FC2ブログ
2014-09-13(Sat)

今年のサツマイモはいかに?草から救出

今日も昨日ほどではないけどスコール。
急に雲が出てきてワッと。
晴れるなら晴れてほしい。小豆収穫できないじゃん・・・


今年も植えましたサツマイモ。
3年目のサツマイモ、今年はパープルスイートロードと安納芋・赤。
作ってみた結果これが一番いいと思ったので。

で、植えたはいいけど、今年は放置しっぱなし。
幸い枯れたのが1株のみで他はよくまあ生き延びたってもんでして。
放置しっぱなしだから草生え放題。
収穫近くなってきてるし、つるの状態も見るために除草作業。

P1030135_縮小

これはパープルスイート。
この品種、結構つるが伸びやすくて、大きくなりやすいと思う。
でもここで初めて育てたことと放置し過ぎなこともあってか
前に育てたのよりはだめかな?
まあ10月あたりまで少しでも成長してくれれば…

P1030136_縮小

こちらは去年も植えた畑の安納芋。
やはりサツマイモは連作というのは当たっているかも。
去年よりはいい感じのつるだと思う。
ただ、他の人のサツマイモをみると半分程度の伸びなのかな・・・
芋の大きさもその程度ってことで(汗
まあ焼き芋サイズになればそれでいいのよ。


P1030137_縮小

この畑に2株だけあるパープルスイートは、やはり伸びが違うんだよねぇ。
なんでこんなに伸びるのってくらい順調に成長。
成長力は安納芋より格段にいい。
芋も量とれることを期待して・・・


今年はいろいろだめなことばかりだけど、
このサツマイモくらいはしっかりとって焼きイモ食いたいわ。
収穫まではもう少し。
芋焼く準備しておかないとなーー(笑


2014-09-12(Fri)

え?もう紅葉?ブルーベリー紅葉

今日は先週に引き続き整体に行ってきた。
あれから動く分にはかなり良くなったけど、
どうしても同じ姿勢でいると腰が痛くてしょうがない(汗
やること沢山なんだけど、草むしりセーブしておいたのがよかったかも。
でもばっつんばっつんに張ってるんだろうねぇ。
もうしばらくはセーブしてよくしないとだめだ。


今日もスコールがあった当地。
そのスコールの原因となってるのが寒気。
そいつのせいで今日の朝の最低気温が14度。
雨降ってから20度くらいで推移、日が暮れたらさっそくに15度くらいになったよ・・・
かなり肌寒くなった―

そのせいか?
ブルーベリーが異常に早く紅葉してしまった。


P1030113_縮小
P1030114_縮小

周りは真緑、これだけ紅葉(汗
ルーベル、つい最近収穫終わったばかりなのに、
一気に紅葉、見ごろを迎えた(笑

P1030112_縮小
P1030115_縮小

普通はね、こんな感じでじわじわ進んでくるんだけど、
ルーベルはなぜか一気に紅葉。
不調になって紅葉というわけではなさそうなのでいいけれど、
それにしても異常に早い。
年々紅葉が早くなってきてる気がする。

これはたぶん肥料切れのせいだと思うんだよなー
樹が大きくなって鉢が倒れることが多くなってしまって、
せっかくやった肥料が全部飛んでしまってるんだろう。
だから初期の紅葉は10月だったのだけど、
9月の後半になり、今は9月の半ばになってしまったんではないかな?
施肥管理をしっかりやっても想定外のことで肥料流出してしまってたらどうしようもないね(汗


P1030111_縮小

紅葉とともに花芽の形成もしっかり始まってます。
でも肥料少ない状態だと花芽も少なくなっちゃうかな・・・
来年の収量に影響しそうだなー困った。
とにかく大きい鉢に植え替えて倒れないようにしなくては・・・


2014-09-11(Thu)

仙人草と金水引

ちょっと本題入る前に・・・
土下座動画で4人逮捕されましたね。
そもそもこの人たちって何考えて動画アップしたんだろうか?
逆切れしてきた店員を土下座させたったーとでも?
40にもなる大人が何してんだか。
おまけにアップ後に叩かれて怖くなって出頭。
なんだかいじめっ子の数の感覚ですかね・・・
少ない奴は数でオラオラー、大人数で来られると何もできましぇん。
一時期バカッター炎上が話題になったけど、
こういうのってどうしたもんかねぇ。
ちょっと考えればわかると思うんだけど・・・・


さてさて、

ちょっと仕事から離れて・・

家の裏に生えてきたウバユリを追っていたんですが、
どうも花が咲く前に虫にやられて咲かなかったので、
帰り道に咲いてた花でもと。

P1030059_縮小
P1030060_縮小

これはなんだと思ったら、仙人草というものらしい。
なんと日本に自生する「クレマチス」の一種に当たるそうで。
こんなのがそこらへんに咲いてたんだねぇ。
まさかクレマチスが近場にあるとは思いもよらず(笑

