fc2ブログ
2023-09-28(Thu)

オクラにイボでる。あと丸が五角に

DSCF6706_縮小

先日急激に夜温下がった影響でオクラの収量がガクッと減ってしまったんだけど、
その後夜温が20度近くに戻ってきたこともあって少しばかり復活。
特に寒くなると急に生産力が下がってしまうダビデの星もぼちぼち増えてきた。

DSCF6708_縮小
DSCF6707_縮小

まだ花もつくしそこそこ実の数もある。
といっても全盛期が150個前後、減ってきて50個くらい、この間の低温で10個前後になったのが、
20個前後に復活した程度のお話ですからね。
ほとんど生産は終了という感じではあります。
そのダビデの星、生産終了という時期に来てイボが出始める始末。

DSCF6709_縮小

イボ果は生理障害ですが低温ストレスでしょうかね。
今年は最盛期でもほとんどイボ果が起きなかったですが最後の最後で起きてしまいましたね。
ダビデの星のイボ果は他のものに比べると強烈なので売るのが難しくなるのよね。
もう少し気温の変化が穏やかだったら大丈夫だったかもしれないけど・・・・
数少ないのにこの仕打ちはひどいぜー

DSCF6539_縮小

一方で丸オクラの野郎ども、というか赤の島の恋と白の白ひすいですね。
こいつらのほうはイボじゃなくて形状が変化してしまうやつがいる。

DSCF6540_縮小

外見で角がある時点でわかると思うんですが五角になってます。
いやいや、お前ら丸オクラでしょうが――
この形状変化がなぜ起きてるのかは不明ですが、
特に白ひすいのほうは最初から最後までこの五角形状が起きてましたね。
余りにも互角になるんでこいつは丸じゃなくて五角オクラなのかと思ったくらい(汗

DSCF6542_縮小

島の恋のほうは今までも時たまできていたんだけど、
こいつのほうは五角になると総じて固めになりますね。
そして切るとほぼほぼ種が入ってません。
受粉が不良だと五角になりやすいのかな?
だとすれば白ひすいのほうはかなり受粉がうまくいってないってことになるけど・・・・
なんだろうね?とりあえず食えるからまだいいけどさ、ちょっと固いんだよね。
種ッて意外に大事よ。


ここまで栽培期間が長くなって株のほうも疲れはあるだろうし、
気温が下がって生育適温じゃなくなってきているってのもあるだろうから、
いつものオクラってのが難しくなる時期に来てるってことかねぇ。
低温だろうが何だろうがさほど影響が出てない島の唄はかなり優秀ってことかな。
この時期でもまだ夏日を超える暖かさ、もう少しオクラの収穫は続けられそうですねぇ。
気温の乱高下でストレスを起こさないでほしいと思う今日このごろ。
野菜もそうだけど体調管理も気をつけましょうねー


スポンサーサイト



2023-09-18(Mon)

防除はタイミング命

どもー寝落ちの椎たけ夫です。
昨日は完全なる寝落ち、記事書いてる時に首周りのマッサージし始めて横になったら12時過ぎてました(汗
昨日地元のお祭り、いものこ祭りがあって久しぶりに花火が上がってたのは覚えてるんだけど、
そのあと何時から意識ないのかわからなくてネット履歴見たら20時過ぎには飛んでたらしい(大汗
最近は毛布腹にかけて横になるとすぐに寝てしまいますねぇ。
腹あったかくすると寝やすいのはホントだぜっ
まーそんなわけで特に何事もありませんで本日もスタートです。


さてさて最近天候が突然崩れるようなことが多くて困っとります。
実のところ昨日防除予定だったんですがちょうど外に行こうと思った段階でスコールが来て断念。
今日も昼前に雨が来てずっとぐずついてたんでこのまま防除できないかも…
そんな感じでいたんですがね、オクラを収穫してたらこれはうまくないと賭けに出て、
雨降るなーと願いながらも防除をしてきましたよー

DSCF6555_縮小

防除をしないといけないと思っていたのはこれがあるから。
先端に粒がついてますがオオタバコガの卵です。
成虫がめっちゃ飛び回っているんですがそうなるとあちこちで産卵する訳ですよ。
オオタバコガは塊で卵を産まないためほぼすべてのオクラに卵がついているような状態です。
孵化まで時間があるため卵の状態で収穫できるものもあったんだけど、
数日前からほんの微小な幼虫が確認され始めてきていたので、
早いところ叩き潰しておかないとまずいなーと思ってたんですよね。

DSCF6607_縮小
DSCF6608_縮小

昨日今日ではだいぶ被害が拡大してきていて、
特にダビデの星は食害がひどく黒点が目立つんですよね。
おまけにダビデの星特有の問題として溝が深いため取り除くのも一苦労。
おまけにダビデは短いこともあって先端に潜っていきやすいし。
内部に入られてしまってはもうどうしようもない。
微細なやつに入られると入ってるのかどうかわからないまま売って大変なことだってあるしね。

