FC2ブログ
2018-03-31(Sat)

植菌5日目

今日も週末植菌作業でございます。
今週末は原木がどうかと思ってたんですけどね、おとといから3日連続で入荷したので楽勝でした。
大量入荷したので今日はフル操業するのかなーと思ったんですけど、
今日もいつも通り昼休み挟んでの作業となりましたよ。

DSCF0785_縮小

大量入荷したのでさすがに私が作業してないときにすべてをハウスに入れることができなかったですね。
私が作業中にすべてハウスに入りましたけどね。
やっぱり2人と3人だと作業できる量が全然違いますなぁ。

DSCF0786_縮小

植菌本数が増えたのでだいぶ入り口に近くなってきました。
それと同時に太い原木も随分とたまってきましたね。
なめこと乾燥用で今年も2万駒くらいやるのかねぇ。

DSCF0787_縮小

植菌数は半分の6500を超えてきました。
ちょうど折り返し地点を3月の終わりに迎えることができました。
毎日350ずつできれば大体4月の20前後に終われそうな感じ。
途切れずにできればなので、早くなる可能性もあればかなり遅れる可能性も。
まだ先は長いので何とも言えないね。

DSCF0788_縮小

下手こくと5月までかかる感じもあったんですがね、
それでもこの量をどうにか4月中に終わらせることができそうでよかった。
もうひと踏ん張りというところ、どうにか頑張ろう。


スポンサーサイト



2018-03-30(Fri)

やらかし2

どもー
ついに本日をもって研修1年目が終了です。
2年目の方たちとはお別れ、記念撮影しておさらばしてきました(笑
まあここが終了してからもちょくちょく来るとは思いますけどね。
これからは一農家として頑張ってもらいたいです。
そう考えると自分たちもあと1年かー
自分の家の仕事プラスで考えてるので、私はほかの人とは違うんだよなぁ。
ま、もう1年あれこれ考えつつ頑張ってみたいと思います。


さて先日やらかしのことで記事にしましたけどね、
今回またやらかしがあったのでネタにしてみたいと思いますよー
ちなみに前のやらかしはこちら ⇒ やらかし

DSCF0755_縮小

前回のやらかしはネギでしたけど、今回も…ネギ(笑
さて何をやらかしているのかといいますと・・・・・

DSCF0756_縮小

お分かりいただけるだろうか?
え?わからない??
じゃあ次。

DSCF0757_縮小

これでわかるでしょうよ。
奥のやつは発芽してません。しかも1つも。
要するに種をまかずに土かけただけ、何もない土が置かれてただけだ(汗
以前のはこぼしたやらかしなので種はまいてますけど、
今回のはそれ以前の問題、何一つまいてないんだからね・・・・
これ以上のやらかしなんて存在しないでしょうよ(笑


これに関しては私らではないということがわかっていたのか、追及はされませんでしたー
種まきして一番怖いのが品種間違いですけど、その次に来るのはこのまきミスでしょうね。
セルトレー1穴くらいのミスならまだしも1列ぬかしも時たま起きたりする。
今回はその最高峰の1枚まんまミスですからねーやらかしにもほどがありました。
やっぱりネギとか細かい種をまくのは用心しないとだめですね。
自分でやるときもかなり気を付けないといけないなーと思った次第。
ちなみに自分はまきミスよりも品種間違いのほうが起きやすい(大汗


おまけ。

DSCF0772_縮小

最初の玉ねぎはこんな感じで林になりました。
すでに低温順応に入っていて雪が溶けてくればすぐにでも定植になります。
管理が行き届くとネギ系の苗も簡単にできるもんなのね。
私のねぎ苗はなぜに大きくなれないのか、ちょっとなぁ(汗


2018-03-29(Thu)

専攻南瓜の種まき

もう来年度がすぐ目の前。
来年度は自分が専攻する作物での仮想経営実証をするんですが、
私は南瓜を2作することになりましたの。
ただ単に畑ではわせるんじゃなく、吊るし栽培ですよ。
なのでハウス栽培、1作で約700株程度の定植、かなりきついことになりそうです。
そのスタートとなる播種作業をしましたよー


DSCF0776_縮小

まず春作で作るのが5品種。
特濃こふき5,6、プリメラ115、恋するマロン、あとは自家採種の種とその元の品種。
元の品種は完全に元の品種ではないですが、代用品なのでほぼ同じかな。
自家採種のものとの比較なのでこれは少なめで自腹ですー
残りの種は仮想経営なので経費ですね。

DSCF0778_縮小

自家採種のものは種子消毒をしていないので、まく前に温湯消毒をしました。
50度くらいのお湯で30分ほど。
これで病気のもとはなくなってるはずらしいけど、まあ自分でまいても大した病気がないから大丈夫なはず。

DSCF0779_縮小

他の種は水に1時間ほど浸して給水してから。
南瓜は普段ただまいてるのでこうすることで発芽が早まるのかどうか気になるところ。

DSCF0781_縮小
DSCF0782_縮小

南瓜の種まきでは最低ラインの大きさの128穴トレーに播種。
ほんとはもう少し大きいやつのほうがいいみたいですがね。
ポット上げするんでこれでもいいだろうということで。
まずあれこれ苗がありすぎて場所がないってのもあるんだけどね(汗


まいたのはいいんだけど、発芽予測が難しくて休日に出てこないといけないかもしれないのがねぇ。
土曜日は植菌で忙しいっての・・・・・
本当は苗テラスでしばらく置いておけたのに、苗が多すぎて別のところになったから管理が面倒に。
これのために片道30分かーめんどい(大汗
どうか明日の帰りまでに動きがあってほしいもんだけど、ちょっと厳しいだろうなぁ・・・・・


2018-03-28(Wed)

スカーレットダンスをようやく収穫

今日も暑かった。
今の時期雪があるのに20度程度まで上がるとは驚きだ。
雪がなかったら一体どれくらいの温度になってることやら・・・・
最高最低の振れ幅でかすぎて体に悪すぎるーー
もちろん植物の管理も大変になりますね。

今日は冬越ししたスティックブロッコリーの収穫の話題。
ハウスで無加温状態でずっと育ってたわけですけどね、やっぱりどこまでも育ちが悪く、今になっての収穫。
植え付けが遅かったのかもしれないし、ただ単にもう少し温度かけるべきだったのかもしれない。

DSCF0766_縮小

これはスカーレットダンスという紫色のスティックタイプのやつ。
ようやくの収穫だけど、一斉に育って収量は多め。

DSCF0764_縮小
DSCF0765_縮小

コンテナで数個分の収穫。
見事な紫だけど、熱を加えると色がなくなるのは紫野菜の宿命(笑
これは去年の4月に研修開始したときにまだ残っていてもらっていったんですが、
結構おいしくて、農場の人にも人気の野菜ですね。
ただ、時間がかかりすぎるので普通のスティックタイプのほうがいいのかもしれないけど。