P1030058_縮小

こっちは金水引というもの。
この花は知らんかったけど、

P1030057_縮小

この花の実に当たるものなら知ってた。
これは衣服にくっつくもので、当地ではのさばりこと呼ばれる。
のさばりこと言うのは秋田弁で言う甘えん坊のこと。
つまりぺたぺたとひっついてくる甘えん坊の様に衣服にくっついてくるということから。
だからこうしてくっついてくるものはたくさんあるけど、
植物名よりものさばりこで統一されてしまう。
ということでこの金水引の正式名も今回調べて初めて知った(苦笑

P1030120_縮小

私の中でのさばりこと言えばこのアメリカセンダングサなんだけどね。
こいつにはお世話になったわー(汗


なんだか周りには意識してないだけどものすごくたくさんの物があるんだよねぇ。
意識しなければ全く気付くこともなく・・・
忙しなく生き過ぎず、たまにはこうして視線をはずしてみるのもいいもんだ(笑


2014-09-11(Thu)

黒豆に莢ができ始めた

今年初挑戦の黒豆。
まったく花が咲かないまま時間ばかりが過ぎ、
このままだめかと思った先月の終盤に開花。
そして今ようやく莢ができ始めてきた。

P1030110_縮小

うぉーー毛むくじゃらの莢ができてきたどーー
なんて時間がかかる作物なんだ・・・(汗
これから豆できて熟して乾燥までまたしばらくかかるなー
収穫まで間に合うべか(大汗


P1030109_縮小

背丈はすでに140センチほどにまで成長。
こんなにでかくなるの?
たくさんまいたら畑大変じゃん(笑
どうやって作ってるんだろう・・・


昨日調べてみてびっくりしたんだけど、
収穫が12月とかいう話・・・
6月の頭にまいてということらしいけど・・・
さて当地で12月といったらすでに雪降りだしてるなーー(大汗
どうすんのこれ。
スピードアップぷりーーす!!


2014-09-10(Wed)

ロングかぼちゃが本気を出すとこうなるらしい

今日は土砂降りスコールが何度かあった。
こんなのが何時間も降り続けたわけなんだよなぁと。
こりゃあ被害出て当たり前の降り方ってやつだね。
しゃべり声さえ聞こえない猛烈な雨音ってすごい。
気をつけましょうねー


我が家ではかぼちゃの種をまいて育てるということはほぼしない。
たいがいもらった苗か、もしくは去年食べた種から勝手に発芽したものだ。
今年も勝手に生えてきたものを2か所に植えているんですが、
家の近くの畑のかぼちゃは、

P1020973_縮小
P1020974_縮小

こういったタイプの丸型。
ものすごく皮がかたい所謂「鉈割かぼちゃ」。
保存効くタイプのかぼちゃだろう。
まあ実生ということになるから、味の方はどうかはわからないけどね。


で、

同じ場所から採集した苗ですが、
家から離れた場所に植えたものはなぜか私の植えたロングかぼちゃのもの。
見事に分かれた奇跡(笑
そのロングかぼちゃですが、やはり肥料成分のせいだろうね、
本気を出したようだ。


P1030103_縮小

果てしなくでかい(汗
去年収穫したものの軽く1,5倍以上はある。
やはり肥料なのだろうな・・・

P1030104_縮小

長さは50センチ以上、60センチくらいある。
こんなに育つものだとは思わなかった。

P1030105_縮小

重さはーー
3,4キロ弱――
本気を出すとこんなに成長するもんか。
食いでがあるなぁ(笑


これはたんに肥料気があるから育ったのか、
無肥料で成長したものの種ということで、
肥料が少なくても大きくなる性質と相まってこうなったのか。
後半はあくまで希望だけど(笑
たぶん肥料だけだろうねぇ・・・
今年の自分のかぼちゃは大したことないし・・・
でかくするには肥料でファイナルアンサー
来年からは考えておこう。



2014-09-09(Tue)

追いばえの時期がやってきた―

今日も晴れ、寒暖差がかなり大きくなってきた。
昨日の夜は短パンでいたら足がひやひやーっと寒くなった。
もうそんな時期がやってきてるんだよねぇ。
相変わらず最高気温は30度近いんだけど・・・


こうして寒暖差が大きくなってくると必ず出てくる追いばえ。
発生終了後にまたちんたら出てくる芽ですが、
これが休養舎内で発生し始めるとよろしくはない。

P1030084_縮小
P1030085_縮小

追いばえって勝手に出るから意外と大きいものになる。
でもこうして採れる所で発生するのはいいとしても、
積んだホダ木の内部で出てしまうと、とれないから腐ってだめなんだなぁ。
虫がわいてまたキノコバエ大発生につながるからね。
キノコバエの大発生はえてしてこの追いばえが多発し始めると起きるもんだ。

