FC2ブログ
2018-05-31(Thu)

雨じゃないけどカサをさしてやる。

どもー
今日の当地は大雨だったようです。
だったようですというと訳が分からないかもしれませんけど、
今日は秋田に出張してきましてね、その間は降雨がゼロだったんですよ。
農場でも同じだったようで濡れてませんでしたが、家に帰ってきたらずぶ濡れ。
県内でも局地的な降り方をしたのかなーと思いましたよ。
まあ畑がかなり濡れたのでしばらく水には困りませんね。


外ではそんな風に雨でしたが、ハウスの中でもカサをさしてやりました。
ハウスの中でカサって意味わからんね(汗
こういうことでござんすよ。

DSCF6344_縮小

笠です。
メロンの立栽培では日焼け防止でやりますけど、南瓜は日焼けというよりも、
擦れ傷がつかないように防護するためにやりました。
この方法で栽培していると、風でゆすられて葉っぱや茎にこすれてしまうんですよね。
そうなると結構目立つ傷だらけになってしまうわけでして・・・・

DSCF6303_縮小

こんな状態ですね。
特にハウスの端にあるものは風の影響がかなり大きくて、ほぼすべてが擦れ傷・・・・・
商品価値が下がってしまいましたわ(泣

DSCF6312_縮小

初期の段階でこういう風になればベストなんですが、

DSCF6313_縮小

わざわざ傷がつくほうへ下がってきたりするもんで、
なかなか傷を付けずに育てるのって立栽培だと難しいですね。
この小さい果実のうちにカサをかけてやれば被害はもっと少なかったはずなので、
そこらへんは次の栽培に生かしていこうと思いますね。
なんせ今芯止めと摘花、そして笠掛に防除と作業に追われてしまってますからねー
1つ作業がないだけでも忙しさは段違いなので、少し暇だった時期にやっておければと思います。

DSCF6345_縮小
DSCF6346_縮小

丸いのはまだしもこれが結構大変。
大きくなってきたので紙の大きさが足りないし(汗
これはこれで考え方を変えないといけないねぇ。
まあ白いので色づきが悪いとかいうことも気にしないでいいだろうし、
完全にくるんでしまっていいかなーと思いますね。


初めての立栽培はやっぱりやってみないとわからないことだらけですね。
気づくことは多いので、活かせることは多分にあるんだけどねー
明日と週末で株作業はどうにか収集つけて、月曜日には防除できるようにしたいですね。


スポンサーサイト



2018-05-30(Wed)

選びながら小豆をまいた

今日は雨かと思ったら曇ったままでした。
これから降ってくれるかどうかですが、なんだかなぁ・・・
まあ日差しがきつくなくて作業はしやすかったですがねー


さて、雨が降る前に小豆をまいてしまいましたよ。
例年サツマイモとほぼ同時期播種しているので今年も発進。
ただ、今年は小豆をさぼりまくってたため、種用の選抜ができてなかったのよね(汗
なので選別したものから種用を選びながらの種まきとなりました。

DSCF6254_縮小

まずは畝たてのところから。
ここは長芋アーチの続きの場所。
計測したら4畝できそうだったので、ここを小豆用にしようと4畝作りました。
一応アーチを立てる際に計測した範囲内なので、隣のジャガイモなどには全く影響ない状態でやってます。
ちょうど昨日農場で1年目生がこういった計測ミスで通路がおかしなことになってましたので、
こういった計測は重要になるねーという話をしたところでした(笑


DSCF6347_縮小

例年通りに30cmピッチで2粒まきしていきました。
なるべく丸くて大きい粒を選んで播種していきます。
もったいないくらいのものは種、これ鉄則(笑

DSCF6348_縮小

4畝あるので半分は白小豆。
これも種を選びつつ。

畑B 2018年度版

ということで現状の畑はここまで種まきや定植が完了してきています。
こうしてみてもきちきちときれいに区画作れてるので優秀ですね。
問題は左側の空きスペースをどう埋めていくか。
本当はトウガラシを考えてたけど、物にならないかもしれないからねぇ…
あっちへ押し込みこっちへ押し込み、うまい具合にやりくりしないとね。
この次も豆系のラッシュ、なんだか今年の畑の半分以上は芋と豆でできていますな。


2018-05-29(Tue)

芋が出てきたどー

今日も快晴、気温は28度弱。
ハウスの中は南瓜の茂みのおかげで暑すぎることはなくなったんですが、
それでも暑いことには変わりないわけで・・・・・
南瓜は伸びるし作業効率は悪くなるし、気温が高すぎるのも考え物だね(大汗


まあ気温上昇していいものもありますよ。
それが芋類ですねー
地温が上がってついに芽が出てき始めましたよ。

DSCF6336_縮小

ジャガイモー
そろって発芽していますね。
浴光催芽が良かったのかいい芽が出てる感じがします。

DSCF6337_縮小

そうはいっても芽数は多いものがある。
逆さ植えで丈夫なやつだけのはずがこの量はみんな丈夫ってことか??
芽かきしなくてはいけないので少し面倒になった・・・

DSCF6338_縮小
DSCF6339_縮小

こっちは芽ぞろいが悪くて芽数も少なめ。
芽の出がいいのはタワラヨーデル、悪いのははるかと極端ですね。
この極端、どっちで見るかですけども、
タワラヨーデルが良すぎるのか、はるかが悪すぎるのかですかね。
まあもう少し観察してから芽かきして土寄せしておきます。

DSCF6340_縮小
DSCF6341_縮小

もう一つの芋、自然薯のほうも出てきてますよ。
こちらはジャガイモと同時期だったわりに出方はスローペースでそろいも悪いです。
大和芋はすべて出ましたが、自然薯はまだ3分の1程度だけ。
死んではいないと思うから気長に待ちましょう。
結局これはこのままほったらかしだしね(笑


順調に芋類が育ち始める季節になりました。
暑くなって農場では虫やら病気やらが出始めているので、
虫にやられてしまわないように気を付けておきたいですね。
ちょっともうひとつ面白そうな芋?を見つけたので今やろうかどうか思案中です。
やっぱり芋は楽でいい。

2018-05-28(Mon)

南瓜の摘花・摘果・摘心

今日は快晴、やっぱり草マルチしておいてよかったー
実は昨日は草マルチかけが夕飯までに終わらなくて、飯食った後もライトつけてやってきたのよね。
雨が予想よりも後になりそうだったもので頑張ったかいはあったか。
やらずに後悔するよりやって後悔するほうがいいからねー
まああまりにも熱いとほぼやって後悔のほうだけど(汗


さて今日から農場かぼちゃの実を大きくするための作業に入りました。
人工授粉もほぼ終わり、着果も順調なので親づるを止めたり花を摘んだりして、
パワーを実に凝縮させるようにしますよ。

DSCF6321_縮小

まずはしっかり実ができてるかどうか確認。
実がついてないものをやってもしょうがないですからね。
この株のように下の実が流れてしまったりしているものは要注意。

DSCF6286_縮小

なのでこうした開花をしてるものは次の花まで人工授粉して保険を掛けておくのがベストですよ。
まあ花が潤沢にあって花粉をしっかりつけることができれば1つでもいいかもしれませんけど、
玉に実がいびつなものもあったりしますからね、2つくらいは結実させておくと選択の余地が広がっていいかと。

DSCF6322_縮小

そういうことで1つの実がしっかり大きくなってきているのを確認して、
保険をかけておいた実を摘果していきます。
怪しいのは残していきつつ作業。

DSCF6309_縮小

あとはこうした雌花の残骸の撤去。
こういうのは茎に残ったりすると腐って病気のもとになります。

DSCF6323_縮小

こういうことですね。
カビが出たりするのでしっかりきれいにしておきますよ。
なんせ今の段階で結構なうどん粉が出てしまってますからねぇ。

DSCF6306_縮小

あと、もう用済みになった雄花の摘花。
花を咲かせるってのは結構なロスになるので、いらないものはどんどん取り除いていきますよ。

DSCF6307_縮小

きれいさっぱり。
株元整理にもなるので病気予防にもつながります。

DSCF6308_縮小

開花してても蕾でも容赦なく摘花。
これで無駄な力を使わせずに済みますね。

DSCF6332_縮小

ラストで摘心。
結実位置から大体葉が10枚くらいになるように摘心します。
今回やったプリメラは結実位置から葉の枚数が10枚になるとかなりの長さになってしまい、
10枚にならないもののほうが多くなってしまいました。
こういう点からみても品種設定は重要になるかもしれません。

