fc2ブログ
2022-09-25(Sun)

前言撤回、防除を実施

今日は日曜日だ。
しかしながら朝から忙しく働いてました。
まだ真っ暗だけど4時半起き、ヘッドライトつけて朝の収穫へ。
出荷に早く行きたかったってのがあったんだけど、それとともにあることのために収穫も早くしたかったわけで。
なによ?そうよ、防除よ。
防除しないってつい先日言ったばっかじゃねぇかって話だけどそうも言ってられなくなった。
宣言して次の日からすぐにもうおかしくなって昨日でかなりヤベー状態、今日もさらにって感じでしたわ。

P1120920_縮小
P1120921_縮小

あれだけきれいだったガクに異変がたくさん見られる。
この部分だけであればなんとか販売に耐えられるんだけどそれでも厳しい。

P1120924_縮小

ヘルシエだけでなくここまで特に問題なかったダビデにも同じ症状。
防除しないと言ってから急激に症状が進んで出てきてしまった。

P1120922_縮小

上の症状が出た次の日にはさらにわけわからん症状が発生。
ダビデの溝に赤茶色のシミのようなもの。
傷みではなく何か表面に出ている感じ。拭けばとれそうだけど拭けないから困る。
こうしてどんどんわけわからん症状が進むし例の症状も強く出てきている。
ただここで防除もなーというのもあるんだけど、いろいろと考えてこれでは最後まで持たないし、
最後までの収量というのも考慮すると防除しといたほうが無難と判断。
ちなみに判断ポイントは・・・・

①気温が10月まで高め、予報では10月頭でも夏日
②去年までのデータから収穫終わりまでにまだ最低でも20キロ以上の収穫が期待される点
 特に今年は例年よりも後半収量が多いため更に収穫あると判断。
③防除効果が認められている


という事からやらないとか言いつつ前言撤回で防除実施。
そう考えるとやらないといった時点でやっとけばこの数日の無駄もなかったわけで・・・・・
後のお祭り、想定通りの後悔タイムだ(汗

P1120925_縮小

今回は3回目の混合防除、1,2回目のとは異なる薬剤です。
アミスターは前回使って効果を確認済み、トレボンは初めて使うんだけど、
カメムシに効果ありってこととあわよくばタバコガにも効果出ればという点。
夕方収穫を急いでからさっさと防除しました。
やはり葉っぱ落ちてるんで防除の量も少なくて済みます。
ピークで45リットル、前回で40リットル、今回は30リットルです。
予定通り2巡で済ませて選別作業して帰ってきましたー

P1120926_縮小
P1120927_縮小

今日の夕方にはさらに症状の進んでしまったものが多数、
これなんかガクとの境目の傷みから筋状に症状が進んでしまってます。
境目の奴だけであれば取り除けば食べられるんだけどここまできたらもう廃棄しかない。
こうやって日に日に症状が進むから非常に厄介、日曜だけど晴れなんで早速防除したってわけよ。
ただ明日明後日収穫まではまだ症状あるやつばかりでしょうね。
それ以降でおさまってるやつがどれだけ収穫できるかでしょう。
まあ…おさまる前提ですが(汗
ホントにまあこの症状は厄介極まりない、そんなことを改めて感じた今シーズンでしたね。

明日の朝は少しゆっくり、これから先気温が低い日は朝収穫なしでもいいだろうしね。
ぐだってしまったけど今回の防除でホントに今シーズンはラスト。
流石にもう最後まで何事もなく行けるでしょ。
苦労したけど最後が見えてきたねぇ。


スポンサーサイト



2022-09-23(Fri)

ストロンボリ熟してます。

P1120914_縮小

ハァ・・・・・
寒くなって終わりに近づいなたと思ったらこれだよ。

P1120915_縮小
P1120916_縮小

そして防除しないーと決めたらこれだよ。
収穫に関してはまだわからなくはないけどさーこの病気の発現はすごいね。
最後の防除が9月13日、10日持たなかったわけで。
今発現したという事は防除したときには実になってなかった奴だろう。
世代が回っていくごとの防除は必須という事、最低限10日以内で防除ってことだ。
いいデータってことにはなるけど結局防除しなくて後悔ルートにあっという間に入ってしまった。
溜息しか出ねぇ(泣


