FC2ブログ
2013-02-07(Thu)

ひもとうがらし 種採り失敗

去年作付したひもとうがらし。
ひもとうがらしは奈良県の伝統野菜。
したがって「固定種」なわけで、
種をとって毎年育てようと思ったんですけども・・・・

IMG_3577_縮小

去年無肥料でも大量の収穫があったので、
これの種採れば無肥料に順応した野菜の第一歩が踏み出せるな、
と思ったんですが、
種をとるために果実を熟させる時期が遅かったようで、
赤く熟さないまま11月になり、
雪が降ってはだめだという事で緑のまま収穫、
どうなるか分からなかったけど、一応乾燥。
思いのほかしわしわになってしまいました。


さて、種なんですけどね、

IMG_3576_縮小

一応種らしいものはあるんですが、
充実してないんですよね。
しわしわで薄っぺら。
これじゃ発芽しないだろ・・・

ということで、ひもとうがらしの種採りは失敗。
また1からやり直し。
1年棒に振ってしまった・・・・・
まあインゲンとの相性とか、収穫サイズ、
そして種採りの時期の事とか収穫はあったから
これを生かして今年も育ててみようと思います。
またあの大変な育苗からやるのか・・・・
まあ頑張るしかないね。


2013-02-06(Wed)

かまくらまであと9日

今日は久しぶりに整体に行ってきた。
実に4カ月ぶりだ。
もう最近は、肩が凝って頭痛がするやら
背中が張って呼吸が苦しくなるやらで、
だましだまし生活するのも困難になったので
バキボキならしてもらってきた。


そのついでというか、かまくらを見てきた。
整体の近くに沢山かまくらが立ち並んでいる。

IMG_3589_縮小

まだ本番まで期間があるけど、
すでに中もくり抜かれ、完成していた。


IMG_3590_縮小

中には「水神様」を祭る祭壇もしっかりできていた。
あとは開幕を待つばかりという訳だ。


IMG_3591_縮小

この通りだけで10基くらいあった。
まあこの通りがメイン会場みたいなものだろうから、
多くなるのは必然的か。

かまくらの開幕は15日。
いい塩梅の天気になればいいのだけれど・・・


2013-02-05(Tue)

休養舎の散水

立春も過ぎ、暦の上ではもう春。
その立春の夜から当地は大荒れ。
今日もずっと風が強く、去年のハウスが飛ばされた時を思い出すような天候。
一応は春の嵐という事だろうか・・・
ちっとも春じゃないんだけどね。

ただ、最近の雪の量はだいぶ落ち着いた。
もう2・3回雪おろししないとならないかと思うくらいだったけど、
最近は積もった分消えるような感じ。
まあそんなこんなで春は近づいているようで・・・
危険個所の雪が崩落してました。
車つぶされなくてよかったねぇ。


はいはいさてさて、
今日は休養舎の散水のお話。

休養舎、これは発生し終えたホダ木を
次回発生まで休ませておく所。
次回発生がちゃんとしたものになるように、
温度をきちんととってあげて、水分も補給します。
これが散水というやつです。
散水と浸水を混ぜてしまってる人も時々見かけるんですが、
水分補給として水につけてしまうと、
椎茸が「キノコを出さないと」、となってしまうので休養になりませんので。


IMG_3584_縮小

ウチの散水方法は上からまくタイプ。

IMG_3585_縮小

雨のようにまき散らししながらの散水。

IMG_3586_縮小

これだとかけたくないところにはかけないようにできるので便利っちゃあ便利。
ただ、範囲が決まってるので、
水がかからない部分ができてしまう事も・・・


IMG_3588_縮小

一枚目の写真が白いのは、水が蒸発しているから。
温水パイプにかかった水が熱せられてもやになります。
これでハウス内の湿度が高くなる効果もあり、
冬場は湿度維持が簡単。

さて、散水頻度という点ですが、
冬場は温度がとれないという事もあり1週間に1辺とかの割合。
これが夏場になると2日に1辺とか毎日散水なんて言うふうに、
ホダ木の状態に合わせて管理しないといけません。

また、散水には芽づくりさせるという重要な事があり、
樹皮の下にきのこの元を作らせるという事があります。
なのでホダ木管理において、散水は結構重要な事。
自然状態で発生させる場合も、
あまりに乾いているなあといった時には散水しないといけません。
ホントはもっと専門的な事があるんですが、
まだまだ知識不足ですんで、
ここいら辺で・・・


2013-02-04(Mon)

