FC2ブログ
2015-10-12(Mon)

ペンダー・リバティー・エリザベスを鉢増し

今日も天候不順、畑にはいけないので、かぼちゃの乾燥を行ってました。
やっぱり坊っちゃんかぼちゃよりロングかぼちゃは処理しやすくていいです。
ただまあ1度に1本しかやれないんですがね(汗


寒くなり山も徐々に色づき始めた感じですが、
一足先に紅葉を満喫できるブルーベリー、真っ赤です。

P1060484_縮小

稲刈りとかの関係で小屋のお隣に整列しているんですが、
赤赤赤―見事に紅葉してますよ。

P1060485_縮小

品種によって違いますからそこも見ごたえがある。
左のブルーレイの鮮紅色、右のサミットの赤銅色。
あれ?真ん中は・・・まだ色づいてませんね(汗
物によってはそんなのもあります。

さてそんな中、夏の終わりごろから植え替えをしていたんですが、
モノ不足で一時中断し、そのままずるずるとほったらかしにしてしまっていた鉢増し、
今回畑がお休みなのを利用して3鉢分やっておきました。

P1060479_縮小
P1060480_縮小
P1060482_縮小

上からリバティー・エリザベス・ペンダーです。
いずれも今年買った新入り、なので7号鉢に植えられてます。
これを7号から9号へ鉢増ししましたよ。

根張りは順調で、コガネもいませんでした。
ガリッガリに乾いていましたけど、ヤシ繊維の用土で育ててると意外と持つんですよね。
根っこが強くなる感じです。
水持ちが悪いぶん強靭になるのかな?

P1060493_縮小
P1060494_縮小
P1060483_縮小

上記の通りの順番ですよ。
ペンダーは直立性が強く、誘引いらずで優秀ですが、
リバティーもエリザベスも開帳気味で暴れてますね(汗
こちらは後々誘引が必要になってきますね。
まあそれは来年・・・

P1060495_縮小
P1060496_縮小

よく見るとエリザベスもリバティーも花芽が出来上がってます。
もう来年の準備が整いつつありますね。
こいつらは来年も生育させるために花は咲かせませんが。
花芽ができるってことはまともな状態だってことなので一安心だ。

P1060497_縮小

あと、リバティーの特徴で以前書いたんですが、
大きくなってもやはり葉に鋸歯を持つようです。
まだ出回って日が浅い分品種の特徴ってのがあまりないので、
ぼちぼち気付いた部分は上げていこうと思います。


今年中にあと何鉢できるかな―
12号鉢増しは初年度の機の分だけでも終わらせたいけど・・・
畑が忙しいから天候次第だな―


2015-10-12(Mon)

現在の椎茸 2015・10・12

冷え込みが強くなり始め、キノコの生育もゆっくりになってきています。
ゆっくりになる=肉つきがよくなるということなので、
これから先は椎茸の質が向上していく季節ですね。


さて、
現在発生している品種はF103の古ホダとA910の新ホダ。
ついに秋モノ新ホダの発生が始まりました。

P1060490_縮小
P1060489_縮小

先日の風の影響で、予定よりも早く浸水を始めたため心配もありましたが、思いっきり発生しましたね。
やはり新ホダはこれくらい出てくれないと困ります。

P1060491_縮小

大きさも十分、これはしばらく量に困ることはなくなりそうですね。
今までの挽回が期待できますよ。

P1060492_縮小

F103の古ホダの方は細かいながらも量とれているので、
収穫量ゼロじゃないだけありがたいです。
最後のご奉公して頑張ってもらいましょう。


現在はこの2品種が主軸。
10月中はほぼこの2品種で回すことになりそうです。


2015-10-11(Sun)

やっと蕪の間引きが終わる

本日は天候が下降線、いも掘りも当然お休み。
んーいつの間にやら10月も中旬に入ってきましたね(汗
このままじゃいも掘り終わらねぇよ(苦笑
来週頑張らないと。

さて、
今日は昨日ハウス工事で丸1日作業ほっぽってしまったため、
一人で浸水作業を行った後に畑にいって残してある蕪の間引きをしてきた。

P1060389_縮小

もう種まいて1カ月以上、どんだけ間引くのに時間かかってんだって話(大汗
間引きが遅すぎて生育にも影響出てますね。
先に間引いたものはぼちぼち大きくなってきてるんですが、
地上部が同じような大きさでも、

P1060390_縮小

地下の差が・・・
今日間引いたものはまだ1センチにも満たない大きさ、間引く時期って重要。
時期もそうだけど、根本的に間引きって重要だね。


このままいけば収穫は来月あたりになってしまうかな―
間引きをさぼったツケは大きいわ―
ま、小豆とかに手をかけてたってこともあるから優先順位の差だね、とかいってみる(汗


おまけとして、

P1060391_縮小
P1060392_縮小

先に間引いてます水菜はぼちぼち大きくなってますよ―
こっちも間引き重要。
鍋に間に合うか??

