FC2ブログ
2014-05-08(Thu)

プチルビー満開

今日は晴れた。
雨かと思ってたのに思いっきり晴れてものすごく暑い。
どうやら雨はこれから降るようだ。
ま、儲けもんとして作業しましたよ。


さて、
矮性ラズベリーのプチルビーが満開になってきています。


P1020128_縮小

株が太ってきてないというか、葉の展開がそれほどでもないけれど、
なんだか今年は大量に開花。
株分けしたのがよかったのだろうか?

ただ受粉させるための昆虫がまだ乏しいので、
去年同様実の数は期待できないかも・・・(汗
今日小さい蜂が来てましたから、もしかすればどうかといった具合。
プチルビーの実はラズベリーにしてはきれいなんだよねー


P1020126_縮小

こっちはまだまだ花なんか出てないインディアンサマー
こっち2品種は葉の展開のほうが先。
またやたらに長く伸び出すぞー
実は後のお楽しみってことで。


花といえば、今家の後ろの桜がいい具合。


P1020151_縮小

遅いねぇ(笑
しかも短い。
ぱっと咲いてパッと散る、見ごろ言いながらすでに桜吹雪も(汗
季節に追われて桜も大変だわなー


さまざまな花の時期がやってきている。
もう少ししたらブルーベリーも咲きだすだろう。
花の季節、新芽の季節、そして同じく害虫の季節。
隠れて越冬してた虫ははやいとこ除去しておかないと。
もうそろそろあの劇物入りストチュー使えるようになったはずだな・・・・
害虫め、覚悟しておいたほうが身のためだぜ(笑


2014-05-07(Wed)

ワサビの開花期

家の裏に生えてくるワサビ、
生え始めて早々ながらもう開花期を迎えたようだ。


P1020148_縮小

これはまだつぼみ。
まだ虫が食ってないので葉もきれいそのものだね。

P1020149_縮小

その近くの群落では白い花を咲かせていた。
そこら辺にこんな風に多発していて、もうすぐ真っ白になる。

P1020150_縮小

フキとワサビ。
うーん紛らわしい(笑
すぐわかるけどねー


山菜もどんどん進む。
この間こごみを採ったけど、その近くに大量に出てるという話を聞きいってみたら、

P1020139_縮小

もったいねー
開いてしまっていた。
これじゃあ食べらんねー
まあいい、来年からここで大量収穫するべぇ。


もうすぐタラの芽も収穫時期、
それが終わればいよいよワラビか。
あーあー忙しくなるどー


2014-05-07(Wed)

畑掘りと今年のアブラナ科越冬異常

今日畑を掘った。
これから先、田畑が本格化してしまうと掘る時間がないことと、
明日から又雨の予報で、水はけないと掘れないことが重なったため、
今日の午後からどうにか掘ってしまった。

P1020143_縮小

まずいんげんとかぼちゃの畑。
1年ぶりのトラクターということもあって、
あれこれ忘れてることが多々あったけど、まあ掘りおわり。
私は無肥料栽培・耕運形とでも言うのか、
肥料を使わないけど畑は掘るというタイプ。
なのでとりあえず時期が来たら掘ってしまえば終わりということで楽。
堆肥散らかしてー石灰まいてーなんて言う時間がないから時短時短。

P1020144_縮小

おもにニンジンの畑。
ここは掘りたてだから土が黒い。
ハウスがあるので掘りにくくて大変な畑だ・・
しかもどの畑でもそうだけど、

P1020146_縮小

掘ればいまだにこんな石が出る(汗
石ってか岩レベルだでー
トラクター壊れちゃうよ・・・

P1020145_縮小

去年開拓した畑。
球根物があるところは掘りません。
今年はここで何やろうかねーという感じ。
余り種の活用に使おうかね。


こんな感じで1時間ちょいで作業は終わった。
トラクターって便利だわー(笑


さて、畑を掘る前に残っているものを取り除いていくわけですが、
去年残しておいたアブラナ科植物が、今年は越冬できずに枯れているのを発見。

P1020138_縮小

かなり大株だったルッコラ、枯れてました。
去年は小さな蕪ですら簡単に越冬したのに、
今年はさっぱり越冬不可。何が原因だろうか?
おかしいねぇ。これじゃ種とり用に残しておいてもどうかわからんな・・・
万全を期すためには、株を鉢に取り込まないとだめだな。
アブラナ系で種とるのをどれにするかはまだ決めてないけどね。