P1030086_縮小

今はこうして少しだけど、
時期が進めばどんどん増える。
こういった時期はホダ木を移動するだけで刺激になって発生するから迷惑。
出るなら発生操作した時にきちんと出つくしてくれよ…
品種によってはこの追いばえがひどくて、
発生操作よりも追いばえが多かったりすることも。
変な性質あるもんでして(汗


まあこうして追いばえが発生する時期ってのは
キノコの質も良くなる時期ではあるんだよね。
もう少し気温が下がってこれば秋子(秋の自然発生)も出てくるだろうし。
いいキノコが出てくる時期はダラダラ発生する時期でもある。
んーやっぱり良い面悪い面差引ゼロになるもんだわ(汗


2014-09-08(Mon)

椎茸を知ろう! 椎茸の栄養


― 椎茸の栄養について -


 椎茸の栄養価

椎茸の一般的な栄養価は、生シイタケ100グラム中

エネルギー    18キロカロリー
水分        91グラム
タンパク質      3グラム
脂質        0.4グラム 
炭水化物     4.9グラム
食物繊維     3.5グラム


といった具合のほぼ水分のローカロリー食品
食物繊維も豊富で、成人の1日の摂取目安量(男19g・女17g)の約5分の1を
100グラム食べると摂取できます。
他にも椎茸にはすぐれた栄養成分がたくさん。
知られざる椎茸の栄養素を紹介しよう。


ビタミンB1・B2

椎茸はミネラル成分がバランスよく含まれているんですが、
ビタミンB1・B2が他の野菜に比べると多く含まれています
100グラム当たりビタミンB1が0.1mg、ビタミンB2が0.19mg含まれていて、
ビタミンB1であればナスやトマトの2倍、同じ量ならリーフレタス100グラム。
ビタミンB2はホウレンソウやリーフレタスの約2倍、同じ量ならバジル100グラム。
椎茸100グラムのビタミンB1・B2を野菜で摂ろうとすると、かなりの量になることがわかります。
ビタミンB1が不足すると疲れやすくなります代表的な欠乏が脚気
ビタミンB2が不足すると皮膚や粘膜に炎症が起きやすくなります


エリタデニン

エリタデニンは椎茸に含まれているうまみ成分
椎茸のほかにはマッシュルームくらいにしか含まれていない成分で、
含有量でいえばマッシュルームは椎茸の70~100分の1
つまり椎茸特有の成分といってもいい成分。

エリタデニンは血中のコレステロールを下げる効果があり
ラット実験でもエリタデニン摂取とコレステロール低下には有意な相関があると実証され、
人間においても1週間毎日90グラムの生椎茸の摂取、もしくは干しシイタケ9グラムの摂取で
コレステロールが10%低下したという実験結果が出ています

動脈硬化の予防、血圧上昇の抑制に効果が期待できる栄養素です。


グアニル酸

グアニル酸はグルタミン酸イノシン酸と並ぶ3大うまみ成分の1つ
生椎茸には含有量が少ないものの、乾燥しいたけに多く含まれます。
グアニル酸はうまみ成分ですが、上記のエリタデニンと協力して血小板の凝集を抑制したり、
コレステロールを低下させる働きをします

つまり血液をサラサラにする効果があるということですね。


フィトステリン

フィトステリンはコレステロールの沈着を防いでくれる成分
コレステロールの沈着とは、動脈や臓器にコレステロールがたまること。
潰瘍や出血、血栓が起きる要因で、脳梗塞や心筋梗塞のもとになる。
そんな病気の要因になるコレステロールの沈着を防ぐのがフィトステリンというわけですね。


エルゴステロール

エルゴステロールは、紫外線に当たるとビタミンDに変化する成分。
ビタミンDはカルシウムの吸収をよくするので、一緒にとると効率よく吸収できます。
またエルゴステロール自体にも腫瘍組織の血管新生阻害作用などの抗がん作用がある
という動物実験結果があるそうです。
エルゴステロール自体にがん細胞を殺す働きはないものの、
新たに血管を作り出して増殖することを防ぐ働きがあるそうだ。
干しシイタケの方に多く含まれ、天日に30分ほど当てるだけで
ビタミンDの量が数倍以上に増えるそうだ。


レンチナン

レンチナンはキノコから抽出される多糖体(β-グルカン)です。
免疫を増強する作用があります。
特に椎茸から抽出されたものは、天然由来の抗がん剤として使われます


・キノコキトサン

キノコキトサンはβ-グルカンとキトサンからなる複合食物繊維です。
胃酸にも水にも溶けず、膨張して腸内をコーティングし、
腸壁からの油分吸収を阻害する働きをします

つまり食事でとった油分を排出してしまうわけですね。
ダイエットに効果があると期待される成分です。
キトサンはグルコサミンのもとになる物質として、主にカニやエビの殻を材料にして作られますが、
まれにアレルギーが出る場合もあるのに対し、
キノコキトサンはカニやエビなどにアレルギーがあっても問題なく摂取できる優位性があります。
冷凍することで増え、熱にも強いため煮るとよいようです。
スライスして冷凍するのがお勧め。


