FC2ブログ
2016-09-11(Sun)

ブルーベリー、収穫・ネット撤収・移動・植え替え

今日はブルーベリーについていろいろと作業を行いました。
要因としてはサトイモの収穫が始まって邪魔になったこと、収穫がほぼ終わったことでしょうかね。
まずは今年ほぼ最終くらいの収穫から。

P1090103_縮小

最後―と思って収穫したんですが、ダロウの実が結構あって今回は600グラム以上あった。
まだ色づいてないものも結構あるんだよね(汗
この時期にまだこの程度収穫できるってちょっと驚きだ。
ずいぶんと収穫が遅くなったな―
とりあえず残りは鳥に食われようとかまわん程度なので、自然任せで。

P1090104_縮小

収穫済ませてからネットを外しました。
長きにわたってヒヨドリからの攻撃を防いできたネットが久しぶりになくなった。
これで風による倒伏も発生しちまうようになるんだよなぁ・・・
良し悪し。

P1090108_縮小

最後は移動。
12号鉢をおいてある方にとりあえず一時避難。
どうせ稲刈りのときにまた移動しなきゃいけないからね、適当に。
これでサトイモの作業で邪魔だ―言われることはなくなった。
とにかく・・・鉢植えを常時置いておける環境ではない(大汗


P1090098_縮小
P1090099_縮小

さてその移動のときに植え替えも少々行いました。
先日注文した資材が到着しましたので、早速作業ですよ。
今回はヤシの実を使った用土と12号鉢を8つほど。
結構な出費ですよね、用土を注文するのってホント金がかかる――

P1090105_縮小

今回はいつものうどん県のところから注文ができなくなっていたため、
別業者から別商品を取り寄せてみた。
ヤシガラを使ったものだけど、前のものとは全然違うタイプだったわ・・
ちょっとこれだとコガネムシが心配だな。

P1090106_縮小

こっちが以前のもの。
こっちのほうが繊維質が多いんですよね。
その方が安心できるんですけど、今回はホントに粉砕したものって感じ。

P1090107_縮小

並べてみると一目瞭然。
粉と繊維って感じがよくわかりますよね。
んーこのままだとうまくないからマルチもしておかないといけないかな。
ちょっと失敗した感じ(汗
こういった製品はしっかり選ばないといけないね。
質問にも答えてくれなかったし(大汗


ということで今年のブルーベリー収穫もほとんど終わり、
あとは来年に向けた準備をするのみって感じですかね。
これから先は紅葉の楽しみってのもありますが、
とりあえず今年の栽培もひと段落ってところでしょうかね―


2016-09-10(Sat)

黒豆膨らんできたので比較してみる。

今年品種を替えた黒豆が膨らみだしてきました。
違いがあるのか比較してみましたよ。

P1090075_縮小

草をむしってすっきりした黒豆・玉大黒。
生育状態はよさげです。

P1090076_縮小

結構まともに莢ついている印象。
今まで丹波黒豆は莢すらなかなかつかなかったですからね。
これだけ今の時期に莢がたくさんついてるのは始めてかも。

P1090077_縮小

膨らみ加減はこの程度、もう少し大きくなってきますね。
普通の豆サイズってところでしょうか。

P1090079_縮小

一方で黒平豆・雁喰物語のほうですが、
こちらも莢つき量は結構いい感じです。
初期の虫による食害からすればよくぞここまでですよ。

P1090080_縮小

膨らみ加減はこの程度、どうも平豆なだけあってか普通の豆よりも長く感じます。
平豆なので膨らみはもう少しで終わるかなーというところでしょうか。
丸くない分収穫はどうだろうか、早くなるのかな??

