FC2ブログ
2019-06-20(Thu)

隙間産業、黒豆定植。

今日は久しぶりにガッツリ晴れて暑くなった。
なんというか湿気が強くなり始めてるので徐々に夏っていう空気感が出てきましたね。
そんな天気を逃すわけにはいかないので南瓜の蔓整理に勤しんできましたが、
傷口を乾かす時間を採るため6時までと決めて作業、
そのあとの時間を利用して黒豆定植をしてきましたよー

P1030784_縮小
P1030782_縮小

苗のほうは十分に育っています。
これ以上行くと徒長苗になるので急ぎたかったんだけど、南瓜をかぶってしまったので隙間時間で。
この辺の作業配分はもっとうまくやりたいもんだけどねぇ…天気が(汗

P1030785_縮小

ちなみになんですが・・・・
育苗ベッドにまでネズミが侵入。これは史上初(汗
雨の際にトンネルをかけておくんですが、そのビニールを使ってあがってきた模様。
枝豆の晩生タイプをまいてたので使っていいよと置いておいたところほぼ完全に…
この際に粘着トラップ仕掛けておいたんですが、食事後にかかってました(大汗
食事する前にかけたかったねぇ。
もちろん最大級のおもてなしをしておきました。
まあどうしたかは聞かないでおいてもらおうか(笑


P1030787_縮小
P1030788_縮小

去年と同じ場所に2畝づつ定植。
畝を用意してからだいぶたったのですでにスベリヒユがやばくなってきています。
この草とりもしなきゃいけないけどちょーっと時間的に厳しいなぁ。

P1030789_縮小

ここは山菜を増やすぞーと意気込んでいた場所だったけど、結局ふたを開ければ豆三昧(大汗
まあ定植した山菜を株分けして徐々に増やしていくつもりだからこの豆三昧も縮小していくとは思うけども。
とりあえず今年もここでは黒豆生産をするということで落ち着きましたー
苗は去年よりいいので収穫に期待ですね。


おまけ。

P1030790_縮小

本日の一枚。
雌花の採り忘れで結実してました(汗
特濃こふきはやっぱり形がいい。
だけどまだ早いのよねーもう少し辛抱してもらいます。


スポンサーサイト
2019-06-04(Tue)

新しい豆は活きがいい

赤大豆から遅れること1週間。
昨日黒豆の播種を行ったわけですよ。

P1030610_縮小

今年も同じく128穴トレー2枚ずつ、256粒ずつの播種。
去年収穫した豆から選び選び播種していったんですが、今日の朝のキノコ収穫時に見て驚き。

P1030615_縮小

もうすでに盛り上がってきてます。
ここまで早く動きがあったのは初めてだと思いますが、まさか20時間以内にこんなことが起きるとはね。
豆に力があって活きがいいってことでしょうか。

P1030616_縮小

じゃあ活きが悪いってどんなのよって話ですが、それがこの蔓ありインゲンだと思いますね。
これは赤大豆と一緒にまいたものですが、1週間過ぎてもまだこんな状態。
この豆は一昨年収穫の豆なので時間がたった古い豆になります。
それがこうして動きの鈍さにつながってるのかなーという感じ。

P1030613_縮小
P1030614_縮小

同じくまいた赤大豆はすでにそろって発芽し始めてますので、
やっぱり古くなると活きが悪くなるんだろうなーというところです。
まあ芽が出ただけでもありがたいんですがねー


今年も豆播種はこれにて完了となります。
小豆は直播したのでここにはありませんので育苗する分は蒔いた分だけ。
今年はネズミにかじられて数を減らさないようにしっかり育苗ベッドにて管理します。
今の動きの良さからして今年は大豆系は十分大丈夫だと思いますが、
蔓ありインゲンだけがちょっと心配ですねー
豆はやっぱり毎年更新がベスト、それがダメならしっかり密封冷蔵保存でしょうね。
種全般に言えることだけど、種をつなぐってのは管理をしっかりしないとだめだわー


2019-03-31(Sun)

黒豆選別、やればできる。

どもー
今日も雪が舞っとります当地。
桜前線が一向に上がってこれんなこりゃ。
いよいよ明日から4月だってのにねぇ、ちょっと名残雪が長すぎだで(汗


さて本日は日曜休日、引きこもって豆選別に励みました。
赤大豆が終わったので黒大豆のほうへレッツゴー

P1020966_縮小

黒豆は2品種あるので結構かかると思ってたんですがね、
やっぱやればできる男、2品種を2時間ちょい出撃破しましたよ。
なぜにここまで引き延ばしたのよって感じがします(汗

P1020968_縮小

赤大豆を選別したごみの袋に一緒に入れていったんですがね、
思った以上に黒豆の玉大黒のダメ豆がなかったです。
赤大豆、玉大黒、雁喰物語の3つでは最小でしたね。
雁喰物語はそもそも一番収量があるので、やっぱりそれなりのダメ豆はありましたけども。

