FC2ブログ
2014-12-09(Tue)

黒豆莢はずし終了した

今日はそこまで降らなかったものの、
最高気温が1度未満の極寒な一日だった。
もう少しで真冬日か、もうそんな時期かよ・・・


そんな気温なもんで早速に莢を外す作業ができない・・・
意外と莢とるのって大変で、外で1時間もやってると体が冷えきる(汗
ちょこちょこ進めて今日でどうにか莢をとる作業を終えることができた。

P1030755_縮小

とりあえずこれが今年の黒豆の莢全量。
といっても豆はいってないやつもあったから全量ではないかな。
思ったよりは莢の数あったけど、大抵のものが1粒なので豆の数は期待できないね(汗

P1030756_縮小

先にとって乾燥してたやつはだいぶからが乾いて色が変わってきた。
カラカラしてるのでいい感じなのを割って豆とりもやってみてます。

P1030757_縮小

ただやっぱり豆が膨れきれてないので、
豆としてできてはいても扁平な感じの豆になってしまってる。
ぷくっと膨れた黒豆にするにはやっぱり若過ぎなようだ。
赤いのが色づいてる感じはあるので、豆として使えるものは思ったより確保できるかもしれないけど。


これでまた一つ作業が終わったけど、
これは乾燥待ちなので、それまでいんげんやら小豆を処理してしまわないといけないんだけどねぇ・・・
冬場は豆で忙しいわ ←さっさとやっとけよって(苦笑


2014-12-08(Mon)

1UP!? F103再利用へ

今日でもう12月も1週間過ぎてしまったねぇ。
12月2日から雪が降り出してからちょうど7日、
たかだか1週間ですが、やっぱり降り出すと積もるスピードもすごいもんでして、

P1030754_縮小

暗いですがフラッシュのせいです。(午後5時前です)
今日の朝の段階で約70センチありました。
結局例年並みなのかまたドカ雪なのかよくわからんけれど、まあ降り積もりますねぇ。
毎年の大雪で感覚がおかしいせいで、
これで多いのか少ないのかよくわからん(大汗
ドカ雪メジャーからすればまだまだ序の口ですな。


そんでもって今日は朝にやらかしてしまいまして、
危なく火事になってしまうような事態を・・・

P1030749_縮小

ボイラーの水が少なかったせいで空焚き塩梅になって、
ボイラーの上に置いてた手袋が黒こげ(汗
これ何回目だろ・・・

P1030750_縮小
P1030752_縮小

へばりついてとれません。
ゴム手が焼けてものすごい刺激臭、目が痛い・・・
マグマみたいにボコボコとドロけてました(汗
気を抜いてしまった―
気の緩みは命取りですぜ。
火の取り扱いには注意注意―
お前に言われたくはないわとか言わんといて――(苦笑


さて本題です。

古いホダ木は小屋の中に積んで薪として燃やすことになっているんですが、
現在使っているF103の古ホダ、寄せる場所がなくなってしまったため、
発生量もあるし、また休養舎へ寄せることになった。

P1030740_縮小

本来ならもう薪行きなんですが、
今年は3年物の5Kがあるため、いつもよりもホダ木が多い。
なので小屋の中に入りきるはずなんだけどあぶれてしまいまして・・・

P1030741_縮小

まあ古いホダ木がなくなって置き場所が空いているので、
ある程度確保しておいても悪くはないということでしょうね。
なんせ冬場は量を確保しないといけませんから。
馬鹿みたいに量発生するF103は今の時期は貴重です。

P1030738_縮小
P1030739_縮小

ホダ木自体の状態もまだまだ良好。
ハウス修理で日焼けしてしまったホダ木も、
害菌がありながらも負けじと発生していますからね。
普通ならこんな害菌の近くで発生できません。

P1030661_縮小

ま、捨てる寸前にこんなにキノコ出してる時点でもったいないわけでして(汗
去年1回目の発生に失敗したのが大きくて、
ホダ木自体の劣化が遅れてるのも要因としてあるかも。
いずれにせよ、廃棄物が再び前線によみがえった。
絞り出して使いきってやれ(笑


裏の話として、
今年はどうもF103の種が種菌会社の方でやらかしたという話があり、
発生がおかしいということみたいで・・・
そういった事もあってこの古いホダ木を保険として持っておくのは悪くはないことで。
種をまいて短期間で結果が出るわけではないキノコ栽培、
菌に関しては結構リスクが大きい生産物になるのかもねぇ(汗


2014-12-07(Sun)

悪くなる椎茸 どこまでが許容範囲?

