FC2ブログ
2018-04-30(Mon)

最速のカボチャ定植。

今日も晴れて気温上昇。
昨日も実は夏日だったらしく、2日続けての夏日。
そんなわけで、

DSCF6046_縮小

昨日咲いてた桜、葉桜になってましたーー
早すぎるわっ
パッと咲いてぱっと過ぎた感じですね。
楽しめる時間が少なすぎでしょ(大汗
そんなわけで横手の桜は終わりかげんです。


さて昨日畑掘りまして、本日早速定植。
こんなに早く定植するのは初めてのことですね。
まあ農場で植えた残りの株ですからもう限界値が来てますんですね。

DSCF6050_縮小

農場では立栽培なので、自分の畑では2本仕立てをやってみることに。
という過去のカボチャの本質を探るべく、1本仕立てとこの2本仕立て、
そしてキュウリネット使った立体と今年は3つの方法でやってみます。
まずこの残り苗は2本仕立てのための定植で。
畑の端っこに16株定植。

DSCF6052_縮小
DSCF6051_縮小

畝間300、株間が50です。
伸びていくほうに若干畝を傾斜させてます。
これで逆方向に伸びてきたらそいつはひねくれもんだ(笑

肥料はいつも通りの油粕とカキ殻石灰。
毎度油粕しっかりやっても育ちが悪いので、今回はうまく使えるようになるのを促進するために、
フィッシュアミノという液肥のようなもんをかん水しておきました。
これでダメなら畑作りからやり直しですな…

DSCF6047_縮小
DSCF6048_縮小

定植のほかに、家で育てるかぼちゃの種まき。
自家採種した種を120ポットまいといた。
まいたものは温度をとるために、育苗ベッドのトンネルの中に。
狙い通りの設計なので、育苗箱が3列すっぽり。
これは気持ちいい(笑

DSCF6053_縮小

あとは農場でまいた残り種を温度かからない場所でじっくり芽出ししたもののポット上げ。
今日定植した苗と同じ日にまいたものなのにこれだけ差が出るんですからね。
それくらい生育には温度が必要ってことだね。


明日以降も温度は下がりすぎることはないようなのでこのままでも大丈夫だと思いますが、
もし霜注意報が出たらべた掛けでもして回避でしょうかね。
最速過ぎてまだいろいろと対処が必要っぽいので気が抜けませんな。
この南瓜のポテンシャルをしっかり発揮させることができるように管理したいですねー


ちなみに・・・

DSCF6039_縮小

農場かぼちゃの本日。
伸びだしてしまったーー
支柱建てと脇芽かきが必須になってきてしまった。
明日以降作業がカオスだ・・・・・


スポンサーサイト



2018-04-29(Sun)

2018年度畑始動!

どもー
今日は暑くなりましたよ。
夏日一歩手前、24,8度だったようです。
ゴールデンウイークというとなぜか毎度アホみたいに暑くなることが多いので恒例行事のようなもんですがね、
4月中にこうなるのはちょっと勘弁ですねぇ。

DSCF6030_縮小

横手の桜は散り初めでした。
今の連休中はまだ見れますが、この後の4連休までは持ちませんね。
山内だとまだ何とかなるかな??
まあここらだと連休に見ごろが来るので、観光にはいいのかもしれませんね。


さて、
そんな暑い中ですが、ついに本年度の畑作業が始動しましたーー
1年ぶりのトラクター運転ですぜ。

DSCF6016_縮小
DSCF6017_縮小

まずは畑の片づけからですよ。
畑に残っていたキャベツとかレタス、アスパラガスチコリーなんかを撤去。
この間収穫したごぼうの残りもすべて収穫。
意外に大きくなって食べられそうでもうけたー
自分のおかずに使うし、家で食べる分にも利用ですね。
ふと向こうを見るとなめこにシェードがかけられてました。

DSCF6034_縮小
DSCF6035_縮小

今年の出来は結構いいかなーと。
毎度曲がったり凸凹だったりするんですが、
今年は結構まっすぐに掘れたような気がします。
といってもこうなったのは後半からなんですがね(大汗
やっぱりまだまだ力量はありません。


明日も農場は休みなので、早速定植作業をしたいと思ってますよ。
あの農場で植えた残りの株が大量にありますからねー
それとかぼちゃの種まきもしとかないといけないし、始まるととたんに忙しくなりますね。
これから先は時間を無駄にしない生活をしないとね。
イヒヒ・・・パニック発生するぜっ


2018-04-28(Sat)

第1回山の椎茸収穫

さて連休だ。
大型連休という名の仕事日和だ(笑
晴れが多そうなので、作業はどんどんできそうな気がしますね。

今日は家のお仕事メインでしたが、
時期的に来てると思ったので山に行ってみることにしましたよ。

DSCF6011_縮小

山はほぼ雪がなくなっていて、椎茸の発生が始まってました。
やはりここら辺ではゴールデンウイークが目安になりますね。

DSCF6010_縮小
DSCF6009_縮小

最近晴れ続きでしたので、キノコは結構な乾き具合。
これはこれでいいんですよね。
このひび割れ感が外の自然子だーっていうのを物語ってます。
このサイズだと生販売もできそうな感じがしますが、乾燥かどうかはオヤジさん判断かな。

DSCF6015_縮小
DSCF6014_縮小

今日は初収穫だったのでさほどの量はなかったです。
でも1カゴ半ほどあったので収量としてはまずまずかな。
一度ざっと雨が降れば発生は促進されると思いますけど、
ここ数年は山のキノコの量がそんなでもないので、大量発生は期待しない(汗

DSCF6012_縮小
DSCF6013_縮小

気温がぐいぐい来てるので、山でも収穫シーズンが始まりました。
キノコの収穫してよく見てるとシダ植物もそこかしこに。
ゼンマイが数本あったけどこの量じゃどうにもならないので、来週あたりに来ればいい感じかも。
まさに旬がやってきましたねー



2018-04-27(Fri)

定植1週間。

今日は天気回復して暑くなった。
暑くなるとハウス管理が大変で困る。
もう少しすればハウスは開けっ放しでいいんだけど、そこまでが面倒だーー

さて、専攻かぼちゃも定植して1週間がたってしまった。
植えてからの1週間は水やりとトンネルかけたり外したりするだけで特に何もなく…
ただ、温度があるのでぐいぐい大きくなるのはよくわかります。

DSCF0980_縮小

現状はこんな状態です。
まだジャングルにはなってません(笑
トンネルはもう少ししたら完全撤去、支柱設置に移りますよ。

DSCF0979_縮小

すでに蕾も出てきたし、脇芽もちらほら。
まだハウスに風をガンガン入れるわけにいかないので、温度は常に30度以上みたいな感じ。
そうなるとよくはないんだけど、今週はどうにもならんかったー
ちなみにかぼちゃの生育適温は20度~25度程度ですよ。

DSCF0992_縮小

暑すぎてこんなのも出てきてしまうんですがね、とりあえず涼しくなれば復活してます。
かぼちゃはかなり強いですからね。
ただストレスになるのでこういうのはよくないけども。

