FC2ブログ
2017-10-31(Tue)

種苗交換会に行ってきました

今日は引き続き風が強かったものの、雨はおさまりました。
気温はあまり上がらなかったので体感は結構寒かったですね。
そんな中、由利本荘市で行われる種苗交換会に行ってきましたよ―
しっかり冬の装いで行ってきたのでなんとか耐えきりました(笑

種苗交換会ってのは秋田県以外ではあまりなじみのないものかもしれないですが、
始まりは自分よりもいいものの種を交換してより良いものを作ろうってことからみたいですね。
今は交換とかいうことはあまりないとは思いますけど、
出品したものの品種を見ていいと思ったら取り入れていけますので、
現代化したけどずっと続いていますのよ。

一応こういうものだってのはこちらで ⇒ 種苗交換会とは?


実験農場でも何品か出品したんですが、オープン参加枠なので賞はつきません。
今年は出来が悪いものばかりで量が少なかったですわ・・・

P1120280_縮小
P1120281_縮小

実験農場で出したのはカラーピーマンと、オレンジカリフラワー。
あとキャベツも出したみたいだけど、札が差し替えられたのか違う名前になってた(汗
山内ニンジンは選抜したけど出来がよくないのでパス、
サツマイモもダメ、カラフルニンジンもダメ、パスだらけでだめですねぇ。
こういう行事に出すのがわかってたらもう少し世話に気をつけたと思うんだけど(大汗
ちょっと情報が伝わってなくて残念だわ。


山内ニンジン

ちなみにこちらが1等賞の山内ニンジン。
さすがに物がそろってるし肌がきれい。
賞をとるために厳選してるのでやっぱり文句がつけられないものですね―
こういったものを作れる技量がすごいんですがね。

さといも
サトイモ

同じくサトイモ。
山内ニンジン同様に芋の子として山内の特産ですから撮ってきました。
賞の付いてるものとそうでないものの差ってのは素人目にはわからないですよ。
ただ、このサトイモ・・・めっちゃきれいですげぇ。
いったいどのくらいの量から選抜したんだろうか。
すごいもんですよ。

野菜のほかにも米やたばこ、花卉なんかもありまして、
それぞれで賞がつけられてましたね。
加工品も何点かあり、出品総数は1900くらいらしい。
ただ、例年に比べると出品数はかなり少ないようですよ。
大雨被害でまともなものができなかったのが要因でしょうねぇ。


P1120288_縮小
P1120287_縮小

このあとは冬の日本海を望む道の駅2か所に寄ってきて帰宅。
強風でまさに荒れた日本海でしたよ。
道の駅自体は・・・そこまで大したことはなかったかな(大汗


今日は大イベントに出かけてきたよって話。
いいものを作る技術のすごさ、品種のいろいろ、
あとは道の駅で見た各品の数々、いろいろと勉強になりましたね。
いつか何かで賞がとれるような技術を身につけられるかどうか、
これから頑張っていかないといけませんねぇ。


スポンサーサイト



2017-10-30(Mon)

ブロッコリー収穫と一口カリフラワー

台風の影響はすごいね。
風が非常に強いし、何より寒気が来て寒い!
昨日は雨、今日は強風、そして寒気、直に来なくても台風は困る・・・・・
あーあー雪降りそうだなぁ・・・


今日は先日花蕾が出始めたブロッコリーの話題。
土曜日に片づけが完了した後に、小さい頭の部分を摘芯収穫してきましたよ―
次の脇芽を大きくするために頂花蕾はチョッキンです。

P1120265_縮小

スティックタイプだから頂花蕾でもこんだけ(汗
あ、自分の育て方が悪いのか(汗
それでもどうにかブロッコリーがものになったのでありがたいことだ。
人生で初収穫です。

P1120264_縮小

次の脇芽はどんどん出てきてます。
今日アスパラ菜の収穫を農場でしたんですけど、
アスパラ菜の脇芽の残し方とはちょいと違うので、これでいいのかどうか・・・
ま、もう収穫量も期待できないだろうからどうでもいいかー(笑

P1120246_縮小
P1120247_縮小

もう一つのオレンジカリフラワーの方は一口サイズの花蕾ができてきました。
青虫に丸裸にされたりしたので、正直大きさはこれで限度かな(大汗
どうもブロッコリーの方が育てやすいのかもしれないです。
カリフラワーはたぶん今年以外はやらないかな。


収穫物はお昼の弁当のおかずに変身しました。
まさに自給自足の生活をしとりますぜ―
あの株数からすれば食いきれない量取れてもおかしくはないはずだけど・・・
あれーおかしいなー(すっとぼけ


2017-10-29(Sun)

黒平豆は平らだった。

今日は雨ですから例のごとくゴロゴロ…
ではなくてですね、やることやってきましたよ。
中の仕事も意外とありますからね、ぼんやりしてたらまた年越しての作業になってしまいますから(汗
特に豆類は毎度のこと、さっさとやってしまいたいところ。

ということで、今日は黒豆の話題。
今年は初めてまともに収穫した黒豆ですがね、
ようやく莢がしっかり乾いたようなので試しに殻から採ってみたわけですよ。

P1120268_縮小

黒豆と言ったらやっぱり左の丸い奴ですよね。
これが玉大黒です。いい感じの出来でした。
問題のが右の黒平豆の雁喰物語
ものすごい平らっぷりですよ(笑

P1120269_縮小

横から見ればさらに。
面白い豆があるもんですねぇ。

P1120266_縮小
P1120267_縮小

これはもう乾いた莢の段階からしてそうなんですよ。
収穫したときはそうでもなかったんですけど、乾くとはっきりですね。
ぺらっぺら(笑
これの枝豆ってどうなのか逆に気になります。

P1120270_縮小

まあ姿かたちはおかしな豆ですけど、これが煮るといいらいしいのよね。
真ん中のしわの部分のおかげで煮ても破れが起きにくいとか。
まあ煮てみて試食してどうかってのが一番問題ですけど、
とりあえず沢山収穫できそうなのでどっちも試食してレポートしたいと思いますわ。

莢の数は黒平豆の方が多いですんで、よかったら続けます。
姿はおかしくても量・質よかったら最高じゃーん。
なんて期待を込めつつ・・・・・
ダメなら玉大黒一本かな―

2017-10-28(Sat)

トマトの片付け作業

今日は晴れ、どうやら今日までは天気がもつようで、明日以降は台風の影響が出てきそうですね。
明日はガッツリなんて思っていましたけど、
どうもそうは言ってられないので、今日はあと片づけに大忙しでした。

P1120248_縮小

まず手始めに蔓ありインゲンのネットを撤去しまして、
豆類の栽培は終了となりましたね。
というか莢はすでにとっていたので、株が枯れるのを待っていた状態でした。
今週の天気続きで乾いてくれてたので処理は楽チンでした―

P1120254_縮小

そして今日の一大事業、トマトのあと片づけ。
前の台風以降全く手をかけてませんのですでに枯れ上がってますよ。
実はありますが、全く使い物になりませんのでこのまま引っこ抜いて処分です。
株自体が小さいので処分は非常に楽。
ネットやら支柱やらを使ってたらこの量だけでも1日かかるかもしれない(汗