今日も雪ですよ―
朝起きて雪よせしたときにはそれほど降ってなかったのに、
キノコの収穫から帰ってきたら寄せた以上に降ってました(汗
ハハ・・どうすんのこれ・・・
さすが大雪(たいせつ)、見事に大雪(おおゆき)になったわ。
大雪に大雪、わかりづらいわっ!!


今日はいろいろとやる予定だったんですが、
仕事が入ったので午前中にやろうかと思ってことは中止して、夜に回すことにします。
なので予定してた記事が・・・(汗
なので別のことを書きますね。

さて、
以前椎茸だって腐るで椎茸が腐ったらどうなるかということを記事にしましたが、
今浸水する際に大量にキノコが出ていて、
悪くなり加減の物があるので、どこまでを食用にできるものなのかを見てみたいと思います。

P1030710_縮小
P1030711_縮小

今の時期は低温による刺激があるので、
浸水前に勝手にキノコが発生することがあります。
A910という品種はかなり多く出ていますね。
かごのはまだ大丈夫なもの、缶に入ってるのはだめなものになります。

ではそれらを悪くなっていく過程順に。


P1030712_縮小

まず普通の物。
普通といってはなんですが、ちゃんとした新鮮なものはひだがものすごくきれいです。
白いですね。
白いといっても笠まで白いのは品種改良によるものなので、
新鮮さをみるならひだがしっかりと白いものを。
採ってから時間がたつとひだが寝てきます。

P1030713_縮小
P1030714_縮小

悪くなり始めるとこのように赤黒く変色してきます。
笠も木に押し付けられていたりすると変色します。
特に鉄パイプなどの金物だと真っ黒に変色しますので、
もしホダ木を立てかける際に鉄パイプを使うときは、
芽が出てきたあたりでパイプに当たらないか確認しておきましょう。
このひだが赤黒くなってくるのはスーパーなどでも確認できます。
日にちがたったパックではこうなっているものがあったりします。

P1030717_縮小

しかしながら、変色し始めた時点で捨ててしまえばいいかといえばそうでもありません。
例えば上記の椎茸も、割ってみるとひだの上部がいろづいただけで中身は全く問題ありません。
この場合は食しても何ら問題はありません。
こういったものは、

IMG_4310_縮小

外で自然発生したものが日焼けした場合でも起こります。
これも全く問題ありません。
色悪くなってきたな―という場合はまず割ってみることですかね。
また一部分が悪く、という場合も取り除けば食べられますね。

P1030715_縮小

変色が進むと赤黒さが濃くなってきます。
こうなってくるとさすがに食べることは難しいですね。
つまるところ変色初期の段階が食用のボーダーラインということでしょうか。

P1030716_縮小

割ってみるとひだだけでなく実の部分にも変色がきています。
実の部分に変色が入るようでは駄目ですね。
限界が実に変色が入るまででしょう。

P1030718_縮小

更に進むと完全に腐ってきます。
こうなるとかびとかが発生して大変なことになってきます。

IMG_3157_縮小

最後はどろどろに。
椎茸のなれの果てです。
こういった風にどろどろになるには水分がないとなりません。
水分がない状態では、

P1030456_縮小
P1030457_縮小

原形を保ったまま悪くなります。
この場合は青カビが非常に大量につきます。
乾いているだけというわけでもないので、食用にするのはやめておいた方がいいですね。


このように椎茸だって悪くなって腐ります。
腐る場合、やはり水分量が多いと早くだめになりがちですね。
なので食べきれないものは冷凍すると保存がききます。
せっかく作ったものはやはり腐らせないで食べていただきたいですからね。
健康に良い椎茸、腐らせないでガンガン食ってやってください。