DSCF0985_縮小
DSCF0984_縮小
DSCF0983_縮小
DSCF0982_縮小
DSCF0981_縮小

それぞれの生育の状況はこんな感じ。
特に特濃こふきの生育がすごい。
今の感じだと肥料分は結構抑えたほうがいい感じだと思った。
生育の良さの順で行くと、
①特濃こふき②プリメラ③飛騨南瓜④自家採種ロング⑤恋するマロン
という感じでしょうかね。
1週間ですけど、品種間の差ってのはいろいろと見えてきましたね。

DSCF0986_縮小
DSCF0987_縮小

長い南瓜の系統は葉柄が長くて這う感じで広がりますね。
上が飛騨南瓜、下が自家採種ですよ。
同じ長い南瓜ですけど、飛騨南瓜のほうが若干葉柄が長めですね。

DSCF0988_縮小

対して特濃こふきは立性。
上にー上にーと育ってきていますよ。
これらを吊るした際にはどちらのほうがいいのかはまだわかりませんけど、
いろんな品種を一度に育てると、特徴が比較できていいですね。


まだたかだか1週間ですが、いろいろと変化は起きてきていますよ。
この1週間はのんびりできましたけど、来週以降は忙しくなってくるでしょうね。
段取り良くスピーディーに作業ができるように頑張らないとね。
この感じだと生育は待ってはくれないぜっ。
連休突入だけど、明日も張り切って朝出勤だーい。



2018-04-26(Thu)

育苗ベッド外に出したら温度がやばい。

ついに育苗ベッドを外に搬出。
すでにもう4月の終わりだってんですが、温度をとるために使います。

DSCF0973_縮小

相変わらずの定位置に。
ほんと簡易なビニールをやってるんですけどね、日中の中の温度はやばい。

DSCF0950_縮小

最高温度が50度振り切ってます。
最低が7度くらいなので、気温差が40数度も・・・・・
温度は一定がいいんですが、今の時期だと難しいねぇ。
ちなみに一時的ならこんなとんでもない温度でも大丈夫なようですね。
あまり推奨はできないけどー

DSCF0972_縮小

そんな温度とは言ってもいまだに唐辛子の発芽がない・・・・・
今年はまじめに唐辛子無理っぽいわー
農場でまいた残り種のほうが早く出ので、そちら数株だけでも育てようかな。
まったく夏野菜育てるのは苦労するぜー


最低でも5月前に出なかったら育苗はやめようかと思っとります。
他にもまきたいものはたくさんあるしね。
特にかぼちゃとか豆類とか待ってはくれないよー
この先は暖かいから出てくることを祈りたいけど、ダメならだめで見限ろう。


2018-04-25(Wed)

スダチシロップからのマーマレード

去年スダチを砂糖まみれにしてシロップを作ったわけですよ。
液体部分はヨーグルトとともに食べていきだいぶ量が減ったので、
残っていた皮の部分をマーマレードにしてみてはどうかとやってみたんですよ。

DSCF0968_縮小

シロップにしたものすべてをミキシング。
あらかたこなれたところで砂糖投入してさらに煮ます。
シロップにしたものだから結構砂糖使ったものにさらにってのはどうかと思ったけど、
肝心のシロップ部分が少なくなってたので足してみました。

DSCF0969_縮小

結構アクが強い。
本来こういうのはあく抜きしてからやるべきものでしょうからねぇ。
今までにないくらいアクが出た。

DSCF0970_縮小

もともとできたものを加工したので煮詰め時間はさほどなくて済んだ。
量としては600グラムとかそこらへんでしょうかね。
今度はこれを使ってヨーグルトを食べていきます。

DSCF0977_縮小

見た目自体は悪くないけど、味のほうは結構な苦み(大汗
やっぱりアクが強いのか、スダチの皮が苦いのかはわからんけど、
さわやかな感じでもなくひたすら苦みがある感じ。
まあ砂糖漬けしていいもん抜けたカスみたいなもんだったでしょうからね。
食感も堅いし、再利用はやめたほうがよかった・・・・


こういうのを作るときは生のものを加工したほうがいいのかも。
マーマレードはちょっとまだ私の力量では難しいようだ。
今年また何か収穫できたらやってみてもいいけど、
ジャムはとりあえずブルーベリーだけでいいかな(汗


2018-04-24(Tue)

越冬ごぼう

これは日曜のこと。
今年のサツマイモ植えるスペースに関して計測しつつ畑で採りのことしてたものを見て回っていると、
なにやら高畝にしたごぼうのところに芽が出てきていましてね。

DSCF0965_縮小

確かにごぼうは大きくなりきれなかったこともあって、間に合わずに収穫できなかったんですが、
それが越冬して芽を出し始めていたようです。
植えっぱなしでも普通に生きてたんだなーと感心した。

DSCF0966_縮小

端のものを1つ抜いてみたんですが、思いのほか抜けない。
必死こいて土を掘り起こして抜いたら意外にでかかった。
おまけにまっすぐ育ってましたしね。

DSCF0967_縮小

大体30センチ程度のサイズ。
大浦太ごぼうからすればまだまだ小さいサイズですがね、
それでもこれは立派に育ったと思いますよ。
意外な食糧調達となりました。


これはあとできんぴらにするか炒め物にするか、はたまたレシピ調べておかしなもん作るか。
まだ1本だけしかほってないので、畑を掘る前にすべて収穫しないとね。
ごぼうも貴重なおかずの材料、それが思いがけず手に入ってラッキー
この超高畝だとここでもできそうなので、今年も残り種でこれをやろうかなーと思った次第。


2018-04-23(Mon)

始まった南瓜栽培

今日は曇り、これから天気は下り坂ですね。
風が強くてだいぶ寒かったです。
桜からすると開花が少しばかり長引くことになるかもね。
どこまで連休に引っ張れるもんかな??

さて農場ではついに今年の専攻作物の定植が完了しました。
なんやかんやで私が一番先に定植、今週中に2人定植になるのかな?
一足先にスタートを切ったので、ここ数日朝早くに出かけないといけなくて大変だ。

DSCF0935_縮小

定植するといっても一筋縄じゃいかない。
まず肥料振って耕起、そのあとマルチ張って穴をあけて水入れて薬ふってからの定植。
実のところ、資材注文が遅れたせいもあって作業が半日ずつずれたわけで・・・
この写真では穴をあけて水やって薬入れたところまでです。
これから半日で定植してトンネルかけまで。
正直これは絶望的だと思いました(汗

DSCF0936_縮小
DSCF0937_縮小

ちなみに今回の薬はこれ。
ダントツです。
アブラムシ対策の植穴処理ってやつ。
ここでは無農薬ってか、防除はしっかりして栽培する方法を学ぶわけだね。

DSCF0938_縮小

1穴1~2グラムというところ。
これで初期のアブラムシ対策はできましたよ。
問題はこの後に襲い掛かってくるうどん粉病なんだけどね。

DSCF0925_縮小
DSCF0924_縮小
DSCF0923_縮小

定植苗はこんな感じでした。
本葉2枚半くらいの若い苗です。
これでもやっぱり軸が少しばかり長めになってしまいました。
発芽そろいの悪かったプリメラのほうが短くてどっしりした苗になってるのは、怪我の功名ってやつでしょうかねぇ。