P1120255_縮小

もったいないねぇ・・・
今年はホント栽培がなってなくてもったいないことばかりしてしまったわ。

P1120256_縮小

獣は地面を掘ってますがトマトには目もくれず。
腐ったトマトは食いたくないんだろう。
成ってたいい奴はちょびっと食って散らかしていきやがった癖に・・・・・

P1120263_縮小

支柱とって株とって片づけ完了!
落ちたトマトは回収しません。このまま畑の肥やしにでもなってくれ。
来年はここら中にトマトの実生が出てくるかもしれないな・・・
ま、それはそれでいいけど――

P1120260_縮小

イタリアントマトのあとはソバージュトマトの片付けも。
こっちの方がネット・支柱があるので大変だ。
色付いた実はすべて落下してるので、あとは片づけるだけだね。

P1120261_縮小

まずは株をきれいに取り除いた。これだけでも大変だ。
ソバージュトマトの片づけは農場でも見たけど、とにかくネットにからんだ枝を取り除くのは苦労しますね。
ネットごと焼却出来りゃあっという間に片づけられるだろうけど、
早々株は乾きませんので処理をするってのが非常にネックになってきそうだ。

P1120262_縮小

株さえ除けばあとは楽チン。
支柱も小屋にしまいこんで撤去完了。
これで夏野菜はほとんどなくなったわ―


あと残っているものに関しては、栽培管理が必要ってこともないので適当でよし。
週末農民でも問題なくなる状態になりましたね。
収穫ができる人参などはぼちぼち収穫・収集してしまっていき、
出来るか際どいキャベツとかカリフラワーは最悪雪の下でもいいかな。
大方の片付けも終わって、あとは雪が降るまでのラストスパートかな―


2017-10-27(Fri)

ようやくブロッコリーが出始めてきた

今日は秋田へ農業簿記の勉強に行ってきましたよ。
正直・・・最初の話があっちこっちいって全く意味不明(汗
打ち込みの実践では書いてるのと別のことするし、困ったもんだった。
なので今回の研修、ほぼ収穫がなかったです・・・・
やっぱり講師の人次第て感じかねぇ。
農業簿記はこれから先重要になるからしっかり覚えておかないといけないのにねぇ。
とりあえずもらってきたものしっかり読んで覚えていこうじゃないか。


さて、
10月ラストの金曜、プレミアムフライデーってやつですが、
どうにかネタをつなぐことができた金曜って感じです(汗
もうすぐ11月ですねぇ、あっという間に今年も終わりだ。
それは置いときまして、畑ではまだ頑張ってる作物がありますが、
その中のスティックブロッコリーがようやくつぼみが出始めてきましたよ。

P1120200_縮小

自身が育てている葉物からすると最も生育がよかった部類のブロッコリー、
それでもサッパリ花蕾の姿が見えなかったんですよね。

P1120201_縮小

先日葉をよけてじっくり見てみたところ、ようやく花蕾が見えてきました。
小さい小さいスティックブロッコリーですよ。
今の時期ようやく、正直なところほとんど収穫量が期待できないだろうねぇ・・・
もっと早く育つかと思ったけど、意外に時間がかかりましたね。


スティックブロッコリーは調べるとアスパラ菜と同じで最初の花蕾は採った方がいいみたいね。
ただ、もう霜の降るような時期だから、これを大きくするべきかどうかは明日判断しようかと思います。
思った以上にじわじわ来てるので、とりあえずもう少し生温かく見守ろうかな。


2017-10-26(Thu)

農場ニンジンの春まき分全収穫

今日はかなりいい天気、絶好の行楽日和ってやつでしょうか。
ただまあ朝晩は冷え込むので、かなりの温度差にはなりますね。
紅葉もだいぶ進んできてますし、今週はお出かけにはもってこいになりそうだ。
来週にはまた台風きそうだしね、出かけるなら今週中に―
え?私は出かけることはありませんが何か。
週末農民は忙しいんだ―い



今日はニンジンのお話。
農場で栽培していたニンジン、春まき分をすべて収穫しました。
5月まきなのでかなりの期間たってしまいましてね、
物によってはやばいことになってます(汗

P1120235_縮小

黄ニンジン
これだけだと大きさが何とも言えませんが、

P1120236_縮小

いかがでしょうかこのでかさ。
もうね、大根ですよ、まじで。
~スティックシリーズって細長い感じのものですけど、ここまで太くなるのかって感じですね。
自分が栽培したときの一番よかったものよりも太い。
肥料分がしっかりあって置き過ぎるとこうなるのか・・・・

P1120238_縮小

それはスノースティックだって同じ。
もうね、大根以外の何物でもない(笑
やっぱり肥料分ででかくなるもんだと実感。
ただ、ここまででかくなると売るのは逆に難しいね。

P1120237_縮小

そしてわが地元の山内ニンジン
これはそもそもでかいニンジンなので、大きさには驚きませんね。
むしろ間引きなどの管理が悪くて出来がすこぶる悪い(汗
でかいニンジンはしっかり管理しないとでかくなれないね。

P1120239_縮小

山内ニンジンは洗ったのちに種取り用選抜が行われる予定。
そして一番いいものは種苗交換会に出品する予定ですよ。
今年の選抜は大変かもしれない(大汗


農場ニンジンの栽培を見て、やっぱり間引きは重要だということがわかりましたね。
あと、肥料分でここまで大きくなるかってこと。
ただその関連でいうと、肥料分のせいかただぶくぶく太った感じかな。
なんせこうやって大きくなっても重さは自分のものより軽いもんで。
じっくりでかくした方が中身が詰まるってことなんだなーということを発見ですね。

P1120227_縮小

ちなみにうちの白ニンジンの試し採り、あまり良くなくて500グラムオーバー。
もう少ししたら1キロの大物も期待できるかもしれないなーと思ってますよ。
人参栽培に関しては肥料と間隔この2つが重要みたいですな。


2017-10-25(Wed)

アスパラガスチコリーに病気が出た

どもー
今日は一日ニンジン仕事してて腰が痛い(泣
やっぱりう○こ座りで長時間作業するのはかなりきついもんがありますね。
1日かかってもまだ終わってないニンジン作業、なかなかの重労働だわ―


さてさて、今年初挑戦で今まで順調に育っていたアスパラガスチコリー、
まだアスパラガス状のものは確認できませんけど、生育は進んでいます。

P1120199_縮小
P1120198_縮小
P1120197_縮小

これだけでも十分にでかい株で、食い応え有りそうな感じもしますが、
これじゃないものを食べるので収穫はまだまだ―
葉の数もだいぶ増えたのでそろそろアスパラガス状のものが出てほしいもんだけど・・・
こんな感じで全体としてはかなりいい感じで育ってはいますのよ。

ところがどっこい、何やら怪しげな病気株らしきものが発生してしまいましてね、
さっさと撤去してしまいましたよ。

P1120219_縮小

確実におかしいよねぇ。
今年農場で見たセロリの軟腐にも見えたので、除去でございますよ。
広がられては困りますからね、おかしいもんはさっさと引っこ抜くがベスト。
いまのところはこの株以外は正常なので大丈夫なはず。
ダメだったらこの引っこ抜きの場所からじわじわ広がるかもしれないけど・・・・・

順調だっただけに病気と思われるものの発生で結構ビクビク(汗
頼むから収穫までは持ちこたえてもらいたい。
来年はここに軟腐が出るようなものは植えられなくなったろうし、植え付け選定も悩みますなぁ。


おまけ

P1120220_縮小

カマキリは今年は雪が少ないとふんでるようだ。
ニンジンの株にもあったし、この位置からすると最大でも25センチくらいだろうか。
それだけ降らなかったらかなりの異常気象だわな(笑


