FC2ブログ
2015-07-24(Fri)

白ニンジンに種ができたらしい。

本日も雨です。
ようやく梅雨入りしたのかな(苦笑
雨なので畑には出られませんし、やれることやっておきました。


さて、
去年白ニンジンの種ができるのかどうか実験してみたんですが、
今もずっとまいている「スノースティック」という品種では種はできませんでした。
今の種の中には雄性不稔株利用の種、つまり雄蕊のないものでできた種というものが出回っており、
どうやらスノースティックはその種だったようで。

しかしながら白いニンジンの種をとって自家採種でつなげていきたいと思っているので、
どうにか種のとれる品種はないかとスノースティック以外の白いニンジンを探してみたんですが、

P1020568_縮小

そこで見つけたのがこのホワイトキャロットというもの。
ホワイトキャロットなんてまんまですが、去年収穫後に鉢に活けておいたものが開花、
しばらくしてしぼんできたのでこれもだめかと思ってみてみると、

P1050649_縮小
P1050650_縮小

花の付け根の部分にイガイガした膨らんだものが沢山ある!!
去年はこんなものができなかったので、これが種ではなかろうか。
このホワイトキャロットでは種ができるようですね。
まだこれから白いニンジンができるのかどうかはわかりませんが・・・

P1050648_縮小

ちなみに花の段階ではふくらみはありませんので、
受粉後にできたものと考えられます。
とりあえずしっかり枯れ上がって収集後に確認してみたいと思います。

今年はキャロットブランというまた違う品種の白ニンジンも栽培していますので、
それも来年種ができるのかどうかを確認してみたいと思います。
白ニンジンの自家採種確立できればうれしいなぁー



スポンサーサイト



2015-07-24(Fri)

現在の椎茸 2015・7・24

再び椎茸の発生量が激減してしまいました。
どの品種を使っても高温のダメージは大きいようで、椎茸が出ません。

P1050669_縮小

いくら浸水を続けていてもこれではお話になりませんね。
明日から浸水はしばらくお休みになりそうです。
ということで椎茸の注文に関してもお休みさせていただくことに
今年2回目ですか、発生が安定しませんね。

今回の場合は異常高温によるダメージというのが大きい要因ですが、
空調を備えていない施設栽培では限界があります。

P1050666_縮小

直射日光を遮るようにするとか、

P1050667_縮小
P1050668_縮小

なるべく温度の高くならないところにホダ木を置くとか、

P1050665_縮小

あとはしっかりした散水などですね。
これらをやっていたとしても気温自体が35度なんて言う昨今、
椎茸菌の生育限界温度はすぐに超えてしまいます。
高温に強い夏菌を使っていたとしても最近の異常高温には対応しきれないですね。
それほど今の夏は気温が高くなったということでしょうか。

今は雨が降っていく分気温の上昇が抑えられていますが、
梅雨時期に雨が降らなかったのも痛手。
来月から使う予定となっている今年植菌の夏菌も果たしてうまく出るかどうか。
気象に振り回されています。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村