DSCF0939_縮小
DSCF0940_縮小

苗運搬で忙しく、定植はほぼ99%農場の人たちがやってくれました(大汗
おかげさんでなんだか植え塩梅がおかしなものも多数出てしまってますがね…
それはもうしょうがないです。植える株の異常がないように持ってくるので精一杯でしたから。
そんなもんで定植後に散水してトンネルかけておしまい。
このあたりで人が10人以上集まってとんでもない人海戦術で完了しました。
ありがたやありがたや。

DSCF0943_縮小
DSCF0944_縮小
DSCF0942_縮小

今朝早くに出勤している理由はトンネルビニールをはぐため。
遅くに行くとトンネル内が高温になりすぎて焼けちゃいますからね。

DSCF0953_縮小

なんせはいでもハウスをあけられないので地上部すれすれで40度超えます・・・・・
もう少ししたらハウスも開けられるようになるんだけど、それまでは温度管理がしんどい。

DSCF0952_縮小
DSCF0951_縮小

そんな暑さを経験しても朝にはしっかりしてるから安心。
暑かったせいかぐんぐんでかくなってきてるしねー
あまりに早いとそれはそれで大変なんだけども。


今は朝夕のトンネル管理だけなのでだいぶ楽になった。
定植という山場を越えたので、しばらくはのんびりできますけど、
連休中あたりは伸び放題で忙しいだろうねぇ。
今年のゴールデンウイークは休みがなさそうだ。
あ、そんなの毎年のことだったわ(苦笑


2018-04-22(Sun)

苗もの・鉢物搬出

今日も晴れて暑くなりましたね。
暑くなったので、まだ先かと思っていた桜が咲きましたよ。

DSCF0954_縮小

ここは通勤途中にある桜並木なんですがね、
昨日の朝に通ったときはまだつぼみだったんですが、今朝通ったら咲いてましたよ。
ここは川沿いなので少し気温が低めになるためかこの状態でしたけど、街中はすでに満開でした。
あっという間に桜が咲いて散っていくんだよなぁ・・・・
連休まで当地だと持つかもしれないですがねー
横手は連休だと厳しいかな。


さてさて、
今日はお休みでしたからね、あれこれと雑務を片付けておきました。
その中の一つが鉢物の搬出作業でした。

DSCF0958_縮小

鉢物といってもまだ完全に出し切ったわけではないんですがね、
とりあえずウラジロヒゴタイやアリウムなんかの花の鉢物を出しました。

DSCF0959_縮小

アリウムはすでに結構大きくなり始めてまして、植えたものはしっかり出てきていますよ。
今年はプランターにまとめたのでキツキツになるかもしれないですが、
まあそれはそれで面白いかもしれないですね。
白い球が押し合いへし合い、合体して1つの巨大なものになってるかもー

DSCF0964_縮小

ウラジロヒゴタイも大体大きくなってくれてます。
相変わらず数株はでるんだか出ないんだかというものもありますけども、
今年は比較的まともに出てきてくれている感じがします。
ただ、ラベルが消えていってるので、品種がわからないものが多くて困りますね。
咲けばなんとなくわかるかもしれませんけども・・・・・

DSCF0960_縮小

あとはほぼ苗もの。
ガイラルディアはまだまだ小さい。

DSCF0961_縮小

アグロステンマはあまりにも徒長気味になって散水で倒れてしまった・・・・
これ続くと暑さと倒れで枯死するのが多くなるんだよねー
毎度経験しているあるあるだ(汗

DSCF0962_縮小

カモミールは比較的まともに育ってくれて、枯れることなく越冬してくれました。
これだけうまくいってるのはこれだけかな。

DSCF0963_縮小

ひょろひょろのウラジロヒゴタイ苗ですが、農場の人が欲しいとのことで買い手がついてます。
もう少し大きくして引き渡し。
中にはなに育ってんだかわからんものも交じってますけどね(大汗

DSCF0957_縮小

他にもいろいろありますが、中には出さないでおいてるものもあります。
このケンタッキーカーネルミントは以前買って唯一残ってる最強のミント。
ただやはりあまり生育が良くないのでまだ出しません。

DSCF0956_縮小

同じく水切れであらかた枯らしてしまったクローバーティント、
すべてダメかと思ったらなんとまあ生き延びたものがあった。
これも大事に復活させたいのでまだ出しませんよ。
いやーこの生命力には感心だ。


今年は忙しくてまだ鉢物が全然外に出せてない。
特に果樹系はいまだ小屋で眠っているので、外で越冬したものに比べると生育の差が大きくなってきてしまっている。
まずいなーと思いつつも雪のせいで出せないのが現状。
早く雪消えてくれれば小屋から出せるので、今週勝負でしょうかね。
外では季節が過ぎていってるのに、ずいぶんのんびりしてしまってますな(汗


2018-04-21(Sat)

駒打ちで締め

どもー
最近は一気に気温が上昇してきて大変ですよ。
雪解けも進んで畑は露出しましたし、草もどんどん成長してきています。
ほんとここら辺の春ってのは短くて一気に進んでいきます。
もうすぐ桜がわっと開いてぱっと終わるんだろうなぁ。


今日は通常作業。
といっても朝一で農場行ってきたので変則的でしたけどねー
植菌作業の残り、駒打ちの残りの部分を終わらせまして、
ついに本年度の植菌作業が完了となりましたーー

DSCF0945_縮小

作用始まりの時点で残り10000駒ちょいくらいでしたが、
やっぱリ作業人数が一人増えるだけでも作業速度はかなり上がるようで、
今日1日でこの全量を打ち切りました。

DSCF0946_縮小
DSCF0947_縮小

今年は残った木が多めだったので、まず太いものからどんどん進め、
残りは細くて曲がってはじかれた奴に植菌。
今年は曲がりが多くて細いものも結構な量ありましたよ。

DSCF0949_縮小
DSCF0948_縮小

1日がかりでしたけど、これに手植菌作業は完了。
今日は外で乾燥用のものをとるためのゆう次郎という品種。
その前になめこを植菌してました。
今年の駒打ちは26000駒だったようです。
これだけ聞くとかなりの量、でも実際は1000本ちょっと程度ですよ。
機械植菌は12000本弱ですから、それをコマ数に直したら500000駒超えますからねー
昔はこうして何十万駒も打ち込んでたかと思うとぞっとするわ・・・・・


というわけでこれに手植菌が終わったので後はいつもの平穏な作業に戻ることになります。
今まで植菌で忙しくてキノコの発生量が落ち込んでいたので早速回復させていかないといけませんね。
まあ私はそれどころじゃなくなりますがね(大汗
今年も一大事業の植菌がようやく終わったドーーー


2018-04-20(Fri)

しどけ発芽

あまりにも温度が取れず、発芽しない唐辛子。
外は晴れて暑くなるので、外に出してビニールかぶせておけばかなりの高温になると見込み、
育苗ベッドから外に搬出しビニールをかけてみたわけですよ。
んで、その際に湯たんぽ作戦で育苗ベッドから先に出されてしまったしどけなんですがね、
同じく外に出そうかと思ったら、なんとまあ発芽が始まってましたよ。

DSCF0929_縮小

実際のところ、唐辛子だと思ってたやつのうち2枚がしどけだったらしく・・・
育苗ベッドでこの2枚が発芽してました。

DSCF0927_縮小
DSCF0928_縮小

キク科なので、発芽した後はゴボウとかに似てますね。
エキノプスにも見えなくはない。
そういや種の形状はエキノプスのような弾丸種子でしたねー

DSCF0930_縮小

唐辛子と同じく外に出したものは動きなし。
もちろん唐辛子にも動きなし。
このままだと今月中に出てくるのかすら危うい。
だめだこりゃ。


まあしどけは栽培スパンが長いからいいんだけど、
唐辛子は農場で芽だしするのが正解だったか・・・・・
今週末には育苗ベッドを外に出して日中サウナ並みの暑さになるような状態にしたいですが、
そうやってもダメならお手上げですなぁ。
ま、とりあえずしどけの発芽が始まったので、あとはそろうのを待つばかりですね。
ポット上げして山に定植、来年以降の収穫めざします。
山菜栽培の第一歩、まずは前進!