あと、パッと見の外見で莢の毛が多いのが玉大黒、少ないのが雁喰物語ですね。
こんなところにも違いがあるもんなんだー
生育をずっと追ってると違いが結構多く見られますね。
面白いです。

豆では一番最後での収穫になりますが、
今年は黒豆に期待が持てそうでうれしいですね。
正月の食べ比べが楽しみになってきたぞ――


2016-09-10(Sat)

少し遅れた大根間引き

今日は午前中に結構強い雨が降り、畑はNG。
そもそも昨日の夜から雨降ってましたしね。
ということで今日は様子見くらいで特に忙しく動いてませんでした。

しかしながら、その様子見で気付く。
あ―大根間引いてない――

うっかりしてました。
結構大根大きくなってるんですよ。
もっと早くに間引かないといけなかったわ―ということで実施しといた。

P1090095_縮小

間引き菜でございまする。
全部でこれだけ、大した量にはならなかったですね。

P1090097_縮小

まあ・・・これじゃあね(大汗
隙間だらけのさっぱりだめ大根。

P1090096_縮小

虫の攻撃に耐えとどうにか大きくなったものはこの程度になってます。
よく頑張ってるなーという感じ。
もう少し気温が下がれば虫も落ち着くだろうしね、このまま生育が進んでくれれば。


ちょっくらやらかしましたけど一応大きくなっているので安心です。
あとはここからしっかりでかい大根にできるかどうかです。
青虫の見回りだけはしっかりしておこう。


2016-09-09(Fri)

トマトの具合が悪くなってきてますね。

本日はトマトと戦って遅くなってしまった。
今日はとんでもない収穫量でしたからね、それだけで大幅な時間超過・・・

P1090094_縮小

本日の収穫量はこれだ!!
フラッシュたいてる時点でお察し、もう周りは暗いのでございますよ。
いつもは1箱、今日は3箱、3倍!3倍!!
雨のせいで収穫する間隔が開いてしまったのもそうですけど、
ここ最近どうも株の具合が悪くなってきていて、いろいろと起きていたのも要因。

P1090092_縮小

まず雨のせいもあると思いますが裂果が見られるように。
前は雨降っても何ともなかったんですが、ここ最近の雨で実の水分量が多くなったせいか割れてました。

P1090093_縮小

あとは実の黒ずみ。表面が最低です(汗
これはなんだか分からんけれど、最近よくこうなってるものがあります。

あとは株自体病気が起きているようで、
枝枯れによる実の生育不良とか数株枯れたものもあります。
大分疲れてるというのもあると思いますけど、ここ最近の天候不順も影響してるかなーと。

P1090091_縮小

おかげで廃棄トマトがかなり多くなってきてしまった・・・
ある程度の傷みならその部分取り除いてどうにかなりますけど、
結構大部分に傷みが出ているものが多いのでどうにもならん。
熟す前に傷むのだけは勘弁してもらいたいねぇ。


そういうことで今日は選別と加工とあれやこれや忙しくてだいぶ時間食ってしまった。
こんなに大量にあると加工速度がさっぱり間に合わないし、
明日はホントまともなものだけ産直に出そうかねぇ。
日曜には2台目の乾燥機が届くので速度は2倍!2倍!!(笑)だけども。
とりあえずだめになる前にどうにかしなきゃ―



2016-09-09(Fri)

二十日大根秋まき・2016

昨日本当はネタにしようと思っていたものを本日更新―
今日はしっかりカメラ持って帰宅しましたよ(苦笑

昨日は午後から雨、その前にやってしまおうと突貫工事で畝作って種まいたラディッシュ。
春まきで残っていた種すべてをまき終えました。

P1090078_縮小

まず大根が出なかった部分にちょこっとだけまきまして、
その後にシソのお隣のあいている場所に畝を作ってまきました。

P1090081_縮小

いつも通りの3穴点まきだ。
黒く湿っているのがわかるとおり、この時点で結構雨が降ってます(汗

P1090082_縮小

雨に打たれながら3品種の種まきを完了。
2畝で大体間に合いました。
去年よりはあまり量はないかな―


P1090083_縮小

その後先日横手に出かけてやらかした自転車のパンク修理・・・
なんとまあダブルパンクというやらかし方をしてました。
全く今年何回やらかしゃあ済むんだって話。


さて、この二十日大根、
春まきではさっぱりだった赤長がとう立ちしないでどこまで大きくなるのかが興味あるところ。
安定の紅白、ミニ大根の白長、秋収穫はどれくらい採れるかな―
今年は眺めが多いから注意して育てないとね。