まあそんなオクラは置いといて。
昨日作業前後になった唐辛子の話題です。

P1120886_縮小

エトナは一周一応回っていたんだけど
ストロンボリがまだになったまま忙しくなってそれどころじゃなくなってしまい、
結構ほったらかしのまま日にちが過ぎてしまってたんだけど、
一昨日ようやくオクラの収穫量が落ち込んで時間ができたこともあって収穫しました。

P1120887_縮小

もう株の内部だけでなく外部にも色づきが進んでいます。
今年はやはりかなり熟しが早く進んでいます。

P1120888_縮小

通常だとなかなかできない房どりもしちゃいました。
それぐらいしっかり色づいているってことですな。
エトナと違いストロンボリはなかなかラスセッティングが起きないので放置してても大丈夫。

P1120890_縮小

思った以上にあったため最後まで収穫できずに撤退。
昨日収穫をしきろうかと思ったけど天候の関係でアズキに移っていまだ中途半端のままです(汗
今日は雨だったんで収穫はしてません。

P1120889_縮小

ちなみに一緒に写ってる中国唐辛子のほうもいくらか収穫できました。
相変わらず太いけど色づき速度は悪くない感じ。
収量ゼロじゃないのでこれを利用して来年も育てることが可能になってよかった。
闇栽培から自家採種、表ルートで種つないでいきまっす。

P1120891_縮小
P1120893_縮小

収穫したのは今年まずは天日干し…とやっていたんだけど、
天気よかった割に傷んでしまってますね。
やっぱある程度水分抜いて機械乾燥が間違いなくてよさそうだ。
自家用乾燥機はオクラとの兼ね合いでなかなか使えないけど・・・・・
ひとまず今回の収穫分は干し網に入れて水分抜いていこうと思います。
毎年恒例の乾物作りも始まっとりますわ。
唐辛子の熟しが早いから今年は結構量あるかもしれんねぇ。

2022-09-21(Wed)

今年はもうオクラに手をかけない。

寒い。

昨日もそうだったけど今日はより寒くなった。
おとといまでバカ暑くて真夏日だったのに今朝は下手すりゃ当地10度以下。
朝確認した段階で11℃でしたんで下手すりゃ一桁あったかも知れない。
日中もなかなか気温上がらずずーっと10℃台、半袖ではいられない位に急激に冷え込んできた。
おかげさんでオクラのほうも急激な冷え込み(笑
朝の収穫が激減して今日はだいぶ楽になりましたわ。

P1120867_縮小

そうは言っても花盛り。
まだ続きそうな感じではあるんですよね。
こればっかりは気温次第だろうけどとりあえず9月いっぱいは確実に収量ありそうな気はする。
だからこそ防除に関してかなり悩みどころ。
今のところ例の病気がほぼでない状態でいてくれていますからね。
しかしながらかわりにタバコガの被害が出てきているんですよ。
もう1回防除して完全にどちらも叩いておいて最後まであとは作業するだけにするべきか・・・・
悩んだ結果今年はもう何もせずこのままいくことにしました。

P1120868_縮小
P1120895_縮小

決断に至ったのは今日含めかなり気温が下がったという点。
やっぱり気温が無くなると急激に落ち込むんですよね。
そして株の状態があまりよくない点。
今年は島の恋ですら葉がボロボロ、こんな姿を見たのは初めてです。
台風前の高温で一気に病気のついていた葉が枯れて葉っぱがほぼなくなってしまった。

P1120896_縮小

なので生産部分がもう間もなく終了という感じ。
オクラの終わり際はこんな感じになって採りきって終わりってのは時たまみられるけど、
私の栽培方法だと葉っぱが最後まである分こんな風になって終わるのってほぼないんすよ。
それがやっぱり葉っぱがほぼなくなると株のほうも終わりだなーと判断してしまうみたいですね。
これでは防除してもコストと時間の無駄じゃないかと。

P1120874_縮小
P1120875_縮小

ダビデのほうはまだまだーと見せかけてこちらも葉っぱが少ない。
特に背丈が250㎝くらいあるのでスカスカ。

P1120876_縮小

いかに他2品種よりでかいかって話。
デカいのはこの品種の特性だとして葉っぱが少なくなって先細りしてきているわけで。
そうなるとまだ若いものでも固くなる実ってのが出てくる。