2018-04-19(Thu)

畑が出てきました。

どもー
天気が良くて作業がはかどる。
マルチまで完了、あとは植え付けるだけだ。
明日はみんな忙しいから、人員をどうするかだな・・・・・


さて、
農場ではこうして作業は進んでますけども、家のほうの畑はというといまだ雪が残った状態。
ただ、最近畑が露出し始めていたので、確認しに行ってみると…

DSCF0934_縮小

去年植えて収穫できなかったものなどが続々と出てきていました。
レタスやらキャベツ、ビーツにアスパラガスチコリーとよく見りゃたくさん。

DSCF0933_縮小
DSCF0932_縮小

アスパラガスチコリーはとうが立ち始めてもう少しってところで雪が降ったので、
とうの部分だけはしっかり残ってましたよ。
葉っぱはドロドロ、このままにしてても育てないだろうから、越冬での収穫は難しいですな。
もう少し早く植えるかハウスかの選択しかないかな。
今年は少し早めに育ててみることにします。
もちろんやれそうなら農場でもやってみるかな。

DSCF0931_縮小

雪の下で完全に大丈夫で残ってるとしたらやっぱり根菜かな。
葉物はきつい。
なめこも出た跡があったけどドロドロでダメだしねぇ。
ま、越冬させた時点でここらでは負けだろうからね(汗
雪が降るまでにいかに育てられるか、そこが勝負の分かれ道でしょう。

もうすぐその雪も消えて今シーズンもスタートします。
もろゴールデンウイークが忙しいけど、実りの多い年になるよう頑張りたいですね。


2018-04-18(Wed)

まず畝まで。

ついに自分のハウスが始動。
昨日肥料振り始めて、今日足りなかったものをまいて耕起。
肥料振るのも手でやるので結構大変だ。

DSCF0917_縮小

4間×30間のハウスなので肥料振るだけでも一苦労。
といってもかぼちゃなので大した量ではないんですがね。
なんやかんやで64キロほどまいてきましたよ。
窒素分はたいしてないんですがね。

DSCF0922_縮小

掘って土あげて均して畝作るまでを今日はやりました。
本来ならかん水チューブ入れてマルチかけるところまでやりたかったんですが、
なんせ資材注文をしくじって期限がキツキツだったから届くのが明日・・・・
まああれこれと仕様変更が重なったこともあってはっきりと何を使うかが決まらなかったってこともあるんですがね。
急にやるといって物がないと困るから早めにってのはわかるんですが、
あれで行こう、これで行こう、いややっぱこうかーなんてされるとこっちとしてはどうしようもないのよね(大汗
そこらへんいまいちよろしくないです。

DSCF0918_縮小
DSCF0919_縮小

苗のほうは散水してもぐらつかなくなってきたのでだいぶ丈夫になってきたかな。
もう少し寒くてもいいんだけど、この管理しているハウスはかなり暑くなりがちだからどうもね。
あと2日、軟弱にならないように管理したいところ。


明日資材き次第マルチやって定植前準備までしっかり終わらせておきたいと思ってます。
明後日にはおよそ700株の定植があるし、なかなか厳しい日程ですよ。
いい悪いの苗選定もあるだろうしね。
まず今週はそこまでをしっかり、来週は今日だいぶ紛糾した支柱パイプに関することをまとめておきたい。
いざ始めてみるとどんどん問題出てきて大変だー
後々困りすぎないように万全の準備はしておかなくちゃー


2018-04-17(Tue)

湯たんぽ作戦。

どもー
どんどん作業は進んできています。
明日、明後日そして金曜日予定びっしり。
おまけに金曜日は終わってから飲み会。
うへーいそがC-


なんだか最近、今年の家での仕事できるのかって心配も出てきてるんですが、
構わずに進められるものはどんどん進めていっています。
ただ、唐辛子用の育苗トンネルはさっぱり温度が取れずにいまだ音沙汰なし。
今回は温度をとるために湯たんぽを使ってみることにした。

DSCF0901_縮小

トンネルの中は結露してるので温度はあるっちゃあるんだよね。
ただ、温度を計ってみると、

DSCF0902_縮小

あったかくてこんなもん。
これは空間の温度だから地温は10℃もない感じだ。
これじゃあ芽が出るわけがない。

DSCF0904_縮小

というわけで湯たんぽ熱源をトンネルに仕込んで温度をとってみた。
始めはこうやって置いたけど、あまり温度が上がらなかったので直置きにした。
結果的にみるとこうやっても温度は2度くらいの上昇しかしませんでした(汗
湯たんぽ作戦は失敗だわ・・・・・

DSCF0903_縮小

湯たんぽ作戦のために追い出されたしどけはネギのとなりに。
ねぎの発芽の速さからするとやっぱり奥のハウスよりも温風機のあるこっちのほうが温度取れたのかねぇ。
なのでしどけはこっちで出てくることを祈ります。


やっぱりあれこれやってみると温度ってとるのが難しいもんね。
ただのビニールハウスだとめちゃくちゃ暑くなりやすいんだけど、
椎茸ハウスはちょっとやそっとじゃ暑くなれないんだと実感。
これだと育苗ベッド外に出して直射で蒸し風呂作ったほうがいいんじゃないかと思います。
実際農場でいつまでも出なかった奴にビニール張ったらすぐ出たし(汗
ただの小さなビニールハウスか電熱温床か手法は様々だけどコスト少な目なら小型ハウスか。
今回の結果みても来年以降は自前の育苗ハウス設置しようかなーと思いますねぇ。

2018-04-16(Mon)

定植準備の前段階

今日は晴れ、でも風は強かったですね。
明日にはおさまりそうなので、ハウスの手直しはできそうです。

DSCF0912_縮小

金曜日にハウスビニール張りはできたんですが、
風が強い中やったためにしわが入ってタルタル(汗
バタついちゃうので直したほうがいいと。
明日はいでまた引っ張りながら張り直したいと思ってます。

DSCF0910_縮小

一方でハウスの中でどういったレイアウトになるのか支柱を組んでみました。
採寸をしっかりやったわけでないのでぐにゃぐにゃですけど、
大体どんな感じになるのかがわかりましたよ。
結構縦方向に高いのでハウスに入った瞬間からの威圧感がすごいです(笑
またパイプの設置方法も考えないとこの作業はかなり難儀でした。
やってみてわかることがあるので、この準備は無駄じゃなかったです。
本番いざやってできるかと言ったら大変だったでしょうね。