P1020967_縮小

多少のしわは許容して玉大黒は完了。
次いで雁喰物語に入ったんですがね、昨日の植菌と相まって背中が痛くなってきまして、
それがもとになって今度は首痛、頭痛と来たので休憩挟んで作業を終了。
久しく忘れていたこの感覚、やっぱり背中に来ますわ…

P1020969_縮小
P1020970_縮小
P1020971_縮小

最終的に磨いて完了したのがこちら。
やっぱり雁喰物語はピカピカに光るんだけど、玉大黒はマットな感じのままだ。
去年もそうだったけどね、光ってると見栄えが良くていいねぇ。
光らなきゃダメってことはないんだけども。

P1020972_縮小

大豆類の選別した比較。
一番多いのがやはり雁喰物語(左上)、次いで玉大黒(右上)かな。
赤大豆(左下)は株数は多いものの、そもそも品種として収量が少ないという点、豆が小さい点、
そして熟期が遅く製品率の低さが影響して今回は最下位という結果になったかな。
右下の全品種のごみの量よりも製品率はかなり高いので優秀でしょうかね。
意外と黒豆生産は終了が安定してきた感じがあります。


今年も少量の生産は行う予定ですが、まあこの3品種で勝負ですかね。
黒豆は例年通りでもいいけど、赤大豆は早播きで対応してみてどうかやってみたいです。
いくらでも収量を上げるためにどうすべきかの実験はしていかないとね。
とりあえず食うための選別は完了、あとは蒔く豆を選抜だーー


2019-01-13(Sun)

ようやく黒豆脱穀完了

今日も晴れ、放射冷却で最低気温は氷点下7度くらいになった。
明日の朝もこれと同じかさらに厳しくなる感じなので気を付けたいところ。
まあ日中晴れるから雪やらなくて済んで最高なんだけどねー


さて本日はようやくの始動、黒豆脱穀のラストに取り掛かった。
黒平豆と赤大豆は去年のうちに終わらせていましたが、最後に残っていたのが玉大黒。

P1020551_縮小

これしかないけど、芋に手をかけてたのでなかなかやれなかった。
やれなったというかやらなかったが正しいんだけど(大汗

P1020553_縮小

今回は前と同じくバカスカ叩きつけ脱穀だけど、
シートを持ち上げていくらでも飛び散らないように一工夫。
が、やってみれば結局そこかしこに豆がぶっ飛んでいくもんで・・・・
完全に囲わないとぶっ飛びはどうにもならんね。

P1020554_縮小
P1020552_縮小

収量は黒平豆よりも赤大豆よりも少なかったです
豆も状態は過去最高のいいんですがね。
株数の違いとかから単純比較はできないけど量で言えば

雁喰物語>玉大黒>赤大豆

のような感じだと思う。
赤大豆はポテンシャルを発揮したかどうかがいまいち不明だから、
この並びが最終順位かといえばそうでもないだろうけども。
なんやかんや言って黒平豆は安定して収穫できそうで良いのかなと思うわ。


これで脱穀終わってないのが小豆だけになった。
豆選抜は来週位から開始かねぇ。芋終わったし。
とりあえず今年の種まき前までに終わらせられるように少しずつやっていこうと思います。


2018-11-17(Sat)

黒平豆の殻剥き作業をした

今日は朝まで雨でしたが、日中は晴れてくれましたね。
週末の天気はどうかと思ったけどこれならどうにか明日の畑仕事は順調にできそうだ。
今日は明日収穫する予定の赤大豆の場所を作るために、
先に収穫していた黒平豆の雁喰物語の殻剥き作業を行いました。

DSCF7733_縮小

採ってきたときはバリバリだったんですが、そのあと雨が続いたりしたせいか湿ってしまい、
殻剥きをしようと思ったときにうまくいかなかったんですよね。
今回は晴れたことと暖房を使い始めたこともあってしっかり乾いていたのでやってみた。
ばりばり踏みつけて殻を割って、割れないものを手でにぎにぎして豆を取り出しました。

DSCF7732_縮小

この方法だと莢とって殻むいてという二度手間はないんですが、
こうしてゴミだらけになってしまうのが面倒だ・・・・
最終的にはきれいにしますけどやってる最中埃がすごくて鼻の中が真っ黒だで(汗
昨日に続いて2日連続で埃がすごいことになったので、
正直ハウスダストアレルギー持ちの自分にとっては症状が出そうで怖い
実際のとこもう鼻の中が切れ塩梅だし、いつ鼻血ラッシュが起きてもおかしくないわ・・・・

DSCF7734_縮小

最終的に育苗箱の半分程度の収穫量になりました。
これを今度選別しないといけないですが、黒平豆の選別は難しくはないので気は楽だ。
ただ今年はごみまみれだからその点だけが心配かなー
安定した収量が出るようになったし、黒平豆は来年もキープだ。


ということで株を置いていた場所があいたので明日収穫にいそしめます。
明日は豆収穫のほかにもやることいっぱい。
ぐうたら病が出てやりきれないことのないように気を締めたいですよ。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村