FC2ブログ
2015-04-10(Fri)

薄皮炭焼コーヒークリームパンとりんごカスタードパン

自転車でけがをしたので、今週はホットケーキを準備することができないので、
仕方なく久しぶりにパンを買ってきてみた。
薄皮パンは最近新しいものを見かけることが少なくなってきたので、
なかなか買うこともなくなってしまったけど、今回は新しいものを発見したので。

P1040472_縮小

炭焼コーヒークリームパン・キリマンジャロコーヒークリーム
コーヒーシリーズもついに炭焼きコーヒーまで行ったか・・・
キリマンジャロコーヒーは初めてかな?

P1040473_縮小

中はまあいつものコーヒークリームですね。
味は確かに焙煎した感じはします。
いや、これは味ってか香りなのかね(汗
豆の違いはこうして加工されちゃうとどう違うのか分からんし―
コーヒークリームで豆の違いを出すのは難しいでしょうね。


P1040370_縮小

こっちはちょっと前なんですが、りんごカスタードパンも出てた。
りんごクリームは確か食ったはず。
りんごカスタードパンはまだだったと思ったので。

P1040375_縮小

りんごカスタードといってもカスタードクリームにリンゴの角切りが入ってる状態。
要するにリンゴは具材、クリームはカスタードってことですね。
でもこれはあまりイケてはいないような・・・
なんか喧嘩してると言いますか、あまり会ってない気も。
これは正直リピートしません。


もう薄皮パンもネタ切れが近いでしょうから、なかなか大ヒットというのは望めないかな―
3つ入りの高級志向のパンもありましたけど、さすがに3つじゃ・・・
何かあっと驚くようなおいしいものが出てくればいいなーと思いつつ薄皮パンを消費し終えました。
明日からまたホットケーキじゃーーい。


2015-04-09(Thu)

ナス科のポット、発芽してました――

晴れ、朝は霜が降りてがっつり冷え込んだ。
おかげで機械の調子がいまいちな状態が続き、ロスが出た。
どうも自動植菌機は気温が低いと動作がいまいちだ。
ウチのだけかもしれないけども・・・・
日中は気温上がったの普通に動いてましたけどね―


気温が2ケタになるような時期になり、畑の雪もだいぶなくなった今日この頃。

P1040468_縮小

あと2,30センチですね。
一部土も出てきました。
雪解けが一気に加速、来週には土が完全に見えるかも。
予想よりはるかに早くなりましたね――嬉しい誤算

さてそんな畑の状態ですが、
植えるのは6月くらいになると踏んでいるナス科の植物たち。
ポットまきしたのが3月22日。
それから2週間以上たった月曜(4月6日)、様子を見たら発芽していることが発覚。
あわててビニールをはいで明るい方へ移動しました。

P1040400_縮小

初めは不織布だけだったんですが、温度が上がらずビニールもかけまして。
これでも20度ちょいくらいまでしか上がらなかったので、
どうだろうと思っていたんですが、無事発芽しました。

P1040469_縮小

覆いはがすのが遅れたため、先に出ていたものは徒長しちゃってますね(汗
同じナス科植物でも発芽に差が出ています。

P1040470_縮小

札のたってるラインで見てもらうとわかるように、でてるものとでてないものが。
温度が足りてないものでしょうかね。
出やすいものは、白ナス・白ピーマンで、
でてないのがFlorinesというプレゼント種ですね。
ナス、ピーマンは順調ですが、唐辛子系は遅めですね。
これは意外でした。
唐辛子系の方が温度高くないと発芽しにくいってことですかね―

こうして今のところナスやピーマンは8割がた発芽、
徐々にペペロンチーニが追いついてきている感じ、
Florinesは発芽ゼロという状態です。
ナスやピーマンは20度以上あれば発芽はたやすいのかも。
唐辛子はそれ以上という感じでしょうか。
ナスの仲間でも違いが結構出るもんです。


2015-04-08(Wed)

ようやく半分超えた――

今日は晴れましたが非常に寒い。
日差しであったかいかと思いきや風が冷える冷える――
なんせ雪降ったところもあるようですからね。
冬の残り香でしょうかね。

さて、昨日苦労しまくった植菌、オーバーホールといってもいいくらいやったので
今日は順調に進みまして、本日ようやく6500、半分超えました―
でも半分です。
まだ半分です。
くどいですが2分の一なんですよ―――