2016-09-08(Thu)

バジル大きくなってきましたね

どもー
今日は午後から雨、だいぶ涼しいというか風があって寒かったですね。
いろいろとやったんですけど、カメラを忘れてきてしまい・・・(汗
別ネタをお送りします。本日のは明日ということで。


さて、先日適当に試験畑に植えておいたバジルが根付いて大きくなりだしました。
いまさら感はありますが、紫バジルがとれそうですね。

P1090063_縮小

相変わらずセージの勢いがすごいんですが、
その中でバジルがちょこっと大きくなって生育中。
しょぼくれた苗だったのによくまあ持ち直したというところ。

P1090064_縮小

適当にぎちぎち植えてますけど、大分まともに育ってきた感じ。
これならある程度まとまった量を収穫できそうですね。
今年はバジル作りを大失敗しまくってしまったので、
これでどうにか挽回できるかなーというところ。
ちなみにアサツキも伸び出してきていますね。

P1090002_縮小

こっちの畑の法面に植えたアサツキも伸びてましたし、
アサツキも秋生育の時期になったんですね―
草に隠れてわからなくなるわ(汗
ノビルに関してはまだ出てませんでした。

P1090003_縮小

移動したチャイブも根付きましたし、

P1090005_縮小

エキナセアも順調に生育しています。
草だらけの中良くここまで大きくなったなと。
パセリ類は・・・育ちませんね(汗

P1090006_縮小

オレガノは大きくなったものが枯れ、第2世代が伸び出してます。
トマト料理で結構使えることが判明したので、もう少し伸びたら収穫したい。


バジル始め、ハーブの使い道ってなかなか難しいんですけど、
トマト使って初めてオレガノとバジルが重宝することに気付く(笑
紫バジルはしっかり大きくなってもらって沢山採りたいところだ。


2016-09-08(Thu)

ウラジロヒゴタイのあと処理とその後の生育

ウラジロヒゴタイの花も全て終わったので、
咲き終わったものを処理し、枯れ葉を取り除いて来年に向けた生育に入った。

P1080946_縮小

こ―んな状態ですから見栄えが悪い。
特にこのまま花のあとを残しておくと株が死にかねないんですよね。

P1080947_縮小

ということでぶった切ってあと処理。
この時点で新たなものが出てきていれば何の問題もなく順調に育ってます。
これはタプローブルー、今年はよさげだ。

P1090065_縮小

処理していくとやっぱり良いもの悪いものがありますね。
今年はタプローブルーが完全でかなりいい状態。
あとは相変わらずベッチーズブルーもまずまずってところ。
困ってるのが白花、スターフロストがあと1株しかなくなり、アークティックグローは消滅(泣
ブルーグローもよくないね、いい悪いに差があり過ぎる。

P1080980_縮小

株もと見るとかなり大きな塊になってきているものがあるので、
今年の休眠期に株分けしてやろうかなと思ってます。
株分けはこれで2回目、以前はわからずやって成功したので、今回も適当に(笑

毎年必ず何株か消滅していっているので、ここらで少し買い足そうかな―とも思っているところ。
特にアークティックグローはなくなっちゃったしね。
まともに育てられる唯一の宿根草ですから大事にしていかないとね―


2016-09-07(Wed)

ドライトマト作り頑張ってます

2回目の挑戦で大量収穫ができているイタリアントマト。
大量収穫していますけれど、生で売るには何だかいろいろと問題が出てきているため、
とにかく精いっぱいドライトマト作りをがばっています。

P1090039_縮小

量としてはがっつりがっつり、数日に1回の収穫で間に合わせていますけども、
本数があるためかなりの量になります。
これを傷みが見えるようなものから優先して乾燥していってますよ。

P1080824_縮小

去年買った乾燥機に切って並べていきます。
安もんですが結構働いてます。
既に元は取れたかな?