2014-12-06(Sat)

埒のあかない黒豆、莢とって乾燥へ

本日は冷える冷える。
第2のピークというやつが来たようだ。
日中はそこまで降らなかったかなと思うんだけど、
今現在ものすごく降りだして、明日にはかなり積もってそうな感じだ。
こりゃあもうこの雪がとけることはないね、地面は来年まで見られんだろう。

P1030745_縮小

今日の朝はこんな感じでした。
結構降ってるのがわかりますよねー
まあ一番降ってるところからすれば半分程度でしょうか。
それでも50センチに近くなってます。いや越えてるのかな?
まあ、、シーズンインしたからどうでもいいや(汗


さて本題の黒豆のお話。

今年初めて栽培してみた黒豆。
予想をはるかに超える遅さで成長、一時は莢もつかないで終わるかと思っていたんですが、
終盤にどうにか莢確保。
でも結局完熟前に初雪が降る寸前で撤収。
その後は小屋で陰干し状態だったんですが、やはり太陽がないと乾かない。
これじゃいつまでたっても豆とりできないので、莢だけとってハウス内で乾燥することにした。

P1030742_縮小

莢をぶちぶちとっていきますが、やはり若いので豆がない・・・
丸々と膨れた豆なんてのは1割もないんじゃないか(泣

P1030743_縮小

だからこうしてまだ赤い豆が大量にあるし、
乾いてないぶん柔らかくて駄目駄目。
黄莢インゲンの豆で分かっているけど、こうして若いものは完全に着色はしてくれないんだよね。
この豆は赤い豆でおしまいだろう。

P1030744_縮小

一応黒い豆もないことはない
こういったのは温風機の風に当ててると莢がひとりでにはじけるのでわかる。
ホントに勝手に莢から飛び出るんだねぇ。
面白いもんだわ。


莢はずしもなかなか時間がかかるもんで、
時間かかる分寒さに耐えられなくなって途中で断念。
徐々に進めていってます。
今のところ温風機の風がうまく当たってしっかり乾いてきているようです。
正月に食う分だけでも集められるかなぁ・・・
黒豆栽培はちょっと、いや時間的にかなり難しいですね(汗


2014-12-05(Fri)

冬の長靴を新調

当地は今日も雪でござい。
今日はそして今シーズンで最も寒い日。
最高気温が1℃でした
ヒ― 体の芯から冷えてくる――
雪の質も全然違う。
気温と雪の関係性はすぐに出るから興味深いもんだ。

・・・雪というと四国やら中国地方やら、
あまり雪降るというのを聞かない地域でかなり降ってるようですね。
だから今日みたいな立ち往生が起きてしまうわけだ。
夏タイヤで30とか50とかいう雪に対抗できるわけがないからねえ。
まだまだ注意が必要ですね。
備えはしっかりしておきましょう、もし雪が降りそうであったならば・・・


雪関連ですが、
長年はいてきた雪用長靴が寿命を迎えたようで、
歩いているとどうもしみてくるようになった。
ということで、きのう整体に行ったついでにホームセンターで新調。

P1030735_縮小

なんかな―――(汗 (朱色に見えますが、フラッシュでそう見えてます。実際は赤)
地味なものが見当たらない・・・
わたしのサイズが小さいからというのもあるかもしれないが・・(サイズ25・5で十分)
冬の長靴は時期にならないとはかないので、
なるべく持つようないいものがほしいんだけど、
いいかなと思っても色が、とかサイズがとか。
熟考でこれを選んできました。(笑

P1030736_縮小

ちなみにこれが今までの物。
やっぱり地味ーでいいわ(笑
その名もジョーブーツ(爆
確かに丈夫でしたよ。5・6年もったからね。

P1030737_縮小

珍しく後ろに穴があきました。
前面はまだまだ何ともありません。
かなりいいものだったようです。たしか2980.
まあ高ければいいというものでもないんだけどね。
母さんのは買ってきて1年で割れるとかありましたんでね。
見た目で選ぶと失敗しますわ(汗