DSCF6333_縮小
DSCF6325_縮小

今日1日かかってようやく1列分の摘心その他作業が終了しました。
結実の関係でだいぶ遅れてしまったので、親づるの先端が伸びすぎてごちゃつきまくってしまいまして、
無駄に大変な作業になってしまった印象。
こういうのはやっぱり結実から計算できるものだと思うので、もう少しうまくやれたらなーと思った次第。
これからぐいぐい実が大きくなってくるので、1日1日が楽しみですね。


2018-05-27(Sun)

史上最大のサツマイモ定植をした。

どもー
今日は予定していたサツマイモ定植をしてきましたよ。
ちょっとね、ひたすらに疲れちゃいましたわ。
なんせ金曜日防除、土曜日草刈り、そして今日の定植と3連ちゃん強度作業。
ガタが来てますだーー
今日は早く寝て明日に備えるとします。


さて肝心の定植、忙しすぎて写真撮ってない(大汗
予定通りに午前中に苗到着。
1回目の注文時に連絡が来ないから振り込んでなくて、おかしいなーと思っていてよく見たら、
最初の自動配信で振り込んでねーってやつだった(汗
しょうがないので2回目の注文、今回は500本注文しましたよ。
1回目の注文は実は450でしたので、増加です。

DSCF6327_縮小

今回は6品種。
左から、パープルスイートロード、安納芋、紅はるか、高系14号選抜、紅まさり、からゆたか。
からゆたかは新しい品種で、目を付けていたやつだったのでやってみます。
高系14号選抜は俗にいうところの鳴門金時ね。
あればあくまでブランド名、品種としてはこういうものになるわけで。

ここから先は多忙のため写真が…
植えている最中に勝手に繁殖してるあれがまた出てきたので掘っておいた。

DSCF6328_縮小

菊いもね。
これ、2回目の掘り出し、まだ出てきそうだ。
これぐらい強力な野菜だと楽でいいんだけどねぇ。


畑A 2018年度版

そんなわけで本日6時間耐久レースを見事完走。
定植4時間、草マルチに2時間でした。
こんな感じで畝作った分が完璧に埋まる奇跡(笑
というか、数えてみて驚愕でして、

・高系14号選抜      91
・紅まさり          89
・からゆたか        89
・安納芋           92
・紅はるか          90
・パープルスイートロード 128


こういう結果に。
パープルスイートロード以外は80、パープルスイートロードは100で500だったわけよ。
それがどうして579なんて数字になるのか不明ですが、
なんとまあ結果的に見れば史上最大の数を定植してたわけですよ。
いやーそれは疲れるわ(大汗

そんな数のわりにすんなり終わったのでだいぶ作業速度は速かったみたいね。
やっぱり数やって無駄がなくなってきたんだろうねー
こんな数やって果たしてまともに収穫できるのかどうかわからんけど、植えたからには頑張ろうと思います。
はぁ、予想以上で不安が大きいのは事実・・・


※追記 5・28

DSCF6342_縮小

こーんな状態でっす。
22畝全部埋まりました。



2018-05-26(Sat)

法面アサツキの収穫

どもー
今日は快晴、日差しがきついぜっ。
農場入ってきてからいざ畑へGO

明日はいよいよサツマイモ定植。
草マルチをするために今日は草刈りを頑張ってきましてね、
日が暮れるまでしっかり2時間ほど草と戦ってきました。

DSCF6316_縮小

ズバーっときれいになりました。
振り返ると毎年サツマイモ定植前には1回目の草刈りをしてますね。
今回は前日なので草が乾かず、生のものなのでよくはないかな。
明日の午前中でどこまで乾くかでしょう。

その草刈りの前に、法面に生えているアサツキが大きくなったので収穫しておきました。
生えているというか法面に植えたんですけどね。

DSCF6314_縮小

草にまみれてますが、2年前くらいに畑よりも野良のほうが生育がいいということで
畑から掘り上げて大きめの種球を溝掘って植えておいたわけですよ。
それがやはりでかくなりまして、草刈りでカットされるなら収穫しようと。

DSCF6315_縮小

どうよ、立派でしょ。
何もしてないのにこの長さで青々しているというとやはり野良の力ってのは偉大だ。
何がどう違ってこう立派になるのかねぇ・・・・・

DSCF6320_縮小

今回収穫したものはカットして干してみることに。
まあ今まで何度も考えて実行してこなかったことなんですがね(汗
まず天日干ししてから機械で乾燥しようかな。
いきなり機械でやって焦げても困るし、だましだまし試験してみようと思います。
うまいこと乾けば、冬場のみそ汁の具にでも使えますな。
まずは試作第1号がうまくいくことを祈って。


2018-05-25(Fri)

南瓜は折れても復活する・・・らしい

今日は防除してきたのでなんだかお疲れモード。
風が強かったせいもあってハウス締め切りで20リッター背負ってやるもんだからきついきつい。
日曜にはサツマイモ定植があるのでそれまで体力回復させないといかんですな。


さて本日も・・・恒例のカボチャ(汗
大量のカボチャを育てていると、たまにやらかしてしまうこともあるわけですよ。
最たるものが誘引してたらボキッと骨折・・・
でもね、南瓜って完全に切り離されなければ復活するらしい。

DSCF6189_縮小

一番最初にやってしまったのがこれなんですよね。
まだ紐に誘引する前だったんですが、つる先が遊びに行ってしまってたので
紐のある方向に向かせようとしてボキッと。
ただ、ちぎれてしまわないように気を付けていたら復活。

DSCF6190_縮小

そのまま伸びてくれまして、今じゃ紐に下がって実がついてますよ。
地味に確認してほしいのがくっついてる部分がものすごく少ないってこと。
上の写真の空洞になった茎が親づるで伸びていってるやつですよ。
ものすごい状態で育ってるのがわかるかと・・・・・

DSCF6147_縮小
DSCF6148_縮小

もう一つ自分が原因じゃなくて風によるあおりで折れたものもありまして、
これもしっかりくっつけておいたら次の日にはシャンとして復活。
先生もこうして折れた場合、粘着性の強いテープで巻いておくとくっつくそうだ。

DSCF6173_縮小
DSCF6204_縮小

一応しゃきっとして生育し始めてはいたんですが、
今日確認したら上の写真の後に風が吹いた日が数日ありましてね、
固定してなかったせいで完全にいってしまっていたので撤去しました(泣
やっぱり折ってしまったときにしっかり固定で来るかどうかで後々に影響が出ますね。

DSCF6212_縮小

ちなみに折れたのは特濃こふき。
この品種は非常に葉柄が長いため風をもろに受けてしまいやすくて、
今回は1本完全にいってしまいましたわ。
おまけで言うとこういう品種特性のせいで今回防除の中心となってしまってます(大汗

DSCF6275_縮小

一番最新はこれ。
実を付けるところを曲げていくわけですけど、それをやりすぎてボキッ
ハサミで止めてますが厳しそうなので、ちょうどその位置にある子蔓のばして葉っぱの枚数を確保しようかな、と。
まあ結局のところ臨機応変にできるかどうかですねー


折れても平気で育ってみたりくっついてみたり結構南瓜ってのは強いらしい。
他の野菜だと折れたらおしまいってのが多いのにねー
折らないのが一番ですが、万が一やっちまったときはテープで止めてみましょう(笑


2018-05-24(Thu)

