FC2ブログ
2016-10-08(Sat)

アリウムとイキシアの球根を植える

去年購入したアリウム・カラタビエンセイキシア・ビリディフローラ
去年はいつ植えたっけなーと調べてみたら10月には植え付けていたので、
雨で作業ができないタイミングを見計らって植え付けをしておきました。

P1080822_縮小

まずはイキシア。
こちら、去年は6球購入して植えたんですが、
今年掘り上げてみると1球腐ってしまってました。
写真では5球になってますが、実はこのあともう1球でてきまして、
大きいものが6球分ありました。

P1080823_縮小

大きいものはそのままでいいんですが、1年で分球した細かいものが沢山。
これも植えて後々大きくなればいいなーと、とりあえず植えてみることに。

P1090377_縮小

大きいものは去年と同じフォーメーションで。
イキシアは連作を嫌うらしいので土はちゃんと交換していますよ。
去年より小さくなってしまってますね(汗

P1090378_縮小

小さいものは5号鉢の深いやつに。
とりあえずものになりそうな8球分を植えておきました。
来年までに幾分大きくなってくれるかな??

P1090380_縮小

変わってアリウムの方ですが、
去年10球植えて今年1球分球で11球になった―と思っていたんですが、
今日植えようと思ったら1球だめになってたので10球のまま。
とはいえ植えるときに1球1球確認したらかなりの個数で分球しそうな雰囲気。
来年には2倍になるか?楽しみだ。

P1090389_縮小

しっかり土をかぶせて外に放置。雨降ってるからね。
これでスイッチ入って動き出すはずだ。
イキシアは今年のうちに芽をだし、アリウムは根っこが伸びまくる仕様。
去年のように球根露出事件が起きないように根締めはしっかりしてやらんといけないね。
来年も球形の花と青いきれいな花を楽しみにして、
球根年越し作業が本日スタートです。


2016-10-08(Sat)

しぶといトマト

今日は朝から雨でした。
しかもめっちゃ寒い――
本日居間でストーブ点火。がっつり冷え込んでいます。

さて、
気温は低くなってきているんですが、意外とトマトがしぶとく頑張っています。

P1090369_縮小

大分枯れこんでいるんですが、いまだに生育を続けて花をつけるものも。
まだ実をつけるつもりのようです。
なぜか自分がナス科を育てるとこういう感じで延び延びになりますね。
唐辛子もまだまだ花咲いてますし。

P1090370_縮小

全体的に見ても赤くなってる実はほぼなくなってきているように、
最初に育った部分は枯れてしまっているんですよね。
でも部分的に青々しているのがわかるように、新たに伸び出しているものも。
んー気温低くなってるのにしぶといね。

P1090371_縮小

色付きは気温低下と天候悪化でかなり遅くなっていますけど、
それでもなかなか取れるってはありがたい。
もう完熟の真っ赤なものは難しいですが、まだトマトが採れるってだけでも大したもんだで。

まあこれから先の気温低下のスピードを考えると、今からの開花のものは難しいだろうけど、
それでも春植えで周りでは栽培終わってるのにもかかわらず実がついてるトマトって・・・
かなりしぶといトマトですなぁ。
もう少しばかり頑張ってもらうべぇ。


2016-10-07(Fri)

白長二十日大根が大きくなった

どもー
今日は晴れまして、稲刈り2日目となりました。
今日は残り6枚のうち、比較的乾いて楽そうなところ4枚分を刈り取り、
ヤバめな2枚をあと1日かけてどうにかやり終えようという算段。
放射冷却が―とかいってた割に稲に露がつかなかったため、作業はすいすい進んだ。
3時までには4枚刈り終えましたので、頑張ったなーという印象。
早くできたんだからもう1枚くらい・・・なんて思うかもしれませんが、
乾燥機のキャパということもあるので4枚でおしまいです。
次に刈れるのは・・・月か火曜か。
明日あまり多雨にならないといいんだけど。


さて、
稲刈りがはやく終わったので、通常の浸水作業をし、畑へGO!
といってもやはり見回り程度だったんですが、
キャベツの青虫駆除、大根の青虫駆除・・・と虫退治して気付く。
二十日大根がでかくなってる――

