FC2ブログ
2012-02-08(Wed)

種屋がきた

今日は、種菌会社の人が来ていろいろと話をしていました。
といっても話をするのはオヤジさんで、私は蚊帳の外。

ウチで長年主力として使っている菌がこの会社のものなんですが、
この主力菌が最近まったく使い物にならなくなってしまい、
会社の人が来るたびにこの菌の話になります。

現在発生操作しているホダ木もこの菌で、さっぱり出ていません。
売り上げがた落ちです。


この菌は、もとは別の会社の作った菌で、現在の会社に譲渡か売却かされたものです。
なので、会社が違うと培養法や、原料に違いが出るため
そんなことで菌が変わってしまったのか?という考えが成り立ちます。

どうもこの会社の菌はあまりいいとは思えないんですよねぇ。
きのこの形やら肉、発生量。
オールラウンダーな菌なんてなかなか見つからないですが、
全てにおいていまいちというか・・・

今年はこの主力菌を植菌しないようです。
かわりにこの会社の新品種を試すようです。

何事にも世代交代がありますが、長期間かかる原木栽培ではそう簡単にいきません。
今年植えた物が、来年の秋でないと分からないわけですから。
品種を変えることは、とても難しい問題です。

スポンサーサイト



2012-02-08(Wed)

いぶりがっこを作る学生

昨日までに温かさから一転、身を切る寒さが戻ってきた山内です。
気温差が10度は今の時期こたえます。

さて、前の記事でいぶりんぴっくの話題を出しましたが、
今日の新聞に大学生が作ったいぶりがっこが販売される記事が載っていました。

秋大生が、山内に来て大根作りから漬け込みまで
農家の手伝いを受けて、いぶりがっこを製作しているというもので、
数年前から行われています。

できあがったがっこは、「いぶりばでぃ」という名前で販売されます。


山内は、高齢化が進んでいぶりがっこを作る人が減ってきています。
実際ウチでも大根をいぶすための小屋を解体してしまい、
完全に自家物はやらなくなりました。

こういう風に若い人が作り方を学んで、
伝えていくことはとても重要なことだと思います。
問題は、この地域の若い人がそういったことにまるで興味を示さないことですね。
なんとか伝統は絶やさないようにしたいものです。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村