DSCF6609_縮小
DSCF6610_縮小

ダビデの星だけでなく島の恋も多めで、
大きくなってくると穴だらけになるやら曲がるやら製品率だだ下がり。
ほったらかすと花まで食い荒らすんで小さいうちにやらないといけないっす。
特にタバコガは耐性を持ちやすいってこともあるんで薬剤もあれこれ考えないといけないし。

DSCF6604_縮小

残念ながら手持ちでタバコガに使えるものもがなかったため
あれこれ調べて探し回ってやっとアファーム乳剤をゲットしてきた。
まだ微細な孵化したての幼虫がメインだったこともあってBT剤でもよかったんだけど、
ここら近辺では見つからなかったんであとで通販で注文しとこうと思ってます。
オクラの最終盤はタバコガをいかに抑えられるかってのがあるんで、
BT剤含めてもう1つくらいタバコガの薬剤仕入れとこうかと思ってます。
オクラで最終的に一番厄介なのはタバコガってことだわ。

ホントは見つかった段階で手を打てればよかったんだけど仕事の都合上防除は日曜ということにしてたんで、
日曜に天気が合わないとグダグダになって被害拡大、
防除はタイミング命なんでやるべき時にやれないとダメっすな。
今回は賭けに勝った感じなので明日以降の収穫でどうなってるかでしょうか。
効かなかったりしたら…がっくりにもほどがあるぞ。


2023-09-15(Fri)

ダビデの莢大収穫祭り

ダビデの莢収穫っていつも収穫してんじゃーんって話になりそうだけど・・・・
今回は通常の食べるための若いものではなく完熟した種でござんすよー

DSCF6590_縮小

通常の収穫作業してたんですがふと目についたダビデの莢を1つ収穫。
するとあちこちに残してる取りこぼしがほとんど枯れてることに気付きまして。

DSCF6591_縮小

ちょうど廃棄入れの入れ物持ってたんで種採り莢を投入。
結構な量一気どり、種採り莢の大収穫祭だ――

DSCF6592_縮小

一気どりしたのはこれもあるからですね。
明日雨なんでこの状態で放置はよろしくない。
オクラの種採り莢は通常だとこうはならないと思うけど、
ダビデの星の莢は露出することが結構あるので完熟したら晴れてるうちにさっさと収穫しないといけない。
後半にできたものほど天気悪くなるため枯れても中でカビてしまってダメってことが多いんですが、
その要因になってるのがこの割れってことになるんでしょうかねぇ。

DSCF6594_縮小

とったのはここにあるので20個、実際選別してたら隠れてもう1個出てきたんで21個。
先に採ってるのが5個なんで今のところ26個ありますね。
まだ数個ついてるので今年は30個少々の種採り莢がある計算ですかな。
うーん…無駄に多い(汗

まあ今年の莢は大小はっきりしてるんでいいもの残して使おうと思いますね。
去年もかなりの数採ったけど大量に残してますからねぇ。
贅沢だけどいいもの作るためにはそうやってくのがいいです。
来年も同じくらいか縮小かわからんけどダビデの星の種はしっかり確保できたぞー


おまけ。

DSCF6593_縮小

ほったらかしの白ひすいの莢も枯れてた。
振ってみるとカラカラと中に種が入ってるような音。
さてこいつはどうしたもんか・・・・・
どんなのができるのか試したい気もするけどねぇ。


2023-09-05(Tue)

今年もダビデの星の種ができてきたねぇ。

今日も雨降るぞー雨降るぞーからの濡れるだけみたいな詐欺を食らいまして。
なんだこのチクショウ天気はーという感じ。
ちょうど収穫作業の直前だったしタイミングも悪かったね。
影響はほぼなかったけどね。
降るといった以上は降ってほしいもんだけどなかなかうまくいきませんな。


DSCF6511_縮小

さてさて、9月に入ってから落ち着いてくるかと思ったオクラがなぜか今が最盛期ばりの収穫が続いてます。
株自体は例年に比べてみすぼらしい割に頑張ってんなーって感じです。
まあ去年も最大値が9月下旬に出るというわけのわからんことになってたし、
残暑続くと今年も似たような感じになるかもしれないっすね。
そんな中、収穫中は上ばかり見てるんで気付かなかったんだけど、
防除してたらダビデの星の種採り莢がもう乾いていることに気付きまして。

DSCF6513_縮小

今年も取りこぼしをでかくして種採りしてるんであちこちにでかいのがあります。
正直こんなにあってもしょうがないよねーって感じですが選べるだけのものがあるってのはいいこと。
この中に数個既にカラカラになってるものがあったんで収穫した。

