FC2ブログ
2012-09-09(Sun)

鶴ヶ池

来週には「いものこまつり」が開催される鶴ヶ池の紹介です。

IMG_2056_縮小

対岸に見えているのが「鶴ヶ池荘」
湖面にはスイレンや蓮などが咲き誇っています。

IMG_2057_縮小
IMG_2058_縮小

こうやって湖面がおおわれるので、魚がこの下に沢山集まります。
意外に知られていないかもしれませんが、
ブラックバスがよくつれます。
私も以前40センチクラスのブラックバスをつった事があります。
餌釣りで・・(笑)
池の面積が小さい事もあるせいか、ブラックバスの成長は早いと思います。
大きいのがうようよいますよ。

でも、ここはホントはそんな外来魚なんかいなかった所。
どこの「バカたれ」が放流したのか、以前はつれたフナがほぼゼロに。
普通につりしてると、釣れるのはブラックバスのみです。
こんな辺鄙なところですら、ブラックバスの脅威にさらされています。

ブラックバスを駆除するなとかいう人たちもいますが、
それなら自分たちで池作って放せばいいだろと。
環境ぶち壊してるものを野放しにしておいて、
自分たちの楽しみ奪うなとか虫がいい話ですよ。


さて話がそれましたが、鶴ヶ池のシンボルのご紹介。

IMG_2061_縮小

まんま「鶴」です。


IMG_2062_縮小

ここは少し水が引くと道が現れ、この鶴の所へ行く事が出来ます。
まあ、濡れるのを覚悟で行く事も出来ますが。
水深15センチくらいの所に道があるので。


この鶴の銅像の近くには、

IMG_2060_縮小

山内村立村100周年の記念碑や、

IMG_2067_縮小

菅江真澄の歩いた道の碑があります。
(これは黒沼にもあります。)

IMG_2066_縮小

またその近くに、「ここは城の跡だ」
という説明の看板が。
そんな話は聞いた事がないんですが・・・
まあ、史跡というものらしいです。



IMG_2069_縮小


ぐるっと周回していきまして、鶴ヶ池荘を過ぎた所に公園があります。
この公園は地元の中学生が発案してつくられた公園です。
つまり私の先輩が提案したわけですな。

ここがいものこまつりのメイン会場になります。
いものこまつりの日は、村の人口の数倍の人が来ます。
全くすごい人だかりですよ。

今回のいものこまつりのポスターがこちら。

IMG_2068_縮小

近場で暇のある方はぜひいらしてください。
花火は見物ですよ。


そして何より、鶴ヶ池といったら鶴ヶ池荘。

IMG_2072_縮小

山内には温泉が3か所ありますが、
そのうち最も近場なのがここ。
去年あたり、温泉が出なくなる事がありましたが、
現在は復活していますのでご安心を。

温泉館の外には足湯もあります。

IMG_2071_縮小
IMG_2070_縮小

ここも近年つくられたもので、かなり新しい施設。
まだ暑いですから足湯につかる人はいませんが、
いものこまつりのあたりだとちょうどよいかもしれません。


とまあ、ざっくりと鶴ヶ池の事を紹介させてもらいました。
鶴ヶ池についての事はあまりありませんが、
鶴ヶ池荘のホームページなどはありますので、
詳しくはそちらで調べて見てもいいかもしれません。
スポンサーサイト



2012-09-09(Sun)

インディアンサマーとサマーフェスティバルの様子

この間でかいのがサマーフェスティバルと書いたけど、
よくよく見るとインディアンサマーだった・・・(汗)

ブルーベリーの防鳥ネットを外したので、
ようやく写真を撮る事ができました。


IMG_2313_縮小

今年購入のインディアンサマー。
春うえでまだ実は採ってません。


IMG_2314_縮小

はい、この鉢の大きさを覚えてください。
7号鉢ですよ。
では地上部の写真へまいります。





IMG_2315_縮小


アンバランスーーーーーー(笑)


なぜ写真が撮れなかったかお分かりになるだろうか?
防鳥ネットに引っかけながらどうにかこうにか伸ばしたので、
ネットが絡まって大変だったからです。

IMG_2316_縮小

サマーフェスティバルと比べてみます。
サマーフェスティバルも今年の春同じ日に植えたもの。


IMG_2318_縮小

右がサマーフェスティバル。
インディアンサマーの上見きれちゃってるし・・・
どんだけでかいんだ・・・

IMG_2317_縮小

サマーフェスティバルには現在「秋果」がついています。
夏になるんではなく、秋になるもんなんですね。



IMG_2327_縮小

さてこの無駄にでかいインディアンサマーに支柱を立てて
どうにかこうにか直立にしてやりました。
こんだけでかいんだから、ぶった切ってもいいんですが、

IMG_2350_縮小

実は頂上部分に花芽ができてしまいまして・・・
ここに実がつくかもしれない訳ですよ。

そう考えると、この無駄に長く成長したものが
「結果母枝」になるわけですから、枯れるんでしょうか?
枯れるんだとすればもったいないですな。
やっぱ切った方がいいのかもしれませんね。
2012-09-09(Sun)

ガシャーン!!鉢割れ

先日注文した鉢が届いた。
スリット鉢100個も注文したせいで、1週間もかかってしまった。

早速中身のチェック。
駄温鉢の方をあけて見ました。


あけている最中、納品書があったので読んでみましたら、
「商品が輸送中の事故等で破損した場合は・・・」
と注意書きがありました。

いままで注文したものが破損していたという事はなかったので、
まあ、と気にせず開封していきました。




ところが・・・・・





やっぱし嫌な予感というものはあるんですねぇ。
見事に破損。

IMG_2308_縮小

なんというかそもそもの梱包が軽すぎやしねえか?
クッション材入れて段ボールでくるむって・・・

これは1個目。
中のも確かめましたら・・・

IMG_2309_縮小

はいダブルーーー
ガックシ・・・・


まあしょうがねえ。
広島からこんな包装できたんだ。
割れない方がどうかしてるよ・・・



今日連絡入れようかと思ったけど、日曜は休業。
明日連絡するしかない。
これは私のせいではないので新品が新たに来るはず・・・
駄温鉢は高いですからね。
弁償してもらわないと困りますよ。
2012-09-09(Sun)

べっちょっこ

昨日風呂に入ろうとしたら、窓の外に何やらでかい「ヤツ」が・・・


そういやあ今年は見てないような気がする・・
「べっちょっこ」でした。


べっちょっこというのはここら近辺で言う「」の事。
小さい物から大きい物まで、万能に「べっちょっこ」で通します。


IMG_2307_縮小


こいつがそのときのべっちょっこ。
多分こいつは「クスサン」というやつではないだろうか。

クスサン=楠蚕と書き、ものすごいでかい幼虫なんす。
ここらでは「クリムシ」と呼ぶのが普通で、
栗の木を丸裸にしてしまうような大害虫でもあります。


ウチのきのこ小屋の裏の栗の木も何年か前にこいつが大発生し、
そのシーズンだけで400匹以上殺したはず。
その年の栗の木は丸裸にされ、枯れる寸前までいきました。

最近はなりを潜めていますが、
航空防除がなくなってからだいぶ増えたように思います。
ただ、こいつらがまた大繁殖しないとも限りません。
あのでかい幼虫が栗の木で大量にうごめいてる姿を想像すると
ホント戦慄もんですよ・・・
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村