南瓜の花いろいろ

どもー
相変わらずのカボチャネタで失礼、今日は花について気付くことがあったので。


今人工受粉作業で忙しくなってきているんですがね、
自能受粉で使うために雄花を調達すると、品種ごとに違いがあるんですよね。
どんな違いかといいますと、

DSCF6290_縮小

花粉が落ちてるか落ちてないか
これが一番スタンダードで使いやすい恋するマロンの雄花。
花粉はほぼ落ちてなくて、受粉するときに雄蕊をフルに使いやすいんですよね。
この落ちたやつも花をさいた時に少しこぼれた程度。

DSCF6292_縮小

プリメラ115の雄花も似たようなもんですけど、こちらのほうが花粉量は少なめな感じがします。
雄花1個で作業できる個数が違いますからね。

DSCF6294_縮小

自家採種のほうも同じで花粉はこぼれにくい。
花粉量はプリメラと似たようなもんでしょうかね。

DSCF6295_縮小

唯一違うのがこの特濃こふき。
こればっかりは花粉がこぼれまくってて、花粉の大半がロスした状態。
そんなわけで、この雄花では人工授粉は2個程度で限度が来てしまいます。
ミツバチとかが仕事してれば花粉がつきやすくていいのかもしれないので、
これは虫が活躍する場合に有利な雄花といえそうですよ。
人工授粉では使いづらいですが・・・・

現在は雄花が潤沢にあるので、1本で大量にやる必要もなくなりましたけど、
雄花の数が少ないときは花粉のロスが少なくて量も多い恋するマロンが非常に優秀でした。
受粉相手としては恋するマロンはとてもいいなーという印象。
雄花一つとっても品種間差異あるもんです。

もちろん雌花もありまして、

DSCF6293_縮小

丸い系統はたいていこういった感じの雌花でしたが、

DSCF6273_縮小

自家採種の長いやつはこう。
なんだかシンプル(笑
長いのと丸いのではめしべ形状も違うらしい。
じゃあもっとおかしな形のカボチャどもはいったいどうなのか、結構気になってきた。
とはいえそんなのは育てないから、もしかやってる人がいたら教えてほしいもんですね。
品種やら形状やらで花も様々、いろいろやると新たな発見がありますねぇ。


2018-05-23(Wed)

これは発根促進剤の力なのか?

先日久しぶりに挿し木をしてみたブルーベリー。
今回の挿し木では発根促進剤を使ってみたんですけどね、
今回は今までにない動きを見せてくれています。

DSCF6247_縮小

芽がね、伸びてるんですよ。
今までやってきた挿し木では、こうなるまでにまる1年かかってたわけで(汗
これは発根促進剤のおかげなのか何なのかは不明だけど、
今年は例年になく動きがみられます。

DSCF6248_縮小

もちろんほかのものだってそう。
まあまだ根っこが出てきてるって確証があるわけじゃないから、
今は木の力を使って出てるだけかもしれないけどね。

DSCF6249_縮小

4品種やって大体は芽が出てきた感じ。
最も伸びがいいのがペンダーですね。
他はぼちぼちです。
このまま枯れることなくしっかり根が出てくれば発根促進剤様様といえそうな感じー


DSCF6257_縮小

鉢物では開花も始まり、枝葉が茂る季節に入ってきましたよ。
挿し木もうまいこといって1年である程度ものになってくれれば、
来年以降少しずつ増産も視野に入れられるんだけどねー
まだまだこれからが勝負、じっくり様子を見てやろう。


2018-05-22(Tue)

人工授粉で大忙し。

どもー
今日は快晴、気温も上昇、ひどい日差しで体力が奪われます。
とはいえ最近は高温に慣れてきたのかハウスにいても暑すぎるという感じがなくなってきた。
ずっとハウス40度前後でこもりっきりだとそうなるわな(笑
高温耐性はすでにばっちりな様子ですー


さて、
南瓜の雌花の開花が始まってきたところで、受粉応援で蜂が登場。
ハウスの外に設置されまして、農場を広くカバーすることになりました。

DSCF6241_縮小

設置された当初はこの位置。
おっ、ついに来たかーと思ってたんですが、

DSCF6258_縮小

次の日にはこの位置に移動。
何かあったのかと思ったら、アリが大量に発生してしまい逃亡の恐れが出たので、
移動して蟻が来ない薬をまいておいたそうな。
決死の覚悟で移動したそうだ(笑


この蜂なんですがね、実際のところ・・・・・


ハウスに入ってこないじゃないの(汗


南瓜の受粉がまずはメインなんですが、どうもハウスには入って仕事ができないみたい。
ハウスの中に巣箱が置いてあれば別なんでしょうけど、
わざわざハウスに入っては仕事しなくてもそこらへんにいいもんがあるので、
そっち主体で採集に明け暮れている模様・・・・
そういうわけで自分で人工授粉を頑張ることになりまして。

DSCF6235_縮小

人工授粉はまず雄花をとってしまいます。
この雄花、花粉の寿命が非常に短くて、開花したその日の10時くらいまでしか使えないそう。
なのでその日に咲いたものはこうしてとってしまっても構わないわけですよ。

DSCF6236_縮小

受粉するときには花弁が邪魔なので取り除いてこんな感じに。
うまいこと小さくしたほうがしっかり奥まで入れて花粉を付けやすいです。

DSCF6237_縮小

こんな感じでちょこちょこと。
まんべんなくつけて完了。
今は雄花の数が増えてきたので潤沢に使えますけど、
日曜日のピーク時には全く雄花がなくて大変でしたわ。
蜂も働かないので、私がせっせと働くしかない。

DSCF6259_縮小

そんなわけで意外と早く結果が出てくるもんで。
日曜日以前のものはこうして下を向いて受粉完了した感じのものが出てます。
ただ、ここから流れてしまうものもあるので、一応保険をかけてこの次の雌花も残してますよ。
ここで止まってくれれば万々歳ですなー


とりあえず今のところプリメラの受粉作業はほぼ完了しました。
他の品種は1日に数個から数十個程度で進んでますんで、今週から来週初めくらいまでは人工授粉で忙しいですよ。
しっかり実を付けるためにも、開花を見逃さないで受粉させてやるぜっ。
蜂より働き者だってことを見せてやる(笑


2018-05-21(Mon)

トウモロコシ、フライング定植

以前から農場で定植した残りがあったらもらってきて定植しようと企てていたトウモロコシ。
トウモロコシ定植はしてるのになぜかなかなか出てこなくてですね、
あれ??と思っていたところ、本日の定植でようやく余りが出たようで、
少ないながらももらってきて定植することにしました。

DSCF6263_縮小

余ってた苗があまりなくて、欲しかったドルチェドリームがなくなってました(汗
あったのはこのサニーショコラ、これもうまいらしいのでやってみようと思ってた。

DSCF6264_縮小

30cmピッチで定植していきます。
場所はトウモロコシ第1弾用の畝ですよ。
ただ、自分でまいた第1弾よりも早いフライング定植ですがね(笑

DSCF6265_縮小

定植したら水やって終了。
マルチしてないから農場よりは確実に生育は遅いでしょうね。
まあのんびりと、収穫できればいいわけで。

DSCF6242_縮小

自分のトウモロコシ第1弾も芽が出てきたし、
トウモロコシ栽培も徐々にスタートでございまする。
ただ、畝数からして種が絶対足りないので、また追加注文か農場余りか…
遅くなってもドルチェドリーム植えたいなーなんて。
結局は調達するんだけどねーー


2018-05-20(Sun)

どうも自分のカボチャは活きが悪い

どもー
今日は晴れ、風は強かったものの過ごしやすかったですね。
昨日、今日と当地の道の駅で山菜祭りがあったんですが、
やっぱり天気次第なんですね、昨日の客入りからすれば今日はホントのお祭り騒ぎだったみたいです。
天気次第で売れ行きが全然違うので、こういうののタイミングって重要ですわー


さて本日も農場に出張してきた後ですね、
晴れたので畑に出て畝づくりなどをして汗を流してきましたよ。
主に第2弾で植える予定のカボチャ周囲だったんですけど、
その第1段目の生育がかなり悪く手ですね困ってるわけで。

