FC2ブログ
2018-08-31(Fri)

伸びが止まらねぇ!

順調に生育を続けております抑制南瓜。
順調、というよりはあまりにも生育が早すぎて非常に困ったことになっとります。
抑制栽培の最大の問題点が私を襲ってきています。

DSCF7091_縮小
DSCF7092_縮小

これが昨日の段階。
昨日も昨日であまりに伸びたんでハウス開けた瞬間にビビったんですがね、
そこからさらに伸びた本日がこちら。

DSCF7106_縮小
DSCF7107_縮小

どうするよこれ。
1日の伸びが4,50cmってどう考えてもおかしい。
あまりにも伸びすぎるので、もうすでに頂点に届いてしまってますよ・・・・
まだ一切花も咲いてないってのにどうすんのこれ。
非常に困った。

DSCF7104_縮小
DSCF7105_縮小

原因の一つは今作の水やりか。
あまりにも暑い日が続いたために水切れを警戒しすぎて水が多かった模様。
今週は一切水やってないけど、雨降ってることもあって空気中の水分を利用するので、
朝にハウスを開ければ紙マルチは水浸し、葉のふちには水がたくさん。
ぐいぐい水分吸い上げてしまってます。
おかげさんで今日の誘引時にズボンが水浸しになってしまったわけですが・・・・・

DSCF7057_縮小
DSCF7058_縮小

隣のカラーピーマンもジャングルになってしまってますけど、
こっちのカボチャもあっという間にジャングル化してしまったよー
このままじゃ実もまともに付けられないし、何か対策を講じないといけない。
先生と相談して傷をつけて生育を鈍らせるか、はたまた親じゃなく子づるに転換するかなどの作戦が出ましたけど、
はっきり方針が決まらなかったのでとりあえず週末はどうにかするしかない。
この超絶加速スイッチを持った抑制南瓜を押さえつけるすべってのはないもんかねぇ。
厳しい戦いを強いられてますよ(汗


スポンサーサイト



2018-08-30(Thu)

大根無事発芽も・・・

今日は晴れ間も見えて雨も降り、一時ものすごい蒸し暑さに。
そのせいですかね、南瓜の伸びがやばいくらいになりました。
まあそれは後日報告するとして・・・・
本日は大根のお話でーす。

DSCF7102_縮小
DSCF7103_縮小

聖護院大根が無事発芽しましたよ。
いつもの場所では発芽もしっかりそろって数のそろいは上々というところ。
問題はジャガイモがあったところとねぎの隣。

DSCF7099_縮小

ぼつぼつ穴が開いた発芽不良が目立つ。
特に去年の種は発芽が極端に悪く、まったく出てない感じがします。
種の保存が悪かったかねぇ・・・・


とりあえず種は残ってるのでまき直しをしておかないといけませんね。
最初のやつらは種まき後に雨が降らなかったので発芽に時間がかかったけど、
今まけばかなり湿ってるから早々に出てくるはず。
かなり遅れてしまうけどないよりはましだから、まずは蒔き直ししてしっかりそろえたいと思います。
今のところ大根は順調そうでございますよーー



2018-08-29(Wed)

こふきが折れやすくて困る。

どもー
相変わらず毎日が誘引の椎たけ夫ですー
どんどん成長して誘引で忙しいです。
といっても誘引しかすることないので2時間もあれば仕事が終わるんですが(汗
今はまだ余裕です。

DSCF7063_縮小
DSCF7064_縮小

どれだけ生育が早いかというと、
この状態からたった2,3日たっただけでこうなる。
             ↓ ↓ ↓

DSCF7082_縮小
DSCF7083_縮小
DSCF7084_縮小

現在10節目は越えてきて、もう少ししたら着果が始まる位置に来るんですが、
やっぱり伸びすぎ、着果位置がかなり高い位置になりそう。

DSCF7081_縮小

なんせ暑すぎて雌花がことごとく流れてしまってます。
こういう状態の雌花になったらもう希望なんてありゃあせん。
ちょっとまだ気温が高すぎですねぇ・・・・・


現状こんな感じで株がどんどん伸びていまして、
吊り紐に誘引するのはほとんど完了してる感じなんですが、
こふきのほうはそうもいかないものが結構あります。
定植がずれたから遅れてるというわけじゃなくて、折れてしまって誘引方向に持ってこれないってのが正解。

DSCF7061_縮小
DSCF7062_縮小

ボキッとね、株元からいっちゃってるわけで。
まだ死んでないやつはいいけど、完全にいった株だけでも10株はあります。
折れた株総数でも20以上あるんじゃないかという惨状。
どうもこのこふきという品種は折れてしまいがちの品種みたいな感じ。

DSCF7060_縮小

一番の要因は特濃こふきと同じく立ち上がってしまいやすいこと。
最初に這うのではなく立ち上がるので重心が高く風の影響を受けやすいです。
そんでもって誘引方向に折れればまだましだけど、逆向きに折れるのが多数。
ホント厄介極まりない。
初期に仮の誘引棒のようなもので吊り紐まで導いてやらないとだめですね・・・・


DSCF7059_縮小

半促成では特濃こふきが面倒だったけど、
抑制はそのお仲間のこふきがしこたま面倒なことを起こしてます。
なんだろうこのナント種苗品種の面倒くささ(汗
まあ味はいいので何とも言いづらいけど・・・・
病気は止められたけどそれ以前の問題で抑制栽培は難儀をしておりまする。


2018-08-28(Tue)

サツマイモ草むしりも大詰め、農場のサツマイモは蔓返し

大根の播種が終わったのでサツマイモの草むしりを再開しているんですがね、
もうそろそろ終盤というところにまできています。
サクサクむしれるところとなかなかはかどらないところとあるので、
もう少し時間はかかってしまうかもしれないけど、終わりは見えてきましたよー

DSCF7071_縮小

あとこれくらいになってます。
後ろのほうからやってるので手前はまだぼうぼうですな。

DSCF7072_縮小

難儀はしてますけどどんどんきれいになってきてますよ。
ただやっぱり草にまみれたところの生育は悪いです。

DSCF7073_縮小

葉の色も茂り方も残念…
草はさっさとむしってしまわないと影響大だと去年も同じ目にあってるのにねぇ(大汗
今年も収穫量はかなり少ないでしょう。
時間をかけられないから仕方ない・・・・・

DSCF7078_縮小

一方で農場のほうのサツマイモはこんな風になってます。
ここまで蔓が伸びるとは恐ろしいもんですよ。
特に紅あずまの生育が良すぎて怖い。

DSCF7079_縮小

今日蔓返ししたんですが、絡み合ってほどくのに非常に苦労しました。
なんせ1本の長さが2メーター越え、それが1株からあっちこっちに大量に伸びてるわけで。
サツマイモってここまで育つのかと、驚きですよ。

DSCF7080_縮小

紅はるかやシルクスイートはマルチのあるところあたりまでの生育なのでまだいいほう。
それでも確実に蔓と葉数が大量なので芋はいいでしょうねぇ。
まあでかくなり過ぎってのも考えられるけど(汗

DSCF7056_縮小

どっちのサツマイモにもスズメガの幼虫がいましたけど、
うちのはやられたらひとたまりもないけど、農場のは多少ついても全く影響ないね(苦笑
去年は水害で収穫物が全然だったけど果たして今年はいかに。
ここまで育ってツルボけでしたーだったらがっかりにもほどがあるぞーーー


2018-08-27(Mon)