現在試験菌F420の植菌が終わり、こんどはF613という品種へ。

P1040474_縮小

どっちかが夏菌、どっちかが周年性。
詳しく聞いてないので忘れてしまった(汗
とりあえず今年はこの2品種を試してみると言うことです。
2品種で約2000本弱くらいでしょうかね。
明日にはこのF613の植菌が終わって、5品種目の植菌が始まるかと。

P1040475_縮小

半分ですから、ハウスも大体半分くらいまで来ました。
列にして17列目ですかね。
うーーんよくきたもんだ。

残り約2週間で終わるかなーと言うところ。
まだ体力的余裕はありますけど、手が不便なのが痛い・・・
まあぼちぼちやってれば勝手に終わるでしょう。
残り半分、頑張っぺー


2015-04-07(Tue)

蝋騒動

今日は朝から機械の塩梅がよくなくて、予定してた量全然進まず。
なんせ昨日560オーバー、今日半分(汗
左の蝋がでなくなってあれこれとやった結果時間ばかりが過ぎ・・・
おまけに左のドリルのワイヤーも切れたしね―
昨日のハイペースが嘘の様にだめな一日となってしまった・・・・・

その原因となった蝋、今までは何気なく詰まったりしてたくらいだったんですが、
これがもうめんどくさいものであることが分かってきたわけで。

蝋は溶かしておいて、なくなったらその都度タンクに溶かしたものを補充という形で作業するわけですが、
その蝋の温度でいろいろと問題が起きてしまうようだ。

ろうそくを思い浮かべてもらえればわかるんですが、固形物なわけですよ。
それを溶かして液体状にしておくんですが、ろう=油になるわけですね。
だから高温になるとどこまでも熱くなっていくわけで。
今回はその高温の状態の蝋が原因を引き起こしていると言うことらしい。


この高温の蝋というのはちゃんと溶けているためにさらっとしています。
なので詰まることなんて想像もしてなかったんですが、
どうも高温になると成分中のやにが分離、それが動脈硬化のようにくっついてつまりが起きるんだそうだ。
最近の管詰まりはそれが原因らしい。
今季は管もそうだし、蝋を吹き付ける心臓部オーバーホール状態にまでなりましたからね・・
溶けてりゃいいってもんじゃないようで。

かといって低温域では蝋が溶けにくくドロッと粘度の高い状態に。
こうなると継ぎ足しの時に容器から出ないとか、溶けきらない成分が詰まるなんてことも。
要するに熱すぎても冷た過ぎてもだめってこと。
なんとも面倒な物質だねぇ。

なるべく低温を勧められるけれど、低温域でのドロドロを知ってる自分にしてみれば、
お勧めできるようなもんでもないんだよねぇ。
かと言って温度高くてもだめ、適温が何度くらいなのか明記してもらいたいもんですよ。


今までなんで大丈夫だったのか、
ほかの地域での低温蝋で機械はなぜ普通に動かすことができるのか。
今日だけでも様々な考えが出てくるわけでして、
それこそ意見の隔たりってもんも出てくるわけですよ。
私は実際に起きて体験したこともあるわけですから、難しいんす。
とりあえず言えるのは、蝋の温度管理はめんどいってことですね(汗
なるべく低温になるように、気をつけて溶かしておくようにすることぐらいですか。


追記

低温蝋と高温蝋の違いです。

P1040471_縮小

低温ではこうしてどろどろのにごったものに。
メーカーにもよるかもしれませんけども。

IMG_1128_縮小

こちら高温。
にごりなくさらっとしてます。
温度が高くなるほどに琥珀色になっていく感じですね。
なのでどれだけ熱くなってきているかは色でも判断できます。

メーカーでは110度程度ということなので、
それがいったいどういう状態のものなのか温度を測って確認して見ないとだめですね。
天ぷら用の温度計探さないと・・・


2015-04-06(Mon)

A910の植菌終了、F420の植菌開始とフル操業スタート

昨日結局オヤジさんが1日かけてA910という品種の植菌を終わらせ、
私は機械の清掃作業に助太刀してきました。
ということで、今日からまた新たな品種、F420の植菌が始まりました。

P1040466_縮小

F420は新品種で、今年は試験菌としての導入です。
発生いかんで使うかどうか判断することになりますね。
これともう一つ試験菌があり、今日から大体4日で2品種の植菌が終わるかと。
それから先また2品種植菌あり、太いものに駒打ちと。
まだ長いねぇ(汗