2017-10-24(Tue)

いまさら収穫開始な唐辛子

今日は来年度へ向けた面談パート2でした。
うーん・・・来年度のこと考えてたけど、それ終わったあとのことまで聞かれて困ったわ(大汗
確かにね、きゅうりとかスイカとかトマトとかここらでやってほしいものと違うから、
収益性が低くなるのはわかるんだけど、それやって椎茸やって・・・できるかよ(汗

あくまで研修INした時にそういうこと言ったはずなんだけどねぇ。
まあ自分がやろうと思ってること、実際作ってうまくさばければ結構儲けは出そうだけども。
さ・ば・け・れ・ばのお話ね(笑
あとは販路をどうするかってのが一番考えないといけないところ。
いろいろとリサーチするしかないね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、研修話はここいらにして畑のお話。
去年は早めに収穫が始められたイタリア唐辛子なんですが、
今年はあまりにも草負けしてしまったり、育苗がヘタ過ぎたりしてさっぱり。
それでもいまになってようやく収穫が開始できましたよ。

P1120215_縮小

見ての通り株数はあっても赤い実の姿が見えない・・・
それくらい今年の状態は最悪ですよ。

P1120216_縮小

第一果房とでもいいますか、分枝する前の中央部分がなんとか色づき。
今年はこの部分しか採れないかもしれない。

P1120217_縮小

しかもやっぱり赤は破裂しちゃうんだよねぇ。
これが一番もったいない現象だ。
トマトも寒くなってくると裂果してしまいやすくなるみたいだけど、
もしかすればこれも寒さでの裂果かもしれませんね。

P1120221_縮小

黄色の方もなんとか色づき。
こっちの方が株は大きいけど、やっぱりこの部分が限度でしょうね。
なんせ霜降ったらおしまいですから・・・・

P1120222_縮小

これが今年1回目の収穫。
収量としちゃ自家用にしかならねぇ(大汗
今年は唐辛子売りは絶望的だね。


やはりナス科は育苗次第ですね。
来年はどうしようかってのはまだ何とも言えないですけど、
こいつらはまともに手をかけられないときっついなあ・・・



2017-10-23(Mon)

山のなめこがようやく出てきた。

どもー
台風が通過していきましたね。
場所によっては大変な被害も出ているようですが、皆さんのところはいかがでしょうか?
こちらは昨日からの雨が結構な量になりまして、川がかなり増水したところもあるようですが、
ヤバいほどの被害ということはなさそうです。
ただね、これによって冷え込みがきつくなりそうな感じもするので、それが心配なところがあります。
明日以降は台風一過の青空が続きそうですしね。


さて、
サツマイモの葉っぱにも霜焼け症状が出るくらい冷え込みが進んできています今日この頃。
小屋の裏手にある早生のなめこはどんどん出たんですが、
なかなか中生のなめこが出なかったんですよね。
山の方が気温が低くなるはずなのに、なぜか山のものより里の方が早く育つ始末。
ただね、先日見に行ってみたところようやく発生しているのを発見しました。

P1120209_縮小

オーちょうどよかった―
もう少し遅れてたら全然だめになってたよ・・・

P1120211_縮小
P1120210_縮小

さすがに中生なめこ、早生とは大きさが違う。
それとも単に木の力があるのか、はたまた山だからなのか・・・・・
まあなんにせよ山なめこのシーズンも始まったようです。

P1120208_縮小

出るホダ木は沢山あるので、これからしばらく山をチェックしてないといけないのが大変だ―
それでも高単価を誇る原木なめこ、沢山出てくるれとうれしいねぇ。


2017-10-22(Sun)

台風来る前にスダチ収穫

今日は台風接近で天候が悪かった。
朝方はまだ降ってなかったので、朝のキノコ収穫後にレタスをとってきたり、
ブルーベリーにやってた防鳥ネットを外したりした程度であとは家に引きこもってた(笑
一応ポット上げ作業をやろうかと思ってたんですけど、
車使ってたのでめんどくさくなってゴロゴロぐうたらしてましたわ―

まあそんなぐうたらな時もありますけど、
台風接近してますんで収集してしまった方がいいものは収集してきました。

P1120126_縮小
P1120127_縮小

スダチでございますよ。
スダチは9月から10月くらいの収穫なのでもう収穫期。
色がついてきてしまったので、本当なら遅過ぎですね(汗

P1120229_縮小
P1120230_縮小

今年は結構摘果してみたんですが、それでも収穫が16個。
あげたものを合わせると、今年は20個もついてたことになる。
ちょっと樹の大きさからすると着け過ぎたかなぁ・・・
結構減らしたと思ったけど、ちゃんと数数えたほうがよかったか。

P1120231_縮小

とはいえ最大果が53ミリにもなったので、大きさはかなりでかい。
スダチで50ミリ超えるってすごい大きさじゃないかと思うんだけどどうよ?
規格では43ミリ以上が4Lで最もでかいみたいだからね。
この大きさだとちょっとしたミカンサイズじゃないか(笑


これだけあるのでスダチはどうしようか思案中。
またポン酢にでもしたらいいか、はたまた・・・・
ここらじゃ意外と売れないもんねぇ。
ま、何らかの使い方は調べて使ってみようと思います。
皆さんも台風にはご用心くだされ―



2017-10-21(Sat)

サツマイモ掘り終わったどー

台風が接近してきています。
明日以降台風の影響が出てきそうですので、さっさと畑のものを片づけてしまいます。
今日は残っていたサツマイモ掘りをしました。

P1120202_縮小

まずは安納芋から。
相変わらず見るも無残な状態だ・・・
最初の生育は期待が持てそうだっただけに最低の結果ですわ(泣き

P1120203_縮小

掘ろうと思って気付いたんですが、葉が焼けてますね。
どうやら完全ではないものの霜が降ったようです。
母さんいわく、水霜(表面の水気が冷たくなって被害をもたらすような事、らしい)じゃないかと。
そうねぇ、このあいだは霜注意報が出てかなり冷え込んだからね。
そのときなんでしょうよ。
まあいも自体に影響はないのでとっとと掘り上げます。

P1120205_縮小

うーーんこのざまよ

P1120206_縮小

クズ芋に次ぐクズ芋。全く育ってません。
100グラム超えるようなの数えるほどじゃなかろうか。

P1120207_縮小

最大でもこの程度、やってらんねぇ。
安納芋なのに芋が長いですしね、今年はやっぱり全体的に芋が長い。

P1120214_縮小

集めてみればたったこれだけ。
他の品種は大体2箱あるけど、安納芋は1箱しかない・・・
安納芋の収量が低いから減らしたけど、そのさらに下をいく結果になってしまったな―
ひど過ぎて泣きたくなる。

P1120212_縮小
P1120213_縮小

ラストのシルクスイートは安納芋よりはましかな、程度。
紅まさりよりは下か同程度なので、安納芋のだめっぷりが際立ちます(大汗
これも2箱でした。

P1120225_縮小

まあそんなこんなでサツマイモの収穫はおしまい。
大失敗の記録を作ってしまった感がある今年のサツマイモ栽培でした。

P1120226_縮小

全体量ではこの程度。
量っていないのでわかりませんけど、1アールやってこの程度じゃさっぱりだめだわな…
この3倍くらい、芋の大きさも倍程度、そこら辺をコンスタントにできるようにならなきゃね。

