FC2ブログ
2019-12-29(Sun)

聖護院大根漬け試験

今年はだいぶ大きくなった聖護院大根、
そんなわけで今年は小さいものは切干しないで利用するべく漬物にしてみた。
聖護院大根は酢漬けにはしたことはあるもののそのほかはやったことがないためいろいろと試してみます。

P1050119_縮小

大根といえば辛子漬けは食べます。
うちでは普通の大根で作っているんですが聖護院大根ではどうなのかをチェック。
そして左側のが本当に試験漬け、ワサビ漬けでござんす。

P1050118_縮小
P1050120_縮小

粉わさびがこの辺であまり見ることがないので通販で。
粉わさびの原料ってのがワサビダイコン、つまりはワサビ漬けやりたいならわさび大根作るほうがいいかなーと思うわ。
白い粉なのに水気があるとしっかり緑になってくるから面白いもんだ。

P1050144_縮小
P1050145_縮小

調べたものでは数日で食べられるとのことだったけど、
辛子漬けはかなり水が出た割に味の染みが悪くまだまだだった。
わさび漬けは思いのほか水が出ないもんでこれはどう言うこったというところ。
ここからもう少し時間をおいてみることに。

P1050165_縮小

結果辛子漬けは1週間程度で食べられるようになった。
聖護院大根は少しばかりつかるのに時間がかかるのかもしれない。
漬かってはいるけど大根臭さがあるのでもしかすれば味付けが薄かった可能性も・・・
わさび漬けのほうは・・・・今回は失敗と言わざるを得ないっす(泣

今回の漬物でわかったのは、

・聖護院大根は丸のままでは漬かるのが少し時間がかかりそうである
・わさび漬けは塩ではうまくない、しょうゆ系のほうがよさそう

特に2つ目はなかなか重要なことだと思った。
これを踏まえてまた試験をしてみようかと思います。
漬物は奥が深いぜっ



スポンサーサイト



2019-12-07(Sat)

マックスジャンボ大根の中身は?

雪が止み降った雪がだいぶ縮みました。
縮むという表現について不思議に思われるかもしれないですが、
まだ降り初めなもんで真冬日維持されないでいれば自然と雪は圧縮されて縮みます。
これが何度も起きてくると大した量じゃないように見えてとんでもない重さの雪の塊になるわけだ。
そういうことで最初の雪下ろしはあまり置きすぎると尋常じゃなく苦労するもんで、さっさとやってしまいたくなるんでしょうねぇ。
ただまあ温度があるってことは足場が不安定になりやすいので結構危険なんですがねー
何べんも命綱とヘルメット着用は言われてるけどなかなかやってない人のほうが多いって話だ。
少し天気が落ち着いて雪下ろしというときは気を付けないといけないですよー

さて、今年は大根がバカでかくなりまして。
その切干作業が始まってきているんですが、まずあのマックスジャンボ大根の中身を確認してみたわけですよ。
あそこまで大きくなっていたら中身がスカスカなんてことがありえますからね、
あれが大丈夫なら他も大丈夫じゃないかといういわば試金石として初っ端からぶった切り。

P1050003_縮小

パッカーン
中身がしまっているせいかなかなか切れない!
おまけにでかいから切りにくいったらありゃしないわ。
それでもマイ包丁のおかげで無事真っ二つにできましたよ。
中は思った以上にきれいでほとんどスが入っていませんでした。
根っこの部分だけちょっと変な感じでしたが、この大きさになっても全く問題なしとは驚きだ。

P1050020_縮小

例のごとくバカみたいに太くカットして干していきます。
これでも意外と簡単に干せるので大根を乾燥するのは簡単で作業はどんどん進みますよー
おかげで今は毎日帰宅後に内職三昧だ。

P1050019_縮小

毎日やってるので製品はどんどん出来上がります。
とはいえ今年の馬鹿でか大根だと1個で限界なんてこともあったりして全部終わるのはかなりかかりそう。
なんとなく目安で2か月くらいだと思われる・・・・・
最大級がス入りでなかったことからかなり製品率は良さそうでよかったです。
あとは自分がどれくらいできるか、とにかく切って切って切りまくりだーー


2019-11-23(Sat)

聖護院大根がやばかった。

今日はぽかぽかいい天気、すっかり雪が・・・

P1040928_縮小

溶けるわけが・・・なくもない(笑
という事で本日は大根の収穫だーーー

P1040929_縮小

今年の聖護院大根は生育が順調で結構大きくなってました。
採り忘れの双子ちゃんでもこれぐらい大きくなっていました。

P1040930_縮小

採っては頭をカットしての繰り返し、結構大変でしたがなんとか全部採り終わった。
中腰作業は腰の負担がやばいっす・・・

P1040931_縮小

一番でかいのがこちら。
遠近法とかじゃないよ、まんま掛け値なしでこれぐらいの大きさに育ってました。
ここまで大きくなって割れてないってのが驚きです。

P1040932_縮小

3キロぐらいあるかなーと量ってみたらなんとまあ5,5キロものスーパージャンボ。
こんなにでかいとは思ってもみなかったので、今年の大根はかなりでかく育ったという事だ。


