P1040923_縮小

未熟唐辛子の乾燥もほとんどできてきました。
未熟なので色合いはかなり様々ありますが、それなりに乾燥出来た感じがします。

P1040924_縮小

青いのはやっぱりガリガリに縮んじゃう感じがありますが、
色づきが少しでも来ていると完熟と同じような感じで乾燥できそうな気配。
ただしここで気になるのが匂いのほうなんですよね。

唐辛子を乾燥すると特有のにおいが出てくるんですよ。
今までは完熟果の乾燥ばかりしていたのでその匂いはわかるんですが、
今回未熟化も混ざった乾燥を進めていくと、今までとは異なった匂いがするわけですよね。
何かで嗅いだことのある匂いなんですが何と表現すればいいのか難しい…
とにかく完熟果とは全く異なった匂いがしてくるんですよね。
これが出来上がったものを使った際にどのように違いがあるのかとかかわりがあるのかな??
ちょーっと気になる事象が発生中でござい。

P1040927_縮小

まあ未熟なものがダメならだめで完熟果乾燥も大量に出来上がったし
そっちだけでも十分量あるのでいいんだけど、
頑張った苦労が水の泡ってのもなんだかねぇーという話。
未熟がダメであれば来年以降はいかに完熟果を増やすかにシフトするだけだからそれはそれで・・・・
もう少しして使ってみた感じで判断しようと思いますわ。
ダメだったら悲しいな(汗


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村