P1060393_縮小

雪白体菜もいい感じで育ってる。
今度こそちゃんと漬けるぞ―


2015-10-11(Sun)

頭でっかちになったレモンバーベナを鉢増しする

自分が育てているハーブの中では最もお気に入りなレモンバーベナ
こいつは草じゃなく、樹ということもあって育てるのは楽だ。
匂いも何とも言えなくいい香りで、なごむ(笑

そのレモンバーベナ、さすがに年数経って地上部がでかくなり
風が吹く度に倒れるようになってしまった。
地下の方もつまってる感じで、根っこが鉢の外に伸びてるし(汗
時期的に良くないかもしれんけど、鉢増しすることにしましたよ。

P1060346_縮小

珍しく2回開花したレモンバーベナ、
まだ花の名残もある鉢増し前のものがこちら。

P1060477_縮小

ずいぶんと大きくなりましたよ。
太くなってきているというより、茂ってきているが正しいかな。
正面だといい感じですが、実際は奥の方に向かって倒れかかっている状態。
かなりバランスが悪い。

P1060478_縮小

これを7号鉢から8号鉢へ鉢増し。
外に伸び出した根っこは切断、鉢底の固まった根っこも1センチほど切断。
あまりにもガチガチだったので周りにも切り込みを入れたうえで鉢増ししました。
これから生育がなくなる中これだけ根っこ痛めてどうすんのって感じですが(汗
倒れかかった枝も支柱で起こしたのでかなり背が高くなりましたね。


本当なら適宜収穫することで時効を低く維持できるんだろうけど、
なかなかどこを収穫するべきか悩んでるうちにこうなった(汗
来年はもう少しこまめに収穫してあまりおおきくなり過ぎないように管理したいところ。
こいつも一応越冬はハウスだしね。
とりあえずのところハーブでは一番優秀に育っているレモンバーベナでした。



2015-10-10(Sat)

植菌ハウス補修工事

今日から連休が始まりますね。
この3連休は道の駅で新そば祭りがあって天候が心配されたんですが、
連休オール雨なんて言う予報があったのに今日はなんと晴れました。

晴れたことは幸い、今日は先日ブッ飛ばされた植菌ハウスのビニールかけ直し作業を行いましたよ。
1日でできるか微妙だったんですが、なんとか。

P1060469_縮小

まずは飛ばされたビニールの片づけから始まり、
よく見るとハウスのあちこちにガタが来ててその補修もあり、
午前中はビニールをかける前段階で終了。

P1060470_縮小
P1060471_縮小

破れたビニールもしっかり畳んでおかないとだめですからね。
これはこれで農業用廃プラスチックとかで出す日が決まってるんですよ。
廃棄だってえらくお金がかかります(汗


P1060472_縮小

そして午後からビニールかけ。
先日の暴風どこへ、風が大敵のビニールかけ作業ですが、嬉しいことに無風状態でできました。
いやーこれだけで大助かりですよ。
3時間ほどかけてビニールかけて止めて作業完了。

P1060473_縮小

まだ完全に終わってませんけど、とりあえずこれで雨風をよけられるってもんだ。
できないと思っていたものが思った以上にスムーズに行ってよかったよ。

P1060474_縮小

何重にもかかってビニールなどなどが取っ払われてすっきりしちゃったね。
これで全部のビニールハウスの屋根が白いビニールに変身だ。
遮光性があってかなりいいね。


こうして暴風被害から復旧したんですが・・・
なんとまあとある事実を発見してしまいましてね。


P1060475_縮小

!!