しかししかしー
ようやく原木もまともに入ってくるようになったので、
遅くなったけどフル操業が始まりました。

P1040464_縮小

どどーーんと原木がストックされ出したので、ようやく始まった―
現在原木は8000本くらい到着してます。

では今日のフル操業の時間経過順に・・

P1040463_縮小

手前の山の3つ目から今日の植菌したものになります。
これが朝8時の時点。

P1040465_縮小

午後2時。
1山積み終って次の山に入ります。
一山大体400本くらい積んでます。この時点で350本ほどやってますね。

P1040467_縮小

わたしの作業終了間近の午後5時。
この時点で植菌本数500本突破。大体フル操業目安が500なので今日は抜群ですね。
このあとオヤジさんが続行したので、今日は550超えたかと。
作業時間は大体12時間くらいになってると思います。
フル操業を超えるフル操業ですね。
でもなんだかこの生活に慣れてきたせいか疲れはそれほどでも(苦笑
何でもかんでも慣れってのはすごいもんです。


こんな感じでぶっ飛びフル操業がスタートです。
残りは7000程度、大体2週間というところでしょうか。
4月後半までかかってしまいますが、まあ5月前にはどうにかなりそうだ。
遅いながらもどうにか・・・・
これから先体力勝負ですので、しっかり休養とりたいですね―


2015-04-05(Sun)

ウラジロヒゴタイの生育遅早

今日は日曜だけど仕事しようかともくろんでいましたが、
思いのほか左の人差し指が腫れて衝撃が来ると痛いこと、
右の肩がいかれて上がらないことが重なって辞退・・・
オヤジさんがやってるのをすまんです―と申し訳なく過ごす状態・・・
とりあえず、今日行く予定のスーパーへの出荷には替わりに行ってきましたが、
今日でA910という品種をすべて植菌したかったのでね・・
オヤジさんが全部やるかもしれませんが。

ところで、
けがのことに関してコメントいただきありがとうございます。
平常時にはほとんど痛みがないんですよ。
ただ指を曲げると痛いのと、腫れが出てきてるくらいですね。
関節部分なのでかなり長引くかと思いますが、じっくり直したいですね。
一応?どんなもんか写真上げてみますか。
グロ注意ですので隠しておきます(苦笑


さて本題。

すっかり気温が上がって様々生育が始まっていますが、
ウラジロヒゴタイの生育って品種によって遅い早いがあるもんです。
比較してみました。

P1040433_縮小
P1040436_縮小
P1040439_縮小

早い部類が、ブルーボーイ、アークティックグロー、アジュールブルー?
この3品種はかなり早めの生育で、結構大きくなっています。
アークティックグローは開花も一番乗りなので、早生品種と言えるのかも。

P1040434_縮小
P1040435_縮小
P1040437_縮小

ついでスターフロスト・プラチナムブルー・ベッチーズブルー
早い品種からすれば生育は少し遅め。
開花期も少し遅いかな。
プラチナムブルーはかなり遅めだから、生育遅くなるのは納得かな。

P1040438_縮小

最も遅いのがタプローブルー
毎年思うんだけど、こいつの芽は遅くて、死んじまったのかと思うほどだ。
生育開始は遅いけれど、開花はそこまで遅くない。
なぜに初期生育が遅くなるもんなのかねぇ?

こんな感じで生育には差があります。
ブルーグローに関しては今年導入なのでまだどの辺に入るのかはわかりません。
来年確認してみます。
今年も何株か死滅してますが、管理しっかりしていい花を咲かせたいですねぇ。



続きを読む

2015-04-04(Sat)

サンゴカイワレは緑にもなる?

どうも、自転車でこけて瀕死のけがを負いました。
あ、左手の人差し指ね。
こんなにえぐれるもんかよってくらいえぐれました。

ブレーキかけながら右カーブ!

前輪が横滑り(雪解け水と砂利とアスファルトの継ぎ目のせい)

遠心力で反対側に持ち上げられて転倒

こんな感じで左の前側からばったり行ってしまい、ハンドルで一番高い位置にあった人差し指が犠牲に・・
右手もついたので右の掌底も削れてますけども。
でも人さし指の関節の覆ってるような部分まで見えたのはホラーでしたよ・・・
現在は出血も収まって血行悪くて冷たいですが。
全く作業にも影響出るから困ったもんだ―
自転車は危ないですよ!気をつけましょう。


さて、
先日試しまきをしたサンゴカイワレ。
真っ赤と言うか紫のフォルムのカイワレになるとのことでしたが、
久しぶりに見に行ってみるとあれれ?