P1090363_縮小

ここは大根の畝、穴あきの場所にまいた種がかなり大きくなってきてました。
ラディッシュ・聖護院・ラディッシュ・・・
なんだか大根に負けてないですね(笑

P1090364_縮小

根っこを見るとよさげな大きさになっているものがあったので収穫。
白長二十日大根の最高なものが採れた気がする。
キャベツとかに青虫が向かうせいか葉っぱがやたらきれいだ―
おまけにしっかり根っこも太くなってるし。
この場所には油かす薄くまいただけなんだけどね。
大根の生育もいいところを見ると、多少の肥料分だったけどかなりの効果があったんだろうね。

P1090365_縮小
P1090366_縮小

違いが分かるのが二十日大根用に作ったところのもの。
同じ日にまいても葉っぱの大きさも根っこの太りも全然違う。
ここまで違うと肥料分ってのは重要なんだなぁと実感しちゃいますね。
ここにはなにもやらなかったからなぁ・・・


ということで大根のところの白長二十日大根の生育はよい。
他は・・収穫できるサイズに育てるかねぇ。
去年同様に生育時間かかり過ぎてス入りになっちまいそうな予感。
本来はこんな感じというのが見れたのは貴重な情報となったけど、
なんか・・・種を無駄にしてしまってる気分(汗


2016-10-06(Thu)

F206新ホダ、休養舎IN

台風は当地にくる前に温帯低気圧になったものの、
風が強く、雨もそれなりに降った。
おかげさんで田んぼは又水浸し、最低だ。
んー天気悪い。いい天候が続かないかねぇ。

さて、
本日より今年植菌のF206新ホダが休養舎入り。
今までは外で休養していましたが、これから先は温度がないと難しくなるため、
外よりも温度がとれるハウスに入ります。

P1090351_縮小

閉めていたので気温があり、ちょっとレンズが曇ってしまいますね。
左側に積んでいるものが新ホダですよ。
夏場の低く置く方法から冬仕様の高さに変更。
理由としては、
・夏場の様に高温にならなくなった
・そもそもおき場所がないため

の2点、やはり起き場所がないからってのは一番でしょうね。
なんせ古ホダはまだ1本も廃棄に回ってないので、休養舎には古ホダが満タン状態だからね―


今日はこの種菌を販売している富士種菌の人が来たので、
これから先の休養と使用についてお話を聞きました。

P1090352_縮小

次の使用も約2週間経過後とのこと。
それが今年ラスト、それまでにまずは植菌穴の褐変を目指します。
採りたての植菌穴はこのように菌糸で白。
ここを文字通り褐色に変化させるというもの。

P1090353_縮小
P1090354_縮小
P1090355_縮小

日がたつにつれてこのように徐々に褐変が進みます。
これをしっかりできれば次の発生もスムーズにできるそうな。
これから先は気温上昇もがっつりないことや寒暖差もあるため、
散水管理も結構しっかりしないといけません。
かけ過ぎていい時期はもう終わったのだ――

P1090356_縮小
P1090373_縮小
P1090372_縮小

今日で浸水の方も完了、相変わらず本気を出して芽をつけ過ぎてしまっていますけれど、
今年ラスト発生もしっかり発生するように管理頑張らないとね。
あとは散水設備の撤収もしとかないと。
夏仕様から秋冬仕様へ徐々に発生・管理が変化していってますよ―


2016-10-06(Thu)

最後のブルーベリー収穫

本日10月6日。
そう、もう10月入りしているわけだ。
なのに何言ってんのっていうタイトルなんですがね、
実際ブルーベリーがまだついてまして、それを本日収穫してきました。

P1090375_縮小

収穫品種はダロウ
すでに紅葉も始まってるんですけど、なぜか実がついたまま(汗
今年はダロウの熟期が非常に遅くなりまして、なかなか熟さないまま今になってしまいました。

P1090376_縮小

収穫って言っても数粒でしょ?
じゃないんですよね。ある程度の量がとれました。
紅葉とブルーベリー、何ともミスマッチ(苦笑
本来あってはいけない時期でしょうしねぇ。来年に響いちゃうかな??