越冬に関してはいろいろあるみたいだね。
今年は雪多すぎたのが原因なのかな。
そんな中でも球根物は育つし、越冬種取りを無理にする必要性はないのかもしれないなぁ。
あ、ニンジンは別だけど(笑


2014-05-06(Tue)

種取りニンジンが芽吹く

ゴールデンウイーク最終日。
今日って日曜の振り替え休日ってことだけど、
うーーん、わざわざ1日飛ばして振り替え休日作らにゃあならんのかね(汗
学生時代なら大喜びだけど、今となっちゃあ別に関係ないしねぇ・・・
それよか思ってみると、この連休休む人たちってどんな仕事の人たちなんだ?
休んでる人いるけど経済回ってるしねぇ。
サービス業なんかとくに連休なんかないだろうに(汗
うちら同様、連休なかった方々、お疲れ様でーーす。


さてさてー
畑の雪が消え、ニンニクその他畑にあったものさまざま成長開始し始めたんですが、
種とり用に活けておいたニンジンが芽吹きだしていました。


P1020130_縮小

2メートル級の豪雪の下で長い長い時間を乗り越えて、
無事に芽吹いてくれましたー

P1020131_縮小

ほぼ全部が芽吹き、これからだんだん成長・とう立ち、そして開花。
夏ごろには種が採れる予定。
まあうまく種ができればの話だけどね。
なにぶんF1の品種からの種取りだからうまくいくかどうかは運次第だろう。
それでも種とれれば、2年くらいで品質が安定してくるという情報を入手したので、
どうにか種取り成功して品種固定にまでもっていきたいとこだよねぇ。
素人ペーペーがF1から自家採種→品種固定となったらなかなかすごいことだね(笑


P1020132_縮小

残念ながら1株だけ腐ってしまったものがあったけど、
やはりこういう時に量準備しておいてよかったなあと思った。
残っているのがたぶん15くらい。
1株でどのくらい種できるんだろう?
なんやかんやと実験的な作業だねぇ(汗
ま、これからどうなっていくか経過観察が続きます。


2014-05-05(Mon)

植菌開始から2カ月。

今日は子供の日。
んでもって立夏。暦じゃもう夏。
確かにここ最近20度越えてきてるし、夏日だって記録してるからわかる。
つい先日まで寒い寒い言ってたのに、あっという間に暦に追いついた。
うーーん、春ってどこら辺にいたんだろう(笑


さて、今年の植菌始めたのが3月3日。
つまりは2カ月ほど経過したわけだ。
徐々に菌が回ってきていますが、もう少ししたら本伏せ作業に入るところ。
今の状況を確認。


P1020122_縮小
P1020123_縮小

最初のほうに植菌したものは全体に菌が回りつつある。
いいねいいねーー

P1020062_縮小

皮が削れた部分ではこんなものが確認できる。
固い表皮の下ではこんな感じで菌が蔓延していってるんだねぇ。
なかなか興味深い。


そしてやっぱり、菌まわりの差が出るってこと。

P1020124_縮小

上のほうが暖かいので菌周りがいい。
下にいくほど木口に菌紋が少ないことがお分かりいただけるだろう。
だから天地返しといって上下をさかさまにする作業が必須になるわけだね。
観察してるとよくわかるもんだ。


最初の物はかなりいい感じになってきているけど、
まだ最後のあたりのは1カ月もたってないから菌紋も出てない。
時間差になるけど、もう少ししたら最初のところから本伏せ開始。
今年は初めての品種もあるから果たしてどうなんだろうかねぇ・・・
ここからの管理が重要になるでー