P1080825_縮小

やっぱりこのトマトは果肉が厚い!
そしてゼリー状の部分が少ない。
物によっては結構ジューシーなものもありますけど、大抵がこの感じ。
なんというかパプリカに見えなくもないですね。




乾燥完了まで30時間。

P1080839_縮小
P1080840_縮小

できたぜーー
まず52度で18時間ほど、その後裏返して58度12時間です。
まあ初めから高い温度でがっつりやればもっと簡単にできるでしょうけど、
椎茸乾燥をヒントにしているので2段階乾燥してます。
時間はもっと短くても大丈夫だと思いますが、一応しっかり乾かすために。
意外とからからでもパリッと割れないですね。
粉末できるかなーと思ってましたけど、ちょっと難しいかな。

こうして乾燥前から半分以下の量になって完成でする。
現在8回目かな?結構な量を乾燥していますが、ここ最近の収量では追いつかないため、
現在2台目を発注中でございますー
大きい電気乾燥機買ったらいいだろうけどね、それはそれで20万くらいするしねぇ・・・
これ1台5000円だし(苦笑
ランニングコスト考えれば後々大きい方が有利になるかもしれないけどね。
お金ないから安もんで勝負じゃ――


ということで乾燥トマトを量産中。
準備できたら袋詰めで販売じゃー
でもその前に食べ方考えないと―ということで・・・

P1080936_縮小

オイル漬けを作ってみた。
まずはトマト詰めて塩とハーブ入れてトマトつめて―の繰り返し。

P1080937_縮小
P1080938_縮小

それにオリーブオイルをたぱたぱに入れて完成。
これを1週間ほど寝かせると食べられるようになるよ―とのことでしたが・・・
いざじじっしょくしようと思ってあけて取り出そうとしたら・・・・・

固いよ――――

オイルがしみません。固くて食べられません。
どういうことだってばよ―――
ということになりオイル漬けは食べてません(汗
んーまじめにどういうこと??謎。

オイル漬けが不発でしたので現在ドライトマトをおいしく食べる方法を検索中です。
何か知っている方がいたらこれはお勧めだ―という食べ方をご教授願います。
でわでわ。

おまけ

P1090040_縮小

以前作ったトマトソースで作ったスパゲッティはうまかった。
ただのケチャップとは大違いだ。
これは作る甲斐ありましたね。
加工向きトマト万歳。


2016-09-06(Tue)

今年もブルーベリー終盤、植え替えも開始

どもー
今日はモワーッとむしっとあっつい1日となりました。
久しぶりに夏って感じの天気、湿気がまとわりつく――
夜中の結構な雨のせいだと思うんですが、嫌な感じの1日でしたよ。


今日はブルーベリーのお話でも。

P1090016_縮小

ブルーベリーも終盤戦、というかほぼ終了。
日曜日に今年最後のまとまった収穫かな―という収穫をしました。
大体600グラム、終盤なので粒が小さい。

P1090015_縮小

残っているのはダロウくらいですね、あとはサミットが少々。
収穫終えた株がほとんどになりましたので、
そういったもののうち、今年中に植え替えをするか―というものをぼちぼち作業開始です。

P1090014_縮小

今年は肥料管理をうまくできたのか、まだ生育が続いていますよ―
実をたっぷりつけたうえで生育、いいね。

P1090020_縮小

一方植え替えのための見回りで怪しくなってるものも。

P1090021_縮小

明らかに枯れてきている。
デュプリンはこれまで順調に生育していたんですが、
枯れこみが目立ってきたためよく観察してみると、

P1090022_縮小

株もとに穴ではないんですが、食害された後がありました。
見事に周囲1周分かじられたため、水を上げられなくなってしまったんだろうね・・・
まだ枝自体が枯れこんでいないので少し様子見です。
かなり心配ですよ・・・


P1090024_縮小

肝心の植えかえ管理。
まずは今年異常にだめになったレカから。
これは枯れこんだ物がかなり多く出たため、ぶった切りです。
やっぱり木質化してしまい枯れてしまっています。