DSCF0773_縮小

今回あまりにも時間がかかったこともあり、収穫1回で終了。
もったいないので9株ほどプランターに植えておこうかとよさげなところを植えてみた。
根っこがかなりちぎれてしまうので復活には時間がかかると思うけど、
もう2回分くらいは収穫できればいいかなーなんて。
そううまくはいかないかもしれないけどね(汗


こうしてみても冬場無加温ハウスでの栽培は結構厳しい。
ほうれん草もかなり遅れたし、小さいままだったし、これも今になってようやくですからねぇ。
そういうことを考えると冬場はキノコメインで十分かなーなんて思ったりして。
そこらへんはもう1年やって面白そうなのが出たら。
とりあえず研修修了報告会みたいのも終わったし、もう1年あれこれ見てみたいですな。


2018-03-27(Tue)

ついにポット上げ

今日は今年の最高気温を記録。
ハウスの中が暑い暑い。
といってもここらは15度弱、なぜか県北で20度弱まで気温が上がったみたいね。
こっちよりも北が暑いってどうよと思いながら、せかせか作業してました。

DSCF0760_縮小

今日は昨日の続きのポットに土詰め。
大量のポットは何に使うかといえばスイカの接ぎ木のポット上げだね。
いろんな品種があるので、ポットの色も結構多いです。

DSCF0759_縮小

ポット土詰め気があるので作業自体は短時間で進んでいきますが、
いかんせん量が量なだけに2日がかりになってしまいましたわ。

DSCF0761_縮小

今回だけで10000ポット程度でしょうかね。
1ベッドに840ポットおけるんですが、大量すぎて正確にはわからん(大汗
多分2回分くらいの量だと思いますけど、これからコンスタントに8000弱くらいずつ増えていくはず。
接ぎ木作業も容易ではないけれど、このポット上げも容易じゃない…

DSCF0762_縮小
DSCF0763_縮小

肝心の接ぎ木苗はしっかり活着して出来は結構いいみたいですよ。
今年はスイカの苗づくり事業に力を入れるために接ぎ手の新人さんが多く来て大丈夫かと思ったんですが、
指導が行き届いていたみたいでかなり成績はいいみたいです。
クオリティはいいので後は速度の問題でしょうねー
この量をやりつつだと他の作業に手をかけてられなくなっちゃいますんで。


というわけでポット上げも忙しくなりつつ、明日からまた次の接ぎ木作業。
いやー量が多い育苗は時期ずらしていっても大変だわ。
こういうの一人でできる限界値ってどこらへんなのかねぇ。
唐辛子を1500くらい見たことはあるけどーー(笑


2018-03-26(Mon)

凍みた大根の切干の試食結果

どもー
今週で3月も終わり、来週からいよいよ研修2年目に入ります。
参ったねぇ、時間というの早いもんだ。
2年目の方とは今週でお別れ、これからは聞く立場から聞かれる立場になるんだなぁ・・・・
今のうちに聞いとけることは聞いとこう。


さて本日は以前からやろうやろうと思って先延ばしになっていた切干大根の試食。
去年の寒波で大根が凍みてしまったんですけどね、
その大根を干したものが普通のものとどう違うかの比較をしてみようと。
普通のものはあらかた販売したので残りわずか、
この残っている凍み大根切干が大丈夫なら販売しようかと思いましてね、いざ試食でございますよ。

DSCF0758_縮小

切り干し大根の煮物を作るのは手間なので、以前やったことのあるサラダで。
まず20分ほど水でもどして、しっかり水きり、辛子マヨネーズで味付けしたものですよ。
本当なら味をしもわせるためにしばらく置いたほうがいいんですが、今回は即食べてみましたよ。


結果は・・・・


普通にうまかった。
ただ戻しただけだとなんというか普通の大根みたいだった。
聖護院大根であるせいか最初はものすごく甘くて、そのあとに辛味が来る感じ。
味はもう少ししみこまないとだめでしたけど、これは普通にうまい。
やっぱり食べてみてわかるんだけど、普通の細切りのものとはまるで違いますね。
これは今年も生産しようと思ったわ。


今年は肥料のことも習ったので、しっかり肥大させて大量生産したいですね。
習ったのにダメでしただと…笑われちまうな(大汗
作るほうと収益性の計算と今年はしっかり考えてみたいと思います。
よかったらどんどん増やして生産してもいいかもー


2018-03-25(Sun)

植菌4日目

今日は日曜だけど植菌作業に行きましたー
今日は両親がお出かけなので完全に一人で作業。
まあこの作業基本的に一人だから別にいいんだけどね。
休憩で停止しないといけないのがもったいなくて休憩時間は短めで対応してました。

DSCF0748_縮小
DSCF0749_縮小
DSCF0750_縮小

今日の原木はあまりいいものじゃなくて、年寄、または場所的にいいところじゃ無いやつって感じでした。
なんといいますか、感覚的なものかもしれないですが、
木の色が何となく赤茶けた感じ、皮が厚い、こぶが多いなどなどよくないなーという点は多いですよ。
昨日1日で乾いていましたが、こまごましたところで面倒が多かったです…
最後のはカミキリの食害ですね。これも数本あってよろしくはない。


DSCF0751_縮小

それでも自分なりの機械操作で一切無駄な停止時間を作らず作業し続け、
まず10時40分に100本達成。

DSCF0752_縮小

昼休みを挟みつつ14時15分200本

DSCF0753_縮小

休憩(10分)挟んだのに2時間切りで300本、16時22分

DSCF0754_縮小

作業終了が17時40分、本日365本の植菌となりました。
なんということか、最近の2人がかり1日作業でもこの量はなかなか出ないぞ(大汗
やっぱりいかに無駄に停止時間があるかってことだね。
止めないってのはとっても大事だ。


DSCF0746_縮小
DSCF0745_縮小

今日で大台の5000超え、残りはいくつだろうか??
最初のものは植菌してからもう3週間、発菌して白くなりつつあります。
まだ木口には菌は見られないのでもう少ししたらでしょうかね。
これから暑くなる日が出てくるから菌の動きも活発化してくるでしょうけど、
そうなると温度管理であれこれ大変になるなー
地味に作業する本人もきつくなるんだけどね(苦笑
害菌に負けずしっかりとした榾木になってもらいたいもんだわ。
そのためにも残り本数頑張るべー


2018-03-24(Sat)

山菜栽培に手を出してみる

どもー
今日は土曜日なのでいつもの植菌作業、と行きたいところだったんですがね、
昨日おとといと雨だったせいで、到着した原木がずぶぬれ状態。
機械植菌では濡れた原木はできないので乾かす必要があり、
1日フル操業はできそうではないと判断、私の植菌作業は明日に回して本日は代休にしました。
なので今日は家でゴロゴロ休養してました(笑
明日は1人でフル操業になるので体調をよくしておかないとねー


休みとはいえ、まあ作業はいろいろとありましてね、
本日は再び種まきをしてきましたよ。

DSCF0740_縮小

今日の種まきはモミジガサ
ここら辺ではシドゲと訛って言いますが、シドケが別名でポピュラーかな。
もう少ししたらシーズンの山菜ですよ。
今年はついに山菜栽培に着手してしまおうと思っとります。