DSCF6512_縮小

9月頭に種採りの莢が収穫できるというのはかなり早い。
去年より遅く始めたの去年よりも10日ほど早く種採り莢の収穫ですからね。
やはり今年は暑くて登熟が進んだってことでしょうね。
米だってもう収穫できんじゃねってくらい頭を垂れてますからねー
異常に進んでるってことでしょ

DSCF6517_縮小
DSCF6518_縮小

種採り用じゃないけど白ひすいの莢も大量にでかいのがついてます(汗
これは最初全く収穫にならない状態が続いていたので見てなかったせいですね。
そろそろついてるなーと思ったらこんなのがゴロゴロ見つかったということ。
取り除いていくのもめんどいのでそのままにしてます(大汗
これの種はどういう交雑種になるもんかねぇ。
ま、種採ってもまこうとは思わんけど―――


まだまだオクラは盛りですが一方で種もでき始めてます。
やっぱり当地だと1発目の取りこぼしから種採るのが間違いなく種採れるんでいいです。
初っ端ミスしてでかくした場合はやっちまったーと取り除かないで種採ってみてはいかがかな?
あくまで固定種の話だけど―――


2023-08-12(Sat)

今年のダビデの星いろいろ

今日は予報よりも早くから雨が降りまして。
目が覚めた時点でもう結構な雨の音ですよ。
予報では午前中からとのことだったんで朝起きてからいれときゃいいやーと外に出しておいた温度計がパー。
雨に当てたくなかったもんが雨に当たってしまって最低な目覚めでしたわ。
まあそれでも雨のおかげで連日の酷暑からようやく解放されました。
畑のほうにもしっかり水が補給されたんで恵みの雨ですね。
やらかしさえなけりゃ最高の雨だったんだけど(汗

DSCF6248_縮小

さてさて今年もオクラの収穫がだいぶ本格化してきた今日この頃。
ダビデの星もやっと波に乗ってき始めた状況ですが、
色々とあるもんでそれらを流していきますぜー

DSCF6290_縮小

まずやっと結実が安定してきたダビデの星です。
節間がようやく詰まってきた感じですね。
ここで追肥しちゃうとまた同じ轍を踏むことになるんでもう少し追肥は我慢です。
しかしながらすでにそれなりの収穫をしている島の恋&唄には追肥1回目をやってます。
白ひすいはそもそも収穫がままならない状況なので追肥もくそもない(大汗

DSCF6291_縮小

結実はよくなってきたけど今年もすすがひどくなってきた。
特にダビデのススの広がりがひどく果実のほうにも影響が出ているものがあるので、
昨日おととい2日かけて防除を実施していますよ。
1日でもできるけど夕方遅くからの作業なので2日に分けて実施しました。
去年の実施でベンレートがそれなりに果実への病斑を防ぐ防除になりうることがはっきりしているので、
今年もベンレートを使用限度3回分防除することになると思います。
後はダコニールをちょいちょい挟んでみてどうかでしょうかね。
案外基本的な薬剤で効果が出そうな気配、厳しかったらアミスターかね。
そんな感じでオクラのほうは追肥やら防除やらの実施がすでに始まっております。

DSCF6292_縮小

株の状況は悪くはないですね。
ダビデはやはりすぐに大きくなっていきます。

DSCF6293_縮小

こちらは左が白ひすい、右が島の唄。
似たり寄ったりの生育をしているんですが、地味に補植苗にダビデが混じっていて、
白ひすいの中に矢印の通りダビデが結実してました(大汗
やらかしちまいましたねぇ。

DSCF6294_縮小

全体的に見ると島の恋が一番背が低い以外皆それなりの高さに育っている模様。
そこまで悪くない印象ですが、いかんせん白ひすいの収穫状況がグロいんで・・・・・
何事もなく収穫できていれば去年の半分でも1日800個くらいの収穫はある感じです。
この状況からいってやっぱり白オクラってのは難しいと改めてわかりますわ。

DSCF6271_縮小

白オクラ美味いから作りたいんだけど気難しすぎて収量が・・・・
収量確保のためには白は諦めるべきかもしれないんだけどここで朗報??
ダビデが今年やけに白い。
緑のものと比べると明らかに白い。
まあ白ひすいもヘルシエに比べてだいぶ白い感じがあるけどそれ並みに白くなった感じ。
これは自家受粉でヘルシエとの交雑なのか?
なんぞよくわからんけどダビデが白いなら白オクラ育てなくてもいいのか?(笑
そんな感じで今年のダビデはいろいろと事が起こっておりますよ。

やはり盆あたりから本格化してしまうオクラですが、
案外盆で人が来る分産直のはけがいいので助かっております。
ダビデも本格化するとなかなか大変になってくるけど頑張って回していかないとねー
盆も大忙し、オクラには休みがないぜー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村