P1090023_縮小

こちらはまだ緑なので生きていますね。
枯れまくったにもかかわらず生育しているところもあるのが最強のレカたるゆえんでしょうか。

P1090025_縮小

かなりみすぼらしくなってしまったので植え替えは不要ですね。
ぶった切ったので来年は生育の年、ブルークロップ同様に太いシュート出して復活してくれるはずだ。
回復を祈る。

P1090026_縮小

同居している実生株もどうにかしたんですがね・・・
抜き去るのが難しいのでどうしたもんか。
このままだともっと難しくなるだろうしね。
こういうのが結構生えてるんですよいろいろなところに。
その中から未来の新品種が生まれるか?なんてことはないけど(笑

P1090027_縮小

植え替えでいうと、超絶にバランスの悪い挿し木チッペワの鉢増し

P1090028_縮小

鉢底まで根っこびっしり、植え替え妥当判断です。
8号から10号へ。

P1090029_縮小

なんということでしょう!
見事にバランス良くなった。
これで来年以降沢山実をつけられるようになるぞ―

P1090030_縮小
P1090031_縮小

こちらも背高のっぽになってバランスの悪いオニール。
最終形態12号鉢へ。

P1090032_縮小
P1090033_縮小

更にバランスの悪いチッぺワも12号へようやくランクアップ。
うまいことたち上げてます。斜め植えです。
こうでもしないとまっすぐなりませんからねぇ。

今回植え替えは以上3鉢だけです。
なぜかって?資材がないから――
土の代わりに使っているヤシ繊維が底をつきましたし、12号鉢もなくなってしまいました。
現在注文中、今週末くらいには来るんじゃないかな。
やっぱり12号鉢まで大きくなると資材食いますねー
ま、これ以上大きくしないし、安定生育のためには仕方ない出費だ。
届き次第また植えかえ頑張るぞ――


2016-09-05(Mon)

今年は小豆もだめだな。大納言収穫開始

どもー
今日は午前中草むしりして午後から草刈り。
今年最後の草刈り作業かなーと思ってまする。
久しぶりにやったんですが、もうね異常に体力消耗するね(大汗

P1090047_縮小

ぼうぼうがきれいになった。
イネ科雑草がメインなので、結構刈り取るのに苦労しましたわ。

P1090048_縮小

あとはこの畑で非常にはびこりだしたワラビ。
立派なワラビが畑に生えてくるんですよ(汗
他の場所なら重宝ですが、ここじゃただ単に邪魔でしかない。
困った野郎だ。

P1090046_縮小

あと1枚目にも映ってますが、飛び方が下手な鳩が最近出没するんですよ。
今日はもう飛ばないでずっと私の前を歩いてました(笑
何だろうね、この鳩。
前にレース鳩は捕まえたことありますけどこれは野生の鳩だ。
悪戯しなきゃ別にいいけどさ―


さて肝心の小豆収穫。
先に収穫した白小豆で大体察しがついていましたけど、
大納言も収穫してみるとさっぱりだめだ・・・・

P1090034_縮小

株自体はまあまあ育ってますけど、

P1090035_縮小

隣の白小豆と比較して花の数が少ない。
今からもっと咲くのかもしれないけど、この時点で例年と違う。

P1090036_縮小

そんなんですから莢自体の量も少なめ、うーんだめだ。
その中でも色づいたものを収穫してみたんですが、

P1090037_縮小

小さな袋にこんだけ。
あの初年度の小豆収穫の忙しさはどこへ行ったのか(汗

P1090038_縮小

しかも中身も・・・・
しわ豆ばかり、莢採った瞬間に入ってないのがわかるくらい豆ができてません。
今年は白も大納言も小豆はさっぱりだ。


原因としては例年よりも種まきを遅くしたことだろうと思ってます。
種まきが早い方が小豆につくカメムシの発生よりも早く豆ができる感じですかね。
今まではそのおかげで初期の収穫は大量だったんだと思うんですが、
今年は自分としてはかなり遅くまいてしまったからねぇ。
まあその遅まきがここらでいう普通の時期なんだろうけど。
ただまあ虫の発生時期とかぶらないように種まくってのが結構重要になってるのが判明したのはでかいかな。
来年以降はサツマイモ植え付けと同時期に蒔く早まき栽培で頑張るしかないね。
そのためには・・・どうにかして種用小豆を確保しなくては―