再び!!ハナビラニカワタケ

つい先日キクラゲが発生したホダ木。
それとは別のホダ木に今度はハナビラニカワタケが出現。

IMG_3516_縮小

一部もう腐ってましたが、
こっちのはまだ大丈夫そう。

ちなみに前に発生してたのは、

IMG_2924_縮小

反対側には椎茸がちゃんと発生してます。


さてこんな感じで、ホダ木には様々なキノコが生える事があるんですが、
なぜかキクラゲ風味(笑)のキノコが発生する事が多いです。

IMG_2926_縮小

ナメコとシロキクラゲ。(白いやつ)
ホダ木にはキクラゲより発生する確率が高い。
(これはナメコのホダ木です)

IMG_3345_縮小

キクラゲ。
こういったちゃんと色のついたキクラゲはなかなか見ない。
珍しい。

IMG_1761_縮小

ホダ木作り中に出てくるゴムタケ。
害菌ともされるけど、ウチではこれが出るくらいがちょうどいいとのこと。
まあ色々な意見があるでしょう。


こんな感じで様々発生する。
一応どれも食用キノコ。
ただ一度も食べた事は無いけど・・・(汗
こういったキノコの胞子ってどっから来るんだろうね?
見えないものがそこらへん浮遊してるんだろう。
毎日そんな空気吸ってんだなぁ・・・
肺からキノコ出てくるぞぉーー・・・
(実際スエヒロタケは肺に発生する事があるらしいです。)


2013-02-04(Mon)

ジャムをこしらえてみた

去年収穫したブルーベリー、
なかなか食べるという事をしないので、
いまだに2キロ近く残っている。
ジャム作るべぇなんて思ってグラニュー糖買ってきてたのに、
いつまでたっても作業が始まら・・いや
はじめようとしないでいた・・・

だけどもブルーベリーはまだしも、
一昨年のイチゴもあるという事実。
こりゃあ早いとこ作業しないとなんねぇと、
ついに重い、それはそれは重い腰を上げた。

IMG_3578_縮小

ここに立つのはいったいいつ振りだろう・・・
ホットケーキ焼いてた時以来だから4カ月ぶりかな?

さて今回の材料は、

・イチゴ      約500グラム
・ブルーベリー   約200グラム
・グラニュー糖    200グラム
・レモン汁       小さじ2杯

約とついているのは、冷凍でできた氷の部分もあるため。
多分果実から抜けてしまった水分だと思います。
(イチゴのシオシオ感が半端じゃなかったので)

これを鍋にぶち込んで火にかけます。
弱火でことこと煮ていきまして・・・


IMG_3579_縮小

約20分後。
まだものすごい水分。
これがホントにドロドロになるのかという具合。
アクもどんどん出てくるので丁寧にとります。

さらに煮る事20分。
細かい泡になって来た所でレモン汁投入。
結構すぐに手ごたえあるもんですね。
カチカチではない物の粘りが。

これを煮沸していた瓶へ投入。
ふたをして逆さにします。

IMG_3580_縮小

煮る前に900グラムあったものが、
450グラム瓶1本になった。
こんなもんなのか??

IMG_3581_縮小

もっとあるかと思って煮沸しといた300グラム瓶が全くの無駄・・・
まあ足りないよりはいいか。


さてお味の方ですが、
煮てる最中は冷凍もの独特のにおいがしてたんですが、

やばうま(驚)

初めてにしては上々じゃなかろうか。
ただ、作り方のリサーチが全然できてなかったせいで、
思った以上に緩いジャムになってしまった。
まあ次作るブルーベリージャムが本番ですから
今回の事を反省してもっとうまく作ろうと思います。

ただ・・・

これだけの量をどうやって消費しようか・・・
パン食わないし、使いようがねぇ・・・
アイス、ヨーグルト・・・
こんなのに大量に使っていくしかねぇのか。
何かうまい使い方ないもんかねぇ??

2013-02-03(Sun)

チッペワ早速動く

今日は昨日の気温から一変、ほぼ真冬日状態。
どこもかしこもこんな気候でしょうから体調管理には気をつけましょう。
それと「インフル」はやってきてますね。
秋田県内でも警報が出てます。
私はインフルなんて20年使くかかってませんが、
予防する事にこしたことはありません。


さて、1月26日に温室入りした挿し木チッペワ
今年はちゃんと成長させるぜ――なんて他のものより優遇する気満々。
そのチッペワ、早いもんでもう動きアリ。

IMG_3554_縮小
IMG_3555_縮小

枝細い・・・突っ込みはなしで・・・

楊枝枝でもちゃんと芽ぶきを迎えております。
どんなものだって最初は小さいんじゃーーい!!
これを立派に育てて巨大果沢山食っちゃる!!
それまであと3年くらいか・・・
ガンバリますよ。