「いんさつめんをはうすのうちがわにしてはってください」

ハァ?ですよ。
なしてー
ちなみに横に使われているビニールには、

P1060476_縮小

文字がハウスの外側から正しく読めるように張ってください。

他2棟に使われている白いビニールも同様。
つまり普通は文字が外から読めるように張るんですよ。
今回のビニールは・・・あまのじゃくですよ(大汗
マイッタねこりゃあ・・・

裏表で性質に違いがあるのか分からんですが、いつも通りにやったらいつも通りじゃないとか(汗
統一してほしいもんだわ―と最後の最後でオチガついてしまいました。


2015-10-10(Sat)

秋野菜はこんな感じ。

昨日は夏野菜の状態を紹介したので、
今日は秋野菜の状態を少しばかり。

P1060457_縮小

例のニンジンは芽が出たばかりのような状態になった。
まあ期待は持てそうにないね。
そろそろ収集していかないと。

P1060462_縮小

大根畑―
肥大は時の畝はたぶんチョロギの肥料の影響を受けてるせいか一番生育がいいね。
生育がいいといっても他の家で育ってる大根からすれば小さいわ―

P1060463_縮小

一番いいのは直径10センチほどになっているようだ。
これから後1カ月ちょいで倍くらいになるかねぇ?
青虫の侵攻は落ち着いているので、あとはほったらかしで収穫まで待とう。

P1060464_縮小

紅芯大根は雨と強風でゆすられて露出しちゃったよ(汗
聖護院大根からすればかなり小さいね。
これもあと1カ月ちょい、どこまで育てるだろうか。

P1060465_縮小

あと、根菜でいえばラディッシュがそろそろ収穫期に入ってきたようだ。
あんまり遅くなると割れちゃうから注意しないと。
これから先だと生育がゆっくりだから大丈夫だったりするもんかね?
種まいてからもう1カ月以上たってるしな―

P1060466_縮小

蕪もまだこんなもん。
これは風でゆすられて根っこが切れちゃってました。
地上部に露出しちゃうからね蕪は。
小さいからあの強風には耐えられなかったようだ。
小蕪とはいえもう少しちゃんと大きくなってくれないと困るなぁ・・・


P1060467_縮小
P1060468_縮小

根菜から離れてこれから収穫迎える黒豆。
隣の小豆はほぼ収穫終了、丹波黒豆はまだまだ実が肥大中。
んー遅い(笑
雪降る前に収穫できるか?


こんなかんじで秋冬物はぼちぼち生育中ですよ。
サツマイモの収穫はまだまだありますし、収穫といえばラディッシュも。
夏野菜落ち着いて一服つくなんて余裕は・・・ない(苦笑


2015-10-09(Fri)

夏野菜もそろそろ厳しい時期となってきましたね

今日も台風の名残で風が強く、今年のホダ木にかけた雨避けのビニールも吹っ飛ばされ・・・
今朝確認したらホダ木ずぶぬれでしたよ(大汗
こりゃあ後々ひどいことになりそうだ。


さて、
稲刈りもひと段落しまして、ようやく畑のものを確認しに行ってきました。
最低気温は1ケタのひもでてきましたので、
畑に残っている夏野菜の生育はかなり鈍くなってきてますね。

P1060454_縮小

まずいんげん畑の方からですが、
オクラはまだ霜降ってないので遅いながらも収穫できる状態。
葉が落ちてないのでまだ若々しいね(笑

P1060455_縮小

隣のイタリア唐辛子は葉が黄ばんで来てかなり終了間近という感じ。
全部を色づかせることは不可能かな・・・


P1060456_縮小

ショウガも黄ばんできたのでそろそろ掘らないとだめだろう。
さっぱり育たなかったショウガ、今年で打ち止めですが、
果たしてどうなっていることやら・・・・・


P1060458_縮小
P1060459_縮小

畑変わってナスとかのある方。
ナスもオクラ同様に見た目はまだまだ若い。
実際収穫量などから考えれば株は若いんだろうね。
ただ寒くなってきたので実が着きづらいですし、大きくもなりづらい。
1週間ほったらかしたところでまともに生育しているのがあるかどうか。
厳しいね。


P1060461_縮小
P1060460_縮小

同じくピーマンも株自体はまだまだ現役という感じ。
ただ実は大きくなりづらくてしょうがない。
実は着くんだけどね。さっぱり大きくなれん。
これもしょうがないか―

P1060444_縮小

ずっとほったらかしておいてまとめればこれくらいは収穫できる。
まだこうして夏野菜にしがみついていられるだけありがたい・・のか(汗
まあそろそろ限界だろうし、例のナス科越冬のためにいい株数株選抜して掘ろうかな。
初期成長の遅さがネックだから、最初から大株だったらもっと収穫望めるぞ。
今年のトリニダードモルガスコーピオンしかり。


夏は終わってそろそろ秋野菜本格収穫だ。


2015-10-08(Thu)

3日間の稲刈り終了

今日は曇りで、稲刈りにはちょうど良い感じの気温だった。
まあ曇り=雨の心配もあり、今日中に終わらせるために忙しくなるぞ―って感じ。
というか朝の天気予報で気付いたんだけど、台風の勢力圏内に入ってたんだね。
おかげで1日中風が強くてすごかった。

