FC2ブログ
2012-07-22(Sun)

イチゴ最終年 花は咲けども実は食えん

さて、もうすでに栽培終了してしまいましたイチゴ。
過去ネタで盛り上がりたいと思います。

IMG_0489_縮小

これは房の香。(多分)
たしかホーマックで買ったやつ。
ずいぶん立派な苗でした。
うどん粉に強いとか書いてありましたけどね、やっぱりね・・・


IMG_0403_縮小

こちらはカラン。
四季なりイチゴ。
四季成りはこれが初めで最後。
八重の花でした。実もまずまずなったのかな?


IMG_0494_縮小

そんでもって桜香。
ピンクの花のイチゴ。
これは意外と優秀で、大きい物が結構とれました。
今年も期待してたんですが、全滅してしまいがっくし・・・


あとは女峰とか幸の香とか色々あったんですけどね・・・
花が咲いても実が・・ついてうどん粉・・ひどいわーーー

苦労に苦労を重ねた末の収穫できず。
全くイチゴは割に合いません。
スポンサーサイト



2012-07-22(Sun)

作業紹介 木を浸水する

木をよせる、木を並べると来て、最後は木の浸水。
日常の作業でこれをしないときのこは出ないという重要な作業。
今回はその内容をお伝えします。


まずは、木を浸水する水槽。
IMG_1535_縮小

枠が4つはいるくらいの大きさ。
水面に浮かんでいるのは「封ろう」
水深は約1,5メートル。
両はしは浮かばないように止める事が出来るんですが、
中2つは止める事が出来ないので特殊作業が。

IMG_1459_縮小

こうやって前の日浸水したホダ木がおもしになるわけです。
なので、浸水したものは1日置いてから並べる事になります。


さて、肝心なホダ木を枠に詰め込む作業。
まずは空の枠を運搬車に乗せ、休養舎へGO!!

IMG_1737_縮小

今回浸水するのは右に見えますホダ木。
枠になるべく偏らないように入れていきます。
注意するのは、端に曲がった木を入れないようにすること。
浸水した際、隣とぶつかって皮が剥げてしまうからです。


IMG_1740_縮小

うまい事調整して隙間なく上まで入れます。
隙間があると浸水した際、ホダ木が遊びます。


IMG_1741_縮小

中央寄りに入れます。
片側が長いと吊り上げた時アンバランスになります。
多少どっちかによっても問題はありませんが。

これをチェーンブロックで吊り上げ、浸水します。
これを1日4枠分。多いと6枠分。
(この水槽の隣に3枠はいる水槽がある)


浸水時間はホダ木の状況で違います。
初回の浸水は短め。(4~6時間。)
うちでは通常は夕方浸水、朝水揚げというパターンです。(約15~18時間)
冬場には長めになります。(24時間前後)

IMG_1619_縮小
ホダ木が軽いとこのように水を吸います。
これでホダ木がどんな状態なのか推測できます。


浸水には、
・窒息による生存の危機
・温度変化による刺激
という2つのことできのこを発生させるとされます。
温度変化を持たせるため、夏場はクーラーで水温を下げます。(13度くらい)

ただ、浸水発生のキノコは自然発生のものに比べ劣ります。
家庭で管理する場合は浸水発生はしない方がよいと思います。
(ホダ木のサイクルが崩れて自然発生がおかしくなる可能性がある)
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村