FC2ブログ
2013-12-12(Thu)

工夫+工夫

どうやらものすごい寒気がやってきているようだ。
日中ですら気温が1度まで行ったかどうか・・・
雪質が変わったから、寒さの度合いが強くなったのがわかる。

雪って降り始めの気温がプラスあたりだと、
ものすごく湿った重い雪だけど、
寒さが強くなるとパサパサしたパウダースノーになっていく。
雪が軽くなってると寒い事がすぐに分かるもんだ。
雪降らない所の人には分からないでしょうけどね(汗


さてさて、

気温が上がらなくなってきて、ハウス内の気温も余り上昇しない。
つまりはきのこの進行が遅くなる。
そうなると休養させることもできないし浸水することもできなくなるわけだけど、
どうにかしてそれは食い止めないといけない。

そこで無い知恵を絞って工夫を凝らしてみた。


P1010496_縮小

現在の進行具合。
左側が次の発生を待つもの。
右側が発生を終えて休養へ行くもの。
しかし右側のは今まさに「発生なう」状態。
だから、次の物を並べるためにどうにかして発生している物を移さないといけない。


そこで考え出したのが・・・


P1010504_縮小
P1010503_縮小
P1010502_縮小

棚にパイプを通して、2重に並べる方法。
今までは直接並べたものに立てかけてたけれど、
それだと量も置けないし、次の芽が出た時に芽が潰れてしまう。
それをダブルで解消したのがこちら。

これで今のところどうにかこうにか浸水継続中。
こういうことしなかったら数日浸水停止してたわー
温度がとれないとこうやってだらついてしまうのが問題なんだよねぇ・・
毎度毎度のことなんですが・・・・


さらに、


なるべくハウス内の温度を保持できるようにするために、
資材投入しました。

P1010497_縮小

ハウス内にハウスの2重ハウス、
そして今投入したのはプチプチ素材
2重ハウスは当たり前の標準装備ですが、
それでもビニールハウスの温度保持は結構大変。
そこで断熱効果の高いプチプチを側面に展開。
心なしか温かみがました感じ(笑

どうしても密閉は難しいため、
暖房効率というものが悪いんですが、
これで少しでも温度保持ができて進みが良くなればなぁ―


こうして少しでも工夫を凝らしていかないと、冬場の促成は難しい。
それでも原木椎茸を世に出すためにガンバっちょります―


スポンサーサイト



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村