おまけ。

P1090045_縮小

今日はものすごく低い虹が出た。
上にもう1本うっすら虹があるダブル虹。
ここまで低い虹は初めて見たなー


2016-09-04(Sun)

アロニアジャム製作 「渋抜きは必須」

どもー
今日も暑くなりましたね。
昨日今日と私の先輩の高橋優さんが横手にてライブを行いましたが、
両日とも猛暑、大変だったろうなぁ(汗
他にも横手でイベントがありましたけど、ライブに引っ張られて客足伸びなかった模様(大汗


そんなイベント盛りだくさんですけど、私は我関せず、
本日はだらついて・・・・じゃなく様々やっとりましたよ。

P1080832_縮小

その中の一つ、ジャム作りです。
これは先月収穫しておいたアロニア。
今年は思った以上に収量がありまして、ジャム作りできそうな量が1回で採れました。
で、きくちゃん情報で、渋抜きが必要だよ―ということで、いろいろ調べて渋抜き。

P1080833_縮小

焼酎スプレー法です。
そう言われてみれば柿の渋抜きも焼酎ですよね。
広げたものに焼酎をスプレーし、1日おいてみてどうかとい言うもの。
私は念を入れて2回(二日)かけてやっておきましたよ。

P1080834_縮小

焼酎かけてつやつや―
これを冷凍しておいて、本日ようやくジャム作り。
なぜかって?グラニュー糖のストックがなくなってたからだよ――


・・こぼればなしですが。

P1080828_縮小

このアロニア収穫してるときに指に何か付着してたんですけどね、
よく見たらイラガですよ(大汗

P1080831_縮小

よく刺されなかったなーと。
しかもなぜに刺されずに指についたのか。
謎ですけど、指からとるときもかなり緊張しました。
ちなみにこのあと気付かなかったんですが、まだ4匹いたようで、
後々大きくなったものを駆除しております。記事にしましたね。


P1090017_縮小

煮初め。
冷凍庫の中を調べたら、以前のものも冷凍しっぱなしだったので足しました。
この以前のものは渋抜きしてなかったんですが、まあ長期間冷凍してるし大丈夫だろうと・・・・・

P1090018_縮小

煮ていってもなかなか果実が固くつぶれないため、
いったん鍋からあけてつぶしてから再加熱。
このときミキサー使うのも手だったことですね。

P1090019_縮小

今回全量で1,1キロくらいでしたが、出来上がりは900グラム瓶1本分。
残りは小皿の分です。
味は・・・うまい!・・・・・・・あ―しぶっ(汗
以前のものの量が少ないため、味自体は悪くなく甘くおいしいんですが、
多めに食べるとキューという感じで渋みが出てきますね。
やっぱり渋抜き必須ですわ。

今回作ってしまったため、出来上がったものはどうにか消費しないとね。
まあ今回のことで必ず渋抜きは必要ってこと焼酎法は間違ってないってことが判明かな。
来年はもっと収量増えるはずだろうし、今年のことを糧にうまいジャムをこしらえてやるぜ。
アロニアは・・・渋い!


2016-09-03(Sat)

今年はキャベツに厳しい年か

どもー
本日も暑い一日となりました。
朝晩はかなり涼しいんですけどね、日中の暑さはまだまだ。
この暑さが落ち着くのは次の台風の後か??