DSCF0741_縮小

種はこちら。
なんだか見覚えのあるような種だ・・・・・
なぜにここまでウラジロヒゴタイと同じようなミサイル型なんだよーー
あれよりは小さいですけどね、似たような種子になるもんなのね。

DSCF0742_縮小

今回は1袋200粒が2袋で考えていたんですが、
まいてみたら全部で597粒、ほぼ3袋分になった。
最初予想して準備したトレーでは足りなくて追加で種まき。
こういうのってはっきりと何粒じゃないからこうしてオーバーすることもあって準備がしにくい(汗
2袋で3袋分なんてありがたいお話だけどねーー


これは発芽まで乾かさないように管理、定植は畑じゃなくて山を考えてます。
一応昨日の自然薯じゃないけど栽培指針というものがあるので、
それを参考にやってみたいと思ってますが、
いかんせん山菜なので、何もかもが手探りで進めていかないとね。
後々田んぼやめてあいたところにでも植えていけたらいいかなーと思いますが、
そういう面で見て植えっぱなしにできるような山菜はかなり面白いもんだと思ってますよー
タラの芽、こごみ、シオデ・・・・・そういうやあ葉ワサビも山菜みたいなもんか。
需要はあるけど収穫する人がいない、なら栽培。
ちょっとちょっとー夢がある気がするぞー(笑


2018-03-23(Fri)

短形自然薯が届いた。

どもー
今日も1日寒かったですね。
昨日は1日種まきしたので、今日は1日スイカの接ぎ木手伝いでした。
なんというか作業の効率の問題なんでしょうね、今日は結構暇でした(笑
同じ作業でもこうして差が出るってことは・・・・そういうことだ(大汗


さて、今年の植えるものは結構大量にあるんですがね、
今年新たに作付けしてみようかと思い注文したものが届きました。

DSCF0738_縮小
DSCF0739_縮小

短形自然薯ですよ。
長いもの自分の家でやってるので、それの別口。
ただ、自然薯だと長くて収穫が非常に難儀なので短いやつ。
それでも自然薯に変わりはないので収穫が非常に楽しみではある。


栽培方法は一応秋田の栽培指針というやつで長芋のやつがあるし、
栽培している人のサイトもあるので定植まで調べておきますー
むかごでどんどん増やしていけたら面白いなーと思いますね。
芋系は放っておいていいから非常に楽でいいわ。
収穫だけが難儀ですがね。
それも面白いっちゃー面白いんだけど(笑




2018-03-22(Thu)

柑橘も芽吹き

今日はこちらでも雪が降りました。
久方ぶりに結構雪が降りましたけど、すでに雪のシーズンは終わったなーという感じの雪ですね。
ただ、それでも雪ですから寒いです。
陽が出て暑い暑い言ってたのがウソみたいに寒くてガクブルですよ(汗


まあそんな気温の上下動がまだまだ激しい当地ですが、
ベリー系統に続いて柑橘も芽吹きが始まってきているようでした。

DSCF0697_縮小

こちらはハウスの中、加温状態で越冬しているので芽吹きは早くなるもんですけどね、
毎年大体こんな時期に芽吹きが始まってきているので、通常というところでしょうかね。

DSCF0698_縮小
DSCF0699_縮小

今年はカボスだったりレモンだったりの落葉がかなり少なく、
越冬としてはかなりまともにできた感じがしますね。
肥料を多くやったことが功を奏しているのか、はたまた暖かかったからなのかは不明ですが、
スタートダッシュを計れるくらいのかの枚数があるので今年は生育に期待ができるかも。

DSCF0700_縮小
DSCF0701_縮小

実が収穫されたダイダイとかゲンコウは少しばかり葉が落ちたり、葉が丸くなってしまってますね。
これは着果の負荷が多すぎたんだと思ってます。
もう少し実を付けるときの摘果に気を付けないといけないですね。

DSCF0702_縮小

肝心の芽吹きというとこんな感じ。
芽吹いて枝が、というのではなくて、まずは花芽が動き出します。
これはブルーベリーも同じですね。
これが膨らんでくると芽が伸び始めるという感じ。
まず第1段階の目覚めから花芽の肥大ですかね。
あまりにも花がつくと無駄だから取ってしまわないとだめでしょうねー


DSCF0718_縮小

続々と動き出すものが多くなってきていますけれど、
家の小屋の裏手の人工ホダ場はまだこんなに雪がある。
動き出したやつらを外に放置できるようになるにはいったいどのくらいかかるだろうか。
あと1か月以内に雪なくなってるかねぇ・・・・・


2018-03-21(Wed)

ねぎの播種

今日は春分、これから先は昼が長くなっていきますねぇ。
そんな中どうやら大荒れになった地域もあるようで。
こっちのほうがあったかかったかもしれませんね。
ま、そんなときもあるさ。
雪と桜なんて乙じゃないかー(笑


さて今日は祭日なので植菌作業を頑張ってきましてね、
その作業終了後に種まきもしてきました。
本日まいたのは…ネギ!


DSCF0734_縮小
DSCF0705_縮小

今回まいたねぎは4品種。
いつもならこねぎだけだったけど、今年は少しネギを多めにやってみようかと思いましてね、
3品種ほど増やしてみることにしました。
ちなみに増やしたネギ3品種とも太いタイプで土寄せがあまりいらないものですよ。
土寄せはさすがにやってる余裕がないだろうからね(汗

DSCF0709_縮小
DSCF0707_縮小
DSCF0733_縮小

太ネギタイプは農場と同じく2粒まきでまきました。
たまに1粒だったり3粒だったりしてますが、自分のやつだから気にしない気にしないー

DSCF0708_縮小

こねぎは葉ネギタイプなので農場と同じく5粒を目安に。
といってもこれも大きくすると普通のねぎと同じになるんですがね。

DSCF0706_縮小

今回は1品種2枚ずつ合計8枚分まいた。
といってもこの6枚分は日曜日のもの。
実は大和太ネギが予定通り届かなくて、それだけ今日まいた。
残りは3月18日まき、3日ほど差が出てくると思いますね。

DSCF0713_縮小

もっと暖かいところならいいんだけど、薪もなくなり塩梅で暖房が節約されてしまったので、
仕方なく温水暖房の近くで暖をとることに。
まあ発芽要求温度はそこまでじゃないだろうから時間はかかっても出てはくれるはず。
それを見越しての4月が播種時期のものを前倒ししてるわけで(汗


この量でもネギだとそこまで場所取らないんだよねぇ。
4畝あるかなしじゃないかと思ってるけど、さてさてどんなもんかな?
今年も結局畑めちゃくちゃ使いそうな感じの初期播種が始まってますけど、
実のところ今年は全く計画の作成ができてないので、こんな適当にまいて大丈夫か??
注文した分まききれなかったら本末転倒、少し考えてみるべぇ。