全量で267個しかなかったですが、重さ自体はなかなかありましたね。
なんせ肥料袋に7個とかしか入らないものもありましたし。
とりあえずのところ400キロ以上はありそうなのでいい感じの収量だったんじゃないかとは思います。
まあもう少し正確に計算してみないことには何とも言えませんがねー
割れたので50キロぐらいあっただろうし、その辺も考えてみないとね。
まあなんにせよ超重量級大根の収穫が終わりましたことをご報告。
あースンゲー疲れたわ・・・・(汗


2019-11-02(Sat)

順調に生育中ですよ、大根

今日は昨日ほどナメコが出ず少しばかり落ち着いた。
とはいえ相変わらず大量なのは間違いないので自由にできる時間はかなり限定されてますがね。
とりあえず畑に行って様子見くらいはしてきました。

P1040782_縮小

今回は通勤時に毎日見て大きくなってきているなーと思ってる大根の確認。
通過しながら見るのと実際畑に入ってみるのとでは全く感じが違いますね。

P1040783_縮小

相変わらず順調にでかくなっている本丸聖護院。
この間見た時に割れがあったのでもう割れが始まるくらいかなと思ったけどそうでもなかった。
順調にそして割れることなく無事に生育している模様。

P1040785_縮小

一方の古都丸聖護院は肥大は進んできている感じだけどなんだかなーと言う感じ。
形も本丸に比べるとちょっと下膨れという感じがしますね。
まだ大きくはなれると思うけどちょーっと物足りないね。

P1040784_縮小

例年は肥大待ちで降雪ぎりぎりまで粘るんだけど、今年はそんなこと必要ないくらい大きくなっているので、
収穫時期は早まりそうな感じはするものの今のペースでは芋ほりとガチガチのバッティング、
結局大根はラストになっちゃうかねぇ・・・・・
このペースのまま割れずにいてくれればいいけど、降雪⇒爆発のコンボが起きないことを祈る・・・・・
とりあえず明日畑仕事頑張ろう。


2019-10-23(Wed)

やっぱり本丸!な聖護院大根

本日快晴、芋ほりに精を出しました。
結構温度が高かったんで作業中はずっと半そで、重労働で汗が止まらんでよ。
うまくいけば明日、ダメなら明後日にはサツマイモ掘りもおしまいだ。
なんとか片を付けたいぜっ


さて本日は同じ根菜ですが大根の話題。
毎日通勤途中に見てはいるんですが今回久しぶりに畑で直に確認。
だいぶ生育が進んでいましたよ。

P1040721_縮小

葉っぱもりもり、虫には全く負けない生育でかなり順調に育っている模様。
草むしってから生育がぐっと進んだかもね。

P1040723_縮小

特に本丸聖護院はすでにかなりでかくなった。
まだ2か月ちょいくらいだけどでかくなり過ぎじゃねーかって具合。
こんなに順調に育ったのは初めてかもしれん・・・・
というか順調すぎて収穫早くしないとまずいかも(汗

P1040726_縮小

なんせすでにバリッといってしまっているものが・・・
雨が降るとちょっと怖いねぇ。
あまり順調に育ちすぎるのもこれからが不安だわ。


今年はこの本丸聖護院と去年の古都丸聖護院の2品種まいたわけですが、
やはりといいますか去年感じたとおり古都丸聖護院の生育はいまいち。

P1040724_縮小

どうでしょうこの感じ。
上の本丸聖護院とは同じ日にまいたにもかかわらず大きさの差がでかい。

P1040725_縮小

これなんか置いまきした本丸聖護院のほうがでかいってどうなのよ。
やっぱリ聖護院大根は本丸聖護院のほうがいいってことかねぇ。
ここから古都丸聖護院も追いついて大きくなってくれればいいんだけどさ。

P1040722_縮小

今年は畑の場所を変え、そして肥料を考えてやってみた大根ですが、
畑に関しては心配あったけど無事大きくなり、
この感じだとちょっと肥料が効きすぎたかなーという感じはありますが無事大きくなってます。
収穫までまだ時間はありますがあまりでかくなりすぎないで欲しい反面、どこまででかくなるのかという好奇心も(笑
ここまで大きくなると数少なくても正解だったかなーと思える大根の現状です。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村