クランベリーの水切れは確実な枯死を起こすようだ

どもー
今日は比較的涼しくて作業が楽でしたー
涼しくなったせいか夕方の畑にも虫が少なかったし最高だー
これぐらいの感じが続いてくれるとありがたいんだけどねぇ。


本日久しぶりのクランベリーの話題。
プランターに植えたことでだいぶ調子よく育ってきていたクランベリーですがね、
あれこれと忙しくて水やりに行かなかった日が続いたんですよ。
そしたら案の定、枯れ果ててしまいましたのよ・・・・・

DSCF7007_縮小
DSCF7008_縮小

気付いた時に水切れ症状が起きてしまっていましてね、
慌てて水をやって様子を見ていたんですが、日に日に枯れこんでいくだけ。
完全に水切れを1度でも出した瞬間枯死確定のような感じですね。
せっかく調子よく実までついていただけにもったいない。
ただ、ブルーベリーなどに比べると果てしなく根っこが弱いってのがはっきりしました(汗
ここまで弱いと育てていくのは難しいねぇ・・・・・


クランベリーは確かこれで4回目くらいの枯死のはず。
鉢植え3回のプランター1回、プランターとの相性はいいなーと思った矢先ですよ。
残念だけど、今は面倒見切れない状態が続くし、
しばらくクランベリーは封印することにしますわ。
ベリー系最弱はこいつじゃないかと思う次第・・・


2018-08-26(Sun)

もう誘引開始だーー

今日は雨です。
農場での一仕事を終えた後は雨が強かったので休養日にしました。
ちょっとね、ケツをしこたま打った後遺症で尾てい骨が痛いってのもあるんだけど(汗
マジで折れてんじゃないか・・・なんてねー


さて本日も休日出勤となったわけですがね、
2作目のカボチャもどんどん伸びてもう誘引が必要になったからなんですよねー
あっという間にまたあの忙しい日々に逆戻りだ。

DSCF7039_縮小

金曜日でもうこの状態になってたので、週末はどうしてもやらないと月曜日にまずいなーと。
今回は栽培数が前回より少ないっていうことはあるんですがね、
伸びる速度は前回より早いので2日放置は激ヤバ

DSCF7046_縮小

誘引までは蔓の先が自由に伸びちゃうので、
こんな感じであっちこっちしっちゃかめっちゃか。
一応伸びる方向に倒して定植はしていますけど、結局こうなっちゃうのよねー

DSCF7049_縮小
DSCF7048_縮小

折らないように慎重に蔓を動かして誘引紐に止めます。
これが最初の誘引で、この後は誘引紐に絡ませていくだけ。
これから先の速度もやばいので追いつかなくなるぞーという脅しはかけられてますのよ(汗

DSCF7050_縮小

中には誘引前にボキッといっちまってるのもあるけど・・・・・
これはこの間の防除で先端部が引っかかってしまったというのと、
昨日の夕方に風が強くなって持っていかれたやつの2パターン。
特濃こふきも同じようなことあったけど、今回のこふきもかなり折れやすい感じだ。
すでに10数本の被害、これはかなりやばい状態ですよ(泣


こふきはこんな状態ですんで、最初の誘引がかなり気を付けないと大変ですよ。
イーティはなんともないところを見るとやっぱり品種間差異でしょうねぇ。
品種選びって重要ってのを2作目もひしひしと感じておりますよ・・・・・


2018-08-25(Sat)

ネギが倒され始めたなぁ

今日は休日出勤、また忙しくなってきました。
自分の作物だけ無駄に忙しいですね(汗
おまけに帰ってきたら草むしり、あははー休日ってなにーー(爆
今日は大曲の花火ですんでいつもより出勤時の車が多かったですね。
ただ、本当に多くなるのは帰りだからこれから深夜帯なんですけども・・・・・


さて本日ねぎの話題。
例年になくうまく育ってきている感じのねぎなんですが、
ここにきて倒されてしまう被害が発生し始めました。

DSCF7002_縮小

根元からバタッと。
根切り虫なのかねぇ。
これぐらい大きくやるってーと蛾の仲間以外はなさそうですが。
ばっさりやられるとそこでおしまいなのでこれは大きな被害になってます。

DSCF7003_縮小

それ以外はさび病も起きてきてないし、スリップス被害もほぼなし。
病害虫がここまでないのでかなり優秀に育ってると思います。

DSCF6998_縮小
DSCF6999_縮小
DSCF7001_縮小

長さも来てるので草むしりひと段落ついたところで土寄せしておこうかな。
ということはできるのは来週以降になるかと思うけど。
来週も天候がいまいちなのでできる日はかなり限られちゃいますなー


そういやねぎは最初の苗の段階でのネギコガ被害のほかって
さほど病害虫にやられることって少ないような気がします。
農場のねぎはかなり病害虫にやられるのになぜだろうね??
うまく苗さえできればある程度ネギやってもいいのかもしれないな。


2018-08-24(Fri)

ようやく開花の赤大豆

今日は台風の影響で雨や曇り。
昨日からすればだいぶ気温は低下してよかったです。
防除もできたので良かったですが、やってる最中に液漏れしまくりでけつがずぶ濡れ(大汗
休憩時間にドラッグストアに行って下着買ってきて対処しましたわ。
いやー予期せぬ攻撃を受けてしまって午前中は大変だったわ・・・・・


本日は豆のお話だよー
風対策で再び倒伏予防線を張った大豆類、とっくに咲いていた黒豆から遅れること2週間、
ようやく赤大豆の開花が始まりました。

DSCF7041_縮小
DSCF7040_縮小

茂り具合は申し分ないけど今になっての開花。
花は白のようですね。
これは今からだと遅すぎないかねぇ・・・・

DSCF7042_縮小

おまけになんだか目立つこの斑点。
赤大豆だけこれが結構見られますね。
この品種だけ出てるので病気に弱いのかな?

DSCF7043_縮小

黒豆は病気もなく莢も大きくなってきてます。
赤大豆は晩生で弱いってことでいいかねー


黒豆は今年も一応収穫できるかもしれませんけど、
赤大豆はこのままだと熟しきらずにおしまいになる気がしてならないですね。
そうなりそうな予感がした場合は枝豆で食べてしまうのも手か。
やっぱり初栽培物はやってみないとわからないものが多いですなぁ。



2018-08-23(Thu)

露地の吊り南瓜を収穫しました。

あっちーーーーー
横手は観測史上最高気温38.6度を記録。
なかなかこんな気温を記録することはないからね、厳しかったですよ。
それでも外で作業してた自分はいったいどういうことだ(笑
おめー強いなーと言われちゃいましたよ。ハハッ


その暑い中での本日の作業が南瓜の収穫。
自分のカボチャではないですが、南瓜担当としてキュウリネット栽培の吊り南瓜を管理してまして
着花からの日数でもう収穫できそうな日にちになったので全部収穫してきましたー

DSCF7037_縮小

株はもう虫だらけに病気だらけなのでさっさと撤収してほしいというのが周りの状態(汗
ただ、自分の恋するマロンが収穫適期なのに中がまだ若いということがあったので、
一応1個割って中の種の熟し方を確認してからの収穫としました。
40株から100個ちょいくらいの収穫でしょうかね。
あ、坊ちゃんのほうも収穫してたので、それは10株から75個でしたよ。

DSCF7021_縮小

坊ちゃんはこんなしわしわなものもあったりしましたけど、
まあまあの出来という感じでしたわ。

DSCF7034_縮小

今回の収穫の最大に近いやつで4キロ越え。
これが最大かどうかは他の物を完全に量ってないのでわかりませんけど、
あらかた3キロを超えるサイズのものができてまして、露地のものはかなり巨大化してしまった印象。

