FC2ブログ
2012-07-20(Fri)

アンバランス

私は1年に1回鉢増ししていますが、
今年の春は資材が不足したため、鉢増しができませんでした。
大きい鉢(9号や10号)は問題ないのですが、
7号鉢に植えてあるものは軒並みアンバランスに。

IMG_1713_縮小

狭い場所い置くせいか、同じ方向にばかり枝が伸びまして、
このように石を載せてないと倒れてしまいます。
こういうのが3鉢。(この2つのほかに玄関に1つ)

水切れがガンガン起きますので、根っこは回ってるはず。
早いとこ鉢増ししたいんですが、実がついてる時にやっていいものか・・・
早くても8月後半になってしましそう。
それまではこのアンバランスな生活で耐えてもらいます。
2012-07-20(Fri)

畑を掘り起こしてみた

表面の石を取り除き、やっと深く掘れるようになった畑。
(とはいえ、大根をまく畝の分だけですが)
掘って見ましたところ・・・

IMG_1731_縮小

掘れません。
20センチも掘ると岩にぶち当たります。

IMG_1732_縮小

うーーん、この写真じゃわかりづらいですが、
黄色に見えるのが岩。粘土が固まったもの。

IMG_1733_縮小

こういうのが割れに割れて出てきます。
はっきり言ってここを掘るのは不可能でして、
地上部を高くして大根を育てる事にします。


簡単に図を出すと、


________________

    土
________________
   粘土層
__________
    岩 



__________

とまあこんな感じでしょうか。
こんなんだから水はけも最悪ですし、
トラクターで畑を掘ると石がどんどん上に出てくる仕組み。
まいったまいった。
ここで長い根菜を育てるのは骨が折れそうです。
2012-07-20(Fri)

つるあり?つるなし?

つるなしインゲンをまいた畑。
のはずですが・・・

IMG_1794_縮小

むむむ???
何やらつるらしきものが伸びてきましたよ。
つるなしのはずですけど・・・

他のものはといえば、

IMG_1795_縮小

なんだか立ちあがってきてますよ――
これってつるありなんでしょうか?
ありだとしたら対策をとらないとなりません。
つるなしでもこうなるのであれば問題ないのですが・・・
2012-07-19(Thu)

吊り上げ工法

以前紹介した下垂しまくりの「パトリオット」
色付いたらさらにやばくなりました。

IMG_1772_縮小

マルチに着いちゃってます。
奥では鉢の淵にかかってるし・・・


IMG_1773_縮小

全体的に見るとこんな感じ。
細い枝にがっつりついてますので、下垂はやむなし。
本当は支柱立ててとかやりたいんですが、
ネットを張る際、奥に押し込んでしまいスペースがなくて無理。
しょうがないので応急処置で枝を吊り上げます。


IMG_1775_縮小

すんごい突貫工事(笑)
手抜きの割には枝の下垂は解消されているので良し。
しばらく安静に・・・


さて、雨続きだったせいかこんなのが隠れてました。

IMG_1774_縮小

まあ見事に隠れてるわなー。
害虫食ってくれとお願いしておきました。
2012-07-18(Wed)

「やまうち」じゃないよ「さんない」だよ

山内村の紹介でもでましたが、
「山内」と書いて「さんない」と読むのはここだけであります。
そのため、通販で注文したところから電話があったとき
「お住まいの横手市やまうち・・・」


違うから―――


さんないですから―――


とまあこんなふうに間違われる事がしょっちゅう。
あとまあ、イントネーションの違いでか起る勘違いもあります。

どうも「さん」にイントネーションを置くんですよねー
そうすると「三内」の方になってしまうんですよ。

実際、母さんが道の駅に物を持って行った際
「遺跡ってどこにありますか」と聞かれたらしい。

山内に遺跡はございませんので。
土器とかは出ましたけど、現在は宅地になっとります。

私らが言う山内は数字の3の発音ではないかと。
起伏なく3ないと言うとそれらしいのかな?
発音を文字にするのが難しいのであってるかは自信がありませんが・・・
とりあえず覚えてもらいたいのは

「横手市山内」「よこてしさんない」だということです。
2012-07-18(Wed)

ブルーベリーの収穫開始

ブルーベリーが色づいてから2週間以上になるのかな?
ようやく収穫にこぎつけました。
なんでこんなにかかってるかといえば・・・
収穫サインがなかなか見えなかったため。
雨続きだったという事もありますが。