P1060446_縮小

1軒だけはさがけしてるところがあるんですが、

P1060447_縮小

風で倒れちゃいましたし(汗
一応報告はしておきましたが、聞くところによれば、昔はよく倒れたんだそうな。
今じゃこれも珍しい光景になってしまったわけで。


P1060448_縮小

最後の1枚を刈ると、ここの田にはなにもなくなる。
今年の田んぼも終わりましたね―


P1060449_縮小

あとは収穫したもみを乾燥機にぶち込んで乾燥。
ここらへんだと自分の家で乾燥機持ってるところが何軒かあるわけで。
ウチも自分ちのでやってます。
もみ入れるのも一苦労だ(汗


こうして3日に及ぶ重労働、稲刈りが終わりました。
もみを入れている間に雨が降り出し、ぎりぎりセーフだったな―と。
今日は意外なことにぬかるんでなくてサクサクと進んで大儲けでした―
やっぱりぬかるんでないだけで作業のしやすさも体の負担も全然違いますね。
昨日は8時ころに睡魔が来て大変でしたよ(苦笑
週末も雨だし、次のいも掘りができる天気までしっかり体を休めておこう。
はい、お疲れーー


2015-10-07(Wed)

畦にはアサツキが沢山ある

本日稲刈り2日目。
今日は昨日よりしんどかった。
なんといっても刈る枚数が3枚だから・・じゃなく、
田んぼがぬかるんでるからだよ―――

途中でコンバインがはまりかけるやら、
足場が悪いのにもみの袋持って歩かにゃあならんやら、しこたま筋肉の浪費だで。
明日最終日、実は・・・ぬかるみがひどい田んぼが1枚・・・・・

P1060443_縮小

そういえば今日稲刈りした場所ではウチが最後でしたね。
まあいつものことなので分かってるんですが―(笑
矢印のとこに3枚、撮影してる後ろに1枚、奥の方に2枚ありますの。

P1060442_縮小

ここのところでは2軒今年からやめたので、草だらけになってるところが見られます。
ほったらかして1年目だと、去年のこぼれたやつから稲ができてくるもんですね。
こうやってどんどん耕作放棄地が増えていくんですよ。
山間地なんてみんな年寄りばかりだで。


さて、今日はその田んぼ周辺のおはなし。

ひろっこ=ノビルだとずっと思っていたため、
田んぼ周辺で生えてるものはほぼノビルという認識だったんですが、
ひろっこ=アサツキという情報を得てから、ここら辺のものはほぼアサツキであることに気付いたわけで。

P1060435_縮小
P1060436_縮小

畔のそこかしこにネギの細いのが沢山生えてるんですが、
やっぱり抜いてみるとノビルじゃなくアサツキ。
もう、そこかしこ大量にアサツキ。
アサツキってこんなに自生してるもんなのねってくらいアサツキ(苦笑
これならわざわざ種球買う必要性が皆無だ。

まあ田んぼの畦ということで、
秋口に休眠から覚めて生えてくるもの以外は使用できないようなものだろうけど、
(除草剤やら消毒やらがバンバンかかってるため)
種球掘り出し定植しておけば普通に使えるよねぇ。
アサツキが身近にこんなに自生してるとは・・・
じゃあノビルってどこにあるんだって言うのも気になるね(汗


2015-10-06(Tue)

2015年稲刈り1日目

今日は快晴、非常にいい天気だ。
本日から稲刈りが始まりました。
からってことで分かると思いますが、1日じゃ終わらないんですよねー
今年は3日制のようで、今日は2枚、明日、明後日で3枚ずつみたいな感じのようです。

P1060437_縮小

刈ってますね―
刈り取りはオヤジさんが担当、わたしと母さんはその他作業。
というか私は主に肉体労働ですね。

P1060438_縮小

ここの田んぼは車を近くに置けないので運搬車を使ってもみの袋を運びます。
私はこの作業に従事、今日は40袋を何度も積み下ろしたのでしんどいです。
まだ2日こんなのやらにゃあならんのですよ。
時期的に汗もほとんどかかなくなりましたが、今日は汗だくで大変だったで――

P1060439_縮小

ふと見ると紅葉も始まってきている秋の日。
食欲の秋、この新米を食べるのは・・・去年のコメが底ついた後―(笑


2015-10-05(Mon)