DSCF7035_縮小

4キロものと自分の恋するマロン(1,5キロくらい)、坊ちゃん。
ここまで差がある程にでかい。

DSCF7036_縮小

坊ちゃんと並べると大人と子供というか、横綱と子供という感じ(笑
バカでかくなるもんですねぇ。
恋するマロンの標準は1,8~2キロくらいなんですが・・・・・


DSCF7022_縮小
DSCF7023_縮小

自分のものは1か月もたち、傷みが結構出始めてきてしまってます。
要は暑すぎるってやつなんですがね(大汗
今回の収穫物もかなり暑い状態で過ごさないといけないので傷みが出やすいかもしれないねぇ。
売るとしてもまずは2週間は熟成しないとね。
このでかさで味は大味になってなきゃいいんだけどー


2018-08-22(Wed)

メロンのうどん粉病耐性の違いと新たな病気発生

今日も随分と暑かったですね。
あまりに暑かったので防除を考えてたけど延期にしました。
雨降るかもって予報だったからできるかと思ってたけど、残念ながら暑すぎだーー


防除というとメロンのうどん粉の防除もしておきましたのよ。
3品種植えてますけど、それぞれでやっぱり耐性って違うもんですね。

DSCF7014_縮小
DSCF7015_縮小
DSCF7017_縮小

抑制栽培もできるシャロンチロルに関してはうどん粉病耐性があるためかほとんど発症はなし。
多少の発生はあるものの耐性があるとやっぱり出方が違いますね。

DSCF7016_縮小

一方抑制栽培向きではないルパン2世はやっぱりうどんこが強く出始めてます。
本葉のあちこちに出始めているのでかなり病気は進行してきていますね。
もう少し前でたたいておかないといけなかったですが、農薬の準備が間に合わなかったので遅れました。

DSCF7018_縮小

3品種並べたところでははっきりと出る出ないが出てます。
強めに発症しているルパンの隣で平然としているチロル。
耐性あるなしってここまで違うかーと思わさせる次第ですよ。

DSCF7028_縮小

今回は農場かぼちゃでも使った、まずはぶっ叩くための治療薬ラリーを使いました。
これでしっかり止めてあとを有利に進めるためですね。
南瓜での初期発生だとはっきり効果がわかるのでいいですよ。

DSCF7012_縮小
DSCF7013_縮小

まあうどんこに対する対策はまず1回やったわけですがね、
台風も来るし泥はね予防もしないといけないと草マルチしたんですが、
その前に降ったスコールの影響で泥はねが結構起きてしまいまして・・・・
案の定新たな病気が蔓延し始めました。

DSCF7030_縮小

これ、防除してる時に気付いたのよね。
上の写真の時はまだうどんこだけだったのでラリーを選択したんですが、
防除中に激発したこれを見て選択ミスったーと(大汗
直接メロンの防除対象でないですが、同じ薬剤で多品種の防除対象になってる薬を買っていたので、
そっちを先に使ってればよかったなーと失敗しました。
あ、ちなみに同じ農薬でも防除できる対象に違いがあったりしますのよ
今回はメロンではうどん粉だけだけど、スイカだと炭疽にも効くよってやつね。
ラリーはうどんこのみだったので、選択肢がある他のを使ってみたらよかったというわけよ。
まあメインはうどんこだから効果のほどはわからなかったけどね。


1回目の防除をしてしまったので少しおいてからの再防除を考えないといけないですね。
ちょっと激発気味なのでなるべく間隔は開けたくないけど、
ラリーは残効性もあるので早速は厳しいだろうねぇ。
ちょっとした選択ミスでどうにもならなくなることほど無駄はないですなぁ・・・・・
農薬使うときはいったい何が起きてるのかをしっかり把握してやらないとだめだなーって話です。


2018-08-21(Tue)

抑制南瓜の栽培準備がすべて整いましたよー

どもー
今日は暑さのぶり返しがひどく猛暑日になりました。
この後も暑さの厳しい日が続きそうで、まだしばらく残暑がきつそうですね。
一気に秋が進むかと思ったけど、やっぱりまだ8月中旬でしたね(汗

そうそう、熱い戦いの甲子園が終わりましたね。
やっぱり桐蔭の壁は高く秋田は残念ながら準優勝。
103年ぶり2度目の決勝でしたが、1回大会と同じく無念。
それでも次々と大物を倒し劇的な勝ち方をして決勝まで行った金足農業、素晴らしかったです。
公立校ばかりの秋田でここまでやれるようになるとはね。
すごかったけど、やっぱり優勝させてやりたかったなぁ・・・・・


さて本日、この暑い中ハウスでの作業を頑張りましてね、
ようやく抑制南瓜の栽培準備がすべて整いましたよー

DSCF6987_縮小

先週の金曜日、まだ盆期間でかなり人がいない中一人で支柱建てをすべて完了させまして、
あとは吊り紐を設置すればいい状態までやったわけですよ。

DSCF6989_縮小
DSCF6988_縮小

一人でやったのでパイプを株に落としてしまって、1株取り換え(汗
ちょっと活着に手間取ってしまってますので、注意しないといけなかった…

DSCF7024_縮小

昨日今日でついに紐の設置も完了して後は蔓が伸びてくるのを待つだけー
ここまでくると少しだけ余裕が生まれます。

DSCF6990_縮小
DSCF7025_縮小

とはいえ大きくなる速度は半端じゃない。
上が金曜、下は今日。
定植1週間ですけど大きくなってますねぇ。
こりゃあ今の余裕もあっという間になくなってしまいますね。
特に今週の猛暑再びは生育速度にかなり影響を与えそうだ。
あまり気温高くなってほしくないんだけどねぇ。

DSCF7027_縮小
DSCF7026_縮小

現状はイーティもこふきも立ち上がりタイプで特濃こふきのようなていを見せてますね。
あまり葉柄が伸びてほしくないけど、どうなのかねぇ。
今のところはまだ節間が短いので、なるべくぐいぐい伸びないように育ってほしいもんだ。

そんなわけで栽培に必要な準備は完了、育ってきたらまたあれこれありますけど、
今のところは明日うどん粉病の防除再びやれば特にやることはなくなった。
この作業の山さえ越えれば南瓜の吊り栽培はどうにでもなる感じ。
今回はうまいことできてるので、この調子でうまく進めていきたいねー


2018-08-20(Mon)

ナツメに害虫出現

今日は久しぶりに暑くなった。
明日以降も最高気温が真夏日の30度超えらしいので、まだまだ残暑は厳しいね。
とはいえこう暑い日と涼しい日がはっきりとわかれるので、
気温変化には気を付けないと作物も体も大変だー
温度差あるとおいしくなるもんもあるけどね。


今日はそんなわけで?果樹のお話だよ。
今年は雨が少なかったこともあって果樹の出来具合はいい。
特にブルーベリーはなかなかのもんです。

DSCF7010_縮小

日曜に大収穫2回目でたぶんここまでに7キロ越えで目標の10キロはいけそうになった。
ただ、収穫してるとなにやら嫌なものがついてることに気付いたわけですよ。

P1020503_縮小

わかりづらいですが、白い点がポチポチとついていて、
その部分だけ果実がへこんで歪になってしまっています。
正体はカイガラムシですね。
カイガラムシもカメムシの仲間ですから吸汁被害が起きてしまったわけですよ。