IMG_1763_縮小

今回の収穫はこんだけ。
やっぱり酸味系は完熟サインが出るのが遅いですね。
といっても、ブルーベリー栽培し始めてまだ2回目の収穫。
ほぼ初心者の私が本当に完熟サインがわかってんのか疑問ですけど。

さて、今回収穫したのは
・ブルーレイ
・ブルークロップ
・デューク(?)
・レカ
・ブラッデン
の5種類です。
早いはずの「オニール」や「ミスティー」はまだ熟してません。
また、ブラッデンは色付きから完熟サインが出るまでが早かったです。

他の品種は、

IMG_1783_縮小

晩生の「カロラインブルー」が色づき始めましたんで
ほぼすべてが色づいています。
あとは完熟サインを見逃さずに収穫するだけ。

IMG_1766_縮小

こうやって並べてみると、品種間でこうも違うのかと。
左から「デューク?」「レカ」「ブルークロップ」「ブラッデン」「ブルーレイ」
流石にブルーレイは大きい。
実の大きさの割に「がくあ」が小さいですね。
ブラッデンが正面見てないのは実が楕円形のためです。


IMG_1767_縮小

さて次は裏側の「スカー」です。
ブルークロップはかなり小さかったです。
反対にブルーレイはかなり大きめ。
日もちという点で見れば、スカーは小さい方がいいらしい。
ただ、冷凍してしまえば関係ないですけど・・


今回収穫したものは全部冷凍しました。
ブルーベリーは今年は量がとれそうなので単品ジャムをつくりますが、
カシスやらラズベリーやらと一緒にミックスジャムも作ろうかと。
味の方は・・・まあ失敗したら失敗したで・・・
更新滞ったらあいつ当たったなと思ってください(笑)
2012-07-18(Wed)

雨降って地固まる

雨の日々から一転、今日は真夏日の晴天。
梅雨明けは発表されてませんけど、梅雨明けたんじゃないかと思うほど
週間予報は晴れマークばかり。

晴れてる間に大根のまくところを掘り返さにゃなりません。
ということで、草むしりを急ピッチで終わらせました。


午前中はまだ土が柔らかくて取りやすかったんですが、
午後になったら土が硬くなって根っこまでとるのが大変。

IMG_1788_縮小

見てくださいこの荒涼とした大地。

IMG_1789_縮小

指をさしこんでも崩れるわけでもなくカチカチ。
植物を育てるような土ではありません。


IMG_1790_縮小

固くなってるのはこの表面の土。
表面1センチ程度をがっちりとコーティングしてるようなもん。


IMG_1791_縮小

崩して見ると、細かい土が集まったもの。
雨が降って水がたまり、泥が堆積して乾いたためかと。
水はけの悪いここだからこそなってしまうのか・・・
雨降って地固まるとは言いますが、ここでは固まりすぎて逆に迷惑。
ふかふかの土にするのは至難の技の様です。
2012-07-17(Tue)

規格 12S

今回から数字のはいった規格。
12Sはウチでは出していないんですが、紹介だけでも。

IMG_1722_縮小

これは規格の参考写真。
12Sはその名の通り12個1パック。
1箱30パックなので、1箱に360個使う計算。
選別が大変なのと、これだけ詰めても単価がとれないので
ウチでは12Sはやっていません。

このサイズは成人式の2次会で行った居酒屋で出た
椎茸の串焼きで出てきた物のサイズではないかと。
大きさは2センチちょっとくらいかな?
用途としては串焼きであったり、煮ものであったりではないかと。


IMG_1717_縮小

さて、パック詰めで使われるトレーなんですが、
縦10×横16くらいの大きさ。
内径が、縦8×横14くらい。
重なる部分もあるため、椎茸の大きさは正確に「何センチ」
とあらわすのは難しいのですが、
個数で大体の大きさを想像してみてください。

また、このトレー、
そこがデコボコしているのがわかるかと思いますが
ラップでぎゅっと押されるため、きのこにこのデコボコの跡がつきます。
見栄えを気にするのであれば、袋詰めの方がよろしいかとおもいます。
2012-07-17(Tue)