DSCF6250_縮小

うーん何ですかねこれ(大汗
農場とは比較にならないほどの悪さ。

DSCF6251_縮小

みんながみんなこんな感じで、葉が黄色になってるやら伸びてこないやら散々。
まあ植えるのが早く地温が確保できなかったため、活着が悪かったんじゃないかと思ってます。
なんせマルチしてないから地温上がらないもんね…

DSCF6166_縮小
DSCF6167_縮小

一時こんな状態だったし。
風で振り回されて折れたのかと思ったけどそうでもないし、
まったく原因になるものがなくてさっぱりだったんですよ。
そうこうしてるうちに葉が黄色になってくるやらでなんじゃこりゃー状態。

DSCF6252_縮小

覆うためのヘアリーベッチはもしゃもしゃになってきたけど、
肝心の株が伸びなくてはどうにもならん。
多く植えてるほうではこうはならないので、やってる肥料か何かが原因でしょうか。
速効性肥料使わんとだめかねぇ。

DSCF6255_縮小
DSCF6256_縮小

第2弾で植えようと思ってた農場のあまり種苗は大きくなったけど、
なんだかモザイクのような気がするのでこれを使うのはやめようか思案中だし。
こういう症状を出したのが初めてなので、農場で感染したのかもしれない。
まあ家で植える分のが大量にあるからこれはなくても困らんのだけどー
いずれにせよ、今年も自分の畑での南瓜栽培はあまりうまくいかないもんでして(汗


2018-05-19(Sat)

南瓜の開花が始まってしまいましたーー

今日は寒い。
ついこの間29度、今日は12度程度で今の気温は一桁・・・
ものすごい寒さがぶり返してきてしまいました。
こういう時期の作物管理はしんどいなぁ・・・

あと、雨の峠は越えました。
雄物川は氾濫してしまったようですが、当地は山なもんで川の水は大丈夫でした。
ただ、山崩れ箇所があるらしく被害はでてるようですよ。
田植えして3日で水に浸かったなんてテレビでやってましたけど、大雨被害って困ったもんだ。


さて本日も農場で作業、昨日の時点でどうも開花がきそうだなーと思ってたんですが、
今朝いったら結構な数開花してしまいましたー

DSCF6219_縮小

開花といっても適当な花が咲いたーというわけでなく、
着花させる位置に開花してしまったということ。
親づる1本で栽培してるので、大体10節目以降に来た雌花に着果させる予定でいまして、
今日咲いたのは11節くらいの位置にある花でした。

DSCF6229_縮小

そこかしこで開花が始まってきてるんですけど、
気づいてしまう人がいるでしょうかねぇ。
実は大問題なんですよこれ。

雄花が咲いてないーー

要は受粉ができないってことよ。
着花させる位置のものにしっかり受粉できなかったら次の雌花になるわけで、
そうなると高すぎて吊ってられないし計画がすべてパー
地味に蜂の準備もできてない・・・・

DSCF6230_縮小

ひたすら探して1つだけあった雄花を使ってとりあえず人工受粉してみた。
めしべに花粉をちょちょっとつけてみたところ。

DSCF6231_縮小

これがまだつけてないめしべ。
粉がついてるついてないが確認できます。
雄花は1個なのですべてをカバーできるわけもなく、できるところまでとりあえずやってみた。
明日にはもう少し雄花が咲きそうだったので、どうにかこうにかしたい。
ただ絶対量が足りなすぎなんだよなぁ・・・・・
家での栽培だと雄花ばかり先に咲くってのに。


DSCF6232_縮小

現状ここまで大きくなりました。
もう少しで芯を止めにはいらないといけなくなりましたね。

DSCF6224_縮小
DSCF6225_縮小

高く伸びてきてる2品種よりも、低いやつらのほうが混んで通路が狭くなってきた。
しゃがんで作業するとケツに葉っぱの水がついてやばい(汗
どんどんジャングル化してきて来てますよ。
南瓜生育ロケット、気温乱高下でも全く意に介さない強さですな。


2018-05-18(Fri)

シオデを掘ってきてみた

大雨です。
結構やばい量の雨ですよ。
このまま降り続けるとまた農場が水浸しになってしまうかも・・・・

DSCF6228_縮小

夕方の作業終わりでこの状態です。
奥のほうにオレンジの人が2人いますが、あそこでは隣の田んぼから水が来たために、
スイカが水浸しにならないように溝を掘っていたみたいです。
まあそんなの気休めなんだけどねー
結構深刻なことになるかもしれないので、自分のカボチャハウスも冠水しないことを祈るばかり・・・・


今日は山菜ネタ。
以前からいっていたシオデを栽培できないか実験
シオデが出始めていたので山に行って掘ってきてみたわけよ。

DSCF6198_縮小

いつものキノコのあるところ、ここでシオデがそこかしこあるので、
まともそうなやつを掘り出してみました。

DSCF6199_縮小

これが掘り出してみた地下部分。
やっぱり?アスパラと同じように地下茎のようなもので、
ひげ根があるわけでは無くて太い栄養根とでもいうものが深くまで入ってました。
山を掘るのでなかなかこの地下部分をうまく掘り出せなくて、
かなり断根してしまいました(汗

DSCF6205_縮小

今回は3株ほど掘ってきてみました。
土に活けて半日陰においていたらしゃきっとしてきたのでたぶん大丈夫そう。
もうしばらくしたらどこぞに畝作って植えてみようと思います。


まずは掘ってみてどうか、活けてみてどうかの試験ができたので、
今度また掘り出してくる分と、放置して種を採ってみるものといろいろとやってみようと思います。
近場に別にアマドコロというものも生えてるのが発見されたので、それも栽培実験してみたいなーと。
山菜勝手に増殖計画、うまくいけばもとでただで一儲け。
一攫千金の夢追ってー(笑



2018-05-17(Thu)

今年も挑戦の紅花

今日は雨、結構降りました。
昨日からマイナス10℃、これぐらいがちょうどいいね。
5月に真夏日一歩手前っておかしい。
おかげさんで南瓜がやばいことになったというのに・・・・・


ちうわけでこれは昨日のこと。
帰宅して早々に紅花を定植しに行ってきましたよ。
雨が続くってのはわかってたので昨日定植を逃すわけにはいかなかったですからねー

DSCF6206_縮小

こちらが苗。
ポットでまいた時に比べると発芽率や奇形が多かった印象。
これは種のせいもあるだろうし、管理のせいもあるでしょうね。
ちょっと温度の乱高下がありすぎましたし乾燥もあったからね。

DSCF6208_縮小

ただ、根張りだけはよかった。
これぐらい根量があれば大丈夫でしょう。
これ以上はさすがに置いとくわけにはいかないような状態でした。

DSCF6207_縮小

これを急造した畝に定植していきます。
適当に測りもせずに作ったので、3列のと2列の2畝分になりましたよ。

DSCF6209_縮小

こんな感じで紅花定植完了。
本当なら去年まいて育ててたやつ植えたかったんですがね、
結局ポットで全滅、一体どういうことなのか・・・・・
しょうがないので春まきで勝負します。

畑B 2018年度版

現在畑Bはこんな状態になってます。
青は完全に定植まで終わってるもの、緑は定植準備が完了してるものです。
自然薯とジャガイモの定植が終わり青になり、昨日の紅花で青ゾーン拡大。
そうはいってもまだまだスカスカですんで、これからです。
毎年端っこは草ぼうぼうになるので、ベニバナとかぼちゃは注意したいところ…


2018-05-16(Wed)

トウモロコシ第1弾

いやー暑い。
今日の横手の気温29度
突然の暑さにみんなもヘロヘロのご様子。
わたし?ずっとハウスにこもって暑い中生活してたもんで平気だわ(笑
慣れってのは重要ですな。

DSCF6186_縮小

さて本日はトウモロコシの話題ー
今年は家でもトウモロコシをやろうと思っていろいろと買ったんですが、
第1弾として2品種を播種しましたよ。

DSCF6187_縮小

種の数いくらだっけなーと確認したら、思いのほか少なかったので2品種。
こちらは最も少なかったまるかじり
45粒しかなかったですー(汗

DSCF6188_縮小

こっちはバーベキューコーン
こちらは63粒。
まるかじりに比べると種が大きいところを見ると、大ぶりになるのかもしれないね。
はたして??