P1020504_縮小

それはブルーベリーだけではなく、ナツメにもいました。
しわしわになった実の付け根に何やら白い虫とアリ。
共生している時点でカイガラムシだとわかった。

P1020505_縮小
P1020506_縮小

しかもね、いる場所がこのくぼみの部分。
最低な場所に押し合いへし合い奴らが潜んでるわけですよ。
こんなのは初めて、ナツメに害虫が初めて発生しました。

害虫

正体はコナカイガラムシという種類のカイガラムシのようです。
殻のない軟弱な野郎ですが、隙間を好むタイプのやつで駆除するのが非常に面倒だ・・・・
黙っておけば確実に実は落ちちゃうだろうし、かといって防除も大変だしねぇ。
どうしたもんだという面倒な害虫が発生しちゃいました。

一応農薬としてはスプラサイドという有機リン系殺虫剤が登録されていますけど、
有機リンだから直接かからないと意味ないのでこれにかけるのは非常に難しいですね。
今年はもうあきらめるか、面倒だけど細い棒なんかでちまちまつぶすか。
あーもーやってられるかーーー


2018-08-19(Sun)

今年も聖護院大根まいたどーー

今日もなんだか気温上昇はそこまででもなく。
午後からは作業してて汗かくとやばいですね。
汗をかきやすいような気温でありつつ汗が冷えやすいってのはうまくないですねぇ。
体調管理に気を付けないといけない感じですよ。


さて、本日は一大事業の大根播種。
ここまでの下準備がとっても忙しかったのでようやくこの作業が終わったーという感じ。

草むしり

雨の日も晴れの日も草をむしり続けてついこの間草むしりが完了しまして。
かなりぎりぎりのところでしたけどどうにかこうにか。

DSCF7004_縮小

草むしってればこんなもガンガン出てくる。
ヒルガオの地下茎ですねぇ。
これめっちゃくちゃあちこちに伸びてて非常に困ります。
メーター越えなんてのは楽に存在。これを来年トラクターでちぎればさらに・・・・・・
なるべくしっかり除去したいけど難しいからねぇ。困った雑草だ。

DSCF7006_縮小

草むしりが終わったところで昨日畝づくりを完了させておいた。
ここに6畝ですべての大根畝の準備完了。
今年はなんだかんだで長い畝10畝分だった。

DSCF7009_縮小

そういうこともあって買った種が間に合うか数を数えたりしましてね、
多めに入った種を買っていたので数えた結果大丈夫だ、とGOサインー

DSCF7011_縮小

とはいえ3粒まきだと間に合わない数で、2粒まきで今年はやりました。
まあ大根は発芽率がいいし、間引きも大変になるのでこれで十分だと思いますね。
いぶりがっこやってる人では1粒まきでやってる人もいるらしいですよ。
それでちゃんとできるんだったら経費的に見て一番いいんだけどねぇ。
リスクもあるので私は最低でも2粒まきでやりまーす。

畑B 2018年度版
畑A 2018年度版

そういうことで本年度の畑はすべて埋まった。
一部分だけジャガイモからの大根で2作目という箇所があるけど、そのほかは基本的に1年1作。
なんだか無駄に時間かけて育ててますねぇ(大汗
その分しっかり物になればいいんだけど、そうとも言えてないのが痛いところだ・・・
今回の大根は770か所まいたのでしっかりできれば1トンは越えるでしょうけど、
さーて今年の大根の出来はどうなのか、本年度ラスト種まき完了で育成スタートです。


2018-08-18(Sat)

サツマイモの草が今年もひどくなっちゃったなー

金農サヨナラ2ランスクイズキターーー
いやー沸かせてくれますねぇ。
昨日は全打点がホームラン、今日は全打点がスクイズ。
投げては全試合2桁奪三振。
1回大会で準優勝だった秋田、100回大会で優勝き持って帰れるか。
ちょっと今回は期待してしまいますねぇーー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて今日も気温はあまり上昇しなくて、汗かきまくりながら畑仕事してたんですが、
ふと休憩すると風で冷える冷える。
陽が落ちたらやばくなったので作業はあったけど逃げました(汗
急に秋がやってきちゃいましたねぇ。

DSCF6991_縮小
DSCF6992_縮小

本日サツマイモの話題。
今年も草がひどくなってきておりますサツマイモ。
最初の段階で草むしったパープルスイートロードはだいぶ茂ってきてますけど、

DSCF6993_縮小

反対見ると草がやべーー
ジャンゴーですよジャンゴー
去年はヘアリーベッチにまかれて大変なことになってしまいましたけど、
今年はオヒシバなんだかメヒシバなんだかエノコログサなんだかもうわけわかめ。
草に負けて茂れないのは全く去年同様だわな…

DSCF6996_縮小

全体像で言うとこういう感じに。
草むしりしてた端っこの部分だけは比較的まともに生育してますね。

DSCF6994_縮小

こういった中途半端にやったところだって、やったかやってないかで葉の多さは違いますよ。
やっぱ最初のうちにやってしまっておかないとだめだったなーとは思いますけど、
時間がなかったのはしょうがねぇ。どうにもならん問題だわ。

DSCF7005_縮小

端の部分はまた草やっといたけど、大根終わったら即こっちの除草かねぇ。
まだまだ草との戦いは続きますな。
いくらでも芋を太らせるためにも頑張らないと。


おまけ

DSCF6995_縮小

からゆたかにこんな葉っぱが出てきてた。
朝顔なんかではこういう葉っぱがあるけど、一部だけこういう葉が出るってのは何だろう?
他はみんなハートの葉っぱなのにねぇ。
気になる。



2018-08-17(Fri)

黒豆倒れだしたけど、莢はできてきてます。

どもー
今日は非常に寒いですよ。
雨降った後に急激な冷え込みになりましてね、最高気温で25度にもならなかったです。
朝は風が強いうえに20度にも達してなくて秋が来た感じになりましたね。
明日の朝はもっと冷えそうで、急激な気温低下は困るなぁ・・・・
南瓜、植えたばっかなんだけどーーーーー


本日は豆の話題。
昨日まで結構な雨が降りましてね、おまけに風も結構強かったんですよ。
そのせいで頭が重くなったものがゆすられてかなり倒れてしまったりしました。
その中の一つが黒豆でして。

DSCF6982_縮小

生育してるので倒れたといってもジャングルでわかりづらいですね。
ただよくよく見るととんでもなく倒れてました。

DSCF6983_縮小

バッタバッタと倒伏防止線の1本目を軽くなぎ倒して寝てました(汗
外側で見るとそうでもないように感じましたけど、中に入ると身動きできないほどのこんがらがりよう。
一応2本目の倒伏防止線を張っておいたけど、倒れ塩梅がひどいのでもう少し補強しないとね。
それくらい生育は順調な感じです。

DSCF6984_縮小
DSCF6986_縮小

おかげさんで丸いほうも平豆も莢がちゃんとでき始めました。
まだ実が入ってる感じはないけど、とりあえず開花から一歩前進。
開花期に雨が少なかったので大丈夫かと思ったけどどうにかなりそうです。

DSCF6985_縮小

問題なのが一向に花の咲かない赤大豆ですけどねー
これは全く実を収穫できないかもしれないという危機感があります。
丹波の二の舞をここで踏むのか・・・・・
心配だわー


気温が下がってきてますので、これから病気のほうも発生が危惧されます。
特に倒れっぱなしにするととんでもないことになりかねないので早く起こしてやらないとね。
まあそうはいっても大根予定が週末に詰まってるから厳しいんだけど・・・・・
最低でも月曜日までには何とかしてしまいたいなーと思う次第です。