P1040457_縮小

赤いのに混じって緑のが結構出てますよ。
ブロッコリースプラウトはかなり優秀に育ってますが、
発芽率もなんだかそれほどよくない感じも・・・・

P1040458_縮小

発芽時点では前作の大根かと思ってたんですが、
ポットまきしたものにも出ているので、どうやら緑も出るらしい。
何パーセントとかあるのか、それともこの種が交雑みたいなものなのかよく分からんですが、
ともかく今回の試しでは緑にもなり得るという結果が。
ムムー面白いもんなんだけど、別なのもでちゃうのか―
まあ何度か試して結果を出したいと思います。


2015-04-03(Fri)

原木のあれやこれや

今日は雨降ってます。
雪解け水と降雨で川が結構やばいです。
今の時期の増水速度はすごいですから、あまり雨はうれしくないですねぇ。
明日からは晴れるようですが。

今日も原木が2回来まして、6000を超えてきましたね。
やはり強奪されないと数確保はどうにかなるようです。
これであとは自分たちがどれだけやれるかにかかってきますね。
今日はやはり蝋の工事で1時間ほど潰れましたが、どうにか400は確保できました。
明日からもっと数増やしていきたいですね―


さて、
今日はその原木のことについてちょほいと。

椎茸の原木って言うと大体楢の木が使われてます。
他にもクヌギとか栗なんかが使われます。
まあ様々使える木はありますが、ここらでは大体が楢の木です。

その楢の木でも変なものがありましてね。
ミズナラって言いますが、同じ木なのに姿が違うんですよ。

P1040455_縮小

3パターンほどあり、左が皮が薄っぺらいすべすべの木。
真ん中は皮がブサブサの木、右はがちっと皮の厚いしっかりした木です。
全部ミズナラです。
ブサブサの木がわかりづらいのでズームして見ると、

P1040456_縮小

皮がうろこ状になっていると言うのが正確な表現かも。
松とかに近い皮をしているかもしれません。
この手が植菌で一番厄介です。穴が見づらくなるから。
今の大きい穴ならまだしも、駒の小さい穴は最悪です。
面倒なこの上ない木ですね。
ウチは大抵このミズナラばかりなので、毎度苦労します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木の種類は置いておいて、ここからは木の状態について。

入ってくる原木ってのは業者によって様々です。
慣れてるところとそうでないところの差はかなり大きいです。
1回ばかり別口で切った木が来たのでその木の状態は・・・

P1040454_縮小

例えば枝うち。
これをしてるかしてないかは結構でかい。
いつものところはしっかりやってくれてます。

P1040452_縮小

こんな感じですね。
大きいところをしっかりやってくれてるので、自分たちは小さな手直し程度で済みます。
これが多くなるとめんどくさくなるわけですよ。
昨日はこのせいでイライラが募ってきてました(汗

ダメ原木

あとは実物がないのでこういったのということで。
・短いもの 
 長いものは切ればいいんだけど短いのは機械がはさめないのでだめ。
・しっかり木口が切られてないもの
 倒すときの切り方そのままのやつ。
 これは機械で挟んだ時に割れてずれ落ちる可能性があるのでしっかり平らにしてもらいたい
・斜め切り
 機械で挟む際に挟むか所が少なくなって落ちる可能性
 
機械でやるにはこうした点もしっかりしてないとだめなんす。
機械任せは楽ですが、その前の下準備みたいなのはなかなか面倒です。


あとは・・・

自然物ですから、様々な状態の木があります。

P1040451_縮小

カミキリに食われた木もあれば、それを求めてキツツキが穴をあけた木も。
こういうのは長年の経験でしっかりよけます。
考えた結果うまくいかないこともありますが、
写真のようにきれいにいった時はうれしいですね―
この避けの技術の結構必須になってきます

さいごに・・

今の時期の原木はすでに水を上げ始めているものもあり、

P1040453_縮小

皮がむけやすくなってます。
これが木が休眠している時期に植菌を済ませたい理由の一つになるわけですよ。
簡単にバリバリ皮がむけてしまうと、傷口さらした状態のまま置くようなもんですからね。
倒した時の衝撃で皮がいってるものが結構出てきました。
もう少し早かったらなぁ・・・と。


こんな感じで原木と一口にいっても様々なもんです。
人によっては品種や大きさ長さなど細かく指定するような人もいるようです。
早々うまくいかないもんですけどね(汗
ウチは・・あまり文句言いませんよ(笑


2015-04-02(Thu)

4000超えましたけど・・・

晴れると暑い今日この頃。
春の天気でころころと天候は変わりますが、
いよいよもって長い冬が終わりそうですね。

雪がガンガン目に見えて消えていくのはいいんですが、
P1040428_縮小

ノビル騒動を起こしたアサツキが何者かに強奪されました(泣き
たぶんとっていった人はノビルだと思って採っていたんでしょうね―
残念ながらアサツキです、ひろっこじゃねーぞ!