さて、本日も草むしりに精を出しまして、

P1090001_縮小

ダメニンジン終わりました。
残る草むしりは黒豆のあたりとサツマイモのところかな。
畑周りの草刈れば今年の草対決はほとんど終わりかなーと。
今年は意外と草をきれいにやってますね。頑張ってます。

その後畑の巡視作業をしまして、やはり目につく虫による食害・・・
キャベツというかアブラナ科は今年大変かも知れん。

P1090007_縮小

キャベツも一応しっかり根付いた感じでしゃんとしてきたんですけど、

P1090008_縮小

虫害に次ぐ虫害で隙間だらけ(泣
さらに追い打ちをかけるのが、

P1080989_縮小

どうも今年かなり発生しているナガメ
こいつはアブラナ科の葉っぱについて汁を吸うタイプのカメムシで、
やられたところは白くなってしまいます。

P1090010_縮小

最悪こうなってしまいますの・・・・
ナガメとハムシによる複合被害でアブラナ科はかなりダメージを受けています。

P1090009_縮小
P1090011_縮小

大根なんか消滅数が半端じゃない。
去年は全然問題なかったのに、今年の被害は甚大だ。
場所によって被害の少ない所もありますけど、これはひどい。


こういった害虫は周期によって変わってくるので、
今年はこいつらが多くてアブラナ科は大変だ―という感じ。
これだから農業は毎年同じ条件でできないもんなんだよねぇ。
植えて早々ネットやっておくべきだったか・・・・・


2016-09-03(Sat)

現在の椎茸 2016・9・3

9月に入り朝晩はなかなか気温が低くなってきました。
寒暖差の出てくるこの季節、キノコの生育には好条件になってきます。

P1080997_縮小
P1080998_縮小

現在発生が始まったのは今年植菌のF206新ホダ
かなり発生操作の間隔が短いですが、最初の発生量がさっぱりだったため、
休養期間を置くと大量に小粒発生してしまう恐れがあったためです。
9月に入ったこともあってか、ようやくまともに発生が始まった感じです。
去年より1カ月ほど遅れてしまいましたね。

P1080999_縮小

その前に発生しているのはA910の古ホダ。
今年は夏場に古ホダが頑張った印象ですね。
新ホダの分をどうにか少ないながらもカバーした感じ。
やはり夏場の発生量確保はなかなか難しい。
新ホダ次第ですね。


ということで大ぶりな新ホダのキノコが出てきています。
キノコは大きい方が食べ応え有りますからね、これからはいい季節です。
来週末あたりまで新ホダ発生が間違いなければ続きます。


2016-09-02(Fri)

トマトの色づきが悪くなったなぁ

今日は草むしりに液肥やりでかなりの時間をかけてしまったため、
あまり内容は多くなかったですね。
明日は収穫もありいろいろとやることは多いですけども。
やっぱり収穫ないとやること少なくなりますね。

さてその収穫に直結してくることですけども、
どうも最近トマトの色づきが悪くなってきた感じだ。

P1080990_縮小

色づいている果実は多いんですけども、赤くなりきれてない。
つい先日まで数日おきでどっさり収穫してたんですけどね、
見て回っても収穫できた量は今までの半分以下。

P1080991_縮小

どうも色づいてもオレンジな感じ。
赤くてトマト―って感じじゃない。

P1080992_縮小

ここら辺まで赤くなるといい感じなんですけど、
それでも全体まで完全に真っ赤になりきれなくなってきた。
なにがどうした??

P1080993_縮小

皆こんな感じの色合いばかり。
おまけに表面が汚くなってたりなんだかよくなくなってきた。
株疲れかねぇ。

ということでトマトにも液肥を与えてみましたけど、
株自体そこまでがっくりという感じでもないですが、
台風やらなんかでダメージ食らったのかね。
まだまだ沢山実がついてますししっかり赤くなって収穫したいです。
ま、今までの大量収穫したストックがあるので、ここらで一服してくれるのは正直ありがたいかも(苦笑
日差しはタップリまだあるぞ―頑張れトマト――


2016-09-01(Thu)

キャロットブランに土寄せ、スノースティックは草むしり

なんやかんやでもう9月になってしまった。
月日がたつのは早いもんだで。
そんなこと言ってるとまたあの白い季節が来ちまうな。
白い季節になる前に目いっぱいやることやっておこう。