まずは第1弾で108粒の播種。
買った種はあと2つで400粒くらいかねぇ。
でももっと種の数があると思って畝の数8つ用意してんだよね(大汗
足りない分はどうしようかねーー


というわけで農場で手に入れようかと思っとりまする。

DSCF0994_縮小
DSCF6127_縮小

農場では今年やりたかったドルチェドリームを栽培。
これが余ったらもらってきて植えようかな。
ドルチェリームは赤くなるんだねぇ。

DSCF6128_縮小

こちらもうまいと評判のサニーショコラ。
これは緑、結構はっきりと区別できそうだ。

DSCF0993_縮小

問題なのがこの品種だよ。
なんだよんめぇとみぎって。
んめぇはわかるよ。美味しい。
とみぎってなんだよとみぎってーーー
トウモロコシの方言はときみだろうがぁーーーーー
(トウキビからときみがきてるんだろうかとby秋田)
いやーこんなわけわからん名前が正式についちゃうとは驚きだで(笑
食ってうまかったらいいけど・・・・・

※追
とみぎって仙台とかのほうでは使われてる方言ナンスね(大汗
この種は渡辺採種場(宮城)の種、道理で・・・・・


2018-05-15(Tue)

南瓜の結実への準備入ります。

昨日と打って変わって暑かった。
そんな中で今日1日ハウスにこもって作業してきました。
ついに農場かぼちゃも実を付ける準備に入りましたよ。

DSCF6171_縮小

まずはですね、実を付けるところをぐにゃーっと曲げます。
これはそのまままっすぐにして実を付けると吊り紐に実が食い込んだりして形が悪くなるからですよ。
実がついた後にやってもいいんだけど、そのころには茎が固くなって曲がらなくなるので今のうちに。
この着果位置は一応節の数を数えて決めてます。

DSCF6185_縮小

一応データ取りも兼ねて、雌花がついた位置をすべてタグに。
これを見て節が10以上になったところで着果させる算段ですよ。

DSCF6191_縮小
DSCF6192_縮小

なので着果位置よりしたの雌花はいらないので摘花です。
ほんとならもっと早くに摘花すればパワーロスもなくてよかったんでしょうけどね、
そこらへんしっかり相談してなかったので後手を踏んじゃいました。

DSCF6181_縮小

中にはこーんな3連ちゃん雌花とかもあって、すべて落としておきました。
本来ならトマトと同じように何節かしたら雌花というパターンが普通なんですが、
着花性がいい品種はこういうこともあるようですよ。

DSCF6193_縮小

あとはこの着果位置の雌花の周りのものもきれいにしたほうがいいとのことでしたよ。
擦れると大きくなって大きな傷になってしまうので早めにきれいに。

DSCF6194_縮小

まずは確実に脇芽を除去。

DSCF6195_縮小

そして巻きひげも取ったほうがいいそうだ。
これって意外に邪魔になるので、硬くなってしまう前に早めにとったほうがいいらしい。
確かにハサミで止めてると絡んで取り外せなくて厄介。
実が肥大するときに邪魔にならないうちになくすのがベストだわ。

DSCF6196_縮小
DSCF6197_縮小

ぐいぐい成長して通路も狭くなり圧迫感が出てきた。
相変わらずの南瓜ロケット、このままいけば実の肥大もあっという間でしょうよ。
早いとこしっかりと着果させて安心したいわー
準備はしっかりしてるので、あとは受粉がうまくいくようにするだけだな。


2018-05-14(Mon)

サツマイモ畝づくりとクマの出現

どもー
なにやら今日は全国的に暖かいというか暑かったようですが、
当地は寒かったっすーー
日中はどんどん寒くなって白い息が出ることも・・・
こういうのにはまいりますねぇ。
明日は一転夏日予報、乱高下が激しい(汗


昨日は畝づくりをしてたんですがね、
全部やれるかわからなかったサツマイモ畝づくり、スカッとすべて作ってやりましたよ。

DSCF6165_縮小

場所は去年と同じところ。
同じように40-60で印をつけていきまして、畑の半分を使用です。

DSCF6176_縮小

毎度おなじみになった畝のところに肥料を振って耕起。
そして畝を立てていきますよ。
畝の数が数なだけあって汗垂れ流しでの作業となりました。

DSCF6178_縮小

ズバーーンと完成。
合計22畝。
文明の利器は使いません、全部人力、鍬一本。
いやーしっかりまっすぐに整列してて爽快ですな。
なかなかにきついお仕事でした。

肝心の苗は5月27日に来る予定ですが、
実のところ苗の出来がよろしくなくて、再販の予定がいまだ白紙。
おかげさんで注文したのが4月なのに連絡なしなのよ(大汗
今週中に連絡なければまずいので一度問い合わせてみたいと思っとります。
今年の予定は450株、数が数だけにパーになったらまずい・・・・


おまけネタですが、
今年もクマが出たようですね。

DSCF6175_縮小

畝づくりするために小屋との往復をしてて気づいたんですが、
なにやら畑を横断したでかい足跡がありまして。

DSCF6174_縮小

でかいのよね。
他の動物じゃここまででかくないし、人間の足跡でもないとすりゃああれしかないわけで。
去年は7月1日に確認されましたけど、まったく同じ場所を通過。
多分同じ個体じゃないかなーと思ってます。

DSCF6177_縮小

ジャガイモ植えた時にはなかった足跡、つまりは土曜日の夜あたりに出たってことだ。
やっぱり山だもの、クマくらいいて当たり前よ。
そんな土地に暮らしてる山人ですものうろたえませんで(笑
本物が襲ってきたら漏らす自信は多分にあるけどーーー(爆


2018-05-13(Sun)

ジャガイモは1畝分。

どもー
今日も出勤して誘引だけしてきましたよ。
昨日よりはるかに伸びてて時間食ってしまったけど(汗
相変わらず南瓜ロケット砲は容赦ねぇよ。


今日は畑掘りがメインだったので、昨日の作業のもう一つ。
自然薯を植えるタイミングでジャガイモも定植してたので記事にしまっす。

DSCF6083_縮小
DSCF6151_縮小
DSCF6150_縮小

まずですね、今年は早めに浴光催芽を始めてまして。
種イモを1週間くらい明るいところで催芽。
これで硬くていい芽にしておきます。
ちなみに今年の種イモは自分で収穫した芋を使うことに。
探しても同じのが見つからなかったからねぇ。
はるかに関しては農場でも植えたから種イモはたくさんあるだろうけど、
もやしっ子が大量だったのでパス(汗

DSCF6152_縮小

これをカットして灰を付けて少し乾燥。
乾燥させないと腐りやすくなるみたいね。
まあ去年はすぐに植えちゃったんだけども。

DSCF6154_縮小
DSCF6153_縮小

包丁が見つからなくてそこらへんで見つけたカッターの刃でカットしたので切り口がすごいことに(大汗
ものすごい湾曲切りじゃないかー
芋がまっすぐじゃないのが多いから仕方ないけどね。
大体半分、大きいのは3等分カット。
去年同様に頂芽をカットしてから真っ二つ。

この乾燥作業の間に溝堀と自然薯定植をしてました。
時間は有効活用しないとねー

DSCF6161_縮小

先日肥料を混ぜておいたところに溝を掘ります。

DSCF6162_縮小
DSCF6163_縮小

これに30cmピッチでおいていきます。
これ見てとなったらわかる人だ。
置き方が反対だね。今年は逆さ植えでやっていることにしました。
これだと土寄せ量も少なくて大丈夫っぽいもんで。
最近はいろんなもので逆さ植えする方法のほうがいいとかいう情報が出てますね。
ここらだとあまりそういった情報が出回ってないのか、そうやったらだめよって言われますけどねー

DSCF6164_縮小

最後に埋め戻して完了!
ほとんど平畝になってしまったわ(汗
芽が出て着次第土寄せして山になっていきますよー
今回はカットした分でジャスト1畝になったので驚きと同時にやってやった感が大きい(笑
足りないのはもってのほかだけど、多くて無駄にするのもね。
なんせまだ食えるもんだものー


