fc2ブログ
2024-03-23(Sat)

ロコトを整枝しときました。

今日はロコトの整枝をしたお話。
自分の髪の毛もやりたいところだけどそれはまあ明日にでも。

giMwDIMjHXrBdP01711185055_1711185093.jpg

まずですね、先日生きてはいそうだということが確認できたロコト、
枯れた葉っぱをつけっぱなしだと灰カビがひどいんで取り除いてみたわけですよ。
結構青々した軸がでてきて案外まともじゃないかーと。

NEC_0057_縮小

よくよく見たら芽が出てきています。
動いていてもおかしくはなかったけどやっぱりありましたね。
ということはこのままほったらかしておくと新芽にも害が出る可能性もあるし、
あちこちで芽が出てきて樹形に影響もありそうという事でばっさり整枝したわけで。

jituJ5Siv6a7qYt1711185110_1711185160.jpg

バサーっと。
かなり適当な切り方ですね(汗
ちゃんと下のほうから出てくるようであれば落ち着かせやすくはなるんですが、
新芽はどうしても先端のほうで出やすいんで、様子見な感じで伐ったようなもんです。

NEC_0060_縮小

物によっては台切りみたいな感じの切り方になってしまってますがね。
こういうのは生きてればよし、ダメならダメで仕方ないって感じです。

NEC_0058_縮小

全部ばっさり。
それでも1株も完全枯死は見受けられませんでしたね。
今年は暖冬ってこともあったんで比較的越冬しやすかったかもしれないけど、
暖冬で雪少ないってことで逆に暖房をかなり抑えてたってこともあったんで、
それらを考えるとよくぞまあ1株もかけないで越冬できたなーと思いますね。
これはロコトの耐寒性が強いってことの表れかもしれないけど。


ばっさりカットしたんで生育には結構時間がかかって来ると思いますが、
それでも苗から育てるより根っこあるってことは有利ですからね。
畑に春先に植えてみてスタートダッシュが決まるかどうか…
今年はまともに実がつくことを祈りたいロコトのばっさり散髪終了。



スポンサーサイト



2024-03-15(Fri)

かなり枯れ塩梅のロコト

今日は天気悪いはずだったのにめっちゃ晴れた(汗
日中はぐんぐん気温上がって久しぶりに二桁に到達しましたね。
夕方からものすごく風が強くなってこれから荒れてきそうですが・・・・・
最近の天気は予報通りに進まない気がしますねぇ。
どうかはわからんけど来週はずっと雪らしい。
外れてくれるといいけど3月下旬に雪三昧はかなりおかしいぞ――


DSCF2944_縮小

さてさて本日は植菌おやすみ1日目。
植菌作業がないとあれこれとみてまわる余裕ができますんで、
今回ロコトの様子見と水やりをしてきました。
前回からするとかなり葉が枯れてみすぼらしいというかお化け屋敷様というか(大汗

DSCF2945_縮小

休養舎が寒いってのもあるだろうし水切れってのもあるだろう。
後は暗さもあるしまあ様々な要因で結局越冬中は葉がほぼゼロってことで。
これは毎度おなじみといえばそうなんですよね。
最初は大丈夫だけど結局最後には葉が枯れ落ちるって感じ。
平常運転といえば平常運転。
ただ枝葉がどれだけ枯れてくるかというのが問題。

DSCF2946_縮小

一応まだ本体は緑色をキープ、完全枯死というわけではないので大丈夫そうではある。
個体差は結構あってかなり黒くなってるのもあるし真緑なのもある。
やっぱりねー最低でも週1くらいで確認してやれないとだめですよね。
それすらできないようならこういうのは無理だわ。
まあ今のところロコト越冬は何とかなりそうな感じではあるんで、
なんとかこのまま枯らさずに雪融けまで行きたいところである。


ロコトは去年全く実をつけなかったけど、
前回実を付けたのって越冬した株だったんで今年は期待したいところなんだよねー
株数もあるしうまくいって沢山とれれば万々歳。
あと1か月くらい無事に乗り切りたいところだ。


2024-02-09(Fri)

まるでゴーストな越冬ロコト

今日はロコトなお話。
コルヒチン処理モドキやって自家受粉できるかどうかチェックしたロコト、
去年はまるでダメなまま越冬に入ったわけですがね、
久しぶりに休養舎の奥地にある鉢植えを見に行きました。


DSCF2729_縮小

うわーお化け屋敷。

やーいおまえんち、おっばけやーしきー

くゎんたぁー!

今日ちょうどネコバス見ちまったんで組み込み(笑
マジっすよ、某保育園の送迎バスがマジネコバスでした。
色々ついてたけど・・・・あれって車検パスできんのかな???
まあ野暮な話か。

DSCF2730_縮小

余計な話は置いといてとにかく葉が枯れてシオシオ、
真面目にゴーストな状況ですね。
寒い中越冬しているんで葉がすべて枯れ落ちてしまうのは自然な症状、
問題は枝が完全に枯れてないかどうかだからね。
今んところは大丈夫そうですけど、

DSCF2731_縮小

この鉢の草が生き生きしている奴以外は水切れ気味でしたわ。
この大丈夫そうなやつは多分雨だれが落ちる場所にあるからだと思われる。
ホントはハウス内の雨だれって酸性度が高いので良くはないって話もありますが、
(植物の呼吸によって出る二酸化炭素が結露にとけこむため酸度の高い水になるらしい)
今回ばかりはそれのおかげで命拾いしてそうです。
そのほかのは水くんできて1リットルくらいずつかん水しておきました。
大丈夫かどうかはわからんです。