DSCF0655_縮小
DSCF0656_縮小

ちなみに農場のねぎ、というか玉ねぎがここまで大きくなった。
すでに葉が3枚目になろうとしています。
生育速度が良すぎだぜっ


2018-03-20(Tue)

芽吹き

今日も接ぎ木、第1陣の接ぎ木が終了しました。
明後日から第2陣接ぎが開始、おまけにその次の次のは種もあるし、てんやわんや。
今日は昨日に引き続きハウスの中で1日過ごしてたんですが・・・・・
すでに日に焼けてしまいましたーー(笑
ハウスの中は30度近い高温、ビニールのせいかどうも光線が強くなる模様。
色白美白に戻ってきてたのにまた日焼けが始まっちまったー
ま、そんなのどうでもいいか(笑


今年の育苗もガンガン進んできていますが、私の鉢物にもついに動きが出始めましたよ。
やっぱり気温が10度以上になってくると自然に目覚めが始まってきますね。

DSCF0693_縮小
DSCF0694_縮小

一番早いのがこのラズベリーのプチルビー
これは毎年のことなんですが、今年もしっかり芽吹いてきています。
ここ数年毎度水切れ症状を起こしての春を迎えているため、
今年はしっかり水管理をして収穫までこぎつけたいところ。

DSCF0695_縮小

それにしてもなかなかがくがくと曲がって伸びるもんなんだねぇ。
まじまじ見ると面白いもんだ。

DSCF0696_縮小

同じ場所で冬越ししたブルーベリーも徐々に芽吹きが始まってきているようです。
今年は部屋での冬越しがないので、去年よりは動き出しは遅いと思いますが、
それでもまだこの雪の中しっかり起きたので良かった。

DSCF0717_縮小

小屋にあるタイベリーも芽吹きだしてます。
ラズベリー系統は目覚めが早そうですね。
どんどん育ってもらいたいですよ。


今年は恐ろしく冷え込んだ日が数日あり、心配な面もあったんですけども
意外としれっと芽吹いてきているのでかなり耐寒性があるもんだなーと思いますね。
まあ直でくらってるわけじゃないからだろうけどねー(汗
蔵出しは4月入ってからだろうから、それまではもう少しだけ待ってもらいましょ。


2018-03-19(Mon)

スイカ接ぎ木始まりました。

ついに本日からスイカの接ぎ木が始まりました。
これからは育苗本格化、まさに戦場と化します。
職員さんもここから3か月はかなりくるらしいですよ(汗
私らは自分たちのことで大忙しですがねーー

DSCF0659_縮小
DSCF0660_縮小

まず台木。
向きをそろえることできれーに発芽します。
ただ、夕顔はそういうのに逆らって発芽するものもあるらしく、たまに向きがどっかいってるのも。

DSCF0719_縮小
DSCF0720_縮小

本日の台木はこんな状態。
詰まってるのでやっぱり中央部分が伸びますね。
こういうのをなくすために位置の取り換えは必須みたいですが、なかなかやる暇がねー
台が長いと座りが悪くなるからよくはないんだけども。

DSCF0657_縮小
DSCF0658_縮小

穂木のほうは縦挿しは種で皮被りがほぼゼロ。
このまき方しただけでここまで違いが出るのかと驚きですよ。

DSCF0722_縮小

今はすでにここまで伸びまして、これをカットして接いでいきます。
一度やったけど、これが結構大変でしたねー


DSCF0723_縮小
DSCF0724_縮小

接ぎ木方法は断根挿し接ぎという方法で、
台木の根っこを結構カットしてそれに接いで挿し木するという感じ。
ただ、この断根方法も人によってはこれくらいからもっと短く、もっと長くと様々。
その違いに関してはどうなのかを試験したわけでないので私にはわかりませんが、
様々議論はありそうな感じですよ。

DSCF0725_縮小
DSCF0726_縮小

接いだ状態がこちらで、これを挿し木した状態で湿度・温度の高いところで管理して活着させます。
農場はこの設備があるのでいいですが、設備がないところではこの管理が一番難しいようですね。
自分は接ぎ木をしようと思いませんので、まあいいんだけど(汗
ちなみにこの挿し木したやつ、どうもバラバラなところを見ると新人さんがやったんじゃないかと思ってますよ。
うまい人はクリップの位置が同じところに来ますからね。
そうすることで挿し木もしやすいし、後の管理も楽ですから。
そこらへんがまだまだですね。これからこれから。


私は接ぎ木の予定がないのでもっぱら今日は種まき要員としてせかせか働いてきました。
私の種まき速度は頼りにされてますんでー(笑
ただ…あまりに没頭しすぎて眼精疲労がすごい(大汗
ちと集中しすぎだね・・・・・


2018-03-18(Sun)

イタリア唐辛子まきましたー

今日は朝は冷え込みましたが、晴れて暖かくなった。
昨日は雪が降ったりしましたが、今日は冷え込んだだけでした。
といってもかなり冷えた感じがありましたねー
だんだん暖かいのに慣れてきたせいか、少しの冷え込みがきついー
なぜか今しもやけ復活し始めたし(大汗


さて本日はついに本年度の種まきを開始しました。
朝の段階でトレーに土詰めて散水して準備しようと思っていたんですが、
この冷え込みでバルブ凍ってしまって散水だけできず。
少し前のがっつり冷えでは凍らなかったのに、なぜに今?とおもいながら、
とりあえず土だけは暖かくしておこうとハウスの中に入れておきました。

DSCF0692_縮小

あれこれまくためにとりあえず128穴トレーを10枚準備。
農場の土からすると詰めにくかったですねぇ。
やっぱり土の質は大事だなーと思います。

DSCF0710_縮小

今日はメインとしてイタリア唐辛子の赤、エトナの種まき。
月曜日に人肌催芽をはじめましたけど、やっぱり温度が一定に保てるわけではないので
いまだ発根はゼロでしたけれども、これ以上たつと種まきが平日になってしまうので今日実施。

DSCF0712_縮小
DSCF0714_縮小

1粒まきで4枚分。
種袋の量では4枚で間に合うかと思ったんですけど、
まき終わってみたら・・・・

DSCF0711_縮小

種が余ったーー
128×4だから512粒、それで残ったから約600粒あることになるかな。
なんやかんやで500株くらいできるかなぁ
ちょっと思った以上にあるな(大汗
ちなみにあまり種は農場でまいて管理してみようかと思います。

DSCF0715_縮小
DSCF0716_縮小

まき終わって覆土して発生舎のあったかいほうに移動。
不織布かけて保温して作業終了。
残念ながらあとは天気次第でハウスの温度が上下するので、発芽時期はいつになるかはわからないですね。
人肌催芽でいくらかでも早くなってくれればいいんだけど。


DSCF0688_縮小
DSCF0689_縮小

農場ピーマン第1弾はすでにポット上げまできています。
自分の唐辛子はこのスピードの半分以下で生育するだろうから、
温度をとれるようなものを早く用意してやらないとだめですね。
温床やるなら電熱線かぁ・・・・
そこら辺のことに関しては来年度結構突き詰めることになるでしょうね。
まず、今年も作物生産が始まりましたよーってところで。