おまけ

同じく温室で成長しているニラ。
もうずいぶん大きくなって来た。

IMG_3559_縮小

もう20センチくらいあるよ。
去年まいたやつだからヒョロヒョロだけど。
このプランターのは今年は養生。
株を太らせて来年の収穫を待ちます。
まあそうはいっても1回くらい食べると思いますが・・・(汗


2013-02-02(Sat)

現在の椎茸 2013・02・02

今日は雨だった。
これから雪になってくるようだけど、
この時期にしてみれば異様な暖かさ。
最高気温が7度を超えた。
ああ、それでも札幌より寒かったのか・・・

さて、そんな陽気を受け、ハウス内の気温も幾分上昇。
椎茸の成長もなんぼか進んでいます。


IMG_3566_縮小

現在発生中なのは、このS055と

IMG_3565_縮小

F103

IMG_3568_縮小

そして相変わらずの5K。


IMG_3567_縮小

F103の二回目の発生は1回目に比べ少なくなるけど、
このように出のいいホダ木もある。
棚に並べた後にホダ木に散水したのがよかったのか??

S055は回数使ってきたため幾分発生量が減り始めたのか、
もしくは休養中の散水管理がいまいちだったのか、
発生量は落ち込んできてる。

そして大問題の5K。

IMG_3569_縮小

これのホダ木は全くよく分からん。
このような大きいきのこを出すものもあれば、

IMG_3570_縮小

何にもならないカスをちょろっと出す物、
そして何一つ発生しない物。
今現在これのせいで大ブレーキがかかる。
かといって早速捨ててしまえず、八方ふさがり。
出ないと分かっていながら使わないといけない事はホントに労力の無駄だ・・・


103パワーで一時期の大不況状態からは脱出し始めているものの、
1日の収量が約2カゴちょい。
冬場の問題丸出しの現在の状況であります。


2013-02-01(Fri)

レモンの摘果

快晴快晴。
気温が3月並みの5℃弱。
3月並みで5℃って・・・・

まあそんな感じで時期的に気温が高かった今日、
そういやあ2月にはいった。
もう今年も1カ月終わっちまったよ。
もうすぐ年に一度の重大行事「植菌」が始まるでよ。
誰か変わって・・・なんてね。


さて、今日は去年からずっとなりっぱなしのレモンを摘果した。
あくまで「摘果」ですよ。
「収穫」じゃありません。

IMG_3551_縮小

去年導入したばかりのレモン。
初めの花は全部取っ払ったんだけど、
いつの間にかまた花が咲いて実ができてまして、
自然落下するだろうと思ってたら大きくなってしまい、
それじゃ黄色になるまで温室で・・・
なんてのらくらやってたんですが、
結局黄色にならないまま3カ月。
2月に入り、このままじゃ春まで行ってしまうという事で
ついに本日摘果となった。


IMG_3552_縮小

大きさは7センチくらい。
ちゃんとレモンという形をしている。
ガチガチに固いけど、いくらか果汁採れるかな??


その温室の柑橘類、
気温10度以上の中にいるのにまるで動くわけでもなく、
ただひたすら常緑。

IMG_3553_縮小

太陽光がないと成長は始まらないのかもしれないね。
とりあえずまだあと2カ月はこの中で生活してもらいます。
無事春になって成長してくれればいいんだけど・・・


2013-02-01(Fri)

折り鶴

先日の新聞に、
「秋田に鶴が飛来」
というのが載っていた。

鶴が飛来するなんて珍しい。
実物を見てみたいものだ。
近所の人が「鷺」を鶴と間違えたという事はあったけど、
ここらを鶴が飛んでるなんて言う事はまずないからね。


さて、そんなこじつけから折り鶴の話題行きます(汗

折り鶴といっても、ただ紙でおるという事には飽きていまして、
適当なものを見つけては折り紙を折る。

IMG_3445_縮小

今回の材料はこの包装紙。
こんなことしてると暇なんだなと思われるでしょうが、
そうです。
休憩中は暇ですよ。

IMG_3446_縮小

開いてみると長方形。
でもそんなの関係ない。
畳んで正方形にしてしまえばいいんです!!


IMG_3447_縮小

工程飛ばして完成品だよ。
なかなかピシっと折れたね。
ナイロンみたいのは折筋つきづらいけど、きれいに折れた。

これ折れそうだなと思ったらとりあえず折ってみるので、

IMG_3575_縮小

スケルトン鶴。
これはどら焼きの包装紙。
なかなか折れなくて苦労した。


折り鶴作るのは体に染み付いてしまったので、
紙さえあればいつでも折れる。
小さいのだと8ミリまで折った事があるけど、
きれいに折れないので投げ出しまくってた・・・
千羽鶴折った事もあったなぁ。
人間、生涯でどれくらい鶴折るもんなんだろう??


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村