FC2ブログ
2013-11-09(Sat)

S055新ホダ1回目浸水終了・3年ホダ5Kの浸水開始

久しぶりに椎茸ネタで。
あまりに畑が忙しいので、本職がないがしろみたいな感じだ・・
一応やるべきことはやってからやってますからね。
畑は副職です。

さて、
2枠、約200本ずつ浸水していた今年植菌のS055。
ようやく1回目の浸水が終わりました。

P1010296_縮小

大量にあったあのホダ木がすべて消え失せた(笑
残っているのはまくらになっていたブロックのみ。
あぁ、冬が来るってことだ。


そして外に置いてある残りの5Kもようやくの浸水開始。
こちらは4枠、約400本ずつの浸水。

P1010303_縮小

今日ようやく浸水開始。
なんでまだまだ大量に残っている。
本来は去年の秋に使うはずだったんだけども・・・
この5Kが出るかどうかは全く分からん。
どうしてこうなった~~

P1010304_縮小

残りずらっと。
雪が本格的に降り積もる前に浸水しきらないとまずい。
それでもこれだけを浸水するわけにもいかず・・・
今月中に浸水終われるだろうかって具合。
畑と同じく、外に置いてあるホダ木も時間との戦いだ。


スポンサーサイト



2013-11-09(Sat)

白ニンジンを全部収穫

今日は晴れ。
明日から大荒れ。
なので非常に貴重な晴れとなった。

晴れはもう逃してはならない。
がっつり草むしりして、
暗くなる前に白ニンジンをすべて収穫してしまうことにした。

P1010299_縮小

ぜーんぶ引き抜いた。
実質これで4度目の収穫。
もう太めのいいやつは先に収穫したので見当たらないけど、
長さはまずまずなものが結構あった。

P1010301_縮小

そしてあった普通の色のニンジン。
今年は1000粒中5本くらいあった。
1袋に1本の計算か。
F1種子だからこういうこともあるだろう。


これらは上の写真にあるコンテナに土を入れて活けておきます。
本当は畑に置ければいいだろうけど、
雪の下になってしまえばどう仕様もないのでね。
簡易にコンテナでやってみることにした。
まあ凍みなければ成功だし、がっつり凍る様な場所にはおかないから大丈夫だろう。


これで2年目にニンジン栽培もおしまい。
今年は去年の2・5倍やったことになるけど、
来年はもっと増やしてもいいかなーと思ってます。
どうもニンジンと相性が良い感じなもんで。
なんてったって裂果が今年はゼロだったからねー(嬉
(去年は400中1本)
手がかからないし楽でいいわー
最終的には畑丸ごとでもいいかな(笑
加工も視野に、色々とがんばってみたいと思います。


おまけ。

P1010302_縮小

まだこいつがいました。
動きがだいぶ鈍い。
早く越冬準備した方がいいぜ旦那(笑


2013-11-09(Sat)

タネが危ない

IMG_3194_縮小

タネが危ない 野口勲

先日に続き種の本。
作者は固定種の種を扱う「野口種苗」の店主。
私が固定種の野菜に出会うきっかけになった人だ。

種屋ですから、種のことに詳しい。
この本では遺伝子組み換えやF1の種についてあれこれと書かれている。
面白いのが現在のF1種子の中には
遺伝子異常の株(雄性不稔株)から作られているものがあり、
それが最終的に人間に影響を及ぼしているのではないかという話。
これは否定もされてないし、肯定もされていないため、
しっかりと研究されなければ何とも言えないけれど、
もし影響があるとすればそれは大変なことだ。
なんてったって野菜食って子供ができなくなるかもって話だからね。


そんなことで固定種野菜というものが薦められる。
地域に根差したご当地野菜とでも言うものか。
今はとにかく揃いの良い見栄えの良いものが主流になってしまっているため、
どうしてもF1種子が使われがちだけど、
その地域にあった形状に変化し、ずっとつくられてきた固定種野菜にも
もっと目を向けてもいいんじゃなかろうか?
命をつなげないもの(種子を残せないもの)を食べるってなんだかなぁ。

生産性重視からできた雄性不稔型F1、
ターミネーター技術による自殺する種子。
あまりにも人間は生物をいじり過ぎたのではないだろうか?
自然は人間が支配するものではない。
たかが小さな種ですが、
人間や自然に多大な影響を及ぼす可能性のあるもの。
その種が今危ない物になってきている。




椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村