P1120192_縮小
P1120193_縮小

農場の芋は同じくらいやってこれだからね。
しかもこれでだめだってんだからうちのはどれくらいだめなのかって話だ(汗
サツマイモは簡単というものの、やっぱりある程度力量ないといい芋を沢山は厳しいなぁ・・・・・


2017-10-20(Fri)

今年も出てるぞ白ニンジン

今週もあっという間に終わってしまった感じがします。
時間が過ぎるのが早く感じるのは、おっさんになってきたからでしょうか(汗
作業ができる時間は大事に精いっぱい頑張らないといけませんねぇ。


先日から農場で育てている山内ニンジンの収穫作業が始まってるんですがね、
私の白ニンジンの方もそろそろ収穫始める時期に入ったかな、と。
いざ見に行くとやっぱりね、今年も例年のごとく外に出まくりですよ(大汗

P1120164_縮小

ドーーン

相変わらずの光景に全く驚きもせず(笑
ああ、いつもどおり育ってるな、程度です。

P1120166_縮小
P1120165_縮小
P1120167_縮小

どこもかしこも20センチ以上は出るような大物
やはり点まきは強そうだね。
これを考えると種まき後の発芽までの管理次第って感じ。

P1120168_縮小

あとは、露出した後の対処ですかね。
まっすぐにするためには出て来始めで土寄せしないと。
そもそもこの品種はここだと作土層が少な過ぎなんだろうけどー(大汗

P1120169_縮小

葉っぱ自体はかなり健全なのでまだ置いておけそうな気もするけど、
霜の関係上どうしたもんかねぇ、というところ。
試し抜きして重さは勝手判断したらいいだろうか??
ま、週末に畑で判断しようと思います。

P1120180_縮小
P1120181_縮小

農場の方の山内ニンジンの方は、まあいいものはいいな、という感じでした。
やっぱり長いものは50センチを超えてきますから、でかいです。
思ったよりも土に潜ってるので引っこ抜くのがすごく大変。
腕に力が入らなくなりますね。ちょっと筋肉がやばいことになってますよ(汗

P1120179_縮小
P1120182_縮小

中には間引きの関係などでおかしなものも出ますけど-
これはこれでご愛敬ってやつだ(笑


大きさはどっこいどっこいだけどやっぱり山内ニンジンは1本500グラムくらいだった。
去年の大物は800グラム越えだからなぜに差が出るのかわからん・・・
今年は白ニンジン1本1キロの大物ができないかな―と少しばかり期待してます。
来年農場でこのニンジン育てたらどこまででかくなるだろうか・・・・


2017-10-19(Thu)

レタスは厳しいけど、アスパラガスチコリーは順調に生育中

どもー
昨日の夜から霜注意報が出てましてね、かなり心配したんですけど、
朝起きてテレビをつけて気温を確認したら、寝る前に確認した時より少ししか下がってなかったので安心しました。
これからはこういう情報にびくびくしながら過ごさないといけなんだよねぇ。
唐辛子がどこまで耐えられるかが問題だわ・・・


さてさて、
あれこれ収穫も終わり初めてますけど、
結構まともに育ってきていたレタスもそろそろおしまいの時期がやってきてしまってますね。
少しずつ生育しながら傷みが出てきてしまいました。

P1120147_縮小

なんだかこの傷み、顔に見えてしまうのは・・・(汗
全体がダメってわけじゃないんですが、こうしたちょこっとした痛みがあちらこちらに見えるので出荷もおしまい。
沢山残っているのでさっさと食ってしまわないといけないですね。

P1120145_縮小
P1120144_縮小

一方で隣のアスパラガスチコリーはまだまだ生育中。
かなりでかくなってきてますが、いまだにアスパラガス状のものは出現しません。

P1120146_縮小

隣のレタスと比べると3倍近いでかさになりました。
ちなみにレタスの異常なでかい奴はとう立ちし始めてたので食うことができません―
やっぱり交雑種が混じってたんだろうねぇ。
ここの種はだめだわ(苦笑


秋レタスはよかったけど、出荷は毎日できないと傷みが出始めてしまうから無駄になってしまいますね。
道の駅にもお客さんが多い時期に作れるのでなかなかいい野菜かと思いますけど、
継続して出すなら時期ずらしの栽培も検討が必要かな―
アスパラガスチコリーは早いとこ最終形態になってほしいけど、いつまでかかるんだろ???


2017-10-18(Wed)

オクラの種ができたようです。

今年もちょろっとだけしか収穫できなかったオクラ。
去年は芽も出ずに終わったので、それからすればまだましだけど、
相変わらずオクラとは相性が悪い(汗

そのオクラ、採り遅れたものをそのまま残しておいて、種採りに挑戦。
前の楊貴妃では1番果ですらまともに種が採れなかったですが、
今回はちゃんと種ができたようですよ―

P1120162_縮小

結構しっかり枯れました。
こんな風になることが今まで1回もなかったのでほんとよくできたなーという感じだ。

P1120163_縮小

中には黒い種が。
これで来年もダビデの星のオクラは育てられそうだ。
まあ発芽試験してみてどうかでしょうけども。


P1120153_縮小

現在の畑のオクラはこんな状態ですよ。
やっぱり細いし、さっぱり育ってない。
肥料食いなのかねぇ。もっと速攻で効くものでないと厳しいかも。

P1120154_縮小
P1120155_縮小

まだ取り遅れたものは沢山あるので、これが無事種採りに使えるかは・・・天気次第だね。
霜さえ降りなければ何とかなる・・・・・・


まあ種は採ったとしてもまともに育てられてない現状があるからねぇ、
そこらへん来年農場で試すとかしてみようかしら。
簡単だけど難しいオクラ栽培なのでありまする。

2017-10-17(Tue)

農場ソバージュトマトは終了となりました。

本日も冷え込んだ朝になりました。
最近は1ケタが当たり前になってきましたね。
冷え込みきつくて指先がやばい―
そろそろ霜焼け第一弾が発症しそうな勢いだ(汗


寒くなって夏野菜の生育もだいぶ鈍ってしまいましたね。
農場で残っている露地夏野菜のうち、ソバージュトマトが本日終了となりました。

P1120173_縮小
P1120174_縮小

まだ葉っぱが完全にだめになってないので収穫はできますけど、
低温などによる実の品質低下が著しいので、ここらで見切りです。
収穫するだけでもかなりの時間がかかる割にダメなものだけってのは無駄ですからね。

P1120175_縮小

色の薄いものもあらかた収穫。
自分が採ったところだけで30キロはあった。
たぶん今日の収量は100キロ弱はあったと思う。
でも・・・まともなのってそのうち3割とかその変なのよね・・・・・
だからこその打ち切りってわけだ。
ここらへん、まだ取れるけどいつやめるかっていう見極めも難しいね。


P1120148_縮小

自分のトマトは大量落下に腐れ放題なのでとうに見切りつけましたけど、
食べられそうなものを食べたりはしてみてますよ。
それに比べりゃあまだ農場トマトは立派なもんだで(汗
まだハウストマトはあるので、しばらくトマトはあるかと思うけど、
ようやく1日がかりの収穫からはおさらばってとこだわ。
ソバージュは収穫時間がめちゃくちゃかかるってのはホントの話だったと身をもって思い知った栽培でした。



2017-10-16(Mon)