2018-03-17(Sat)

植菌3日目

さあやってきました植菌の土曜日。
植菌始まって早2週間、私が植菌作業したのはそのうち今日で3日目。
本日も一生懸命頑張ってきました。

DSCF0690_縮小

今週は原木が来ないなーなんて話を聞いていたので、
今日小屋に行ってみて原木がなかったら通常作業だなーなんて思ってたんですが、
いざ植菌ハウスを覗くとそこにはたくさんの原木が。
どうやら話を聞いた後にすぐ2回ほど原木が来ていたようです。
そういうこともあってか、ずいぶんと植菌本数は伸びていましたね。

DSCF0691_縮小

今日の開始時に3075カウントしてまして、
自分がやり終えた時には3440まで行きました。
オヤジさんに引き継いだので3500・・・ウームそこまでは無理か。
いずれにせよ今日は400本程度の植菌が完了。
去年からするとだいぶペースはいいですよ。


去年はそもそも原木が足りなくて9000で打ち止めになり、
3月中で4000程度でしたので、今年はかなりペースとしては順調。
去年からは考えられないほど原木がスムーズに来てますからね、
自分が毎日やれれば3月中で7,8000は固いですが、
研修の身、やれるのは土曜日・・・・さてこのペースでだと3月中で5000行けるかな??
明日もやろうかと考えてましたけど、種菌が来てないのでちょっと厳しそう。
ダメならだめで自分の種まきでもしようかなー


2018-03-16(Fri)

糖質制限ご用心?

DSCF0687_縮小

農場では日本農業新聞をとっているので読むことができます。
朝礼の前に少し時間があるのでサーっと流し読みすることが多いんですが、
今日の新聞に糖質制限ご用心なる記事があった。

以前書籍の紹介で糖質制限は危険というものを紹介したんですけど、
今回は研究としての糖質制限ご用心らしい。

どうも若いうちは影響が少ないけど、高齢になると老化が進みやすくなって、
がんや糖尿病の発症が早まる可能性のある物質が多くなるらしいです。
まあまだはっきりとはわかってないらしいですが、マウスではそうしたデータがとれたらしい。
うーんこれは興味深いよね。


なんせ糖尿病のもとは糖質だーというものの、
糖質制限で糖尿病発症のリスクが多くなる可能性が出てきたんだからね。
さてさてこれからどうなるんでしょ??

まだこれが原因になる物質だ、と分かったものではないので
はっきりとこりゃあだめだ、とは言わないですけどねぇ、
一つ糖質制限ってどうなんよという研究結果が出てきましたね。
まあ農業人としては米とか主食がもろに炭水化物だから、糖質制限に関してはうれしいもんじゃないので、
農業新聞がこのネタ持ってきたのは納得できちゃいますね(笑
糖質制限がいいにしろ悪いにしろ、結局は自分がどんだけ食いすぎてんだかって問題じゃないかなー
そんなことを思いつつシュークリームほおばって記事書きました(爆


2018-03-15(Thu)

今日も雪消し雪消しー

今日は暑い。
この雪の中気温はなんと17度を記録。
ハウスの中はガンガン暑くなるし、外にいて作業をしてれば自然と汗が。
いやーついこの間までマイナス10とかだったのにいきなり上方向に振り切ったねぇ(汗
まあ明日は今日より10度くらい下がるみたいだから今日は異常だということだわな。


そんな中本日も4日連続でのハウスの雪消し作業。
昨日ついに除雪機が入ったので自分担当のハウスの雪はかなりなくなりました。

DSCF0678_縮小

やり始める前はこんな風だったんですがねぇ、

DSCF0679_縮小
DSCF0680_縮小

ずっと人力でハウスの外に雪を掻きだし続け、
その量が10トンに迫るんじゃないかと思いながら除雪機を待ちます。
昨日1日除雪機がフル稼働してこんな状態に。

DSCF0681_縮小

凸凹ありますがハウスの中の雪は半分以下になった。
ただ積もった雪でないので除雪機での作業はかなり大変で、
朝から夕方までやってもハウス1つ終わりませんでしたよ・・・・

DSCF0682_縮小

今日は除雪機でできなかった部分を削ってから燻炭をまいて最終の融雪に入った。
特に今日みたいにいい天気で気温が上がったときは燻炭を早くまいて少しでも効果を上げたかったからね。
おかげで夕方には雪がかなり柔らかくなって溶けてくれましたよ。
3月中にはすべて消えてくれるかなぁ。


とりあえず自分担当のところはこれで溶けるのを待つとして、
明日はもう一つのハウスに除雪機が入る予定なので、そっちのお手伝いもしなくてはいけないです。
なんやかんや今週1週間フルで雪消ししてたなぁ・・・・・
雪が降らなくなったというのに除雪で疲労困憊って笑えないよ(大汗


2018-03-14(Wed)

ペペロンチーニは今年は催芽してから。

どもー
今日も1日雪消し作業、除雪機が入ったのでハウスの中は半分以上の雪がなくなりました。
今週3連ちゃん、すでに自分が動かした雪は10トンくらいになったんじゃないかねぇ。
もっといってるか?とにかくヘロヘロになってきた(泣
雪を早くなくさなくてはいけないような栽培はここでは向かないなぁ・・・・


さて、
今年の第1弾の種まきが実はすでに始まっていまして。
今年も一番はペペロンチーニ、今年は赤のみ5袋にしました。

DSCF0675_縮小

あれ?と思うかもしれませんが今年は久しぶりに人肌催芽をしてからまこうと思ってます。
今は毎日ズボンのポケットに仕込んで過ごしていますよ。
後、催芽した後すぐにポットではなく、セルトレーで発芽させてからポット移植で苗づくり。
今年は少しばかり農場の苗づくりが入ってますね。
もちろん人肌催芽なんてことはしませんけどー(笑

DSCF0628_縮小

農場では大規模な装置あるからね。
気温高くできるし、明るいからどんどん芽が出て育ちますよ。

DSCF0652_縮小
DSCF0653_縮小

一番最初のピーマンはすでにこんなになった。
自分でやるときはこんな風にはできないから、いくらでも早くするために何か工夫しないとね。
毎年絶対7月あたりの定植になってるので、今年こそは6月頭にはどうにか…
苗づくりさえ早められれば唐辛子収量も上がるはずですからねー
どうなるかはまだ何とも言えませんけど、とりあえず催芽始めてまっす。


2018-03-13(Tue)

やらかし

どもー
無事申告終わりましたーー
めっちゃ時間かかるかと思ってたんですが、行ってみたら

「収入これくらいね、経費いくら?じゃあはい、パソコンのほうに行って打ち込んでください」

とまあ物の30分ほどで終了。
頑張って経費出しといてよかったーと思いつつ、こんな簡単にチェック無しかよと驚き。
振込用紙もらって税金も納めたし、あー肩の荷が下りた(笑
来年はもっと早くに行っておこうと思った次第。