日々草むしり

今日は昨日に比べて格段に過ごしやすい天気。
今日の午後からはずっと晴れる予報。
これを逃さないように畑での作業は進みます。


さて、ここん所雨が降っていない時を見計らって草むしりしてるんですが、
ようやくカボチャ側の草むしりが終わりました。

IMG_1759_縮小

カボチャが伸びる方と逆に伸びてますが、それは気にしないで・・・
こっち側は去年まで使ってたので肥料分が残ってるせいか
雑草が多く発生します。

ただ種が発芽しただけならいいんですが、
畑の外から「地下茎」で生えてくる奴が厄介この上ない。

IMG_1760_縮小

代表格がこのスギナなんですが、地下茎が深くて大変。
(スギナは土筆と同じものです。)
これの強さ、駆除のしづらさがあるので、
除草剤のCMなんかでは「スギナまで枯らす」みたいに広告してるのもあります。


さて、畝を挟んで反対側。
こっちは大根をまくために石の除去をした方。

IMG_1757_縮小

線を引いてる方が石除去した所。
見事に草はえません。
中耕したのと同じ効果でしょうか。
こちら側はずっと作物を育ててない方なので、雑草も少ないのかも。

IMG_1758_縮小

でも、少ないとはいえ生えてるんですよね・・・
今日も2時間くらい草むしりしましたけど、明日までかかりそう。
もう草むしり2時間とか精神修行みたいなもんです。
嫌にならないでやってるので、この仕事に向いてるんでしょうね。
明日も炎天下になりそうですががんばりたいと思います。
2012-07-16(Mon)

不思議な花

それは2010年の事。
前の年過湿にしてしまったため、1つだけ別管理になった「ダロウ?」
なんだか株元にあるので、マルチをどけると・・・

IMG_0521_縮小

ん?

なぜにここに花が??

ズームしてみると

IMG_0520_縮小

間違いなく株元から花が咲いてるんですよ。
こんなことありうるんでしょうか?
調子が悪かったからなんでしょうか?
原因は不明です。


IMG_0524_縮小

とりますと、日が当っていないため真っ白。
本当に変な花です。
こんなふうになった事のある方いましたら、
なぜこんなことが起きたのか教えてくださいませ。
2012-07-16(Mon)

梅を収穫

今日は海の日ですね。
海の日もハッピーマンデーで20日から動かされた日。
こんなむりくり休みつくってどうすんの・・・
農家に・・・国民の休日何ぞないわい!!(涙)

はぁ、最後に海に行ったのはいつのころか・・・
ずっと内陸で生活している私にとって、そのしょっぱい水たまりは
とっても大きくてとっても怖い存在(水が嫌い)
金槌だっていいじゃないか。



さて、大雨が降ってるところもあれば猛暑になってるとことも。
当地は・・・湿度がひどかったです。
気温は25度くらいだったんですけど、湿度100%(嘘)
今年初めてだと思いますが、腕に玉汗ができました。
酷いじめじめ感。今夜は寝苦しそうです。

そんなじめじめした曇り空のもと、梅を収穫しました。
以前紹介した「桜より遅く咲いた梅」です。
この梅は曾祖母が管理してたんですが、
亡くなってから管理が悪く、収穫量激減。
毎年20個くらいしかとれません。
花は咲くんですが、実つきが非常に悪いです。


今年もそんなかと思っていたんですが・・・

IMG_1750_縮小

肌は悪いですが、例年よりは多い収穫。
毎年誰もとりに行かず、こうやって肌が悪くなったり赤くなったりします。

IMG_1751_縮小

中にはちょっと大きめなものも。
大きい方がいいものなんでしょうか?


さて重さは・・・

IMG_1752_縮小

1.6キロ。バケツの重さを引けば約1,5キロ。
なかなかの量とれましたね。

この梅はオヤジさんの「梅酒」になるわけなんですが、
何やら梅漬けがどうたら言ってたので何になるかはわかりません。
まあ、私が飲み食いするものではないので知ったこっちゃないんですが。
2012-07-15(Sun)

きのこの害虫対策

以前きのこに入ってる虫を記事にしましたが、
入るのを分かってて対策をとらない訳ではありません。

最も虫が発生するのは「休養舎」
ここでは、追いばえしたものが腐ったり、
収穫した際の生え際のカスなんかがあるため、虫がわきやすい環境です。
(きのこをハサミで収穫する人がいるようですが、
 きのこの根「いしづき」が残るのでお勧めしません。)

IMG_1668_縮小

休養舎の中です。ハウスが飛ばされて虫が減ったんですが、
その後の自然発生が大量に腐り、また虫が多くなってしまいました。
黄色いのは粘着テープ。
ここにいるおもな害虫は「キノコバエ」でして、
キノコバエは黄色に集まるので粘着テープは黄色です。

IMG_1669_縮小

ズームするとかなりの量が張り付いています。
これで1000くらいはとれてるのかな?