P1120869_縮小

収穫するときはぐいーッと引っ張って。
いちいちこれをやるのも大変なんだけどそれは置いといてちょうどよさげなサイズの実を見つけると…

P1120870_縮小

この時点が角がシャープなんすよね。
ダビデは老化してくると角が立って硬くなってるんだけど、最近は若くてもこんなのがある。

P1120871_縮小

大丈夫そうなのはまだ丸みがある感じ。
これに関しては触感とかも関係してくるんだけどね。

P1120872_c縮小

比較写真撮るとそんなに変りないような感じにも見えるけど、
やっぱり硬い奴は角が少しシャープで高い感じ。
これが増えだすとやっぱり株も老化して生産性悪くなってるって感じ。

P1120894_縮小

とか言いつつ現状やたらきれいな果実が収穫できてたりする(笑
角立ってんじゃんって見えるけどこれはまだ柔らかいです。
・・・やっぱ写真だと伝わりにくい微妙な違いだ。

P1120880_縮小
P1120881_縮小

ヘルシエは不死鳥のようによみがえって葉っぱがボロボロでもやたら採れてる感じ。
おまけに例の病気が収穫・選別時にはほぼ出てこなくなった。
とはいえ選別して予冷、袋詰めするために結露飛ばししてる時におかしなのが出てくる。
見えなくても悪さをする奴が潜んでるってことかね。
だからこそ防除をやっといてこの収量を最後まで活かしたいってのはあるんだけどねー
難しい決断だ。

P1120878_縮小
P1120879_縮小

防除せずと決めたとはいえ結構虫がいたりする。
これは多分ウスモンミドリカスミカメ、果実に吸汁痕をつけてるのはこいつだと思うくらいたくさんいる。
またアブラムシも出始めてる。
アブラムシは終盤戦で花によく着くようになりますね。
ほぼ終わり際だからほぼ無視なんすけど・・・・
あとはやっぱりのタバコガ、これも終わり際だから今年は無視するかーという感じ。
病気に関してはかなり予防できそうなのが分かったのは今年の大収穫。
来年はそもそもこんなに大きく病気を出さないようにしたいよねー
今年はあれこれ防除して結構収穫があった年、あとはなすがままで残りを過ごそう。
とか言いつつ例の病気が数日後に大爆発とかなったらそれはそれで恐ろしい・・・・・(汗
決断した以上はやらないけど最終的に後悔する未来も見えなくはない(笑


2022-09-19(Mon)

ロコト結実

ウーン、ウーン・・・・オクラがぁ・・・おくらがぁー

ハッ、夢だった。

そんなことで目が覚めるなんてことは何ですがー
ここ数日のオクラの爆発で気がやられそうです。
収穫量増えるだけなのはまだいいことですよ。
タイミングずれて朝収穫がバカ増えるのは勘弁してほしいわけ。
今日なんて台風のせいで暑かったんで朝の収穫でホントにてこずった。
朝収穫が増えて一番困るのが選別が遅れてしまうってことね。
収穫してから別の奴の袋詰め出荷の後に選別になるんでとってからのタイムラグが出るんですよね。
だから多すぎると正午までに終わらなくて昼休み無くなるんすよ。
これが夕方なら後ろには何もないから遅くなっても構わないんで別にいいんですがね。
やれることがやれなくなる朝収穫爆発はいろいろと問題ありだ。
今日も夕方収穫の分の仕事終わりはかなり早めだったからねぇ。
どこでタイミングずれたんだろ・・・・収量比3:1はマジで逆じゃないとだめだわ・・・・・
まーそんな比率関係なく過去一の記録が3つほど出た本日の収量が異常ってのもあるんだけど―――
台風直撃の明日の朝収穫はいったいどうしたもんか…



そんなオクラに殺されかねない状況の3連休はこちらは台風接近を免れ暑い暑い日々でした。
オクラまみれでモチベーションだだ下がりなのでストックしてるネタから。
本日ロコトの結実について。

P1120849_縮小

今年は鉢うえでほぼ日陰暮らしのロコト。
それでも特に問題なくいるのはやはり直射を好まないのかもしれないなーと。
育つには育つから問題はないけど結実は全く期待できないのが現状。

P1120850_縮小
P1120851_縮小

そんなわけで挿し芽をして株を増やして他家受粉させるべく育ててるクローン、
こっちも鉢植えになってぼちぼち育って花芽ができ始めてます。
これで受粉実験できるなーと思っていた矢先のこと。