さて、
種をまいたものがどんどん発芽生育しているんですがね、
その中でちょっとしたトラブルがありました。

DSCF0664_縮小

これね。
一角だけなんだか芽が多い(汗

DSCF0663_縮小

完全にやらかしですね。
このやつは1粒まきなので絶対こうはならないはず。
誰かがこぼしたということですね。

で、絶対まず疑われるのが自分たちなわけで・・・・・
ただ、この時私はトマトの種をまかされていたので関わってないんですよねぇ。
犯人捜しの末、どうやら作業員さんがこぼしたらしい。
ウーム、こういうのは報告しないんだなぁ(汗
うちらはありったけ言われるんだけど(大汗
結局のとこ、とばっちりを食うのはうちらなので、うちらもそうだけどやらかしは報告しないとだめだね。
やらかさないようにするのがベストだけどー
やっちまったもんはしょうがないからね、よく言う「報・連・相」はやっぱり大事って話。


ちなみに・・・

DSCF0665_縮小

他のねぎは順調に生育中でございますよ。
上のは1粒まき、他に1,5粒と2粒まきがあったんですが、
その違いもはっきり分かるのでご紹介。

DSCF0666_縮小

これが2粒まき、1穴から2つ出てきてますね。

DSCF0667_縮小

次いで1,5粒まき。
0.5は何なのかって話ですが、2粒と1粒が交互に来るから1,5らしい。
正確には2・1・1・2・2・1・1・2・2・1・1・2という順番ですね。
展開していくとうまいこと交互になるらしい。
こういうのを考える人ってすごいもんだでー


そんな感じで毎日何かしらやらかしつつも毎日過ごしておりまする。
やらかし頻度は少なくしたいもんですなぁ。
少なくとも自分の栽培管理ではやらかしたくはないー(大汗


2018-03-12(Mon)

今日は雪消し。

朝方は雪が降りましたが、日中は穏やかな天候となった当地。
今日は仕事をスムーズに終わらせ、空いた時間でハウスの雪消し作業をしてきました。
なんせ自分たちの使うハウスがいまだに大量の雪で埋まってますからねー
定植は4月、1か月もないのでさっさとできる限りのことはします。

DSCF0668_縮小

現状こんな感じでございます。
燻炭まいてだいぶ雪の量は減りましたが、それでもまだまだ山積み。
今日はこの雪に埋まってしまったパイプの救出もしました。

DSCF0669_縮小
DSCF0670_縮小

浅いと20センチくらい、一番深いので1メートル程度。
持っていかれ方がすごすぎて、

DSCF0671_縮小

ポキーっとなったものが結構ある。
こうならなくてもひん曲がってしまった物が多く、同じものは使えそうにないですね。
こうなる前に外しておくべきだったな、と。
まあ気づいた時には手遅れってのはよくあるもんだ(汗

DSCF0672_縮小

あとはハウスの下のほうにあるレールの部分もやられてしまうので雪を落とした。
雪の重みでどんどん下に押しつぶされてしまうんですよね。
このいだやった肩の部分と同じ原理です。

DSCF0673_縮小

要するにこういうこと。
外れてひん曲がってしまった物もあって、ここもだいぶ修繕が必要になってました。
まあこのハウス自体結構な年数たってるので、あちこちがたがたなんですがね(大汗

DSCF0674_縮小

すべての雪やったらもうすっかり陽が落ち加減。
午後はずっと雪やって疲れたなぁ・・・


これから定期的に暇を見つけて雪消ししていかないといけないですね。
今になってハウスをどこにするのかまた変更しようとしているので、
どっちのハウスになってもいいように2つのハウスをしっかり雪消ししておこうと思てます。
正直除雪機入れば一番早いんだけどねー(汗
厳しそうならお願いしようかな…


2018-03-11(Sun)

こりゃあベニバナは蒔き直しだな…

今日はぽかぽかいい天気。
絶好のお出かけ日和な感じでしたけど、わたしゃ家にこもって内職。
内職というか申告のやつやってたんですけどーーーー
時間がないんですがね、農場のほうで申告うんたら講義がなかったもんで、
おかげさんで何に手を付ければいいのかさっぱり・・・・
とりあえずとっていたレシートで経費になりそうなもんを片っ端から打ち込んでました。
明日2年目の人から聞いてみて火曜日には申告終わらせたいなぁ。


さて本日は家の中ばかりだったのでまともなネタもないようなもんですが、
朝に収穫しに行ったときに気づいたことでも。

DSCF0644_縮小
DSCF0645_縮小

小屋の雪も上部が溶けてだいぶ明るくなりましてね、
苗ものも明かりが出てきていい状態になってきてます。
ただ、この時期にきてはっきりと状態の悪化がある苗も。

DSCF0646_縮小
DSCF0647_縮小

ベニバナは徐々に悪化してきてましたけど、もうほぼダメだね。
残って2,3株でしょうか。
こりゃあ春に蒔き直し必須ですわ。
多分秋に取り込むまで外で雨に当たりすぎたからでしょうね。
過湿を嫌うので、湿りっぱなしで半年は厳しかった模様。

DSCF0648_縮小

ネモフィラもダメになったものが出てきた。
ここのはそうでもないけど、暖かい場所にあったものはさらにひどかった。
置き場所も難しいね。

それでもまだまだ生きてるものも多数あるし、
これからもう少し暖かくなって明るくなればしっかり育ってきてくれるはず。
そこまでにどれだけ死に絶えてしまうかが問題だけどね。

DSCF0649_縮小

アリウムのカラタビエンセは角を出し始めてましたし、
まだまだ雪は多い中春は少しずつ近づいていますね。
そろそろ春の種まきも始めようかしらー


2018-03-10(Sat)

植菌2日目

今日も引き続き植菌作業をしてきました。
朝方まず収穫作業をして、帰りに植菌ハウスをのぞいてみたら原木が入ってたので準備。
遠くからだとまだ2回しか原木来てないのかと思ったんですが、

DSCF0640_縮小

すでに4列目。
開始時には1480だったので、先週から900ほど進んだみたいです。
この数から分かったのが原木が3回入ったということ。

DSCF0641_縮小

数回入ってるので、原木の質とかにも違いがあります。
この白っぽいのが伐りたて、茶色いのは少し経ったものでしょうね。
伐りたて原木は要するに生の木ですから、本来はすぐ植菌しないほうがいいんでしょうけどねー
ま、ここらへんだとこういうのが当たり前ですから、そこらへんは技術でしょうな。

本日はいつもの封ろうノズルつまりが起きたりしましたけども、
何とか1800本まではこぎつけました。
明日も少しやって2000以上まで行こうか悩んでますが、
切干の袋詰めとか紫芋の粉作りとか、おかず作りとか、豆の選別・・・・

Oh・・・課題山積み

今年は今のところ原木の入荷がスムーズに来てるので、
やれるときにやっといて少しでも負担を減らしてやりたいとこだけども・・・
ウーム自分のこともいろいろありすぎて困った。
まあとりあえず明日は自分のことやって来週以降にしとこうかな。
休日が忙しすぎて泣けるー