今までの最遅が9月だったので記録が1カ月近く伸びたわけだね。
遅くなっていいことってのは・・・あまりないだろうけど、
まあ本来終わってる時期にブルーベリーが食べられるのは悪くないか。
ちょっと果実品質は悪いですけどね。
今年は結構な量を収穫できましたブルーベリー、本日をもって今年度の収穫が終わりました。
また来年よろしく。


おまけ。

P1090367_縮小
P1090368_縮小

こちらはこれからですが、ヤ―コンに花がついているのを確認。
先日きくちゃんがヤ―コンの花をアップしていましたが、花を見るのは初めてのこと。
小さなヒマワリのような花だね。
また一つ知らないことを知りました―


2016-10-05(Wed)

稲刈り開始

どもー
今日は天候がもっている隙をついてどうにか稲刈りを開始してきました。
とはいえやはりこれまでの雨で田んぼはずぶずぶ、最低のコンディションです・・・

P1090347_縮小

中は泥沼、かろうじてはまって動けないってのは回避してましたけど、
かなり手こずってしまい時間が大幅に予定オーバー。
今日はどうにかこの場所の2枚を刈りたかったため、昼飯なしで強行軍です。

P1090346_縮小

奥が2枚目、やっとります。
2枚目は1枚目よりも水がはけていたため作業はスムーズに進みました。
おかげで1時くらいまでに刈り終えることができ、無事雨を回避。

P1090348_縮小

私は運搬車でもみを運ぶまさに肉体労働要因。
全部の袋を軽トラに積んで乾燥機まで運搬、いや―しんどい。
明日は必ず筋肉痛だな。
この運搬車はかなり優れもので、こんな道悪でもすいすい。
なかなかやりますね。

P1090349_縮小
P1090350_縮小

終わったあとはぐちゃぐちゃなところを走って脚まわりが泥まみれになった運搬車の洗浄。
稲と泥のコンビネーションで非常に洗いにくい(汗
毎度のことだけど、こうしてしっかりきれいにしとかないとガタがきちゃいますからね。


こうして本日どうにか2枚刈り終えあと残り6枚。
天候回復次第刈り出すんですが・・・台風の影響やらでどうもこれから雨続き。
ムムム、稲刈りが終わらんぞ――


2016-10-04(Tue)

大根が病気になった

どもー
昨日は結構な雨が降り、今日の天候次第で稲刈りを・・・なんて考えてたんですが、
田んぼが水たまりになってしまいこれじゃあ無理だわ―となりました。
稲刈り時期に強い雨ってのは大問題を引き起こしますね。
明日は天候が徐々に悪くなってくるようですが、稲刈り決行するようです。
頑張らないとね。


さて、
最近はなめこの爆裂発生が始まってきて畑で作業する時間がなかなかとれなくなってきているんですが、
昨日青虫をとったあと大根の見回りに行くとおかしげな大根があることに気付く。

P1090336_縮小

ちょっとわかりづらいですが、下葉がやけに枯れこんでるんですよ。
数枚じゃなくごっそりって感じ。
これは完全に異常ということで引っこ抜いてみると、

P1090337_縮小

あ―だめです。
中が完全にいかれてました。

P1090338_縮小

ほんと真ん中をがっつりと。
病名は・・・なんだか分からん(汗
このほかにもう1本同じ症状のものがありました。
外見では分からない感じで、割ると完全にいかれてるって感じ。
何かの菌か??


去年はニンジンの先端の根っこの部分に何らかの菌が張りつくってことがありましたが、
大根の先端部分もなんだか黒くなってだめになっている状態が見られた。
同じ場所ではないけれど同じ畑。
そして同じ根菜に発症。
やっぱり根菜を餌にしてしまう何らかのものがいるってことかな?
確かにワラビの地下茎とると白くついてる時もあるんだよね。
有益ならまだしも害をなす何者か。
いや―なものが出てきたなぁ。


2016-10-03(Mon)

キャベツがまき始めたのかな?

今日は雨予報だったんですが午前中は何やら晴れ・・・
おかしいねーこれって稲刈りしたほういいのか?なんて思いながら、
畑行ってキャベツの青虫駆除に精を出してた。

P1090333_縮小

その時写真撮っておけばよかったんだけど、
午後に入り天候は急変、土砂降りで畑が水浸しに。
いやはや、やっぱり稲刈りしてなくてよかったな(汗
これじゃ明日も無理、稲刈りがどんどん遅れてしまいますね。


まあ稲の話はおいといて、

P1090334_縮小

大量についた青虫数百匹をとりあえずとれるだけ練り殺しておきまして、
次回まで少しでも被害を軽減する措置を施したキャベツ。
だいぶ大きくはなってきたけど、葉数は少ないかなーと思いましたが、