IMG_1670_縮小

これが最終兵器「捕虫機」
ただこれは夏には使えないんです・・・
なぜならば、

カブトムシやクワガタが集まってきてしまうから
特にカブトムシは捕虫網をぼろぼろにしてしまいます。


さて、こうやって駆除を試みても捕まらないものが卵をうみ、
ホダ木に幼虫がつきます。
幼虫はなぜか浸水しても死なないんですよ。
(10数時間水の中にいても死なない)
それが発生舎に持って行かれきのこにつくわけです。

IMG_1586_縮小

幼虫は軸の部分になぜかいるんですよ。
種類によっちゃあ笠の部分にいる事もありますが。

IMG_1587_縮小

これが上のキノコにいた幼虫。
多分「クロバネキノコバエ」の仲間。

こうやって対策はするものの、根絶は難しいのが「虫害」
薬を使えないため大量発生すると大変。
きれいな食品の裏にはこういった努力がある事を分かってください。
2012-07-15(Sun)

虫さされ

本日当地は雨であります。
最近雨続きで畑を見に行けないのがつらいところでありますが・・・
いやあ今の大雨にはまいってしまいますね。
被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。


さて、こう雨が降りますと、どんどん雑草が繁殖してきまして、
草むしりをしても追いつかないほど茂ってしまいます。

雨が上がっている時は極力草むしりをしているんですが、
そういう時に必ず「蚊」がやってくるわけです。
あの目の前をうろうろと飛び回るやつは本当にいらいらします。

最近なぜか蚊を見なくなったなあと思っていたんですが、
噂をするとなぜか現れるんですよねぇ・・・

IMG_1748_縮小

そんでもって2か所刺されました。
ここまで腫れるのは久しぶり。
蚊に刺されてもかかないんですが、今回はかかなくてもこんだけ腫れました。
熱があってかゆいんですよねー。
これも1種の「アレルギー」なんでしょうけど、反応ですぎ。
やっぱり外で作業するときは虫対策は必要ですね。
2012-07-14(Sat)

カシスを収穫してみた

黒くなってからかなり日数が立ったんですが、
カシスを収穫してみました。

IMG_1729_縮小

1本分、しかも1房の半分程度なのでこの程度。
ただ、ブルーベリーと同じで黒くなってから肥大するようで、
大きいやつは結構大きくなります。


さて、このカシス。
採ったはいいけど、結構青臭いんですよね・・・
熟してもこういう匂いなのであれば仕方ないんですが・・・
生食する度胸がないので、加工して食べる事にします。
次で全部収穫し終わると思うので。
2012-07-14(Sat)

下垂が止まらない

ブルーベリーには品種ごとに枝質が異なりますが、
そんなこと関係なく、重ければ下垂してしまうわけです。

IMG_1611_縮小

これは「パトリオット」
思いのほか着果が良くて、おまけに細い枝なためしなるしなる。
色付き前でこれですから、色付いたら・・・


IMG_1680_縮小

これは「デューク」として買ったもの。
いまいち品種同定ができませんで、本物かどうかはわかりません。
もう一本釣り状態になってます。


さてさて、こんだけ実をつけると小さくなるかと思いきや

IMG_1704_縮小

2センチオーバー。

IMG_1708_縮小

こちらさんも2センチオーバー。
これ以上大きい物はほぼ無いですが、なぜか2センチクラスがぞろぞろと。

ただね・・・ここん所の雨で「ヤツ」が食い漁ってるんですよ。
「ナメクジ」が・・・

やつらは夜行性。
今日の夜も10匹以上たたきつぶし、
おとといなんか30匹以上たたきつぶしました。
(ネットのせいで中に入れないので、支柱を使って叩きつぶします)
何か対策をとらないといけませんね。
2012-07-14(Sat)

今年の夏が終わりました

いやいや、、まだ夏は始まってませんけど―

高校野球のお話ですよ。


わが母校は、初戦敗退しました。
短い夏が終わってしまいました・・・

いやね、前半はいい戦いだったんですよ。
けど先取点のとられ方が本当にひど過ぎて・・・
ランナー1・3塁で浅い外野フライ打たせたのはよかったんですけど、
・ボールを内野に返してるうちに1塁ランナーが盗塁
・それにつられてランナーを追いかける
・3塁ランナーホームスチール
とまあこんな具合に点をとられてからはガタガタ。