このように椎茸には様々な有効成分が含まれている食材。
ぜひとも摂取していきたい食品です。


一般データとして・・・    日本食品標準成分2010 参考
・生シイタケ100グラム中の成分

エネルギー    18キロカロリー
水分      91.0グラム
タンパク質    3.0グラム
脂質       0.4グラム 
炭水化物    4.9グラム
灰分       0.7グラム

ナトリウム      2mg
カリウム     200mg
カルシウム      3mg
マグネシウム   14mg
リン         73mg
鉄         0.3mg
亜鉛        0.4mg
銅        0.05mg   
マンガン     0.23mg
ヨウ素        (0)
セレン        4μg
クロム        1μg
モリブデン      3μg

ビタミンA       (0)
ビタミンD     2.1μg
ビタミンE      0
ビタミンK      0
ビタミンB1    0.10mg
ビタミンB2    0.19mg
ナイアシン     3.8mg
ビタミンB6    0.11mg
ビタミンB12     (0)
葉酸         42μg
パントテン酸   1.08mg
ビオチン      6.7μg
ビタミンC       10mg

飽和脂肪酸      0.04g
一価不飽和脂肪酸  0.10g
多価不飽和脂肪酸  0.14g
コレステロール      0

水溶性食物繊維   0.5g
不溶性食物繊維   3.0g

・アミノ酸価

イソロイシン     94mg
ロイシ        150mg
リジン        140mg
メチオニン      22mg
シスチン       24mg
フェニルアラニン   63mg
チロシン       62mg
スレオニン     120mg
トリプトファン     36mg
バリン       120mg
ヒスチジン      57mg
アルギニン     130mg
アラニン       140mg
アスパラギン酸   190mg
グルタミン酸    360mg
グリシン       110mg
プロリン        92mg
セリン        110mg


2014-09-08(Mon)

白ニンジン、土寄せとりセット

腰痛が幾分よくなってきた。
といっても今度は座ってたり寝てたりすると痛い。
んー筋肉の問題とあの腰椎分離症が混ざってるのかもなぁ・・・
とにかくストレッチとかしないとだめだな。

腰はよくなってきたんだけど、
今度は思いっきり左足をけがした(泣
打撲で腫れてるやら、血の塊できてるやら、皮膚えぐれて白くなってるやら・・・・
こんなけが久しぶり、当分大変な生活だ。
乾かないことには治らんからねぇ。
今日だけで絆創膏5枚液だれで交換したわ(汗
風呂が怖い・・・


さてさて、

腰板も収まり加減とはいえ、まだ畑で長時間というわけにはいかないんだけど、
少しずつ作業できるようになったわけで、
ニンジンの草削り、土寄せを行っている。

P1030099_縮小

こんなにかかってようやく土寄せかよ・・・
もうすでに土から露出してるのもあったので、もう少し早くやれたらよかったな。
まあ作業日程が駄目駄目だったということだ。

んで、土寄せとともに葉のリセットもしている。

P1030101_縮小

羅病部分をすべて除去、葉の枚数は1枚とかになってしまってるけど、
こうでもしないとあの黒葉枯れ病はどうにもならない。
白ニンジンはこれでもまだどうにかなってる方だから望みをかけてやってますけど、
黒はほぼ無理だろって状況なので手の施しようがない・・・
どうにか白だけでも収穫ができるようにやれることはやってみています。


P1030102_縮小

この写真ではニンジンがどこにあるのか分からないほどにひどいことになっています。
畝間の草の方が緑でいい感じですね(汗
まさにはげ山状態ですよこの畑は・・・
こんなになってしまうのはホント残念でならないわーー

この状況下では来年ニンジンはこの畑では無理だろうね・・・
そもそも無肥料で種取りしての連作だから、
種を採れてないニンジンを3年は無理があったということか?
ひもとうがらし、インゲン、黒豆、サツマイモ、
そこいらへんで来年はここを使うことにしよう。
今年はニンジン大失敗(泣


2014-09-07(Sun)

日焼けした

色白美白なあたくしですけどぉー
今年も畑仕事でしっかり日焼けしちゃいまして―
こんがりカラッときつね色―


って日焼けってそういう話じゃない――(汗

日焼けをしてしまったのはホダ木の方。
いや、私もしっかり焼けちゃってますけども。
でも人間のように日焼けしてはいけないのがホダ木ってやつですよ。

P1030082_縮小

休養舎の補修作業でホダ木に直接日が当たらないようにシェードをかけてはいたんですけど、
直射は軽減されてもシェードが高温になって日焼けしてしまったようだ。
まさに「焼け」てしまったわけだね・・・

