FC2ブログ
2012-12-21(Fri)

冬至

今日は冬至。

最も昼が短い日。

明日からはだんだんと日が長くなるってことだ。
だけど天候はこれから大荒れ。
クリスマスは大変そうですね。


さて、冬至と言ったら「カボチャ
今年育てたカボチャをとっておいて、今食べてます。

IMG_2473_縮小

これは最後の方のカボチャなので形が悪いですが、
こんなカボチャを育てていただいております。


今日は定番?の「小豆カボチャ」を頂きました。
ウチではカボチャはほぼ「煮る」の1択なんですが、
煮たカボチャとこれまた煮た小豆のコラボ。

甘い+甘い=うまい

完璧な方程式だーー(笑


ここらではユズを手に入れるという事がほとんどできないので
ユズ湯というものに入るという事はしません。
なのでこのカボチャを食べるという事はかかしません。

冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない
なんてことは無いでしょうけど、
そういう風習というものは大事にしないといけませんね。


スポンサーサイト



2012-12-21(Fri)

いてて・・・筋肉痛がやって来た

昨日の夕方からずっと大雪。
今朝までに結構積もりまして、ハウスが大変だーー


IMG_3311_縮小

もう半分埋まってしまった。
ここは暖房がきいてるので雪寄せの心配はないけれど、
暖房の無い植菌用のハウスは雪が降ると常に倒壊の危機と隣り合わせ。


IMG_3312_縮小

雪が下に落ちる事が出来なくなると、そのまま重みがハウス直撃。
だから雪が降る日=除雪をしなければならない日。
毎日雪降りが始まると除雪だけで骨が折れます。


IMG_3313_縮小

ちなみにお隣の暖房のあるハウス。
雪の量が違いますよね。
暖かさで雪が解けてるからです。
本格的な雪が来れば、溶けるスピードより積もる方が早くなるんですけどね。



さて、昨日えいこらえいこら動かしたボイラー。
おかげさんで筋肉痛がやってきました。
今回は肩周りと右のケツ。
ケツは結構きてます。かなり踏ん張ったせいでしょう。

そんなこんなで運んだボイラーはようやく設置位置手前まで来ました。

IMG_3315_縮小

これからポンプをとりつけて、奥に見える煙突との位置調整をして設置完了。
ただ、この設置も容易ではない。
実はポンプの取り付け位置が今までと逆になってしまい、
そのための調整も必要になってしまったためだ。
全くあれこれ大変なのだ。困った困った。


このボイラーの設置が終わらないと、油は食うし温度も上がらないので
早いとこ稼働させたいんだけどねぇ・・・
なかなか一筋縄には事が運んでくれません。



お・ま・け


肉体労働で疲れた体には甘いものだ。
この間このボイラーをとって来たときにオヤジさんが買ってきた
「ブルーベリーどら焼き」というものを食してみた。

IMG_3316_縮小

これが外装。
岩手の「紫波サービスエリア」で買って来たそうだ。


IMG_3317_縮小

生地は生どらという事もあって柔らかい。
クリームはほんのり紫色。

食べてみると・・・うまいんだけど・・・
ブルーベリーが生地とクリームに負けちゃってまるで分らなかった(汗
ブルーベリーをもっと感じられればいいと思うんだけどなぁ。
自分でブルーベリー栽培してうまい果実を食べた人間にしてみると
なんだかもったいなくてたまらないっす。

まあ生クリームのどら焼き食った・・感じですんで、
甘味ならこだわらない私はこれで十分なんですけど(笑
こだわるとこれじゃあだめじゃないでしょうか。

2012-12-21(Fri)

品種紹介 F103

今回の紹介は富士種菌の「F103」です。

F103の最大の特徴は何と言っても初回発生量の多さ。
これはほかの品種では考えられない量。


IMG_1005_縮小
IMG_2975_縮小

初回発生は主に「穴発生」
植菌した穴から出るわ出るわの大騒ぎ。
一つの穴から2~4個出る事は珍しい事ではありません。
1本でこうですから、大量になると・・

IMG_1033_縮小

このようにワーーっと発生します。
これで分かるように、F103は「質」よりも「量」という品種。
だいたい3回目までの発生で1代発生の大半が発生するとされます。


また、F103は形状にも特徴があり、
完全に傘が開ききらないというこれまた妙な形をしています。

IMG_2996_縮小

大きくなっても縁の部分がこのまま大きくなります。

IMG_2997_縮小

比較対象として、これが普通の椎茸。
大きくなっていくに従って傘が開き、このように縁が完全に開ききります。

IMG_2999_縮小
IMG_3000_縮小

ところがこの103はこのような形状のまま大きくなります。
なので、丸みのある形ではなく、角ばったような形状。
このような大きい肉のあるキノコであればカッコは付きますが、
小さいキノコであるとなんというか椎茸らしからぬ形になります。


また、メイフラッシュ(増収剤)との相性が悪い事もあげられます。


IMG_1589_縮小

メイフラを入れた水で浸水発生させると、
なぜか腐りやすくなります。
普通に成長し始めたと思いきや、この写真のように突然腐り始めます。

IMG_1593_縮小
IMG_1595_縮小

傘の部分がだめになる例と、軸がだめになる例。
ただの水での浸水では起こりづらいのですが、
メイフラを入れると途端にこういう事例が多発。
現在では103を浸水する際、メイフラを使う事をやめています。


さらに言うならば、木に押しつけられると悪くなりやすいという点。


IMG_1249_縮小

ホダ木に椎茸が触れるとこのように黒くなりやすいのも特徴。
なのでなるべくホダ木は水平の状態で栽培するようにした方がよさそう。


全体でみると、
・栽培管理は簡単である
・初回発生はまず間違いなく超大量発生。
・メイフラと相性が悪く、腐りやすい
・きのこは軽め。ただ質はいまいち。一昔前の菌床椎茸っぽい椎茸
・1代発生量はかなり安定

と言った感じ。
市場出荷向けに特化した椎茸というのがいいのかもしれない。
それ以外に
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村