DSCF0908_縮小
DSCF0907_縮小

苗のほうはだいぶ大きくなりましたが、こうなってくると散水が大変。
一応乾いたら水をやってますが、乾いでしまってふにゃっと。
あとは伸びて散水によって転んでしまうものも。
なので天気よくなってくれるのはいいんだけど、水やりが難儀で困った。

DSCF0909_縮小

陽の当たり具合も均一じゃないし、乾き具合もまちまち。
それでいて大量散水は転び放題、いったいどうしろと・・・・・
悩みまくりだ。


定植は刻一刻と迫っています。
明日には耕起をして畑作っておこうと思ってますが、まだマルチも来てないんだよね(汗
あれこれとやること多くなってきて大変ですよ。
定植はバッと一気に取り掛かれるようにその前段階までがっちり準備しておきたい。
今週の残りの時間は分刻みで行動だー(笑


2018-04-15(Sun)

2018年度の機械植菌が終わりました。

どもー
あいにくの天気の中こんばんは。
夕方からの暴風雨はひどかったです。まさに春の嵐。
ここまで荒れると思わなかったので、せっかく張った農場のハウスの屋根が吹っ飛んでないか心配だ・・・・
風は一番嫌いだわ。


さて、
本日をもって今年度の機械植菌が終了となりました。
本数としては11860ちょいなので、全量13000には届いてませんけど、
今年のは、というか今年も太いのが多かったので、
そういうものは普段動かすのが難儀なのでなめこと乾燥用に駒打ちになります。

DSCF0886_縮小
DSCF0887_縮小

なんせこんなのばっかり残りますからねぇ。
1本10キロはあるようなものがずらり。
植菌作業だって容易でないのに、これを何度も移動させるとか何の苦行だよ(汗
まあ…それ言っちゃ菌床から比べて原木は苦行でしかないんだけどーー

DSCF0905_縮小

ずらーっと30列分の植菌済み原木が並んでいます。(1山400本)
このうち私がやったのは3000もないでしょうね。
ほぼオヤジさん一人でよくぞって感じ。
これから駒打ちが控えてるのでまだまだ作業はありますがね・・・・

DSCF0906_縮小

駒打ちだってよく考えれば1200本くらいはあるわけで。
いつもの年の2倍以上はあるだろうね。
それをなめこと乾燥用・・・・収穫するのも怖くなりそうだ(汗
何なら2年ホダにするやつを少しやったらいいと思うんだけどね。
自然子は貴重な春の収入源だぜー


実際のところ来週以降自分の農場での栽培管理が始まるので、
今週中に終わらせることができてほんとによかったと思ってます。
自分が予想してたよりも期間は早まったし、人間やればできるもんだ。
あとはこの原木が立派な榾木になるように気を付けるだけですな。



2018-04-14(Sat)

花壇の雪解け

今日はいつも通り植菌作業。
なんとまあ明日には終わりそうでしたよ!
そこらへん明日記事にしたいと思うのでまあ今日はさらっと流します(笑

DSCF0888_縮小

今日は花壇のお話。
雪のある時にばっさりカットされたうちの裏。
ずいぶん殺風景になってしまったわけですが、日はよく当たるのか花壇の雪が溶けました。

DSCF0889_縮小
DSCF0891_縮小
DSCF0890_縮小

やはり雪がとけて一番に出てきたのはこのアサツキですねー
植えて2年くらいになるのかな?だいぶ分球が進んで芽が多い。
このくらいならまだひろっことして食えるサイズですな。
まあもう畔のそこかしこに生えまくってるからどうでもいいんだけどー
これは大きくして乾燥アサツキを今年こそは作ってやるぜ。

DSCF0892_縮小

中には落ち葉を突き破る強靭なアサツキも。
こいつは味が濃いに違いない(笑


DSCF0893_縮小

他に植えていたものでは、セージが生きてるんだか死んでるんだかわからんけどありました。
伸びてこれば今年もセージはありそうです。

DSCF0894_縮小

あとはぺっちゃんこだけど青いので大丈夫そうなジギタリス。
ジギタリスって意外と強いもんだね。
小さいポットのまま2年くらい生きてるのもまだあるし(大汗

DSCF0895_縮小

後、オダマキも出始めてました。
これはピンクのほうか黒のほうかはまだはっきりしないけど、大体全部生きてそうだったので大丈夫でしょう。
結構種がこぼれたので交雑種でも生えてこないもんかなーなんて。
オダマキは苗は丈夫だけど、種から育てるのがとっても面倒だったから、
勝手の増殖してくれると助かる。


雪が溶けてそんなに立ってないけどすでにもう動きありまくりでしたね。
困ったことに土を足したいのに動きがあってどうしようもない(汗
やるなら一度すべてを植え返しないとだめだろうからねぇ。
結構な量の物があるから動かすのが難儀でやる気がないわー
何かうまい方法ないもんかねぇ。


おまけ

DSCF0896_縮小

木は伐採したけど、しれっとわさびは生えてた。
今年はこれを植えるか種採って播種するか。
自生物はどんどん活用していこうかなーと思ってる次第。


2018-04-13(Fri)

ワサビ大根が生きていた

今日は落ち着くなんて言ってたはずなんですが、
予想以上に高気圧が来るのが遅くて今日も強風が・・・・・
おかげさんで雨は降るし風は強いし散々だった。
それでもワンチャンスでハウスの屋根をかけましたけどねー
やっぱり人が多いとできるもんだな、と感心しました。
ちなみに写真は・・・忙しくて撮ってません(汗


さて、小屋の周りの雪も溶けてきたので、鉢物を外に出し始めたんですが、
小屋で母さんが油流出事故を起こしましてね、汚染が心配されてますが、
今のところ芽が伸びだしているので大丈夫かなーというところ。

DSCF0883_縮小

去年畑に植えてさっぱり育たないので鉢に植えて越冬していたわさび大根、
カラカラに干せて死んだかと思ったんですが、よくみると・・・

DSCF0884_縮小

芽が伸び始めてました。
やっぱりこのわさび大根というものは強健だというのは本当のようだ。
これで今年もわさび大根を育てられそう。
今年こそは少しでも試食できるように育てたいですね。

DSCF0885_縮小

同じく育ってるきくも芽が大量。
今年は挿し芽でしっかり増やしたいと思ってますよ。
とりあえずいろんなものを増殖しようともくろんどりますー

わさび大根は今年は種子販売が見当たらないので、これをうまく増殖させます。
去年植えた畑に残っているものがどうなってるか次第で増やす量も変わりますね。
家の裏に生えてる自生わさびも種採ってまいてみたいし、
今年も様々とチャレンジしてみようと思っとります。
なんだか相変わらず生業としてのものじゃなく、趣味レベルでやってる感じが抜けませんな(大汗


2018-04-12(Thu)

苗散らし

今日は晴れ、ハウスビニールかけをしたものの実はとんでもないことが…
そんなわけで、作業は中止になってしまい別のことやってきましたよ。
明日にはどうやっても張り終わりたいなぁ。


さて本日のネタはそのハウスに定植する苗のこと。
だいぶ大きくなってきてキツキツになったので苗の間隔をあけるための作業,通称散らし作業をしてきたわけよ。

DSCF0862_縮小
DSCF0860_縮小

ぎっちり20入れケースに収まっているんですけど、
本葉が2枚目まで出てきたので、重なり合って混みあうわけですよ。
一応並びの向きはしっかり合わせてるので、初期の段階ではいくらか余裕はあるものの、
生育しちゃうとすぐさま混みあってしまいますね。