今年もはるかとタワラヨーデルを育てます。
はるかに関してはいまだに芋が固めでかなり保存がきく品種のようです。
ただ、だんだん芋が青くなってきてますがねー
タワラヨーデルはだんだん柔らかくなってきてるので早く食べてしまわないといけない感じ。
どちらもなかなかよさげな芋だったので継続して育てていこうかなーと思ってます。


2018-05-12(Sat)

自然薯植えたったー

今日はいつも通り休日出勤して1時間ほど誘引してきた。
休日に放っておいてもいいような感じだけど、
吊り上げ始めてるので昨日のカボチャみたいに伸びすぎてしまえばボキッといく可能性が…
案の定昨日の夕方から20センチくらい伸びてたわー
怖い怖い南瓜ロケット砲ー


帰宅してから早速畑へGO
まずはキュウリ支柱にネットを張ります。

DSCF6149_縮小

去年使ったやつをとってたんですけど、いざかけてみたら直したはずなのにこんがらがってて・・・・
しょうがないのでまた買ってきて張ったんですけどね、
長さを間違えたのかと下手こいてしっちゃかめっちゃかに(大汗
結局これ張るのに1時間もかかってしまったわ。
まずまずだけど出来栄えは去年のほうが上だわなー

DSCF6156_縮小

ここに種イモを植えていきますよ。
買ったのは15株、久しぶりに出したら根っこやら芽が伸びてました。
種イモの大きさはこんなもんなのかな?
うちで植えてる長芋はもっと大きいからねぇ。

DSCF6157_縮小

大和芋と同じだけど、こっちは芽と同じ場所からの根っこが多い。
もう少し早く暗いところから出すべきだったわ。

DSCF6158_縮小

2つほどまだ芽が出てきてないものがあったけど、
多分芋自体は問題ないので大丈夫でしょう。

DSCF6159_縮小

畝は作ってたけどそこを掘って30cmピッチで定植。
大和芋のほうに5株、反対側に10株定植した。

DSCF6160_縮小

土をもって完成ー
これにて自然薯系等19株の定植が完了でっす。
本当ならもう少し高畝のほうがいいんだろうけど、支柱建てちゃってるからねぇ。
どうなるかは成長してのお楽しみー


最近のネタが芋とかぼちゃばかりな気がするけども、
ちょっとしばらくは芋・南瓜ローテで勘弁(爆
さーて明日はサツマイモ畝づくりすっどー


2018-05-11(Fri)

南瓜の開花が始まりました。

どもー
今日は相変わらずの誘引ばかり。
茎をとめるはさみを消毒してなかったため全部取り換えるという所業をしてきましたよ。
使いまわしで今まで消毒なんて頭になかった奴だから、
それだけは頭から抜けてしまってましたわ。
接ぎ木で使ってるクリップは毎度消毒してるんですがねぇ。
ちょっとトンマしたーー

DSCF6126_縮小
DSCF6129_縮小

さて、
雌花はどんどんついてきてるわーと思ってたんですがね、
なんとまあ雄花がまだ開花してないのに1番花が開花してしまいました。
数個開花、中には蜂が来てるものもありまして。
ハウス締めてたのにどうやって来たんだ??と不思議に思った次第。
蜂が来るってことは受粉は大丈夫だと思うんだけど、一応ハウスでは人工授粉をすることにしてますよ。

DSCF6141_縮小
DSCF6140_縮小

本当であればこの株の先端部の雌花くらいのところにつけたいので、
今咲いてるものはすべて取ってしまって構わないようなものなんだよね。
ただ、思った以上に雌花がついてるので、この高さですでに3番花、4番花はざらにある
本来は2番か花程度でつけたいんだけどねー

DSCF6136_縮小

一応自家採種のほうにも雌花がつきだした。
この形を見れば一安心だ。
上の丸い雌花とは全く異なる長い雌花。
ロングの血はしっかり受け継がれてましたーー

DSCF6142_縮小
DSCF6143_縮小

毎日毎日しっかり伸びていっています。
うどん粉病はあちこち飛び火してしまってますが、まだ大丈夫な範囲。
若いところにも出たらアウトだけど(汗
こうしてみると生育差が激しいねぇ・・・・・
収穫早まるのはまだいいけど遅くなるのだけは勘弁ーー


おまけ。

DSCF6137_縮小

今日はこんなのが発見されてしまった。
病気?虫?とよく見てみたら、

DSCF6138_縮小

風でした(大汗
特濃こふきは品種特性上風でもってかれてしまいやすいみたいですね。

DSCF6139_縮小

なんせこうやって風でばたばたなぎ倒されてしまいますから・・・・
ちょっとこの特性はつり栽培にしろ露地にしろいただけないと思いますね。


2018-05-10(Thu)

つくね芋を植える

寒いっす。
寒波来てますよ。
雨降って風吹いて寒い、どうもこの辺では田の代掻き時期に来るとこうした寒波が来やすいみたい。
遅霜はないけど、気温上下動がまだまだ大きいですな。


こんな寒い日もあるもんで、先に植えてる南瓜はさっぱり動きがないんですけども、
それでも芋植えちゃいましたよーー

DSCF6122_縮小

すでに短形自然薯を15株購入済みだったんですがね、
この間ばあさんに頼まれたものを買いにHCに行ったら、こんなものを見つけましてね。
この大和芋は山芋だけど丸いので作土が浅くてもできるかなーと。
自然薯を見つける前はこれでもいいかと思ってたんですよね。
偶然見つけたので2袋4つ買ってきた。

DSCF6123_縮小

ただHCの種イモですからねぇ。
小ぶりにもほどがあるだろうよ(汗
おまけに芽が伸びすぎちゃってて、袋開けたら引っかかって1つ折れた・・・・・

DSCF6124_縮小
DSCF6125_縮小

これを先日作っておいた畝に定植。
まだアーチにネットをかけてないので誘引ができないんですけど、
この気温だから生育はかなり遅くなるからまあ週末にでも。
週末にはジャガイモとか自然薯とかも植えたいので、一緒にやろうと思います。


これで今年は山芋系19株育てることになった。
ジャガイモは1畝、サツマイモが…注文したけど音沙汰なくて困ってる状態(大汗
どうにかなるとは思うけど、今年はいも三昧の年になるドーーー


2018-05-09(Wed)

早速病気発生

半促成栽培ならまあどうにでもなるという話だったけれども、やっぱり出てしまった例の病気。
そう、うどん粉病ですよーー
まだまだ栽培初期なんですがねぇ、まいってしまいますな。

DSCF6102_縮小

幸いまだ発生初期段階。
下葉の小さい葉っぱが数枚感染確認。
ちょうど先生が来る日だったので確認してもらい、早速防除。

DSCF6104_縮小

ブシャーーっと動噴使って殺菌剤散布。
まだ5株くらいの軽いものだったので薬剤も軽めのもので予防も兼ねて。
防除の仕方は県の試験場とかで習ってるので、
薬剤うんたらは大体わかってるので、あまり小うるさく指導はされませんよ。

DSCF6112_縮小

これが防除した翌日。
同じ葉っぱですが、白い粉上のものは見えなくなりあとが残ってるくらい。
ただしうどん粉はなかなか完全に消え去ることはないので、
これからはいかに抑えることができるかどうかにかかってるかな。
とりあえず換気はよくしてリスクを下げる努力はしないといけませんね。


DSCF6117_縮小
DSCF6116_縮小

生育速度自体はとても早く、状態は悪くありませんよ。
片付けもできたし除草も完了、脇芽欠いて株元すっきり、誘引もしっかり。
作業自体はしっかりやってるので、あとは開花、結実を待つばかりなりってかー

DSCF6118_縮小

雌花自体はどんどんついてきてますけど、着果位置の問題があるので選ぶのは慎重に。
着果しやすい品種なのか、たまにこうした連続雌花があったりしますよ。
場所が悪ければ意味はないけど(汗