ジューンベリーが白い悪魔にやられる

ウチにあるジューンベリーは1本だけ。
品種はバレリーナ
1本でも実が着く優秀な果樹なんだけど、一向に巨大化しない・・・
死にもしないが大きくもならない、まさに停滞期なんですが、
追い打ちをかける出来事が起きてしまっていました・・・

P1060386_縮小

異変に気付いたのは少し前の風でブルーベリーが倒れていた時。
巻き添えを食らってジューンベリーも倒れていたんですが、
根っこがあれば鉢ごと倒れるはずなのにどうも地上部が傾いている。
ん?とは思ったものの忙しかったのでスル―、
後日やっぱり気になったので抜いてみたらこれですよ(泣

P1060387_縮小

いますねぇがっつりと。
白い悪魔、コガネムシの幼虫ですよ。
鉢植えに入ったのは去年の柑橘以来、家の前に置いてあるものでいえば、
4,5年前にレカがやられた以来だと思う。
家の前のものはあまり被害がないので、どうしても管理が楽で家の周りに鉢が増える(汗

P1060388_縮小

とりあえず根の周りにいた4匹をジャンピングプレスで平らにした後、
別の鉢に植え直し、鉢の大きさは7号で変わらず。

普通ここまで来ると地上部にもあからさまな変化が出てくるけど、
そこまで厳しい変化がなかった気がするな・・・
抜いた後には新たな根っこがどんどん出ているのも確認できましたし、
ブルーベリーと違ってジューンベリーは屈強だね。
なんだかこうして鉢植えの中に奴がいることを確認してしまうと、
他の鉢の中が気になってしょうがなくなってくるな―
今度の日曜あたりに全部確認してみようかな・・・・・


2015-10-04(Sun)

サツマイモ掘り本格始動

10月に入りましたし、そろそろサツマイモの本格掘り始めといきましょうかね。
先日の前哨戦ではあまり良い結果ではなさそうな感じでしたが、
あまり時間をおき過ぎても後々大変ですから、がっつりいっちゃいましょう。

今日はパープルスイートロード1畝、安納芋1畝、紅はるか1畝の計3畝分を掘った。

P1060416_縮小
P1060417_縮小

最初にパープルスイートを掘ったんですが、
これに関しては時間置いて正解、結構いいものが続々出てきました。
いも掘りはやはりこうじゃないとだめですよねーー
毎年思うのはこのパープルスイートロードの生育の良さ。
こいつは来年もしっかり育ててやらんとな。


P1060424_縮小

お次は紅はるか、無駄に芋ついてますが、やはり小さい。
いもの数が多い=植え方がよく、しっかり活着してたってことですけど、
いもの大きさが伴わないことには良くないですね。
植え方に関しては上々の成果が出たので、あとはいもを大きくする手段だね。


安納芋は・・・パス(大汗


P1060418_縮小

パープルスイート1畝分

P1060422_縮小

安納芋1畝分

P1060423_縮小

紅はるか1畝分。

いもの大きさは圧倒的にパープルスイートロードだね。
安納芋も紅はるかもサツマイモってよりジャガイモだし(大汗
たぶん土地なんだろうね、ここら辺は次の機会に考察として記事にします。

P1060426_縮小
P1060427_縮小
P1060428_縮小

今回の全量、同じコンテナですよ。
上からパープルスイートロード、紅はるか、安納芋。
上からどんどん芋が小さくなってるのがわかりますよね。
同じだけ株育てて、収量は倍以上違うって悲しいね(泣


残りは16畝。
パープルスイートロードはすぐに掘ってもよいけど、安納芋はもうしばらく置いておこうかねぇ。
紅はるかも様子見つつだろうし・・・
最初の年みたいに10月20日くらいまで待ってみようかどうしようか。
悩ましい小さい小さい安納芋問題だ・・・


2015-10-04(Sun)

かぼちゃ乾燥2回目と乾燥かぼちゃの試食

先日ロングかぼちゃ丸々1本分乾燥したんですが、
そういえば坊っちゃんかぼちゃも沢山あるな―と、
別の場所にしまいこまれてしまったかぼちゃの様子を見に行ったんですよ。

そうしたら・・・

坊っちゃんかぼちゃが腐ってきました・・・・

P1060407_縮小

坊っちゃんかぼちゃって腐りやすいんだろうか?
調べてみてもあまり有力な情報も見つからないし、
ただ、甘いかぼちゃは腐りやすくなってるということがあったので、
もしかしたら熟成期間が長くなって腐りだしたのかな??
そもそも畑で転がってた時間が長かったっすからね(汗
数個だめにしてしまったので、悪くなってきているものを乾燥してしまおうと早速処理。


