fc2ブログ
2019-01-17(Thu)

ネギの置き場所での違い。

今日はもっさりどっさりの大雪。
どうやら1日で35センチ積もったようだ。
まあこの地方だとそれくらいは何度もあることだからどうってことはない。
これが何日も続く場合は問題ありアリですがね。
それで休養舎つぶれたわけですしーー
たかが1日2日でガタガタいうのは雪国にはいられんわー(笑


本日ねぎの話題。
昨年ねぎを収穫していろんなところに置いといたんですよね。
3品種あったからそれぞれ混ざらないようにということもあったんですが、
置き場所が違えばその後の状態も違うわけでございまして。

P1020533_縮小

まずは小屋のボイラーがあるところの下仁田ねぎ。
ボイラーがあるとはいえ結構冷え込みは強くあります。
それでもまだ暖かいのか葉が青くなってきた感じがする。
動かないといいんだけど、少し心配もあるね。
とりあえず寒すぎてまったく食い物にならないということにはならなさそうだ。

P1020537_縮小
P1020538_縮小

次いで無加温状態の鉢物を置く通路。
ここは気温がないしかなり湿気るせいか葉にカビがすごいことになってる。
ただ、ここでもこの古い葉っぱ以外はまだ何とかなりそうな感じはあります。
意外にも耐寒性は強いね。
ちなみにここはふゆわらべだったはず。少量だけどね。

P1020540_縮小

同じくふゆわらべのこちらは発生舎奥、つまり一応加温している場所。
柑橘なんかもここで保存してるんですが、ここのものも意外とまとも。
ここは温度が3か所で最も高いし湿度も並みにあるので、
光があれば育ち始める可能性があるため、使うならここからでしょうかね。
干せることもなくまだまだ現役だ。
意外にもネギはどこにおいてもまともにいるもんですね。


それでも家の保存ネギから比べると可食部分が少なくなってる(葉が枯れてる)ので、
太ネギタイプの特徴かもしれないけど残念なところでもありますね。
売り物にもならないようなものだから、大根干しが終わったら乾燥してみたいけどね。
残り種あるし今年もやろうとは思うけど、現状を見る限り保存方法とか栽培方法はもう少し考えないとだめかな。
葉が早速にダメにならない手法を少し検討してみようかと思います。
とりあえず今のとこネギ保存はそこまで難しくはなさそうですな。


スポンサーサイト



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村