P1090335_縮小

中心分葉っぱがくるっと丸くなってるものが見受けられたんですよ。
ついに結球が始まるのかな??
気温も低くなってきたし、スイッチが入ったのかもしれない。
ただ、この葉数だと・・・結局小ぶりのものになりそうな予感(汗

結球が始まるとすればこれまで以上に青虫に注意しないとまずいね。
外葉はよくても球はしっかりしたものを採りたい。
なんだか去年のマイマイガ駆除に似てきてしまってますけど、
害虫駆除ってのはいらん手間ですなぁ。


おまけ。

P1090339_縮小

本日の収穫。
まだトゥメィトォーは頑張ってなっとりますでよ。
大量にあった在庫もあと1箱になってたし、またいくばくか増えました。
いつまで収穫できるかねぇ。厳しかったら青いうちに採っておかなきゃ。


2016-10-03(Mon)

棗コンポート作ってみた

今年もなっていたナツメ。
やっぱり生理落果が多くて、そこまでの量の確保ってのは難しいんですが、
今年もある程度収穫できていました。

でもね、収穫できてもどうすりゃあいいのかってのが問題。
棗酒は去年作ったけど、自分は飲めないしねぇ(大汗
ということでいろいろと調べてコンポートをこしらえることに。


P1090301_縮小

鍋に材料ぶち込んでとにかく煮ます。
でもね、ここで気付く・・・水の量完全に間違ってるよな・・・(大汗

単純に書いてある分量を棗の量に合わせて増やしたのがミスだ。
まあそんなこと言ってもしょうがないってことで少しずつ何日もかけて煮ていきましてようやく完成

P1090340_縮小

コンポートというか・・・甘露煮かよ(汗
ちょいと最後に煮詰めすぎてしまいましてね、こんな感じの仕上がりです。
ちなみに前の大きい切り目入ってるのは棗酒に入れてたナツメ。
なので少々・・酒臭い(汗

味は甘いですね―
そりゃあ砂糖たっぷりで煮るわけだから甘いにきまっとる。
しっかり煮れていたのでまずはよかったです。
これ食って酔っぱらうなんてことはないと思うけど・・・食い過ぎないようにはしないとね。
自作のおやつ完成、しばらくは甘いもの十分確保できましたわ。


2016-10-02(Sun)

サツマイモ試し掘り2016

どもー
今日も晴れ、晴れは今日まで、明日から雨。
おまけに台風の影響が出る可能性があり、明日以降の天候はかなり悪そうだ。
・・・稲刈りどうすんのよ(大汗


さて、本日は天候の悪化を見越して唐辛子収穫(エトナ)に勤しみまして、
その途中で10月入りしたこともあり、サツマイモの試し掘りもしてみた。

P1090327_縮小

まずはパープルスイートロードから。
御覧の通り蔓自体はいい感じに見える。
初期生育の悪さを考えても、どうにかなっているんじゃないかと期待をして・・・・・

P1090328_縮小

・・・・・ハァ(泣

まともに見えますがかなりの小粒っこ。
芋の数はあったことは救いかな。
まだまだ生育が悪い。これはまだ掘るわけにはいかないね。

P1090329_縮小

安納芋はだめなことは分かっているため、今日はこの紅はるかで最後。
紅はるかの蔓もかなり育っていたんですが・・・・・
がっくし。
こちらは芋の大きさはまずまずだったけど芋が2個(汗
巨大でもなしにこれじゃあやっぱり駄目だわ。

今回の試し掘りでやっぱりまだ早いという判断を下すことに。
去年同様に霜降るあたりまで我慢だね。
10月後半か―まだまだ大きくなるにはかかりそうだ。

P1090330_縮小

そういうこともあってしばらくは唐辛子収穫とかを忙しくやっておくことに。
トマト加工はほぼ一息状態に入ったので、これからはこっちの乾燥を頑張ろう。
しかしやっぱり地上部と地下のバランスって違うもんなんだなーと思いましたね。

2016-10-01(Sat)

ハーブを低温で干すのは大変だ。

どもー
今日も晴れ、作業がはかどる。
昨日今日で大分当地域の稲刈りが進んでいます。
ウチは来週・・・天気が悪い(大汗
今日明日なら最高だろうに・・・こんなときオヤジさんは旅行――(苦笑
今日はそんなオヤジさんの代わりに横手に出荷しに行って、事故現場を目撃してきました。
観光ブドウ園のあるところは危ないんだよな―今は。
路肩に止めるしかないところに産直並んでるからねぇ。
今日のはその止まってるのに突っ込んだようなやつでした。
突っ込んだのは初心者マークか?・・・気をつけろよな―