おまけ。

DSCF0642_縮小

本日はこんなもん食って頑張った。
粒あんグッディは当地の人しかわからんかもねー
それのトースト版が安かったので買ってきてみた。

DSCF0643_縮小

中身は粒あんとマーガリン。
通常のアベックトーストはジャムとマーガリン、これはその粒あんグッディ版だから粒あん。
ただ…量がすくねぇ(汗
これ食うなら普通の粒あんグッディのほうがいいかもしんねぇ。
とりあえずうまいんだけどねー


2018-03-09(Fri)

スイカの種をまきました

今日はあいにくの雨でしたが、
ハウスで昨日準備しておいたスイカ台木及び穂木の種まきを1日中やってました。

DSCF0637_縮小
DSCF0636_縮小

スイカの種まきは去年まではセルトレーにばらーっと穴に無期関係なくまいてましたけど、
今年は去年の最後に実験した差し込み方式ですべてやるみたいですね。
これによって発芽後の双葉に種がくっついてくることがかなり軽減されるらしい
手間はかかるけどのちの生育に影響ありますからね、このほうがいいと踏んだみたい。
めちゃくちゃめんどいんですけど、やはりコツをつかんだ私はなぜか一番早い(笑
やっぱり細かい作業は大得意だわな。

DSCF0638_縮小
DSCF0639_縮小

ハウス自体もあったかくしてますが、トレーを置くベッドは温湯管が入っていて結構暖かい。
トンネルしてるので内部は30度近くになりますね。
これで数日置いておけば芽が出てくるはず。

DSCF0635_縮小

ちなみに先週まいたものは昨日の時点で芽が出始め、

DSCF0633_縮小
DSCF0634_縮小

今日はこうなった。
時間ごとにぼこぼこと出てきて葉が展開してくるから面白い。
やっぱり大体1週間程度が目安でしょうかね。
この出たものに今日まいた穂木を接ぐわけですねぇ。
さてしっかり出てくれるかな??


というわけで来週からいよいよ接ぎ木が始まります。
私らは接ぎ木には直で関わることはないと思いますけど、数万本単位だから手伝いは必須。
第1弾から3000本クラス、おそロシアおそロシア
このペースだと3月もあっという間だ。
早く次の新人さん来て大量の種まきをまかせてしまいたいー(笑


2018-03-08(Thu)

種子消毒をした。

本日は種子消毒ってのを体験してきました。
種子消毒って種をまくときに、種に色がついてることがありますが、
消毒の薬剤をまとわせて色付けしたやつになるわけだね。
大体がキャプタンチウラムですね。
他にもいろいろと種子消毒の薬剤はありますが、今回はチウラムでの種子消毒でした。

DSCF0629_縮小

今回の薬剤名はベンレート
チウラムとベノミルが有効成分みたいですね。
今回の種子消毒はスイカ(台木)なので、効果のあるものは菌核病・炭疽病・つる枯れ病の3つみたいね。
この病気みてもわかるように殺菌剤ですね。

DSCF0630_縮小

袋に種入れて重さを計って薬剤の量を決めてしっかり混ぜます。
この時少し種に水分があるとよくくっつくので、少しだけ水をかけてます。

DSCF0632_縮小
DSCF0631_縮小

こちらが種子消毒をしたスイカ台木、つまりは夕顔です。
まとっているので少しグレーがかってます。
これを明日まくことになりますの。


種子消毒なんて購入種子以外でやることなんてないと思ってたんですが、
意外と自分でも簡単にできてしまうもんなのねー
農薬なので、使い方はしっかりしないといけませんがね。
そういうこと書くと無農薬どうこうって結構難しくなると思うんだけど、どうなのーー



2018-03-07(Wed)

苗順調に発芽生育中

相変わらずいろいろと種まきが進んでおります。
本日もトマトの台木・穂木、ナスの台木の種まきがありました。
やっぱり私の種まき速度は異常に早いらしく、他の2倍くらいやってる模様(汗
特に細かいものは大得意ですが、今始まっているスイカ台木の夕顔はあまり得意じゃない…
多分向き調整があるからでしょうねぇ、
いくら種まき得意とはいえ、好き嫌いはあるんですぜ(笑


さてその種まきをしたもの、始めのほうのものは順調に生育してきていますよ。

DSCF0622_縮小
DSCF0623_縮小

玉ねぎはすでに折りたたんだ芽が一本に立ち上がってきました。
発芽率もなかなかのもの、極端にやらかしたものはなさそうでよかったです。
来月には出荷が始まりますね。

DSCF0625_縮小
DSCF0624_縮小

一方こちらは発芽させるための設備に入っているナス科の苗。
上はトマト台木、下はピーマンです。
トマトのほうは私が一人でまいたもの、ピーマンは3人でまいたもの。
どちらもぐいぐい育ってます。
やっぱり気温と光量、二酸化炭素量まできっちり設定できれば簡単に育ちますね。
トマトはやや徒長気味かもしれないけど。

明日はスイカ台木まき準備が再び、穂木の種まきもあるかな?
スイカの穂木まきも結構な面倒くささ、やりたくはない(汗
まあそんなわけで現在種まきに発芽・生育どんどん苗ものが増えてきておりまする。
雪だらけだけど、苗づくりは進んでますよーー

2018-03-06(Tue)

ハウス雪消し始まりました。

どもー
今日は晴れてみたり曇ったり雪降ったりところころと天候が変化しました。
こういう時は苗の管理が難しくなるので厄介ですね。
晴れて暑くなってきたーとハウス調整してすぐ雪が…なんて勘弁してほしいもんだよねぇ。
本気で苗作って販売するような場合はそうやっていちいち天候などに左右されるので気が気でなくなるんだよね。
農場の職員が育苗期に目が死んで来るってのがわかる(大汗


さてそんなころころ変わる春の天候になってきた当地、
雪の量もそろそろ穏やかになるだろうということで、ついにハウスの雪消しが始まりました。
4月上旬までにはハウスの準備ができてないといけませんからねぇ。
大量の雪をいかに効率よく消せるかが問題。

DSCF0619_縮小

消すところはハウスの骨組みだけのところだけ。
燻炭まいて消雪する方法から。

DSCF0620_縮小

この間まいた時よりも薄ーく薄く。
これで効率よく雪が消えてきてくれるはずというところか。
あとは太陽がいかに出てくれるかでしょうね。

DSCF0621_縮小

まあいかんせん量が量。
しかもハウスの中は除雪機で飛ばした重い塊だから溶けるのも楽じゃない。
この燻炭だけでなく、自分たちで切れ目入れたりして早く溶けるようにしないとね。
自分の定植予定日が4月18くらいだから…結構キツキツ(大汗

DSCF0595_縮小

隣のアスパラ菜を片付けたハウスはすでに準備万端で苗待ちというところ。
こうして常設ハウスだと雪消しの必要ないからいいんだけどねぇ。
常設なら常設で結構雪との戦いがひどいから当地でのハウスは常に大変なわけよ。