2018-08-16(Thu)

メロンの蔓ひき

いやぁ結構な雨が降りましたね。
県北に比べるとやはり降った量は大したことはないですが、久しぶりに川が増水しましたね。
そんな中私は畑で草むしり。
こんな中畑に行ってるって頭おかしいんじゃないかと思われそうですが、
そうですよ、わかってますよ変人だもの(爆
変人?変態?あーあーほめ言葉(笑
まあ見回りの消防車が通って行ったときは何か言われないか焦ったけど(苦笑


さて本日はメロンの話。

道楽栽培の抑制メロン、意外と順調に育ってきてまして、
もうそろそろ着果節位に入ってきていますよ。

DSCF6975_縮小

だいぶ蔓が伸びてきたのと同時に、草も伸びたねぇ。
除草作業もしつつ、つるを引いて着果位置の調整をします。

DSCF6977_縮小

株元から畝の手前いっぱいに引っ張って距離を稼ぎます。
着果位置は10節以降なので、畝の真ん中あたりに実が来るようにしますよ。
ここにトンネルかけるので、ちょうどトンネル内に実が来る感じ。
まだやってねぇのかよって作業なんですがね・・・・・

DSCF6981_縮小

除草と蔓ひきでこんな感じになります。
先端ですでに10節を超えてきた株もあり、もうすぐ実ができ始めますね。

DSCF6980_縮小

毛むくじゃらな雌花もありました。
メロンは南瓜に比べるとかなり花が小さいですからねー
人工授粉はめんどいので蜂任せにしておきますけど、うまく実ができるかねぇ。

DSCF6978_縮小

順調に育ってはいますが、やはりうどん粉病が出始めてましたので、
これは早々に防除しておかないと厳しいですね。
これだけじゃなくいろんな病気がこれから起きてくるだろうし、気は抜けませんね。


3品種ありますけど、それぞれで性格がやっぱり違うなーというのがわかります。
生育が強い弱いもはっきりあります。
この先の生育がどうなるかはわかりませんけど、やれるだけやって実をとりたいですね。


2018-08-15(Wed)

自然薯にむかごができてきた

どもー
昨日で定植がひと段落したので、今日明日は農場お休みいただきました。
まあ苗の様子を見に朝にいっぺん確認に行ってるんですけどね。
皆立ち上がってたんで今のところ大丈夫そうでした。
そういうわけで本日は自分のお仕事の片付けですよ。

DSCF6974_縮小
DSCF6976_縮小

メインとしては大根の畝づくり。
明日かなり雨が降るとのことだったので、その前に草むしったところだけ畝たてをしておいた。
まだメインのところの草むしりが終わってないのでそちらはできなかったんですが、
とりあえず6畝分をこしらえてきた。

あとはブルーベリーを3キロほど収穫したり、畑の見回りですかね。
畑のほうではだいぶ変化が起きてるものがありました。

P1020494_縮小

今のところは問題なさげな自然薯です。
もう少し葉が茂ってもいいのかなーとは思うところですが、
それでも枯果てることはなくまずまずと言ったところ。

P1020495_縮小

よく見るとむかごができ始めていました。
まだほんの少しでしたけど、これを収穫して来年まいて種イモを作りたいと思っているので、
ある程度の量は欲しいところですねぇ。
病気の心配のある大和芋のほうじゃない10株から収穫しようと思ってます。
本当はもっとしっかり防虫などができる施設で種用のものは取るほうがいいらしいですけどね。
やってみた結果どうかで判断しようかと思いますよ。

ちょっと株の勢いが心配なので、まずは芋の収穫がしっかりできるように追肥とかしておこうかな。
むかごよりも立派な芋、今はまずそっち優先だね。
収穫まではまだまだかかりそうだ。

2018-08-14(Tue)

抑制南瓜定植完了したったーー

世間では盆だというのにせかせかと蟻のように働く私。
せかせか働いても一銭も入ってこないことに全力って異常っちゃあ異常(汗
周りはそれこそ手抜き放題っぽいからねー
まあ後で本気出すって奴だろうけど、ホントにできるんかいねぇ…


それはさておき、ついに抑制南瓜の定植が完了しました。
昨日、今日の2日かけて1品種ごとに定植してきましたよ。

DSCF6956_縮小
DSCF6957_縮小
DSCF6958_縮小

苗はあっという間にでかくなった。
といっても暑すぎてどんどん間延びしてしまい、脛がやばいくらいの長さに。
本当はこれを回避しないといけなかったんですが、今の状態じゃ厳しかった。

DSCF6938_縮小
DSCF6942_縮小

今回の発芽に関しては630分の629と非常に優秀だったけど、
やっぱり奇形とか怪しげなものとかが1品種につき10株前後出てしまった。
そこらへんも考慮して種を予定数よりも多めにまいたのが功を奏した感じ。
購入種子でもこうなるってが最初の栽培でよくわかったからね。

DSCF6959_縮小
DSCF6960_縮小

今回は紙マルチを使用。
このマルチも届くのが遅れたりして張るのに2日かかってしまったり、
今回は最初からかなり躓いてしまってます(汗

DSCF6961_縮小

今回の栽培での一番の問題が水。
定植前に8時間点滴チューブにて灌水したものの、それでも植穴には多少のお湿り。

DSCF6963_縮小

湿ってればまだいいほうで、完全にぱさぱさのままなものもあった。
ということで定植前のチューブ散水で合計14時間くらい、
植穴灌水と定植後の手掛け灌水のダブル灌水とまあ水浸し作戦をとった。
これがかなり有効に働いてくれているのは苗がしおれていないところを見ればわかりますね。
正直水がなかったら今の時期は栽培が困難ですね・・・・・

DSCF6971_縮小
DSCF6966_縮小

そんなこんなで1日1品種288株ずつ定植、2品種で576株の定植を完了
最初の栽培に比べるとかなり苗が若くて小さいですよ。
温度がある分これでもあっという間にでかくなってしまうので、
定植したからといって気が抜けるもんでもないんだけどね・・・・・

DSCF6968_縮小
DSCF6972_縮小

なんせ苗の段階からうどん粉病が(泣
定植して即防除って抑制栽培の大変さがよくわかりますよ。


DSCF6970_縮小

汗だくになりつつ、抑制南瓜栽培がスタート。
定植前からあちこちケチがついて前途多難な船出となりましたけど、
まずは一つの山を越えることができました。
そんなわけで農場は明日明後日休養して家の畑に精を出そうかなーと。
早速に枯れてしまわないといいんだけど、様子を見にはしっかり行こうと思ってまーす。


2018-08-13(Mon)

トウモロコシ収穫片付け

盆ウイーク、農場では盆休みに入る人も出てきてだいぶ人数が減っています。
私も去年は3連休とったんですが、今年はそれどころじゃないので今日も出勤ですよー
明日出勤で明後日から連休とれたらなーとは思うものの・・・・・
天気がねぇ、よくないな。

DSCF6964_縮小

さて農場ではスイカやらメロンやらの収穫がほとんど終わり、
盆前のものから盆の後のものにシフトしてきていますね。
私が忙しいのもそのせいですが、それはまた後程のお話。
今日はトウモロコシの話題で。


P1020501_縮小

この間トウモロコシが襲われた話を記事にしましたが、
囲ったら被害はなくなったんですよね。
ただ、次のものが熟してきたらそれを襲い初めまして(汗
ただでさえできの悪いトウモロコシをやられると腹が立ちます。
最初のものを収穫して次のものを囲ってみました。