2014-05-04(Sun)

今年の柑橘はつぼみが多い

柑橘育て始めて今年で3年目。
初年度はやはり手をかけたこともあってまあまあ、
2年目はほとんど手をかけなくて・・・(汗
肥料不足がもろにでてしまったしね。
今年は肥料管理は気をつけたいと思う。

P1020012_縮小

さて、まだ動き出し始め状態の柑橘。
ハウス越冬で目覚めは3月だったんだけど、
それから気温や日光やらがない成果目覚め後の成長は遅い。
今ようやくつぼみが膨らんできたんだけど、
今年のつぼみの量は半端じゃないくらい多い。
上の写真のように1か所に2つ3つは当たり前。
困ったね(汗)、まだこんなに花咲かせられる状態じゃないんだけど・・・


柑橘育ててみて気づいたんだけど、
はじめにつぼみってのが大半だね。
品種にもよるけど、新芽が出てくるのが遅い。
年内に収穫期が来るものがつぼみ出るのが早いのかな?
・レモン
・スダチ
・カボス
・ジャバラ
これらはいまのとこつぼみが早い。
まあ年内収穫できるのは今のとこスダチだけだけど。ジャバラ・カボスは収穫したことないので。
豪雪地帯ではスダチが一番やりやすいかもね。

ダイダイはつぼみよりも先に新芽が出てきた。

P1020121_縮小

柑橘の新芽というのはいつ見ても面白い。
なんでこんな手が生えてくるような出方をするのだろうか(笑
新芽が出ているのは橙のみ、これから新芽が出てきてくれる・・ハズ(汗


はずというのもね・・カボスをみるとそんな感じなのよ。

P1020022_縮小

相も変わらず丸坊主(汗
つぼみが出たけどとった後はさっぱり動きなし。
生きているのか死んでいるのか分からない状態。
ただ枝の色をみると生きてるんじゃないかとは思ってる。

P1020021_縮小

死んでしまった枝はこうなって茶色になるからね。
緑である以上、いつの日にか新芽が出てきてくれるはずだ。
気長に待つさ。


今年は3年目だから1本に1個以上は実をつけてみたいねぇ。
つぼみの数からいえば大量収穫も夢ではない感じもあるけど、
そこはぐっと来年以降のことを考えて辛抱辛抱。
こういうのは今がよければではダメになってしまうからねー
ちゃんと収穫するためにも一応の手は掛けておこうと思いますわ。



2014-05-04(Sun)

喰らう!薄皮粒あんドーナツ他3種

最近また薄皮シリーズが大量に出てきたので喰らいます。

P1020042_縮小

薄皮つぶあんドーナツ。
ついにドーナツにまで手を広げたか(笑
薄皮とは言っても要は普通のあんドーナツ。
まあ、あんドーナツだからおいしい。
袋を開けた時にドーナツっていう匂いがするね。
揚げてあるからってやつだろうか。


P1010989_縮小
P1020011_縮小

薄皮クリームドーナツ。
定番の粒あんパン、クリームパンをドーナツ化したってことだろうね。
中身はクリームパン、外側がドーナツ化しただけ。
うーん、あんドーナツのほうがはるかにおいしい。
ここら辺は日本人におけるあんドーナツ愛が勝つのか(笑


P1020043_縮小

薄皮ミルクコーヒークリームパン。
コーヒーシリーズはこれで4つ目か。
今回のコーヒーはベトナムコーヒー。
ミルクコーヒーなので今までの物よりも甘い。
コーヒーの違いを出すのだったら今まで同様でよかったんじゃないのかな?
ミルクコーヒーなのでベトナムコーヒーとほかのコーヒーの違いがよくわからん。


P1020044_縮小
P1020096_縮小

薄皮ミルククリームパン・蔵王産牛乳入り
ミルクパンというのは前に出たけど、
これは牛乳にこだわったパッケージということかな?
今の牛乳はね、知ってしまうとどうなのよっていうレベルだから
果たしてこれで違いを打ち出していけるのかって話だけども(汗
ミルク感はなかなかありますね。