これからこの新・長靴で今シーズンにはいることに。
これから長い雪との戦いを一緒に乗り越えていきます。
まずは1年、せめて来シーズンまでちゃんともってもらいたいね―


2014-12-04(Thu)

サツマイモ 芋づる越冬2ヶ月目

今日は雪がやみました。
やみましたが、降り積もった雪が湿り気を帯びてやたら重い・・・
10センチで30センチ分の重さ的な感じ。
水持つと大変だわ。
でもおかげでだいぶ雪が溶けたので、運転は楽で助かりました。
あ、整体いってきましたんで。
昨日のトラック事件で筋肉痛がひどくてねぇ(苦笑
普段筋肉使ってねぇワ(笑


さてさて、
外はもう極寒の雪国になった当地。
ハウス内で芋づる越冬実験が始まって2カ月、
ハウス内も一時期に比べればだいぶ温度が低めになってきてしまってますが、
現状報告です。

P1030729_縮小

まずパープルスイートロード。
こちらは先端以外の葉は枯れていますが、
鉢の中で根っこが生えてきたのか、先端部分が生き生きしてきた感じです。

P1030732_縮小

先端の葉が大きく展開、これって実はよくない??
温度取れてる分生育始まっちゃってたりして・・・
まだ植え付けまで半年あるでよ・・・(大汗
まあ生きていることは良いことです。
観察は続きますねこりゃあ。

P1030733_縮小

対照的に死にかけてるような感じの安納芋。
まるっきり枯れてる感が半端じゃない(汗
この芋は温度がもう少しないとだめなのかな?
それとも土が乾いてしまって根付けなかったとか?
ちょっと塩梅良くないなぁ。

P1030734_縮小

でも先端が完全に枯れ上がってしまってるわけではないので、
まだどうにか生きているようではあります。
死なないで越冬できればそれでよしと。
パープルスイートに比べると若干弱いかな―


という具合で2カ月たちましたが生きているようです。
このまま越冬できれば芋づる自家採取できるな―
まだ越冬は初期段階、これからが本番。
観察は続けていきます。


2014-12-03(Wed)

白ニンジンでピクルスを作ってみた

今日も相変わらず雪でございますよ。
湿った重い雪がひたすら降ってます。
なんか去年の初雪を思い出すねぇ・・・

P1030722_縮小
P1030725_縮小

どっさりもっさり降ってますよ。
うーんこれぞ当地の冬(笑

おかげさんで今日は雪よせしましたし、
小屋に来たトラックが出られなくなったのを助けましたし、
ちょっとね、久しぶりの雪ではしゃいで体力使ってしまった
いや、別にはしゃいでないか・・・

久しぶりの雪のせいで歩道の除雪車が故障して引き返して行くなんてのもありまして、
まったく、ちゃんと整備してこいよってね。
おかげで歩道歩けません。歩けますけど雪中行軍です。
30センチ以上の積雪の中を歩くのはどれだけきついか分かる人はわかるはず・・・
体力勝負だで――


雪の話題はこれくらいにして・・

何度も何度も言ってますが、今年は白ニンジンが駄目駄目(汗
そのできそこないの物を使って何かしてみることにしたわけですが、
今回はピクルスに挑戦してみました。

P1030703_縮小

材料は白ニンジンのできそこないを適量(笑
皮をむいておきます。

P1030704_縮小

漬けるものはこちら。
ピクルス=酢漬け的なもの。
ということでいろいろと調べて黄金比なるものを発見したので、
それをやってみました。

・酢      1カップ
・水      1カップ
・砂糖    大さじ5
・塩      小さじ2 
・ローリエ   2枚
・ニンニク   一片
・黒コショウ  適量
・鷹の爪    一本


これらを鍋で煮溶かして冷まします。
ニンニクはスライス、鷹の爪は種とってスライスで。
黒コショウはホールで何粒とかでいたが、まあいいかと粗挽きを適量使いました。


P1030705_縮小

初めてなのでどのくらい量作れるかと思ったんですが、
大きい瓶に入れて少し合わせ酢が残ってしまった・・・
小さいもの二本くらいがベストな量かな、これだと。
これを少し寝かせて本日試食。


P1030727_縮小

見た目はそんなに変わってないけど、少し柔らかくなったかな。
ではいざ実食・・・


普通の酢漬けか・・・いや辛っ(笑

初めは普通の酢漬けと同じ感じの味、あとからコショウが結構効きます。
これはなかなかスパイシーな漬物だ(笑
こんなもんなのですかね、ピクルスってのは・・?

