FC2ブログ
2013-02-18(Mon)

植菌とは?

植菌について。
植菌とは字のごとく、「原木にえる」こと。
椎茸栽培を始めるに当たって最も重要な作業です。
これを行わないと何も始まりませんからね。

ここではウチの植菌について記事にしたいと思います。
一般向けにはまた後日。


IMG_0336_縮小

まず、原木栽培には欠かせない「原木」から。
この原木はほぼ100%楢の木。
ミズナラかコナラです。
長さは90センチ前後。
完全機械化したため、長さや曲がりなど結構シビアになってます。

IMG_0333_縮小

機械化したため、一般に売られている「駒」ではなく、
オガ菌での植菌。
植菌後密封するためにロウをぬるんですが、
そのために乾かさないといけないため、
ハウスに搬入後、ジェットヒーターで乾かします。

IMG_0335_縮小

これがオガ菌の入った瓶の箱詰め。
エノキとかシメジはこのようなオガ菌の瓶栽培で作られます。

IMG_1124_縮小

瓶から取り出してほぐしたものがこれ。
細かくしないとちゃんと植菌できないので、
できるだけ細かく砕きます。
この時点でけっこうアバウトな管理だという事が分かるかもしれません。

IMG_1123_縮小

これが封ろう。
材料は蜜ろうとかいろいろ。
いろんな会社で出してますが、これに関しては森産業のがいいと思ってます。

IMG_1128_縮小

溶かすとこのようになります。
本来は湯せんとかしてた方が危険度が少ないんですが、
蝋の温度が低くなると粘度が高くなり、
うまく霧状にならないため、あえて直火。


IMG_0332_縮小

そして植菌するのはこの「全自動植菌機」
こんなの入れてるからには後引けない事は分かる人には分かるはず・・(汗
原木をセットして穴の数を選んでスイッチを押せば機械が自動で
「穿孔(穴あけ)」「植菌」「封ろう」までやってくれるわけです。

IMG_1121_縮小

こちらは作業中。
左から「ドリル」「植菌機」「封ろう」これが2対。
原木を両側から挟んで固定し、
穴の数に合わせて回転しながら作業します。
まさに画期的な機械なわけです。

その分融通がきかず、
原木の長さが長いとだめ、短くてもだめ。
切り口が斜めでも駄目。
太すぎてもダメ、細すぎてもだめ。
曲がりすぎもだめなんて具合に、木を選びます。

また、すべて自動ですが、
「種菌の補充」や「蝋の補充」なんかは自分でやらないといけません。
忘れると穴だけ空いて空打ちということもしばしば。
そうならないように音を聞いて判断。
なので作業中音楽等は聞けません。
ハウスの中一人で延々と機械の音だけが響きます。
一人でできる分作業にはものすごい集中力が必要になります。
体力的にもきついですが、精神的にもきつい作業です。

機械化で作業は一人でできるんですが、
作業効率はそれほどではありません。
1日500前後できればいいほう。
1時間で50本いけるかくらいなので、10時間近く作業してこの程度です。
これを1万数千ですからものすごい時間が必要になります。


IMG_1103_縮小

これが植菌した後。
一般の穴よりかなり大きいかと。
穴の直径は12・5から12・9程度。
駒が7・8とかなので、5ミリほど大きい事になります。

ホームセンターとかで売られているホダ木の穴も似たような大きさです。
ただあのホダ木に使われているのは「成形駒」
オガ菌を成形して作られた駒。
あれの密閉するための物は発泡スチロールです。(穴の部分の白いやつ)
ウチのは蝋なのでうっすらと中身が透けて見えます。

IMG_1101_縮小

さて、きちんと作業してくれればいいんですが、
このようにオガ菌を打ってくれない事や、

IMG_1104_縮小

打っているように見せかけて・・・

IMG_1105_縮小

このように中が空洞なんて言う事もあります。
こういうのを見逃さないために出来上がったものは結局自分で検査します。
見逃さないというか、ここでも聞き逃さないが適当ですね。
何かミスしたときには必ず音が違いますからね。
この作業では音を聞く事がかなり大事だと思います。


結局のところ、機械化で人員の削減という事は出来るんですが、
一人の負担というのは増大。
ただ私が作業していれば、両親が他の事できるという点ではメリットも大きいんですけどね。
なんにせよ年に1回の重大な作業です。
これがうまくできなければちゃんとしたホダ木もできないし、
椎茸の発生もないという事になります。
つまり植菌作業は「畑に種をまく」と同じ。

まあ植菌作業ができたからもう大丈夫という事でもありませんが・・・
しっかり管理して菌を回し、ホダ化してこそ成功。
畑に種をまいたから作物ができるという事ではありませんが、
種をまかなければ作物はできませんからね。
全ての始まりはこの植菌作業から。
とっても重要な作業という事です。


スポンサーサイト



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村