P1030087_縮小
P1030088_縮小

椎茸菌は高温には弱い。
だからこうやって日焼けしてしまうと、菌が死んで雑菌が繁殖してしまうんだ。
こうなると使い物にならない。
だからホダ木の管理場所は日の当らない場所を選ぶわけですね。
日の当るところはしっかり日を遮るようにしないとこうして焼けて使えなくなってしまいますんで。

逆に椎茸菌は寒さに強いので防寒はそこまで考えなくてもいいんですけどね。
ただ促成してやってるものは寒さにあてるとだめになってしまう不思議。
自然発生の物は大丈夫なのになぜなんだろうね?
促成はやはり無理させて発生してるってことだろうね。


とりあえず休養舎は完成したので、日焼けの心配はなくなった。
散水管理をしっかりやっていい状態を保たないとね。
ホダ木の管理もなかなか難しいもんでござんす。


2014-09-06(Sat)

白オクラ、ネバネバがだだもれ

2018・5 ムチンに関する訂正入ってます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は晴れ。
快晴で結構な暑さ。
なんだ、まだこんな残暑が起きるのか・・・
まあしとしとと秋雨ばかりなのも困るからいいけど(笑

さて、

無肥料栽培で成長鈍いので、今収穫期を迎えている白オクラ。
収穫機といっても1日に10本もとれないんだけどね(汗
株は70~80株あるけど・・・・

その白オクラ、めちゃめちゃ粘るんですが、
その粘りの主成分ムチン多糖体とか言えばいいらしいです。
オクラの中だけじゃなくいたるところでだだもれ(笑

P1030093_縮小

茎に見える無数の球。
これはムチン多糖体の球。

P1030092_縮小

オクラ本体に関しては外側のうぶ毛にとんでもない量の液体。
触ればネタネタ――超だだ漏れ。
収穫時には注意しないと手がひたすらにべとつく(汗
これが白オクラの特徴かな。


収穫期ですけど、
来年用の種取りも同時並行で行ってます。

P1030094_縮小

種取り用という名の収穫遅れといえばそこまで(爆
オクラは霜降るといっぺんに終わるので、
なるべく早い時期から種取り用の物を準備。
ついてるところを見てもわかるとおり、1番果だったりする(笑
ま、果菜の種取りは難しいのでしょうがない。
難しいのは私だけかもしれないけど(汗


今年はとりあえず数キロ収穫できれば万々歳というところだろうか。
ちょっとオクラの時期が過ぎてきたことと、
うまいとわかってくれた人がいるもんで、作りがいがあるもんだ。
やっぱり自分が作ったものをうまいといってもらえるとうれしいよねー
農家はそれが一番の薬なのだよ(笑

白オクラは今のところ病気がないので作りやすい。
年を重ねるとどうなのよってなもんだけど・・・・
でも来年も作ること決定。
もう少し量増やそう。



おまけ。

オクラのムチンねばねばって虫から身を守るという役目もあるらしいけど、
それでもやつはやってくる。

P1030090_縮小

どこにでもいるねーカメムシのやつ。
インゲンも黒豆も小豆もたかり放題だ。
オクラも実の付け根を吸うので黒く変色するんだよなぁ・・・
こいつらが一番の問題かもしれない。

ちなみに・・・

P1030089_縮小

珍しい脱皮したてと思われる奴もいた。
どちらもご臨終していただきましたが。
まったく、カメムシの害虫度は高いな(汗


2014-09-06(Sat)

インゲン豆撤収

今年も雨でぐだぐだになってしまったインゲン豆。
後半天気が持ち直し加減で、収穫はどうにかなったけど、
選別したらと考えると・・・・

そのいんげんも収穫をすべて終わり、撤収。

P1030097_縮小

草いくらか残ってるけど、草むしり1回しかしてない割に畑に草が少なくて済んだ。
種ができる前にとりはらったのが大きいのかな?
それともいんげんで覆われて伸びれなかったか。
草むしりしなくて済むのは畑作業では大きいね(笑


さあて、これから乾燥終わった奴を殻むき⇒選別。
これがひたすらに面倒(汗
まあ休憩時間にちょびちょびやっていきます。
来年はどの程度まこうかな――

2014-09-05(Fri)

レタスがとう立ちしちょる

整体行ってきた――
なんでもっと早く来なかったのとか言われた――
おとといは時間が遅かったし昨日は不幸があったし行けるかっての!!
行けるならさっさといっとわーとか何とか(汗
あれこれやってもらったけど余計痛い(泣
あちこち筋肉突っ張りすぎ見たいね・・・
ま、それだけじゃない、何か要因あるんだろうね。
だってこんなにおかしいのは筋肉だけじゃ説明つかんもの。
こんな状態じゃ畑なんか無理無理―
まいったね・・・忙しいのに・・・


その畑、ちょこちょこ収穫できるものは収穫してますが、
春に植えたレタス、もっと大きくと待っていたら段々とう立ちが始まり、
2個食べた時点でもう不可能になったので放置。

P1030077_縮小

立派なとう立ちを見せておりますよ。
やっぱりレタスは半結球より葉レタスか。
球<半結球<葉
こういう具合で楽さ加減が違うかな。
肥料ないと葉もの自体が難しいのに、結球させるのは至難の業だわ。
これ作れる人ってどうやってやってるのかね?
わたしゃ無理だと思うわーー

P1030078_縮小

花はまだ咲いてません。
でもずいぶんと花付きそうだねぇ。
続きは花が咲いたら写真出しますね。


あれこれ作るけどどれもなんかうまくいかんねぇ。
やはり無肥料じゃ駄目かいな。
転換期がやってきたか???