P1120852_縮小

花芽だと思ってみたら結実してました。
落ちることなくいるのでどうやら本物。
自家受粉はしない自家不和合性のロコトだけど、100%結実しないってことはないってことだ。
まーほぼ100%結実はしないようなもんだからこの結実はかなりレアな奇跡の産物だと思う。
ちゃんと収穫できれば種出来て実験もできるし増殖もできるな。
奇跡のロコトはいろんな意味で大きな大きな1個になりそうだ。


とりあえずこの1個がしっかり収穫できるかどうか、そこが問題になってきますね。
今どきの結実ですし熟すまで何日かかるかねぇ。
何とか最後まで行ってほしいもんであるが果たして・・・・・
クローンのほうが咲いたらそっちも受粉実験しないといけないし、
ロコトもいろいろとやってみるべきことが多くなってきました。
色々と面白いことになってきてこっちのほうではウキウキになりますね(笑


2022-09-16(Fri)

最近のオクラ。

どもー
もうそろそろ遅く起きたい椎たけ夫ですー
例年だともう5時過ぎ起床になってる時期なんすけど、今年はまだ4時半過ぎ起床が続いとります。
暗い中起きるのはもう勘弁といいたいとこなんだけど今年はなかなか許してくれない(汗
なんせ9月後半戦だってのにいまだ気温30度くらいですからね。
おかげさんで株自体は結構来てるはずなのになかなか収量が落ちず・・・・
この1週間はなんとまあ最盛期の時期よりも最盛期の収量を記録しとります。
流石に最後っ屁だろうとは思いたいんだけど、
気温状況から行くと来週もまだまだいけそうな気がしますね。
そんなこともあって今年は追肥を1回伸ばして本日最終予定の追肥をしてきた。

P1120844_縮小

上辺だけ見ればまだまだいけそうなオクラ。
よくよく見りゃ畝の中は病気だらけで葉っぱがやべー
でも開花している時間帯に高い位置から畑を見ると一面花畑になってます。
なかなか終わりが見えてこない。

P1120843_縮小

この時期になってくるとオクラに蜂が群がってきます。
でも外側からメインになっていますね。
ミツバチはこれでもいいんだけどスズメバチも来ているので盗蜜がひどく、
ガク部分をかじっていくこともあって収穫したものが傷だらけってのがままあります。
こんなこともあんのかーと思う最近の状況。

P1120847_縮小

最近というとヘルシエに続いてダビデの星も下葉をがっつり落とした。
お化け屋敷状態がすっきりしましたわ。
昨日の夕方に一気にやったんだけど、理由としてはススがあまりにもひどすぎて収穫物が汚れるから。
昨日の朝の朝露にススがのってしまって擦れたりして果実が真っ黒…
それを乾かすと取れなくなってしまってはじきに回すほかなくなってしまったんで、
時間がかかったけど落とせるだけ落としたらだいぶきれいになりました。

P1120841_縮小
P1120842_縮小

下葉が消えて発見されるのがこの取りこぼし自家採種。
最近ガリガリに晴れているのでしっかり乾いていい具合に熟しました。
割れ目からはちゃんとした種ものぞいており、やはり早い段階のものってのは充実した種になるなーと。
これでまた来年作ることができますね。

P1120738_縮小
P1120737_縮小

またダビデにはこんな花火のような蕾の塊が出現。
これぞ立体的なダビデの星!ではないもののなんでこんなのが出たのかわからん。
一応脇芽なんだろうけど・・・・・これ一気に咲いたりしたらどうなるんだろ???

P1120739_縮小

奇形を生みだしている株ってわけでもない。
これのほかにもう1株あったので何か特殊条件が発生したのか?
とりあえず開花待ち。

P1120845_縮小

そんな感じでいまだに追肥してみたり今更葉っぱ落としてみたり、
相変わらずグダグダとオクラ栽培を続けておりまする。
このまま収量落ち込んでこなかったら来週股防除ってのも考えたほういいかもしんないし・・・・・
なんとも終わりの見えないオクラの現状でございますよ。
まー去年も9月23くらいに大爆発起きてたし10月なるまでは何が起きても不思議じゃないって感じなのかも。
流石にそこまで4時台におきるのはしんどいぜ。
もうそろそろ終わりが見えてほしいそんな気もするオクラであります。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村