さて、本日はニンジンに手をかける。
調子の良いほうのキャロットブランに突寄せを施してみた。

P1080983_縮小

なんといってもこんな状態だ。
隠せるならば隠してしまおうじゃないのと、どうにかこうにか土をかけてみる。

P1080984_縮小

いやーこれはやばい(大汗
出過ぎて土をかけても隠れない―
生えてない部分の土使ってどうにかこうにか隠した。

P1080985_縮小

周りもやれそうなところはどうにかこうに確信して土寄せしてみたんですけども、
これは・・・ギブ(大汗

P1080986_縮小

まずごちゃごちゃし過ぎて土寄せできないのが1点、

P1080987_縮小
P1080988_縮小

こ――んな状態のものをどうやって土寄せしろってのが2点。
出過ぎなのはホントどうしようもない。
15センチ近くかさ上げしないと無理ってのもあるから実質不可能だよ。
やるならもっと早くにやって抑えとくべきだったね、やっぱりだけど(汗

ということでキャロットブランの土寄せは8割あきらめまして・・・
次のスノースティックの草むしり作業へ。

P1080994_縮小

え―っとこちらは昨日同様映すと放送事故になりますのでぼけてます(笑
今日で4畝分の草むしりが完了してます。
あと2日あれば草むしりは終わりますね。

P1080995_縮小

畝よりも草の方が緑に見えるのは・・・気のせいじゃない(大汗
マジでやばいくらい黒葉枯れ病で大変な状態です。

P1080996_縮小

近距離で写すとこんな感じですよ。
まあ・・・ここ数年毎年こうですから見慣れてますけど(泣
今年は肥料入れてこうです。しかも去年よりも発生が早い。
要するに肥料もそうだけど、高温乾燥が長引いたのは発生に大きく関わってますね
私にはどうにもできない病のようなので、スノースティックはしばらく離れてキャロットブラン一本でやろうかねぇ。
はぁ・・・がっかり。


手をかけてこうだとがっくり感も大きい。
やっぱり手をかけたぶん帰ってこないとね―やってられん。
そうなるとやっぱりナス科に落ち着いちゃうんだよなぁ(笑


2016-09-01(Thu)

これってヤマビルかねぇ?

ここら辺ではいろいろと生き物がいるわけですがね、
注意深く見てないと気付かないようなものってのも数多くいます。
今回ホダ木を休養舎へ運んでいたら、地面にミミズがいたんですよ。

よく見たら見水と一緒に茶色いブツ。
うわーミミズのう○こだーと珍しく見たんですけど、
よくよく見るとそれはミミズに吸いついているヒル
その時の写真が撮れなかったんですがね、ヒル自体の写真は抑えた。

P1080958_縮小

どうも普段見掛けるヒルとは感じが違う。
ここらではよくコウガイビルという長くなるタイプのヒルは見かけるんですけど、
この手のヒルは珍しい。
なんだかフォルム的にヤマビルに似てたので、戦々恐々でした。

P1080959_縮小

吸われていたミミズは色が薄くなってしまってまして、
その時は動いていましたがその後に死んでしまいました。
血を吸われ過ぎたんでしょうねぇ。
怖や怖や


その後害があると困るので、しとめにかかったんですけども、
踏みつけても潰れないほどの弾力だったので、ブロックでぺちゃんこに!

・・・できない!!!

ものすごい弾力で潰れないんですよ。
これもヤマビルの特徴と合致。
やべぇやべぇ。

結局ブロックですりつぶすような形でようやくダメージを与えることができ、駆除は完了となりました。
傷ついたときに吸ったと思われる赤い血が出てきてホラーでしたよ(汗
ミミズの血も赤いんだなぁと思った。


ここら辺でもヤマビルが出るとなるととても恐ろしいことだ。
今回はたまたまかもしれないけど、いるということには変わりないですからね。
注意して過ごさないといけなくなったか・・・・・

ちなみに秋田の金足農業高校でヤマビルの忌避剤を開発し特許を取っています
高校生すげぇ―

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村