まずくはない、ただの酢漬けからすればはるかに好き。
というかこれが漬物ってのもなんだかという感じだけど。
ちょっと配合にミスがあったのかも。

①砂糖を氷砂糖で代用した点・・・しっかりした計量になってなかった
②黒コショウが粒じゃなかった・・・これも大体でやったため少し量が多かったか
③鷹の爪の量が多かったか・・・一本分だけど、前に使った輪切りの物を使って量が多かった

たぶん考えられる点が三つ。
ちゃんと計量してやらないと本来のものにならないかもね。
次やるときは間違えないように配分に気をつけてと・・・
初めてのピクルス作りはぼちぼちのスタートです。


・・・・・・・・・
おまけ。


寒い時期はこたつで・・・リンゴ(笑

P1030728_縮小

リンゴうめぇ。漬けものよりこっちだな(爆
リンゴ剥くのだけはかなりうまくなった(笑
一個かるがる食うぜ―
蜜柑よりリンゴ派の私です。


2014-12-02(Tue)

救出せよ 雪からウラジロヒゴタイの移動

今日は予報通りに雪でござんす。
寒いでござんす。

P1030706_縮小

朝から吹雪です。
本格的にやってきましたねこりゃあ。
見慣れた白い景色、12月に入ったしなんかいつもの感じになった(笑

雪降ったので外に人はいない。
ハウスで作業中に大声で歌いながら作業できる(笑
でもそうしてるときに悲劇。

P1030708_縮小

木を棚に並べてるとき、置いた後に木が回転。
チッと舌打ちしながら直そうと屈んだ瞬間、後ろにプランターの支柱が
ツーケーのな―あーにブスリ(大汗
見事に、そりゃあ見事に的確に攻撃され、
それまでご機嫌に歌ってたのが爆発し、

P1030707_縮小

支柱はこうなりました(爆
皆さんも後ろに支柱あるところで下手にかがむのは危険ですからね。
注意しましょう。


っと脱線しましたね。

今日は雪です。
どんどん積もりました。

P1030719_縮小

寄せないとなーと思いながら作業で忙しく午後まで放置してしまったら、
もう20センチ以上の雪で埋まってしまっていました(汗

P1030720_縮小

一輪車に積みこんで去年と同じ所で越冬させます。
サビーー凍える吹雪だ―

P1030721_縮小

3往復でどうにか寄せ終わり。
なんか毎年ここに物増えてるような気が(汗
今年はウラジロヒゴタイのほかに、ミント、スカビオサ、クランベリー、タイベリーがここで越冬。
あ、あとポットのままのカモミールもあるな。
ごちゃごちゃですな(汗

なんか鉢植え増えてるけど、忙しくてどんどん手抜きになってしまってる気がするな・・・
ウラジロヒゴタイも今年はどれだけだめになってしまってるだろうか。
いっそどこかに地植えできるようないい場所でもあればねぇ。
最近の感じだと手抜きができないとしんどくなってきました。
増やし過ぎが原因なんですけどね(汗


2014-12-02(Tue)

え?おいおい、花芽展開しないよな・・・

選挙戦始まりましたね。
なんやかんや言われますが、始まったもんはどうにもなんね。
しっかり見極めて投票しませう。
馬鹿くさいと投票いかないのが一番バカくさいと思うので。
票を投じないのならあれこれ文句言えないからねぇ。

