FC2ブログ
2019-01-15(Tue)

マイナス2桁の世界

今日は予報通りがっつり冷え込んだ朝になった。
朝の出勤時、最寄りの温度計がマイナス9℃を示してましたからね。
ところがどっこい、実験農場のある地域はこの山よりも寒いわけで。
実測はどうかはわかりませんが、マイナス14℃になった模様。

P1020567_縮小

去年もここでマイナス10℃以上の冷え込みを経験したんですが、
融雪の水滴で玉ができたり、

P1020568_縮小

ここらへんでよくおきる霧のせいで霧氷がついてたり、
あとはダイヤモンドダストが見られたりと、さすがは氷点下2桁という現象が見られます。

で、そんな気温ですから作物にも多大な影響が出てきますよ。
今あるのは葉物野菜ばかりですが、自分の水菜も相当きてました。

P1020555_縮小

いつの間にやら全体が不織布で覆われていた水菜のあるハウス。
防寒とは言えたかだ薄いもの1枚、無加温ハウスではがっつり冷え込みで耐えられるわけもなく。

P1020556_縮小

ぐったりと・・・

P1020557_縮小
P1020558_縮小

大丈夫そうに見えて凍害を受けてます。
凍害を受けると大抵は葉色がテカったような色合いになりますね。

P1020560_縮小
P1020559_縮小

もちろん不織布の下でも同じ。
やはりこういったものって寒くなるとロゼット状になるもんなんでしょうか。
苺もそうだけど、ベターッとつぶれてしまいますね。

P1020563_縮小
P1020562_縮小

同じくお隣のロメインレタスも被害あり。
こっちのほうが先から被害あるので大丈夫だろうか。

P1020564_縮小

セリの葉にも氷が。
これは全く問題ないとは思うけど、こういうことも起きちゃうわけだ。
マイナス2桁はさすがに厳しい。

P1020569_縮小

日中気温上がって葉色が元に戻っていたのでまだ大丈夫ではありそうだけど、
3連ちゃんでがっつり冷え込みを食らってだいぶガタは来てると思う。
ここまでの冷え込みはこれから先しばらくなさそうだけど、
次に来るまでに収穫しちゃうか何らかの対策はしておかないとだめかな。
アスパラ菜も破裂してしまう寒波、やはり2桁に入るとやばい。


スポンサーサイト



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村