DSCF0880_縮小

混みあったものを20から10入れの2分の1に入れ替え。
この時に大きいものは外、小さいものはうちに入れ替えて生育をそろえます。
そうしないとどうしても中のものだけ競争が激しくて大きくなってしまいますからね。
むやみやたらに徒長しないようにするためにもこうした管理が必要になります。

DSCF0882_縮小

初期では品種間差がありましたけど、徐々にそろってきてはいる感じです。
まあ一番出の悪かったプリメラの生育の差はかなり大きい気もしますがね。
伸びてしまいがちなもの、がっしりしたもの、子葉がやたらでかいものと様々。
ちなみにこの写真の左が飛騨南瓜、右は自家採種。
同じ系統だけど飛騨南瓜の子葉のでかさが際立つ。
苗段階からなかなか面白いもんですよー


かぼちゃはやっぱり生育が早くてあっという間に大きくなってきています。
定植も来週ですし、苗づくりも大詰めといったところだ。
早く植えるためにもハウスの準備は早く終わらせてしまわないといけないので、
明日はどうにかビニールかけてしまいたいもんだわ。
あーこのペースだと土日の生育が気になって困る(汗


2018-04-11(Wed)

最近のお料理

今年度も例にもれず弁当は自作。
ただ、去年は人のいるほうで食ってなかったので知られてなかったけど、
今年は人がいるほうで食ってるため自作であることに驚かれてます(笑
だんだんと作れるものも増えてきましたね。

DSCF0854_縮小
DSCF0857_縮小

去年も作ってたけどグラタン。
今はジャガイモ消費で忙しいのでこれはいもグラタンになってまする。
グラタンのホワイトソースって意外と簡単にできるもんなのね。

DSCF0853_縮小
DSCF0856_縮小

こちらホウレンソウで作ったジェノバソース
バジルより癖はなくていいね。
ただ、ほうれん草がなかなかミキシングできなくて面倒だった(汗

DSCF0855_縮小

もちろん最初はジェノベーゼ。
ナッツ強すぎたかな。
もう少し改良が必要かなーと思った。
もう少ししたらバジル作り始めるから、本場のほうも1度は作ってみるか。

DSCF0784_縮小

あとはいろいろと食材やら調理道具やらを調達してまして、
今回コショウなどを挽くミルを買ってしまったー
これでコショウを挽くんじゃなくてですね、山椒の実のホールを挽きます。
花椒のホールを買ってみたもんで。

DSCF0805_縮小

マーボーにかけたら見事に挽けました。
ただ、やっぱり丸じゃないから残りますけどね。
香りもいいしびりっとするし結構いいかもしれません。
あわよくば種はいってないかなーと思ったけどなかったです(汗

こんな感じで最近は冷凍だけじゃなくその日にできるものも作ったりしてます。
例えば焼きそばだったり、その残りのそばめし、
あとはトマトソース使った残りでリゾットとか様々。
意外とやりゃあできるってのがわかってきた感じー
まだまだ作り方見ながらとかですが、あるものでどう仕上げようかって考えられるようになったのは大進歩かな。
今年度のラストあたりにはいったいどこまで進歩できるのかねぇ(笑


2018-04-10(Tue)

ハウスビニール張りが始まる。

今日は久しぶりに晴れ。
朝方は霜で真っ白、そのせいか滑って事故った車を通勤途中で見ましたが・・・・・
今の時期はまだ油断ならないので私はまだスタッドレス。
家の車はもう夏タイヤ、ひやひやしたらしい(汗
私も今週末にはタイヤ替えようかなぁ。


さて今日は今週中では貴重な晴れとなったので、
ついに専攻する作物で使うハウスのビニール張りが始まりました。
始まりましたってところからいってわかるとおり、今日1日では終わることができず…

DSCF0866_縮小

なんといっても先日取り外したビニペットの取り付けと裾ビニール張りから入りましたからね。
これをやるのになんとまあ1日がかりになってしまいまして。
やっぱり人数いても200メートル分もの取り換えってのはしんどいもんがあった。

DSCF0867_縮小

ちゃんと紐を張ってまっすぐになるようにレールの取り付けを行い、
ビニール張って土を埋め直し。
ビニール張りも低位置にあるからやりづらくて結構体力消耗が激しかったです。
思った以上に腰やら肩回りがきついー

DSCF0870_縮小

とりあえず今日はこの裾ビニール張り直しだけは終わることができました。
明日晴れてくれれば人数動員してハウスの屋根ビニール張りです。
でも風が強そうなので、天気が良くてもどうなることか…
なかなか今日みたいな穏やかな日ってないから屋根までできればよかったんだけどねぇ。
資材到着が遅くなってしまったのが原因だな。
こればっかりはどうにもならん。


とにかく明日天気が良くて風がなければいいなーと。
日頃の行いはいいはずだからどうにかなってくれる、はず(笑
え?お前の行いがいいかって?
それは明日になってみればわかるさー
こうご期待。


2018-04-09(Mon)

ねぎそろい始める

今日は朝起きたら白かった。
どうやら昨日の夜から結構雪が降ったようですね。

DSCF0858_縮小

だいぶ消えてきてはいたけど白かった。
ただ、横手市内に向かうとそこには雪がなく(汗
こっちは数センチ積もったんだけどねぇ・・・・・
やっぱりこっちは山だということを再確認でございまするー


さて先日発芽が始まってきていたネギなんですがね、
あらかた発芽がそろい始めてましたのでご報告。
遅まきした大和太ねぎも出てきたので、今年買ったネギに関しては問題なし。

DSCF0849_縮小
DSCF0850_縮小

相変わらずネギ系はこうした折り畳みで成長してきますね。
あの種でどうしてこうなるのかがわからないんですが、
ネギ、ニラ、玉ねぎとねぎの仲間はみんなこう。
ある程度伸びれば折り畳み解消で1本ピーンと伸びます。
最初からずっと1本伸びすれば楽だと思うんだけどなぜこうなるのか?

全体的に見れば下仁田ねぎが一番発芽、生育が良く、
後追いでふゆわらべと大和太ネギが続いています。
問題なのがこねぎが出てこないってこと。
ちょっと心配なので農場でまいてみようかなーとか思いつつ、気長に待ってみたいと思います。
数確保はできそうなので、あとはどれくらい大きくできるかでしょうかね。
来週あたりから外に出して日に当てて育てたいと思いますわ。


2018-04-08(Sun)

黒平豆の選別終わったー

今日はオヤジさんが朝にちょっとお出かけしたので、代わりに10時まで植菌作業してきました。
予定くるってしまったけど、まあそんなこと言ってられないくらい大変だからねぇ(汗
今日でA511の植菌も終わってF103の植菌に入った模様。
ついにラストスパートに入ることになりますねー


そんなわけで今日予定していた感じとは変わってしまいましたけど、
やろうと思っていた黒豆選別を頑張りましたよ。
前に選別したのはすでに1か月も前の話。
いい加減やらないことには種まきに間に合わなくなってしまうよーー