結局冬場の栽培でハウスは必要だけど、どっちをとっても雪がネック。
ビニール張りっぱなしで雪と戦うのと、ビニールはいで雪と戦うのとどちらがいいか。
んーー・・・どちらを選んでも雪キビシーー


2018-03-05(Mon)

ババヘラ味のうまい棒のようなもの

今日は1日雨でした。
雪はガンガン解けています。
ただこれからまた雪が降りそうですけどねー、いかばかり降るだろうか。

今日はちょっと面白いものを食べたのでご報告。

DSCF0609_縮小

皆さんババヘラって知ってますかね?
当地秋田ではみんな知ってるものですが、アイスですね。
確かケンミンショーだかでもやったことあったかと思ったけど、
とにかく夏場に道端で普通に売ってるアイスのことですよ。
詳しくはこちら参照⇒ババヘラ wiki

今回はそのババヘラ味のうまい棒のようなもんが発見されましてね、実食でございまする。

DSCF0610_縮小

やっぱりババヘラだけあってこれは秋田限定らしい。
これはレアだ(笑

DSCF0611_縮小

中身はまんまうまい棒のフォルム。
周りにババヘラ風味の粉がついてますね。
ぱっと見はうまい棒のコーンポタージュとかそんな感じに見える。
食べると…なるほど、ババヘラだ(笑
やっぱりこの味は作り出すのが簡単なのかもしれないね。
これだといろんなものでババヘラ味ができてしまうなー
商品化急げーーー


…とはいえ秋田県以外ではあまりなじみのないものなので味を伝えるのが難しいね。
味としてはバナナ香料を使っているのでバナナ風味がありますね。
ババヘラというと黄色のバナナ、ピンクの苺と2色で構成されているので、
今回苺のほうがなかったのは残念。
どうせならうまい棒フォルムのところをツートンカラーにすればよかったのになーと思う。
いまいちババヘラを生かしきれてないですなあ。
本来のアイスとしてはモナカとかキャンディーとしてうまくできてるだけに、
この商品はもう一ひねりしてほしいもんだでー


2018-03-04(Sun)

黒平豆の選別を始める。

今日もいい天気でしたが、徐々に天候は悪化してきています。
ただ、いい天気が続いたおかげでかなり雪が溶けました。
こうなってくると積み上げた雪が崩れる恐れがあるため、今はこれらを崩す作業が各地で行われていますよ。
雪崩ってなにも山だけで起きるもんじゃないんだよなぁ・・・・・


さて本日はようやく重い腰を上げて黒豆選別に入りました。
まずは黒平豆の雁喰物語から。
まったくここ最近ずっとさぼってたので一向に進んでなくてマイッタでー

DSCF0612_縮小

黒平豆はまともなものが多めなので選別は楽。
なんせまだ豆が大きいからねぇ。
たまに虫が入ってそうなものとかありますが、基本9割くらいは大丈夫そう。

DSCF0613_縮小

今日は全体の4割くらいでしたけど、それではじきはこれだけ。
最初に選別しながら殻剥いてたから余計だね。

DSCF0614_縮小

選別したものを入れる袋を小さめで選んだんですが、
そんなわけであっという間に袋がパンパンになってしまった(汗
意外と量はあったんだねぇ。

DSCF0615_縮小
DSCF0616_縮小

今日はそのほかにも用事があったので中途半端に終わってしまったけど、
選別したものは最後にタオルで磨きを入れておいた。
これ、意外に見栄えがすごくよくなりますよ。
特に小豆のつやつや加減はすごいことになりますー
黒豆はブルームがあるものはあまりお勧めしないけど、黒平豆はブルームがないので磨いといた。
結構つやつやになってくれたので良かったです。


選別ペースで言うと黒豆選別はあっという間に終わりそうでした。
さっさと黒豆終わって本題の小豆をどうにかしてしまわないことにはね。
そろそろ自分の種まきとかも始めないといけないし、あまりタラタラしてられないわ・・・・


2018-03-03(Sat)

2018年度の植菌作業

今日は昨日と打って変わって晴れの穏やかな1日。
台風一過とはよく言ったものだけど、昨日のは台風じゃないんだけどねぇ(大汗
ぶっちゃけああいうもののほうが台風よりはるかに怖いわ・・・・


さて、本日は家のお仕事なんですがね、
いつも通りの榾木の仕事…ではなくついにあの作業開始ですよ。
タイトルにもなってるけど、今年の植菌作業が開始となりました。

DSCF0607_縮小

まだ始まったばかり、今日で2日目だそうですが、
昨日はほぼ試験操業だったので実質本格操業は今日から。
私ができる日数ってかなり限られてますけど、今日1日頑張ってきましたよ。
この量で500本になります。

DSCF0608_縮小

500本植菌して残っているのがこの程度。
多分あと150ちょいくらいでしょうかね。
今の時期は雪まみれで来ることが多いので、乾かすのが難儀。
今日のような天気だと乾きやすくて非常に助かりますー


まだまだ始まったばかりなので先は非常に長いです。
原木もまだ1回しか来てないのでこれから先の入荷次第で4月終わりまでかかってしまうかも。
今年の植菌作業はめちゃくちゃ大変ですが、ついにスタートを切りました。


2018-03-02(Fri)

ホワイトアウトで恐ろしい

本日は夜中から大荒れでしたねぇ。
私はわからなかったですが停電もあったようで。
とにかく風・風・風。
こんなに吹き荒れたのはハウスが飛ばされた時以来じゃなかろうか。

まあそんなわけで、今日の出勤時には死を覚悟するようなホワイトアウトに遭遇しちゃいましてね、
家から横手市内まではどうにか前が見える状態だったので良かったんですよ。
これなら楽勝じゃん、と。
ところが市内を抜けてだだっ広い平野部に入った瞬間そこはもう真っ白
車を運転していてあそこまでのホワイトアウトに遭遇したことはなかったので、
正直心臓がキュッとなった(大汗
あ、初恋とかなじゃないよ。
どっちかといえば不整脈ね(爆

ホワイトアウトってのは恐ろしいもんですよ。
ライトつけてようが何しようがほんの2メートル先も何があるかわからないから。
かろうじてわかる除雪用ポールを頼りに対向車線にはみ出ないようにたらたら運転して
どうにかこうにか農場まで行きましたわ・・・・
途中何度止まってしまおうかと思ったことか。
もう二度とこんな時に運転はしたくない。


案の定別の道では玉突き事故が起きて遅れた人もいたりして、
こういう時はまさに出歩かないことが吉でしたね。
こっちでは学校を臨時休校にしたみたいですし。
あのホワイトアウトを経験するとその判断は賢明だと思いました。
まあそれでも出歩いて死者が出てるニュースもありますからねぇ。
特に某NHKのやつはねぇ、アフォとしか言いようがないですわ。
救助に行った方のご冥福をお祈りしますよ・・・・・
ほんと猛吹雪の時は出歩かない、これ鉄則!


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村