P1020500_縮小

やられたものなどを引っこ抜いて廃棄。
なぜにいいものばかりを襲うのか、グルメな輩がここにはいる模様。
私にとっては最低なことなんですがね・・・・・

P1020502_縮小

ありったけできの悪いものばかりなので、収穫はこんな感じ。
これでも大きいほう、食えるサイズがあればラッキーという感じ。
なんせほとんど実がなくてヤングコーンみたいなもんばかりですから(大汗

P1020499_縮小

これで最高基準(泣
虫も入ってるし、獣にやられるし、生育は最低、トウモロコシはだめだったーーー

DSCF6969_縮小

一番最初のは農場サニーショコラ。
食べられるものをゆでて試食。
意外にうまかった。
これくらいなら食べられるので、あきらめずに収穫してこようかな。


トウモロコシはやっぱり肥料喰で、もっと肥料ないとだめだってことがわかりましたわ。
なんせ茎は細いし背は低い、これじゃ実もできないよ。
2番果が全くできないのが何よりの証拠か。
お試しでやってみたけど、トウモロコシ栽培は販売用じゃなく自家消費用で少ししかやれんなー


2018-08-12(Sun)

2018年度のジャガイモ収穫

どもー
今日は農場で明日の定植準備をしてから、ジャガイモ収穫をしました。
汗だくで帰ってきてから再びの汗だく。
途中鍬を持つ手が震えてきたっすーー
暑いときの掘り上げ作業は地獄ですな。

DSCF6899_縮小
DSCF6900_縮小

大根用の場所の草むしりをする前からすでにこんなに枯れてきてたジャガイモ。
今年は枯れるのが早く、早く収穫してしまわないと、と思いつつそのまま2週間くらいたってしまった(汗

P1020496_縮小

それを今日鍬で掘り上げ。
この列たった1畝ですが、とんでもなく大変ですね。
おまけに枯れるのが早かったせいもあって収量は・・・・・
枯れが早いというか生育が悪いってのが正解でしょうかねぇ。

P1020497_縮小

タワラヨーデルはかなり小ぶりなものが多く、大した収量じゃなかった。
中にはこうした以前パープルスイートロードに発生したような色違いも。

P1020490_縮小
P1020492_縮小

はるかはそろってはいるけど、やっぱり小ぶりだった。
それでもタワラヨーデルよりは収量があったので、この品種は優秀だ。

P1020491_縮小
P1020498_縮小

今年の特徴として一番なのが肌がやたらきれいだということ。
去年はごそごそした感じだったけど、今年のものはほぼツルっと病気なしという感じ。
外見がいいので売るときは強みになるでしょうねー
まあこの程度の量だから自家消費ですけどーーー

P1020493_縮小

特に刺しちまった2個と虫食いは早速に調理せねば。
さーてこの新じゃがどうやって食おうかな???


収穫終われば早速にダイコン畝に早変わりしないといけない。
なかなかに忙しいローテーションですが、畑の有効活用としてはベストですかね。
ジャガイモはあまりとれなかった分、大根がしっかりとれるように準備はしておきたい。


2018-08-11(Sat)

メロンの整枝

今日から盆にかけて連休がスタートというところでしょうか。
まあ私は休んでる余裕なんてないんですがねーーー
農場も今年は休みなく仕事がありそうな感じですよ。


今日は畑で草むしり以外の仕事を久しぶりにした。
やることはあまりないんですがね、メロンの整枝をちゃんとやっておいた。

DSCF6953_縮小

子づる2本出しなので、生育の良い子づるを2本に整枝。
本当は蔓をしっかり固定しておけばいいんですが、まず整枝だけしておいた。

DSCF6954_縮小

横から見るとこんな状態。
まだ草マルチもできてないし、雨除けトンネルも設置してない(大汗
まだ実ができる段階でないので急ぎはしないものの、早いところトンネルはやっておかないとねー
メロンは水管理でネットとか味に影響が出るので注意しないとね。
そこまでの管理を露地でやろうというのはかなり難しいことだけども・・・・・

DSCF6955_縮小

また草も生えてきてしまったし、ごちゃついてますが一応生育はしっかりしているようですよ。
もう少し蔓が伸びれば実もつけられる状態にはなりそうです。
それまでにやれることはやっておかないといけませんが、
大根のほうが優先だから頑張るしかないね。

DSCF6510_縮小

農場で今年頻発したモザイク病は今のところ見えないけど、今日の整枝で果たしてどうか。
やっぱり南瓜でも発生したとおり、傷つけると出やすくなりますね。
対応が難しい。

DSCF6894_縮小
DSCF6895_縮小

農場メロンはとうに終了。
特に吊るしメロンは人気があってあっという間になくなった。
メロンの人気っぷりには驚きますねぇ。
自分のメロンは収穫できるかすらわかりませんが、せめて1個くらいは…(笑
今のところは順調に生育してますよ。


2018-08-10(Fri)

天空南瓜?もう少しで収穫だね。

どもー
今日も晴れ間が出て暑くなった。
しかもこういうのって作業をするときは晴れて、休憩時には曇るというなめた天気なんだよねー
ヒーコラとハウスの中で作業してる時に晴れて、終わって一服には曇り、
まったくもって感じの悪いやつだわ(汗


さて、じわじわと第2作目の抑制南瓜の栽培開始が近づいているんですが、
その合間に管理を依頼された露地の吊るし南瓜、もうそろそろ収穫を迎えそうな感じになってきました。

DSCF6948_縮小

ぶらぶらとでかいものが下がっております。
かなり肥大してきていて、コルク化も進んでいました。

DSCF6947_縮小

付け根はもういい感じになってます。
やはり露地なので風による擦れ傷などは多いですね。
それ以外にもぼこぼこしたものは見られますねぇ。

DSCF6951_縮小

あとは日焼けが起きて多少色が良くないものもあります。
これは早々に痛みが進むだろうから、あまりいいものではないですね。
日焼けって意外に収穫後の持ちが悪くなるもんでした。
自分のカボチャもキュアリングしてるところの反対のハウスの照り返しのせいで日焼けが起きて
痛みが進んでしまった物が結構出てきています。

DSCF6950_縮小

あとは見えづらいですがテカってるのがわかりますかね。
これ、アブラムシ被害ですよ。
アブラムシの排せつ物がちょうど実のあるところに降ってしまったのでこうなってます。
アブラムシが大量に発生してる葉の下はこうしてテカってくるのでアブラムシの発生がすぐにわかりますね。
まあこうなるってことはよほど気付くのが遅かったということですな。
本来はこうなる前に手を打たないとね。

DSCF6949_縮小

虫でそんなんですから葉っぱは・・・・・
かなり防除はいい加減、まあもう少しで収穫だからこれでも何とか持つでしょう。
問題はこれが感染源で自分のカボチャがひどくならないといいということだけど(大汗


現状を見るとやっぱりこの時期の栽培は病気・虫がひどくて大変ですね。
他の野菜も結構な被害が出てるので厳しいねぇ。
抑制との境目でもこの状態、なんだかすでに気持ちが折れそうになる(大汗


2018-08-09(Thu)

あまどころ

DSCF6267_縮小
DSCF6266_縮小

今年はワサビの種ができないかと家の裏に咲くワサビの花を見回りしてたんですよ。
まあ結局のところ種は全くできなくてワサビ実生作戦は失敗に終わるわけなんですがね、
ただ、別のものを発見するという違った成果は出ましたよ。