DSCF6107_縮小
DSCF6106_縮小
DSCF6108_縮小
DSCF6109_縮小
DSCF6114_縮小

あとの問題として生育差があるんだろうけど、
一番速度の速いやつは置いといて、他3品種は大体同じ時期に来そうかなーなんて。
来週には開花が始まるぞーー
病気に負けずいいものを収穫したいもんだでー


2018-05-08(Tue)

農場で苗づくり

どもー
作業がようやくひと段落、多忙な日々から解放されました。
ちょっとね、山がでかすぎて辟易しますけど、実際営農ってこんなもんどころじゃないからね。
やるっきゃねぇーー


さて、今年は家での育苗が管理できないので、
農場で種まきして適当に見て回ってる状態なんですけどね、
まあいろいろと今のところ育ってきていますよ。

DSCF0916_縮小
DSCF0974_縮小

まずは赤しそ。
今年は天神赤しそなるシソを買ってみてまいた。
相変わらずたっぷりの種、200穴トレーで大量生産ですよ。
発芽はなかなか良くて順調に育ってきています。

DSCF6066_縮小
DSCF0975_縮小

あとはいつものバジル。
紫のバジルをまいたんですが、やっぱり芽のそろいが悪くてさっぱり。
蒔き直ししないとだめっぽい。
普通のバジルは去年農場でまいたようにまいたら思った以上にうまく発芽したので、
次からずっとこの方法でやろうかと思ってますよ。
もう少ししたらポット上げして後々苗売りします。
少し農場の人から欲しいといわれてるので、それはおすそわけですよ。

DSCF0976_縮小
DSCF6065_縮小

初チャレンジというとコキア。
これは芽出しに失敗(焼いた)ので200まいて5とか6個しか出てないけども・・・・・
コキアってとんぶりと同じらしい話。
要は実がとんぶりとして食えるらしいよって。
ならやってみるか、とチャレンジですよ。
しょっぱなから躓いてるけどね(大汗

DSCF0998_縮小

あとは去年秋まきしてやっぱりうまくいってない花類。
春まきは千日紅とか,

DSCF6064_縮小

百日草、

DSCF6044_縮小

マリーゴールド、

DSCF0997_縮小

ベニバナですか。

カンパニュラまいたけどうんともすんとも言わず、
期限切れたサルビアのお得版買ったやつまいてもうんともすんとも・・・・・
こういうのは何だろうねぇ、ちくしょうめ。
出る奴は出るけどダメなものとの差がでかすぎだわ。


こんな感じで家ではできないけど農場で隠れてこっそり苗づくり。
温度も取れるので芽出しが早くて優秀だ(笑
作業も落ち着いだし、バジルの2次まきもそろそろ始めようかなーと思う次第。
あくまでこっそりとー



2018-05-07(Mon)

まず初めの繁忙期を突破

腰が痛いー

ケツが痛いー

1日しゃがみっぱなしは体に悪いわー(泣
今日は丸1日しゃがんで作業をしてましてね、がんばったので繁忙期を抜けることができましたよ。

DSCF6096_縮小

見てよこの葉っぱの量。
これぜーんぶ脇芽。
1本立ちだから脇芽はすべて除去、ほんとはもっと早くにやらないといけなかったんだけど、
あまりに仕事が押せ押せで遅くなってしまった。
まあこういうときに連休に当たってしまったということもあるんですがねー
ほぼ1日脇芽かきしてました。

DSCF6097_縮小

脇芽欠いて誘引スタートして、トンネル支柱撤去したところまで。
ここまでくればあとは手をかける作業は少なくなるので、ひとまず楽になった。

DSCF6100_縮小

ここまでくると品種ごとの特性というか、違いがはっきり。
これは恋するマロン
生育速度としては3番目、穏やかながら蔓が伸びてきて順調。

DSCF6101_縮小

プリメラ115は最も生育が早く、蔓伸びがものすごい。
脇芽欠いたから明日はもっと速度超過してるかも…
これは誘引で忙しくなるね。

DSCF6099_縮小

一番生育が遅いのがこの自家採種のカボチャ。
肥料は入ってるわりに遅いなーと先生が気にしてしまうほど。
葉もあまり大きくなく、いったいどういうこっちゃ??
脇芽欠いたので、もしかすればこれからなのかも。
結構初期生育が遅いのかもしれん。
そうはいってももうすぐつり上げ作業が始まりますけどねー

DSCF6098_縮小

一番おかしなのがこの特濃こふき
葉柄がとても長く、蔓伸びが遅い。
他のは這う感じだけど、これは立性。
ここから蔓を釣り上げてまともに実をならせられるかが心配ですよ。
生育としては2番目で、脇芽が多かったです。


4者4様の生育状況で、今のところは順調。
明日誘引作業が終われば作業はひと段落で今日までの激烈さからは解放だーー
とはいえウリ科はロケット、またすぐ忙しくなるでしょうな。
誰か検問して速度超過取り締まりしてくれーー(笑


2018-05-06(Sun)

畑作り開始ー

いやー昨日に続き今日も強風。
小屋に行ったらなんとまあビニールはがされてましたよ・・・・

DSCF6095_縮小

白いビニールの上に張ったやつだけですけどね。
この破れたビニール、寸法ミスで下がりがほとんどない状態で止めてたので、
抑えてたマイカ線が全部吹っ飛んだことでもってかれてしまったみたい。
応急的にマイカ線張ってこれ以上被害が大きくならないようにしてますけど、
結局はがして張り直しでしょうね。面倒なことになった・・・・・


今日も農場に行って4連休フル出動。
そのあと家の畑作りに着手ですよ。
まだ植えるものはできてませんけど、畝づくりやってる時間も限られるのでさっさと仕事します。

DSCF6090_縮小

畝づくり始めようとして気づいた。
去年目印紐全部おじゃんしたんだった(汗
まず最初にこの紐づくりしてから作業開始ですよー

DSCF6091_縮小

相変わらずこまごまとした畝作りますけども、計測して畝の位置を決めていきます。
ちなみに今年はさっぱり計画が進んでなくて、やりながらこうしようかなー程度で作ってます(汗
ここはトウモロコシ。

DSCF6092_縮小

肥料はいつもの畝のところだけ。
通常肥料ってまず畑全面にまいて耕うんってなもんでしょうけども、
そうなるとコストもかかるし、植える時期が違うので一々耕うんするのも面倒なので私は畝のみ。
こういう畝のみの施肥は溝施肥、畑全体は全面施肥ですね。
作物の根の張り方で変えるといいんだろうけど、そこまでは考えてない(笑

DSCF6094_縮小

今日はこんな感じの作業になった。
大した量進んでませんがね。
これからは帰宅した後日が暮れるまで作業する日々でしょうかな。

畑B 2018年度版

芋類が早いのでまずそこから。
今週中にサツマイモの畝に着手できればいいかな。
ジャガイモも植えないといけないし、自然薯もね。
始まればあっという間、忙しくなるどーー


2018-05-05(Sat)

久方ぶりの挿し木

今日は不安定な天気、雷雨に強風、雹まで降った。
それが過ぎればあとは快晴、連日の雨ともおさらばですね。
明日にはようやく畑での作業が可能かなー


先日ブルーベリーを搬出、剪定しましたんですがね、
その時に出た枝で本当に久しぶりに挿し木をしてみることにしましたよ。

DSCF6062_縮小

いろいろと枝とっておいたんですが、なんとまあやる前に混ざってしまいましてね、
しょうがなくわかってた4品種だけ挿し木。
挿し床を悩んだんですけど、いつも使ってるヤシ繊維でやることにしました。

DSCF6063_縮小
DSCF6061_縮小

今回は発根促進剤のオキシベロンを使ってみた。
使い方はいろいろあるんですがね、今回は濃いめのものを数秒つけて挿してみることに。
これで果たしてうまくいくかはわからないけど、
毎度挿し木は次の年にならないと動きがないので、
今回は今年中に動きがあってくれると嬉しいなーというところ。
ちなみにこのオキシベロン、農場で菊の挿し芽で粉末を使ったので調べたんですけどね、
現在粉末はなくてこの液体しかないみたいです。
粉末のほうが使い勝手いいんだけどねぇ・・・・・