そこそこ数あるんで数株でも生き残ればまずはヨシくらいで。
ちょっと置き場所の関係で見に来ることがなかなかできなかったからなぁ・・・・
そんなのはフィンガーライムと同じ、結局あっちも水切れしれたからね(大汗
やっぱ冬場の管理って簡単そうで難しいなー
無事越冬して今年は無事に自家受粉するだろうか??
デカ株スタートで間膜ロケットスタートが炸裂すると面白いんだけど。
とりあえずあと2か月、これ以上おかしくならないように見れる時見つけて確認しとこう。


2023-12-06(Wed)

今年のロコトは休養舎で越冬

今年は全く結実してくれなかったロコト。
自家採種で自家和合性の確認実験とかしたわりにさっぱりだったね。
花は咲くのに実はつかずは相変わらずだった。
そんなロコトもそろそろちゃんとした場所で越冬に入らないとね。
雪が降った時点で仮置き場に引っ込めて動かしてなかったんで、
あれこれ置き場所考えて今年は休養舎の奥地で越冬させることにした。


DSCF2336_縮小

まずはお引越しするために一輪車に載せて移動。
こんだけ雪降ってもまだ青々ですね。
まあ流石にくたびれてしまってますけども。
温水ボイラーのあるところといっても完全に加温されてる場所ではないので、
基本一桁の温度でずっといましたね。
最初の雪の時とかそのまま外にあったんで、意外と寒さに対しては大丈夫かも。
ただし霜だけはダメですね。

DSCF2331_縮小

何か困ったときはこちら、みたいな休養舎の奥地。
去年はヤマブドウ越冬してましたね。
ヤマブドウは地植えにしたんで今年はロコトがかわりにイン。

DSCF2332_縮小

温風機近くなんで定期的に温風が吹くんで何とかなるかな。
風が回るんで乾きやすいってのはあると思うけどね。
あとは端っこの隙間風がどの程度ヤバいかでしょうか。
ビニールハウスって…結構スカスカ(大汗

DSCF2337_縮小

去年の越冬でもそうだったけどまだまだ花芽あったりします。
しかし越冬時の日照不足が大きいと思うけど絶対に実ができませんね。
生育は完全ストップ、越冬終わりまでにはほぼほぼ丸坊主だと思います。
それでも株が生きればこっちのもん、でかい状態でスタートできるのはかなり優位です。
だからこそ去年は実がついたのかもしれないしねー


そんなわけでこれでほぼすべての鉢物が越冬場所に移動しましたね。
無加温でもいいもの、ちょっと加温必要から絶対加温必須まで様々ですが、
まあ何とか毎年越冬させることができてます。
長い長い冬、今年も何とか乗り越えて来年また頑張ってほしいもんですね。
うまくいったらロコトも早速畑に植えて実験してみようかしらー


2023-09-08(Fri)

奇形花が止まんねぇよー

今日の朝は18度くらいまで下がってて随分と涼しくなりました。
というか涼しい超えて寒い。
つい1週間ほど前に39度記録してたってのにねぇ。
まあ最高と最低を比較するのもアレですが気温差20℃以上っすか。
1週間でだいぶ違いますねぇ。
このままあっと言う間に冬かな・・・・白い季節迫る。


さて本日はロコト。
涼しくなってきて流石に実ができ始めてきてもいいだろうって感じではあるんですが、
相も変わらずさっぱりな状態が続いています。

DSCF6535_縮小

株には追肥をしたりしていますがそこまで大きさに変化なし。
思ったよりも大きくなってきませんね。

DSCF6508_縮小

ただ花自体はたくさん咲いており結実準備だけはOK。
問題は花は咲いても実がつかぬという状態。
その要因が前回も記事にしてるけど奇形花なわけで、
段々気温が下がってきていてもその状態は変化なしです。

DSCF6520_縮小

比較的まともな花でもやっぱり柱頭がはっきりしない。
つまりは受粉が困難な状態が続いているってこと。

DSCF6536_縮小
DSCF6538_縮小

中にはもう形状が崩れて意味が分からなくなっているものだってある。
なんだろうねぇ、これだと全く実ができそうにないよ。
イヌサフランでのコルヒチン処理ってのがこれにつながってるとすれば大失敗だぜー
関係ないとすればこの奇形花はいったい何がどうしたんだろうか・・・・・


去年は全然実がつかないからあきらめムードの中自家受粉始めたのが9月の中旬のことでした。
突然自家受粉が成功して数個の実がついたもんですが、
今年もあと1週間くらいで劇的変化が起きたりするもんだろうか。
もしそうなるとすればロコト栽培って気温の関係上無理じゃねって話になってきそうなもんだけど(大汗
面白い作物だけど収穫できなきゃ意味がないし、
これはちょーっと厳しい結果を突き付けられたかも・・・・・
このまま越冬したうえで来年早い段階から実がつくかって言うのを確認したいのでもう1年はやるつもりだけど、
種まきからやっていくのは・・・だめっぽいかなぁ。
ロコト栽培計画はとん挫しそうでござい。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村