2014-09-04(Thu)

芸術積みをしてみる

今日は朝からてんやわんや。
てんやわんやなんていう言葉はよろしくないけれど、
朝起きた時からいつもと違う。
なんか行事あったっけ?と思ったけど、まあいつもどおり朝のキノコ収穫へ。
なぜかオヤジさんがいなかったけど、行事かなんかだろうと一人黙々収穫作業してたんですが、
7時半くらいだろうか、母さんがきて、
「○○さん死んでしまったそうだ」と。
晴天の霹靂だ。
それであれこれやっていたのかと。
ついこの間まで普通に、というか昨日の晩まで普通だった人が急逝。
あまりにも突然の出来事だった。
顔出してきたけれど、やはり間近で動かないという現実をみると堪える。
先日ジャガイモ掘るのを手伝ってもらったのに・・・
野鳥に与えるくるみ採集してるのを見たのに・・・
72歳、早すぎる・・・残念でならない。





前文とタイトルが合致しないけど・・(汗

こういった事態が起きているときに限ってなのか、
やたらに椎茸が発生して大変。
朝の収穫に3時間もかかってしまった。
大量発生だからかごが足りなくなる。
だから積めるだけつめこむ方式をとるんだ。

P1030038_縮小

ぶち込み過ぎ(汗
こうしてつめこむと1かごと半分くらいの量になる。
2かごで3かご分の量を詰められる、なんてすごい技

P1030039_縮小

うまく積まないとこうして山にならないので、
これも結構技術がいるもんである。
まあこんな技術持ってたところで何の役にも立たないかもしれないけど(汗

P1030040_縮小

今の椎茸は結構大きいのがとれるから山積みは適してるんだ。
小さいのはうまく山にならないからね。
こんなことできるのも大きな椎茸がとれるからー
ちゃんとコンテナにあけてくれば全くやる必要ないけどねーー(笑

IMG_4303_縮小

ま、ホントの芸術というとこのくらいのもんで(笑
やはりきれいに詰めると楽しーー
あ、いっときますが私O型ですからね大型。
血液型なんかかんけーなーーい


とまあ前文と記事内容とまったく真逆だわ(汗
どうもやっぱり精神的にきてるだろうね
あと腰がマジで爆発しそうで・・・
前かがみになれません。手洗いがきついです。
明日は整体コースだな・・・
ということで今日も速くお休みしますわ。


2014-09-03(Wed)

残すはチッぺワだけだけど

本日も晴れなり。
明日から天候崩れてきそうなので、第2回小豆収穫したり
畑でいろいろやっておいた。
最近草むしりでしゃがんでばかりいるせいで草むしり腰痛が再発、
もう腰が爆発しそうだ・・・・
今日は早目に寝るとする。
一瞬ぎっくり腰にでもなったかと思ったで(汗


9月に入り、ブルーベリーもほぼ終わり。
残っているのはチッぺワくらいのもんだ。

P1030061_縮小

最後だから厳重に囲っているのにもかかわらずにヒヨドリ襲来。
もう戦争だ。
あいつらには容赦しねぇ。
でも投石し過ぎて肩ぶっ壊れてんだけど(大汗

P1030062_縮小

まだ結構ついてたりするもんで。
ウチではカロラインブルーよりも遅い。
最晩性品種になってるチッぺワだ。

P1030063_縮小

でも今年も落果が多いし、

P1030064_縮小

一時期の強風で退避して日当たり悪かったせいで着色不良が大半。
食ってもうまくないから加工に回すほかない。
ブルーベリーも日当たり悪いとだめだめだ。
特に着色し始めた時期に日当たり悪いとまったく熟さない。
レカもオニールもパトリオットもプルもだめだった。
ちゃんと外に置きっぱなしでないといけないってことだね。


今年のブルーベリーの収量はたぶん6キロ前後。
よかったのは前半だけで後半は着色不良にヒヨドリ襲来、
これだけでもかなり損した。
マイマイガで花芽が減少、妖果期に強風の倒伏落果・傷
今年損をしたのは5キロ以上だろうね。
ヒヨドリだけでも2キロくらい食われてるはずだ。
雨で全く使い物にならなかった去年からはまだまともかもしれないけど、
やはりこれだけ損をするとやる瀬ない。
今年の作物全般骨折り損ばかりでホントモチベーションが・・・・・・