サツマイモ掘り、2日目は紅はるかと紅まさり

どもー
今日はかなり冷え込みましたね。
最低気温は4度程度、昨日の夜の段階で霜降ったらどうしようって心配してました。
まだ霜は降りませんが、そろそろやばいですね。
夏野菜も厳しい状況に入ってきました。


さてさて、
再びのサツマイモネタ、3連チャンでもうおなかいっぱい、なんて言わずに見てってちょうだい。
今回は昨日掘った紅はるかと紅まさりについて。

P1120156_縮小
P1120170_縮小

まず紅まさりを掘り上げてしまってから紅はるかに入りました。
パープルスイートと紅まさりは比較的地表の近くにあり掘りやすかったんですが、
紅はるかは今年は深めの位置に芋ができるものがあり、
ヘタに蔓引っ張るとぽきっといういい音がします(大汗
結構慎重に事を運ばなくてはいけなくて大変でした。

P1120157_縮小

やはりいもの数自体は多め、その点だけはかなり優秀だったけど、
やっぱり1個重がかなりやばい(大汗

P1120158_縮小

この葉の量でも芋の太りが悪いので、もっと茂らせる必要性はあるみたい。
今回は草に負けたのと草に栄養を引かれたのが影響してるかな。
とにかく細いものばかり出ていて残念だった。

P1120159_縮小

3畝掘ってもこれでしたからね・・・
例年まともに収量が上がる紅はるかでこれは厳しい・・・
今年の失敗っぷりがすごいわ―

P1120161_縮小

量では少ないけど、まだ使えそうなものが多い紅まさりのほうが優秀だったかも。
まあそこら辺に関しては単純比較ができないので何とも言えないね。
食べてみた感想もあるだろうから、判断はもう少し後で。


P1120160_縮小

残りはあとシルクスイートと安納芋の4畝分だけになった。
これはまた今度の週末にでも掘ることにしまして、今回の土日のいも掘りは終了となります。
掘れば掘っただけだめっぷりが再確認できてしまう芋掘りってきついねぇ(汗
もっとごっそり収穫したいわ―


2017-10-15(Sun)

いも掘りはまずパープルスイートロードから。

今日も芋掘り、全て掘り上げることはできなかったので来週で完了させたいところですね。
天候次第ですが。

さて、
昨日からいも掘りが進んでいまして、昨日は試し掘りをしてからパープルスイートロードをすべて収穫。
実は実は遠路はるばる助っ人が来てくださいましてね、
おかげさんで大分はかどりました。ありがたやありがたや。

P1120136_縮小

意外と浅めに芋があったので掘る作業自体は簡単に進みましたね。
全体的に見てもいもの数は多め、そして小ぶり(汗

P1120137_縮小
P1120138_縮小
P1120139_縮小

そしてこういった悪戯のあと・・・
これはネズミと何やらの獣の複合作業ですね。
ガッツリでかい芋をかじってやがる(泣
結構被害は多かったです。

P1120140_縮小

なんせコンテナ1つに対してのネズミ被害いもの数が、

P1120141_縮小

この量ですからね(泣
しかも奴ら、でかいやつばかり食いやがるたちの悪い輩だわ・・・
ほんと今年はやらかしたなーという感じだ。

P1120149_縮小

まあそんなこんなでとりあえず1日でパープルスイートは終了。
品種が多いので混ざらないように進めていくわけだね。

P1120150_縮小

葉の多い奴からやっていこうと思うので、次は紅はるかにいきます。
さてさてでき具合やいかに。

P1120151_縮小

パープルスイート全量でこれだけになった。
歴代の収量でいくと中間程度かねぇ。
まだまだ精進する余地あり。
来年しっかりやろうと思うわ―


2017-10-14(Sat)

サツマイモ試し掘り事情

どもー
週末農民椎たけ夫です―
いよいよサツマイモ掘りの時期がやってきましたよ。
今年は草負けさせてしまったので正直さっぱりな気分ですけど、
まずはどの品種からいくかの試し掘りをした件について。


P1120128_縮小

草を処理したのでいく分葉っぱが回復していますが、
真ん中付近は掘ってもたぶん何もないような状態だろうな・・・。
葉っぱの多いよさげな所から攻めたほうがいいか、来週に回すべきかで悩んでましたけど、
とにかく全品種を2株ずつ掘ってみて判断。

P1120129_縮小

まずは手前の畝から紅まさり
・・・小ぶり(大汗
ここは草むしりを早くやったので他に比べると平均的に葉っぱがありますけど、
それでもこんなもんらしいですわ・・・

P1120130_縮小

ついでシルクスイート
これは紅まさりに比べるとまし。
また芋の数が意外と多かったですね。

P1120131_縮小

安納芋
これはもうね、想定の範囲内(苦笑
いつも通りというかなんというか、やっぱりだめだった・・・・・

P1120132_縮小

紅はるかも今年はいまいちだ。
やっぱり芋の数自体は多いので、肥大させられなかったのは非常に痛い。
もったいないことばかりだわ―

P1120134_縮小

ラストにパープルスイートロード
正直、安定すぎて怖い(笑
こんな状態でもパープルスイートはなかなかのブツに仕上がるということで、
やっぱり収量を上げるにはこの品種はかなりいいものだと思える。

P1120152_縮小

少ない4品種を集めてみるとこんなもんですよ。
今年の収穫量はやばいことになりそうな予感。
まあ、まだこれを生業にしていないので失敗は許される案件ですがね。
ドカ―っとやってドカ―っと失敗したらシャレにならん・・・・・・


P1120133_縮小

今年の芋を試し掘りして気付いたことは、
まず第一にいもの数が総じて多くついてるってこと。
活着がうまくいって肥大根が多く出たってことだろうけど、
なにが今までと違うかは・・・不明(汗
今年は畑を替えたので土質が影響したんだろうか。
なんにせよこれを普通にできるようになりたいもんだ。

P1120135_縮小

そして初となるネズミの被害
少ないかと思ったけど、1畝かなりやられたところがあったりしてがっかり。
草は茂らせ過ぎると雑草予防だとしてもネズミの隠れ家で被害をもたらす要因になってしまうよう。
ヘアリーベッチは去年もそうだったけど、定期的に踏んで置くのがベストだね。

あとは土質云々でいうところの肌がいいことと、芋が長いってことかな。
これに関しては場所とかのせいもあるだろうからこの畑の特徴かもしれない。


今回の試し掘りで気がついたところはそんなとこ。
いもの数が多いだけに、もっと葉を茂らせることができていれば・・というのが一番こたえる。
あれをやるとこれを失敗するっていうのが悔しいですねぇ。
まあそんなこんなで今日からいも掘りはスタート、結局来週までいも掘りはかかりそうです。


2017-10-13(Fri)

市場の原木椎茸の評価って?

       IMG_2371_縮小

先週研修に行って丸1週間ですね。
ちょうど1週前に市場の研修に行ったんですがね、そこで1つくらいは質問しろと言われていたので、
自分の家で出している原木椎茸について聞いてみたわけですよ。

・原木椎茸は生産量が少なくなってきてますけど、市場の評価ってどんなもんなの?