・・所で選挙前からあれこれと臭い動きがね・・・
小4騙って何で解散すんのっていうサイト作ったり、(大学生とばれて炎上)
マスコミに自民党から公平な報道をという脅しみたいなのがきたぞーとか・・・
(他の政党からもきてるのは無視、そもそも公平に報道してというのの何が脅しなのか(苦笑)
議席数の変化では民主が100前後とか(大汗
民主消えて無くなってもおかしくないと思うんだけどな・・・
自民減らした分どこに増やすかで民主増やしてるとかだったらバカですよ。
こういった意味のわからない誘導的なものはホントやめてもらいたいね。
やる前から希望的観測でこうなる的なのはいらんと思います。
中身をちゃんと比較して公平に選ばせてくれよ。
マスコミに踊らされるのはご免だ。



前ふりが長くなってしまったけんど(汗


小屋に収納していたブルーベリー。
初雪降ってからしばらく暖かい日があったので、
昨日チャリしまいに行った際に見てみたらなんと!

P1030697_縮小

ちょっとほころんでね?

今の時期はがっちり固く締まってこれからの寒さに耐えるようになってるはず・・・
初雪までの寒さで低温欲求量みたしちゃって、
暖かくなったことで起きだしちゃったとか??
そうだったら勘弁勘弁、これから本番だぜ(汗

P1030698_縮小

ちなみにこれはミスティー。
サザンハイブッシュで低温欲求量少なめ。
10月からもう低温期がきてるから、積算量はすでに満たしてるはず。
それでこれだけはこうなってしまったのかな。

P1030699_縮小

比較対象としてブルーレイですが、
こっちはがっちり固まってますよね。
緑なんてこれっぽっちもないですよ。
やはり早くも動き出したのかな・・・・


このまま動きが止まれば大丈夫だろうけど、
もし動きが遅くても止まらなかったらどうしようか(大汗
気温の意味不明に上下すると変に動きが起きてしまう可能性あって困るわー
頼むから展開しないでくれよ――


2014-12-01(Mon)

試験菌A950の1回目の発生はどうなった?

今日は大荒れ、いよいよあの爆弾低気圧の様なとんでもない低気圧か近づいてきた。
明日の朝にはそこは雪国パート2かも知れない。
なんてったって多いとこでは明日までに40センチとかいう脅迫されてるからね(汗
12月に入ってついにもう地面を見れなくなるかもしれん・・・
ちなみに明日の最高気温は4度だ。(今日は最高気温15度)


さて、
今年は秋山種菌の菌を初めて使ってみたんですが、
片方のA910はまずますいい感じの発生で、
今回は試験菌として少量入れたA950の発生についてみてみます。

P1030497_縮小

小屋の下のホダ場にこれだけあったA950。
これを浸水したのが11月21日。
この日ちょっと事故りまして(汗

P1030642_縮小

この道を通ってて運搬車から枠ごと下の畑に落下。
黒豆あったら大惨事だったわー

P1030643_縮小

畑の中には戦車の通った跡が!!(笑
道が畑側に傾いてたのが原因ですが、危ないねぇ。


と、そんな事故を起こしながらもどうにか浸水したホダ木。
皮が傷だらけになってしまったけど、

P1030681_縮小
P1030682_縮小

ボボーーンと無事発生。
結構大きいキノコだね―
こりゃあいいかもしれん。

P1030700_縮小
P1030702_縮小

成長するとこんな感じ。
木が皮の薄いものだからなのか、1回目から皮破って発生してます。
皮破る=ホダ化が進んで木全体に菌が回って発生準備ができてる
植菌して8カ月くらいかな。
それでこうした発生ということはホダ化が早いのかな?

P1030683_縮小
P1030684_縮小

元々木についていた芽はやはりでかい。
といっても浸水発生のキノコも十分にでかいので、
でかいキノコを求めるうちにとってはいい品種なのかも。
S055の代わりになるかどうかはこれから次第だけどね。


優良品種S055がなくなってまた替わりの物を探さないといけなくなったんですが、
これが最後までこの大きさのキノコを多く出すようであれば、
1回目の品種選択で新たな主力をまかせられる品種になりうるかもね。
ま、まだまだ先は長いので、終わりまでしっかり確認して見てですね。
とりあえず出ない品種ではないようでほっとしました(笑


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村