今回のはこれはヒットーというのはなかった感。
あんドーナツはおいしかったけど、あんドーナツならほかにもあるしね。
物珍しいからいいってもんでもなし、新商品開発って難しいね(汗
結局定番の粒あんパンに向かっちゃうのかな(笑


2014-05-03(Sat)

人生初 8つ葉発見

雪が解けて草が伸び出している。
雪が解けてからの植物の動きのスピードは半端ではない。
あっという間に緑のじゅうたんが広がってきた。

草が生え出したので、いつもの多様クローバーの生えるポイントをチェックしてみたんですが、
なんとまあやらかしました。
ん?と思ってよく見ると・・・・


P1020114_縮小

多いーーーーー

ちょうど上4枚下4枚の8枚葉
こりゃあびっくり、人生初の8つ葉発見である。


P1020116_縮小

経験上、こういった多葉のクローバーって茎が2つくっついた感じになってる。
なので茎が結構太いことが多い。
何かの要因でドッキングしたんだろうか。


この8枚葉は早速押し葉にしました。
出来上がりが楽しみだでーーー


そしてそして、

その近辺をもう少し見てみると、

P1020117_縮小

出たばかりの7枚葉も発見。
いやー今年はものすごいスタートを切ってしまったわ(汗
おととし7枚葉を3枚発見した時もすごかったけど、
今年は7・8枚を2枚、しかも数分で発見とは・・
何かやばいことの前兆か?

これで私の発見してる多葉は、
・4枚葉 数え切れないほど
・5枚葉 100枚程度
・6枚葉 30枚くらい
・7枚葉 4枚
・8枚葉 1枚 
となった。
一応少葉も2つ葉が2・3枚ほどある。
少葉のほうが数としては少ないかな。

4つ葉が確立としては1万分の1、
9つ葉になると10億分の1。
こうなると8枚葉は1億分の1くらいの確率なんだろうか。
驚きの確率であるね。

8つ葉の花ことばは「縁結び」「無限の発展」だそうだ。
今年はその通りに動くだろうかねぇ・・・
人との縁、そして仕事の発展を願ってーー


2014-05-03(Sat)

ひもとうがらしの人肌催芽終了

去年実践してなかなかの結果を出した人肌催芽。
今年はちっとも、まったく、さっぱりだめで、終了。

P1020118_縮小

まともに発根したのがこれ1個。
去年は4月中にすべての作業が終わってたので、
今年はいかにダメダメかがわかるというもの。

P1020119_縮小

その他大勢はさっぱりだめ。
これは一応別の物にまいて発芽したら儲けもん程度の期待薄。
やっぱり種が駄目だったのかな?


要因はいろいろ考えられて、

・種取り失敗=種取り初めの時期が遅かった・乾燥がしっかりできなかった
・人肌催芽中に温め続けることに失敗した=たまにど忘れしてポケットに入れるのを忘れた
・人肌催芽中に換気をしくじった=1日1回換気するのを怠った
       
大きい要因だと種取りの失敗と催芽の失敗。
なかなか難しいんだねホントは・・・
去年はたまたまビギナーズラックで成功したということなのか(汗
まあ今年は仕方ない、この1粒の種は必ず大きく育てないと。


今年は畑に手をかけられないということなので、
収穫に時間のかかるひもとうがらしは引退も考えたけど、
それが伝わっちゃったのかもね・・・
でも種はつながってたわけだから、この虎の子の1粒、絶対今年もつないでやるぞ-


2014-05-02(Fri)

こごみを捕獲ー

今日でやっと稲の種まき終了。
ハウス建てるのに3日、種まき1日、苗箱をハウスに並べるのに半日。
まあ椎茸の作業しながらだから時間かかっても仕方ないけどね。
今年は320枚分まいた。
さて今年はどうなのかねぇ・・・