地元JAでも大田市場との原木椎茸の取引があるので聞いてみたんですが、
意外と市場の評価って高くないようですよ。
というのも、やっぱり生産量が安定しないという点と、
菌床の質が高くなってきているという点でそうでもないということになるらしい。

原木椎茸の方がうまいとかいう巷の評価はありますが、
市場からすればやはり荷物の量が優先事項としてあるみたいですね。
なので原木椎茸はセリというよりも相対評価で価格を先に決めて扱われてるようです。
へ―そうなのか―って感じでした。


もう一つ言われたのが、
椎茸はみんな原木だと思ってる人が多いよってこと。
これは椎茸に限ったことではないですけど、
今の時代作物がどうやってなっているかを正確にわかる人って少なくなってるみたいですね。
なので原木をうたっても普通だと思う人がいるんだそうな。
だから作物に関してはしっかりとどうやって育ってるかを教える必要があるよ、と。
原木もそういうところからやってくといいと思うとのこと。

そんなことで原木椎茸作ってますが、市場に出す意義ってあんまりないよな―と思った次第(汗
それならば市場の分をうまく目に見える範囲で少しでも販売できるようにした方がいいなーと。
それこそ今回の研修で感じた、試食での味覚ダイレクト作戦でどこぞに出向いて売りさばくのは手だ。
市場に出して評価されるものとそうでないものってあるんだなーと思ったのが今回の研修の意義でしょうかねぇ。


2017-10-12(Thu)

喰らう! 薄皮スイートポテトクリームパン

どもー
なんだか週末があっという間に近づいてきた感じもする今日この頃。
日が暮れるのもものすごく速くなったし、冬がすぐそこに迫ってきてますねぇ・・・


さて、
自分のサツマイモ掘りを今週にするか来週にするかの判断を土曜日にするつもりなんですが、
一足お先に巷ではサツマイモの食べ物が出回ってますね。
本日は恒例の薄皮パンシリーズの芋版ですね。

P1110971_縮小

薄皮スイートポテトクリームパン
薄皮シリーズもこれが新しいのかどうかってのがわからないくらいいろいろと出てしまってるので、
自分の記事にヒットするかどうか確認してから投稿ですよ(笑

P1110877_縮小

中にはサツマイモのクリームと角切りのサツマイモが入ってます。
普通に食べるとぼちぼちですけど、意外にもチンして食べると結構おいしくなりますよ。
ここら辺サツマイモの特性って感じなんですかね。

今回の感想として、これはありかな。
期限過ぎ加減で冷蔵したものをチンして食べたら意外にもうまくなったという発見もあったし。
単純にサツマイモが好きってのもあるかもしれんけど―(笑


おまけ

P1110826_縮小

市場の人は安納芋の人気は高いって話してくれましたけど、
やっぱり安納芋は菓子とかに加工しちゃうとボケちゃうのかねぇ・・・
このミルキーはない(大汗
安納芋はやっぱり焼き芋が一番かねぇ。


2017-10-11(Wed)

花の種まき Vol 03

稲刈りや収穫作業などで停滞していた秋まき草花種まき、
本日ようやくすべての種をまき終わりました―

P1110965_縮小

まずはタマシャジンというやつ。
いろいろ見てたらこりゃあ面白い奴じゃーんと手をつけたものの、
どんなもんかは全く分かってない(大汗
フィティウマ・ショイヒツェリというものみたいね。

P1110967_縮小

種は正直今回まいた中で最もやばい奴だった・・・
これを1粒まきではとても対応できんと心が折れたので、

P1120108_縮小

受け皿にばらまきにしておいた。
これは以前にもやったことのある方法なので、たぶんでてくるとは思うけど・・・
それを鉢上げするのが大変なのよね。

P1120122_縮小
P1120123_縮小

ついでフウリンソウカップアンドソーサーミックス
キキョウの仲間ですけど、先にまいたカンパニュラが全く動かないので心配がある・・・
やっぱり発芽しやすい奴の方がリスクが少ないからいいんですよねー
キキョウ類がさっぱりだったらすっぱり手を引きますわ。

P1120100_縮小
P1120101_縮小

ラストは紅花。
これは花というか・・・花か(大汗
切り花とかでなく、あくまで直食料のための栽培という感じですかね。
これは植え傷みがあるらしいのでポットで栽培ですよ。
実際は畑に直播がいいんだろうけど、まく場所がないのでポットで。

P1110098_縮小
P1110099_縮小
P1110100_縮小

実は今年畑にまいては見たんですよね。時期外れだったけど。
でもやっぱり全く発芽しなったので、リベンジということで。
着色料としてだと、いぶりがっこ需要もありそうなんでね、
少しばかり期待を込めたいですわ―


これで秋まきの種まき終了。
あとは育苗して今年はおしまいだな―
これからはポット上げ主体で頑張るけど、置き場所のために育苗ベッド製作もしないといけないね。
まだまだ雪が降るまで忙しいど――


2017-10-10(Tue)

椎茸のホダ木から・・・・

どもー
本日より地元の研修に復帰、1週間ぶりの農場は・・・たいして変わってなかった―(笑
そりゃそうだね、今の時期はもう収穫できるものもなくなり加減だし、
残ってるのは生育途中の秋冬物だからね。
むしろ一番驚いたのがガソリンが5円も高くなってたことだね(汗


さてさて、
稲刈りの終わりそばにある山のホダ木を見てきたんですよ。
今年は山になめこのホダ木があるので、出始めたら毎日確認しに来ないといけなくなるわけで、
その確認と、椎茸の具合も見に行ったんですよ。

椎茸はまだなく、なめこも生えてませんでしたが、
そのかわりに、椎茸のホダ木にあるものが。

P1120094_縮小

あらら、こりゃあエノキだね。
なめこに似てるけどエノキだね。

P1120095_縮小
P1120096_縮小

いつの間にやら椎茸のホダ木がエノキに占領されちまった―
すごい奴らだ。
もう少し生えてれば収集して食べるんですがね、あまりにないもんでこれは食べません。

P1120097_縮小

そのほかにもたぶんウラベニガサ
椎茸のホダ木が死んだあたりに心材利用で出るらしいキノコ。
調べたら食べられるんだね、あのキノコという感じ。
ちょっと古いしナメクジが食った後でした。

P1120098_縮小

もう一つあったのがホコリタケの仲間。
木に生えるホコリタケっぽい奴ってのがわからないので不明キノコ。
ただ、こんなのも椎茸のホダ木に生えてくるもんなのね。


こうしてみると菌の世界ってのはいかに早く陣地をとるかの競争が激しいんだなーと思いますね。
椎茸菌がいなくなったら他に住み込むキノコがいろいろとあるわけで。
菌の世界ってのは目には見えないけれど熾烈ですなぁ(笑


2017-10-09(Mon)

黒豆回収、乾燥入り

どもー
無事稲刈り終わりました――
雨は明日からなんて思ってたんですが、今日になって昼過ぎから降りそうだってことで急ピッチで。
昼過ぎましたけど飯を食わずにガーガー刈り終わりましたよ。
実際2時半くらいにかなり強い通り雨が降りましてね、
この判断がものすごい的確な判断だったな―と。
今年は雨が結構降ったと思ったんですが、意外にも田んぼが乾いててスムーズに終われたのでよかったです。


とまあ一大事業が終わりましてね、あとは畑で残ってるものの収穫片づけ。
今日は黒豆をすべて収集して小屋で乾燥に入りました。

P1120086_縮小

土曜に見に行ったら、数日ぶりなのに葉っぱがない!
こりゃあもう収穫しちまわないといけないねーなんて思いつつ、
稲刈りがあったので手を出せないと思ってましたが、
稲刈りが意外とスムーズに終わったので昨日今日で1品種ずつ収集しました。