まあぐだぐだしてても返ってこない。
そろそろ鉢の調整しておく時期だしね。
来年に向けていい状態で越冬できるようにしておくべぇ。
来年は巨大果と大量の実の収穫目指すどー

2014-09-02(Tue)

病名 ニンジン黒葉枯病

今日も天気がもった。
ありがたやーありがたやー
晴れてる間が勝負、やること山積みだけどー(汗


さて、
この間ニンジンが枯れてるというのを記事にしたんですが、
やはりこれだけ大規模にひどい枯れとなると病気であることは明白。
調べたら一発ヒット、病名が分かった。

「ニンジン黒葉枯病」

という病気らしい。

原因はカビ
「アルターナリア ダウシ」 というのだそうだ。
被害作物残さと種子伝染で起きるみたい。
 
P1030069_縮小

発症は葉・葉柄・茎で、根にはおきない。
はじめは葉に斑点が出始め、葉が黄変、
病斑が大きくなってくると葉が枯死してしまう。
上の写真は茎に発症したもの。

P1030070_縮小

ひどくなるとこうして葉が枯れ落ちてしまう。
今年はこの状態がものすごくひどい。
今日どうにか1周り枯れ葉の除去が終わったけど、
最初の畝はまた枯れ葉でいっぱい(泣

P1030071_縮小

品種によって羅病の度合いが異なるらしく、
黒ニンジンはとても大きな被害になるようだ。

P1030072_縮小

反対に白ニンジンは発症してても新しい葉が一応しっかり出てくる。
黒ニンジンに比べれば格段に強いように感じる。
これは非常に優位性があるね。


カビの種胞子で飛散するので、
ここまで拡大するとどうしようもなくなってくる。
肥切れの時期や、降雨・乾燥が繰り返されるとおこりやすくなるそうだ。
発生適温が28℃前後なので、これから気温が下がってくればどうか・・・

去年の残さが原因か、はたまたおかしげな天候のせいか、無肥料のせいか・・・
いずれにせよ発症後、初期での防除が必須らしい。
無農薬ではひどくなるとどうしようもないもんね。
毎日のように見て回っておかしいと気付かないとだめだったな・・
来年どうすっぺ・・・これじゃ確実にまた起こるど・・・



ちなみに・・・・

黒ニンジンと白ニンジンの比較。

P1030074_縮小

茎の長さめっちゃ長い黒ニンジンでも、

P1030075_縮小

根の太りは白ニンジンの方がはるかにいい。
なんというか地上部でかい割に根がほそい、まさにごぼうっ子(汗
病気に弱い、太りが悪い、これじゃ作るあてがないだよ。
来年は白オンリーだなこりゃあ。


さらにおまけ


P1030068_縮小

今年はネズミの穴掘りがひどい。
こんなに穴掘られたのは初めて。
枯れ葉とりしてたら畝がべコベコへこむ。
土落としていったら反対の穴からでかいネズミが!!
中に居やがったのかよ・・・
えーーい、今年は邪魔な存在が多過ぎるぞーーー(怒


2014-09-02(Tue)

これはヤブツルアズキというもんらしい

自前小豆の収穫が始まりましたが、
その陰でひっそり・・いやもさもさと茂っているある植物。
育ち始めのころは葛かと思っていたんですが、あまり大きくならない。
マメ科だなというのはなんとなくわかったものの、
その植物がなんなのか分からなかった。

そうしたらつい最近、他のブロガーさんのとこで紹介されているのを発見。
小豆の仲間、ヤブツルアズキというもののようだ。

P1030042_縮小

確かにこの黄色い花は小豆の花とそっくり。
花の形に関してはよくわからないけれど、
色合いはまさに小豆だ。

P1030043_縮小

すでに莢もできてきている。
あまり見ることはなかったけど、今年は大量に繁殖している。

P1030044_縮小

雑草にまぎれてごちゃごちゃーー

P1030045_縮小

反対ではつるがからんでわけわからんほど繁殖。
ヤブツルというだけあってつる性の小豆。
豆自体も小豆よりも小さいようだ。
というか小豆はこれを品種改良して大きな豆になったらしいね。
つまりは今食べてる小豆の親ってことか。
野生種?原種?まあ何にせよこれから小豆が始まったわけか。


この茂りようは畑でも使えそうな感じもするね。

マメ科 ⇒ 窒素固定利用が期待
つる性で茂る ⇒ グランドカバーとしての利用が期待
小豆 ⇒ 小さいながらも食用としても期待


なんかお得な3点セット(笑 
今年この種とって畑の周りにでもまいたらいいだろうかね。
まあまずこの小豆の実がどうなのかを見てからだな。
ちょいくら楽しみだ。



2014-09-01(Mon)