P1060408_縮小

今回はちゃんと重さを計測して乾燥してみます。
全体量は2,5キログラム、悪くなった部位などを処理したもの、
つまりこの乾燥するものが全部で1,3キロでした。

P1060409_縮小

ロングかぼちゃと違って切りにくい・・・
どうしてもくし切りになってしまうので厚さにばらつきが出てしまいます。
どうにか1センチくらいで合わせたんですが、そもそも大きさばらばら・・(汗
まあとにかくスタート。


・・・そして20時間後。


P1060415_縮小

ロングかぼちゃに比べ水分量が多いんでしょうかね、
かなりかさが減り、210グラムまで軽くなりました。
色合いも違いますし、ロングかぼちゃのものからするとみすぼらしい感じだ・・・
やっぱりロングかぼちゃいいなぁー


さて、こうして乾燥はできましたが、そのお味の方は??
味も知らずに売れませんからね。


いろいろと調べてみたんですが、まずは戻して食べてみましたよ。


・・・写真撮り忘れた・・(大汗

トンマしましたが、ロングかぼちゃをお湯で戻した結果、
すぐにふやけてぐちゃぐちゃということにはならず、結構しっかりした状態で戻ります。
特に皮の部分に芯が残りやすく、ある程度戻して煮て調理なんてのには向いているかと思いました。
味は濃く、ただ戻しただけですが甘さが凝縮されててうまかったっすー
蒸かして食べてもいいと思いました。
乾燥かぼちゃはなかなか優秀でした。


ロングかぼちゃはまだいいとして、坊っちゃんかぼちゃはさっさっと加工したほうがいいな―
とはいえ処理できる量は限られてるし大変だな(汗

P1060376_縮小

まだ・・・かぼちゃ全部で200以上あるど・・・・


2015-10-03(Sat)

ちょっと早いけどA910の新ホダの浸水を始めました。

今日は基本晴れてましたが、昨日の名残で風が強かったり雨が降ってみたり。
地域的にですが竜巻注意情報が出てましたからね。
こちらは安定してましたけど。

所で本題に入る前に・・・・

ヤクルト優勝おめでと―――

石川一人ビールかけ回避(笑
今年はしょっぱなの投手陣の防御率がとでもなくてこれは・・と思ったんですが、
その後連敗が重なったり、やっぱりかよって思ってしまったものですが、
まれに見る混戦となったセリーグを勝ち切ったヤクルツ―
ケツ・ケツからの優勝、やればできるのだよやれば。
14年ぶり、よかったよかった――

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて本題。

P1060406_縮小

昨日もお伝えしましたが、爆弾低気圧によって結構な被害が出てしまいまして、
その中の一つにA910の新ホダが置いてある人工ホダ場がありまして、
そのまま放置していると苦手な直射日光にさらされてしまいますので、
本来なら10月後半を目安に使いたいところ、
緊急的に浸水日程を早めることにしました。
(上の写真はなめこのホダ場の被害状況です)

P1060410_縮小

午前のうちに緊急補修が行われてまして、とりあえずある程度の日よけはできるようになってました。
本来は全部を縫い合わせているんですが、今年はもう少しではずしますし、
全部をやってる余裕もないので応急処置的なもので。

P1060411_縮小

400本ほど浸水しますので結構な減り具合に。
これからたぶん1日おきになると思うので、今月後半には終わるかな。
新ホダなので発生は期待できると思うけど、
F206の新ホダと違って散水してないからどうなることやら・・・
まあとりあえず今年植菌の2品種目の浸水が始まりましたよ。


おまけネタ。

P1060412_縮小

久しぶりに外のホダ場へ運搬車を走らせていると、何やら群生しています。

P1060413_縮小

よく見るとホコリタケの株でした。
こんなに群生してるのを見るのは初めてのことです。

P1060414_縮小

穴があいているので胞子を出した後ですね。
踏むと胞子をブッと吹き出します。
こういったのはここらではよくブスキノゴと呼ばれますね。
ブスはたぶん毒のことだと思うけど・・・
一応食えるキノコなんすけどね(苦笑


2015-10-03(Sat)

アリウムとイキシアを植えてみた

ずっと前から気になっていた花、アリウム・カラタビエンセ
気になっていたのにだけど、いつも購入時期には売り切れで、
そうこうしているうちに原種の輸入がストップ、仕方ないので同じタイプの
アリウム・カラタビエンセ「アイボリークイーン」を注文、
一昨日届きましたので、鉢植えにしました。