P1120105_縮小

畑で引っこ抜いてまとめて縛ります。
最初は畑でまとめて持ってきましたけど、意外と量がかさばって重かったので、
まとめる前に一輪車で畑から持ってきて縛りました。

P1120102_縮小

玉大黒はたけが長かったこともあって高い位置に吊るしました。
ほんとは全部こうしたかったですが、場所がないんですよね・・・
これから小屋には廃ホダが積み込まれてくるので邪魔になってしまいますから。

P1120107_縮小

そんなわけでもう一品種の雁喰物語は、浸水する枠に下げときましたよ。
風が通るのでたぶん大丈夫なはず。

P1120103_縮小

これで豆畑はだいぶ閑散としてしまった。
残ってるのはちょこっとついてる小豆と、

P1120104_縮小

こちらも葉っぱがなくなってしまった蔓ありインゲンですか。
どちらももう少しで撤去、今年の豆栽培はもうすぐ終わりですね。

今年は早まきで勝負して初めてまともな収穫になる黒豆。
ただ、まだ莢の中身がどうなっているか分からないので何とも言えませんがね。
それでもようやくまともに収穫できたのでヨカッタヨカッタ。
やっぱりこの時期に天候が不順続きになる当地では晩成型は無理なんだねぇ。


おまけ。

P1120106_縮小

これが大豆とかで沢山つく根瘤。
これだけで窒素を賄えるらしいって話・・・
実際は根瘤がつく豆の方が持ち出しが多いので、収支はマイナスになってしまうそうだ。
なかなかそううまくはいかないもんなんだね。


2017-10-08(Sun)

今日の畑と稲刈りと

どもー
今日は晴れ、昨日は雨だったこともあって完全休養に当てましたけど、
晴れたので予定通りに稲刈り作業をしてきました。
朝はまだ朝露が残って刈り取れないので、その前に畑の状態を視察。

P1120090_縮小

まず畑に行ってがっかりだったのがこれ。
どこぞの果樹園の台風被害かよ(汗
トマトも終わりなので落果は仕方ありませんが、ここまでひどいとやる気が萎える・・・
イタリアントマトも似たようなものでしたけど、そちらはもう収穫もほぼ終わりなのでそこまでではない感じでした。

P1120088_縮小

がっかりつながりで行くとカリフラワーがこのざま。
うーん素晴らしい造形美だ。
まあ青虫なんざ無農薬でやればこんなもんよ。
1週間見なけりゃこうなって仕方ない。

P1120091_縮小

逆にレタスの隣のブロッコリーはいいんだよねぇ。
コンパニオンプランツの効果発動なのかはわからないけど、
被害が皆無で育ってるのは驚きだった。
レタスもアスパラガスチコリーもほぼ虫なしででかくなってたわ。

P1120092_縮小
P1120093_縮小

そのレタスは朝どりレタスで産直へゴ―
市場の話だと今年はレタスをほ場廃棄しまくってるらしいですね。
今年はレタスやばいらしいわ・・・
その割に産直で買ってもらえるのでありがたいお話だ。

P1120089_縮小
P1120087_縮小

あとはニンジンがまた爆裂露出してるなーとか、
ようやくペペロンチーノのストロンボリが色づいたなーとか。
ぱぱ―っと見て終了してきた。
サツマイモはネズミ穴が少なくなってたので草むしりの効果はあったなーと。


P1120099_縮小

そんでもって稲刈り本日3枚半やって終了。
時間はあるんですが、乾燥機に入れるもみの量を考えて中途半端に終わった―
明日もラスト稲刈りがまっとります。

ちうことで明日も畑仕事はあまりできない感じですが、
稲刈りささっと終われば畑であれこれやっちまいたいですね―
・・・田んぼがズブズブのところがあるからそれは厳しいと思うけど(大汗
明日終わればまたずっと雨らしいし、作業が進まんと困ったもんだねぇ。


2017-10-07(Sat)

研修話。

どもー
本日完全休養、全く家から出ませんでしたわ(笑
もうね、久々のぐだぐだ生活、腰が痛い(汗
十二分にリフレッシュできたかな。


さて、
昨日まで3日間に及ぶ東京研修、さまざまいろんなことについて研修してきましたよ。

P1120071_縮小

まず初日に移動してすぐ東京ビッグサイトへ。
アグロ・イノベーション2017を視察。
いろんな大学、企業、県などの展示を見て説明を聞いてきた。
一人で回ってもそんなに面白いネタはなかったんですけど、
同期の奴と回ると面白い話を聞けたりして、目線が違うんだなーと思った。
ワサビに関するものとか、種を食べるかぼちゃとか面白いものもいくらかありましたね。

P1120074_縮小

2日目は地獄の販売研修。
私は今までこういったバイトなどをした経験が皆無なもんで、
実際客引きをするとか・・・ヤバイヨヤバイヨ―(大汗
4人なので2-2に分かれて販売しましたが、
私の相方が試食を勧めるのがめちゃくちゃうまくてどんどん売れましたね。
やっぱり声出して客引くよりも味覚にダイレクトで訴えるのが効果が高いなーと実感。
持っていったもののうち、傷んだりしてはじいたものを除いてすべて売り切ってきましたよ―
いや―9時間半に及ぶ戦いはきつかった・・・


P1120078_縮小

最後は大田市場と販売研修に行った店のバイヤーさんの講話。
やっぱり市場は広いねー

P1120079_縮小

あまりにも広くて迷子になる人がいるので、屋根に3つのマークがついてるらしい。
カブとタケノコ、ブドウの3つ。
これを目印に集まると間違いはないって話のようでした。

P1120082_縮小

今回はセリが終わった後の時間なので荷は大分さばけてしまった状態。
それでもこれくらい物がある。
というかこれ、明日のセリのために搬入された荷物らしい。
せられたものはどんどん捌かれて入れかわるんだね―
なかにはでかいカボチャもあって、ディズニーのハロウィン用として買われたものもあった。

P1120083_縮小

段になってるのがセリ台ですね。
他にもあってここでガンガン荷物がせられていくわけだ。
野菜は値が上がっていく方式、花は下がっていく方式。
物によってセリも違うんだよねー

P1120084_縮小

中には全く値がついてない荷物もあった。
週末で売れると見込んで出したんだろうけど、気温が下がって人が来なくて売れないってことで、
荷動きが悪くて買い手がつかないんだそうだ。
時によってはこういったこともあり、市場ってのは一般で言う中間管理職的立場のようでした。
これがすごく意外な点でしたね。

P1120080_縮小

市場で熱ーいお話を聞いて、市場限定のコーヒー飲んで時間オーバーで出立し、
その後バイヤーさんのお話も時間オーバーでアセアセしながら新幹線に乗って帰ってきました。
結構強硬な予定で疲れましたね。


こうして3日間に及ぶ東京研修も終了。
個人的に通勤ラッシュに押し込まれたのが一番きつかったかな(笑
よくまあこんなことしてまで仕事に行こうとするもんだって話だわ・・・
都会と田舎の差を感じた3日間だったな。
まあそれ以上にためになった研修だったと思います。


2017-10-06(Fri)

とりあえず無事帰還。

どもー
ついさっき東京での販売研修を終えて無事期待しました。
あれこれと疲れたため報告は明日にするとして、とりあえずの無事帰還を報告しときます。

P1120077_縮小

かなりきつかった店頭販売実習でしたが、どうにか終わりました。
やって思ったことは・・・明日に(笑
いやー結構ね、参考になりましたよ。

P1120085_縮小

東京で最後に撮った写真が銭湯ってのもおかしなことですが(汗
店頭販売実習したところのバイヤーさんのお話を聞いた時に近くにあったもんで。
漫画でしか見たことのないようなものが見れたのは東京の最後のお土産か(笑