DSCF6268_縮小

それがこちらになります。
アマドコロでございますよー
アマドコロといってもあまりピンとは来ないものですがね、
ここら辺ではたまに産直で山菜として出回ります。
山のアスパラとしてシオデは知っていたんですが、それとは別のアスパラに似たものといてアマドコロがあるわけで。
大きくなってくるとこんな感じで笹百合のようなフォルムになってきますね。

DSCF6343_縮小

花のつぼみはユリとは全く別だからすぐわかるんですがね。
スズランのような感じに花が咲きます。

DSCF6623_縮小
DSCF6624_縮小

種はどうなんだろう?ここから先の観察はしてないからわからんけど、
もしかすれば種もできてたのかもねー


このアマドコロというのは若いものを山菜として食べることができます。
甘くておいしいらしいけど、私は食べてない…
というか今年初めて家のそばに数本生えることが分かった程度、
もしかすればこれも増殖していけるかもねーとか思ったりして(笑
地下茎の掘り上げは晩秋らしいので、ちょっくら1つばかし掘ってみようかな。
なんだか知らないだけで、ホントそこらへんに有用な植物が生えてるもんだなーと思った次第。
やっぱりこういうのを活用するのが山の強みですな。


2018-08-08(Wed)

抑制南瓜定植準備は着々と…

今日は久しぶりに暑くなりました。
そんな中ハウスの中での仕事、なぜだーーー


やっぱりハウスは暑い。
今日の仕事は大体トラクターだったんですけど、
トラクター熱源とハウスの暑さで座ってるだけなのに汗だく(汗
おかげでなのか今日は肉体労働はさほどじゃないのにもう疲れて眠いぜっ

DSCF6933_縮小

今回はこんな微量要素肥料も混ぜてやることに。
この肥料追加のおかげで昨日掘ることができなかったんだけどね…

DSCF6929_縮小

掘るといっても余りにもぱさぱさだったので散水してから。
散水中はこんな状態、4時間散水してこうなる。

DSCF6932_縮小

4時間だから一体何トンの水入れたんだろうか。
それでも着々と乾燥は進んでいき、先生の見た時にはもう少しやったほうがいいと。
スコップで掘ってみたら中はいい感じだったので掘っちゃったんですがね(汗

DSCF6928_縮小

ちなみにマルチをはいだ際、大雨でハウスの中に水が浸入してるとこうなるってがわかった。
これだから外側の畝は水が多くなるんだなーと。
こんなに水が来るもんだとは思ってなかったですよ。

DSCF6934_縮小

肥料を振って掘ったんですがね、やってる最中にミスに気付き・・・・
どうにかこうにかうまくごまかして掘り上げ、そのあと同じトラクターで畝の成型までやった。
マルチは手掛けなので今日はここまでしっかりできてればといったところです。

DSCF6935_縮小

最後は畝の成型をしてかん水チューブに漏れがないかのチェック。
これで明日はマルチをかければ畝は完成だーー
問題はマルチが来るかどうかなんだけど・・・・・


DSCF6921_縮小
DSCF6927_縮小
DSCF6931_縮小

苗のほうは発芽してからあっという間にでかくなり、
早いものは暑さに当たったせいか軸が伸びてよろしくない状態に…
あまりぐいぐいしないでほしいんだけどねぇ。
定植予定日にはまだ間に合わない気もするけど、でかいものから順次定植すべきかどうか。
ちょーっと抑制栽培もバタついてきてますけど、もう間もなく定植が始まるところまでやってきましたよー


2018-08-07(Tue)

赤大豆は晩生?

今日も涼しかった当地。
30度あるなしではやっぱり全然違いますね。
これくらいだと作業がしやすくていいわー


今日は豆のお話。
始めて栽培する赤大豆なんですがね、
どんどん大きくなってきて順調な生育を見せています。
ただ、まだ開花してないんですよねー

DSCF6755_ 縮小

こんなのだったのが、

DSCF6923_縮小

今じゃここまで大きくなってます。
他の物の生育がいまいちな感じの中で、大豆類はかなり順調ですね。

DSCF6924_縮小

これが赤大豆の現状。
黒豆2品種よりも株の生育も緩慢でいて、まだ花もついてません。
ちょっと晩成型なのかもしれないね。

DSCF6926_縮小
DSCF6925_縮小

黒豆は順調に大きくなって開花しています。
ちょうど開花しているときの雨が降ってくれたのでいい雨になってくれましたね。
豆は開花期に葉水でもやってやるだけでよくなるみたいですよ。
この大豆系統はどうなるかはわからんけどもー


赤大豆は順調に育ってますが、気がかりになるのが晩生だった場合。
以前の丹波黒豆の失敗があるので、あまりに遅いと豆が・・・
思わぬ心配が出てしまったけど、収穫はしてみたい豆だよねぇ。


2018-08-06(Mon)

アスパラガスチコリーをようやくポット上げ

今日はだいぶ涼しいです。
最高気温で25度ちょいくらいでした。
家のあたりだと帰ってきたら19度だったので、かなり涼しいですね。
昨日今日とかなり気温が下がったので、少し心配になりますね(汗


今日はアスパラガスチコリーの話題。
よくよく見たらアスパラガスチコリーはカテゴリ分けもしてない一時産物だったようだけど、
なんやかんやで今年も挑戦することにしたんですよねぇ。
その種まきをしたのが・・・・なんとまあ6月28日
それから1か月以上放置しまくって今ようやくポット上げ。

DSCF6686_縮小

今年も去年の残り種をまいて100穴ぶん苗作ったわけよ。
発芽は順調、生育も順調だったけど、
ポット上げだけはあれこれ作業してたらできない状態に陥ってしまいましてね、
結局今になってしまったというわけよ。

DSCF6930_縮小

伸びまくったから徒長してますね。
おまけに水やりも適当にやったので、だいぶ苗が死んでたりします。
まあそれでも定植する分は確保できているので、今年の挑戦もどうにかなりそうかな。


去年の定植が8月20日。
ただ種まいて1か月ほどで定植してたことを考えると今年は・・・・
家での栽培は諦めて、農場に全部持って行って空いてるハウスでやったらいいかねぇ。
生育しだいだけど、ちょいと経過観察して判断しようと思いますわ。


2018-08-05(Sun)

出来損ない唐辛子。

どもー
今日は久しぶりの雨です。
昨日の夕方からしとしとと降ってはいたんですが、本降りになったのは夜中。
そのあと午前中は曇ってたんですがね、昼前に強烈な土砂降りになりました。
県内の一部ではいろんな警報が出て危ない状態だったようですが、
こっちはその土砂降り以外はそこまでの雨じゃなくてよかったですよ。
まあ恵みの雨になってくれた感じです。
ただ降るときはこんな感じでドカッといきなりなので、そこはもう少しコンスタントに降ってほしいもんですねぇ。


本日はあの唐辛子の話題。
今年は発芽まであり得ないほどの時間がかかったことと、
あまりにも生育が悪くてあきらめてた唐辛子なんですが、
トウモロコシが意外と数がなくて畝が余ったので、そこに定植しておいたんですよね。

DSCF6766_縮小
DSCF6767_縮小

定植時はこんな状態でしたのよ。
これで種まきから四か月でしょうか。ありえない小ささ。
でも待ってもいられないので、この状態で定植したわけで。

DSCF6914_縮小
DSCF6913_縮小

定植後は案の定ハムシに襲われてかなり株が死にましたね。
しかも日照り続きで全然生育してないし。
今この状態だから、多分収穫はゼロでしょうかね。
まあダメもとでやったから収穫ゼロは織り込み済みってやつで。
今年は諦めます。