8回には9-0までいきまして、危なくコールド負け。
(裏に3点取ってどうにかしのいだ)
今年もまたあっさり終わってしまいました。


まあ今年の秋田はどこが勝ってもおかしくないですので、
こう言っちゃなんですけど「どんぐりのせいくらべ」状態。
去年の能代商業は甲子園で頑張りましたけど、
今年はあんまり期待してません。
秋田県内より、お隣の「大谷」が気になるところです。
2012-07-13(Fri)

大和真菜を収穫

間引き間引きして大きくした大和真菜。
ようやく形になったので収穫です。

IMG_1747_縮小

どうっすか。結構立派でしょ。
大きくなって不織布の長さが足りなくなってきまして、
そこからナメクジやら幼虫やらが侵入して食害が起き始めてます。

でも、婆さまが裸で植えてる葉物に比べたら
やっぱりきれいですよね。


こうやって見ると葉っぱきれいに見えるんですが、
実は結構クロロシス症状が出てます。
肥料やってないからなんでしょうけど、
最後まで持つでしょうかね・・・
2012-07-13(Fri)

アークティックグローが咲いた

ウラジロヒゴタイの「アークティックグロー」が咲きました。

echinops sphaerocephalus arctic glow

アークティックグローは「スファエロケファルス」というのに属していて
白花系のウラジロヒゴタイです。

ルリタマアザミといっても、アークティックグローのような白花の「スファエロケファルス」と
青花系の「リトロ」が主に流通しているそうです。
他にも色々とありますが、それは後々品種紹介で。

IMG_1744_縮小

昨日の夜に見廻りした時は咲いてなかったので、
朝にかけて咲いたんでしょう。
もっとズームしてみると・・・

IMG_1745_縮小

面白い形の花です。
なんというかミサイルのような・・・(笑)

まだ咲いたのはこの1本だけ。
でも、予備軍は結構います。

IMG_1746_縮小

うしろに2本。
他にも写ってないだけで10本くらいあります。
今年買った株なんで来年咲くのかと思っていたんですが、
今年咲いちゃいました。
もう少しすれば青花系のも咲きそうなので楽しみです。
2012-07-12(Thu)

積ん読

  IMG_1702_縮小

買ったはいいけど読んでない本それが「積ん読」
私も何冊かそうった本がありますが、これはその一部。

漫画の積ん読は100%ないですけど、
小説とか、そういった文章が長々と書かれてるものはどうしても読むのに時間がかかって
たまってしまうんですよねー。


私は、これを読みながらこれもなんて器用ではないので
1冊集中で読みますが、買ってみて面白いとやっぱりあっという間に読みます。
最近面白かったのは「居眠り磐音」シリーズ。
出会うきっかけは故児玉清さんがNHKラジオで紹介してた時。
読み始めたら止まらなくなるほど面白いです。


まだ読んでない本が沢山あるのに、読みたい本が続々と・・・
この「積ん読」を処理できる日は来るんでしょうか?(笑)
2012-07-12(Thu)

注文入りました――

ウチでは、市場出荷のほかに産直やスーパーなんかにもきのこを出しているんですが、
そういうものを買って食べた人が、直に注文してくる場合があります。


ウチはそんなにアピールしてる方ではないので
(このブログがアピールの場になればいいんですが)
注文してくる人は「口コミ」か「食べてうまかったから」ですけど、
注文内容も指定されたり、アバウトだったりと色々。


最近は意外ときのこ小屋に直接来て買い付けていく人も。
某フレンチレストランの人も買いに来た事があります。


さて、今回の注文は「大きく開かせたもの2キロ」
品種によっちゃあこの注文は受ける事ができませんが、
ちょうど5Kの発生と重なったので受けました。

IMG_1716_縮小

きのこを大きくするのは難しいんですよね。
大きくなるのは限られてますから。

こんなふうに、注文に応じてきのこを作ることもしばしば。
でもこんなふうなキノコを作るのはまれです。
このきのこは喜ばれたそうですが、もっと大きくてもいいとのこと。
いまの時期にもっと大きくというのはちょっと無理だろうと・・・


来週あたりまた欲しいそうですが、品種変っちゃったしなあ。
もう少しきのこが大きくなってから返答するつもりです。


2012-07-11(Wed)