P1060384_縮小

アリウムは球根、ニンニクみたいなやつですね。
まあニンニクもアリウムですから似てるのは当たり前か。

この球根だけでなく、少し気になったイキシアというものの球根も注文。

P1060383_縮小

正確な名前はイキシア・ビリディフローラ、エメラルドグリーンみたいな色の花だ。
アヤメの仲間だそうで、大きいのかと思ったら球根がめっちゃ小さい(笑


これらを7号鉢に植え付け。

P1060400_縮小

カラタビエンセは10球、イキシアは6球。
7号鉢ではカラタビエンセが3球くらいなので3鉢、残り1球は5号鉢に。
イキシアは7号の深い奴に6球全部植えました。

土はくん炭を混ぜて少しアルカリを持たせました。
なんせ酸性は嫌いらしいですからね。
水をたっぷりやって目覚ましです。
来年の春には球形の面白い花が咲く・・・ハズ。
楽しみだな――


おまけ。

P1060221_縮小
P1060222_縮小

ジギタリスやオーブリエチアはようやくこれくらいに育った。
特にジギタリスはあの粉みたいな種からよくここまで育ったなーという感じ。
もう少ししたら鉢植えにして越冬準備だな。
どんなふうになるかこちらも楽しみだ。


2015-10-02(Fri)

爆弾低気圧は大きな被害をもたらしました。

昨日の夜から徐々に発達していった通称爆弾低気圧。
ここら辺では台風の被害はほぼ皆無なところなんですが、
台風よりも最近はこの爆弾低気圧の方が恐ろしい存在になってきています。
いつもは冬場なんですが、今回は秋口にやってきやがりまして、大きな爪痕を残していきました。


P1060397_縮小

朝方はまだよかったんですよ。
確かにかなり風が強かったんですが、被害という被害はなかったんで。

P1060398_縮小

むしろ風よりも雨が結構降ったようで、
昨日急いで稲刈りしていたお隣にある田んぼは水浸し。
刈り上げてよかったね―といったレベル。
ちなみにうちの田んぼはその奥に見えてる奴ですよ。
稲は見た感じ倒れてなかったのでよかった―と。


ただ、問題はここから。


日中に入り、どんどん強くなる風。

P1060399_縮小

昼近くには猛烈な風でなめこのホダ場のシェードがやられました。
縫い合わせた部分がほつれてめくられてしまってます。
もう少し後なら全部はずすんですが、今の時期はちょっとビミョーな時期で困った・・・
小屋近くの人工ホダ場のシェードもやられましたし、人工ホダ場は2件の被害。

P1060404_縮小

小屋の裏手ではバカでかい松の枝が折れて落下。
これもたぶん昼以降、昼あたりが一番ひどかったので。

P1060405_縮小

位置的にみるとよく屋根に当たらなかったなーと。
屋根に覆いかぶさってる枝だったので、下手すれば屋根に穴あいてましたよ。
風の吹く方向でこっち側に落下したんだと思います。
この松、風が吹く度に枝落ちるから怖いんだよなぁ。


そして一番の被害、


ハウスのビニール飛びました・・・・・・(大泣



P1060401_縮小

先日ねぇ、横のビニール張り替えたばかりの植菌ハウス、
確かに屋根ビニールは古くなってきてましたけど、
正午ごろバリッと裂けて見事に逝ってしまいました・・・・・

P1060402_縮小

こういう姿を見るのは去年の雪で潰れたハウスの修理以来ですね。
その前も爆弾低気圧で吹っ飛ばされてますが(汗
ほんとビニールハウスは風が大の苦手ですね。
風だけは勘弁してもらいたいもんなんですよ。


P1060403_縮小

この中にあるのは今年植菌したホダ木。
雨当たってもいいじゃんという感じなんですが、
ハウスの中で抑制状態で管理されているため、雨が当たるとキノコが・・・
しかも今じゃなく、じわじわと遅い時期に発生し始めて、
浸水する際に大迷惑を被ることがあるため、
屋根ビニールを張り替えるまでビニールで雨避けを施しておきました。

発生舎だったらキノコが濡れてしまう休養舎だったら気温がとれなくなってしまう
どのビニールハウスが飛んでもかなりの痛手。
まあそもそもビニール交換ってだけでもかなりの出費になってしまいますしね・・・(軽く二桁万円(泣)


現在は通り過ぎたのか小康状態に戻りましたが、
今回の爆弾低気圧は非常に大きなダメージを与えてくれましたよ。
はぁ…痛すぎてやる気が失せる・・・・



2015-10-02(Fri)