DSCF0852_縮小

今回で黒平豆の選別は完了しました。
やっぱこういった大きいものは選別が楽だけど、カスがつきっぱなしで、
それをしっかりきれいにする磨きをするのが面倒でした。
でもピカピカの豆になるとやってやったという気分になりますね(笑
ちなみに選別してよかった豆は全体の90%以上、かなり品質は良かったです。

DSCF0851_縮小

残り黒豆1つと小豆2。
小豆はさすがに虫が出てくる時期に来たので、まず冷凍して虫を殺してから選別します。
ということで袋に入れて冷凍庫にインしてきました。
明日忘れずに出してやらないと種として利用できなくなってしまうから気を付けないと。
以前やらかしたけどね(大汗

まだまだかなりの量があるので、今度から帰宅して少しずつやっていこうかと思います。
もしかすれば農場の昼休みにでも・・・・・
あーやっぱり豆は選別がきついーー


2018-04-07(Sat)

植菌6日目

今日は雨降ったり晴れてみたり風が強くなったりひょうが降ったりと目まぐるしい天候でした。
夕方の雹は機械の音が全く聞こえなくなるほどの強烈さで、
その前兆でやっぱり空が真っ暗になってすごかったですよ。
春の嵐という言いますか、明日あたりまで雪マークの寒の戻り。
うれしくない寒さが続いています。


今日は植菌作業。
ついにフル操業をやってきましたー
ガッツンガッツンやったんですが、朝一で封ろうトラブルあり1時間無駄に…
それでも9000を超えてきまして、残りはあとわずかという感じ。

DSCF0844_縮小

現在23列目まで完了。
24列目に入ったところで今日は終了となりました。
13000なのであと8列とかそこらへんでしょうかね。

DSCF0845_縮小

なので入り口付近のほうが混んできてます。
正直は入りきるのかこれって感じもしなくない(笑
よくここまできたもんだと思いますよ、毎年のことながら。

DSCF0847_縮小
DSCF0848_縮小

そういや今日やってたのはこのA511という品種です。
試験導入の新品種。
資料みるとF613の代わりになりそうな感じかな?
まあ初めてなのででき次第でしょうかね。
すでに隆起があったので菌の力が強いのかなー


今年はこの段階で3品種、つぎにF103が待っているので4品種は確定。
もう1品種やるような話を聞いた気もするけど、やるとすれば5品種かな??
乾燥用のとなめこで3品種だろうから、今年は7か8品種植菌ですね。
そう考えると結構な数の品種やってるな(汗
まあこれまでに20とか30品種やってきてるだろうから、これがうちじゃ普通かねぇ。
ほんとなら完全に軸になりうる優良品種がどっしりできりゃいいんだろうけど。


2018-04-06(Fri)

育苗ベッドから追い出された苗たちの今

今日も寒いです。
冷える雨ですよ。
あの暑いのはどこ行ったんだと底冷えする感じ。
マジで雪降りそうな感じがしてならないよー


本日の話題はまあたもや苗ですよ。
今はそれしかないですからなあ(笑

DSCF0797_縮小

育苗ベッドをハウスの中に取り込んだので、ずっと育苗ベッド上で越冬していた苗ものは追い出されました。
その苗ものの中で死んだものを整理したところ、こんな状態になった。
あくまで育苗ベッドにあったものだから、この程度しか残ってません。
もう少し残ってるものがあるのでこれで全部じゃないよー
10箱分はいるうち6箱分です。しかも半端・・・

DSCF0800_縮小

ガイラルディアとキューピッドダーツは結構生きた。
ネモフィラは多めにダメになった。

DSCF0798_縮小
DSCF0801_縮小

アグロステンマ2品種のうちオーシャンパールは完全で、
パープルクインはだめなのがぼちぼち出てしまった。
何がどう違ったのかはわからんけどさが出てしまいましたね。

DSCF0799_縮小

カモミールは安定の完全越冬。
今年は花積んでハーブティー作ってみたいわ。
これくらいみんな強いといいんだけどねぇ。


ここで越冬したベニバナは95%は死滅してしまったので春に蒔き直しあり。
ネモフィラも大半死んだけどどうにもならない・・・
昼咲き月見草もまき直ししないといけないし、カンパニュラ系もそう。
なんだか結局頑張って秋に種まいて越冬させて失敗という無残な結果しか残らんかった(泣
やっぱ越冬前に雨に当たりすぎて過湿状態での越冬だからでしょうかねぇ。
それでも越冬できるものもあるので不思議ではあるけど、
残った苗は大事にしつつ、もう少ししたらまき直しを開始したいと思います。
そのためにもそろそろ注文しておかないとなー


2018-04-05(Thu)

ようやくネギ発芽

今日は晴れましたが風が強かったですね。
そういうときってハウスの温度調整が難しい…
風には当てたくないものの開けないとめちゃくちゃな温度に(汗
実際ハウス内の温度、朝来てみた時から10分で5度くらい上昇・・・・・
慌てて戸を開けて換気しましたよ。
最高気温も36度くらいになってしまい、こんなところでまともに育苗できるのか心配になります(大汗
はぁ、週末どうしようかな。


まあ農場では温度がこうして取れてるのでぐいぐい育ちますが、
うちの小屋では全然温度が足りないのでいまだにさっぱり。
でも今日の夕方帰宅後に見に行ってみるとそこには待望のが!

DSCF0833_縮小

ぴょこっと
これは下仁田ねぎ、無事発芽が始まってくれましたよー

DSCF0834_縮小

単発じゃなく続々と。
どうにか発芽まではこぎつけることに成功したようです。
まあこれさえクリアすればあとはどうにでもなるか。

DSCF0835_縮小

ふゆわらべのほうも出てきていました。
出てきたのは昨日今日みたいなので、発芽まで3週間くらいかかったのかな?
温度かければ5日程度、やっぱり温度って大事。

DSCF0836_縮小

同じ日にまいたこねぎだけがいまだに静か。
んー種の問題だろうか??
まだ出始めなので、もう少し様子見でしょうね。


大和一本ねぎは、もう少し後だと思うので、2品種の発芽を待つばかりとなりました。
定植までに立派にできるかは自信がないんだけども、
芽が出てきた以上は全力で育てるぞー
冬場の太いネギを夢見て・・・・・


2018-04-04(Wed)

専攻かぼちゃのポット上げー

どもー
昨日は暑く、今日はかなりの冷え込み、上下動がやばいー
場所によっては雪が降ったようでしたが、もしかすると今夜あたりここら辺でも雪になるかもねぇ。
こういう気温の上下動は苗作ってると恐ろしいですね。
特に順化作業に入ってるようなものにガツンと来られると大変だ。
夜も眠れなくなるって言ってた職員さんの言葉がよくわかる(汗


さて本日は予定通りにかぼちゃのポット上げをしてきました。
ポットに土詰めるところからだったので思ったよりも大変でした。

DSCF0812_縮小
DSCF0813_縮小
DSCF0814_縮小

まず苗の状態から。
発芽して2日後からトンネルから出して温度を低くしながら管理。
なんせこういったので温度があるとあっという間に徒長してしまいますからね。
これでも軸が長すぎる感じで、昨日のうちにポット上げしておきたかったなーというのが正直なところ。
品種によって伸びが違うので、なかなか一緒の管理ができないのも難点でした。