グリーンフィンガー

今日の当地は真夏日となりまして、とても暑い1日となりました。
飲んだモンが全部汗になってしまうような暑さと湿度。
ハウス内という事も相まってべたべたと相当な不快感です。
部屋の中もまだ25度以上。(冷房未完備)
秋田の山奥ですが、熱帯夜を覚悟しないとなりません。


さて、暑さだろうと湿気だろうとかまわず害虫はやってきます。
今年はイチゴがないせいなのか、アブラムシがブルーベリーに大挙。
朝つぶしたのに昼にはもう飛来しています。

IMG_1685_縮小

蟻がたくさん来るのでわかりやすいですけど・・・
朝昼夕3度見て3度来てるとやるせなくなります。

そんないたちごっこですが、薬を使わないという事は
それを覚悟の上でやっているという事。
ためらわず指でつぶしまくります。


IMG_1686_縮小

するとこうなります。
どこで見たか覚えてないんですが、
外国のガーデナーがこれを「グリーンフィンガー」と呼ぶそうです。
確かにアブラムシつぶすと緑になりますけども。
外国でも、こうやってアブラムシつぶしてるんでしょうねー


さて、アブラムシもそうですが、今年はこいつの飛来が多く見受けられます。

IMG_1599_縮小

写真撮ったのは別の場所ですが、
コガネが結構ブルーベリーに飛来してます。
葉を食われたとかはないんですが、昨日4匹殺しました。
何やら被害が出そうで恐ろしいです。
2012-07-11(Wed)

ネットを張る


IMG_1709_縮小

一番乗りのレカの色付きから数日。
他のものもだんだんと色づいて来たので、ネットを張る事に。

ネットを張ったのは2年ぶり。
その時はイチゴを守るためでしたけど。
今回は2か所に張るため、だいぶ手間取りました。

IMG_1726_縮小

玄関先に置いているため、ネットを張るスペースも限られてますし、
数が多いのでこみこみになりました。
手前のパイプはネットのたるみをとるためのものです。


狭い中やったので葉っぱが切れるやら実が落ちるやら・・・
もう少しうまくやれればいいんですけども。


とりあえずこれで堂々と外に出していても大丈夫。
親戚のブルーベリーは色づいたものをそっくりやられてるそうなんで、
危なかったですね。


その証拠に・・・

IMG_1631_縮小

鉢の前には鳥の糞が・・・
色付きをうかがっていたのでしょうか?
前に実を付けた時、キッチンネットをかぶせたんですけど、
それを取り外して食っていった強者がいましたんでね。
やっぱりネットは必須です。
2012-07-11(Wed)

爺さんの玉ねぎとニンニク

爺さんといっても、私の直系の爺さんではありません。
直系の爺さんは私が生まれる前になくなっているので、
私にとっての爺さんは、母方オンリー。


さてその爺さん。
80過ぎてますけど、元気の畑で物を作っています。
爺さんいわく「モノを作るのが楽しくてしょうがない」そうで、
毎年、立派な作物を作って遊びに来ます。


その爺さんの渾身の作、玉ねぎとニンニク。

IMG_1727_縮小

いやあ毎年のことながら立派立派。
大きいのを選んでくれたようですけど、

IMG_1728_縮小

ウチじゃあこんな玉ねぎとれません。
ウチのはよくてこの半分程度。
大半がミニ玉ねぎサイズ(苦笑)


元気で作業してるとはいえ、やはりお年を召してますんで
だんだん体がきかなくなってるようですけど、
楽しみがあるってことはとても良い事ですよね。
私も負けないように立派な作物を作りたいと思います。
2012-07-10(Tue)

相野々ダムへ行ってきた

山内にはなんとダムが2つあります。
それだけ山に囲まれてるってことですけど。
1つのにですからね。なかなかすごい事だと思います。

本当は行く予定なんかこれっぽっちもなかったんですが、
久方ぶりに友人が訪ねてきたのでドライブがてら行く事に。
途中の道がこの間の雨のせいかところどころ崩れてまして、
「やべえな、帰れなくなったらどうする」
なんて話をしてましたが、無事到着しました。

IMG_1697_縮小

あーー久しぶりのダム。
実に10年ぶりか?
最後に来たのは多分中学校のキャンプだったと思う。

相野々ダムには色々と思い出がありまして、
小学5年のキャンプの時、付近にクマが出て学校で泊まる事になったり、
なべっこ遠足(よく言ういも煮会)のときもクマが出て学校開催。
相野々ダムに行く時はよくクマに邪魔されました。