今回の挿し木は自分で育てるというか、苗もので販売しようかなーというのも考慮してます。
なんせ40鉢以上になってくるとただ水やるだけでも人仕事ですからね。
細かく管理するのが大変になるので、以前よりも生育が悪くなってる感じもするし。
なかなかこれだけ品種育ててる人もいないだろうから、小遣い稼ぎに(笑
実際苗やって面積単価じゃものすごい儲けなんだよねぇー
あくまで需要が確保できればだけどーーー



おまけ

DSCF6077_縮小
DSCF6076_縮小
DSCF6078_縮小

山のものがガンガン育ってますぜー
今月中旬に山菜祭りがあるけど、そこまで山菜もつのかね(大汗
最近の馬鹿暑くなる気候で生育待ったなし。


2018-05-04(Fri)

アスパラガスチコリーは越冬すると食べられないようだ。

どもー
今日も休日出勤、予定を考えていたのでだいぶ作業はサクサクできた気がします。
明日の予定もすでに計画済み、だいぶ余裕を持っていけそうな気がします。
とりあえず週明けあたりまでは忙しいと思うけど、それを超えればまた楽になると思います。
ちょっとこの栽培は作業の山が大きすぎて大変だわー
品種特性わかってなかったのも大きいんだけどね(汗


さてさて今日は畑の片づけの時のお話。
去年植えてみたアスパラガスチコリーなんですがね、
一応越冬して片付けの際には復活し始めていたんですよ。
で、どんなもんか食えそうな感じのものを収穫してチェック。

DSCF6019_縮小
DSCF6018_縮小

とう立ち始まって越冬したものはとうごとに復活、
そうじゃなかったものは全体的に葉が復活してきていました。

DSCF6020_縮小

もちろんすべてが全て越冬できたわけではなく、とろけてしまった物もありましたよ。

DSCF6022_縮小
DSCF6023_縮小

復活してきたとう立ち済みのものを収穫して見たわけですが、
触ってみるとどうもふかふかしたので分解してみたら、完全にスが入ってダメな状態。
他のものもすべてそうだったので、どうやら越冬っするとすが入ってダメなようです。
なのでアスパラガスチコリーを収穫するならその年の内じゃないとだめだってことだねー
また一つアスパラガスチコリーの生態について詳しくなったど(笑

DSCF6021_縮小

チコリーというから農場のチコリーと同じく根っこが直根かと思ったけど、
こっちのはひげ根でかなりしっかりとした根っこでした。
この根量だと肥料吸収も結構多いかもしれないかな。
今年は去年より早めにまいて肥料も少し多めにやって実験してみようと思います。
無事収穫できるといいなー


2018-05-03(Thu)

休日出勤

今日は雨でだいぶ肌寒い1日だった。
明日明後日まではこういった感じらしく、昨日までの猛暑からようやく解放。
とはいえ畑には入れないしなんとも言えんのぉ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて本日は休日出勤ですよ。
今まで朝一でいってトンネル開けて帰るみたいな感じの出勤でしたけど、
これからは作業が間に合わなければ休日に10時まで作業しますのよ。
それじゃ間に合わない現状ですが、あくまで市の施設ですからねー
時間がないのでさっさと作業を進めていきます。

DSCF6067_縮小

あまりに暑い日が続いたので生育がとんでもなくなり、
ついにトンネル外して支柱を設置しましたのよ。
ただ、あまりにも生育が早いので、吊るし紐を下げるのが連休明けだと間に合わないので、
今日含め連休中にやって誘引に入らないといけません。

DSCF6068_縮小

吊るし紐の量だってバカにならない。
なんせ670株くらいの2メートルちょい、少なくとも1400メートル以上は必須ですからね。
この1玉が400mなので、4つ、下手すると5つ目に手を出すことになりますね。
チャカチャカ仕事してもなかなか量がこなせない・・・・・

DSCF6073_縮小
DSCF6074_縮小

2時間で2畝近くの紐を設置。
ずいぶん頑張ったけど、まだ半分なわけで・・・・・
しかもこの紐を一番下で固定もしないといけないのでまだまだ作業的には3分の一とか4分の一。
正直絶望的な感じだ(大汗

DSCF6071_縮小
DSCF6069_縮小

おまけにどっか別の方向に向かってるものもあるので、
そういうのを矯正しておくのも必要。
こういうのは定植ミスか風が原因、しっかりなってればきれいだけど矯正したら裏返っちゃうからね。
巻きひげも出てきたので下手こくと折れるので注意が必要だ。

DSCF6070_縮小
 
あとは品種によって伸び方に差があったりするので、
それらを考慮しつつ作業をする順番を決めないといけないですね。
この品種は伸びるよりも脇芽がどんどん出てきてる感じなので、誘引よりも脇芽かきが優先されそうですよ。
このあたり、明日の作業をどうするかしっかり考えておかないとね。
そこらへんはいつもやってることだから大丈夫だけど、いかんせん時間がなさ過ぎて間に合わないわ(汗

DSCF6072_縮小

伸びてるものは既に1番花が出てきていました。
これは着果させないのでいいんですが、もうそんな状況にあるってことで。
家でだったらまる1日かかりっきりでいいんだけど、マイッタでー
もっと作業をスピーディーに無駄なく動けるよう、この連休は頑張るっきゃない。


2018-05-02(Wed)

小屋の鉢植えも外出ー

今日も暑かったっす。
ここ数日で確実に顔の日焼けがやばいことになってますね。
汗ふくから顔が痛いし・・・・
とめどなく流れる汗、容赦のない高温、これで夏場どうすんだって感じがしますよ(泣


そんな感じで季節がものすごい速度で移り変わっております当地、
もうがっつり寒くなることもなかろうと、鉢植えそのほかすべてを外に出した。
家のブルーベリーもそうだったけど、小屋の柑橘もすべて搬出。
霜降ったらアウトだけど、そこらへんはチェックして回避だ。

DSCF6007_縮小
DSCF6008_縮小

今年の越冬はかなりまともにできた感じ。
なんせ葉が全て落ちたものがないからね。
レモンの実がまだ付いたままだけど、それでも何とかなってるし、
早いもんでジャバラは開花を迎えてしまいましたよ。
まあどうせ今年も結実はしないんだろうけどーー
とりあえず肥料やって今シーズンの生育に備えておきました。

DSCF6003_縮小

あとは苗もの。
こいつらずっと日陰暮らしだったからいきなりこの暑さでは焼け死ぬ可能性もあったので心配したけど、
それでもどうにかこうにか順応はしてきた模様です。
やはり日陰暮らしでの徒長がひどく、そこの軟弱部位は枯れそうですがね。

DSCF6005_縮小

アグロステンマはまさにそんな感じ。
こうなると売り物にもならないし、結局そこいらに植えるほかなさそうな感じ
まーた花壇がごちゃつくことになるのか・・・・・

DSCF6004_縮小

ガイラルディアやキューピッドダーツは何とも言えない。
そもそも小さいまま越冬したので徒長もくそもあったもんじゃない。
今は水切れで焼け死ぬことのないように管理するだけだね。

DSCF6002_縮小
DSCF6054_縮小

同じくもやしっ子になってしまったねぎ、
ねぎやると毎度こんなんだから育てられてないんだなーと思っちゃいますけども、
枯らさないように日よけをして復活を祈る状態。
農場のねぎが立ってるのを考えると、初めから光がないとだめだってことだね。
発芽まではどうにかなるので、あとは日に当てられるかどうか。

DSCF6006_縮小

そんな中、日があろうがなかろうが強いのがウラジロヒゴタイ。
なぜかこれだけど徒長しまくりーとかがなく普通に育ってますね。
みんながみんなこんな風だと助かるんだけどねぇ(汗


温度があればぐいぐい育つけど、その反面光がないと徒長しまくり。
ここいらの春は徒長させずにいるのが難しいぜー
蛍光灯ガンガン照らしとけばいいんだろうけどー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村