椎茸を知ろう! 椎茸の歴史 

椎茸について理解してもらおうという企画です。
知ってもらうことからすべてが始まる。
何度かに分けて「椎茸を知ろう!」を書きたいと思います。
まずは歴史編です。



~椎茸の歴史~

椎茸が食べ始められた時期というのは正確にはわからないものの、
文献にはじめて登場するのが1237年
道元著「典座教訓」というものの中に、
日本産の乾燥しいたけを題材に教えを受ける逸話がいくつかのっているそうだ。
つまり文献に登場してから800年弱たっているということだ。
椎茸の歴史は古い。



-- 栽培が始まる --

椎茸の栽培が始まったのは江戸時代とされています。
伐り出した原木に鉈で切れ目を入れ、
そこに椎茸の胞子が自然に付着するのを待つというもの。
つまりは運任せの半自然栽培が主流だった。
うまく椎茸菌が付着してホダ化できれば大儲け、
つかなければ大損といういわば博打の様な栽培だった。
このとき椎茸というものは、「木から自然に発生するもの」と考えられ、
胞子という考えはまだなかった



-- 栽培の安定化へ --

栽培が安定化したのはぐっと現代になって昭和17年あたり
森産業の創始者である森喜作博士による「種駒」の発明で、
椎茸栽培は一気に安定することになる。
この種駒の発明の前にも、
昭和3年あたりに椎茸菌の純粋培養試験があったり
椎茸=胞子で増えるということが分かってからさまざまな試行錯誤が行われていたわけだ。
今、店に行けばいつでも椎茸があるというのは、
こうした先人の努力のおかげなんだね。


-- 原木栽培から菌床栽培への転換 --

現在はキノコ栽培の主流となっている菌床栽培。
菌床栽培が始まったのは昭和45年ころから
原木資材が不足し始めたことを背景に、菌床栽培の試験が始まりました。
昭和50年ころからは多くのメーカーが参入、改良が進み、
今では菌床椎茸が国内で出回っている生シイタケの8割以上を占めるまでになりました。

・統計データとして

        原木        菌床    
1993年  62996      14398
2000年  32567      34657
2012年   8426      58050
                (単位はトン)

2000年に出荷量が逆転、2012年には5万トン弱もの差がついた。
これは原木栽培よりも菌床栽培の方が作業が楽であることや、
農家の高齢化というものがかかわってきているんだろう。
重さ10キロ前後の原木を大量に扱うよりも
2,3キロの菌床ブロックを扱う方がはるかに楽ですからね。
  

自然発生するものを収穫していたものから運任せの半自然栽培が始まり、
研究によって原木での栽培方法が確立、
そして現在は原木栽培から菌床栽培の時代へ。
長い椎茸の歴史の中で、栽培が確立されてからの変遷は非常に早いものがあります。
技術の進歩はすさまじいものですね。

2014-09-01(Mon)

皮がパリっと インゲン収穫はこうでなきゃ

今日は防災の日。
当地では昨日防災訓練があったようで、
出かけた先で何やらいろいろとやってました。

P1030054_縮小

警備員が沢山いたので、なんか写真撮るのも気まずい(汗
何やってたかはよくわからんけれど、
いろいろと大規模にやってたようです。
一応エリアメールで防災訓練するよーってきました。
でもなんか絶対参加って感じで引っ張られるわけでもないので、
私らは特に何もやらんかったなぁ・・・
ちゃんと準備はしておかないといけないなー



今日から9月、夏休みも終わり学校再開―ってか。
休み長すぎだろ(笑
子ども科学電話相談も終わっちゃったし、また一つ季節すぎた感が・・・
これラジオで聞いてると面白いのねー
私の疑問は朝顔とかは捕まるものがあればどこまでも伸びるのか、ですな。
捕まるのもがないから空までは伸びないというのが以前やってたんですが、
じゃあ捕まるものがあればどうなのかと。
東京タワーにでもくくりつければどこまで伸びるのかと。
来年あたり誰か聞かないだろうか(笑

話が先に進まん(汗

昨日今日と晴れがまともに続いてくれたので、
豆の殻がしっかり乾燥、悪くなることもなく、収穫できた。

P1030067_縮小

今年はかなりだめにしちゃったからねぇ。
9割以上収穫終わったけど、去年の半分くらいいくかな?
やはり収穫間際に雨は痛いね。
右側の若いのはこれ以上待つと畑いつまでも空かないので見切り。
若どりなので莢いんげんで食べます。

P1030066_縮小

すかーーっとなくなっちゃったなぁ。
天気よければもう少し早くなくなるわけか。
インゲンとのローテが見つからなくて困ってるんだけど、
9月前に終われば何かできるよねー
天候次第だから博打だな(笑


収穫したものはもう少し乾かしてから選別。
今年の選別は大変そうだわ。
いい豆が1キロ以上あることを祈って・・・


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村