まあそれもそのはず、

IMG_1700_縮小

こーーんな山の中ですからねぇ。
クマだろうがなんだろうが出て当然のようなところですから。
でもね、自然の中にいるって感じでとてもいいですよ。
(カーナビに道が出なかったので、行く際は注意して下さい)
2012-07-10(Tue)

やっとトウガラシを植えた

すでにトマトやらきゅうりやら、夏野菜が採れ始めてるって言うのに、
ようやくトウガラシを植えました。

種まきが遅かった事や、肥料を与えないで育ててしまったため
育苗に時間がかかりすぎました。

IMG_1675_縮小

植えたのはこちらになります。
オッホィ 畑一番の水たまり。
この水が引けるのに4時間以上かかりましたよ。


IMG_1687_縮小

植えましたのがこちら。
52株あります。
株間にポットまきしたつるなしインゲンを植えました。
何やら成長を助けるようです。

水が引いた――とはいえ畑はぐちゃぐちゃ。

IMG_1689_縮小

ぬかるみますし、靴に泥がついて重いのなんの。
非常に疲れる作業となりました。


さて、これで春に種まきしたものは植え終わり。
ようやく育苗から解放されました。
まだまだ畑でやる事は尽きないですけども、まずは1つクリア。
さて、晴れ間のあるうちにまた石拾いでもすっか。
2012-07-10(Tue)

雨が降るとこうなるらしい

先日の雨はすごかったんですが、雨が降ると担当する畑はこうなってしまうようで


IMG_1676_縮小

まずは、サツマイモと豆の畑。
案の定畝の間が水びたし。
高畝にしないとだめだなこりゃあ。


IMG_1674_縮小

そんでこちらがトマト。
畑かここは?全くひでえ水はけ。
家の前の畑は雨が止んだらすぐに水引いたけどなあ。
元「田」はさすがに水持ちが違うぜ。


さて田といえば、毎年のように水害がでる田がありまして

IMG_1673_縮小

この川の奥にある田がそうです。
岸に流木がたまっているのがお分かりかと。
この時点でかなり水位が下がってたので(1メートル位)
氾濫する危険はなくなってましたけど、
去年は丸ごとやられて大変だったようです。
(それでも流木を取り除いて収穫までこぎつけてました)


さて、ウチのプランターもすごい事になってました。

IMG_1671_縮小

どういうことだよ!!
水が引けません。とことん水はけの悪い土の様です。
放射能どうこうで以前と土の配合が変わったためだと思います。
これじゃあまずいですよ。
もう土砂降りは勘弁してくんろ――
2012-07-09(Mon)

夏が来れば思い出す byコウモリガ

この時期になると嫌な奴を思い出してしまいます。

私がブルーベリーを育て始めた4年前、順調に育って
株元からシュートが出てきていたルーベル。
ある日なんだか萎れてるな?と思ってよく見ると・・・

IMG_0155_縮小


あーーーーーーー
穴が開いていました・・・
下手すると株ごとやられてたところです。

この時は犯人はすでに逃亡後。
実はブルーレイもやられかけてたことも判明。
(実際は枝をちょっとかじられたけだったけど、枝を切ってしまった)


その翌年に現れたのがこいつ。
IMG_0622_縮小

無差別爆撃型飛行物体コウモリガ
(コウモリガは飛行しながら卵をばらまきます
部屋の外で何かがばたついてる音がしたので見に行くとこいつがいました。
はたき落したんですが、

IMG_0625_縮小

流石は無差別爆撃、卵をばらまきやがります。

IMG_0626_縮小

もう容赦ありません。白い小さなものはすべて卵。
本体を捕まえて外に出したところ、

IMG_0627_縮小

ケツから出てるの全部卵。
怖すぎだよ―――(涙)
卵は一応拾えるだけ処理し、本体もすりつぶしの刑。
幼虫がいないかびくびくしながらの生活でしたが、
現れることなくほっと一安心。

その後は出現することはなくなりましたけど、
毎年イチゴ数鉢がクラウン丸ごと食い荒らされ枯れてしまうという
悲惨な事件は起きています。
(この幼虫の顎はすごくて、コンクリートをがりがり音たてて砕いた)

