FC2ブログ
2013-07-31(Wed)

今年はカメムシが多い 倍率〇倍!!

今日も雨。
7月は雨続きだったねぇ・・・
先月は平年の何分の一。
今月は平年の2倍以上。
平均して降ってくれ、頼むから―


今日で7月も終わりか。
世間じゃ夏休みがどうこう言ってますが、
そうだねぇ・・夏休みっていつの話だったかな・・
なんやかんやで来月は忙しいぞぉー
夏休みは当然あるわきゃあない



はてさて、何度も今年は害虫が多いなぁと記事にしとりますが、
やはりデータからも多いという事が出ていたようだ。
この間農協の人が来て持ってきた物に、
今年はカメムシが多いので注意と。

やはりかっ!!!


去年は斑点米の原因になるカスミカメムシ類が多かったようだけど、
今年は6月中に観測補殺した数が去年の数倍。
尋常じゃなく今年はカメムシが多いそうだ。

P1000587_縮小
P1000597_縮小

んだね。
小豆にも非常に多くのカメムシがいるし、
とう立ち菜とってた時期にはナガメがすごかったし。
もうデータが証明してしまったのね・・・

そんで、今一番カメムシで困っているのがブルーベリーだ。
バッタによる害もさることながら、
カメムシの吸汁害での落下がひどい。

P1000655_縮小

落下したものがこうである。
1日に10から20程度は落下。
今年のブルーベリー収穫は、色付いたものの半分くらいしか期待できないかも。

P1000656_縮小

中には最大果25mmの実も。
最悪である。
大きい実ほど落下が多く、非常に悔しい。


P1000641_縮小

落下の原因はこいつだ。
枝とくっついてるあたりに口吻を指しているのが分かる。
このせいで付いている部分が柔らかくなってしまい、
風や雨ですぐに落下してしまう。
カメムシだからすぐにつぶすわけにもいかず、
厄介極まりない相手だ。


毎年冬が近づくとカメムシが越冬しに家の中に入ってくる。
今年はこうやって果樹や米に影響を及ぼしかねないけど、
実のところ最も嫌なのが家の中に来るやつだ。(汗
毎日4ケタを退治しないといけない部屋もあるからね・・・・・・・
カメムシはホントどうにかしてほしい。
これはもうホント切実な願いだで―


スポンサーサイト



2013-07-31(Wed)

ヒユナを間引いてみる

今年初めて栽培しているヒユナ。
雑草の繁殖によって草負けしてしまい、
成長が芳しくなかったんですが、
除草後はぐんぐんと成長、小さい物を何度か間引き、
今回は少し大きめなものを間引き菜にしてみた。

P1000639_縮小

やはり肥料気がないせいか色は薄めだ。
しかし野菜本来の色って薄いらしいから問題にはしない。

P1000640_縮小

スベリヒユと同じく、ヒユ科の物のせいか直根である。
本来はこのようにすべて収穫するようなものではなく、
ここからさらに伸びて、モロヘイヤ同じく伸びた枝をばしばし収穫するスタイルのものだ。


P1000672_縮小

今のところ本葉5・6枚程度。
まだまだ小さいものだ。

P1000670_縮小

出が悪い所に間引いたものを植えてみたが、
やはりオクラのように直根の物は植え痛みが強いようで、
大きくなったものは移植に向かないようだ。
小さいうちはなんとかなりそうである。


さて、肝心の味の方ですが・・・・・


どこに料理されたのか全く分からず、
評価ありませーーーん(汗


また今度の間引きの時に報告します。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村