FC2ブログ
2012-06-02(Sat)

ぶすきのこ

きのこつながりでいきます。
IMG_0942_縮小
ニガクリタケ。よく見る猛毒きのこ。
IMG_0949_縮小
ナメコのホダ木にナメコと同時期に出るので厄介。

皆さんの地域では「毒きのこ」のことを何と呼びますか?
秋田のキノコという本があるんですが、
その中で、食べられないきのこに対する方言で
「ブスキノゴ」という名称が出てきます。

この「ブス」きのこ。
ずっと謎だったんですが、最近ネットで
「最も怖い毒キノコは何か?」
という掲示板を見ていたんですが、そこで答えが見つかりました。


ところで皆さんは「毒島」と言う人をご存じだろうか?
私はプロ野球選手くらいしか知らないんですが、
この名字は「ぶすじま」と読みます。

「毒=ぶす」なわけです。
つまり「ブスキノゴ」=「毒きのこ」という事なわけです。

秋田弁は意外と標準語になるものが使われています。
(調べると辞典に出てるような言葉)
例を挙げろと言われても早速に出てきませんが、
この間ラジオで言っていた「ながまる」なんかもそうです。

東北の言葉は訳の分からないものが多いようですが、
こうやって調べると意外と標準語があったり・・・おもしろいもんです。

さて、今回紹介した写真のニガクリタケもそうですが、
毎年必ず「ブスキノゴ」中毒が起きますね。
私の親戚も「ツキヨタケ」にあたったことがありますが、
必ず専門家に「ブス」かどうかチェックしてもらいましょう。

スポンサーサイト



2012-06-02(Sat)

これはエノキタケか?

何かネタになるものは・・・と家の周りをうろうろ。

すると、スグリの株もとにきのこが!!

IMG_1267_縮小

こんな時期にきのこも珍しいけど、
スグリの株もとというのも珍しい。


IMG_1269_縮小

採って見ると、軸が黒く笠はオレンジ。
本でチェックするよりも先に思い浮かんだのが
「エノキタケ」である。

一般的に食べられてるエノキといえば真っ白ですが、
本来のエノキタケはこういうカラーらしい。
美味さも比べ物にならないらしい。

素人目に見てそう思っただけなので何とも言えないが・・・
こっちでは雪の下から出てくるので
「ユキノシタ」とも呼ばれるらしい。(そのままだ)


今回はチェックしてくれるような人もいないので
食べると言う事はしませんでした。

ウチはかなりのリスク回避家系。
「知らないものは食わない」これが鉄則。


さて、写真を撮ってたらなかなかすごい物が。

IMG_1271_縮小

分かりますかね。
2ミリ程度のカタツムリの赤ちゃん。
小さい物を見ることはあってもこんなにミニサイズは初めて。
大きなカタツムリまでどれくらいかかるんでしょうか?
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村