DSCF0820_縮小

ポットの土に穴をあけて苗を植えていきます。
ここら辺少しこだわって向きをしっかりそろえながら定植。
そんなことしてるから余計に時間がかかってしまった感もあるんだけどね。
後にかかる時間を今かけたと思えばまあそれでいいじゃないかな。

DSCF0823_縮小

まだ本葉1枚出るか出ないか程度ですが、しっかり根鉢はできてましたよ。
というかほとんど発芽してない状態でも根が結構あったので、
結構早めに植え替えてもいいのかもしれないですね。

DSCF0816_縮小
DSCF0821_縮小
DSCF0822_縮小

ポット上げで一番困ったのが生育遅れ。
あとは奇形ですね。これが意外に多い品種が。
恋するマロンや自家採種、飛騨南瓜に関してはよかったんですけども、
特濃こふきとプリメラ115はかなりよろしくなかったです。
葉っぱがまともに展開してないやら穴が開くやら想像していたよりもひどく、
定植予定数に全然届かない量になってしまいましたよ・・・・・
まだ出てないものもあるので明日以降順次選別してやりますけど、こうなるとは思ってみなかったわ。

DSCF0825_縮小

ポット上げ後はポットを別の場所に移動。
ハウスの中では暑くなりすぎるため、あまり温度をかけることのない順化するようなところに。
一応ハウスですが、ハウスの設定温度が10度です。おいてたところは19度だったかな。

DSCF0824_縮小

電熱温床でトンネルなので温度は上がってくるはずだけど、
この時の温度は13度、1時間たっても13度でした(汗
まあかぼちゃは寒さにも強いし、定植予定日までに伸びすぎるよりはましですよ。
これから暑いときはトンネル開けたりしてしっかり管理しないといけません。
なかなからしくなってきたなぁ。


これから先毎日朝昼晩定期的に確認して管理になるわけだけど、
すでに同じく苗づくりしてるほか2人の管理からすると私の管理はめんどくさいことになってるなー(苦笑
まあそこらへんは農場のさじ加減もあるから、しょうがないといえばそうだし、
本人たちのやる気次第ってのもあるだろうからね。
後々の血肉にできるように、今からでも困難に立ち向かってやるぜーーー


2018-04-03(Tue)

ハウス補修入りまーす。

疲労困憊です。
眠気がやばい。
久しぶりに今すぐ寝落ちしそうな勢い(汗
猛烈に暑くなった本日、自分の専攻作物を作るハウスの補修作業に入りました。

DSCF0811_縮小

今日はですね、このハウスの裾のビニール交換をするために、
止めている雪で曲がったレールの部分含めすべて外すところまで。
まだ資材が来ていないのでその前にやれるだけのことをやっておけと。

DSCF0817_縮小

レールも交換なので、まずついている裾ビニールをはぐところから。
子の裾ビニールは土に埋まっているので、硬く締まった土を掘り起こさないといけません。
これを2棟分200メートル、2人で頑張って鍬で掘り起こしました。
必死こいて午前中でクリア、この時点ですごいと褒められるレベルでした(笑

DSCF0818_縮小

午後からレールをすべて外して金具をまとめたりの後片付けまで。
よくまあ1日でできたもんだというところ。
これを今度設え直さないとハウスの屋根をかけられないし、まだまだ忙しい。
そうはいっても明日あたりから天気悪くなるみたいだしねぇ。
なかなか思うようにいかないもんだ。


実際のとこそうこうしてるとすぐに定植がやってくるんだよなぁー
明日には苗のポット上げがあるし、物は育つから待ってはくれない。
頼むから天気がいい日続いてくれないなかなーと思う今日この頃。
あーマジ今日はアカン・・・・・


2018-04-02(Mon)

ハウスの中に育苗ベッドを移動

今日から研修2年目に突入。
新人さんが大量に来たのでものすごい人数になった。
単純に人海戦術の作業だとその早いこと早いこと。
マンパワー恐ろしや。
この人たちを今度は指導してやらんといけない立場になるのかーと、気が重い(汗
言って理解できる奴らだといいんだけどーー


さて、
今日の話題は育苗ですよー
農場でもしこたま育苗してますが、家の育苗は温度がないのでさっぱり進んでません。
なのでいくらでも温度をとるために育苗ベッドをついに稼働することにした。

DSCF0802_縮小

無加温のところで花の苗を置いていた育苗ベッドを、無加温になってしまったけど発生舎のハウスの中に移動。
ここは晴れれば20度超えてくるのでいくらでも足しになればいいかという判断。
もう一つの案として外に出してビニール張って温度取ろうと思ったんですが、
今週は天候が悪く、週末には雪マークも見えたためハウス内にすることにしました。
あまり気温の上下動がありすぎても育苗にはよくないですからね。

DSCF0803_縮小

ビニールが見つからなかったので、適当に探して装着。
育苗ベッドでビニールトンネルですよ。
これで晴れてくれれば結構温度が上がるはずだけど、曇ったら全然なのは全く変わらず(大汗
まあしょうがないっすわ。

DSCF0804_縮小

まいたものをすべて入れておきたかったんですが、
残念ながらここにはセルトレーが9枚で限度。
なので唐辛子4枚とモミジガサ5枚でキツキツにしておいた。
こうやっても発芽予定は未定。
これから家のカボチャなどの種まきも始まってくるのでなるべく早く育ってほしいもんだけどね・・・・・

ねぎのほうもいまだ動きないし、もっと温度のいる唐辛子ならなおさら。
微々たるもんだけどこの育苗ベッドで進んでくれたらいいなー
そろそろ出てきてくれないと唐辛子がまた7月になっちまうぜ・・・・・


2018-04-01(Sun)

休日出張

どもー
今日から4月ですがこちらはどんより。
小雨がぱらつき寒かったですよ。
そんな天候の中、本日は実験農場へ出張してきましたー
種まきした専攻かぼちゃの発芽具合チェックです。
2年目になるとこうして休日も見に行かないといけないことが多くなるんですよね・・・・・

DSCF0789_縮小

ほんとなら昨日見に行けばよかったんですが、さすがに植菌優先。
昨日の朝に発芽が始まった様で、銀ポリがはがされて日に当たっていましたよ。
無事発芽が始まりました。

DSCF0791_縮小

種の向きをそろえたので上から見ると初期ではこんな状態に。
開いてくると結構バラバラですがね(汗
種の深さが浅いかと思ったけど、皮被りがないので大丈夫だった模様。

DSCF0793_縮小

温湯消毒した自家採種かぼちゃも煮れてなかったようだ(笑
発芽の感じからすると去年の種採りも無事うまくいったみたいです。
家の分の種まきもそろそろ考えないといけないですね。

DSCF0796_縮小

他の品種はいいんだけど、唯一このプリメラだけが発芽が遅い。
盛り上がって動きはあるようなので大丈夫だとは思うんだけどね。
スイカ品種の早生のやつを農場でまいてるんですが、その発芽が遅いのと似てますね。
明日になれば大体みんな揃うでしょうよ。


この感じで行くと明日で大体そろって、明後日以降順次ポット上げでしょうかねぇ。
この発芽状況からみるとみんな一斉にとはいきそうにないから、早いやつからかもしくは全てをそろえてからか。
そこらへんは観察して決めようと思います。
やっぱり温度がしっかりとれると発芽が早いなーと思いましたね(汗


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村