さて、
今日も唐辛子収穫をし、昨日の半分の株で昨日とほぼ同じ量という何とも大変なことになってきたわけですが、
今年は低温乾燥でやってみようかということで、
実験的にまずはハーブの低温乾燥から始めて見たんですよ。
なぜかって?
乾燥機の乾燥温度目安にスパイス&ハーブって書いてあったからだよ。

P1090212_縮小

今回乾燥してみるのは一向に使い道がないここにあるハーブ沢山。
そのうちセージ少々とバジル少々をカットして乾燥しました。

P1090213_縮小

あの紫バジルは植え付けたら紫が復活。
なぜ脱色したり復活したりするのかね?
どうなるかこのバジルを使っています。

P1090316_縮小

うー袋二重にしているから見づらい・・・紫のバジルですよ。
乾燥後の脱色もなくかなりきれいに干せました。

P1090317_縮小

セージも同じく。
低温で乾燥するとかなり元の状態を維持できて干すことができるみたいね。
結構いいかも。
ただかなり時間がかかるのは大問題だわ―


今回の実験で得た結果としては、

※ 良 ※
 ・色の変化が少ない。
 ・乾燥中の香り抜けがほぼない。

※ 悪 ※
 ・時間が非常にかかる。

こんな感じ。
香り抜けというのは去年唐辛子干しているときに気付いたことで、ものすごく臭いが出てくるんですよ。
臭いってのはつまりは風味に直結するものでしょうから、
臭い抜けってのはあまり好ましくないことですよね。
今回の実験ではハーブの香りってのがほぼ出てこなかったので、
その点ではいい状態での乾燥ができたんじゃないかと思っています。

ただ時間がかかり過ぎるのが問題。
なんせ高温なら1日かからないものを5日くらいかけて干すわけですからね。
葉っぱでこれですから唐辛子なら・・・・・まずい。
現在エトナの低温乾燥していますけど、もうすでに1週間ほどかかってしまっていますし。
んーどうしたものか。


今の段階では外干しである程度水分を飛ばしてから機械乾燥と目論んでいますが、
直射に当てての乾燥はあまり勧められないってこともあって、
外干しも時間がかかってしまうんですよね。
うむ・・・低温乾燥ってのは非常に大変だぞ。
こうなると外の風通しのいいところに乾くまで黙っておくというのが理解できる気がする(苦笑
人為的にやるのは非常に大変ってのが今回のハーブ低温乾燥でわかりましたね。


 
2016-10-01(Sat)

カラタチぶった切り

柑橘を数品種育てているんですが、柑橘というと接ぎ木がほとんど。
まあどんなものでも接ぎ木していると病気にかかりにくいとかの利点がありますからね。
その柑橘の台木になっているのがカラタチ
育てている柑橘の台木が育つことってほぼないけれど、
今回その台木のカラタチがやけに伸びてしまっていたので、ぶった切っておいた。

P1090303_縮小

台木が育ってしまったのはこちらのジャバラ。
実がついているように見えますが、実際は隣のカボスの実です。
株もと見ていただくとわかりますが、地際から伸びてますよね・・・

P1090304_縮小

それをぶった切った後。
こんなに伸びてました。
実は以前から伸びているのは知っていたんですが、
生育自体が芳しくなかったこともあり、助けになればと放置してたんですよね(汗
今年に入ってそれが急に伸びてしまい邪魔になったのでカットです。

P1090305_縮小

なんせこの棘。
こんなのがすぐ脇に生えてると怖くて手が出せん。
スダチとかも結構なとげをはやしますけど、これはひどい。

P1090306_縮小

これにて株もとすっきり、ジャバラはジャバラで生育することになったね。
今年も実がつかなかったけど、生育はよくなったので来年に期待だね。

P1090307_縮小

実の付いているカボスはもう6センチくらいまでに大きくなった。
ぐんぐん育ってますね―

レモンとか生育の芳しくないものはまだありますけど、
台木が育ってきたからといって生育の助けに残すのはよくないみたいね。
今度から生えたら即ぶった切りで対処しよう。
もう出てこないと思うけど――


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村