FC2ブログ
2017-12-22(Fri)

みつばを伏せこむ

最近はすっかり農場ネタばかりになってきてしまってますね(汗
何分ネタになるものがないからどうにもならんのですけど。
そんなわけで今日も農場ネタ。
今回はみつばの伏せ込みってやつについて。

切三つ葉

地獄の種まきをして育ったものを畑に定植、
その後秋に掘り出して仮伏せ、それを雪の中から掘り起こしましてね、
傷んだ葉っぱの部分をある程度の長さで切りそろえたのがこれ。
これを床に伏せこんで熱をかけると軟白ミツバができるわけだ。

床

ここが伏せ込み床。
砂の上に燻炭を敷いてます。
もちろん熱をかけるための電熱線が一番下に設置されてるわけだ。

みつば1
みつば2

刈り取りの際に高さに波があるとだめなので、株元をそろえて並べていきます。
これが結構難しい。
最初のところえある程度の長さで切ると書いてますが、
実際伏せこむときにやるとわかるんですが、長さがまちまちだと凸凹しててよろしくないんだよね・・・・・
しっかりそろえて切ること、そして切った後に次の作業がしやすいようにそろえて並べること、
なんでもそうだけど、次のことを考えて作業するってのは重要ですね。

みつば3
みつば4

熱が伝わるように、1列ごとに燻炭を挟みつつすべてを伏せこみまして、
出てくるものが汚れないように土を洗い流したのがこの状態。
ここまできてようやく伏せこみ作業は完了。
結構きれいに並べましたよー

みつば5

最後に不織布とビニールをかけてまずは完了。
年末年始があるのでまだ熱はかけず、もう少しこのままにしておくようです。
本来ならもうすでに収穫し始めてる時期でしょうけどね。
ここでは年末商戦のためというものでもないので、今からですよ。


今年定植した数が結構だったのでさぞ多いかと思ってたんですが、
60メートル畝2本でもこの床に3分の1程度しかなかった。
この床いっぱいにするにはどの程度の量をやればいいことやら・・・・
めちゃくちゃ手間だけど、年末商戦で短い期間でウン十万らしいんだよねぇ。
ほんの少しだったらやってもいいかな、とは思うけど、
ちょっとなぁ…これは大変だわ、と思うミツバ栽培でござんす。


スポンサーサイト



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村