ヘロヘロだったので夜歩きもせず健全な研修をしてきましたよ―
明日に内容について報告することにして、本日はお休みなさいまし。
宿で全然寝れてないので非常に眠いでござい。


2017-10-05(Thu)

黒豆は収穫してしまいたいところだ。

 
 ※ 本日研修2日目、店舗販売研修でございます
     たぶん死にもの狂いでやってると思います、(汗

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて本日も予約投稿にて失礼。
本日のネタは黒豆、ついに今回黒豆がまともにできそうな具合になっておりますのよ。

P1110977_縮小
P1110978_縮小

台風前にインゲンなどを片づけた時にはこうだった黒豆、
この時点でも結構いい感じで成熟が進んでおり、

P1110918_縮小
P1110919_縮小

莢がだいぶしっかり膨らんできていました。
葉が黄ばんできていましたので、そろそろ収集乾燥の時期がやってきたな―と見ていたんですが、

P1120036_縮小
P1120037_縮小

先日の日曜日に確認したところ、もうね黄色どころの騒ぎじゃなくなってました(大汗
葉がかなり落葉してましたし、莢も黄ばんで中の豆が黒く見えてきていました。
もうね、さっさと収集していいよって感じですね。

P1120038_縮小

ここまでまともに育ったのは初めてのこと。
今年はまともな黒豆が収穫できて、正月は自家採種豆で煮物でできそうだ――
あとはさっさと収集して乾かすだけですね。

今の時期当地は結構雨が続き湿気るので、さっさと畑から回収してしまいたいんですが、
いかんせん週末農民と化していまでは早速に動けなくて困っとります。
とりあえず販売研修から帰った後の週末にでもやれたらなーとは思うものの、稲刈りも・・・・・
莢から芽が出ないかが心配ですが、もうしばらくはほったらかしにするしかないかねぇ(汗


2017-10-04(Wed)

薄皮巨峰ゼリー入り巨峰クリームパン


※ 出張研修中1日目で―す
        予約投稿です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

P1110775_縮小

当地の葡萄シーズンも後半、というわけで?
薄皮パンシリーズの葡萄版をご紹介。
薄皮巨峰ゼリー入り巨峰クリームパンですよ。

巨峰のクリームだけでなく、ゼリーも入ってるってやつ。
以前のコーヒークリームとゼリーのやつの新しい奴って感じか。

P1110776_縮小

中は巨峰のクリームなので紫。
葡萄の匂いがしっかりしますね。

P1110777_縮小

そのクリームの中に濃いゼリーがありました。
味の方は葡萄の風味がしっかりあってうまいと思いますよ。
コーヒーのやつよりは確実にいい(笑
ただ、やっぱりゼリーはいるかっていう問題がありますかねぇ。
こういうのは十分クリームで食えますから。


正直うまいんだけど、巨峰がいきてるかというとビミョー
ゼリー入れるくらいならもっと濃縮した味わいでもいいなじゃなかろうか。
私は巨峰よりもスチューベンの方が好きだなぁ・・・
いろいろと品種ごとにやって食べ比べてうまい奴を出してくれればいいのに。

2017-10-03(Tue)

東京へ販売研修へ行ってきます。

どもー
相変わらず郵便局のくそっぷりに辟易しております椎たけ夫です―
明日使いたいものが郵便局まで届いていたので引き取れるかどうか確認に行ったんですがね、
本人行ってるのに渡せないと。
時間指定かかってるので明日じゃないと無理だと(日時指定じゃ無く時間指定ね)
いやいや、時間指定は相手の意向じゃなくてさ―、私が指定したわけじゃんかよ。
おまけに本人なわけじゃんかよ。
なぜにそこで時間指定だから無理って・・・・

お前ら午前指定の荷物16時に2回も運んできておいてよく言うわ

こういうときに時間してが―を振りかざされると、
それを2回もやらかしてる手前何言ってんだこいつ状態ですよ。
相手の意向だからウチらは何ともされない、あーもう融通きかねぇ・・・
欲しいものだったんですがもういいです、明日からそれなしで行ってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんながっかり状態ですけども、
明日から東京へ出張、販売の研修へ行ってきますよ――

P1120011_縮小
P1120010_縮小

今私たちが販売するのはこのカリフローレ
カリフラワ―ではなくて、スティックカリフラワーってやつです。
要するに主に軸を食べるカリフラワーね。

P1120012_縮小

非常に大きくなるもんで、30センチ超えるようなものも結構出ます。
この写真ではカリフラワーですけど、ここから花蕾がバラけてくるので、
それをさらにばらして小分けにして袋詰めしたものを販売します。

P1120063_縮小

大量に採ってきてばらばらに。
この作業を昨日からずっとやってました。

P1120062_縮小

茎の部分が長いのがわかるかと。
柔らかく茹でるのではなく、さっと茹でて歯ごたえを楽しむようですね。
試食してみましたけどおいしかったですよ―

P1120065_縮小

これを本日26箱、合計520袋ほど発送。
木曜日に丸1日かけて捌く予定になってます。
正直・・・地獄が待ってるな、と(大汗


ということで明日から2泊3日で東京へ行きますので、
ブログは留守にさせていただきまする。
もし興味のある方、スーパーサカガミ清瀬店でやってますんできてみてくだされ―
でわでわ、いってきますーー



2017-10-02(Mon)

アスパラガスチコリーを始めて早2カ月

今週もはじまりましたね。
週のしょっぱなからもう体力が来てます(苦笑
なんせ昨日寝たのが2時ですよ2時。
寝る前に販売研修で持っていくカリフローレを茹でて食うっていう意味分からんことをしてましたからね。
やっぱりトマトを煮るってのは重労働だってことでした・・・
ちなみに今も煮てます。今週忙しいので今日以外できないので現在進行形で―す(笑


さて、
今年初挑戦したものはいくらかあるんですがね、その中の一つがアスパラガスチコリーですよ。
種をまいて2カ月、定植して1カ月、大分でかくなってきてますよ―

P1110990_縮小
P1110991_縮小

何度か記事になってますが、今まで育てた葉物の中では一番でかいです。
ここまでうまく育つとは思ってもみなかった・・・

P1120039_縮小

出荷始めたレタスと比較してもでかい。
倍くらいの大きさになってます。

P1120040_縮小
P1120041_縮小

ただ、収穫すべきアスパラガスの様なものはまだ見られない。
つまり収穫はまだまだ先ってことですよ。
いま3カ月目に入ってますので、収穫はたぶん11月の頭以降になるかと。
結構じっくり育つ作物みたいです。

P1120015_縮小

ちなみに農場でもチコリーは育ててますが、
こちらは冬場の軟白栽培用のものなので、一度掘り上げるんですよ―
私のものとはまるっきり違う作物ですよ。
チコリーと一口にいってもいろいろあるもんです。


チコリーというと以前やったトレビスのトラウマがあるので、
これがうまく育っても食えるのかどうかが心配なんですけどね、
これだけうまく育つと収穫は期待したくなってしまう(笑
まだもう少し時間はかかるけど、どう変化していくのかはじっくり観察したいところ。

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村