ホウレンソウはだめだわな

今年初まきホウレンソウ。
西洋ホウレンソウはだめで日本ホウレンソウはぼちぼち芽が出たんですが、
やっぱりその後の生育はさっぱり良くないですね。

P1060328_縮小

うーん・・・・・・
双葉があっという間に黄色くなってしまい、本葉も大きくなれません。
ホウレンソウが育てばよい畑なんて聞きましたけど、
やっぱここじゃ駄目だな(汗

P1060330_縮小
P1060394_縮小

大きさはまだまだ数センチで、普通ならもうすでにかなりの大きさになっているはず・・・
石灰が云々ではなく、たぶんこの畝の周囲の水はけの悪さだと思う。
この周囲の小松菜、雪白体菜、おまけにラディッシュですら不作。
雨が続いた後この周囲だけ水がたまってますからね。
もう少し畝高くすればよかったかも。


P1060331_縮小

なので移植がうまくいくかどうかという実験も、畑のせいでよくわからん結果に(汗
まあフダンソウもポット移植できたから、ホウレンソウも大丈夫だと思うけど。


結果としてホウレンソウはやっぱり難しいってことだ。
種はまだまだたくさんあるので、また別の場所で来年あたり実験栽培でもしてみよう。
寒じめホウレンソウは夢と消えましたわー(泣


2015-10-01(Thu)

サツマイモ前哨戦

P1060395_縮小

今日は嵐の前の静けさ、日中は晴れました。
現在は雨、これから大荒れ、爆弾低気圧がやってきます。
ハウス飛ばされないといいが・・・・・
果樹農家は気が気じゃないね(汗


さて、
荒れるという予報でしたので、今日は午前中から畑でごそごそと仕事してたんですが、
インゲンやら小豆やらを収穫し終え、いざ、サツマイモの試し掘り2回目へ!!
今回は紅はるかと安納芋を掘ってみることにしました。

P1060379_縮小

まずは紅はるか、5株ほど掘ってみましたが、やっぱり無念・・・・
並んでいる芋の数がそのまま株ごとのもの。
1株で10個ついてるのもあれば1個のものまで。
なんだろうねこの差は。

P1060380_縮小

大きさもこういったのが最高。
小ぶりですよ小ぶり。
もう少し大きくなってほしかったけど、だめだったわ―

P1060381_縮小

もう一方の安納芋ですが・・・
ここにはジャガイモでも埋まってたのかな?

P1060382_縮小

最大クラスがこれってどうよ。
安納芋の地上部からしてこういった予感はしなくもなかったけど・・・
今年の安納芋はさっぱりだめだと思うわ―
これから考えると紅はるかが非常に優秀に思えてくる・・・・


うーむ、10月に入ったし、もう掘り上げてしまわないといけないような時期なんですがね。
どうも生育は期待できそうにない(泣
今年は生育初期の異常高温がやはり厳しかったのかな。
収量を考えると来年は安納芋減らして紅はるか増やそうかと思う次第。


おまけ

P1060378_縮小

そういえば今年芋づる越冬を試したもの、植えもせずのこしっぱなしだったんですが、
それがものすごく葉を出してるんですよね(汗
鉢の中身がかなり気になるけど・・・
その中身はいつの日にか暴きます(笑


2015-10-01(Thu)

現在の椎茸 2015・10・1

10月に入りました。
季節はもう秋、キノコシーズン真っただ中ですね。
山に少し入るだけでもたくさんのキノコが見つかります。
例外なく椎茸もシーズンではあるのですが・・・


現在は大きなキノコの出るF206の新ホダの発生が終わり、
ラスト発生となっているF103とF206の古ホダの発生となっています。

P1060371_縮小

F103はとても大きいものがとれなくても量がとれるんですが、

P1060372_縮小

F206の古ホダはさっぱり発生量が望めませんね。
再びブレーキがかかってしまいました。
そもそもこの品種は1年目でほぼ役目を終えるような品種なので、
今の時期のラスト発生となれば仕方のないことかもしれません。
とはいえ、出てくれないと困るんですがね。

P1060370_縮小

手前がF103、奥がF206、芽の出方が全然ですね。
大ブレーキですよ。
ただでさえ品種問題で困っている所なのにねぇ。


愚痴りたくなるほど発生量が落ちてきました。
椎茸シーズンではあるんですが、新ホダに移行する前の減少期、いわば谷間ですかね。
さっさとこの古ホダを使いきって新しい発生量の望めるものを使いたいところですね―
しばらくは我慢の日々になりそうです。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村