P1040352_縮小

ちなみにこれのことですので。
出始めじゃ判断付かないね。
かなり太いいいものだからひろっことして最高だーって感じだったんでしょう・・・
野良アサツキとこんな形でおさらばすることになろうとは・・・


まあそれはさておき、昨日原木がようやく大量にやってきたので、
今日からフル操業も視野に―ってな感じで動き出したんですが、
どうも小さいことの積み重ねでイライラが―――

・原木が枝うちが不良でいちいちやらないといけない
・錐が切れにくくなる(穴はあくけど完全に屑がちぎれない)
・上記原因でオガ種菌があふれることが多くなる
・おかげで蝋も不発
・さらに蝋の手直し用のものが劣化して蝋が塗りにくい
・おまけに蝋の吹き付け自体が悪くなる

とまあ一つ一つなら大したことのないものがこんだけ重なるとホント
がぁ―――ってなる(苦笑

まあ錐と蝋の手直しのは今日やり終わったら交換という感じの時だったからいいとしても、
機械の蝋吹き付け不良は早速にどうにかしないとだめなので
これは終わり際にノズル掃除をしてみたわけなんですが・・・
なんだかこれだけじゃ済まない感じが・・・
また右蝋の悪い病気が再発したようです(泣

封ろう部分

簡単な、ホント簡単な封ろうの図です(笑
①が溶けた蝋を入れるタンクです。
これが去年だめになって取り換えました。
電熱線がまかれてるので蝋が溶けたままの状態をキープできるタンクになってます。

③が今日掃除したノズル部分
ノズルの周りに円柱状の筒があり、吹き付けると下の写真のように丸く蝋がぬれるわけです。
IMG_3946_縮小

で、毎度の病気というのが②に当たるタンクからノズルへつながっている管
上部から熱い蝋が流れてくるので、早々固まってしまうってことはないはずなんですが、
なぜか右のこの部分は固まってしまってることが多い。
固まっていると言うか半固形状態というべきか。
分かりやすく言えば血管の動脈硬化状態ですね。
なので蝋の流れが悪くなって吹き付け不良が起きているというわけ。
なんせ最後のあたりは出てる量が半分以下になってましたからね。

明日の朝に電源入れて始動するまでにとけてれば問題はないんだけど、
だめなら大工事になってしまいますね・・・・
なんでこうなるのかは謎でしかないんですよ。
右側だけですから、病気ですねもう。
機械の動作だけは順調だっただけにここへきて大ブレーキは痛い。
まだまだ大量にやらんといかんわけですからね―


P1040450_縮小

毎度変わり映えのない終了後の写真ですが・・
今日でようやく4000を超えました。
まだでも9000、まだまだ先は長いです。
今週中に5000までいけるかどうかは明日次第か。
機械次第ですが頑張らんといかんですね。


2015-04-01(Wed)

越冬半年、安納芋は死滅か

今日は雨、暖かさから一転寒い一日だった。
今日から新学期というか新生活始まりですか。
頑張って行きましょう。
そういや、学年は4月1日までが1学年ですよね。
なんで4月1日からじゃなく4月1日までなんでしょう?
まあおかげで私の学年に2人ほど人数増える結果になってるんですけど(笑


今日はひたすら忙しく、へとへとだー
原木が2回もきたでよ。
どうやら別口には無理って言ったらしい。
これで木が山から出て来次第どんどん入荷するってことだろうか。
なんか休みなしで作業ありそうで怖い・・・


ここから本題に入りますよ。

サツマイモの蔓越冬というものを試して今月で半年にはいる。
どんなもんかと思って始めてみたけど、意外と簡単に越冬できてはいます。
ただ、初期の水やりに失敗したせいか、安納芋のつるはほぼ死滅してしまったようだ。

P1040394_縮小

んー残念。
これで今年も苗大量購入しないといけないね。
安納芋のつるは越冬が難しいのか、失敗がでかいのかは不明だけど、
今回はだめになってしまいました。

一方パープルスイートロードの方は、いまだ普通に越冬できています。

P1040395_縮小

まだ新しく伸び出してはいませんが、葉が枯れ放題なの以外は実に良好。
少しも枯れてしまった感じはなく、これから暖かくなれば切り苗作れそうです。
と言ってもこれからどうやって苗作りに移行していくべきかというのは大問題なんですが(汗
なんせまだ外は雪だらけですからねぇ。
まだしばらくはこのままかな―
やってみたはいいけど苗作り自体とんでもなく大変そうだ・・・



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村