今日はハウスに並べる作業だったんだけど、
作業中ハウスの周りを見て回ると、あれこれ生えてることに気付く。
よく見ると何やら山菜のようだ。
確認取ってみると・・・

P1020107_縮小

こごみだった。
そこらに生えたてけどどれもこれも細い。
なので幾分ましなものを捕獲(笑
栽培してるところをみると、同じように何本かの株で生えてるんだよね。
ちょうど採り頃だったわー

こごみのほかにもシダ類ってたくさんあるので、
似通っててわからなかったけど、今回はバッチシ捕獲成功だ。

P1020110_縮小

ちなみに近場にあった偽物。
まぎらわしい・・・・


このほかにもいろいろ生え始めてて、

P1020108_縮小

ここらで「さしぼ」と呼ばれているもの。
正式名でいえばスカンポの芽だね。

P1020109_縮小

去年倒れたものの根元から生えてきている。
さしぼはホント小さいうちに採らないと葉が展開してしまうので
生え始めたらすぐ収穫。
私はこれ食った事ない(汗
ぬめりがあるらしい。

P1020112_縮小

婆さま談「さく」
さくって正式名なのかな?
外皮をむいて食べる。
これは食った事あります。


こんな感じで様々生えてる。
自宅から半径50メートルくらいいけばあらかたの物はある感じ(笑
ワラビ、こごみ、ウド、タラの芽、ミズ、サク・・・・
ザ・大自然(爆
こういうのが山暮らし、超ど田舎の特権かな(笑

雪も解け、どんどん植物が出てきてる。
季節の移り変わりは速い。
そういやあもう5月はいったんだな(汗
短い春、そして山菜の季節の到来だ。


2014-05-01(Thu)

つるなも冷蔵してから種まき

今日は久しぶりの雨。
一時的に雷雨で土砂降り。
あーあ、せっかく雪溶けて晴れて畑が乾いてきてたのに・・・
これで今週中に畑掘るのは不可能になってしまった。
時間が限られてるってのによーチクショー

昨日は生体に行ってきたんですが、
やっぱし桜咲いてましたよ。

P1020106_縮小

いま満開状態。
ゴールデンウイークにちょうど見ごろっていいね。
ま、そんな風流なことしてる余裕なんざ無いけども(汗

ちなみに桜草の仲間プリムラは現在、

P1020060_縮小

4段咲き(笑
すごいねこの咲き方。
咲いてるのはこれ1株だけになっちゃいましたけど・・・・
駄目だ・・花を枯らす男は今年も猛威をふるうようだ(泣



さて本題のツルナ、
去年は直播した結果さっぱり発芽しないまま長期間がたってしまい、
おかげさんで全く収穫にならなかった。
なので今年はポットまきで発芽させてから植え付けようという方針。

さらに、ツルナの種はフダンソウみたいな固い種ということで、
冷蔵法で種をまいたら発芽しやすいんじゃないかと思い、
水につけて冷蔵⇒ポットまきという手法をとることにした。


P1020097_縮小

ツルナの種は大きさ様々だ。
でっかいのもあれば小さいのもある。
なのである程度大きめの物を選別してまくことに。

P1020098_縮小

大きいの小さいの大体分けたもの。
このほかに種としてどうなのってのがいくらか。
もう少しちゃんと揃ったものにしてもらいたいもんだけど(汗

P1020100_縮小

これをフダンソウのときと同じくティッシュにくるんで水につけ、
その状態で冷蔵庫で1日置いておきます。


P1020103_縮小
P1020104_縮小

1日たったものをポットまき。
大きい種は1粒、小さいのは2粒まいた。

P1020102_縮小

なんやかんやで98ポット。
大きい奴はかぼちゃです。
種袋によればこの種からできるのが約60株らしい。
発芽まで約2週間と長い期間がかかるので、
発芽するまでしばらく放置ー

発芽率、そして発芽までの期間がどの程度になるか。
発芽したらご報告ー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村