FC2ブログ
2013-11-07(Thu)

雨だからポット洗い

雨だ。
久しぶりに雷こみの雨。
しかもやたらと風が強くなってきた。
立冬の今日は秋田は大荒れでござんす。
竜巻らしいものも起きたみたいだしね。

天気が悪いので、今日は畑へ出られない。
ならば小屋にある雑務をこなそうじゃないの。
出荷用の袋に穴開けてー
シールペタペタ― ペタジーニ~

で、

植え付け後ほったらかしにしていた
ポリポットを洗浄し、乾燥することにした。

P1010281_縮小

先日のらぼう菜201株植えたから―
確実に200ポット以上あるわけで・・・
外で洗えないので、バケツに水汲んで洗ってまして・・
並べることができなくなったので強制終了。
それが上の写真。

P1010285_縮小

今日洗ったのは全部で400近くあったんかねー
まだあと100くらいのこっちょります(汗
また今度洗っときます・・・・・

こういうポットはちょこちょこと数個ずつでも洗っておけばこんなに苦労しないですむのにね。
まあ夏場は畑であれこれやっちゃうとやる気が・・
やる気って大事。
いまだ小豆の殻むきが終わってないのはそういうことだ(笑
明日やろうは馬鹿野郎。
できることは後に回さずやっちまわないといかんですね。


スポンサーサイト



2013-11-07(Thu)

野菜が壊れる

IMG_3190_縮小

野菜が壊れる 新留勝行
 
この本では主に化学肥料について書かれています。
化学肥料によって今の野菜はおかしくなってしまっているというもの。

有機栽培に比べると、
化学肥料は駄目であるという事は言われます。
でも化学肥料って何と聞かれると・・・・

この本で化学肥料がどのようにできてきたものなのかが分かります。
そしてそれが原因でこういった事が起こりえているということも知ることができます。


先日「本当は危ない有機野菜」を紹介しましたが、
意外と共通して出てくる物があります。
それが「たい肥」です。

違う内容の本でも、こうして共通点が出てくると、
今現在の有機栽培の何が駄目なのかという点も出てきます。
一つのことも、多角的に見てみると別のものが見えてきて面白いものです。


この本で一番印象に残っているのは、
大したことではありませんが、
「イチゴの根っこが茶色なのは化学肥料のせい」
というくだりですね。

確かにイチゴ育てた際、根っこが茶色になりました。
これ、ブルーベリーでもそうなりますが、
本来の根っこの色は白なんですよね。
そこらへんも、なぜこうなるのか、
肥料一つで様々植物へ影響があるというのが面白いですね。

またまた否定的側面の本でございます。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村