もう二度とこんなやつは現れてほしくないですが、
イチゴを辞めたので、今年はブルーベリーに現れるかも・・・
2012-07-09(Mon)

イチゴ最終年 ~赤い実よさらば PART1~

さて、色々と果樹を育てていると、必ず通る(?)であろうイチゴ。
私が導入したのは2年前。今年で3年目。
でもね・・・手がかかり過ぎて、もう限界・・・

という事で今年で栽培を中止するイチゴのネタを出せるだけ絞り出します。


じつは、今年でやめようとは思ってもなかったんですが、
去年苗採り用(親株)と収穫用で分けたんですが、
(それまでは収穫後に親株にしていた)
30近く作ったものが、冬越し後に1つ死に2つ死に・・・
結果残ったのが4株。
これじゃあやる気も起きねぇということで中止となりました。


IMG_1607_縮小

去年の苗づくりから失敗してまして、
花芽が出てこない・・・
このイチゴも数少ない収穫イチゴ。


IMG_1608_縮小

これは小さいのしかついてませんが、大きい物を収穫した後。
ウチではなぜか茎が折れやすく、2,3個でぐにゃっと折れます。
茎折れで収穫できないのが2,3割でしょうか。


イチゴは手がかかると書きましたが、かかる内容はといえば、
・アブラムシの多発
・うどん粉病の多発
この2つがひどすぎです。
特にうどん粉病は、なった実の7.8割がかかってしまい、
全く収穫量が上がらないという最低最悪なもの。


今年は株が少ないからなのかうどん粉病は出ませんでしたが、
風通しやら雨に当てないやら工夫しても大量発生するのでお手上げです。

アブラムシも、とってもとってもとってもつくのでお手上げ。
今年はブルーベリーへの飛来が止まらないんですけど・・・
スパンが1年以上というのも負担になります。
今年で終了したらどれだけ負担が減るのやら・・・
気が向いたら・・また復活するかもしれませんけども。
2012-07-08(Sun)

3連四つ葉

四つ葉を探しに――とうろうろしてましたら、

IMG_1655_縮小

3連続で四つ葉が生えているものを発見。
いままで2連まではよくあったんですが、3連は初めて。

IMG_1656_縮小

茎を切ったものです。
3つ続いてるのがお分かりかと。


さてこの四つ葉、増やせないかと悪い癖が。(笑)
以前チャレンジした時は2連四つ葉で、次の芽は3つ葉だったので
育ったものは全部3つ葉になってしまったんですが、
3連ですべてが4つ葉なら・・・と再び実験敢行。

IMG_1664_縮小

30分水につけたあと、植えてみました。
クローバーは3節あれば繁殖させられるそうなので、
3連四つ葉は好都合。
さていったいどうなることやら・・・
2012-07-08(Sun)

規格 LS

規格の紹介です。
まずはウチの主力「LS」です。

LSはargemoleで、大小まぜこぜなものです。

IMG_1665_縮小

横手ふるさと管内では、パック詰めのシールは「釣り吉三平」
原木も菌床も同じです。

このLSに詰められるのは、
「形がいびつ、開きが強い、多少の傷」等、他の規格に当てはまらないもの
がおもにパック詰めされます。
だから、というわけでもありませんけど、
6Mサイズの大きめないいきのこのいびつなものなどが入ることもあり、
割に安くていい物が手に入るチャンスだったりします。


IMG_1666_縮小

これは大きめなものが入ったもの。
一応裏側も見た方がいいですけど、ラップで見づらいですよね・・
(傷や痛みが笠の方にあったりするので)

IMG_1667_縮小

これは小さめなものが入ったもの。
同じLSでもこのようにサイズはバラバラ。
100グラム詰めなのでグラム数は同じですけど。


スーパーで安く売られるのは大概LS。
出荷した際の値段は安くて40円、高くて80円。
いまの時期、需要が減ってくると40円台をつけます。
こうなると生活できません・・・60~70円台がベター。

また、ホダ木や菌床の終わり際(廃棄寸前あたり)だと
LSが増える場合があります。
菌の力がなくなり、通称「カス」と呼ばれるきのこが増えるためです。


さて、気付かれた方もいるかもしれませんが
パックして早速はやっぱり白くてきれいなんですよね。
流通に時間がかかるので、店に並んだものはどうしても悪くなりがち。
ひだが白く、倒れていないものは新鮮ですので、
そういったものを購入するのが良いかと。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村