DSCF6912_縮小
DSCF6911_縮小

一方で唐辛子横の除草やら、ネギ隣の除草など、
次の大根播きの準備は着々と進めていますよ。
もちろん今日も例外なく除草してきましたよー
ひどい雨が降るため、カッパ着ながらやったので汗が尋常じゃなかったけど。
ダイコン用の除草はもうすぐ終わると思います。


こんな状態ですから、次のものに期待を持ってやるっきゃないね。
ダイコン畝はたくさんできそうだから、でっかくできるようにしっかり準備したい。
唐辛子は今年の感じを見て来年以降は少し考えものですね…



2018-08-04(Sat)

ブルーベリー大収穫、その時奴に刺される。

どもー
今日は寝すぎてか頭が痛くなってしまって草むしりは1時間で切り上げてきました。
何事も過ぎるとだめだね(汗
まあ明日頑張ろうと思う。


さて、本日は延び延びになってたブルーベリー収穫をしましたよ。
最近忙しいのと夜更かしで収穫をしないまま10日くらいたってしまってたので、
熟したものをがっつり収穫ですよ。
一応そのために昨日の夜は水やりをしないでおいたので味は凝縮してるはず。

DSCF6918_縮小
DSCF6917_縮小

こんな感じで大量に色づいてました。
最初のカラス被害の後はヒヨドリが来ることもなく今年は平穏です。
カラスが初期に来たためかヒヨドリが寄り付けなくなったのかもしれないね。
カラスはネットの中のやつは食えないのであきらめたのか来なくなったし。

DSCF6919_縮小
DSCF6920_縮小

でかいのから小さいのまで様々だけど、収穫に1時間蔵かかってしまったー
今年はあまり大きいものが少ないので、
チッペワの若いやつのでかい実が目立ちます。
やっぱりチッペワはいいなーと思いますね。


ただ、収穫に浮かれるのはよかったんですが、
その時になんだか腕にチクチクとした嫌な感覚が・・・・・

DSCF6915_縮小

何かに刺されたな、と水洗い。
挿された初期はこんな状態で、いつまでも何かが刺さってる感じで擦れると痛い。
何にやられたのかとよく見たら、

DSCF6916_縮小

うわぁ・・・・・
イラガに刺されました。
でもね、この感覚以前にも味わってるんですよね。
前のは暗い中だったので原因がわからなかったけど、今回はすぐに分かった。
なので以前と同じ対処をしまして、現在はほぼ痛みもなくなって回復しましたよ。
いやーこいつにやられるとしばらくやばいですね(大汗


収穫は今月中いっぱいはあるかなーと思いますが、
やっぱり剪定やらがかなりおろそかになっているので収量は落ち込んできてますね。
来年以降のことも考えてそろそろ動いておかないといけないだろうし、
収穫に浮かれるだけじゃだめだねー
もちろん虫刺されには要注意が必要ですよ(苦笑


2018-08-03(Fri)

道楽メロン摘心と生育状況

今日は農場のフィールドデー。
研修の経過報告の発表をしたり、販売の手伝いをしたりとまずまず忙しかった。
やっぱり農場の野菜というのは近所ではブランド化してる感じで、販売会は盛況でしたねー
特にスイカの大玉を丸ごと買っていく点は都会とは違いましたね(笑

DSCF6903_縮小

特に目立った出来事もないので、ドローンの試験飛行でも。
去年も撮った気はするけどね(汗
今年の農業機械はトンネル支柱を自動で設置していく機械が一番面白かったですね。
支柱を挿していって帰りにビニールを張ることができるというものらしい。
まあうちみたいに礫だらけの畑では使えないだろうなーと(苦笑
とりあえず一大イベントが終わりました。


で、イベントがあったので今日は帰りが早かったんですよね。
おかげで草むしりもだいぶ進んだし、他にも作業を行えました。
特にメロンは摘心をようやく終えることができましたね。

DSCF6904_縮小

現在このくらいまで生育しています。
ちょっと水不足感があってか生育が鈍いですが、枯れることはなく頑張って生きてます。

DSCF6905_縮小

5節目くらいで親づるは摘心ですよ。
これからは子づるを伸ばして実を付ける準備に入ります。

DSCF6908_縮小

現状3品種で一番生育がいいのはルパンですね。
真ん中がルパン、他よりも結構大ぶりになってきています。

DSCF6907_縮小
DSCF6910_縮小

どっしりして雄花もつき始めました。
生育は順調といえそうですね。

DSCF6909_縮小

これはシャロンですかね。
一番最初の摘心したやつがチロルで、どちらも生育はどっこいどっこい。
まあ枯れてないだけまだましだね。

DSCF6906_縮小

1本だけ虫の餌食で枯れてしまってますが、
これ以外は無事生育しているので、これからしっかり育てて実をとりたいところ。


まだ草マルチやトンネルができてなくて作業がすっかり遅れてますけど、
今の気温だとトンネルはちょいと厳しそうだからまあいいか。
雨も降ってないので、まずは草マルトのほうからでしょうね。
天候次第ですが、ぼちぼち準備していい実をとれるように頑張りたいですね。


2018-08-02(Thu)

抑制南瓜始めました。

春から栽培していた南瓜の半促成栽培が終わって早2週間。
2作目の抑制栽培南瓜がついにスタートしました。
またあの忙しい日々に逆戻りです。

DSCF6890_縮小
DSCF6891_縮小

今回はポットに直播です。
こんな感じで手動ですがポットに簡単に土を詰められるものを使って630ポット準備。
半促成栽培よりは数が少ないものの、それでも数はかなりのものになりますね。
使用ポットは7,5センチのものになります。

DSCF6892_縮小
DSCF6897_縮小

種は水に浸してから播種。
今回の品種はこふきイーティになります。
どちらもうどん粉病にある程度強いというやつですよ。
抑制栽培ではうどん粉病発生がかなり多くなるので、それなりに耐性があるものでないと厳しいようですね。
とはいっても南瓜にはうどん粉病に耐病性を持つものってないんですがね(大汗
あくまである程度耐性があるってだけで抵抗はほぼできませんー

DSCF6893_縮小

不織布かけて乾燥を抑えつつ発芽を待ちます。
今の時期は気温が高いのでぐいぐい成長してしまうので、
苗づくりの段階では少しでも生育を抑えたいところ。
まあ・・・この真夏日の連続した状況では厳しいわな(汗

DSCF6898_縮小

今回一番の問題は気温ではなくこの状況。
実は種まきがずれてしまいました(大汗
というのも、種の注文はしっかりしたものの何かの手違いで届いたものが特濃こふき・・・
特濃じゃなくて普通のこふきなんだよなぁ・・・・・
おかげで交換に数日かかってしまい、2日のブランクができてしまった。
最初の段階で播種予定が7月27日だったけど、そこに東京研修が入って7月30日になり、
30日に種を確認したら間違いが発覚して種まき延期して31日まきと2日まきに。
とまあ予想外の出来事で最初から躓いてしまいながらのスタートを切りました。


DSCF6896_縮小

現状畑のほうもまだ片付けが終わっておらず、明日で掘れる状態までにはしておきたいところ。
ようやく締め切りハウスの封印を解いたけど、あまりにも乾いてて土煙がすごいですー
掘るにしても水をやってからでないと厳しいね。
そこらへんは来週いっぱいで対処していきます。
抑制は播種が始まればあっという間に定植になるので急がないといけません。
定植が盆に当たりそうで頭が痛いところですがしょうがないと割り切ってやるっきゃないね。
とっても難儀な栽培が今スタートでござい。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村